最新閲覧日:

デシベルdbとホンphonの違いと音の距離減衰について教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんばんは


計量法の改訂により、デシベルに統一されました。以前はホン(A)を使っていて、騒音の環境基準や、規制基準にも使われていましたが、SI単位の導入によりdBに変わりました。定義は同一です。
音は発生源が点の場合は、20logL、線の場合は10logL、面の場合は、ある距離までは減衰せず、その後方は線減衰、その後方は点減衰となります。(Lは距離)
発生源の小さい音源は点音源、(車や建設機械など)、線音源は管やパイプなど、面音源は壁などです(。壁も距離が離れると点になります)
は言い方を変えると、距離が倍になると点音源は6dB減衰し、線音源は3dB減衰します。(物理量としては3dBは1/2、6dBで1/4:球面状に拡がると考えるので、球の表面積に反比例する)

以下に参考のURLを紹介します。
http://www.rion.co.jp/products/sound/sound00.html
http://homepage2.nifty.com/tochikankyou/yougo6.htm
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速の、専門的回答有難うございます。
仕事に役立てます。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/25 18:38

こんばんわ。



現在では、少なくとも公的用途に関しては「デシベル」に統一されたと思います。つまり、どちらも同じものです。

また、ご質問では「音の距離減衰」について知りたいとなっていますが、それよりも、デシベルが使われる理由は、人間の聴覚特性に関係があります。

音の大きさが10倍になったときに、人間の感覚では2倍になったような印象しかないそうです。

つまり、人間の感覚は対数的である、ということで指数・対数の単位であるデシベルが用いられているのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。
仕事上必要にせまられていましたので、参考にさせていただきます。

お礼日時:2002/02/25 18:39

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報