90センチの水槽でコケとかを取ってくれる熱帯魚はいませんか?
ポリプセネガル、ブラックアロワナと混泳が出来る熱帯魚で
お願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

 No.4の方のいうとおり、入手の容易さ、水質の適応性でセルフィンプレコが最も有力です。

最大50cmくらいになりますが、成長が遅いので、大きさを心配する必要もないと思います。けっこう汚れた環境でも強く、長生きです。大きくなって対処に困るのであれば、熱帯魚屋さんで引き取ってもらえるところはあるはずです。背びれがおおきく、ユーモラスです。水槽壁面のこけを丸い大きな口でなめ回って食べてくれます。比較的夜行性なので、こけ食いはライトを消してからです。よってなめ回す姿をあまり見ず、効果に疑問を挟むかもしれませんが。
 ただし、どのくらいのこけの生え具合かわかりませんが、壁面や床にたくさん生えてしまうようだと、入れても無意味です。水槽内の窒素分やリン酸分のバランスが崩れているとすぐこけが生えます。その点はNo.3の方のように、生やさない対策を講じる必要があります。
1 水槽を日に当てない
2 換水を頻繁に行う(面倒なので濾過装置を高機能化)
3 餌を過度に入れない
4 ライトの明るさを確認する(1年経ったら交換)
5 こけで汚れた水槽は、一度きれいに洗い(アクリル三角定規等ではぎ落とし、塩でもむ等)、床砂利も洗うか交換する。魚にも浮遊したこけがついているので違う水槽に入れて泳がせ付着こけを取る。
6 生育の早い水草を入れ、余計な窒素・リン酸分を吸収させ、こけの栄養を除去する。
注 ヌマエビや貝は糞による汚染でかえってこけが生えやすくなります。
注 アルジイーターは大きくなるとこけを食べなくなります。 
    • good
    • 0

定番は、25cmクラス以上のセルフィンプレコでしょう。

価格も大きさの割にはセルフィンがもっとも安いでしょうから。
ただ、基本的に大型の肉食魚の水槽は水質が悪化しやすいですから定期的な換水も重要だと思います。
    • good
    • 0

NO.1の方の回答は・・・。

うーん。
明らかにポリプやアロワナとは混泳できんでしょう・・・。
一日もたたないうちに食われちまいますよヽ(´ー`)ノ

この状況で混泳の可能なコケを食べる熱帯魚といえば、
性格の荒くないプレコの仲間ですかね。(×ロイヤル等)
ただ、実際のところそれほどのコケ取り効果は期待できません。
一応コケも食べる、くらいに思っていた方がいいでしょう。

それよりもフィルターの高機能化やエサやり方法の改善で根本的なコケの発生
を予防する方が得策だと思われます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2002/02/26 10:58

雰囲気とサイズ構成から考えて、プレコの中で負けん気の強いタイプ中型以上が対象でしょう。


アルジータもいいですがコケの処理能力は低いです。

セルフィンやパールサッカー/ヒポプレコなんてどうでしょう。値段的にも安いですし・・・
ただあんまり小さい時に入れると、エサになります。
おそらくエビもエサです。
    • good
    • 0

コケを食べてくれる生き物といえばヤマトヌマエビでしょう。


こけとり屋さんとして広まっていますし、その効果もなかなかです。
ミナミヌマエビ、クリスタルレッドシュリンプなど、ヤマトヌマエビ以外のエビが最近では手に入ります。
繁殖が可能なので、「エビを飼う」という面でも楽しめる種類です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
エビは、すぐにエサになってしまいますので
小さい水槽の方にでも入れときます。

お礼日時:2002/02/26 10:57

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qブラックアロワナが!!

私がブラックアロワナを見ていない時、ブラックアロワナ(20センチ)が水槽の底にいつも止まっているのですがなぜなのでしょうか。あと60センチ水槽で飼っています。
教えてください。

Aベストアンサー

#1・2さんが言われるように、飼育環境(水槽)が狭く、ストレスも溜まるでしょうし、水質悪化も早いですので、底に沈んでいるのではないでしょうか。
飼い主が近づいて来た時のみ餌欲しさに動き回る。

水槽を大きくされ、飼育環境を改善し、しばらく様子を見られてはどうでしょう。

Qビーシュリンプ+混泳の60センチ水槽の水質

水槽の水質管理で詳しい方に質問します。現在60cm水槽で水草とビーシュリンプ×12、ミナミヌマエビ×多数、アルジーライムシュリンプ×多数、ネオンテトラ×6、オトシンクルス×1、オトシンネグロ×5、クーリーローチ×1を

飼っています。
ろ過は外部ろ過器エーハイムエコ コンフォート2236にエーハイムサブフィルターです。
水温はZCー100クーラーにて25度をキープしています。
CO2はAQUA CO2SYSTEMフルセットに電磁弁を接続してタイマーとテトラLEDを接続していました。

その後、pHコントロールを考え、アクアギークFUKUROWコントローラーとCO2SYSTEMを接続しpHを6.7~6.9を維持することにしました。
pHの次に硬度KHが気になりだしたので、アクアの試薬にて測定したらKH値は13でした。個人的にはもう少し軟水の方がいいと判断し、マジックリーフを1枚投入しています。

上記の生き物に対しての水槽の管理方法で悩んでいるのは、CO2の管理を電磁弁にてLED点灯と連動していたところを、pHコントローラーにチェンジした事です。よく考えると、植物は光によって光合成する訳で、現在はLEDが点灯していなくてもCO2が出ている状態です。しかしながら、pH値が理想のpH6.9以上になる事がしばしばなので現在のシステムに変えました。

果たして、これでいいのか?、、、分からなくなりましたのでベストな管理方法を教えて下さい。

長文にて大変失礼いたしました。よろしくお願いします。


補足
マジックリーフ投入後二日経ちましたので総硬度の変化を見ると共に、炭酸塩硬度とpHの現在の数値を添付します。
総硬度(GH)=12°dH
炭酸塩硬度(KH)=3°dH
pH=6.92

以上です。よろしくお願いします。

水槽の水質管理で詳しい方に質問します。現在60cm水槽で水草とビーシュリンプ×12、ミナミヌマエビ×多数、アルジーライムシュリンプ×多数、ネオンテトラ×6、オトシンクルス×1、オトシンネグロ×5、クーリーローチ×1を

飼っています。
ろ過は外部ろ過器エーハイムエコ コンフォート2236にエーハイムサブフィルターです。
水温はZCー100クーラーにて25度をキープしています。
CO2はAQUA CO2SYSTEMフルセットに電磁弁を接続してタイマーとテトラLEDを接続していました。

その後、pHコントロールを考え、アクアギー...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして

ソイルは何をお使いですか?

60センチ水槽は規格水槽ですか?

水草といっても種類は豊富ですが何を入れていらっしゃいますか?

とは書きましたが、生体が多いですね。

あえてCO2を導入しなくてもよい感じもしますが・・・・

あまり数値を気にするあまりにストレスになられませんように。。。。

自分はビーだけでモスを入れていますが、ほとんど放置状態で元気に居てくれています。

Qブラックアロワナを飼うための準備について教えて下さい。

ブラックアロワナの稚魚を飼おうと思っています。現在は水槽(90×45×45)に水を入れて、
水作りをしているところです。底砂や水草は良い水質を確保するため、入れる予定はありません。
ブラックアロワナの場合、PHは5.0~5.5くらいが良いとインターネットで調べたら
書いてあったのですが、具体的にどうすればPHの値を変えることが出来るのでしょうか?
何か液体(薬)とかで調節するのですか?
あと3日後くらいに魚を購入しようと思っています。
その他、ブラックアロワナを飼う準備として必要なことがあったら教えて下さい。

Aベストアンサー

 こんにちは。
 現在、水作りをしているところだそうですね。良い水質を維持するために底砂や水草は入れないつもりだとのことですが、管理のし易さから言うとそれがベストかも知れません。ただ、ブラックアロワナはちょっとした振動や、突然の照明の点灯などに驚きやすい性質なので、よくガラスの壁面などに激突したりします。壁面沿いに多少バリスネリアなどの水草が植えられていれば衝突時のクッションの役目を果たすという良い面もあるのですが。また、底砂が入っていない場合は照明が底に反射してブラックアロワナが落ち着けないというデメリットもあることは頭に入れておいて下さい。
 ブラックアロワナに適した水質についてですが、弱酸性の軟水を維持することを心掛け、換水時も全水量の5分の1程度を週に2~3回に分けて換えることをお勧めします。1度の換水量を多くしてしまうと拒食やストレスの原因となり、最悪の場合は死に至ることもあります。
 PHの調整はピートモスなどでも行えますが、今は各社から信頼できるPH調整剤が多数出ていますので、ショップの店員さんに相談すれば適当なものを紹介してくれると思います。また、流木はあまりお勧めできません。まず、水質管理の面から言うと流木の下は水の流れが悪くなり、餌の食べ残しなどが原因で細菌の温床となりかねません。また、水槽の高さが60cm以上あれば別ですが、45cm程度の高さでは、何かのはずみでアロワナが暴れたときに流木の角などで魚体を傷つけ、それが原因で細菌感染症などにかかる危険性もあります。
 水温に関しては26~32度の範囲であれば特に問題はないでしょう。もちろん水温の急変は避けてください。幼魚期に関して言えば、30度前後の高めの水温での飼育をお勧めします。魚の新陳代謝を促したり、病気の予防効果も期待できます。
 濾材に関しては、ブラック・アロワナが大型の肉食魚で、水の汚れ方も半端ではないことから、十分に吟味して選びたいアイテムのひとつです。一般的なセラミック製のものなどで問題はありませんが、濾材の目詰まりを起こしにくいように大き目のリング状になっているものがお勧めです。
 餌については、メダカ、金魚、タナゴ、エビ、コオロギ、ムカデ、ピンクマウス、カエル、人口飼料などをバランス良く与えて下さい。ピンクマウスやムカデなどに関しては、最近では熱帯魚や爬虫類を扱っているショップで冷凍物が出回っていますから入手は難しくないでしょう。いずれの餌に関しても単食だけは避けて下さい。万が一、餌に飽きが来たとき突然餌を替えてもほとんど食べることはなく、最悪の場合はそのまま餓死する危険もあります。
 ブラック・アロワナは単独飼育ですか。もしも混泳をお考えなら、ポリプテルスのように突然水面に浮き上がってくるようなタイプ、大型のプレコのようにアロワナの体をなめる可能性のあるタイプ、気が強いシクラソマ系のシクリッド、大型ナマズなどは避けた方が無難です。比較的混泳がうまくいっているタイプとしてはガーの仲間や、パロットファイヤー・シクリッド、オスカー、ダトニオ、おとなしい大型のカラシン類やコイの仲間などがあります。ただ、ガーに関しては本来の適水温が両者の間で開きがあるため最高の組み合わせとは言えません。アロワナ同士の混泳は最も危険です。また、幼魚のうちは大丈夫だろうと小さめの魚と組み合わせると、その小魚を食べることはないにしても、デリケートなアロワナの幼魚は落ち着けずに精神的にまいってしまいます。
 3日後くらいに魚を購入したいとのことですが、90cmの水槽は想像以上に水量が多く、初めて立ち上げる水槽の水質はなかなか安定しません。しかも、底に砂が入っていない場合はなおさらです。水質を安定させるバクテリアがなかなか定着しないのです。もし、他に魚をお飼いになっているのなら、今立ち上げている90cm水槽にその水槽の水をバケツで1,2杯入れるだけでも、水質をかなり早く安定させることができます。早く魚を泳がせたいと思うのは誰でも同じですが、今回は水質に敏感なブラック・アロワナの幼魚ですから、できることなら最低1週間はそのまま水だけを回しておくことをお勧めします。その方がのちのちのリスクも格段に少なくなります。
 では、ブラック・アロワナの飼育を楽しんで下さい。失礼します。

 こんにちは。
 現在、水作りをしているところだそうですね。良い水質を維持するために底砂や水草は入れないつもりだとのことですが、管理のし易さから言うとそれがベストかも知れません。ただ、ブラックアロワナはちょっとした振動や、突然の照明の点灯などに驚きやすい性質なので、よくガラスの壁面などに激突したりします。壁面沿いに多少バリスネリアなどの水草が植えられていれば衝突時のクッションの役目を果たすという良い面もあるのですが。また、底砂が入っていない場合は照明が底に反射してブラック...続きを読む

Qブラックアロワナとアジアアロワナの混泳

150x75x60の水槽で 30センチのブラックアロワナと50センチの過背金龍を 混泳させても大丈夫でしょうか?

Aベストアンサー

回答者様NO.1の方と全く同じ意見ですが、私も賛成しません(私もやりません)

水槽は大きい方なので2匹を泳がせたいという気持ちは分かります。
ここに質問されておられますのでアロワナの同一水槽複数飼いが非常に困難だとご存じだと思います。
ブラックだろうがシルバーだろうがアジアだろうが はたまたサイズが違おうが基本は全て同じだと思います。
勿論例外もあり得ますので試して見ないと分らないが正解だと私も思います。

試してみた結果 混泳に上手くいったとしましても過背金の価値(美しさ)を色々な意味で半減させてしまうと思います。
ブラックが既に手元にいてるのかどうか分かりませんが、
どうしても2匹以上泳がせたいのならば過背金を2匹泳がす方が見た目的にはいいと思います。勿論金銭面とかは無視しての話です。

私の友人は2匹飼いしています。(すみません他人の話ですが)
紅尾金を2匹です。それも完全なペアです。
今までに何度か産卵までは出来たのですが孵化までは至っていません。

かなりの努力とお金を費やしていますが、流石に圧巻です。

そうしたいお気持ちはよく分かりますが
第三者的にはやらない方が…

偉そうに語りすみませんでした。
ご参考までにと思います。

回答者様NO.1の方と全く同じ意見ですが、私も賛成しません(私もやりません)

水槽は大きい方なので2匹を泳がせたいという気持ちは分かります。
ここに質問されておられますのでアロワナの同一水槽複数飼いが非常に困難だとご存じだと思います。
ブラックだろうがシルバーだろうがアジアだろうが はたまたサイズが違おうが基本は全て同じだと思います。
勿論例外もあり得ますので試して見ないと分らないが正解だと私も思います。

試してみた結果 混泳に上手くいったとしましても過背金の価値(美しさ)...続きを読む

Q次亜塩素酸ソーダのペーハーについて

12%の次亜塩素酸ソーダを200ppmの希釈した時のpH(ペーハー)はどうなるのでしょうか?
当然、希釈する水のペーハーにもよるとは思いますので、希釈する水のペーハーを中性の7としたときでお願いします。

Aベストアンサー

200ppmは十分に希薄だから溶液の比重を1と見做す。

[ClO^-]=200*10^(-3)/74.5=2.68*10^(-3)M=Cと置いて水の解離によるOH^-を無視して加水分解を考えると、
[OH^-]^2/(C-[OH^-])≒[OH^-]^2/C≒Kh=Kw/Ka=3.39*10^(-7) → [OH^-]≒3.0*10^(-5)<<C

よってpH=9.5(25℃)

Q熱帯魚、混泳について

熱帯魚の混泳についてですが、5cm程度のアノマロクロミストーマシー1匹と、1cm程度のミナミヌマエビ5匹。
混泳はどうでしょうか?

Aベストアンサー

yasu0826さん、こんOOは。

トーマシーを実際に買ったことがないので断定はできませんが、トーマシーは水槽内に増えたスネール退治に有効と聞いたことがあります。ということはミナミヌマエビもスネール同様、退治してしまうのではないでしょうか?

Qブラックアロワナの餌

ブラックアロワナ(10センチ)にディスカスハンバーグをやっているんですが、やっても大丈夫なんでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

食べるのであれば大丈夫ですが、ディスカスハンバーグは痛むのが早いですので、与えて食べ残しがあれば必ず取り除いて下さい。
ですが#1さんが書かれているようにアカムシかメダカをお勧めします。

Q熱帯魚の混泳について

ゴールドグラミーを3匹買ってきました。

スマトラ5匹、ブルーテトラ1匹、
ブラックテトラ2匹、ラスボラ4匹
プレコ2匹と混泳させたいと思って
います。(この構成で数ヶ月維持
してきた水槽に入れます)

大きさはスマトラと同じぐらいか
すこーし小さいくらいですが、
スマトラは気が荒いのでやはり
まずいでしょうか?

Aベストアンサー

経験上のことだけ、書いてみます。

グラミー(飼育初期の頃、何種か飼いました)は、繁殖期になるとグラミー同士、けっこうケンカします。といって、ベタのようにぼろぼろになるほどではなく、60センチ水槽でまあなんとかなっていました。
雄雌ペアになって、水面に泡で巣をつくって甲斐甲斐しいです。

こちらの場合、3匹ということですので、もし、オス、オス、メスという組み合わせですと、ペアのオスに、はぐれたオスが攻撃しそうな気もします。その程度は分かりませんが、一般に、ほかの魚がいろいろいますと、そっちに気を取られて攻撃の程度が弱くなりますけれど。

スマトラは飼ったことがないので分かりませんが、グラミーに刺激されて攻撃的になるかもしれません。特に変化がないかもしれません。


とにかく飼ってみて、それで攻撃がきつくなるようでしたら、水槽の奥行きの半分くらいでいいですから、仕切り板でちょいと目隠ししてやるとかなり収まると思います(これだけのことで、ケンカっ早いディスカスの繁殖に成功しました~90cm水槽でしたけど~)。


これまで問題がなかったのですから、グラミーの気性の荒さ程度では大丈夫だろうと思いますが、ヤバくなっても仕切り板で何とかなると思う次第です。

経験上のことだけ、書いてみます。

グラミー(飼育初期の頃、何種か飼いました)は、繁殖期になるとグラミー同士、けっこうケンカします。といって、ベタのようにぼろぼろになるほどではなく、60センチ水槽でまあなんとかなっていました。
雄雌ペアになって、水面に泡で巣をつくって甲斐甲斐しいです。

こちらの場合、3匹ということですので、もし、オス、オス、メスという組み合わせですと、ペアのオスに、はぐれたオスが攻撃しそうな気もします。その程度は分かりませんが、一般に、ほかの魚がいろいろ...続きを読む

Qペーハーの変化

水道水のペーハーについての質問です。
水道水の温度を変化させるとペーハーは変化するのでしょうか?
空気と接しない密閉された状態と開放された状態では違うのでしょうか?
教えて下さい。

Aベストアンサー

温度との相関についてご質問のようなので,再度レスです。
温度が上がれば,水分子の解離が進み,”ピーエイチ”は下がる傾向があります。
水分子は H2O = H+ + OH- のようにわずかに電離しており、H+ と OH-の濃度の積は水のイオン積と呼ばれています。水のイオン積は
25℃で1.0×10-14(mol・dm3)2で、これに基づいて水溶液の酸性、塩基性が水素イオン濃度(pH)として表現されています。

純水のpH
〇℃→7.47
20℃→7.08
24℃→7.00
30℃→6.91
40℃→6.76

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~ue3t-cb/bbs/special/sience_of_hotspring/sience_of_hotspring_5-3.htm

Q熱帯魚の混泳

いま、60cm水槽を設置したんですが、とりあえず前の小さい水槽から、プラティー2匹とブラックネオン2匹を入れてみたんですが、どう考えても淋しい、ここに他の魚を加えるとしたらなにがいいと思いますか?
なんか、層による泳ぎ分けってあるんですよね?
おすすめ魚を教えてください。

Aベストアンサー

ANo.#2の方の意見でほぼ完全でしょう。かえって「コリドラス」ファンになるかも…。コリドラスでもジュリーは「繁殖も容易」で繁殖時に攻撃的にもならず、ガラス面にタマゴがくっついてたら、コリドラスです。全部成魚にするのはちょっと難易度が高いけど、親と同じ(当たり前か)数ミリのがチョコマカ動きまわるのは「本当に可愛い」でしょう。(ついでに、今いるブラック・ネオンの繁殖は無理でしょう、と言い切る。)

コケ取りには、「セルフィン・プレコ」がベストも、マイナス面が大きすぎる。すなわち「あっとい間に10cm、20cmになり、持余す」のは目に見えてますし、販売店でも「引き取りはお断りOR稀に渋々か」という状況。(熱帯魚店で、よく20cmオーバーの茶に斑紋らしきナマズが売り物でなく「ヒッソリ」と隠れてます。)
「オトシンクロス(通称名・パラオトシンとかオトシンマクリコーダなんて表示も)」という、小型コケ取りナマズもいますが、こちらは逆に「コケ取り能力」はかなり落ちるし、「飼い込めば、綺麗ですが」セイルフィンより「生存率がガクンと落ちる。」
表層なら、「デルモゲニー」「バタフライフイッシュ(パントドン)」底層なら「砂もぐりタイプ」層に関係ない「何処でもユラユラタイプ」などいますが、考慮する必要は無いと推測。入れ過ぎが心配だし、その他にも色々と…

層による「棲み分け」より「混泳しても喧嘩など」問題無い「コミュニティタンク」の仲間を飼えばいいでしょう。
その気になれば幾らでも、種類はありますが、60cm水槽で「コリドラス」を入れれば(結構食べるし、当然水も汚す)ので「少ないくらい」で丁度良いでしょう。あとは、水草を(管理簡単な「アヌビス・ナナ」「エキノドルスの安い種類」)を入れ、石組など「レイアウト」に懲りだせば『もう立派な熱帯魚マニア』の出来上がり!
P.S.自分もレイアウトなかり考えてた時期があり、「魚のいない水槽」も作った事何度もありますよ!(数種類・10匹以上いるけどわからない水槽です)

ANo.#2の方の意見でほぼ完全でしょう。かえって「コリドラス」ファンになるかも…。コリドラスでもジュリーは「繁殖も容易」で繁殖時に攻撃的にもならず、ガラス面にタマゴがくっついてたら、コリドラスです。全部成魚にするのはちょっと難易度が高いけど、親と同じ(当たり前か)数ミリのがチョコマカ動きまわるのは「本当に可愛い」でしょう。(ついでに、今いるブラック・ネオンの繁殖は無理でしょう、と言い切る。)

コケ取りには、「セルフィン・プレコ」がベストも、マイナス面が大きすぎる。すなわち「...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報