現在、石油ストーブを使っていますが、あの独特な臭いに困っています。容量を大きくするために、石油ファンヒーターの購入を考えているのですが、実際のところ、臭いはどうなのでしょうか。灯油を使う以上、どうしても臭ってしまうのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

石油ファンヒーターは、最近はかなり改善されたものの


やはり点火・消化時の匂いは気になります。
多少維持費が高いのと、広い範囲での移動に制約が有りますがガスフアンヒーターは匂いの問題はありません。
ただ、時々換気は必要ですが、これは石油ファンヒーター
でも同じですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございました。
いろいろ参考にさせていただきまして、
ガスファンヒーターを買うことにしました。

お礼日時:2000/12/20 23:15

石油式は皆さんのおっしゃる通り匂いが出ると思います。



価格は10万位かかりますが、FF式ファンヒーターがあります。
違いは、ファンヒーターの給排気用煙突があるところです。
今問題になっている臭いのする排気を煙突を通して家の外へ出すものですし、当然石油燃焼用に必要な空気も家の外から持ってきますので石油ストーブとか、石油ファンヒーターと違って換気必要性がかなり減ってきますよ。
PS
・私が北海道へ行ったときはそこの家では24時間FF式ファンヒーターはつけっぱなしでした。
・近所の小中学校では、石油ストーブ(ファンヒーター含む)では、空気が汚れるためFF式ファンヒーターに切り替えていますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
FF式は費用がかかるし、借家なものでちょっと無理みたいです。

お礼日時:2000/12/20 23:07

 この世のすべての燃料は、熱への変換効率が100%というわけにはいかないので、どうしてもススなどが出ます。

ですからあと500年くらいたたないと完全無臭の石油暖房器具は出てこないでしょう(笑)

 よって、臭いが気になるのであれば最初から石油関連のものは使わないことをおすすめします。
 石油ストーブやファンヒーターはどうしても、不注意で火事になる問題などもついて回りますから、その意味でもですね。

 俺が寒さに強い体質だからかもしれませんが、エアコンを「微弱暖房」にしていれば、コタツだけで充分たえられます。
 北海道とかは別でしょうけど(^_^;
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございました。
自宅で商売をやっていて、そこの暖房器具として考えているので…
普段は私もコタツだけで十分です。

お礼日時:2000/12/20 23:10

石油ファンヒーターは、点火、消火時には未燃焼ガスが発生しますので、必ず臭います。


ただし、燃焼中はクリーンで臭わないと思います。
カタログには毎年のごとく、新型は30%臭いが減とか、半分になったとかうたっていますが....4~5年たてば無臭になるはずですが臭いますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
灯油自体に臭いがあるので、100パーセント無臭は無理なのですかね。

お礼日時:2000/12/20 23:13

石油ストーブよりはかなりましですが、点火・消火時に少し匂いはします。

最近のファンヒーターはかなり匂わなくなっていますが。気にすればやはり匂いはします。
排気口が確保出来るならFF式のファンヒータはどうでしょうか?
ヒーターの移動は出来なくなりますが、外気での燃焼、排気なので匂いはありませんよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
FF式は排気口がないし、借家なものなので、
無理なのです…。

お礼日時:2000/12/20 23:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q石油ストーブと石油ファンヒーター

2DKですが、去年の冬の電気代が、1万3千円に
なりました。

3歳の子どもがいます。
ホットカーペットだと部屋中は、温かくならないし
ホットカーペットの上にコタツをひくかとも思ったの
ですが、コタツ布団が汚れそうだしなどと悩んでいます。

石油ストーブか石油ファンヒーターを買おうかと
思うのですが、どう違うのですか?
寝る時以外つけても大丈夫ですか?
換気は、何時間ごとですか?
どちらが、使い勝手が良い、安全であるなど教えて下さい。
また石油は、ガソリンスタンドで買うのですか?

子どもの頃からコタツで過ごしてきたので、全くわかりません。
教えて下さい。

Aベストアンサー

石油ストーブは、火が直接見えて、上にヤカンやお鍋なんかがかけられるタイプ、石油ファンヒーターは、火は見えず、温かい空気?が噴出し口から出てくるタイプと言うとわかりますか?

小さい子供さんがいらっしゃるなら、火傷の心配がありますから、ファンヒーターの方が安全だと思います。それでも、噴出し口が熱いので、ファンヒーターガードというオリのようなものを買って、回りに取り付けたほうがいいですね。結構場所はとりますが。三菱だったかな、噴出し口に指など入れないように網がついているものもありました。
石油はガソリンスタンドに買いに行ってもいいですけれど、重たいので、少し割高でしたが、届けてくれるところに頼んでいました。トラックで売りにきている地域もあります。今はガソリンが値上がりしているので石油ももしかしたら高いかも知れないですね。
石油缶を置く場所はありますか。ベランダなどに置く人も多いと思いますが、雨がかかると、油に雨水が浮いて、ストーブを壊してしまうので、雨のかからないところがいいと思います。寒いときにシュポシュポ石油を入れるのは、辛いです。
換気は一時間に一回、大体3分くらいです。
寒いときは昼間もずっとつけていました。
寝るときにつけていると、元は石油に火をつけて温めているものですから危ないでしょうね。
寝るときはやめたほうがいいでしょう。

うちはここ4年くらい、ガスファンヒーターにしています。壁のガス管、または、台所のガス管に取り付ければ、ガスを補充したりする手間もないし、温まるのが早くて気に入っています。本体も薄型で場所をとりません。
コタツはコタツ布団のヘリに躓いて転んで額を縫った子がいて、危ないかなと思いました。コタツ布団は最近薄型のものが出て、洗濯機で洗えるようになりましたので、汚れても心配は要らないと思います。でも、子供はゆっくりコタツに入っていないですものね。

電気代が高かったのは、エアコンを使ったからということでしょうか?1人家族が増えると電気代も水道代もかかるようになってきますね。そこを節約しようとすると風邪をひいて病院代がかかったり、とにかく出て行くばかりですよね。
温かい昼間はなるべく外に出たりして、うまく節約して安くて温かい冬にしてくださいね。

石油ストーブは、火が直接見えて、上にヤカンやお鍋なんかがかけられるタイプ、石油ファンヒーターは、火は見えず、温かい空気?が噴出し口から出てくるタイプと言うとわかりますか?

小さい子供さんがいらっしゃるなら、火傷の心配がありますから、ファンヒーターの方が安全だと思います。それでも、噴出し口が熱いので、ファンヒーターガードというオリのようなものを買って、回りに取り付けたほうがいいですね。結構場所はとりますが。三菱だったかな、噴出し口に指など入れないように網がついているものも...続きを読む

Q石油ストーブVS石油ファンヒーター

石油ストーブを使用してます。
仕事を自宅でしてることから、1日15時間ほどつけっぱなしです。
部屋はフローリング12畳。

前は石油ファンヒーターを使用してたこともあり
どちらも使用感的には変わらないのですが、
コストはどっちのほうがかかるのでしょうか?

今年は灯油が高いので、電気と分散できる
石油ファンヒーターのほうがいいのではっと考えてるのですが…。

Aベストアンサー

● 石油ストーブと石油ファンヒーターのコスト差は皆無に近いです。

● ファンヒーターの電気代はファンを回す為のもので扇風機と同様程度の電気代で僅かで、ファンヒーター全体のコストの5%程度、灯油代が95%です。

● 発熱量は灯油の使用量に比例します、従ってストーブもファンヒーターも同じです。尚 ファンを回す電気代も最終は熱に変わります。(エネルギーの全ては最終は熱になります)

● 電気ストーブと灯油ストーブを比較すると灯油70円/Lとしても 電気は3倍のコストが掛かります。
エアコンの場合は灯油同等或いはエアコンの方が安価です。(東北、北海道ではエアコンの能力が出ない場合がありますが)

まとめ 石油ファンヒーターと石油ストーブは部屋全体の温度を上げるのであれば殆どコストに差は有りません。

Qガスストーブと石油ストーブとオイルヒーターどれが一番暖かいですか

我が家では石油ストーブを使っています。私の部屋にはエアコンがありますが、エアコンは20度でも全然暖かく感じないですが、石油ストーブだと結構暑く感じます。ただ石油ストーブだと空気が汚れているというか、なんか空気が重いとは感じますが、電気の方はそうは感じません。

世の中には都市ガスを利用して暖めるガスストーブ、オイルヒーターなどいろいろありますが、石油ストーブと比べると暖かく感じるでしょうか?石油ストーブに比べてこの二つは何かメリットがあるでしょうか?オイルストーブは部屋が暖まるのが遅いときいたことがあります。

Aベストアンサー

ストーブというのは何かを燃やして周囲の空気を暖めるもので、ファンヒーターは温風を出してやるものです。つまり結局空気を暖めるわけなので、何が燃えていようと暖かさ自体には差はありません。臭いについては機種や方式にもよるので、どちらかは絶対にこうだ、というわけではありません。
オイルヒーターは弱過ぎて暖房にはなりません。

エアコンも結局温風を出しているのでファンヒーターと方式は同じです。ただ、天井に近い所から温風を出し、その暖かい空気がすぐに上に上がって行くので、床に近い所にいると暖かさを感じないのです。暖かい空気が上に上がるということは、替わりに暖かくない空気がそこに移動してくるからです。

最近の家には部屋にガス栓がほとんどありませんし、灯油の扱いも大変ですから、エアコンのまま、シーリングファンや扇風機などで上に上がっている温風をかき回してやるとかなり違うと思います。

Q「石油ストーブ」は何故「灯油ストーブ」と呼ばないのか?

ガソリンスタンドに行って「石油を下さい」と言ったら、「灯油ですね」と言い直されました。ならば石油ストーブは灯油を燃料としているにも関わらず、「灯油ストーブ」とは言わず、「石油ストーブ」と一般に言うのでしょうか?何故そうなっているのか教えて頂けたら幸いです。

Aベストアンサー

 昔は、石油といえば灯油を指すのが当たり前だったからです。
 今だからこそ、ガソリン、軽油、重油、ケロシンなど色々な石油燃料が世に知られていますが、昔は石油を燃料に使う器械としては、ストーブくらいしかなかったのです。
 だから、昔は「石油ください」でちゃんと通じたわけですね。

 それが今でも、「誰も言い直さなかったから」という理由で、石油ストーブという言い方が残っているのです。

Q石油ファンヒーター と 石油ストーブ?

石油ファンヒーター



石油ストーブ?(上にやかん とか置くイメージのやつ)


は何が違いますか?。また、長所短所を教えて下さい。


後、石油ストーブは どういった仕組みで暖かくなりますか?。石油ファンヒーターは 暖かいのを送り出し暖かいなるみたいな感じですが

Aベストアンサー

詳しい原理は他の方が説明しているので省略しますが、簡単にまとめると

・石油ファンヒーター
 石油が満タンでも電気がなければ使えない。
 温風が結構な勢いで吹き出されるので、耐熱仕様のホースを使用して温風をこたつの中に導けば部屋だけでなくこたつも温めることができる。そういうのが売られています。

・石油ストーブ
 火をつける道具(マッチやライター)があれば電気なんかなくてもいつでもどこでも使える。
 暖をとりながら天板にヤカンや鍋をおいておけばお湯を沸かしたり長時間煮込む必要のある料理などができる。
 ヤカンを置いておけば加湿にもなります。



次に欠点ですが

・石油ファンヒーター
 燃料タンクから燃焼部分の間にサブタンクがある。シーズンオフで使わない期間にサブタンクに灯油が残った状態で何年も使っていると灯油が水分を吸収して灯油をガス状にする部品の性能が悪くなり燃焼不良になることがある。最悪の場合着火してもすぐに燃焼異常で停止してしまう。
 長く壊さずに使うならシーズンオフでしまうときにサブタンク内の灯油を抜き取るという簡単なメンテナンスが必要。

・石油ストーブ
 火力は燃焼のための芯を上げ下げして行う。
 電気制御じゃないので温度の自動調整ができないのは仕方ないところだが、芯を下げすぎると燃焼不良気味になり一酸化炭素?中毒になる危険が増す。
 燃焼芯の上に乗っかている筒(名称は解からない)が正しく設置されていないと炎が上がり煤が出る。
 芯は消耗品なので最大火力にしても火力が弱ければ芯を引き出す必要があり、芯がなくなったら交換する必要がある。
 火に直接触れることができるので小さい子供がいる家庭では近づけさせないための対策が必要。
 構造上部屋の上部は暑いくらいでも床付近などの低いところはあまり暖かくならない。部屋をまんべんなく温めるにはこの夏大活躍した(と思われる)サーキュレーターや扇風機を併用するとよい。


どちらを使用する場合でも、石油を燃焼させるのだから二酸化炭素が発生するため、空気の入れ替えは必要。
雪国の一般家庭ではファンヒーターと石油ストーブの両方ある家庭は多いと思います。石油ストーブは普通に使っていれば10年以上壊れずに使えますからね。うちには30年以上使っているストーブ(石油コンロ)があります。
オール電化の家でも電気の暖房だけでは寒いので石油の暖房器具を使用していたりもしますよ。

詳しい原理は他の方が説明しているので省略しますが、簡単にまとめると

・石油ファンヒーター
 石油が満タンでも電気がなければ使えない。
 温風が結構な勢いで吹き出されるので、耐熱仕様のホースを使用して温風をこたつの中に導けば部屋だけでなくこたつも温めることができる。そういうのが売られています。

・石油ストーブ
 火をつける道具(マッチやライター)があれば電気なんかなくてもいつでもどこでも使える。
 暖をとりながら天板にヤカンや鍋をおいておけばお湯を沸かしたり長時間煮込む必要のある...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報