季語を入れないで作った短歌(5+7+5+7+7)は何と呼ばれるのでしょうか?

せっかく作ったのに「季語がないのでダメ」とは...。
川柳みたいなものがあればいいのですが。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 短歌(五七五七七)の場合は季語がなくても大丈夫です。



 「煙草くさき国語教師が言うときに明日という語は最もかなし」(寺山修司)のように季節を感じさせる言葉がない短歌はいくらでもあります。

 季語が必要なのは、「俳句(5+7+5)」の方です。
 その俳句でも季語のない「無季俳句」もあります。(あまり一般的ではないかも知れませんが。)

 では、すばらしい作品を作ってくださいね。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

季語はいらなかったんですね。
これで自信たっぷり作品を公開できます ^ ^;)

お礼日時:2002/02/15 17:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q5月25日産まれに「蓮」をつけるのはおかしい?

5月25日産まれに「蓮」をつけるのはおかしい?

俳句などの素人です。子供の名前をつけるのに歳時記を調べたら5月25日は

夏に区分けされ「蓮」の文字があったので「蓮」をつけましたが

さらに詳しく見ると7月の「後夏」の季語だと分かりました。

後々子供につけた名前が勘違いからつけたと思われるのは可哀想な気がして・・・

東京在住です。

ご回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

#4さんの回答に駄足します。

仏教的には「蓮」と言えば、お釈迦様ですね。

釈迦(仏陀)は、生まれるとすぐに立って歩いたといわれます。

生まれたばかりの釈迦が歩きはじめると、最初に地面に足を着いたところからハス(蓮)が生まれ、北に向って七歩歩んだその足跡のひとつひとつから、大輪の蓮の花が咲いた。

そして、釈迦は、蓮の花に立ち、「天上天下唯我独尊」と、第一声をあげた・・・・・と伝えられているのは周知の通りなんですが。

蓮の花を御覧になった事がおありでしょうか?

蓮の花は泥の中に根を張り、そして水面にとても綺麗な花を咲かせる。其れを仏法に喩えたのです

今の状況が、たとえ泥沼の中でも将来必ず綺麗な花を咲かせられる、と。

「蓮」にはそんな素敵な解釈もありますから、良いお名前を付けられたと思いますよ♪

Q俳句、短歌の季語について

俳句、短歌の新人賞に応募しようと思うのですが、作品中に季語が使われていない句もいくつか、含まれているのですが、その場合はどうなるのでしょうか。
俳句、短歌には必ず季語を入れねばならないのでしょうか。
また、季語を手っ取り早く調べる方法があれば教えてください。

Aベストアンサー

塾の国語の教師をしております。

新人賞に募集しようとしている方にチャチャを入れるのは気が引けるのですが……。

季語についてですが、
季語を原則入れなければならないのは「俳句」だけだということをご存知ですか?
短歌には季語は入れなければならないという原則はありません。
もちろん入っていたら×ということもないですけれど。

つまり、同じ「恋」を詠むにしても、
俳句だと季語との兼ね合いを考えて内容を考えなければなりませんが(恋の始まり=「芽吹く」「山笑う」など)、
短歌では季語との兼ね合いを考えなくても良いということです。ぶっちゃけキチンと体裁が整っていれば、今の気持ちを素直に詠んでもOKということになります。

現在かなりの「短歌入門」「俳句入門」などの本が売られていますので、
「歳時記」も持っていないのであれば、
一緒に購入されてみてはいかがでしょうか?

Q5月4日が祝日になると、どうなるの?

2007年から5月4日は「みどりの日」という祝日になるそうですが、
そうなると、5月3日・4日・5日と、祝日が3日連続になってしまいます。

5月5日が日曜日なら、5月6日は振替休日になると思うのですが、
もし、5月3日や4日が日曜日の場合、振替休日の扱いはどうなるのでしょうか?

Aベストアンサー

「国民の祝日が日曜日に当たるときは、その日後においてその日に
最も近い国民の祝日でない日(現行は、国民の祝日の翌日)を休
日とすること。」

と条文にありますから、5月3日が日曜日の場合は、6日が振替休
日となります。

ソース
http://www.shugiin.go.jp/index.nsf/html/index_gian.htm

あくまで、今国会で成立の見込みという話です。

参考URL:http://www.shugiin.go.jp/index.nsf/html/index_gian.htm

Q短歌に季語は不要ですが、では…

短歌を始めて1ヶ月にも満たない者です。
本を見ながら勉強中なのですが、本に載っていなくてよくわかりませんでしたので、詳しい方に教えていただければ幸いです。

短歌に季語は不要だということは承知していますが、季語とされる言葉を歌に用いることはよくあると思います。
では、季節の異なる季語を2つ以上入れて詠んだ歌は滑稽な感じがするものなのでしょうか。

例えば、夏の季語の「紫陽花」と、秋の季語の「月」を一つの歌の中に盛り込んだ場合(例:月あかり照らす母と幼な児の紫陽花の花愛でるかたらい)、季節感がおかしいと思われるものなのでしょうか。

他にも、夏の季語の「ラムネ」と秋の季語の「刈田」など…

言葉が示す季節は異なりますが、月が紫陽花を照らす様子は風情があるので、これを詠むときれいな歌ができそうな気がします。
また、私が住む地方では祭りが9月下旬にあるので(秋祭りです)、祭りの帰りに、夜店で買ったラムネを飲みながら刈田の横を歩いて帰ることがあります。

よろしくご教授ください。
(例に挙げた歌は、この質問のために数分で作ったものですので、拙い歌だと承知しております)

短歌を始めて1ヶ月にも満たない者です。
本を見ながら勉強中なのですが、本に載っていなくてよくわかりませんでしたので、詳しい方に教えていただければ幸いです。

短歌に季語は不要だということは承知していますが、季語とされる言葉を歌に用いることはよくあると思います。
では、季節の異なる季語を2つ以上入れて詠んだ歌は滑稽な感じがするものなのでしょうか。

例えば、夏の季語の「紫陽花」と、秋の季語の「月」を一つの歌の中に盛り込んだ場合(例:月あかり照らす母と幼な児の紫陽花の花愛でる...続きを読む

Aベストアンサー

 まず、俳句において、「月」は秋の季語ですが、それは修飾語(説明)も何もなく「月」という言葉を用いて読んだらそれは秋の月である、ということで、他の季節の月を詠んではいけない、ということではありません。
 だから、今、たまたまgoogleで検索にかかった句ですが、

足もともしらけて寒し冬の月  我眉
http://www.ese.yamanashi.ac.jp/~itoyo/basho/shitibusyu/sumidawara20.htm

のように、あるいは、

外(と)にも出(い)でよ 触るるばかりに春の月  中村汀女

のように、他の季節の月を詠んだ俳句はいくらでもあります。ただ、その場合は「冬の月」とか「朧月(おぼろづき=春のぼんやりかすんで見える月)」とか、「月」だけの言葉では表現しないのです。

 したがって、季語の定めのない短歌では、他の季節の月を詠んでも全く差し支えありませんし、その歌にほかに季節を表す他の語が(月と紫陽花、刈田とラムネのように)入ってもかまいません。

 大岡信さんの「折々の歌」シリーズから私が気に入った短歌を書き抜いたものから例を挙げますと、

をとめらが泳ぎしあとの遠浅に浮環(うきわ)のごとき月浮(うか)び出でぬ  落合 直文
 (水泳=夏)
山住に迷ひもたねど雪山に月沈むとき生(いき)を寂しむ          岩波 香代子
 (雪山=冬)

のごとくです。

 次の歌は「折々の歌」からメモしたものではありませんが、私の好きな歌の一つで、この歌の「月」は秋がふさわしいにしても、特に季節は問わないと思います。(「BS」はBS=衛星放送用に打ち上げられ地球を回っている人工衛星)

BSが地球の食をわたるころ新室(にいむろ)つつむ月かげの青      大辻 隆弘

参考URL:http://rikko.blog.ocn.ne.jp/kazahana/2005/01/post_15.html

 まず、俳句において、「月」は秋の季語ですが、それは修飾語(説明)も何もなく「月」という言葉を用いて読んだらそれは秋の月である、ということで、他の季節の月を詠んではいけない、ということではありません。
 だから、今、たまたまgoogleで検索にかかった句ですが、

足もともしらけて寒し冬の月  我眉
http://www.ese.yamanashi.ac.jp/~itoyo/basho/shitibusyu/sumidawara20.htm

のように、あるいは、

外(と)にも出(い)でよ 触るるばかりに春の月  中村汀女

のように、他の季節の...続きを読む

Q5月4日がみどりの日になりますが

祝日の法律が改正され、再来年から5月4日が独立というか、完全な祝日になります。
そこで疑問なんですが、5月3日から5日の3連休が日曜に当たった場合の振替休日については、どのような規定なのでしょうか?
いままでの規定では5月4日は完全な祝日ではなかったので、たとえば5月3日が日曜だった場合には5月4日は振替休日も兼用になってしまい、休日は増えなかったと記憶しています。
また、5月4日が日曜の場合には振替休日は発生しなかったと思います。

今度の改正された法律の条文などを見ても、私にはよくわかりません。
5月5日が日曜なら翌日は振替休日だろうと推測はしているのですが。
再来年からの、5月3日や4日が日曜だった場合の振替休日の扱いについて、わかりやすく説明されているサイトがあったらご紹介ください。

Aベストアンサー

 こんにちは。

 改正後の法律は、下記のようになりますので、

>再来年からの、5月3日や4日が日曜だった場合の振替休日の扱いについて

 これについては、5月6日が休日となります。

-------------------------------------------
○国民の祝日に関する法律(改正後)

第3条 「国民の祝日」は、休日とする。
2 「国民の祝日」が日曜日に当たるときは、その日後においてその日に最も近い「国民の祝日」でない日を休日とする。
3 その前日及び翌日が「国民の祝日」である日(「国民の祝日」でない日に限る。)は、休日とする。
---------------------------------------------

Q短歌の結社に入ると、短歌の知り合いができるのでしょうか

まず、カテ違いでしたら申し訳ありません。
趣味のカテにすべきか迷いました。

私は短歌を始めて4ヶ月になります。
田舎に住んでいることもあり、同年代の方が参加するような短歌サークルは近くにありません。
NHK学園の短歌講座をとってみたり、テレビや雑誌を見たりしてひとりで歌を作っていますが、できれば短歌が好きな同年代の方とお会いし交流を深めることができればと思うようになりました。

そこで結社へ入ろうかと思います。
調べたところ、結社では投稿作品を会員誌に掲載したり、歌会(?)のようなものが開催されたりするようですが、会員間の交流はどの程度盛んなのでしょうか。
結社に入ると、お友達ができたりするようになるのでしょうか。

結社に入っても投稿するだけで終わってしまうのであれば、今私がしていることと大して変わりないように思うのです。
できればいろんな方に私の短歌をみていただいたり、また私もいろんな方の短歌を拝見できればと思っていますが、結社に入ればそのようなことは可能なのでしょうか。

もちろん結社によって差異はあると思うのですが、ご存知の方がいらっしゃいましたらご教示ください。
なお入会しようかと思っている結社はまだありませんが(考え中です)、角川書店の「短歌」に広告を出しているような結社に入ろうと思います。

さらに、どのような基準で結社を選べばよいかご存知でしたらあわせて教えていただけると幸いです。
よろしくお願いいたします。

まず、カテ違いでしたら申し訳ありません。
趣味のカテにすべきか迷いました。

私は短歌を始めて4ヶ月になります。
田舎に住んでいることもあり、同年代の方が参加するような短歌サークルは近くにありません。
NHK学園の短歌講座をとってみたり、テレビや雑誌を見たりしてひとりで歌を作っていますが、できれば短歌が好きな同年代の方とお会いし交流を深めることができればと思うようになりました。

そこで結社へ入ろうかと思います。
調べたところ、結社では投稿作品を会員誌に掲載したり、歌会(...続きを読む

Aベストアンサー

短歌ではありませんが、私も一度、入りたい結社があったのですが、
事実上断られてしまったことがありました。
中には敷居を高く設定しているところや、裏の顔を持っている結社も数多いですから、慎重に選んでください。
選ぶ基準はなんとも言えませんが、
好きな歌人の方の在籍する所に入るのがいちばん上達もすると思いますし、
嫌な面も少々のことは我慢できると思います。

そうでなければ市町村の市民講座などでもたくさんの方と交流できます。
そこで腕を磨いてから本命の結社に行ってみてもいいのではないでしょうか。

Q4月 5月 6月 の給料で毎年何かが多く支払われてしまう?

4月 5月 6月 の給料次第で毎年何かが多く支払われてしまうと聞いたことがあります。

その際の基準なのですが
3月に働いた給料としてもらう4月の給料
4月に働いた給料としてもらう5月の給料
5月に働いた給料としてもらう6月の給料

なのか

4月に働いた給料としてもらう5月の給料
5月に働いた給料としてもらう6月の給料
6月に働いた給料としてもらう7月の給料

どっちになるのでしょうか?
ご存知の方いらっしゃいましたらご教授頂けませんでしょうか?

よろしくお願い致します。

以上

Aベストアンサー

>その際の基準なのですが
 3月に働いた給料としてもらう4月の給料
 4月に働いた給料としてもらう5月の給料
 5月に働いた給料としてもらう6月の給料
 ・上記になります、4月~6月に実際に支給された給与
 ・上記の合計の平均から、健康保険料・厚生年金保険料が決まって
  9月~来年の8月までその金額が給与から天引きされるようになります
この件に関しては、下記をご覧下さい
https://allabout.co.jp/gm/gc/379773/

Q俳句と短歌は一見よく似た文芸詩のようにみえますが、なぜ、科学者では、俳句よりも短歌を詠む人が、多いの

科学者では、俳句よりも短歌を詠む人が、多いような気がします。
両者は、一見よく似た文芸詩のように思われますが、なぜ、科学者は短歌を好むのですか?

Aベストアンサー

>俳句よりも短歌を詠む人が、多いような気がします。

そうかなぁ。
ぱっと思いつくだけでも、物理学者なら、
・寺田寅彦
・有馬朗人(東京大学元総長・原子核物理学)
・尾池和夫(京都大学元総長・地球物理学者)

数学者にも
・吉田 洋一(北海道帝国大学教授)

化学なら
・和田悟朗(奈良女子大学名誉教授)


だから、気のせいだと思います。

Q確認ですが普通5月までに決めるというのは4月末日までのことですか?それ

確認ですが普通5月までに決めるというのは4月末日までのことですか?それとも5月末日までのことですか?
また5月という言葉をつかって4月末日までということを伝えるにはなんと言えばいいでしょうか?

Aベストアンサー

 日本語の曖昧なところですね。本来は5月になる前に・・・決めるという意味でしょうから、言い換えれば4月30日までに決めるということ。ところが、ハトヤマさんの沖縄基地問題じゃないけれど、5月末までと理解している人もいるし、なんとなくそれで世の中通っているんだから恐ろしい。

 5月という言葉を使って4月末を表すとしたら、5月になる前に・・・ぐらいでしょうか。

Q柳生十兵衛の作った短歌の意味

江戸時代の剣豪、柳生十兵衛は晩年に「月の抄」という著作を書いていますが、その中で次のような短歌を詠んでいるそうです。

「たずねゆく道のあるじや夜の杖
    つくにぞいらね月のいづれば」

この短歌の意味についてご教示下さると幸いです。私は古文の知識がなく、特に後半がよくわかりません。

質問の背景としては、柳生十兵衛が公儀隠密として暗躍したかどうかについては賛否両論があります。上記の短歌はどこか哀調を帯びていると思われますが、十兵衛隠密説を暗示しているのではないかと推測しております。

以上よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

「つくにぞいらね」の「ぞ」は「係り結び」でしてそのあとの「いらぬ」というところを連体形の「いらね」に変えてあるわけですね。連体形はそのあとに体言が来るはずの言い方なのに、何時までたっても体言が来ないので不安な心理状態に陥るわけですね。それで強調することになるわけですが、なにぶん50年前に習ったことで、全然自信がありません。しかしそうすると「入らね」(雲に入ってください、という意味であって、自分の部屋に招き入れるのではないですね)は依頼しているわけですから、もちろん連体形ではないですわね。
それから書いてくださった下の句は正確なんでしょうか? むかしの人は濁点をよく省略しましたのでね。濁点をぜんぶ無くして読んでみることも必要かと思います。

それから隠密というのは剣を使わないお仕事ですね。私の感じとしては、剣を使うほうが人生の裏街道で、本来人間のいきかたの本道は剣なんて使わないものだと思っています。
だから「無刀取り」も剣を極めていったら人を傷つけない方法にたどり着いたということですね。
それで公儀隠密というのは情報を収集したり伝えたりする仕事ですから、今で言うSEみたいなもので、剣や暗闇を必要としない人間本来の道だと思います。
この歌も喜びの心を表しているように感じるのですけど、いかがなものでしょうか。

「つくにぞいらね」の「ぞ」は「係り結び」でしてそのあとの「いらぬ」というところを連体形の「いらね」に変えてあるわけですね。連体形はそのあとに体言が来るはずの言い方なのに、何時までたっても体言が来ないので不安な心理状態に陥るわけですね。それで強調することになるわけですが、なにぶん50年前に習ったことで、全然自信がありません。しかしそうすると「入らね」(雲に入ってください、という意味であって、自分の部屋に招き入れるのではないですね)は依頼しているわけですから、もちろん連体形で...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報