昨日スキーのジャンプ競技をテレビで見ていたら、着地点のあたりに(勿論雪上です)国旗が映っていました。国旗だけでなく、広告もです。
あれはどうやって雪のうえに映し出しているんでしょうか?
プロジェクターかなにかでしょうか?
気になって仕方ありません、どなたか教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

私もその番組見ましたよ。


解説の方が言うには、その時飛ぶ選手の国旗とK点の線は「バーチャルで表示しています」とのことでした。

たしか、去年日本で行われた水泳のワールドカップでも、選手が飛び込むコースごとに国旗が表示されていて、多分同じ仕様ではないのかなと思います。
今はTVでも視聴者に分かりやすいように表示してくれて見やすいですよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、バーチャルという手があったのですね。納得。
一緒に見ていた夫が「あれはプロジェクターだ!」と言ったのですが、よく考えたら着地点にあんなものがあったら気が散ってしまいそう・・・。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/28 13:41

水泳でみましたが、あれは、TVで見ている人だけに表示しているのですね。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qジャンプ台の着地点に大型画面

こんばんは。カテゴリーが違ったらごめんなさい。
今日テレビでスキージャンプの中継を見ていたんですが、着地点の先の方に雪の上に今飛んだ選手のリプレイとか、最後は優勝した船木選手を祝福するメッセージとかが大写しになってましたが、あれはどういう構造になっているのでしょうか?どこかにプロジェクターがあって映写しているんだと思いますが、雪の上でもあんなに鮮やかに見えるものなのでしょうか?真上から映写しないと画像が歪むと思うのですが真上に映写機なんて設置できないと思うし・・・非常に不思議です。ご存じの方教えていただけたら幸いです。お願いします。

Aベストアンサー

サッカーの中継ではよく使われていますね。
スペインリーグの中継ではよく見ます。

ゴールキックで、ゴールまでの距離が円や直線で示されたり、コートの周りに広告が映し出されたり。しかも、カメラのアングルが変わってもあたかもコートにその広告があるかのように一緒に動きます。選手が広告にぶつかったと思った瞬間なにごともなかったように通り抜けると、ビックリします。

ヴァーチャル・アドボードという技術だそうです。
以前、もう少し詳しく解説したサイトがあったのですが、リンクが切れていましたので、参考になるかどうかわかりませんが、別のサイトを紹介します。(参考URL)

参考URL:http://home.att.ne.jp/blue/supportista/series/hirose/hirose20.html

Qジャンプ着地点あたりの雪面上にあるモノ

オリンピックのジャンプを見ていたら、着地点のやや下あたり一面に、何かぱらぱらと落ちているように見えました。何か撒いてあるのでしょうか? 何のために?

今回に限らず、いつもそうなっていたのでしょうか?

Aベストアンサー

自信はないのですが。

あれは,選手が着地する雪面を判別しやすくするためにまかれているものだと思っていました。一面白の雪面は,遠近感をなくし,錯覚することすらあります。
細かいものがまいてあることによって,遠近感をとらえやすくするのでしょう。
それにより,選手の安全が図られるのではないかと思います。

雪にまだらに色をつけてもいいようですが,多分整備のしやすさ(雪をならしても上からまくだけですから)や環境への配慮,選手のスキーのすべりを妨げないなどからそのようにしているのではないでしょうか。
私が見る限り,まいてあるのは杉などの針葉樹の葉に見えますが,本当は何か確信はありません。

ちなみに,フリースタイルスキーのエアリアル(キッカーからジャンプして空中での回転演技を競う)でも,着地点付近は葉(のようなもの?)がまかれています。

Qスキージャンプの着地点になぜ植木が

スキージャンプの着地点付近に等間隔に低い植木がありますが、
あれはなんのためにあるのでしょうか?
邪魔になるとおもうのですが。
また、あれは人工のものなのでしょうか。
ほんものの植物ならかわいそうなきがします。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

植木というより、やわらかい木の枝のようなものだと思います。
視界の悪いときなど白一色では、距離感などがつかみにくいため、
目標物として挿している程度だと思います。
しっかり植わっているものだと、
ジャンパーが接触したとき抜けなくては、
転倒の原因にもなりかねませんから
細かな木の枝程度であれば滑走に影響しませんからね。
その他スキー滑降や、スーパーGの中でも枝のようなものが、
コース(プレジャンプ着地点部分)上に置かれているのを見たことがあります。

Qスノボーのジャンプについて(左で飛んで右で着地など)

今年はじめたスノボーですが、
調子に乗って自分ではうまいのかなって思っていたりも
します。(週5回以上滑ってますが・・・・。)

ただ、ジャンプのレギュラーで飛んで
グンフィー(?)で着地というのに
躊躇してしまいます。なにかいいアドバイスがありませんか?

今はグンフィーで着地するのだから
グンフィーで滑れるように練習しています。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

きっかけ作りということで、飛ぶ瞬間から上半身を回転方向にひねるといいですよ!

Qスキージャンプ競技について。

スキージャンプ競技について。

前にテレビのスポーツ番組見てて気になったのですが、ジャンプ競技でたしか200m以上のジャンプしてるのを見たんですがそれはどこの国でやってるのですか?それとその動画あればどこで見れるのか教えてもらいたいのですが、よろしくお願いします。ユーチューブ等で見たんですが探しきれなかったので。動画なくてもどこの国でしてるだけでも教えてください。間違えてたらすいません。よろしくです。

Aベストアンサー

すでに下で回答が出ていますが、補足として
ジャンプ競技のジャンプ台はHS(飛行換算距離)によって分類され
スモールヒル  49m以下
ミディアムヒル 50m~84m
ノーマルヒル  85m~109m
ラージヒル   110m以上
フライングヒル 185m以上
と、5種類に分類されています。

ご質問の200m以上ジャンプできるジャンプ台は
フライングヒルになります。
このフライングヒルを使って行われるジャンプ競技を
スキーフライング競技と呼びます。

スキーフライング競技は、
ワールドカップの中で何戦か行われ、
2年に1回(偶数年)世界選手権が開催されます。
で、フライングヒルを持っている国は5カ国で、
スロベニア、ドイツ、ノルウェー、チェコ、オーストリアですので、
開催国は必ずこの5カ国のうちどこかになります。


おすすめ情報