『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

 一番大好きなのは、パーマンです。

 ボランティア精神で、見返りを求めず、人助けや、事件、事故を解決し、悪党と対決(特に60年代の作品にシビアな展開がみられ、好きです。)するストーリーや、空を飛べ、パー子とのラブコメディ(テレビカラー版と、80年代の作品)など魅力につきません。

 でも、とうとう最後まで、バードマン(最初はスーパーマンでしが、著作権などの問題で・・)の顔の招待は明かされませんでした。

 1号と3号の将来は、読者に想像で、おまかせだった(?)のかもしれませんが、その次くらいに、ちょっと残念です。

 もうひとつは、オバケのQ太郎の白い服の下はどういう姿なのかが謎だったのかも、知りたかったです。
足は、黒い2本足だというのは、アニメやマンガなどで、ちらっと出てはきますが・・・

怪物くんは、安孫子先生の作品ですが、最終回で、帽子を取って、頭を見せてくれたのがうれしかったです。(正確にいうと、オバQは安孫子先生との合作だったと思いますが。 + 石の森章太郎さんも )

 長くなりましたが、理由はなぜなのでしょうか? やはり、先生ご自身しか知りえないことなのでしょうか?
 ご存知の方いらっしゃるでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

私も藤子作品のファンです。


私もパーマン好きです。バードマンの正体が明かされなかったのもやはり質問者様がおっしゃるとおり、やはりF先生ご自身しか知りえないことなのかもしれません。
テレビアニメ パーマン(’83年度版(シンエイ版))でバードマンが人間の姿(?)になってミツ夫くんの家に行くというような話がありました。そのときのバードマンは人間の顔をしていましたが、私はそのときのバードマンの顔が本当の顔に近いイメージなのかもしれないなと思いました。(多分・・いや絶対違うような気がしますが)結局F先生にしか分からないのかな~と思っています。けれど、F先生はバードマンの顔をちゃんと考えていたような気がします。スミレちゃんも「ドラえもん」の中でドラえもんたちに自分の恋物語について語っていたくらいですから、バードマンのサイドストーリーもあったに違いありません・・と私は思います。(のちにパーやんも別の作品に登場しますし)
スミレちゃんはてんとう虫コミックス24巻以降全く登場しなくなりました。その後、伊藤つばさちゃんというアイドルが現れ、彼女の成長も「ドラえもん」で見届けることができます。
アイドル星野スミレは、結婚して芸能界を引退したという憶測がファンの間で広まりました。もちろん・・相手はミツ夫くんです。
最後までは描かれませんでしたが、私はそうであってほしいなと思いました。(しかし10年以上も留学しているなんて長い留学期間ですね・・。)
スミレちゃんとミツ夫くんが再会できたのか、
その後どうなったのか実際に漫画で見たかったですね。
彼女の本名は「鈴木信子」ですが新作ではその設定がなくなっており、新作の中では母親も「スミレちゃん」と呼んでいるため本名も「星野スミレ」ということになったのかなと思います。

オバQってあの服を洗濯して乾してましたよね・・・。
アニメで何枚も持っているのを私も見たことがあります。オバQの正体がちらっと見える黒い2本足以外
絶対見えないようにしてたということは、オバQはやっぱりあのままのデザインでそれ以外の姿は無いということで決めていたのではないかな・・なんて思いました。
やっぱりF先生しか本当のことは分からないでしょうけど。
チンプイの結末も永遠に謎に包まれてしまいましたが、あれからどうなったのかチンプイの続きも気になっています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。(^_^)

お礼日時:2006/04/20 07:51

私もパーマンは大好きです。


オススメはパーマン大好きな愛好会?の人たちが書かれた「パーマンの真実」(多分絶版本)です。

バード星にミツ夫くんが留学した所でパーマンは最終回になります。

そこから「ドラえもん」にこのラブストーリーは続くそうです。
ドラえもん初期にはアイドルスターとして星野スミレはトップアイドルとして何度か登場して
何巻かは忘れたけど、大人になったスミレちゃんがのび太くんに
「ずっと待ってる人がいるの」と言ってロケットを広げると、子供の時のミツ夫くんの写真が入っています。

パーマンの真実では「ミツ夫くんが子供のまま=未だにバード星から帰ってない。」事を指摘

それからしばらくすると、ドラえもんでは星野スミレに変わって名前は忘れましたが別の人がトップアイドルとして出るようになっています。

それはもしかすると、ミツ夫くんが地球に帰ってきたので星野スミレは引退をしたのではないかと解析していました。

パーマンの真実を見てからドラえもんを見直してしまいました。
私も愛好会の人が想像するように、最後は結婚引退をしたのではと思っています。

ちなみにスミレちゃんの本名は「鈴木信子」だそうです。

この回答への補足

どうもありがとうございます。

 ドラえもんにも きれいな星野スミレさん(^_^)何回か大人になって確かにでていますね。 

私も、「パーマンの真実 」も読みましたが、たぶん、版権の問題もあり、文章ばかりで、コミックの場面が出てこないのが、残念でした・・・。

 その後、別な少女アイドルの 「何とか ツバメ(?)」という子が出てくるようになります。
 たしか、ドラえもんの方がファンだったような気がします。(^_^)汗
 その回も、結構、笑えるラストです。
  
 鈴木信子 の名前は、藤子アニメに欠かせないアニメーターで、確か、トキワ荘時代くらいから、の親交も深い鈴木伸一さんという人から、取ったそうで、知ったときは、「なんだそりゃ!」 と思いましたが、名前を決めるときは、結構、時間がなくて、仕方ないというか、いい加減な感じもします (^_^)汗
 
 藤子マンガにたびたび出てくるラーメン好きな小池さんがそのイメージキャラクターにもなっています。
 
 野比のび太くん は、「生まれた産婦人科に生えていた大きな木のようにのびのびと育ってほしい」 という気持ちで、パパさんがつけたと、声優さんが変わる直前のアニメで、やっていました。
 てっきり、のんびり? のびているから? だとばかり思っていましたが・・・。

 セワシくんは、たぶん、その反対の「 せわしい 」から来ているのではと思っていました。 半分あっていると?思うのですが・・・(?_?)

話がまた脱線しました・・・(^_^)汗

 

補足日時:2006/04/14 16:44
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。(^_^)

お礼日時:2006/04/20 07:52

真実を知る方がいるのでしょうか?実は先生も知らないのかもしれません。



勝手に想像すると・・・

1.謎にしておくと,いつまでも覚えていて貰えるからと作者が思った。こうしてあなたが発表から数十年の月日を経た現在話題にしている。答えを出した瞬間に謎は謎でなくなる。

2.初めから(あるいは途中から)謎と決めて,答えを考えていない。バードマンなどパーマンの上司?だけど,結局は脇役だから,マスクしている顔以外考えてないのでは?

子供の頃,TVでQ太郎が「どうせ中身は空っぽさ」とか言ったような記憶があります(記憶ちがいかもしれませんが)。空っぽなのに何故腹が減るのか,食べたご飯はどこに行くのか・・・考えたら答えが出ない・・・。というわけで,先生も知らないという答えに1票です。

謎のついでに,Q太郎が一張羅と称する服(そんな話があったと思う)は何が他の服に勝るのでしょうかね。同じ丸い目でがい口の白い服にしか見えないのに。これも謎だな。(ついでのついでで雑巾にされたQ太郎服も笑えた。目と口がある雑巾。)

この回答への補足

 ありがとうございます。

真実というか、マンガの世界ですから、現実的には、かんがえていません。

藤子先生が初めから そこまで細かく考えていなかったという考え方も、もちろん、あるかもしれませんね。 謎の面をひとつか2つ残しておいた方が、見る側も、楽しみ?のひとつになるかもしれません。

 オバQは、アニメか何かで、同じ白いあの服を何着も持っているのをみたことがあります。

 ごはんを何杯も食べるというのも、愛きょうがあって、良いと思って、と考えるのはどうでしょう?


 あまり、理屈っぽくなりすぎるのも、夢をこわしてしまいます。 「劇画オバQ」のような現実的な話?ではなく、あくまで、「どうなのかなあ」 と言う感じです。 

 藤子ファンは、ものすごくいますし、ファンクラブもある(他のマンガやアニメにももちろんありますが、)ので、ひょっとしたら・・・
と、この場でお聞きしてみただけです。

補足日時:2006/04/14 01:41
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング