「我々人間が生きていく為に必要な必須元素。しかしたとえ必須元素でも、
許容量を超えて摂取すると毒性を示すものも多く存在する。このような元素
を2種示し、必須元素としての特性(人体内でも役割など)と、過剰な摂取による
毒性について答えよ。ただしカルシウムについては回答してはならない」

これを論文形式にしないといけないんです!!
こんな問題があとで8個あって・・・
時間がなくて困ってます!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

大学は遊ぶところですから.気楽にやりましょう。

時間が作れないのでしたらば.さっさとあきらめて別の分野の内容を学びましょう。その結果卒業できなくても副次的な内容に過ぎません。

次のサイトを検索してみつけてください。
医薬品情報提供システム

ここで次の言葉を検索してみてください
コンクライト

文章の最後の頃に多分参考文献が出ていますから.図書館で参考文献を読み漁ってください。
    • good
    • 0

いろいろ勉強できて良い機会ですね



塩分とりすぎは良くないですよね。
東北地方は塩分の摂取が多く・・・なんて話は
どうですか?
    • good
    • 0

こんにちは


宿題が懐かしいですね。今はこんな便利なサイトやインターネットで調べられるので随分楽になりましたね。
ヒントを一つだけ紹介しましょう。
生物は遠い昔海から発生しました。人の体液も海水の成分と似ています。
従って海水の中に溶けている成分はたいていが必須元素です。
また、殆ど溶けていない物質(例えば鉛や水銀)は人体にとって有害です。
これがKeywoodでしょうね。以下のURLも参考にして下さい。

参考URL:http://www.jamstec.go.jp/jamstec-j/enlight/umiho …
    • good
    • 0

さてさて,レポートですネ。


内容からすると生理学か生化学あたりのものでしょうか?
GLAYaddictさんは2~3回生なのでしょうか?
ヒントを差し上げましょう。
ヒトが必要とする元素が多数あることはご存知ですよネ。
K, Fe,I,Zn,Cu,Co,Mg, Mn,Mo,Na, Cr,Se ‥
これらの中で公害の原因となったものがありますネ。
六価○○○による公害は有名ですネ。
病院での安楽死事件に用いられた元素もありますネ。
バセドウ氏病を悪化させる元素もありますネ。
こういった,過剰摂取が悪影響を及ぼすものを先にピックアップしてから,それらの人体での利用について考えるという方法がいいのではないかと思います。
文章化するのはGLAYaddictさんの腕の見せ所ですので,頑張ってくださいネ。
以上kawakawaでした
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q電子配置が示す元素がわかりません

高校1年生で理科総合をやっています。

電子配置図が示す、元素記号またはイオン式を答える問題なのですが

中心に書いてある数字が
おなじ数字なのに電子数が違う図があるんです


1つ目は   11+ 電子数11
2つ目は   11+ 電子数10

中心の数字が原子番号だとしたら
これでは2つともナトリウムになってしまいます。

そもそも中心の数字が何なのかわからないので教えてください・・・

Aベストアンサー

結論を言いますと、

11+は「陽子が11個ある」という意味ですね。


物質は『陽子の数』で決まります。


周期表を見てみてください。
それぞれの物質には番号が与えられていて、 水素→1、ヘリウム→2、リチウム→3、・・・
といった感じです。

この番号は『陽子の数』を表しています。

つまり、『陽子の数』は物質を決めています。

だから、陽子の数が物質を決めているから
どちらも11+と書かれているのです。

ナトリウム→11 ですね。


ただ、『中性子』と呼ばれるもの、
    『電子』と呼ばれるものは、いわば『おまけ』みたいものです。

中性子は、陽子と陽子の接着剤(ボンド)です。これがなくては、陽子同士がどっかへいってしまいます。
 (だから水素は陽子が1つしかないから、中性子はあってもなくてもいいのです。)

電子は、(-)の力も持っているので、(+)の陽子の働きを±0にしています。


ちなみに、
『中性子』がまれに違うことがあります。
これを同位体といいますね。
中性子が違っても、性質は同じです。水素は水素、炭素は炭素の働きをします。


『電子』はふつう陽子の数と同じ数だけあります
が、たまに違うときがあります。
これは、電子を『移動』することで、物質が「安定」するからです。


例えば、Na(ナトリウム)の場合、K殻に(2)つ、L殻に(8)つ、M殻に(1)つ入ってます。
この状態のときは、陽子の数=電子の数です。

『M殻に(1)つ』というのが邪魔なので、この電子を他の物質にあげることで、
K殻とL殻だけ、しかも目いっぱいにつまっています。

http://www.kagakude-pon.com/ion-uniting/0004.html

この状態を「安定」といいます。


つまり、中性子や電子の数は違う場合があります。
でも、陽子の数が同じなら、それは同じものです。

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CD%DB%BB%D2

長くなってすみません。
言葉だけの説明で、わかりにくいかもしれないので、
資料集を1冊買うことをおすすめします。
色も付けられていて、とても分かりやすいです。

また、他の化学のことでわからないことがあったら、
http://pinchiozisan.web.fc2.com/room/cheindex.htmlへ行ってみてください。

参考URL:http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CD%DB%BB%D2

結論を言いますと、

11+は「陽子が11個ある」という意味ですね。


物質は『陽子の数』で決まります。


周期表を見てみてください。
それぞれの物質には番号が与えられていて、 水素→1、ヘリウム→2、リチウム→3、・・・
といった感じです。

この番号は『陽子の数』を表しています。

つまり、『陽子の数』は物質を決めています。

だから、陽子の数が物質を決めているから
どちらも11+と書かれているのです。

ナトリウム→11 ですね。


ただ、『中性子』と呼ばれるもの、
    『電子』と呼...続きを読む

Qケイ素は、どのような特性を持っているため、他の元素の個数の基準として相応(ふさわ)しいのですか

元素の周期表を眺めていたら、気になることにぶつかりました.
「太陽系」という欄に、各元素ごとの数値が記入されていました。その欄の説明は、次のようでした。
「太陽系での、その元素の存在度。ケイ素を1×10^6個としたときの相対個数」
質問は、なぜ、ケイ素の個数が、他の元素の個数の基準として使われているのですか、すなわち、ケイ素は、どのような特性を持っているため、他の元素の個数の基準として相応(ふさわ)しいのですか?

Aベストアンサー

それは「クラーク数」という、地球の地殻を形成している元素の順序で酸素の次に多いからというだけ。地球の中心部はほとんど鉄で、次がニッケル、だから磁場がある。地球の双子の弟、月は小さ過ぎて磁場が無く珪素酸化物ばかり。その外側の小惑星群も似た様なもので、彗星は最外殻のオーレルの海から来るから水もタップリ。
木星土星は充分大きいが、外部は水素、水とアンモニアの気体液体、次が岩石、磁場がある場合今度は金属水素がある。この辺は信じないでね。天王星海王星はよく分からない。なおこいつらは小さ過ぎて磁場を持てない。
だから、珪素はあくまで地殻の構成成分との比較に過ぎない。

Q12族の元素が典型元素なのはなぜですか?

1、2、13~18族の元素が典型元素なのはわかります。
3~11族の元素が遷移元素なのもわかります。
でも、どうして12族の元素が遷移ではなく典型元素なのか分かりません。

Aベストアンサー

過去には12族の元素を遷移元素として扱ったこともありました。
現在、典型元素として扱うということは、そう考えた方がメリットが大きいということから来ているのでしょう。
つまり、遷移元素というのは、電子の軌道のうちの内部にあるものに空の軌道があることによって、その特有の性質を出していると言えます。12族の元素には、その内部の軌道の空きがありません。そういう意味では遷移元素とは違っており、むしろ典型元素の特徴と一致します。まあ、そうは言っても電子を放出して陽イオンになる時には内部の軌道に空きができるわけですから、CdやHgのように『遷移元素的な』性質が出てくることもあります。

ちなみに、『電子の軌道のうちの内部にあるもの』の意味が取りにくいかもしれませんので補足します。高校ではM殻に最大で18電子収容されることを習うはずです。しかし、周期表の第3周期には8種の元素しかありません。残りの10個はどこに行ったかといえば、第4周期の遷移元素とZnのところに行ったということです。だから第4周期では遷移元素9個とZn1個の合計10個が多くなっています。そして、前に述べた『電子の軌道のうちの内部にあるもの』というのが、このM殻で第3周期までに満たされなかった軌道を意味しています。つまり、N殻に電子が2個入った後に、M殻に残りの電子が入り始め、その入り始めから、入り終わる前までの元素が遷移元素に相当するということです。

過去には12族の元素を遷移元素として扱ったこともありました。
現在、典型元素として扱うということは、そう考えた方がメリットが大きいということから来ているのでしょう。
つまり、遷移元素というのは、電子の軌道のうちの内部にあるものに空の軌道があることによって、その特有の性質を出していると言えます。12族の元素には、その内部の軌道の空きがありません。そういう意味では遷移元素とは違っており、むしろ典型元素の特徴と一致します。まあ、そうは言っても電子を放出して陽イオンになる時には内...続きを読む

Q元素記号や元素名の覚え方

学校で元素名と元素記号を覚える宿題が出てて、私は元素記号=元素名(例えばAL=アルミニウム)って書いたのをノートに繰り返し書いたり、オレンジで書いたのを赤シートで隠して覚えたり、単語を覚えるのは朝がいいと聞いたので朝覚えたりしてるんですが、他に何かいい覚え方無いでしょうか?語呂合わせとか…。

元素名や元素記号だけじゃなく、法則や原子の構造や、その他色々あって、今はまだ元素名と元素記号を少しずつ覚えれてきたくらいなので、まだ沢山あると思うと気が遠くなりそうです…。(-_-;)

何かいい覚え方があれば教えてください!m(_ _)m

Aベストアンサー

 覚えようとするからそれが障害になって覚えられないのです。覚えようとする必要はありません。銅は何だっけと思えば参考書を見ます。するとCuと書いてありますか。そこでそうかと思えばいいのです。それを三回も繰り返せばイヤでも覚えちゃいますよ。私はそれでやって来て殆どの元素を覚えてますよ。これは元素記号だけではありません。すべてのことがそうです。大化の改新は何年だっけ? と思ったら歴史の本を見ます。すると645年と書いてあります。あ、そうかとそこで思えばいいのです。

 ウソだと思ったら今ここで試してごらんなさい。そして1時間後にもう一度試してみて下さい。覚えていなかったらもう一度参考書を見ます。三度目は覚えています!!(^_^)

Q内部遷移元素と外部遷移元素の違い

大学の講義で内部遷移元素と外部遷移元素の違いについてレポートを作るように言われたのですが、
検索ワードで調べてもわかりませんでした。
教えてください。

Aベストアンサー

電子配置に注目することです。
つまり、外部遷移元素では、原子番号の増加に伴って、どの軌道の電子が増加するかを見れば良いですし、内部遷移元素でも同様です。
・・・共通項としてのdとかfとかに注目するということです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報