安定所得について教えて下さい。簡潔な説明で全然結構です。具体的な例等をあげてもらえればありがたいです。お願いします。

A 回答 (2件)

安定所得とは、景気や天候などの社会情勢、自然現象に影響されずに、収入が安定していることです、



企業がしっかりした技術が有ればも不景気でも強く、収益は安定します。

農業も、技術改善で天候に左右されない収益を得ることが出来ます。

一例ですが・・・。
    • good
    • 0

 個人レベルで考えると、毎月の給料が一定額を維持することができるのなら、将来の家計設計や、子どもの教育費、更にはマイホーム計画も立つでしょう。

しかし、給料が安定しない場合には、将来設計ができません。収入に応じた支出計画を組みますので、収入が安定していれば年間収入額が決まりますので、支出計画も立ちます。しかし、収入が安定していない場合には、年間収入額がいくらになるのか推測も付きません。従って、支出計画も組めないことになります。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qわしら極道の時代きたでえええええええ!!!!!

わしら極道の時代きたでえええええええ!!!!!

2020年の東京五輪で大儲けが予想される暴力団関連会社を教えてください。

Aベストアンサー

土木建設業は、どこでも極道と関係しています。

だから、まずは土木建設です。
土木などは、扱う金が大きいので、少しぐらい
ごまかしても、判明しません。


それから、福祉関係にも多いです。

福祉には政府から補助金が出ます。
公務員がやることですから、いい加減というか
書類さえ整っていれば、極道でも介入できます。

というか、フロント企業ということで、極道が
福祉事業を営むことがやりやすいのです。


”2020年の東京五輪で大儲けが予想される暴力団関連会社を教えてください。”
    ↑
具体的な名前を出したら、名誉毀損になってしまいます。

Q政府最終消費支出の具体例

政府支出=政府最終消費支出+公的固定資本形成で、
政府最終消費支出には社会保障関係費等が該当するかと思いますが
この社会保障関係費とは具体的にどのようなものですか?
年金給付や生活保護は含まれませんか?

Aベストアンサー

政府支出は国民経済計算(GDPなどの計算のこと)の世界の言葉です。
社会保障関係費は予算の世界の言葉です。関係は深いけれども世界が異なります。
以下、大ざっぱな話ですが。

社会保障関係費とはNo1さんの円グラフのとおりですが、このうち年金や生活保護費は国民への移転なので政府最終消費支出にはカウントされません。受け取った国民がそれを使った時に個人消費としてGDPにカウントされます。
また、社会保障関係費でも、病院や福祉施設の建設に充てられた分は公的固定資本形成としてカウントされます。

なお、政府最終消費支出とは政府の消費財・サービスの購入や公務員の給与などですから、社会保障関係費に含まれないものがたくさんあります。

Qマネー経済が実体経済を活発にさせる具体例

『マネー経済には、お金の流れを活発にすることでモノの売り買い、
つまり実物経済を活発にさせるという効果がある。だから存在している。』
こう覚えています。なんとなく納得してしまいそうな説明ですが、
実は具体的な話が全く浮かんできません。


(1)その具体例を思いつくだけ羅列してもらえますか?
  1つだけ知ってます。
   お金を借りた人が事業を起こして、資材を仕入れたり、人を雇ったりすれば
   お金が動くし、雇われた人がその給与でモノを買えば金の流れがスムーズになる。


(2)個人投資家や機関投資家同士がやっていることには実物経済を活発にさせる効果
 はあるのですか?あるとしたら、こちらも思いつくだけ実例を挙げて欲しいです。

Aベストアンサー

> 『マネー経済には、お金の流れを活発にすることでモノの売り買い、
つまり実物経済を活発にさせるという効果がある。だから存在している。』

マネタリスト理論ですか。1980年代に流行った経済理論ですね。実際、現実世界への当てはまりはあまり良くないのですが。

> (1)その具体例を思いつくだけ羅列してもらえますか?
質問者の方の挙げた例は「流動性制約の緩和」として知られています。簡単にいえば、お金を借りれば事業ができる人がお金を借りられる状況にすることによって、実物経済が発展する、ということです。

これ以外の例としては「インフレ期待」が挙げられます。貨幣を大量に増発すると貨幣価値が下がりインフレになると予想されるのですが、たとえば今、金が100g1万円で買えたとして、来年には2万円になると予想されるとすれば、多くの人が金を買うわけです。このように、貨幣増発が実物経済のうち、特に投機筋を加熱させる可能性があります。
また、このような資産価格の高騰は資産の増加を伴い、それによる消費増をもたらす可能性があります。実際に起きた例としてはバブル期の土地・証券バブルと、それによる物価高騰、消費拡大等が挙げられます。

> 2)個人投資家や機関投資家同士がやっていることには実物経済を活発にさせる効果はあるのですか?
基本的にはありません。彼らがやっているのは所詮マネーゲームにすぎませんし、新たな価値を生み出しているわけでもありません。彼らが実物経済を活性化させるのは
1.企業などをファイナンス面でサポートした効果
2.投資収益に伴う消費の増加の効果
3.個人投資家・機関投資家へのサービス供給増の効果
のいずれかであると考えられます。このうち1はアメリカの研究によれば効果が非常に疑わしいものですし、2や3はその大きさが非常に限定的です。

> 『マネー経済には、お金の流れを活発にすることでモノの売り買い、
つまり実物経済を活発にさせるという効果がある。だから存在している。』

マネタリスト理論ですか。1980年代に流行った経済理論ですね。実際、現実世界への当てはまりはあまり良くないのですが。

> (1)その具体例を思いつくだけ羅列してもらえますか?
質問者の方の挙げた例は「流動性制約の緩和」として知られています。簡単にいえば、お金を借りれば事業ができる人がお金を借りられる状況にすることによって、実物経済が発展する、と...続きを読む

Q経済学でオプションバリューという言葉について具体例でお教えください。

Eテレのオイコノミアでオプションバリューという言葉を知りました。

オプションバリューとは「今選択せずに先延ばしすることでもたらされる価値のこと」という意味らしいのですが、経済学で日常的な具体例でいうと、どのようなことなのでしょうか?

経済学は全くの初心者です。

すみませんが、お教えいただければ助かります。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

わかりやすい例をひとつあげます。
人間が手をつけていない森林には多種多様な菌類や動物が生息しています。こうした生き物の遺伝子を研究分析利用することで、将来病気の治療や新しい野菜の開発などに使えるかもしれません。こうした将来の利用を念頭に今の自然に手をつけず保護しようとすれば、そこに「オプション価値」が生まれます。

Q直近の天気(主に雨や雪など)や、その情報が重要となる商売・ビジネスの具体例を教えてください。

例えば、

 ・○○(業種)は○○なので、当日(翌日)の天気予報によって仕入れを調整する
 ・○○(業種)は雨が降ると○○なので売り上げが上がる
 ・○○(業種)は民間の気象情報サービスのデータを参考に○○している

など、天気によってビジネスに影響があって、なるべく詳細な気象情報を欲する人たちの事が知りたいです。そういった具体例を知っていたら教えてください。
但し、長期予報は含みません。あくまで現在の観測データから直近の予測を立てて参考にする人たちについて知りたいです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

農業はどうでしょうか?
屋外作業多く雨や気温で翌日の作業の段取りが大きく異なります。端的な例では静岡県などのお茶の産地では霜で葉がやられるので朝ファンを回す段取りをしたり(前日注意報が出ます)雪でビニールハウスが壊れない様対策したり色々あると思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報