タイトルどおり、Windows XP Windows Me,2000との差ってどんなものか教えていただきたいのですが。
値段が全然違うんですけど。
ちなみに、今流行のビデオチャットしてても、速度に差が出てきますか?

A 回答 (3件)

WindowsMEっていうのは、マイクロソフトが増築に増築を重ねて、取り返しがつかなくなった家です。


MS-DOS(Windows以前)の時代からのソフトが世に流通して引き返せなくなったマイクロソフト社は、それらを動作させる為にWindows3.1から、ずっと同じ土台に増築を繰り返してきました。
それらの集大成(というか、私は汚物貯めだと思いますが)がMEです。昔の互換性も完全でなく、旧世代の制限を引っ張って現行マシンの性能を生かしきれず、セキュリティも穴だらけ、将来性も0、直しようのないバグも次々発見されてます。私は、今からME買うくらいなら98SE買います。(買ってしまいましたが(TT))
一方でマイクロソフトは新しい時代のニーズに応えて(分散サーバ/オフィスワークステーション向けに)WindowsNTという家を土台から再設計、新築しました。
これは現行のマシンのパワーを引き出し、ネットワーク上での稼動を前提にした技術が盛り込まれました。従来のマシンとの互換性は無いものの、Win9x系と比べて遥かに安定してます。
WinNT4.0で地ならしがされ、Win2000で互換性が改善され、WinXPからマイクロソフト社の主力として位置付けされました(つまり、サーバや一部のパワーユーザ向けだったのが一般に開放された訳です)。
ただ、XPもHomeEditionはMe等との互換性を取ろうとしてセキュリティに問題を残してますし、XP自体まだまだ出発したばかりで不安定なOSではありますが。

ビデオチャットが流行かどうかはさて置き、Meはダイヤルアップ向け、XPはLAN/ブロードバンド向けにチューニングされてますので、素で使うと速度に差は出るでしょう。
その辺、詳しくはトップページから「MTU 速度」とか「Meと2000」とかで検索すれば詳しい説明が出てきます。
    • good
    • 0

WindowsMeとWindowsXP/Windows2000ではぜんぜん違います。


同じような名前で、同じような操作方法ですが完全に違うの物です。

WindowsMeは個人向けで、Windows3.1の頃からの良くない部分を多く引き継いでおり、複数のプログラムを起動すると動かなくなったり、長時間連続動作できなかったり、搭載メモリの量によっては動きが惜しくなったりとかなり不安定です。

Windows2000や、その後継のWindowsXPではどちらかといえばオフィス向けであり、個人であってもガンガンコンピュータを利用する人向けです。
上記のような不安定要素は取り除かれています。しかし、Windows98/Me向けのソフトが一部動作しなかったりします。これは、不安定要素を取り除いたことにより、その機能を利用している不安定なソフトが動かなくなると思ってください。

ビデオチャットですが、OSの違いによる速度の違いはありません。ただ、Meの場合は、データ量が多くなると不安定になる可能性もなくはありませんが。
    • good
    • 0

 私もそんなに詳しくないのですけれど,ウインドウズには2種類のOSがあって一つはWindows3.1>95>98>Meという9X系列の流れ,もう一つはNT>2000という系列の流れ,それがXPで一つに統合された,というのが簡単な図式のようです。


 当然新しくなるにつれて性能もアップしますが,それだけマシンのパワーも必要になってきます。
 一番違いとして感じるのは9X系にはシステムリソースの制限があって,一度にたくさんのアプリケーションを開くとすぐにリソース不足になってしまうこと。
 これはMACから乗り換えてはじめて遭遇した驚きでしたね。ウインドウズってこんななの?!・・って驚きました。
 操作方法とかは特に違和感なくそれぞれの系列を使いこなせると思いますよ。
 ウインドウの操作とか,フォルダーの階層構造とか,そういうのはMACでも一緒ですし・・・。
 ビデオチャットについてはやったことがないのでわかりませんが,もちろんCPUの性能と接続の速度が優れているほうが安定して出来るんだと思います。
 もっと詳しい解説は後の方に譲ります。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ