プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

BTB溶液列をつくり、分光光度計で吸光度を測定し、pHメーターを用いてpHを測定しました。
この2つの結果を用いてグラフを作成したところ中和滴定曲線に似ているグラフができあがりました。

このグラフの様子をBTB分子の構造と吸光度とを関連付けて説明しなければならないのですが、BTB分子の構造を調べたところでどうグラフと関係してくるのかまったくわかりません。どなたかわかる方教えてください。

教えて!goo グレード

A 回答 (1件)

BTBの構造がpHによって変化し、それによって、BTBの共役系が変化し、吸収スペクトルが変化するということです。



まずは、pH変化に伴うBTBの構造変化を調べ、その中で共役系の変化について調べることです。

参考URL:http://www.kiriya-chem.co.jp/q&a/q43.html
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なんとなーくわかりました!
ありがとうございます。

お礼日時:2006/06/06 00:19

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

教えて!goo グレード

人気Q&Aランキング