人気マンガがだれでも無料♪電子コミック読み放題!!

混合ガス中の各成分のvol%は、mol%と置き換えても良いのでしょうか。

A 回答 (1件)

こんばんは。



はい。置き換え可能です。

理想気体として考えて良いとき、常温で、1モルは、22.4Lで一定なので。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

sanori様へ合掌・・・。
いつも、いつも、お世話になります。

お礼日時:2008/07/13 23:22

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qwt%とvol%について(濃度計算)

お世話になります。装置の設計を行っているものですが、相談できる人がいなく、大変困っております。小・中学生程度の計算かと思いますが、皆様のお知恵をお貸しください。
10wt%のオゾンガス(O3=48、100%酸素からオゾンガスは作成するのでオゾンになっていない部分は酸素です。)は、10vol%オゾンガスでしょうか?。私は、イコールではないと思います(以下のように計算しました。)ところが、社の人間に間違っていると指摘を受けました。どこが間違っているのかお知らせいただけますでしょうか?大変困っております。よろしくお願いいたします。

(計算)
0℃、1atmだとして、計算基準 100g
O3=48、O2=32
10wt%オゾンガスは、10/48/(10/48+90/32)=6.9vol%

Aベストアンサー

うーん。その計算で合ってると思うんですが…

Qモルパーセントの定義

ってなんですか?
論文を読んでいたらでてきてわからないので先に進めなくなってしまいました。濃度であることはわかるのですが定量的に考えなくてはならなくて。
おねがいします

Aベストアンサー

論文などで出てくる場合には、試薬を混合する割合(モル比)を表すことが多いですね。
たとえば、AとBを混ぜ合わせるときに、1モルのAに対して、Bを1.2モル用いるときには120モルパーセントということになります。
また、Bを0.2モル用いるのであれば20モルパーセントということになります。

2種類以上の薬品を混ぜて、反応させるときには、一方の薬品を多めに加えることが多く、その場合には前者のような感じになります。また、Bを触媒として用いる場合には後者のような感じになります。こうすることによって、試薬の当量関係がわかりやすくなります。

このような表現をする場合には、こういった当量関係とは関係のない、たとえば溶媒などに関してはml等の単位で表すこともあります。

Q体積パーセント

質量パーセントと体積パーセントの区別がつきません。両方とも無次元ということと、質量パーセントの求め方
濃度(mol/L)*分子量(g/mol)*密度の逆数(cm3/g)*単位変更(dm3/cm3)*100= wt%
です。
解る方いらっしゃいましたら、両者の違いと、体積パーセントの求め方を教えてください。お願いします

Aベストアンサー

質量パーセントは、
「溶質の質量」÷「溶液全体の質量」×100

体積パーセントは、たとえばA液とB液を混合して溶液とするときに、
「A液の体積」÷「溶液全体の体積」×100
です。

そもそも何とかパーセントというのは、「per cent」、日本語にすれば「100あたりの」という意味です。同じ単位を持つもの同士で割り算をしているので無次元になるのは当然です。

あとはモル濃度からの質量パーセントの求め方ですね。一度に全部やろうとするから難しいんですね。少しずつ進めていけば、わけはないはずです。

物質量(モル)質量に直すことはできますよね?分子量Mで c mol/lでとけている溶液があったら、1リットル当たりに溶けている溶質の質量はM×c (g)ですね。

次に、溶液1リットルあたりの質量を求めます。これは、先ほど述べたように、質量パーセントでは溶質の質量÷溶液の質量をしなければならないからです。

密度は体積あたりの質量を表します。今、密度がd(g/cm3)だとすれば、単位をそろえたいのでそれを1000倍して1リットルあたりの質量(g/l)に直します。
ということで、溶液1リットルあたりの質量は1000d(g)です。

あとは、上に書いたように割り算をすればいいんですね。

質量パーセントは、
「溶質の質量」÷「溶液全体の質量」×100

体積パーセントは、たとえばA液とB液を混合して溶液とするときに、
「A液の体積」÷「溶液全体の体積」×100
です。

そもそも何とかパーセントというのは、「per cent」、日本語にすれば「100あたりの」という意味です。同じ単位を持つもの同士で割り算をしているので無次元になるのは当然です。

あとはモル濃度からの質量パーセントの求め方ですね。一度に全部やろうとするから難しいんですね。少しずつ進めていけば、わけはないはずです。
...続きを読む

Qwt%→モル濃度への換算

ヨウ化カリウム(密度:3.12 g/cm^3 分子量:166)はエタノール中において、1.86gとけるそうです。
 wt%で示す場合・・・
   1.86/(100+1.86)*100=1.83
           ∴1.83 wt%
であって、これをモル濃度に直したいと思います。
 モル濃度で示す場合・・・
   1000*3.12*1.83*1/166=18
           ∴18 mol/l
であっていますか?よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

kiichigoさんは高校生ですか?

> ヨウ化カリウム(密度:3.12 g/cm^3 分子量:166)はエタノール中において、1.86gとけるそうです。

どれぐらいの量のエタノール中に1.86g溶けるのかが書かれていませんよ。
エタノール100g中に1.86gだということであれば、重量百分率の計算は正しいですね。

で、モル濃度ですけど、モル/リットルで表わすためには、1.86gのKIのモル数及び100gのエタノールの体積を求める必要があります。(←この考え方が重要です。)

1.86gのKIは、1.86÷166=0.0112モル です。
エタノールは比重を0.815とすると、エタノール100gの体積は約123ccとなります。
123cc中に0.0112モル溶ける → 1リットル(1000cc)中に何モル溶けるか?
の計算式は次のようになりますね。
0.0112/123 = x/1000
で、
x = 0.0112/123×1000=0.091モル/リットル

となりました。

kiichigoさんが立てた計算式では、

> モル濃度で示す場合・・・
>   1000*3.12*1.83*1/166=18
>           ∴18 mol/l

となっていますが、1.86gのKIのモル数を求めるのに密度(3.12 g/cm^3)を考える必要はありません。
また、重量濃度(1.83 wt%)を考える必要もありません。

上記のように、モル/リットルで表わすためには、1.86gのKIのモル数及び100gのエタノールの体積を求めるのがポイントです。

kiichigoさんは高校生ですか?

> ヨウ化カリウム(密度:3.12 g/cm^3 分子量:166)はエタノール中において、1.86gとけるそうです。

どれぐらいの量のエタノール中に1.86g溶けるのかが書かれていませんよ。
エタノール100g中に1.86gだということであれば、重量百分率の計算は正しいですね。

で、モル濃度ですけど、モル/リットルで表わすためには、1.86gのKIのモル数及び100gのエタノールの体積を求める必要があります。(←この考え方が重要です。)

1.86gのKIは、1.86÷166=0.0112モル です...続きを読む

Q質量パーセントと重量パーセント

質量パーセントと重量パーセントの単位はそれぞれ違うのでしょうか?
mass% wt%というのがありますが、それでしょうか?
また、このmass%とwt%の違いも教えていただけませんか?

Aベストアンサー

質量パーセント濃度と重量パーセント濃度は同じで、mass%とwt%も同じことを表わします。
でも、混ぜて使ってはいけません。
「質量」とmass%を使うほうが望ましいと思います。

Qmass%からmol%

気体のmass%からmol%への変換する場合の計算方法を教えて下さい。

Aベストアンサー

こんばんは。

気体が3種類の例ぐらいがちょうどよいと思いますので、それで説明しますね。

気体の組成が、モルで
A : B : C
であれば、
質量では、
A×分子量 : B×分子量 : C×分子量
という比になります。

分子量は、「g/mol」ですからね。

これの逆をやればよいので、
質量%で
Aのmass% : Bのmass% : Cのmass%
という比のとき、
モルの比は、
Aのmol% : Bのmol% : Cのmol%
 = Aのmass%/Aの分子量 : Bのmass%/Bの分子量 : Cのmass%/Cの分子量

よって、

Aのmol% = 100×Aのmass%/Aの分子量/全体
 = 100×Aのmass%/Aの分子量/(Aのmass%/Aの分子量 + Bのmass%/Bの分子量 + Cのmass%/Cの分子量)

同様に、

Bのmol% = 100×Bのmass%/Bの分子量/(Aのmass%/Aの分子量 + Bのmass%/Bの分子量 + Cのmass%/Cの分子量)

Cのmol% = 100×Cのmass%/Cの分子量/(Aのmass%/Aの分子量 + Bのmass%/Bの分子量 + Cのmass%/Cの分子量)

以上、ご参考に。

こんばんは。

気体が3種類の例ぐらいがちょうどよいと思いますので、それで説明しますね。

気体の組成が、モルで
A : B : C
であれば、
質量では、
A×分子量 : B×分子量 : C×分子量
という比になります。

分子量は、「g/mol」ですからね。

これの逆をやればよいので、
質量%で
Aのmass% : Bのmass% : Cのmass%
という比のとき、
モルの比は、
Aのmol% : Bのmol% : Cのmol%
 = Aのmass%/Aの分子量 : Bのmass%/Bの分子量 : ...続きを読む

QW/V%とは?

オキシドールの成分に 過酸化水素(H2O2)2.5~3.5W/V%含有と記載されています。W/V%の意味が分かりません。W%なら重量パーセント、V%なら体積パーセントだと思いますがW/V%はどのような割合を示すのでしょうか。どなたか教えていただけないでしょうか。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

w/v%とは、weight/volume%のことで、2.5~3.5w/v%とは、100ml中に2.5~3.5gの過酸化水素が含有されているということです。
つまり、全溶液100ml中に何gの薬液が溶けているか?
ということです。
w/v%のwはg(グラム)でvは100mlです。

Q粘度の単位換算について教えてください。

今接着剤の粘度について調べています。
粘度の単位でmPas, cP, cpsとありますが、cpsをmPas, cPへ変換する方法を教えてください。
もしかしてcpsとはcPasのことでしょうか?

Aベストアンサー

MKSとcgs系の記号の区別が紛らわしいのでご注意下さい。

〔MKS(m,kg,s)系の場合〕
圧力の単位:N/(m^2) =Pa(パスカル)
粘度(次元は 圧力×時間)の単位:Pa・s(パスカル秒)

〔cgs(cm,g,s)系の場合〕
圧力の単位:dyn/(cm^2)
粘度の単位:dyn・s/(cm^2) =P(ポアズ)

ここで、m=(10^2)cm、N=(10^5)dyn であることを使うと、
P = 0.1 Pa・s

したがって、
cP(センチポアズ)= 0.01 P = 0.001 Pa・s = mPa・s

cpsはセンチポアズの別表記法と思います(私としては、counts per second の方を連想してしまいますが、、)。

Qメタノールの濃度と比重

メタノールと水を混合すると体積がもとのメタノールと水の合計の体積より小さくなるとゆうことを聞きました。
濃度がわからないメタノール溶液の濃度を比重から求めたいのですが、濃度と比重の関係はどのようになっているのでしょうか?
直線的な関係ではないのですよね?
どなたかわかる方教えてください。

Aベストアンサー

 この程度のデータなら、そこらに転がっており、わざわざ測るまでもありません。 勉強なら、わざわざでも実際に測った方が良いとも言えますが、、、
 例えば、
Methanol 20℃密度
wt.% g/cm3
-----------------
0 0.9982
10 0.9815
20 0.9666
30 0.9515
40 0.9345
50 0.9156
60 0.8946
70 0.8715
80 0.8469
90 0.8202
100 0.7917

Q百分率を表すこの3つ、W/V%、W/W%、V/V%…

はじめまして、お世話になります。

百分率を表すこの3つ、W/V%、W/W%、V/V%…
どれも計算方法が同じなら、細かな意味まで覚えない良いような気がしますが^^;この場合W=質量 Vは体積でなない…?

このややこしい3つを分かりやすく記してるHP、又教えてくださる方はないでしょうか。覚えにくくて…TT

よろしくお願い致しますTwT

Aベストアンサー

こんにちは。WとVはそれでいいのではないでしょうか。

W/V%は、
溶液100ミリリットル中に溶質(溶けてる物)が何グラム入ってるか。

W/W%は、
溶液100グラム中に溶質が何グラム入ってるか。

V/V%は、
溶質が液体の場合に使われます。
溶液100ミリリットル中に溶質が何ミリリットル入ってるか。

という事になります。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング