質問です。
自分はみちのくプロレスが大好きで、ビデオなどを買ったりするのですが、自分の家にある95年のビデオには現在大阪プロレスのスペル・デルフィンや、ZERO-ONEの星川、フリーの愚乱浪花、大日本のメンズテイオー、フリーのディック東郷などのたくさんの選手がみちのく所属で闘っています。現在は前記したとおり、各団体のエースに成っていますが、なぜ、こんなに多くの選手がみちのくを離れていったかとても気になります。是非教えて下さい。ちなみにビデオはこれしか持っておらず、プロレス雑誌も去年から買い始めたので事の真相がわかりません。是非教えて下さい。
変な文章ですみません(笑)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんにちは。


みちのくプロレスのこれまでの離脱経緯に関してですが、
1. 97年に当初サスケがWWF参戦予定となっていました。しかし、条件面等で折り合いかつかず、代わりに当時多方面に活躍を求めていたTAKAみちのく(その年には、パンクラスにも参戦。KEI山宮と対戦。)がWWFと契約し、軽量級戦線の目玉としてライトヘビー級のチャンピオンになっています。翌年、海援隊DXの東郷・テイオー・船木がTAKAの後を追うようにWWF入りしています。
2. 99年サスケとプライベートも含め、揉めていたデルフィンが星川・薬師寺・浪花らを引き連れみちのくを離脱、大阪プロレスを旗揚げしました。同時期にWWFから東郷とテイオーが離れ、東郷は大阪へテイオーは一旦みちのくを経由して大日本に参戦しました。また、浪花は大阪への移籍から一転みちのくへ残留し、大阪へは参戦しませんでした。
3. 00年秋、諸事情で東郷・星川他5名が大阪より離脱。東郷は01年に入り、みちのくへ復帰。星川は、テストマッチを経てZERO-ONEへ入団しました。東郷たちの大阪プロレス離脱の少し前に浪花はみちのくを離脱。(大日本プロレスから移籍しみちのくに入団していた藤田も一緒に離脱)全日本へのフリー参戦を経て、昨年は新日本にも再登場していました。

各選手の離脱の背景は、各人の諸事情もあるかと思いますし、詳しくは当人でないとわかりませんが、サスケと折り合いが悪くなったケース、自分の力を試すためが大きく分けた理由かもしれません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

大変詳しく回答有難うございました。
選手離脱問題に関してはよく解ったのですが、サスケとデルフィンがもめたのは何故でしょうか?僕が持っているビデオ(95年作品『みちのくプロレスはいかがでしょう』)では二人で楽しいプロレスを一生懸命していたのですが…
個人的な意見ですが現在のみちのくプロレスは、邪道、外道等の台頭で、流血シーンなどが多く子供たちやみんなが楽しめるプロレスにはちょっと遠いと思います。
 

お礼日時:2002/02/24 10:26

こんにちは。

私もプロレスファンなんですが、新日本フリークなので、あまり詳しくないですが、知ってる範囲でご連絡します。
確か、最初はディック東郷率いる海援隊DXがWWFに戦場を移す為にみちプロを去りました。この時のメンバーが確かディック東郷、TAKAみちのく、船木だったと思います。メンズテイオーはみちプロから去ったけど、WWFには行かなかったと思います。(間違ってたらすいません)
その後、デルフィンとサスケの確執が表面化し、デルフィンがみちプロを去りました。この時に愚乱浪花は残ったのですが・・・気がつけば去ってました。デルフィンの大阪プロには海外からディック東郷が参戦しました。その後、大阪プロの方向性に東郷が異を唱え、東郷はみちプロに復帰しました。
結構、知らない間に選手が移籍するんで、最近はよくわからないです。
間違ってたらと言うか、抜けてる個所が多いと思うので、それは他の人補足で・・・。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

御礼が遅くなってすみません。教えてくださって有難うございました。でも、どうして、サスケとデルフィンは仲が悪くなったんだろう?僕が持っているビデオ(95年作品)では楽しいプロレスを二人で一生懸命やっていたのに。個人的な意見ですが、昔のみちプロが面白いかったなあと思います。
有難うございました。

お礼日時:2002/02/24 10:18

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qインディープロレス団体 みちのくプロレス

あの議員選手”サスケ”をようする地域密着型団体あったかと思うのですがその後どうなってますか?元気!?してるんですかね。

Aベストアンサー

今でも元気に活動中ですよー。
主に東北か東京を転戦してるみたいですね。
あと、ザ・グレート・サスケは現在も社長で各興業にももちろん参戦中です。

参考URL:http://www.michipro.jp/

Q新日、全日、ノア、みちのく、wweなどのプロレス団体の相違点は?

プロレス団体の相関図を作りたいと思っています。そして最終的には、プロレス団体をテーマとした心理テスト、占いのようなものを作りたいと思っています。

そこで、質問します。
プロレス団体にはそれぞれ特色があると思います。何が違うのでしょうか?
自分の好きな団体のことだけでもいいです。
相違点や個性、魅力などを教えて欲しいです。
団体の理念などが語られているサイトを教えてもらっても結構です。

補足的ですが、K-1やPRIDEなどに対する意見も頂きたいと思います。

できるだけ多くの意見がほしいので、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

プロレスの盛んな国は3つあります。「日本」「アメリカ」「メキシコ」ですね。日本のプロレス団体は少なくとも,この3つの国の特徴で大きく分類できると思います。

「日本」一般的に力道山から続く日本のプロレスは「猪木:新日本」と「馬場:全日本」にわかれます。

格闘技色が強いストロングスタイルが「新日本」そこから派生して,UWFがあり,やがて格闘技・格闘プロレスになった「パンクラス」「リングス」 この系譜で行けば「PRIDE」と「K-1」もここに位置するでしょう。K-1とリングスは初期のころ提携していたというか,参考にされていますから。田村の「U-STYLE」などもここでしょう。

一方の「馬場:全日本」は純プロレスで今はノアなどに受け継がれています。周辺が格闘技でいっぱいなので,相対的にZERO-ONEなどもここに入ると思います。

「メキシコ」のプロレス「ルチャ・リブレ」を土台としたプロレス,空中戦やマスクマン,小柄な選手が集まっているなどの特徴は「みちのく」「大阪プロレス」「ドラゲー」でしょう。かつてメキシコに遠征経験がある選手が中心ですね。

アメプロはショー・ストーリーの色が強いプロレスで,今の「ハッスル」やアメプロの経験が強い武藤がいる全日本にもこの色がありますね。

大きくわけると3つですが,あえて加えるなら「FMW」の大仁田から始まったデスマッチ路線ですね。大日本やIWAもこの系譜だと思います。

ただ,新日本にもいろいろな要素があるし,なかなか一言では割り切れないのが現状でしょう。それに「ど真中」とか,いろいろとキャッチコピーはありますが,団体の色・特色として試合のスタイルまでに反映され,確立されているかといえば疑問です。細かな差別化はできるでしょうけど。

「日本:猪木」「日本:馬場」「ルチャ」「アメプロ」「インディ」などのカテゴリである程度,分類できてしまうのではないでしょうか。細かな部分はわかりませんが,この大カテゴリを道しるべに模索されてはいかがでしょうか。

プロレスの盛んな国は3つあります。「日本」「アメリカ」「メキシコ」ですね。日本のプロレス団体は少なくとも,この3つの国の特徴で大きく分類できると思います。

「日本」一般的に力道山から続く日本のプロレスは「猪木:新日本」と「馬場:全日本」にわかれます。

格闘技色が強いストロングスタイルが「新日本」そこから派生して,UWFがあり,やがて格闘技・格闘プロレスになった「パンクラス」「リングス」 この系譜で行けば「PRIDE」と「K-1」もここに位置するでしょう。K-1とリングスは初期のころ...続きを読む

Qプロレスのヒート選手

田中稔時代は王座につくほどの実力でありながら、ヒートになる少し前から強いというイメージが全くなくなりました。何が変わってしまったのでしょうか。
他のレスラーが成長したのでしょうか。私にはそういうイメージはないのですが。それともマスクに戸惑っているのでしょうか。
または、若手の人気実力を上げる戦略で金本ライガーの最強軍団対若手という図式を作るため、会社の指示で一度リセットさせられたということでしょうか。
お考えをお聞かせください。

Aベストアンサー

昔から新日はライガー、サムライ、カシンと、それまで素顔でも実績を積んでた選手にマスクをかぶさせてきましたね。
僕は田中稔のファイトは彼が新日に参戦するようになってからはじめて目にしたんですが、そのときは関節技のキレもさることながら空中技も華麗にこなすというイメージがありましたね。たしかにヒートになってからもファイトスタイルは変わってないみたいで、ただ単に「田中稔がマスクをかぶって試合をしてる」ようにしか見えないかもしれませんね。だからヒートが登場して早いうちに「自分は田中稔だ」と正体を明かしたんでしょうかね。
正月の東京ドームで長井満也が「魔界5号」として登場しましたが、技の出し方なんかは長井だとバレバレだったけど、その他の動きや発言なんかを見てると、それまでの長井満也のイメージは全くなく、完全に魔界になりきってましたね。全日を退団してからあの試合まで期間は短かったのに、彼のこの変貌ぶりは、彼はそういった「センス」はあるということなんでしょうかね。
ヒートこと田中稔の心境は、ハヤブサが「ハヤブサと江崎英治」のギャップに苦しんだのと似てるでしょうかね。また金本浩二も自らタイガーマスクをやめたのも、余程のプレッシャーがあったんじゃないでしょうか。
回答になってなかったらすいません。

昔から新日はライガー、サムライ、カシンと、それまで素顔でも実績を積んでた選手にマスクをかぶさせてきましたね。
僕は田中稔のファイトは彼が新日に参戦するようになってからはじめて目にしたんですが、そのときは関節技のキレもさることながら空中技も華麗にこなすというイメージがありましたね。たしかにヒートになってからもファイトスタイルは変わってないみたいで、ただ単に「田中稔がマスクをかぶって試合をしてる」ようにしか見えないかもしれませんね。だからヒートが登場して早いうちに「自分は田中...続きを読む

Q大日本プロレスのマルセラ選手について

大日本プロレスのマルセラ選手って日本人ですか?外人ですか?だったら何人ですか?

Aベストアンサー

下記URLによりますとメキシコ人だそうです。

参考URL:http://www20.big.or.jp/~dainihon/

Qプロレスの西村修選手について

ヘッドシザースの時に倒立をして抜けますが本当に倒立で足の締め付けが緩むのでしょうか?

Aベストアンサー

倒立の後、相手のリングシューズの上に体重を乗せてますので、それで足の間隔が開きます。リングシューズは足首からスネ上まで固定されているので・・・。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報