『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

フライフィッシングで使うバンブーロッドを作りたいのですが、なにせ予算が少ないもので、どこかに竹をただで切らせてもらえるところ、あるいは勝手に採ってもいいような天然?の竹が生えているところを教えてください。お願いします。虫がいいはなしすぎますかね。(^^ゞ 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

始めに日本に自生している竹はフライのバンブーロッドには基本的にむかないです。

作った人がいますが、気に入る出来ではなかったそうです。トンキンバンブーと日本の竹は生物学上違う種類の植物だしね。

田舎にいくと、冬に竹の間引きをします。春にたけのこが生えるのでその前に間引きをしておくのだそうです。そのときに「竹をください」といえばみんな喜んでくれます。
また、バンブーロッドをおつくりになるのでしたら伐採は冬がいいですよ。水を吸わなくなる時期で、竹の水分が少なくなりいい状態になる(んだったかな?)そうです。

うちも去年近所の山や畑をしているおじさんに「竹やぶの竹ニ、三本もらえないですか」っていったら、「冬に切るからそうしたらとっといてやるよ」って言われまして、倉庫に三本の真竹が眠っています。
とったあと、三年ぐらいは乾燥が必要です。

バンブー作るのにお金がかかる部分と言えばフェルールもかなりかかると思います。うちは金属削るのをなりわいにしてまして、ついこの間プロのビルダーさんからフェルールのお仕事をいただいてしまいました。まだ削ってないんだけどね・・・
あと一月くらいでHPをオープンさせてフェルールの個別販売もしようとおもってます。今までのフェルールより綺麗で刷り合わせがしやすくて、すごく安価になってます(製造元直売なので)。ご縁があったらいいですね。
    • good
    • 0

すみません。

よく考えると、そのあたりの山は、実家のおとうさんの名義ですから、勝手にと言う表現は、適切ではありませんでした。訂正させて戴きます。
ただ、もし、竹を2~3本切らせて欲しい、と言えば、OKだと思いますよ。
勝手に切るのは、ダメですよね。不適切な表現をお詫びします。
    • good
    • 0

通りがかったものです。


σ(^_^)は、嫁の実家の裏山に竹藪がありまして、よく、勝手に切って持って帰っています。竹でベンチを作ったしていますが、先日も、ある目的で一抱えの竹を勝手に取ってきました。すぐに伸びてきますから、問題ないと思うのですが・・。どちらにお住まいか書いておけば、「あの辺に、竹藪があるよ」って、教えてくれるのでは、無いでしょうか。
    • good
    • 1

竹ざおは釣り人の夢ですね。


あれが高いのは、手間がすごくかかってるからですよね。
竹ざおは、矢竹をつかうそうですが、これを整形、乾燥を数年するらしですよ。
それでもトライしますか?
    • good
    • 0

田舎では良くありますが農家の竹林なら、頼めばただで切らせてもらえますよ。



(勝手に取って良い場所と言うのは無いと考えたほうがいいと思います。特に河川敷で調達しようとする人が居ますが、条例や法律で河川敷の植物は保護されていますので厳禁です)
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q東京周辺で竹が欲しいです。

東京周辺で竹が欲しいのですが、どこか良い場所はありませんか?
竹垣をDIYで作りたいのですが、人工竹みたいのしかホームセンターには売っていないです。
出来れば、竹林をお持ちの方に分けていただければ最高なのですが・・・
良い場所やお店を教えていただけますか?

Aベストアンサー

八王子の「川口木材店」でいかがでしょうか。
竹垣用の竹を主に扱っているのでうってつけでしょう。
http://www.kawaguchi-mokuzai.co.jp/tikuzai.html

Q庭で竹を栽培したいが増えるのが心配

竹を鉢で栽培を考えています。
竹は、どうも、地植えをすると、異常に増えて、最後は床の下から出てくることもあると聞いて驚いています。

で、地植えは断念しておりますので、鉢植えをしようと思います。
そこで、心配なんですが、鉢植えの竹から風で、吹けて、地面に着床すると、またもや、竹が増えるというリスクはないんでしょうか?(もし、リスクがあるなら、鉢植えを断念しようと思いますが、、、)。

すいません、ご教示ください。

ちなみに、常緑の竹を探していますが、どんなのがあるでしょうか?
出来たら、葉っぱが小ぶりな綺麗な竹を探していますが、、

すいません、よきアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

我が家では黒竹(太さ2~3cm、高さ4メートルくらい)をポリのゴミ箱(40リットル)の底に穴を多数開け念のため底をモルタルで固め地面に埋めその中で栽培しています。

竹の数は3本とし余分なものは根元から切り取ります。根はバケツの上を乗り越え外に出てきますがそのつど切っています。剪定はタケノコが育ち葉が出そろったころ高さ2、3メートルくらいのところで切り、枝は節2、3節のところで切り取ります。こうすると大きくなりません。竹は常緑です。葉を落としますが新葉と入れ替わります。

図のようにしています。

Q竹の増やし方

 庭に竹を植えようと思っています。
が、お店で探しても気に入ったものが見つかりません。
友人の庭にある竹のはじっこから出ているものを持って行っていいと
いわれましたが、どこをどのように切ったら(取ったら)いいか分かりません。
筍を取って植えるのでしょうか?
やり方や、時期など教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんばんは。
竹も、種類によって、移植の適期があります。
孟宗竹のように、春から初夏に発芽するものは、2月下旬から3月中が適期。
真竹、薄竹、唐竹、笹類は、四月中旬頃が適期。
改良新品種の多くは、5月から9月頃、霜が降りるまで。品種によって、確認の必要ありです。

芽の取り方は、孟宗竹は、根っこの先端に、小さな竹の子がついてますから、3月頃、根をたどって先端を確認して、少なくとも1m以上、支根がついている節を付けて、移植します。
移植時は、土は水吐けが良く、土壌が深いところへ30cm以上の深さに植え、毎日何回も、発芽まで水をあげます。

真竹、唐竹は、比較的植え替えし易く、竹の子(芽)と根が有る部分でしたら、根の先端、途中の芽と根がある部分で比較的細く、若い根っこの部分50cmあれば、地上に出た芽、地下の芽どちらも移植できます。

改良新品種(観音竹など)は、観賞用に改良されているものは、移植し易い品種が多く、芽と根があれば、何処を取っても活着し易いですし、植え替え時期は、5月から9月、つまり、霜が降らない時期ですが、品種により盛夏はさけます。

どの竹にも共通ですが、竹は、非常に水揚げが良いので、掘り起こしたらその日のうちに、出きるだけ手早く植えかえるのがコツで、水遣りも、芽(竹の子の元)を腐らせないよう、バケツ一杯の水も、一日何回も小分けにして与える積もりで、活着するまで(竹の子が成長し、地上に出るまで)、頻繁にみずをあげます。

先に回答なさった方々のご回答に併せて、ご参考になれば幸いです。

こんばんは。
竹も、種類によって、移植の適期があります。
孟宗竹のように、春から初夏に発芽するものは、2月下旬から3月中が適期。
真竹、薄竹、唐竹、笹類は、四月中旬頃が適期。
改良新品種の多くは、5月から9月頃、霜が降りるまで。品種によって、確認の必要ありです。

芽の取り方は、孟宗竹は、根っこの先端に、小さな竹の子がついてますから、3月頃、根をたどって先端を確認して、少なくとも1m以上、支根がついている節を付けて、移植します。
移植時は、土は水吐けが良く、土壌が深いとこ...続きを読む

Q竹の油ぬき(火入れ)

先日子供に竹とんぼを作りたいと言われ2年ほど前に切り出してあった孟宗竹を裂いていたら強度が無く材料として使い物になりませんでした。
そこで竹の強度UP、保持のため油ぬき(火入れ)をやると聞きますが。
1.いつ頃竹を切り出すのか
2.切り出しから油ぬきまでの期間
3.どんな方法で油ぬきするのか(簡単で確実な方法有れば)
4.油ぬきから、材料として使えるまでの期間
を教えて下さい。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

#4のものです すみません やはりまちがっていました

竹を切る旬は 一月の寒いころのみだそうです。
この時期に伐った竹を一年中保管して 竹を使うそうです。

いまいち竹とんぼを作るのに油抜きをするというのがよくわからないんですが。

一般に素人の方が竹を加工されるのは竹の青いうちのほうが柔らかくてやりやすいです。

私がみていた工程では模様のある竹の その模様を浮き出すために油抜きをしていたのでして そのあと加工に掛かっていました。
その模様が上手く出てこない時は さらに日で干していたのであって油抜きは 竹の強度を高めるためでは なかったです。
ただ 油抜きをすると 水分が抜けるため 硬くはなります。

Q米ぬかを肥料として使用できますか?またその使い方は?

家の近所に米ぬか自由にお持ち帰りくださいとしてその軒下にたくさん置かれているのを今日少し頂いて帰りました。そこで質問です。

米ぬかは肥料として使えますか?直接畑に撒くなどするのは適切ではないのでしょうか?いったん腐植土にするのでしょうか?

もし肥料に出来る場合はその使い方を教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

家庭菜園にて肥料として使っています。


キャベツの場合

ウネ幅80cmで2列に間隔を30cmあけて植える場合、ウネの中心に深さ30cmくらいの溝を掘ります。
その溝に米ぬかを300g/m位入れ、その上に鶏糞を300g/m、過リン酸石灰を1にぎり/m入れます。
過リン酸石灰は入れたほうがおいしくなります。
あとは土をかぶせて苗を植えて、水をかけたらそのままほったらかしに近い状態で(夏の暑いとき以外は水遣りもしません)収穫を待ちます。
仕事が忙しいので、なるべく手間をかけないようにと・・・、こうしています。

ほかにも同様のやり方で育つものとして、

トマト(ウネ幅1mはほしい)、ピーマン、イチゴ、ナス、きゅうり、白菜、大根などがあります。


土と混ぜて育てるものとして、ほうれん草、小松菜などがあります。
もちろん米ぬかだけではなく、鶏糞、過リン酸石灰も入れます。

Q竹細工に詳しい方。竹が割れる原因って何でしょう?

竹を天日干し中に割れるのは何が原因でしょう?

私は和太鼓のチームに入っており、そこの演奏に25センチほどの長さの竹を首からぶら下げて叩く楽器を使っています。
以前青竹のまま使ったら、すぐに割れてしまったので、
ネットでいろいろ調べ、天日干しに初挑戦しました。
1月に切った竹を2週間ほど日陰干しで乾かし、油抜きをして、2月、3月の2ヶ月間天日干しをしました。使うのは25センチほどで節が1箇所なので、中の空気が膨張しない方が割れないかと思い、切断した後に干しました。 4月初めに見たときは12個作ったものが1個も割れておらず、紐を通す穴を開け、近々持って行くつもりでそのまま日の当たる場所に3日ほど置いていたら、3日後には半数近くが割れていました。
考えられる原因として、
1、四月になって気温が高くなったから。
2、穴等を開けてから、ひなたにおいていたから?
3、雨の日も軒下に置いていて多少濡れたりしていたから
4、穴を開けて3日で割れたのはたまたまで根本的に天日干しに間違いがあったから??

などが考えられますが、なにぶん素人のためまったく原因がつかめません。 次回の製作につなげたいので詳しい方がいたら教えてください

竹を天日干し中に割れるのは何が原因でしょう?

私は和太鼓のチームに入っており、そこの演奏に25センチほどの長さの竹を首からぶら下げて叩く楽器を使っています。
以前青竹のまま使ったら、すぐに割れてしまったので、
ネットでいろいろ調べ、天日干しに初挑戦しました。
1月に切った竹を2週間ほど日陰干しで乾かし、油抜きをして、2月、3月の2ヶ月間天日干しをしました。使うのは25センチほどで節が1箇所なので、中の空気が膨張しない方が割れないかと思い、切断した後に干しました。 4月初めに見たとき...続きを読む

Aベストアンサー

天日干しのせいですね。竹の干物を作っているのですから、形を整えるには陰干しです。日に当てると内外の膨張率の差が大きくなり割れます。

竹(樹木全般)の面白い特徴として、完全に乾燥させたいなら加湿するんです。
植物細胞は、切り取った後からでも呼吸をします。水が足りないと保湿し、水が多いと放湿します。水分が10%を切ると吸湿しなくなり反らなくなります。
だから流木はカラカラに乾燥し、材木置き場は水に浮かべて養生します。

正解は、節をぬき、湯を沸かし油抜きをしたあと、水に漬けて重しをして数ヶ月水をかえながら保存し、それを日陰に吊るし(反りを自然にします)風を当て乾燥(風乾といいます)させます。

乾燥の際に燻蒸すると、細胞壁にタールが埋まり、強度が増し響きが良くなります。これが茶せんや筆に使われる煤竹です。

Q竹を安く手に入れる方法を教えてください。

竹を安く手に入れる方法を教えてください。
今住んでいるアパートのベランダに猫の額ほどの庭がありますが、目の前を通る人から部屋の中が見えるため、鉢植えの細めの竹(高さ150cm以上)を購入しようと思っていますが、意外と竹って高額であるのですね。園芸店で見るのは黒竹がメインです。お勧めの竹販売サイトまたは自分で安い苗(種)から育てるなど可能でしょうか?竹ってイメージではほっとけば育つものかと思っていたのですが。。。。なぜこんなに高いのかしら。。詳しい方がいらっしゃいませしたら教えてください。

Aベストアンサー

 ご覧になった鉢植えの竹は、観葉植物として名の通った品種の姿かたちを整えたものだったのではないでしょうか。
 もしそうなら、それなりに高価なのは当然でしょうね。
 郊外の大規模な園芸店で探してみてはいかがでしょうか。
 以前に我が家でも目隠し用に竹を植えたことがありますが、購入した店は郊外と言うよりは田舎に近い場所にありました。

Q地鎮祭用の竹はどこで買えますか?

地元の氏神様の神社に、自宅新築の前の地鎮祭をお願いしたところ、
竹、約2メートルを4本用意するように言われました。そのような竹はどこで買えますか?来週には用意しないといけないので大変困っています。
自宅は千葉市美浜区にあります。お近くで有りますでしょうか。どうか教えて下さい。

Aベストアンサー

お花屋さんで買えますよ(^o^)

もちろん、普通には売ってませんが、お花屋さんは市場で仕入られます。

良心的なお店なら、希望する時間に希望する場所に届けてくれます。
(良心的じゃなくても普通はしてくれます(^o^)たぶん・・・。)

そーしたら運搬もしなくて大丈夫ですよね?

もしあれば、葬儀屋さんと提携している花屋がいいです。
大きなお葬式の時などに飾りで竹を使用する事がありますので、仕入れに慣れていると思います。

まぁ花道などにも竹を使ったりしますから、普通の花屋さんで大丈夫だと思いますけどね☆

Q廃材をただ同然で手に入れる方法はないですか?

よく、おしゃれなインテリア雑誌などで、廃材を手に入れ、木工家具を作ったりとお金をかけないで家具を作ったりとかしていますが、私もそれをしてみたくて廃材を手に入れて作ってみたいのですが、何とかただ同然で廃材を手に入れる方法を教えて頂けないでしょうか?
同じように廃材で家具等を作っておられる方、アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

製材所出身の材木屋です。
取りに来てください~
ドアや床やクロゼットや下駄箱なんかもザクザク不良在庫があります。
工務店から「すまんやっぱりもう1サイズ大きいのにしてくれ、客が変更された」ってのが毎日です。
家の柱に仕えないようなひねったり曲がったりした材木もあります。
持っていってください。

リンク先は「こうやって売る人もいるんだなぁ~」ってのが感想です。
僕にはただの端材にプレナ-をかけたとしかみえませんでした。

参考URL:http://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/45071303

Q竹の曲げかた

この前アーチェリーのボウを作ると無茶な質問をした者です。

リムの部分を竹で作ることにしました。
竹を曲げるときに直接火に当ててもよいのでしょうか?
あるサイトには直接当てるとかいてありました。
それでは燃えてしまうとおもうのですが…
よく曲がる方法を教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

 竹は木ほど速くはありませんが、水を吸います。表皮方向より、筋に沿って切った方向、つまり節目からですね。

 乾燥するほど曲げにくくなります。だから、竹ひごとして模型飛行機に使われた細い竹の棒は湿させることをせずに、熱で曲げました。熱だと、戻らない曲がりになりやすいことは注意点です。

 まず、竹素材に充分に水を含ませることが大事です。そうせねば、無理に曲げると折れます。見た目に折れなくても弾力が無くなります。

 もし充分湿らせて、それでも曲げにくければ、水の沸騰温度以下の温度を短時間に絞って加えてください。長時間はいけません。曲がったなりになってしまいます。できれば加熱はやらないほうがいいくらいです。竹は、自然の生育で、高熱で曲がることを前提に育っていませんから。

 それでも竹に全面的に加熱する様子をご覧になったかもしれません。あれは、曲げる為ではないです。油を抜くためです(竹簡で文字を書くために重要だったりします)。その油が竹が水を吸いにくい理由の一つです。

 一本の竹で充分な厚みは得られないはずです。そういう手作りおもちゃはあり、おもちゃの威力しかありません。それはそうです。竹の繊維がバネの力であって、竹は丸いのです。丸い前提で強いのですから、それを失えば強さは失われます。その上での、加工技術になります。

 和弓は縦に切断して、角材のようにして、並列に並べて強度を得ます。それをしっかり接着、さらに釘打ちして、、両サイドに添え木をします(添え木の意味は私では分かりません)。

 さらに前面に平らにした竹を接着、釘固定します(こういったところに、竹でも足りない強度が感じられます)。

 本格的には、そんな感じです(うろ覚えなので、正確な工程は違っているはずです)。

 こういう弓の縦方向に強度が欲しい時は、近い材質としては、塩ビパイプがあります(これはこれで、接着剤が難しいですが)。パイプでないなら強度は得られませんので、そこも注意点になります。

 試行錯誤で試してみてください。

 竹は木ほど速くはありませんが、水を吸います。表皮方向より、筋に沿って切った方向、つまり節目からですね。

 乾燥するほど曲げにくくなります。だから、竹ひごとして模型飛行機に使われた細い竹の棒は湿させることをせずに、熱で曲げました。熱だと、戻らない曲がりになりやすいことは注意点です。

 まず、竹素材に充分に水を含ませることが大事です。そうせねば、無理に曲げると折れます。見た目に折れなくても弾力が無くなります。

 もし充分湿らせて、それでも曲げにくければ、水の沸騰温度以下の温...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング