個人事業主の方必見!確定申告のお悩み解決

日本の会社名は「株式会社(有限会社等も同様)」の位置が、
「○○株式会社」・「株式会社○○」のように最初だったり
最後だったりしますよね。

個人的な感覚では、会社名というのは○○の部分が会社名の
判断という意味で大切であり、その会社が株式会社であるか
どうかは普段は第三者には関係ありません。

それなのにわざわざ株式会社であることを自慢
するかのように、最初に株式会社を名乗る会社が
存在するのは何故なのでしょうか?

実際、外資系企業は最後に株式会社等を名乗るのが多いように思えます。
例えば、
  Microsoft Corporation(日本:マイクロソフト株式会社)
  Dell Inc.(日本:デル株式会社)
  Google, Inc.(日本:グーグル株式会社)
  Yahoo! Inc.(日本:ヤフー株式会社)
私の知る限りですが、大半の会社が英語名の最後に
Corporation、Inc等を名乗り、日本名でも株式会社は
最後にきます。

それに会社名一覧などで、株式会社が先頭に並ぶと探しにくいし、
株式会社という箇所ばかりが強調されて個性が感じられません。

これは日本人の横並び精神が影響しているのでしょうか?

個人的には株式会社を最後に名乗ったほうが会社名の判断が容易ですし
印象にも残りやすいと思いますが…

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>わざわざ株式会社であることを自慢


>するかのように、最初に株式会社を名乗る

わたしの語感では、むしろ逆ではないでしょうか。
「株式会社」という響きを弱めさせたくて
名前の最初に持ってきているように思います。

#1様のおっしゃるように登記上の正式な
法人名には必ず「株式会社」を含めないといけない
という制限がかけられていますが、

もともと、「タナカ屋」という屋号があったとして
それを、
「タナカ屋株式会社」とすると、
「タナカ屋」という馴れ親しんだ屋号が「カブシキガイシャ」という響きに埋没して、違う名称になってしまったように感じます。
「タナカ屋」と「株式会社」が分かち難く連結してしまったようです。
零細商店から株式会社になったばかりだと、なんか「タナカ屋」が株式会社であることをさも当然のように扱っているようで照れくさいやもしれません。そこまで考えると自意識過剰!?

一方「株式会社タナカ屋」とすると、
「株式会社、タナカ屋」といったん「株式会社」のところで名前が切れて、「タナカ屋」という屋号がそのまま生きているようです。
「株式会社」が名前の一部であると感じられず、単なる肩書きのような感じです。

どっちをどう感じるかというのは、人によって違うところだと思いますが、
わたしの指摘しているあたりの事柄も社名の決定に影響していることが多いのではないでしょうか。

なお、自動車会社を見てみると

トヨタ自動車株式会社
日産自動車株式会社
本田技研工業株式会社
マツダ株式会社
スズキ株式会社

と名前の後ろにつけるところばかりです。
こうしてみると、後ろにつけたほうが名前としてはすっきりしているような印象もありますね。

何にしても制度上どちらでもよいわけですから、名前の最初に株式会社を持ってきてからと言って、横並び精神とか自慢しているとか言うのは、的外れな気がいたします。
    • good
    • 1

 基本は#1さんのご回答の通りですが、株式会社(あるいは有限会社など)を前につけるか後につけるかは自由です。



 諸外国の例を見ても、英語圏では「○○ Co.Ltd.」などと後につけますが、国によっては「 Sosiete de ○○」などと前に組織形態を表示するケースもあります。

 株式会社○○の方がアピール度が高いのか、○○株式会社の方がいいのかは意見の分かれるところですが、昨今のように索引などを作ることが多くなりますと、やはり○○を前にした方が検索しやすいとは思います。

 実例を観察した範囲では、社名が、○○が短くシンプルな場合や、あるイメージを伝えるような場合に株式会社を前にするケースが多いようです。

 これは、たとえば仮に「日本パル株式会社」があったとして、もし「日本」が要らなくなった場合を考えて見ますと、ただ「パル株式会社」ではなんとなく落ち着きが悪いけれど「株式会社パル」ならなんとなく語呂がいいといった意味ではないかと思います。

 もうひとつ、CIを導入していずれは社名の略式名称をただ「○○(たとえばSONYやTOYOTA、JALなど)」だけにしてアピールして企業のイメージと知名度を高めようといったケースもあり、この場合には最初からどちらであっても、知名度が上がりやすい方に重点をおいた考え方をするようです。 

 ただし有限会社や合資会社などの場合は、慣例として多くが有限会社や合資会社を前に持ってくるようです。
    • good
    • 0

会社法によれば株式会社は必ず商号に必ず株式会社を入れる必要があります。

有限会社や合名会社、合資会社も同じです。
外資系企業も日本法人であれば会社法によらなければなりませんから株式会社は必要です。
また株式会社でないものが商号に株式会社といれることも禁止されています。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q前株 後ろ株の違い

「株式会社××」という表記を前株、
「××株式会社」という表記を後ろ株、
と言いますよね。

法的に根拠はないらしいのですが、
営業の人がよく「前株ですか?後ろ株ですか?」
というやり取りを商談でしていたり、
「就職の場合、前株の方が良い」などと(噂ですが)
聞いたりします。

やはり何か違いがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

1商法・有限会社法に「株式会社・合資会社・合名会社・有限会社」といった法人種別を必ず登記上使用しなければならないと定められていますが、社名のどこにつけるという定めはありません。
2従って、法人設立時や社名変更時に経営者の「語感」で決めるようです。勿論時代の流れもあるようで、戦前には「後株」に比して「前株」会社は少数派でした。
3言語心理学から「ぼーっと聞いている人に、顔を見せることなく急に話し掛けた場合、最初の言葉の頭部は「反応開始の刺激信号」になるだけで、大脳中の言語中枢の記憶との照合までには至らないことが多い」「また、これが聴き慣れない言葉だと、意味は勿論のこと語音の弁別さえもできない。つまり初めの部分を聞き漏らしてしまう」いきなり言われても最初の部分は聞いてないということですね。だから誰でも知っている「株式会社」という言葉を先に出して「反応開始の刺激信号」として利用できるという見解もあるようです。
4上場会社の正式名称を並べてみると1部上場に比してマザーズ等新規上場会社には前株、カタカナが多いがそうでない場合もある。「ご勝手に!どうぞ」状態です。
5なお、職務上関連会社を十数社設立登記しましたが、オーナーの鶴の一声で全て「前」です。

1商法・有限会社法に「株式会社・合資会社・合名会社・有限会社」といった法人種別を必ず登記上使用しなければならないと定められていますが、社名のどこにつけるという定めはありません。
2従って、法人設立時や社名変更時に経営者の「語感」で決めるようです。勿論時代の流れもあるようで、戦前には「後株」に比して「前株」会社は少数派でした。
3言語心理学から「ぼーっと聞いている人に、顔を見せることなく急に話し掛けた場合、最初の言葉の頭部は「反応開始の刺激信号」になるだけで、大脳中の言語中枢の...続きを読む

Q「株式会社」は、前につくの後ろにつくの?どっちでもいいの?

教えてください。
株式会社が沢山ありますが会社名の前に、「株式会社○○」とつく場合と、後ろに、「○○○○株式会社」とつく場合と何か違いがあるのでしょうか?創業者が、勝手に決めるのでしょうか?

Aベストアンサー

株式会社を作る場合、登記の届け出先が法務局になります。
その時に登録した会社名が会社設立時の正式名称になります。

>創業者が、勝手に決めるのでしょうか?
会社の名前の登記については設立する人間になりますが、会社の名付け親は別に
いるということも当然あります。

>何か違いがあるのでしょうか?
社名というのは商標と同様に重要ですから、同じ名前があることがありますので、
「まえ株ですか?うしろ株ですか?」と株式会社の正式な名称を聞くことが多いです。

(株)という使い方は、余り好ましいものではありません。

Q(株)と株式会社の違いって?

素朴な質問なんですが、(株)と株式会社の違いって何ですか?ただ単に省略しているだけで意味は同じなのか、それとも全く違う意味があるのでしょうか?と、いうのも先日、会社の先輩に得意先が株式会社だったんですが(株)と記入したら省略していて失礼にあたると注意されました。あまり今まで考えなかったけどちゃんと知りたいなと思って・・。誰でも知っていることかもしれませんが教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

 自分のメモとして 省略記号として (株)と書くものであって 相手に対して 書く場合は 失礼になります

 (代)も 同じで 代表取締役 とか 書かないと
いけません

 (株)と 株式会社は 意味は 同じですが 相手に対して 感じ方が 違います


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング