大学生が主人公の本はありませんか?
恋愛、ファンタジーなどジャンルは問いません。
お願いします。

A 回答 (13件中1~10件)

辻村深月「子どもたちは夜と遊ぶ」


読書初心者の私にはこれしか思い浮かびません。。。
    • good
    • 0

私は「恋愛寫眞」がおすすめです。

「いま、あいにゆきます。」も書いた、市川拓司さんが書いたものです。もちろん、大学生が主人公ですよ♪話しの流れもすごくいいので、ぜひ読んでみてください!
    • good
    • 0

ミステリーですが、創元推理文庫から出ている有栖川有栖さんの「学生アリスシリーズ」がお薦めです。


現在「月光ゲーム」「孤島パズル」「双頭の悪魔」と3作出ています。
ミステリーの中にも、青春っぽさや友情、少しの恋愛など詰め込まれていて、読んだ後にかなりの満足感が得られると思いますよ。
    • good
    • 0

 「きょうのできごと」を推したいのですが既に出ていますので、村山由佳の「すべての雲は銀の…」などを出させてもらいます。


 恋人との間にひどい破局をむかえ、深く傷ついた大学生が信州で人々とふれあい、立ち直っていくまでのお話です。
    • good
    • 0

宮本輝の「青が散る」「春の夢」


どちらも青春のきらめき、人生や恋愛のせつなさの描かれた
すごく良い小説です。
    • good
    • 0

 柴崎友香の『きょうのできごと』お勧めです。



 友人の引越し祝いに集まった大学生のなんともない日常を5人の視点で描いた連作集ですが、これがなぜかとても面白いんです。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4309407 …
    • good
    • 0

北村薫先生の「空飛ぶ馬」なんてどうでしょう。


ジャンルは推理で、落語家の円紫さんが日常で出来た謎を解いてくれます。
もちろん主人公は大学生です
    • good
    • 0

ジャンルはミステリー?になります。



神永学・著『心霊探偵 八雲』シリーズ
文芸社より、既刊5巻。

主人公・斉藤八雲のかっこよさに惚れています。

4月3日からテレビ東京でドラマ化も決定。
キャストが想像とかけ離れていて、複雑な想いです★
(どのみち私の地域はテレビ東京入りませんが)

No.3の方も紹介した『龍のすむ家』は私も読んだことあります。
面白いファンタジーで好きですね!

参考URL:http://team-yakumo.jp/biography.html
    • good
    • 0

「夏の魔術」田中芳樹


http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4061821 …
 4部作の第1作目です。以下「窓辺には夜の歌」、「白い迷宮」、「春の魔術」と続きます。
    • good
    • 0

新井素子「絶句...」SFギャグ


主人公新井素子に宇宙船がぶつかって、脳の中のイメージが現実化する話
新井素子「あなたにここにいて欲しい」SFホラーサスペンス
大親友が突然失踪する。彼女の行方をおって...
栗本薫「ぼくらの時代」ミステリー
ヤクザ経営の芸能会社のアイドルが出演するTV番組で起こる連続女子殺害事件
バイトの大学生バンドの3人が行う推理は?
続編もありますがそちらは卒業後の話なので...
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q王道主人公と目的の為なら何でもするキャラ

漫画などのキャラで、
「卑怯な手を使わず正々堂々戦う」
「関係ない人を巻き込むな」
「人の命を犠牲にしてまで自分が幸せになりたいのかよ!」
と主張するキャラより、

「目的の為なら周りを巻き込んで迷惑をかけても構わない」
「禁忌にも手を出す覚悟、自分に降りかかる反動は承知の上」
「弱った相手に襲い掛かって倒すのは常識」
「相手も殺される可能性があると分かって戦場に出ているんだ、殺られる前に殺って何が悪い」
「相手が悲しい出来事に襲われて動揺している今が出し抜くチャンス」
「俺には絶対助けたい人がいる。その為には別の人が犠牲になることにいちいち動揺していられない」
などと主張するキャラの方に好感を持ってしまうことはありますか?

Aベストアンサー

マンガで言えば前者より後者のほうが多いような気がします。

すぐに思いつくところでは

北斗の拳のラオウ ケンシロウも些細なことですぐに人殺しますが^^;

ドラゴンボールはベジータが筆頭ですが孫悟空サイドも「後で神龍が生き返らしてくれるから」と結構簡単に人類や地球見捨てますね(笑)

デスノートの主役両方

はじめの一歩の間柴や沢村etc

青年誌だと 闇金ウシジマくん ミナミの帝王 喧嘩商売 彼岸島 砂の栄冠等々主人公

少年誌では絶対的な正義に対する魅力的な敵役として、青年誌では現実に合わせてニヒリズムを持ち合わせたキャラとして描かれているので一読者として好感もっているように思います。

Q主人公が高校生で恋愛ありの青春の本でおすすめはありますか?

夏休みなので今本を読もうと思っています。

主人公が学生(なるべく高校生)で、青春で、恋愛が入っている本でおすすめはありますか?
ホラー系、ミステリー系はあまり好きではありません。
感動系で面白いのがいいです。
一瞬の風になれとか好きです!

お願いします!

Aベストアンサー

・飯田雪子 夏空に、きみと見た夢 ヴィレッジブックス文庫
・樋口直哉 大人ドロップ 小学館
が高校生が主人公で恋愛要素ある青春小説です 

Q主人公が悪役のアニメ

主人公が、泥棒や悪党など悪い事をするのが目的のアニメには、どんなのがありますか?
ただし、「初めはそうだったけど、途中で改心した」というパターンは除きます。

Aベストアンサー

■泥棒もの
「MOUSE」
■マフィア・ギャングもの
「BLACK LAGOON」
「バッカーノ!」
■魔王・魔女
「魔界戦記ディスガイア」
「バスタード!」
「笑ゥせぇるすまん」
■悪の組織(改心はしませんが成功もしません)
「ケロロ軍曹」
「秘密結社鷹の爪」
「それゆけ!外道乙女隊」
「エクセル・サーガ」

Q大学生の私にオススメの本!(できれば自己啓発本)

大学2年のものです。
いろんな悩みを日々かかえ、考えています。
中谷彰宏さんの「大学生のうちにしなければならない50のこと」や
松下幸之助さんの「若さに贈る」などを最近よみまして、
自分の中で、何か「救われた」ような感覚がありました。
すごく感動しました。

そこで質問です。
大学生の私にオススメな本を教えてください。
小説でもかまいません。
この時期に読んでこそ、価値があるものを教えていただきたいです。

Aベストアンサー

二冊とも学生時代に読了しました。どちらも名著ですよね。
さらに読み進めたいと言う貴方に推薦したい本が、二冊あります。
福田和也『岐路に立つ君へ』(小学館文庫)は、就職、転職、独立、結婚と言った人生の岐路でどう心構えればいいか、を書簡形式で語っています。
主として「男の生き方」を念頭に置いた書き口ですが、もしあなたが女性であっても得られるところは多いと思います。
色川武大『うらおもて人生録』(新潮文庫)は、雀聖と呼ばれた究極のアウトサイダーが、劣等生の若者に生き方を説くと言う面白い一冊です。
意外にも松下翁と言っていることがかぶっていることに驚かれると思います。
いずれも大きな書店に行けば容易に入手できるはずなので、ぜひ一度目を通してみてください。

Q主人公が生きる意味について必死に考える小説

主人公が生きる意味について必死に悩んで考えて、
それがテーマとなっている小説って無いでしょうか?
ここでの「生きる意味」とは、「自分の生きる目的はなんだろう?」や
「自分が生きることで何がのこせるのか?」などといった類のものです。
最後の方で主人公が何かしら生きる意味について自分自身の答え
を出している小説でしたら、より有り難いです。

ご存知の方、どうか宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

 『星々の悲しみ』(著:宮本 輝)…『主人公が生死について考える』という面ではこれ以上にあなたがおっしゃった条件にあてはまる作品を知りません。短編集ですが、どの作品にも生のよろこびや儚さ、そして死の影が色濃く描かれています。『悲愴』という言葉がぴったりとあてはまる印象を受けますが、文に明記はされていないまでもそれぞれの主人公が生や死に対するある心境にたどりついていることがうかがえます。
 梨木 香歩さんの作品全般…穏やかな生や自然の美しさを描くことに非常に長けている方ですが、その作品にはほぼいつも死の影が背中合わせにあります。主人公自身が積極的に生死について考えるというよりは、それを取り巻く様々な出来事や人物が生死について示唆し、主人公がそれを自分なりに感じ取って自分なりの答えを出すといったほうがいいかもしれません。特におすすめは『西の魔女が死んだ』という作品です。主人公の少女が祖母に「人はなぜ死ぬの?」と問いかけ祖母がそれに答える場面がありますし。

Q主人公が出世しないファンタジー小説

私はファンタジー小説、特に異世界を舞台にしたハイ・ファンタジーが好きで良く読みます。
でも、そうした小説の主人公って、始めから王族や貴族だったり、始めは一般人でも途中で貴族だと判明したり、物語の最後に出世して貴族になったりする場合が多いように思います。
出世がハッピーエンドのあり方のひとつだというのはわかるのですが、うだつが上がらない主人公の話も読んでみたいです。

そこで、最初から最後まで主人公が出世しない(王族、貴族でない)ハイ・ファンタジーがあれば教えてください。

私がパッと思いつくのは『指輪物語』、『ファファード&グレイ・マウザー』、ダイアナ・ウィン・ジョーンズの作品がいくつかと・・・あとは『スレイヤーズ』くらいです。

回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

おお、確かに異世界ものには、そういう物語がほとんどですねー。
「オペラ・エテルニタ」(栗原ちひろ・角川ビーンズ文庫)きらきらしい表紙ですが、意外としっかりとした世界でのファンタジーです。一巻目はいまいちかなーという感じでしたが、二巻目のラストからはまりました。神と人の物語です。主人公は、最初から最後まで、一介の薬師(かつ剣士)です。
「されど罪人は竜と踊る」(浅井ラボ・小学館ガガガ文庫)お好みのものとは違うかもしれませんが、うだつのあがらなさでいえばトップクラスだと思います。常に金に困っているので。かなりダークなストーリー。まだ完結していませんが、こいつが王子とかだったら話が破たんしそうです。
「<本の姫>は謳う」(多崎礼・中央公論新社C Novels Fantasia)どことなく西部劇っぽい世界では、天使たちの遺産として、「本」が発掘、嗜好品として楽しまれているストーリーと、天使の世界のストーリーが並行して語られます。出世はしません。
あとは「ドラゴンキラーあります」(海原育人・中央公論新社C Novels Fantasia)もそうですね。軍人あがりの不良青年が主人公です。かなりのヘタレ。

おお、確かに異世界ものには、そういう物語がほとんどですねー。
「オペラ・エテルニタ」(栗原ちひろ・角川ビーンズ文庫)きらきらしい表紙ですが、意外としっかりとした世界でのファンタジーです。一巻目はいまいちかなーという感じでしたが、二巻目のラストからはまりました。神と人の物語です。主人公は、最初から最後まで、一介の薬師(かつ剣士)です。
「されど罪人は竜と踊る」(浅井ラボ・小学館ガガガ文庫)お好みのものとは違うかもしれませんが、うだつのあがらなさでいえばトップクラスだと思いま...続きを読む

Q自分の目的を隠して相手に近づく話を読みたい

とある映画を見ておもしろかったのですが、
主人公、または副主人公が、自分の本当の目的を隠して相手に近づく話が読みたいです。
(本当は相手の持っているものを狙っている)

相手はそうとは知らずに喜んで行動を共にしてしまう。

だんだん当人が、相手の気持ちに動かされてしまう・・・

スパイもの、探偵・警察・刑事物以外でお願いします。
(潜入捜査は当たり前なので)

Aベストアンサー

「カラスの親指」はどうでしょう。ミステリですが、潜入捜査ではないです。
「異邦の騎士」はどうでしょう。探偵ものですけど、探偵が潜入捜査してるのではないです。
映画「シックスセンス」のようなお話もあります。
「時をかける少女」もそういう話と言えば、そういう話です。

Qファンタジーの主人公はやっぱり子供であるべき?

新しく小説を書きたいと思っています
独自の世界観を描いたファンタジー小説にしたいのですが主人公を子供にしようか大人にしようか迷っています
大人の女性向けに書きたいなと思っていて
大人の女性が自分が主人公になってその世界に入り込んだような気分になるような作品にしたいと思っています
ただやっぱり子供の方が書きやすい
大人の女性を主人公にしようか子供にしようか迷っています
こちらが読者層を決めてしまうのはよくないでしょうか
ただ同年代の女の子たちに元気や夢を与えられたらという思いが強くそんな風に考えてしまいます
アドバイスお願いします

Aベストアンサー

子供向け作品であっても、大人の女性が主人公の素晴らしい作品があります。
上橋菜穂子さんの『精霊の守り人』です。
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4101302723.html
ですから、大人が主人公でも全く問題ないと思います。
ただ、読者層を決めてしまわない方がいいと思います。子供向け(YA)だけど、大人も楽しめる・・・ってのがいいと思います。

Q天使な小生意気の悪魔の正体と目的

お世話になります。

少し前サンデーで連載されていた
美少女が活躍する
「天使な小生意気」の悪魔の正体は一体なんだったのでしょうか?

うろ覚えですが正体を聞かれたときに
「わたしは約束を果せなかったものだよ・・」
という台詞があったように記憶していますが

あと主人公の記憶の改ざんをした目的ってなんなんでしょうね?

Aベストアンサー

悪魔の正体は結局はっきりとは描かれていなかったと思います。

なので推測になるのですが…

悔いを残したまま亡くなった人の幽霊みたいなものでは?

主人公・恵たちが別の魔本を手に入れて、河童が出てきたことがありましたよね?
あの河童は娘を助けられなかったことが心残りで、自分と似た藤木が代わりに溺れている娘さんを助けたことで、成仏(?)したと思うのですが。

同様に、あの悪魔は「約束を果たせなかった」ことが心残りで、代わりに適当な誰かとの約束を果たすことで、成仏しようとしたんだと思います。
その約束が「お前の望みをかなえてやる」とか何とか言っていたセリフですね。
望みが叶ったら、約束を果たすことができたということだったのでしょう。

で、主人公の記憶を改ざんした目的ですが

恵の望みは「男になりたい」でした。
あの悪魔は大した力を持っていないので性別を転換させることはできず、
代わりに記憶を改ざんして自分は本当は男だったんだ、と思い込ませることで望みを叶えようとしたのではないでしょうか。

わかりにくかったらすいません;

悪魔の正体は結局はっきりとは描かれていなかったと思います。

なので推測になるのですが…

悔いを残したまま亡くなった人の幽霊みたいなものでは?

主人公・恵たちが別の魔本を手に入れて、河童が出てきたことがありましたよね?
あの河童は娘を助けられなかったことが心残りで、自分と似た藤木が代わりに溺れている娘さんを助けたことで、成仏(?)したと思うのですが。

同様に、あの悪魔は「約束を果たせなかった」ことが心残りで、代わりに適当な誰かとの約束を果たすことで、成仏しようとしたん...続きを読む

Q大人(二十歳を超えてる)が主人公のファンタジー小説

大人が主人公のファンタジー小説を集めています。

おすすめを教えて下さい。

恋愛要素があれば嬉しいです。

ただ、ライトノベルが苦手です(それでもこれは!というのであれば‥‥)。

こちらでご紹介頂けた本は、ご縁があるとして、必ずチェックしていきたいと思っています。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

忘れてた ものが まだまだ あり …
マイケル・カニンガム 『星々の生まれるところ』
ベッケル 『緑の瞳・月影』
アンソニー・ドーア 『メモリー・ウォール』 『シェル・コレクター』
サイモン・R・グリーン 『青き月と闇の森』
カルロス・ルイス・サフォン 『風の影』
ジョン・バンヴィル 『無限』
ポール・オースター 『最後の物たちの王国』
アリエット・アルメル 『ビルキス、あるいはシバの女王への旅』
エミーリ・ロザーレス 『まぼろしの王都』
ゴードン・R・ディクスン 『ドラゴンになった青年』 『ドラゴンの騎士』
アレックス・シアラー 『スノー・ドーム』
ホープ・マーリーズ 『霧の都』
ジョン・ベレアーズ 『霧のなかの顔』
テリー・ブルックス 「ランドオーヴァー・シリーズ」
『魔法の王国売ります !』 『黒いユニコーン』
『魔術師の大失敗』 『大魔王の逆襲』 『見習い魔女にご用心』
リサ・ゴールドスタイン 『太陽と月のアラベスク』
コリン・グリーンランド 『聖なる山の夜明け』

素敵な 脇役 (男性) ですか … !?
今回は 主役が 男性でも 良いのか と思い …
でも、男性が 魅力的に 描かれていて 印象に残った のは、
(読んだばかりな こともあり …)(ストーリーもまた 素晴らしく …)
チャイナ・ミエヴィル 『都市と都市』 とか … 但し 主役
脇の 女性 (主に 第 1 部に 出てくる 助手の 女性 ですが) も 良かった
コニー・ウィリス は 男女ともに 良かった かと
『航路』 『ドゥームズデイ・ブック』 『犬は勘定に入れません』 どれも
アーシュラ・K・ル = グウィン、ダイアナ・ウィン・ジョーンズ も
ゲイと 公表されている という 白人の 男性作家 (ジェフ・ライマン) の
描く チベット人女性を 主役に据えた ネットの世界の 物語 『エア』 では、
最初 あまり 好きになれなかった 主人公の女性が 成長していく描写に
舌を巻きました … とにかく ラストは 圧巻、久々に 涙が …
ジェフリー・フォード の イメージは 凄い と思うのですが、主人公 (男性) は
どうも 好きになれず … ティム・パワーズ の 主人公は 満身創痍に なりますが、
結構 魅力的かと (男女とも …) ミロラド・パヴィチ、イスマイル・カダレ は
ストーリー・描写 共に 大好きなので お薦めしたいですが、主人公は と言うと …
なんというか 普通ではない … ぜひ 読まれてみてください …
ドゥニ・ゲジ (このかたは 数学者 …)、キアラン・カーソン (アイルランド音楽
研究・古典詩の 翻訳も されています)、マイケル・カニンガム (このかたも ゲイ
とのこと …)、ジョン・クロウリー も 非常に お薦めかと …

忘れてた ものが まだまだ あり …
マイケル・カニンガム 『星々の生まれるところ』
ベッケル 『緑の瞳・月影』
アンソニー・ドーア 『メモリー・ウォール』 『シェル・コレクター』
サイモン・R・グリーン 『青き月と闇の森』
カルロス・ルイス・サフォン 『風の影』
ジョン・バンヴィル 『無限』
ポール・オースター 『最後の物たちの王国』
アリエット・アルメル 『ビルキス、あるいはシバの女王への旅』
エミーリ・ロザーレス 『まぼろしの王都』
ゴードン・R・ディクスン 『ドラゴンになった青年』 『ドラゴン...続きを読む


人気Q&Aランキング