初めまして私には兄が1人います
30を過ぎているのにこれまで一度も働いたことがなく、ずっとニートです。
そのくせ家では自分勝手でクズの様な男です。

そんな状態でも両親は兄を甘やかし、
「働いて自立させる様に2人からも言え」と言っても
『そのうちにね・・』と歯切れの悪い返事を返すだけで、言ったことはありません。

そんな両親も父は既に退職済み
母はアルバイトをしていますが、もうすぐ60歳。
いつまでもクズを養う余裕などありません。


私自身は会社員として働きつつ副業もやっており、収入は同年代より多い方です。
また恋人もおらず、結婚も諦めているので、経済的には余裕がある状態ではあります。

その為、いずれは私に扶養義務が発生してくると思いますが、
あんなクズのためには1円たりともあげる気はありません。

法律上では兄弟間の扶養は『扶助義務』であり、
「自分の生活に余裕があれば助ける」という程度であると知りました。

とはいえ、上述の様にあんな男のためには1円たりとも失いたくありません。
「金銭的に余裕があっても兄を扶養しないようにする為」に、
今の時点からどの様な備えをしておけば良いでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

まずは法律の観点からお答えします。



あなたのご指摘の通り、兄弟間の扶養義務(民法877条1項)は、自分の生活に余裕があれば助けるという程度であるとされています。
法律的には 「生活扶助義務」といいます。
(逆に未成年の子に対する親の扶養義務のように、自分と同程度の水準の生活をできるようにする義務のことを「生活保持義務」といいます)。
しかもこの「余裕があれば」というのは、自分の年収や社会的地位に見合った支出をしてもなお余裕があれば、という意味です。
例えば一定以上の年収のある人は、高級な住宅に住み、高級車に乗り、高級ブランド品を持ち歩き、海外旅行にも行くと思いますが、それを我慢してまで兄弟を助けなくていいよ、ということです。
なので兄弟間の扶養義務は「あってないようなもの」であって、「今の時点からどの様な備えをしておけば良いでしょうか?」という質問に対しては、「特にない」というのが答えとなります。

次に法律以外の観点も含めて、質問者ができることを強いて挙げるなら、

1.質問者が実家を出て一人暮らしをする
→民法877条2項では、「特別の事情」があれば家裁の審判により3親等内の親族に扶養義務を負わせることがあるとされているが、同居しているか否かが審判時のポイントの1つとなっている(新版注釈民法(25)771頁)。また物理的に兄と距離を置くことで、気持ちの上で楽になれる
2.親の戸籍から分籍する
→成人ならば、未婚でも親の戸籍から分籍することが可能です。これにより正当な理由(戸籍法第10条の2第2項、住民基本台帳法第12条の2第1項)がないと、兄(=傍系親族)が質問者の戸籍や戸籍の附票、住民票を取れなくなります。

くらいではないでしょうか。
とは言え、いずれも法律的な対応というより、気休めに近いです。
特に2などは、兄が親に協力を仰げば、直系親族として簡単に戸籍等を取れてしまいます(戸籍法10条1項)ので。

その他には、

1.両親に遺言書など相続対策をしてもらう
2.兄を一人暮らしさせ、生活保護申請をさせる
(誤解が多いので言っておきますが、親や兄弟に資産があっても生活保護は受けられます)

が考えられますが、これらは全てご両親や兄の意思があって初めてできることですので、質問者ができるのはあくまでも「お願い」だけです。
    • good
    • 1

専門家紹介

玉川和

職業:司法書士

不動産会社勤務の4年間に、売買・賃貸の営業やアパート、マンションの管理を経験。
司法書士・行政書士事務所の事務員として勤務した5年間では、不動産登記738件、会社・法人登記478件※の他、訴状や申立書など各種の裁判所提出書類作成事務を担当。
2015年9月、「すずな司法書士行政書士事務所」を開業。
相続・会社設立登記を中心に、頼れる「法律の町医者」を目指して努力している。

詳しくはこちら

専門家

法律の専門家ではありませんが、やるべきことは、家を出ることです。



同居の親族であれば、お兄様が社会保障を得ようとすれば、あなたの扶養義務が問題になってしまいます。別居でも同様の扶養義務はありますが、大きな強制力がないと思います。

以前、芸人で売れていて収入もあるのに、親などが生活保護を受けて大問題になったことがあります。芸人ほど大きく取り上げられなかったかもしれませんが、公務員が扶養すべき人の生活保護も認められていたということです。
扶養すべき人に連絡がいくことは基本だと思いますが、扶養する余裕があって初めて扶養できるのです。あなたが生活できなくなってしまえば、本末転倒なのですからね。さらに、あなたに余裕があるかなんて年収だけで判断できるわけではありません。将来の貯蓄が余裕とみる人もいるかもしれませんが、あなたにとって必要な資金ともいえることでしょう。さらに、借金の返済などは、役所など把握できるわけありません。借金の返済などがあるとすれば、余裕がなくてもおかしくはないでしょうからね。

嘘はよくありませんが、あなたが特別裕福な生活をしていなければ、その収入により余裕があるとも言いにくいでしょう。嘘はよくありませんが、理由をつけて扶養できる状態ではないと伝えることで、お兄様は社会保障などが受けられるのではないですかね。

私があなたの立場であれば、両親から兄へ外へ出るように頑張ってほしいと伝えます。親を扶養する覚悟はあっても、兄まで扶養する覚悟はない、兄に小遣いを出しているのであれば、その分仕送りもカットする、場合によっては家を出るつもりだから、その場合には仕送りもできなくなるよ、と伝えますね。
親も自分を犠牲にして兄を扶養し続けることでしょう。最悪、兄を含めて生活保護でも受けるのではないでしょうかね。

どこまで割り切れるかにもよると思います。
    • good
    • 5

現状のままあなたに収入があれば、家をでられても扶養義務はあります。


扶養をできないようにするには、あなたが結婚をして、旦那の収入で生活をされて、兄を扶養する余裕などないということにすることです、それ以外に方法はありません。それから、あなたが「あんなクズ男」に1円も使いたくないというのであれば、他人からすれば「そんなクズ男」に我々の血税は1円たりとも使って欲しくないです、あなたの兄はニートという病です他人に迷惑をかけないようにしっかりと兄の面倒をしましょう。
    • good
    • 15

住所を分けるべきです。

お兄さんが出て行くか、あなたが出て行くか。

親を助けることができなく自活は高くつきますが、いずれ自分の家庭を持つことを考えれば一人暮らしは悪いことではありません。
    • good
    • 6

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q病気で高齢の両親。働かない兄弟。2世帯住宅で次女の扶養義務は?残った家はどうなる?

2世帯住宅の1、2、3階に両親、長男、長女の4人世帯と
1階の一部に次女、次女の婿とその子供の3人世帯が住んでいます。
両親は75歳の高齢で病気。介護が必要な状態です。長男、長女は40代で大学卒業後から働いておらず、両親の介護もしません。
30代の次女は大学卒業後独立して仕事をしていましたが病気で弱っていく両親の面倒を長男長女がみないので仕事を辞め、
両親の為に2世帯住宅を建て介護をしています。

両親はずっと以前から家の建て替えを望んでおり両親のオーダー通りに建つよう次女が全て取り計らいました。
建て替え費用は全て両親持ちです。(ちなみに長男長女は建て替えに反対。建て替えにかかる費用で遺産が減ってしまうのを嫌気したため。)
2世帯の家は個々が完全独立型で世帯は住民票でも別世帯(実生活も別生計)になっています。
両親はお金に余裕があるので働かない長男長女の生活費は全部出しています。

★ここから質問です★

(1)後々両親が他界してしまい現金が底をついてしまった場合働かない長男長女の生活費を出す義務は次女にあるのでしょうか?
兄弟の扶養義務は働けるのに働かない人間に対してはないはずですがその後長男長女が病気等になってしまったとき
次女に経済的余裕がなければ断れると思います。しかし、次女がまた仕事をはじめ、余裕のある資産をつくり、
扶養するよう指示がでたにも関わらずそれに逆らって扶養しなかった場合はどうなるのでしょうか?

(2)別世帯、別生計といえど同一住所なのでその為に兄弟に対する扶養義務度合いが強くなることはあるのでしょうか?
(同居とは違う扱いになるのか?離れたところに住んでいれば回避できるような義務が発生するか?)

また、両親が何も言い残さずに亡くなった場合2世帯住宅はどうなるのでしょうか??
世帯主は別々でも家は父名義になっています。

(3)次女夫婦が長男長女に出て行ってもらいたいと思ったとき遺産の取り分として3分1ずつそれぞれに払うとして、
合意してもらえればいいですが絶対に出て行きたくないといわれたらどうしようもないものなのでしょうか?

(4)仮に両親から単独所有者の権限をもらったとして「長男長女は出て行け」と命じたとしても
一向に働こうとしない生活力のない人間に出て行ってもらえることはできるのでしょうか?

(5)長男長女が高齢、病気等で生活保護を受けたいと思ったとき家を処分しなければならなくなると思うのですが次女夫婦の家はどうなってしまうのでしょうか?
(それ以前に同一住所に次女が住んでいるということで別世帯だとしても生活保護の申請はできなかったりするのでしょうか?)

(6)長男長女が次女夫婦に出て行ってほしいと思ったとき2対1で次女は不利になるのでしょうか?

長男長女が働かないが為に次女が色々面倒を背負い込まなければならないように思えるのですがどうでしょう?

質問がたくさんになってわかりにくくすみません。
その後きちんと自立していってくれれば良いですが、十数年前から現在に至るまで全く自立するような気配もなく
(口では自立するといいますが結局は親元にいるのが楽でいいと思っているようです)
二人とも年金も納めていないので後々の最悪の状態を想定して質問させていただきました。
後々次女がなるべく迷惑を被らないようにするにはどうしたらいいか、今のうちに打っておける手はないか
アドバイスがありましたらどうぞよろしくお願い致します。

2世帯住宅の1、2、3階に両親、長男、長女の4人世帯と
1階の一部に次女、次女の婿とその子供の3人世帯が住んでいます。
両親は75歳の高齢で病気。介護が必要な状態です。長男、長女は40代で大学卒業後から働いておらず、両親の介護もしません。
30代の次女は大学卒業後独立して仕事をしていましたが病気で弱っていく両親の面倒を長男長女がみないので仕事を辞め、
両親の為に2世帯住宅を建て介護をしています。

両親はずっと以前から家の建て替えを望んでおり両親のオーダー通りに建つよう次女が全...続きを読む

Aベストアンサー

1.民法上は扶養義務があります。扶養するように指示できるのは家庭裁判所のみです。その時の状態により、家庭裁判所が判断します。

2.同一住所(または近隣)であれば、支援がしやすいので、その点は考慮されるかと思います。
一方、遠隔地に居住しているからといって扶養義務がなくなる訳ではありません。

遺言がなく亡くなられた場合は民法の規定による法定割合による相続となります。
(家の場合は共同名義による遺産分割になるかと思われます。つまり名義人が複数存在する状態となります)

3.上記のように遺産相続された場合は難しい面が生じるかと思われます。但し、自己名義相当分の家賃を徴収することは可能でしょう。

4.所有者がご自身となれば、退去にかかる費用を支払うことを条件に退去を求めることは可能だと思われます。退去しなければ、裁判になるかと。

5.生活保護=家屋売却 ではありません。居住していれば、資産の活用としてそのまま居住し、生活保護を申請することは可能です。
同一住所での申請に関しては、完全に生計が分離されているかどうかにもよります。生計同一だと福祉事務所が判断すれば、その家屋居住者全員での生活保護申請になります。

6.その家屋の名義等の状況によるかと思われます。一概に不利だとは言い切れません。


これだけ質問点が明確になっているのでしたら、法の専門家に相談されてはいかがでしょうか?

1.民法上は扶養義務があります。扶養するように指示できるのは家庭裁判所のみです。その時の状態により、家庭裁判所が判断します。

2.同一住所(または近隣)であれば、支援がしやすいので、その点は考慮されるかと思います。
一方、遠隔地に居住しているからといって扶養義務がなくなる訳ではありません。

遺言がなく亡くなられた場合は民法の規定による法定割合による相続となります。
(家の場合は共同名義による遺産分割になるかと思われます。つまり名義人が複数存在する状態となります)

3.上...続きを読む

Q戸籍がなくても扶養義務があるの?

私の母は私が幼い頃現在の父と再婚し、その父とは血のつながりがないものの
本当の父としていい関係を築けています。
問題は前の母の夫、私の実の父が、
生活保護の申請をしたらしく田舎の九州の役所から(わたし、現在東京です)「あなたのお父さんが生活保護の申請をしています。あなたには扶養の義務があります」との
手紙が届きました。役所のほうに連絡し、もう戸籍も離れて、苗字も違い、顔もみたことない人を父だと突然言われ納得いかないのですが、
その父に対して扶養の義務など発生するのでしょうか?
役所の話だと「身内が誰1人としていないのでその場合戸籍をはなれていても扶養の義務が発生すると言われました。私は今の育ての父、そして母を大事に生きたいと思っていますが、いくら血のつながりがあったと言っても知らない人の援助などしたくもありません。この場合扶養を断ることが出来るのでしょうか?誰か詳しい方教えてください。困っています。

Aベストアンサー

「あなたには扶養の義務があります」…でも、役所は、あなたに「実のお父さまの扶養をしなさい」と言っているわけではないと思いますよ。
正確には、生活保護の実施機関(福祉事務所長など)から「お父さまを扶養する意思があるか、また扶養することが可能か」という問い合わせがあったということではないでしょうか。

生活保護法による保護は、私的扶養が優先する-つまり、生活保護を申請した人を、親族が扶養できるのであれば、その扶養を優先させて、保護の給付は第二次的な方法とする、というのが、今の法律の考え方だからです(生活保護法4条2項)。
もちろん、質問者さまがお父さまの実のお子さまである以上、お父さまの直系血族として、質問者さまが一般論としては扶養義務を負うことは間違いありません(民法877条1項)。
このことは質問者さまとお父さまとが同一の戸籍に記載されていると否とにかかわりません。

しかし、いま主流の考え方によれば、この義務の内容は「生活扶助義務」といって、質問者さまが普通の生活をして、その余力の範囲で扶養をすればよいという比較的軽い程度の義務になります(昭和49年6月19日大阪高等裁判所決定など)。
(夫婦間の扶養義務や、親の未成熟子に対する扶養義務が、自己と同等の生活をさせる義務-いわば一椀の飯も分け与えるという「生活保持義務」であるのとは、大きく違うわけです。)
今回、生活保護法4条2項の規定があることから、保護の実施機関としては、保護支給の前に扶養の意思と能力のある人が親族のうちにあるかどうかを確認する必要があり、おそらくはお父さまが保護の申請をしたことを受けて、今回の問い合わせになったものと思われます。

そこで、質問者さまとしては、今回の問い合わせに対して、お父さまを扶養するご意思がなければ、あるいは普通に生活をしてその余力がなければ、その旨を回答するのがよいと思います。
ちなみに、保護の実施機関にできることは関係者に問合わせをすることだけで、それ以上に、彼らには、たとえば徴税職員の質問検査権(国税徴収法141条)のような権限はもっていないので、質問者さまの回答の正確性について「裏づけ」のような調査をしたり、質問者さま収入状況を調査したりすることはありません。

「あなたには扶養の義務があります」…でも、役所は、あなたに「実のお父さまの扶養をしなさい」と言っているわけではないと思いますよ。
正確には、生活保護の実施機関(福祉事務所長など)から「お父さまを扶養する意思があるか、また扶養することが可能か」という問い合わせがあったということではないでしょうか。

生活保護法による保護は、私的扶養が優先する-つまり、生活保護を申請した人を、親族が扶養できるのであれば、その扶養を優先させて、保護の給付は第二次的な方法とする、というのが、今の法律...続きを読む

Q1円たりとも貸していたくない。

内容を簡潔に書き直します。

1.元彼に貸したお金の回収がしたい。
小額で10万弱なのですが。
返すと言って伸び伸びになっています。
借用書もありません。
遠方なもので、会って書いてもらうのも避けたいです。
郵送でも送ってもらう約束はしてもらえません。

2.その元彼の現彼女からの迷惑メール。
一昨日、1時間に100通近くのメールが届きました。
そのせいで体調を崩しています。
1のお金の件で元彼と連絡を取り合っていたのですが。
1時間に100通ものメールをしたというのは法的に、抗議出来ませんでしょうか。

先程回答して下さった方、申し訳ありませんでした。
2つに分けていたので、削除されました。

Aベストアンサー

同じ経験をしました。(お金のほう)
でも捨てたと思って諦めました。
お金にこだわりつづける限り、忘れたい人間と付き合いを継続させなければならないことのほうが苦痛だったからです。
それでも立ち向かわれるならば、法的に言えばやはり書面が必須ですが、もう一度彼と話をして口頭でも「借りたお金、〇〇円は返す」という言葉を言っていただき、それを録音します。
借りた事実と金額を承認した物証を残し、書面に代えます。その上で、内容証明を送付すると思います。

迷惑な彼女からのメールは警察の生活安全課に相談します。
もし、それで解決しなければ、アドレスを変えます。
(でもおさまらないから全部返信しちゃうかも・・)

Q扶養義務について

先ほど
http://okwave.jp/kotaeru_vote.php3?q=3172384
で質問させて頂いた者です(特に見て頂かなくても結構ですが話の流れは
理解していただけると思います)。
結局あれから話し合いをもったのですが、父親とは話し合いが付かず、母親
も何も言えない立場なのでこれ以上家族内でもめ事を大きくするのをやめま
した。母親の病気の事もあるのでストレスを溜めさせるわけにもいかないの
で。
もう私としては、父親に関しては会いたくもないですし、将来面倒を見る気も
ありません。今は憎しみだけです。
ただ、一応「親」ということで扶養義務があると思うのですが、母親につ
いては扶養、介護をしてやろうと思いますが、父親に関しては拒否、若し
くは、私の生活(一般的な)に支障が出ない程度にすることは可能でしょ
うか。理由としては、上記リンク先にあるように、母親の病気を作った
原因が父親にもあると思いますし、その頑固な性格や、自分の道理が100%
と通ると勘違いして、怒鳴って、まともに話を聞かない事によって家族に
今まで多大な迷惑をかけてきたからです。
もし、父親に介護が必要となった場合、直接面倒を見る事なんて
したくないので、完全介護してくれる所に入ってもらおうとは思いますが
完全介護となるとお金の面で心配になります。私としては、生活に支障が
出ない程度に父親へお金を払い、完全介護してくれるところに入ってもらうのが一番良いのですが。
多分先の話だと思いますが、給料が上がったとしても父親に支援できるの
は月10万程度だと思います。ちなみに介護保険には入っているようです。

とにかく、父親とはもう会いたくない、自分がこれからもつ、家族にも迷
惑をかけたくないので、良い方法があればお教え下さい。

先ほど
http://okwave.jp/kotaeru_vote.php3?q=3172384
で質問させて頂いた者です(特に見て頂かなくても結構ですが話の流れは
理解していただけると思います)。
結局あれから話し合いをもったのですが、父親とは話し合いが付かず、母親
も何も言えない立場なのでこれ以上家族内でもめ事を大きくするのをやめま
した。母親の病気の事もあるのでストレスを溜めさせるわけにもいかないの
で。
もう私としては、父親に関しては会いたくもないですし、将来面倒を見る気も
ありません。今は憎しみだけです。
...続きを読む

Aベストアンサー

少なくとも、お書きの状況であれば、刑事罰を受けることはないものと思われます。

刑事法は、家庭に立ち入らないことを基本としているようです。そのため、「それはちょっとさすがに・・・」というケースでなければ、刑事事件の対象となってきません。お書きのような状況下での介護拒否とそれによる死亡は、「それはちょっと~」には当てはまらないような気がいたします。

また、介護拒否でお父様が亡くなったとして、それを罰する定めについては、私は寡聞にして聞いたことがありません。加えて、類似事件で警察が捜査に入ったという話もあまり聞きませんし(不審死などの理由で捜査に入ることはあります)、捜査後に介護拒否を理由として逮捕・起訴された話はまったく聞いたことがありません。

あまりお役に立てるような回答でなく、すみません。

Q母は扶養義務?

会社から家族の扶養義務について聞かれているのですが、父は会社勤め、母は専業主婦の場合、母は扶養義務無しでよろしいのでしょうか?

Aベストアンサー

お母様はお父様の扶養に入っていると思われますので、あなたに扶養義務は無いでしょう。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報