「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

合成洗剤水溶液に、酢酸水溶液(食酢の成分)を加えると変化がないのはなぜですか??
それと、同じく、塩化カルシウムを加えても泡が立つだけで、変化があんまりないのは何故でしょうか?
また、合成洗剤に比べて、手作りセッケンは環境にやさしいのはどういう理由からでしょうか??
できれば専門用語は少なく簡単に教えてください。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

合成洗剤は、スルホン酸塩を主成分としています。

スルホン酸というのは乱暴な言い方をすれば、硫酸の構造を少しかえて、油とも混ざりやすくしたものです。そのために、スルホン酸は強い酸であり、その塩である合成洗剤に、弱い酸である酢酸を加えても影響を受けません。また、塩化カルシウムとも特別な反応を起こしません。

それに対して石けんは、長鎖カルボン酸の塩です。長鎖カルボン酸は酢酸よりもわずかながらも弱い酸であり、そのために、石けんに酢酸を加えると、ナトリウムイオンを奪われ、長鎖カルボン酸が遊離してしまい、水に溶けにくくなります。
また、カルシウムイオンが入ると、長鎖カルボン酸のカルシウム塩が生じ、これも水に溶けにくく、いわゆる「石けんかす」を生じます。

すなわち、合成洗剤と石けんでは、水との親和力が大きい部分、すなわち水に含まれる成分の影響を受けやすい部分の構造が異なっているために、その性質に違いが生じることになります。

石けんの方が環境にやさしいというのは、一つには石けんの方が自然界に出たとき、微生物などの作用によって無害なものへと分解されやすいということです。
また、合成洗剤には毒性があるというような言い方をされる場合もあります。これについては正しいかどうかは分かりませんが。
    • good
    • 0

どんな変化を期待されてるんですか?

    • good
    • 1

>できれば専門用語は少なく


より一般常識程度の知識があるとして
「手作りセッケン」はカルボン酸ナトリウム塩であり生分解(β酸化)が可能です。
「合成洗剤」は.ABSやポリオキシエーテルやアミン系なので前者がα酸化.後者は忘却と.生分解が可能にしても分解が遅いのです。
これが「環境にやさしい」と宣伝されている理由です。

前2者のご質問に対しては.「カルボン酸ナトリウム塩」の物性か「ABSやポリオキシエーテルやアミン」の物性としての違いです。簡単に言えば.酸あるいは塩濃度変化によって.電子密度が変化するカルボン酸(大学名忘却.どこかの入試問題)と影響が受けないの「ABSやポリオキシエーテルやアミン」との違いです。

「カルボン酸ナトリウム塩」「アミン」「生分解」「α酸化」「β酸化」「酸」「塩」「濃度」「電子密度」は高等学校(=理工系大学入試程度)程度の内容です。専門的内容ではないです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qセッケン水に塩酸を加えると?

セッケン水に塩酸を加えたとき、白い小さな固形物が浮いてきたのです。
この白いものが何なのかが分かりません。
色々と調べてみたのですが、他の酸性溶液で弱酸の脂肪酸(R-COOHなど)が浮いてくる…というのはありました。
これは塩酸でも同じなのでしょうか?
また、この白いものが浮いてくる反応の化学反応式も教えていただきたいです。
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

塩酸でも同じです。
石けんは末端がR-COONaとなっていますよね。
つまり、カルボン酸のR-COOHと強アルカリのNaOHの塩(えん)になっているわけです。これに塩酸のような酸がくると・・・
R-COONa + HCl → R-COOH + NaCl
となります。新たに生成するR-COOH(脂肪酸)は水に対する溶解度が低い(いわゆる油脂ですね)ので、白い固体となって浮いてきます。もうひとつ生成するのはNaClつまり塩(しお)ですね。これは水に溶けます。

Qメチルオレンジについて

教えてください!!

メチルオレンジはなぜ水に可溶なんでしょうか?

またそれにはメチルオレンジのどのような構造が関わっているのですか?

早急に知りたいです!!

Aベストアンサー

1.
ものが溶けるという現象は、単純には言えないのですが、基礎的な法則として、似たような構造のものに溶けやすい、ということがあります。水は極性が大きく、また、メチルオレンジも極性が大きい(極性が大きい→分子内での電荷の偏りが大きい→イオン性物質はそうみなせる)ということで、溶けるということです。
実際には、他にも水に溶けるための要素は「水和するか」「溶けたときにある程度の小ささか」などいくつかあります。
まま昔ですが、大学で習ったことはそんな感じでした。

2.
以下のページで「メチルオレンジ」を検索して構造を眺めてください。水中で溶解しているメチルオレンジの化学式になります。酸性下では、水素イオンがジアゾ基と呼ばれる-N=N-のところに結合して陽イオン、また中性・塩基性下では、スルホン酸基のところが水素イオンを放出して陰イオンとなっています。
http://www.kiriya-chem.co.jp/q&a/q43.html
関わっている、といわれるととても難しいのですが、ジアゾ基やベンゼン環がなければこのような構造はとれません。一番影響が大きいのはスルホン酸基でしょうか。

どなたか、詳しくご存知の方、サポートよろしくお願いします。

1.
ものが溶けるという現象は、単純には言えないのですが、基礎的な法則として、似たような構造のものに溶けやすい、ということがあります。水は極性が大きく、また、メチルオレンジも極性が大きい(極性が大きい→分子内での電荷の偏りが大きい→イオン性物質はそうみなせる)ということで、溶けるということです。
実際には、他にも水に溶けるための要素は「水和するか」「溶けたときにある程度の小ささか」などいくつかあります。
まま昔ですが、大学で習ったことはそんな感じでした。

2.
以下のペー...続きを読む

Qレゾルシノール樹脂について

レゾルシノールとホルマリン(ホルムアルデヒド)による、レゾルシノール樹脂の合成の反応式を教えてもらえないでしょうか?

レゾルシノール樹脂の構造式だけでも構いません。

わがままを言って申し訳なおですが、できるだけ早くお願い致します。

Aベストアンサー

フェノール樹脂のフェノール(水酸基1個)を、レゾルシン(別名レゾルシノール、水酸基はメタ位の
位置関係で2つ)置き換えた形のものがレゾルシノール樹脂です。
(原料をフェノールからレゾルシンに変えれば、後は同様の(もしくはそれより穏やかな)条件で
 反応が進むと思います)


従って、構造としてはフェノール樹脂とほぼ同じで、フェノール樹脂中のベンゼン環に、既存の
水酸基に対してメタ位に水酸基を追加で書き込んでやったものになります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%AB%E6%A8%B9%E8%84%82


ただ、ポリエチレン(PE)やPETなどのように一本鎖の高分子なら「-(CH2-CH2)n-」といった
描き方ができますが、フェノール樹脂などの場合は、「ベンゼン環から2本のメチレン結合が
出る場合」の他に、「ベンゼン環から3本のメチレン結合が出る場合」もあるため、
PEなどのように「-(○○)n-」といった描き方をすることはできません。


ポリエチレン:
  
・・・/\/\/\・・・

  →「-(CH2-CH2)-」(または「-(CH2)-」)で代表させることができる


フェノール樹脂:
(メチレンを2つ持つベンゼン環を「○」、3つ持つベンゼン環を「◎」で表示)

    ○    ○
・・・/ \ / \
      ◎    ○―・・・
      |
      ◎
     / \
・・・―○    ○―・・・

 →「○」と「◎」が不規則に現れるため、一部の構造で代表させることができない

フェノール樹脂のフェノール(水酸基1個)を、レゾルシン(別名レゾルシノール、水酸基はメタ位の
位置関係で2つ)置き換えた形のものがレゾルシノール樹脂です。
(原料をフェノールからレゾルシンに変えれば、後は同様の(もしくはそれより穏やかな)条件で
 反応が進むと思います)


従って、構造としてはフェノール樹脂とほぼ同じで、フェノール樹脂中のベンゼン環に、既存の
水酸基に対してメタ位に水酸基を追加で書き込んでやったものになります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83...続きを読む

Q石鹸の実験について

大学で石鹸の合成実験をやる事になりました。
全体的に難しくて分からないのですが、特にどうしてエタノールを加える必要があるのかと、ステアリン酸を加える役割が分かりません。
知っている方、おられましたら詳しく教えて頂けますでしょうか?宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

 化学畑の人間じゃないので・・ごめんなさい、化学的な回答はできないんですけど。その上「石鹸の合成の実験」がよくわからなかったんですけど。←役立たず・・(T_T)

http://www.kochi-u.ac.jp/~tatukawa/edu/exp/b4.html
↑こんな感じの作業を、授業でやる・・ということでよろしいでしょうか。pandemoniumさんは学生なのかな。

 私は手作り石鹸にはまっているだけなので、詳しいことはお答えできませんけど・・。
 エタノール、つまりエチルアルコールにはタンパク質変性作用があることはご存知と思います。このために、鹸化作用を早めるそうです。どういう仕組みかはわからないんですけど。(ごめんなさい><)
 鹸化させる過程にはいくつかありますが、趣味でやるような手作り石鹸だと、コールドプロセスと呼ばれる方法でやります。作るのに半日ぐらいかけてゆっくり化学反応が進むのを待ちます。使い始めるまで、最低でも4週間ぐらい乾燥させるんです。
 授業で作るのに1ヶ月以上もかけられないですよね。上のサイトの手順だと、時間の中で石鹸を作るための工夫をいくつか見て取れます。コールドプロセスではないことも一つです。
 エチルアルコールやステアリン酸も、同じ理由で加えてるんじゃないでしょうか。

 ステアリン酸について。
 石鹸は油脂+アルカリ溶液が化学反応を起こしてできるものですよね。油脂は脂肪酸で構成されていて、油を取った材料によって脂肪酸の割合や含まれている種類が違います。
 この脂肪酸、どういうものが入っているかで石鹸にしたときに使い心地が違います。石鹸を固くするもの、泡立ちをよくするもの、泡立ちを長持ちさせるもの、洗浄力が高いもの、等々。
 廃油はだいたい、サラダ油じゃないかと思います。これは菜種油やコーン油のブレンドだと思います。こういう油は、「泡立ちがよい」「石鹸が固くできあがる」という脂肪酸が理想的な石鹸にするよりは少ないです。
 ステアリン酸はそれを補うために入れるのだと思います。少し扱いが難しいみたいです。塩析を行わない手作り石けんでは、グリセリンがそのまま残ることや水分が多いことなどが理由で、使ったときに溶け崩れる(徐々に水に溶ける)のが早いです。
 ステアリン酸はそれを防いで使い勝手のいい石けんにする作用と、石けんを作るときに早く仕上げる作用があります。

 ものすごく大雑把な回答で、ぜんぜんお役にたてそうにない回答になりましたけど・・。方向としてはこんな感じかと思います。どきどき。

 化学畑の人間じゃないので・・ごめんなさい、化学的な回答はできないんですけど。その上「石鹸の合成の実験」がよくわからなかったんですけど。←役立たず・・(T_T)

http://www.kochi-u.ac.jp/~tatukawa/edu/exp/b4.html
↑こんな感じの作業を、授業でやる・・ということでよろしいでしょうか。pandemoniumさんは学生なのかな。

 私は手作り石鹸にはまっているだけなので、詳しいことはお答えできませんけど・・。
 エタノール、つまりエチルアルコールにはタンパク質変性作用があることはご存知と思い...続きを読む

Q合成洗剤とセッケンについての違いを教えてください!

ある問題からなのですが・・・

セッケン水溶液と合成洗剤の主成分の一つである硫酸ドデシルナトリウム水溶液
に希塩酸を加えて振り混ぜる。この実験で両液の反応の違いを述べ、
理由を簡単に記せ。

セッケン水溶液は、脂肪酸が遊離して白濁し、一方硫酸ドデシルナトリウム
水溶液は変化しないことは分かるのですが、
なぜそうなるのかが分かりません。
教えてください!!

Aベストアンサー

石けんは脂肪酸ナトリウムであり、弱酸の塩です。
一方、硫酸ドデシルナトリウム(ラウリル硫酸ナトリウム)は、強酸の塩です。
石鹸のような弱酸の塩に、塩酸のような強酸を加えると、強酸の塩と弱酸に変化します(強酸はH+とはあまり結合しないが、弱酸はよく結合するため)。
RCOONa + HCl → RCOOH + NaCl

一方、硫酸ドデシルナトリウムのような強酸の塩に強酸を加えても反応は起こりません。

Q石けんに水酸化ナトリウム…

最近、石けんや石けんシャンプーに興味を持っています。
ネットで調べていてビックリしたのが
石けんには水酸化ナトリウムか水酸化カリウムが使われているということです。
(使わないと石けんは出来ないのでしょうが…)
そこには手に触れないようにして下さいと書いてあったり、
目に入ると失明する可能性があると書いてあったり、
劇物指定されているものみたいです。
あるページには「石けん作りに使う苛性ソーダ(水酸化ナトリウム)の濃度は、カビ取り洗剤中の濃度より実に50倍も濃いのです。」とも。

普通に売られている合成シャンプーも結構悪いものが入っているときいたのですが、どちらが体には優しいのでしょうか?
詳しい方、教えて下さい!

Aベストアンサー

以前趣味で、手作り石鹸を作っていました。

手順としては、オリーブ油等の油と水酸化ナトリウムを混ぜて反応させ、1月から2月熟成させて石鹸にします。
水酸化ナトリウムの場合は、主に固形石鹸になり、水酸化カリウムを使う場合は、軟質のクリーム状の石鹸が出来上がります。

例えば水酸化ナトリウムを水に溶かし、油と混ぜ合わせた段階では、強アルカリの状態でガラスやステンレス製器具のみならず、人体の粘膜や皮膚を腐食します。
しかし、適正な量を使用し、「鹸化」という反応が済めば皮膚に障害を与えるくらいの危険性はなくなります。また、手作りの場合、石鹸になりきれない水酸化ナトリウムが石鹸の表面ににじみ出る事がありますが、空気中の二酸化炭素と反応し、炭酸ナトリウムになり皮膚を腐食するような危険性は殆どなくなります。(その為にも手作り石鹸では熟成させます)
○炭酸ナトリウムは、ベーキングパウダー(炭酸水素ナトリウム)でお菓子を焼く時に生成する物質です。私達が普通に食べています。

また、工業製品はクエン酸などで水酸化ナトリウムで余分な水酸化ナトリウムを中和し、危険性が無くなってから型で整形して出荷されます。

>「石けん作りに使う苛性ソーダ(水酸化ナトリウム)の濃度は、カビ取り洗剤中の濃度より実に50倍も濃いのです。」
これは、化学のお勉強をなされていない方や、業者の発言ですね。

また、合成シャンプーと天然油との安全性の比較ですが、合成成分とは言うものの、植物油の成分を化学物質の名称に置き換えた物だけの物もあります(例・天然植物油の成分はオレイン酸、リノール酸等から出来ています)。
一概に化学合成された原料から作られたシャンプーが悪いとは言い切れません。

前の方のご回答と併せて参考になれば。

以前趣味で、手作り石鹸を作っていました。

手順としては、オリーブ油等の油と水酸化ナトリウムを混ぜて反応させ、1月から2月熟成させて石鹸にします。
水酸化ナトリウムの場合は、主に固形石鹸になり、水酸化カリウムを使う場合は、軟質のクリーム状の石鹸が出来上がります。

例えば水酸化ナトリウムを水に溶かし、油と混ぜ合わせた段階では、強アルカリの状態でガラスやステンレス製器具のみならず、人体の粘膜や皮膚を腐食します。
しかし、適正な量を使用し、「鹸化」という反応が済めば皮膚に障害...続きを読む

Q合成洗剤について

高校の化学の教科書に1-ドデカノールと硫酸、水酸化ナトリウムを使って合成洗剤を作るとありました。
合成洗剤は微生物が分解できないとありますが、実際どの部分が石鹸と違って分解できないのか教えてください。
また、1-ドデカノール以外にもアルコールで合成洗剤ができるのでしょうか。植物油とか、アルコールも炭素数の違いによってできないとか・・・。
すみません、ちょっと急ぎながら書いているので、変な日本語もありますが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>合成洗剤は微生物が分解できないとありますが、実際どの部分が石鹸と違って分解できないのか
まず.2つの考え方があります。一つは.ハード型とソフト型の問題です。
生物による炭化水素鎖は.β酸化という機構で.末端エチレンき(名称疑問.CH3-CH2-の部分)を切断して.分解します。従って.この形状以外の形状の炭化水素.たとえば.ターシャルブチルきのようなそくさがある部分は分解できません。かっては.そくさが多い方がHSB(記号疑問.界面活性の指標)が高く.洗浄能力があり.かつ.石油化学から容易に合成できるので多く利用されました。しかし.そくさが分解されず蓄積する傾向があり.現在は天然油脂を原料として使用されています。
もう一つが.芳香族硫酸き(-(ベンゼン環)-SO3)の部分です。この部分も生物分解しにくいです。それと.4級アミンが生物分解されにくいと聞いていますが.どの程度分解しないかは知りません。ポリエーテルは分かりませんが.一部生物分解されにくいポリエーテル系界面活性剤をつかったことがあります(私の場合.原則として火をつけて燃すので生物分解は関係なし)。

>また、1-ドデカノール以外にもアルコールで合成洗剤ができるのでしょうか。
なんでも.使えます。ただ.界面活性の関係でC16-C18程度が生産が多いですが.C24とかC12なども使われることがあります。ただ.しん油性を持つ炭化水素鎖であることが必要ですから.しん油性が弱いメチル・エチル...等は使えません。

>合成洗剤は微生物が分解できないとありますが、実際どの部分が石鹸と違って分解できないのか
まず.2つの考え方があります。一つは.ハード型とソフト型の問題です。
生物による炭化水素鎖は.β酸化という機構で.末端エチレンき(名称疑問.CH3-CH2-の部分)を切断して.分解します。従って.この形状以外の形状の炭化水素.たとえば.ターシャルブチルきのようなそくさがある部分は分解できません。かっては.そくさが多い方がHSB(記号疑問.界面活性の指標)が高く.洗浄能力があり.かつ.石...続きを読む

Q活性化エネルギーの求め方が分かりません

ある反応において、35℃における速度定数が25℃の2倍になったという。
この反応の活性化エネルギーはいくらか求めたいのですが、わかりません。
教えてください!

Aベストアンサー

ryota7さんがお答えのように『アレーニウスの式』を利用すれば計算できると思いますよ。

『アレーニウスの式』では速度定数をk、頻度因子をA,活性化エネルギーEa、気体定数R、温度T(絶対温度)、ネピアの定数をeとすると

K=A×eの(-Ea/RT)乗  つまりK=Ae^(-Ea/RT)となります。

ここで、25℃における頻度因子、活性化エネルギーは35℃におけるそれらと等しい(この温度間で変化しない)と仮定します。
そして、25℃の時の速度定数、K(25℃)と35℃の時の速度定数、K(35℃)の比を計算します。

K(35℃)/K(25℃)は、問題の設定から2倍ですから、

K(35℃)/K(25℃)=2=A(35℃)e^(-Ea/RT1)/ A(25℃)e^(-Ea/RT2)となります。

ここではT1は35℃に相当する絶対温度で35+273(k)T2は25℃に相当する絶対温度で25+273(k)です。
また、この式から分かるように頻度因子は約分されてしまいます。

両辺の自然対数(底が10の常用対数ではありません。常用対数を使うのならば換算しなければなりません。)をとると

ln2=(-Ea/RT1)-(-Ea/RT2)

Ea/Rは共通なので

ln2=(Ea/R)(1/T2-1/T1)となります。

ここへT1,T2、Rを代入すればEaは簡単に計算できます。

用いる気体常数の単位に気をつけてください。
私が学生の頃は旧単位系なので1.987を用いていました。

これを用いると計算結果はカロリーで出てきます。
それをキロカロリーに換算して用いていました。
現在はSI単位系つまりKJ/molでないといけないと思いますが、考え方自体は変わらないはずです。

ちなみに、ln2=0.693として計算すると12.6kcal/mol(旧単位系)となりました。

ryota7さんがお答えのように『アレーニウスの式』を利用すれば計算できると思いますよ。

『アレーニウスの式』では速度定数をk、頻度因子をA,活性化エネルギーEa、気体定数R、温度T(絶対温度)、ネピアの定数をeとすると

K=A×eの(-Ea/RT)乗  つまりK=Ae^(-Ea/RT)となります。

ここで、25℃における頻度因子、活性化エネルギーは35℃におけるそれらと等しい(この温度間で変化しない)と仮定します。
そして、25℃の時の速度定数、K(25℃)と35℃の時の速度定数、K(35℃)の比を計算します。

...続きを読む

Qキサントプロテイン反応について

キサントプロテイン反応で、黄色になった後にアンモニアを加えたんですが、この後冷やすとなぜ色が橙色に変化するのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
まず、キサントプロテイン反応その物の原理は御存じでしょうか?
↓がよくまとまってると思います。ページの中ほどの「キサントプロテイン反応」の項目をご覧ください。

http://www.water.sannet.ne.jp/masasuma/masa/q98-11.htm

それから、アンモニアを色がオレンジになるというやつですが、何もアンモニアである必要はありません。
アルカリ性なら何でもよく、ベンゼン環にニトロ基が付いた物質(芳香族ニトロ化物)はアルカリ性になると色がオレンジ色になる性質があるからです。
フェノールフタレインなどがアルカリ性で赤くなるのと同じ様な理屈です。

まとめますと、キサントプロテイン反応は、タンパク質の中にあるベンゼン環を持つアミノ酸と濃硝酸が反応して、そのベンゼン環にニトロ基が付く反応です。
このニトロ化したベンゼン環はそれ自体が黄色っぽい色を持ちますが、アルカリ性にするとオレンジ色になるという事です。
これはpHによって色が変わる性質の為で、中和するなどで元のpHに戻すとオレンジはまた黄色になります。

参考URL:http://www.water.sannet.ne.jp/masasuma/masa/q98-11.htm

こんにちは。
まず、キサントプロテイン反応その物の原理は御存じでしょうか?
↓がよくまとまってると思います。ページの中ほどの「キサントプロテイン反応」の項目をご覧ください。

http://www.water.sannet.ne.jp/masasuma/masa/q98-11.htm

それから、アンモニアを色がオレンジになるというやつですが、何もアンモニアである必要はありません。
アルカリ性なら何でもよく、ベンゼン環にニトロ基が付いた物質(芳香族ニトロ化物)はアルカリ性になると色がオレンジ色になる性質があるからです。
フェノー...続きを読む

Qエネルギーが高いと不安定?

受験時代はこのことを当たり前のように思っていましたが、改めて考えてみると、どうも納得がいきません。この間の授業で先生が「エネルギーの高い分子は不安定だから・・・」とおっしゃったので何でだろうと思いました。
エネルギーが高いものは高いもので存在しているんだから不安定も何もないんじゃないのかって思うのですがおかしいでしょうか。よくエネルギー図などで説明されるのですが、そもそも活性化エネルギーというものが何で存在するのかもわかりませんし、なんだか受験時代に覚えさせられたことにうまく言いくるめられているようで変な気分です。
具体的な理由があれば教えてください。

Aベストアンサー

 これは化学にも物理にも通用する法則です。何故エネルギーの低い状態が安定なのかは誰にも分っていません。ただそれに反する現象がないからそれは一応の真実とされています。科学における真理は常にそうなのです。それは科学では演繹でしか証明できないのでやむを得ないのです。熱力学第二法則も同じですね。


人気Q&Aランキング