一般的に営業に回るとき営業資料のようなものをもっていますよね。
そう言う資料の作成って皆さんどうしてらっしゃるのでしょうか?
図書館や新聞などでもこれっ!といえる資料にはなかなかあたらないのですが同業者の大手企業さんとかは立派なものをつくっていたりで不思議なんですが・・
営業資料や企画書などの雛型のようなものの手に入れ方ご存知でしたら教えて下さい!!宜しくお願い致します!!ちなみにうちは派遣や業請関係なんですが基本的にはどんな資料の作り方でも結構です。勉強にもなりますしアレンジしたり、参考にしたりしたいと思います。営業としてはずるいやり方かもしれませんが営業1年生をお助け下さい!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

相手先に渡してしまうならば、じっくり読んでもらえるため、細かいグラフや表を載せるのも良いかもしれませんが、話しながら見せるのであれば、ぱっと見て理解してもらわないといけないため、まずわかりやすくないといけないと思います。



そういう用途であれば、マイクロソフトのパワーポイントがオススメです。

もともとは、スライド作成用ですが、スライドで発表するには、言葉で補足しつつ、一番の要点を一目で一枚のスライドに納めることが効果的なため、わかりやすいプレゼンシートの作成にも役に立つソフトだと思います。

テンプレートも多く付属していますし、ウィザードで項目を入力してゆくとある程度までは自動的にレイアウトしてくれたりします。

ご参考になれば幸いです。

↓は、「住中先生の提案営業実践講座」のページです。
パワーポイントを用いた提案書の作成についても解説しています。

参考URL:http://www.microsoft.com/japan/office/suminaka/p …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

URL大変参考になりました。パワーポイントは当社のパソコンにも入っているようです。まだ使い方が良く分からないので少しずつ慣れながらどんどん作成してがんがん営業を取っていきたいとおもいます!!有難う御座いました。

お礼日時:2002/02/01 13:28

 エーっと、業種にもよると思うので、役に立たないなら読み飛ばしてください。


営業用の資料としては、それぞれカスタマイズされたものが必要になると思うので、流用できる雛型は一寸難しいかと思います。また、大手の企業さんなどはプレゼンテーションの制作を特定のセクションなどで作っている可能性や企画やコンサルなどの専門業者のアシスト(丸ごと外注って事はまずないと思いますが)を受けている可能性があると思います。
 ちなみに自分で営業ツールを作らないと会社では用意してもらえないのならば、「企画書の作り方」的なハウツー本や「プレゼンテーション」についてのハウツー本などが参考になると思います。
 どちらにしても、まず「何を」「誰に」「どんな風に(どんなシュチュエーションで)」プレゼンテーション(≒営業、説明)するのかをしっかり意識して作られることが重要だと思いますよ。

何かの足しになれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やっぱり大手企業さんはそういったセクションをもっていて当然ですよね~勉強になりました。
早速図書館と本屋をまわってみました。頭で考えているよりももっと具体的に企画書が形になり始めましたので本当にうれしいです。有難うございました。

お礼日時:2002/02/01 13:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qマイクロフィルムによる保存について

領収書などの証憑書類は5年を経過した日以後についてはマイクロフィルムによる保存も可能とされていますが、このマイクロフィルムとは具体的にどのようなものをいうのでしょうか?
たとえば注文を電子発注で受けている場合など、システムに顧客からの購入履歴が残りますが、
こういう形での保存でもよいのでしょうか?

Aベストアンサー

はじめまして

マイクロフィルムですか‥‥なつかしい単語ですね。

マイクロフィルムとは実際の資料を撮影してフィルムに焼き付けたものです。
今のようなコンピュータでデータ処理する時代になっては遺物となってしまい
ましたが、今でも図書館等での需要はあるようですよ。

ですから、マイクロフィルムによる保存も可能といわれるならば、PDF化だったら
ともかく、改ざん可能な「システムに顧客からの購入履歴」などでは、許されな
いでしょう。

Q同業他社の営業マンとの接し方は?

(1)みなさんは自分の会社とライバル関係にある営業マンと偶然会合で会ったりした時の接し方はどうしてますか?
同業他社の営業マンでも仕事以外では仲良いという人いますか?

(2)また、素直にライバルメーカーの製品を凄いと思ったり、営業力を素直に認められますか?

(3)普段からライバルメーカーの事を考えたりしますか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1、普通に挨拶と雑談しますね、もちろんそれとなく情報収集はします。
  居ます、趣味も同じで公私に渡り相談しあう友人がいます。

2、ありますし認めます、製品、人の客観的判断が出来ないといい営業にはなれないのでは?
  それに優れた物を参考にするにはそれの価値をまず認めなければ始まらないと思います。

3、あります、業界の流れのなかであそこはどういう判断をするだろうか、と考えたりします。

Q古い新聞のマイクロフィルムってどう思いますか?使い安いですか?

古い新聞はマイクロフィルムになっているじゃないですか。
あれどう思いますか。使い安いですか?
私はあまり使いやすいとは思えないのですが。ただ、縮刷版(印刷物)を何冊も書架から持ってきて貰うよりは、マイクロフィルム何本かの方が、図書館の方の負担が少ないですよね。

Aベストアンサー

>縮刷版(印刷物)を何冊も書架から持ってきて貰うよりは…

それもたいへんですけど、縮刷版では綴じ側がきれいにコピーできないので困ります。

その場で読むだけなら縮刷版でも良いですが、古い新聞を探す理由は何かの研究材料にしたいからで、必要な部分のコピーを持ち帰ることが多いんじゃないですか。

私はやはりマイクロフィルム派ですね。

Qメーカーの営業が新規開拓で使う資料の呼び名

アパレルメーカーで販促の仕事をしています。
営業からの要望で新規開拓をする際に使用する資料を制作することになりました。
内容は自社商品の紹介・SHOPでのVMD展開例・代表店舗の紹介・販促活動実績などです。
この様な資料を総称して何と呼べばいいのでしょうか?
また百貨店などの開拓をする際に用意すべき材料は他にどんなものがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

英語がいいんですか。(笑)

外資系企業では日本語で言う、提案書、企画書などはプロポーザル(Proposal)と呼んでいます。

あとはチラシがリーフレット、複数枚のものはブローシャーなんて言ってますが。

Q図書館 マイクロフィルム いつから使い始めたのでしょうか?

図書館でマイクロフィルムをいつから使い始めたのでしょうか?

ご存知の方、教えて頂けますでしょうか?

Aベストアンサー

下記サイトによれば、1927~1935に米国の議会図書館(Library of Congress)でマイクロフィルム化が先行して行われ、1936年には米国図書館協会(American Library Association)が公認の技術としたようです。

参考URL:http://en.wikipedia.org/wiki/Microfilm

Q約束を守らない、資料を準備しない営業。どう接しますか?

文字数の関係で改行を減らします。

営業は40代前半くらいの男性。彼の営業歴などは知りません。私は入ったばかりの営業ではない派遣社員です。
一緒にお客様と会うこともあるのですが、この営業は口頭でもメールでも約束が大好きなようで「×日に見積もりを出します」などの約束するのですが、その日までには出しません。私も放っておきますが、仕事に影響が出る時は催促すると「そうなんだよ」と覚えているのに出さずに帰ってしまうのです。(大残業はしている。)
正社員、それも40過ぎた男性に何度も言うのは嫌だし、失礼と思って黙っているとお客様から催促されます。それでも出さないのです。しまいには別のお客様の見積もりを先に出したりします。そしてお客様が怒っている理由がわからない様子です。私がお客様なら、催促して2週間以上も見積もりが出ない企業なんて怒ってキャンセルなんですが・・・
自分はこんな状態なのに、私には「○○さんに資料を早く出すように催促して!」などと言うので戸惑っていると「早く!」とか言います。それで催促したら、返事が「営業に送った」と。しかも営業は「資料、受け取りました」という返信も相手にしていて「あれがその資料だったんだ。中は見てなかった」なんて平然と言います。
打ち合わせの時も、資料を全然持って来ない上、お客様が話している時に「○○の資料は?」と私にエラそうに何度も聞いてくるので、いつも話を聞きそびれます。客先に着いてから資料を渡しても、返してくるので「俺はコイツに威張れる」というのを周りに見せたいのか?! と思ってしまうほど。

あまりにヒドいので、上司に相談したいのですが、話せば本人の耳に入って仕事がしづらくなるのもわかっています。派遣会社の営業に愚痴を言っても・・・という感じで、久し振りに人間関係につまづいています。

皆さんならどうしますか? やはりしつこく言いますか?

文字数の関係で改行を減らします。

営業は40代前半くらいの男性。彼の営業歴などは知りません。私は入ったばかりの営業ではない派遣社員です。
一緒にお客様と会うこともあるのですが、この営業は口頭でもメールでも約束が大好きなようで「×日に見積もりを出します」などの約束するのですが、その日までには出しません。私も放っておきますが、仕事に影響が出る時は催促すると「そうなんだよ」と覚えているのに出さずに帰ってしまうのです。(大残業はしている。)
正社員、それも40過ぎた男性に何度も言うの...続きを読む

Aベストアンサー

派遣先上司に相談します。
だって、派遣先が客先の信頼、失ってる訳でしょ?
その変な社員さんのせいで。

貴方は派遣さんなんだし、派遣先の問題じゃん?

変な社員さんにしつこく言っても無駄。だって貴方は派遣さんなんだから。言う事聞く、訳がないじゃん。

って、こんなん出ましたが、御納め下さい。

Qマイクロフィルムリーダーのカートリッジについて

こんにちわ
時々質問させて頂き、みなさんよりお力をお借りしています

今日もまた、厄介なことをお聞きしたくて書き込みます
私自身ではないのですが、友人の力になりたく書き込みました

私の友人が役所に勤めており、マイクロフィルの機械の更新をするそうですが、現在はFUJIFILM製の機械を使っているそうですが、出入の業者担当が熱心なこともあり次期はコニカミノルタ製を採用したいそうですが、営業担当者より現状使用しているカートリッジが継続して使用できないと指摘され困っているようです

マイクロフィルムは安定した媒体として広く採用していると思いますが、フィルムを納めるカートリッジ(筐体)の形状でそれを使用する機種(メーカー)が左右されてしまうことに納得できません。VHSテープだって、CDやDVDだって、同じ規格の媒体であれば扱う機種(メーカ-)選びません。これと同じようなことではないかと思うのですが・・・

友人としては、現状使用しているカートリッジを次の機種でも使用したいそうです

マイクロフィルムにお詳しい方がいらっしゃいましたら、アドバイスをお願いします

添付の写真は、現在使っているカートリッジだそうです

こんにちわ
時々質問させて頂き、みなさんよりお力をお借りしています

今日もまた、厄介なことをお聞きしたくて書き込みます
私自身ではないのですが、友人の力になりたく書き込みました

私の友人が役所に勤めており、マイクロフィルの機械の更新をするそうですが、現在はFUJIFILM製の機械を使っているそうですが、出入の業者担当が熱心なこともあり次期はコニカミノルタ製を採用したいそうですが、営業担当者より現状使用しているカートリッジが継続して使用できないと指摘され困っているようです

マ...続きを読む

Aベストアンサー

誰もが使う物じゃないのでVHSみたいに共有化する必要はありませんから

納得しないのは、しょうがないです。


今更共有化しろ、と言っても企業は動かないですし


現行のカートリッジを使うのであれば他社のは使えませんからあきらめましょう

Q営業職の方々:営業先の分布図(マップ)を作ってどこに、営業先が点在しているか一目で分かる地図を作成したいと思っています

長いタイトルですが、今後まわる営業先が広範囲になり、一目で営業先がどの辺にあるか分かるマップを作成したいと思っています。最終的には紙ベースのもので持って歩きたいと考えています。イメージとしては、書店で売っている折りたたみ式のマップみたいにエリアごとになっていて、そこにたとえば赤の●シールを貼ってプロットしていくような感覚です。できればネットでそういう地図がエリア選定して手に入ればいいなぁと思っています。みなさんはどうしていますか?いろんな方のアイデアを教えていただければうれしいです。どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

白地図というのがありますので(市販もしてます)
そーいうのをお使いになるのがよろしいかと

ネットならここ
http://www.freemap.jp/

Q35mmマイクロフィルムのスキャン

35mmロールのマイクロフィルムをスキャンして
内容を確認し、データとして保存したいと思っています。
外注に出せば早い話なのですが、今後継続的に利用するのを考えて
いまのうちに機器を購入して作業しようと画策しています。

専用の機器だと
FujiのScanStationが第一候補にあげられると思いますが、
その他に同機能の機器を取り扱うメーカーをご存じですか?
どのくらいのお値段がするものなのでしょうか?

また、一般のスキャナでこう工夫すれば簡易的に画像が取り込める
というような知恵があれば、ぜひ教えてください。

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

マイクロフィルムの場合、ロールになってますから、一般の物では使いにくいと思います。
専用機は

http://www.yachimai.co.jp/microfilms/reader.htm

このように各社から出てますが、汎用機となるとニコンのCOOLSCANではないかな。

http://ascii24.com/news/i/hard/article/2003/10/28/646594-000.html

(専用アダプター)
http://www.getplus.co.jp/pr/product271877.asp

裏技で、デジタル一眼レフで複写するとどうなるか試してみたいのですが、適当なカメラが無いのでこれは試してません。
ロールフィルムはかなり苦労してフラッドヘッドスキャナーでやりますが、傷が怖いしお勧めできません。

Qメーカー営業 営業企画

メーカーで営業をしています。エンドユーザーに代理店や販売店の営業の人から売ってもらう仕事です。
競合他社もありますが、製品に差異はほとんどありません。どのような方法を取れば自社のものを売ってもらえるでしょうか。
今まで、成績の良い人に金券を提供する企画など実施しましたがイマイチ効果がありません。何か企画・イベントなど売れる環境を作れる良い案があれば教えて下さい。

Aベストアンサー

初めまして。スコンチョといいます。(^_^) 詳細な内容が分からないので、ざっくり
とした答えになります。

・売れる仕組みを学ぶ

「営業担当者最大の敵は、なかなか首を縦に振らない顧客ではなくマーケティングだ」
という言葉もあるくらい、現代の流通には欠かせないものとなっています。この考え方
を使う・使わないは自由ですが、まずは一通り学んでからでも遅くないと思いますよ。
そうすれば、お客さまとの関係がどうという前に、自社内でできることが見えてくると
思います。


・人間関係を学ぶ

商品が全く同一と仮定するなら、残るパラメーターは価格・流通(スピードや正確さ)
・自社のネームバリューや信頼感・販売促進・担当者の評価等ですね。やはり、ビジネス
は人間対人間ですから、まずお客さまの話を聞ける状況(傾聴術)をつくり、次にお客さま
へ有益な情報提供ができる専門家になることが大切かと思います。経験上では、先方の
担当者(顧客)から評価されている営業マンの存在こそ、一番値打ちがあるように思われ
ます。


最後に厳しいようですが、販促イベントはカンフル剤であって、根本的な強さにはつながら
ないと思います。もっと言えば、だんだん効き目が弱くなって、かける費用が膨らんでいく
のが普通です。なぜなら、有効であると思えば、他社も追随するからに他なりません。

会社のためにも、質問者さんご自身のためにも、目の前の勝ちを求めず、強さを育まれる
ことをお勧めしたいと思います。頑張ってください。

初めまして。スコンチョといいます。(^_^) 詳細な内容が分からないので、ざっくり
とした答えになります。

・売れる仕組みを学ぶ

「営業担当者最大の敵は、なかなか首を縦に振らない顧客ではなくマーケティングだ」
という言葉もあるくらい、現代の流通には欠かせないものとなっています。この考え方
を使う・使わないは自由ですが、まずは一通り学んでからでも遅くないと思いますよ。
そうすれば、お客さまとの関係がどうという前に、自社内でできることが見えてくると
思います。


・人間関係を...続きを読む


人気Q&Aランキング