デシベルdbとホンphonの違いと音の距離減衰について教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんばんは


計量法の改訂により、デシベルに統一されました。以前はホン(A)を使っていて、騒音の環境基準や、規制基準にも使われていましたが、SI単位の導入によりdBに変わりました。定義は同一です。
音は発生源が点の場合は、20logL、線の場合は10logL、面の場合は、ある距離までは減衰せず、その後方は線減衰、その後方は点減衰となります。(Lは距離)
発生源の小さい音源は点音源、(車や建設機械など)、線音源は管やパイプなど、面音源は壁などです(。壁も距離が離れると点になります)
は言い方を変えると、距離が倍になると点音源は6dB減衰し、線音源は3dB減衰します。(物理量としては3dBは1/2、6dBで1/4:球面状に拡がると考えるので、球の表面積に反比例する)

以下に参考のURLを紹介します。
http://www.rion.co.jp/products/sound/sound00.html
http://homepage2.nifty.com/tochikankyou/yougo6.htm
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速の、専門的回答有難うございます。
仕事に役立てます。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/25 18:38

こんばんわ。



現在では、少なくとも公的用途に関しては「デシベル」に統一されたと思います。つまり、どちらも同じものです。

また、ご質問では「音の距離減衰」について知りたいとなっていますが、それよりも、デシベルが使われる理由は、人間の聴覚特性に関係があります。

音の大きさが10倍になったときに、人間の感覚では2倍になったような印象しかないそうです。

つまり、人間の感覚は対数的である、ということで指数・対数の単位であるデシベルが用いられているのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。
仕事上必要にせまられていましたので、参考にさせていただきます。

お礼日時:2002/02/25 18:39

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q倍率とデシベルの計算式

物理カテで質問しようと思いましたが計算式のみの問題のためこちらへ。
電力等の減衰(もしくは利得)に使用する
倍率→デシベル
デシベル→倍率
への計算式はどのようにすればいいのでしょうか?
できればエクセルでの計算式なども教えていただければ幸いです。
一つ一つは

http://www.ookawa.com/soft/circuit/db/db.html

のようなサイトでも示されているのですが入力する値を少しづつ変えて結果を一覧表にしたく考えています。

Aベストアンサー

> 倍率x→デシベルy
y=10log_10 x (対数は常用対数、底が10の対数です。
EXCELの計算式:A1(x)→B1(y)
B1
=10*LOG10(A1)

> デシベルy→倍率x
x=10^(y/10)
EXCELの計算式:A1(y)→B1(x)
B1
=10^(A1/10)

データの小数以下の桁数を必要な桁数に設定して計算して下さい。

Q水平距離と離隔距離の違い

低高圧架空電線と他の工作物の離隔距離について勉強しているのですが、
鉄道の場合は、「水平距離1m、離隔距離3m」とでてきます。

簡単に調べたところ、
水平距離・・・同一水平面上の二点間の距離
離隔距離・・・離さなければならない距離
です。

結局、鉄道の場合は、どういうことでしょうか?
横(水平)にも上方にも3m以上離す必要があるのか、
横(水平)は1mでOKで上方は3mということなのか、
どういうことでしょうか?

詳しい方教えてください。

Aベストアンサー

直角三角形の三辺の関係式はご存知ですよね。中学1年くらいで習ったはずです。
直角を挟む二辺をa、bとし、他辺をcとするとc^2=a^2+b^2 です。
電線と鉄道の水平距離をa、電線の高さをbとします。電線と鉄道の距離がcです。
c≧3、a≧1、c^2=a^2+b^2です。限界点を求めたいのでC=3を使います。
そうするとa^2+b^2=9、a≧1の2式になります。これでaとbが求まります。
これも中学1年くらいで習った範囲だと思います。
高さが約2.8メートルなら水平には約1メートル
高さが約2.6メートルなら水平には約1.5メートル
高さが約2.2メートルなら水平には約2メートル

Qデシベルの計算方法

デシベルの計算方法

20[dBm] + 20[dBm] = 23[dBm]
の計算方法がわかりません。

教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

…デシベル計算のようでそうじゃないところがミソ。

 20dBmを真値に直すと100mWなので100+100=200

 200mWをdBmに直すと23dBm

 20dB+20dBなら
 100倍+100倍=10000倍=40dB(電力)
 10倍+10倍=100倍=40dB(電圧)

Qスズメよけについて。

5階建アパートの3階に住んでいます。春先になると毎年、ちょっとした隙間にもスズメが巣を作ります。
ベランダに掛けて置いたマットの中や、出窓の窓を開けておいたら、その隙間とか。。一番驚いたのが、
ベランダに干した長ズボンのそのずぼんの中に、”わら”がこんもり入っていたことです。
鳥が苦手な私は、怖くてしかたありません。スズメよけができるような、何か対策を
教えてください。たまたまそのズボンが茶色っぽい色だったのですが、偶然なのか、それとも、
茶色だったから木と間違えたのかというのも気になります。

Aベストアンサー

鳥よけグッズっていろいろ売ってますが、前にテレビで見たものをご紹介します。

CDをひもで吊るすだけ。

CDがくるくる回って反射面が太陽の光で強く光るので鳥よけになるそうです。うちには鳥がこないので実験したことないですが、一度やってみてはどうでしょう、タダですし。

Qデシベルの計算式

私は福祉系の大学で授業のほとんどが福祉専門の授業なのですが、先日福祉関連の授業でこんなレポートが出ました。

問題
60デシベルと90デシベルには何倍の差があるか?

という問題を出されました。全くわからないのです。
もしこの”計算式と回答”がわかる方いらっしゃいましたら是非教えていただきたく思います。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

デシベルの定義
http://www.orixrentec.co.jp/tmsite/know/know_dB14.html

Q赤道の距離の測り方を教えて下さい

小学校の宿題です。色々調べているんですが、分かりません。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

赤道の一周の距離で良いのですか?
もしもそれで良いのなら、
地球の外周で良いわけです。と言う事で説明すると長くなるので、
ちょうど良いサイトがあるので、参考にして下さい。

参考URL:http://www.intacc.ne.jp/YAC/l5/nov98/houkoku/index.html

Qデシベルの計算

出力40Wのアンプから、効率50%のフィルタと給電損失6dbの給電系を通してアンテナに給電するとき、アンテナに到達する電力は何Wになるでしょう。log2=0.30とする。
この計算式を教えてください。

Aベストアンサー

こんばんわ。
アンテナ工学が専門ではないのですが、単純にデシベルを計算するとして。^^;

給電損失:6[dB]が、どれだけの割合になるのかが分かればいいですよね。
デシベルというのは、対数をとること(ベル)に 10をかけた(デシ)という意味なので、
実際に出力が r倍になったとすると、
10* log(r)= -6(対数は常用対数、左辺は「損失」なのでマイナス値)
log(r)= -0.6
log(r)= -2* log(2)(ちょうど 0.30= log(2)となっているので)

よって、r= 1/4となります。

あとは、フィルタでの損失の割合をかければ、答えが出ますね。


※ちなみに、上のデシベルの説明ですが、
「ベル」はあの電話を発明したベルさんの名前、
「デシ」は小学校のときに出てきた「デシリットル」のデシや
「デカメロン」の「デカ」と同じ語源であるラテン語で 10を意味する接頭語です。

Q環境保護と環境保全の違いを教えて下さい!

よく違いが分かりません。誰かお願いします!

Aベストアンサー

 
  まず、これらは、「環境保護」「環境保全」という言葉であるということに留意します。
 
  その上で、「保全」という言葉の意味を考えます。元々、この言葉は、技術用語で、maintenance の訳語として造られたはずです(あるいは、古くからあった言葉かも知れませんが、メインテナンスの訳語として一般的に使われます)。maintenance は、「保守」という訳語もあります。
 
  保全・保守とはどういうことかというと、広い意味で、システムの運転状態、動作状態を一定の基準状態に維持し、基準からの「ずれ」が生じた場合、これを修復して基準状態に戻すことで、更に、ずれが生じる可能性がある場合は、ずれが生じないよう、予めに対応策を講じることを意味します。
 
  「保全」とは、このような意味を元々持つ言葉ですので、「環境保全」は、環境状態を或る基準状態に維持する、また基準状態からずれることを防ぐため、防護策を講じることなどを意味するということになります。言語の自然な用法からは、そういう意味になります。
 
  一方「環境保護」の場合、「保護」とは些か傲慢な言葉ですが、「環境保全」と区別する意味なら、単に保全するのではなく、過去に遡っての保全、例えば、ダム工事で破壊された環境・自然を、ダムを壊して、元に復帰させることは、過去に遡っての保全ということになります。
 
  また、過去に遡っての原状回復は、自然環境などでは、ここ数百年とか数千年では不可能なことが多く、その場合、できるだけ、原状回復に近い形へと環境を戻すという意味になるでしょう。
 
  滅亡しかけている生物の滅亡を何とか止めるのは、保全だとも云えそうですが、或る基準状態からの逸脱で、滅亡という事態は説明が付かないので、保全だというと、どんどん過去に遡る必要が出てきます。しかし、そういう過去に遡っての保全などは不可能なことが多く、滅亡をとりあえず防ぐための手段を講じる、というのは、「保護」になります。そこで、滅亡がくい止められれば、その状態を保全するのではなく、滅亡状態に再び陥らないよう、安全な個体数とか、環境を確保するなどの、より積極的な対応が必要になってきます。この場合、保全ではなく、「保護」になります。
 
  以上のように言葉の使われ方を考えれば、普通にこれらの言葉の意味は、「環境保全」は、環境状態を基準状態に維持すること。または、基準状態が維持できない場合、代替的に、近似的な基準状態を維持すること(つまり、護岸工事で、ある植物の群落が消える場合、別の海岸に、よく似た環境を造り、そこに、破壊される植物群落の代替群落を造り、移動させるなどが、広い意味の「環境保全」になります)。
 
  それに対し「環境保護」は、環境全体として、人間や諸生物、地球自身の無機的環境についても、バランスにおいて、「よりよいと思われる状態」へと、環境対策を講じるということで、単なる「保全」に留まらないということです。「環境保全」では、結局、時間の推移と共に、自然環境などは、どんどん破壊されて行きます。何故なら、破壊の結果の状態を、これ以上悪化しないように「保全」するので、保全には、代替保全もあるということからすれば、自然環境は、保全によって、「より良くなる」ことはないと云えます。現状維持で、必要なら、代替策を提示して環境破壊を許容するのですから、環境悪化・破壊を容認する対策だということになります。
 
  自然環境、一般的な環境を、保全しつつ、しかし、それに留まらず、従来よりも「よりよい状態」にすること、これが「環境保護」の一般的な意味だと思います。「環境保護>環境保全」で、環境保全では、上で述べたように環境破壊は、最終的にはくい止められません。人間のエゴを満足させるため、言い訳として「保全」という発想が出てきているからです。
 
  環境保全は消極的で、環境破壊を容認しているのに対し、環境保護はより積極的で、環境破壊をこれ以上容認しない、環境を「より良いもの」へと変えて行く対策、発想だということになります。
  

 
  まず、これらは、「環境保護」「環境保全」という言葉であるということに留意します。
 
  その上で、「保全」という言葉の意味を考えます。元々、この言葉は、技術用語で、maintenance の訳語として造られたはずです(あるいは、古くからあった言葉かも知れませんが、メインテナンスの訳語として一般的に使われます)。maintenance は、「保守」という訳語もあります。
 
  保全・保守とはどういうことかというと、広い意味で、システムの運転状態、動作状態を一定の基準状態に維持し、基準か...続きを読む

Qデシベルの計算に詳しい方お願いいたします。

お忙しい所申し訳ありませんが、宜しくお願いいたします。

(問)半自由空間の反射面上にある点音源から2mの距離における音圧が8paであった。音源から16mの距離における音圧レベルは何dBになるか?

(私の考え方)距離が2の4乗なので、音圧は4乗分の1となるので、
2mの距離で8paは16mでは1paとなり、1paは94dBなので答えは94dB

(疑問)答えは94dBと書いてあったのですが、これを計算式で書くと、
点音源の音圧レベルをxdBとし、16m地点の音圧レベルをydBとすると、
8pa=103dB(=94+3+3+3)=x-20log 2-8 ...(1式)
y=x-20log16-8 ...(2式)
(logの係数の20は点音源だから、-8は半自由空間だから)
(2式)から(1式)を引くとy=103-20log16+20log2=103-24+6=85dBとなり、答えと合いません。
何処がまちがっているのかお願いします。考え方が根本に違うのかもしれません。ご指導、宜しくおねがいいたします。

お忙しい所申し訳ありませんが、宜しくお願いいたします。

(問)半自由空間の反射面上にある点音源から2mの距離における音圧が8paであった。音源から16mの距離における音圧レベルは何dBになるか?

(私の考え方)距離が2の4乗なので、音圧は4乗分の1となるので、
2mの距離で8paは16mでは1paとなり、1paは94dBなので答えは94dB

(疑問)答えは94dBと書いてあったのですが、これを計算式で書くと、
点音源の音圧レベルをxdBとし、16m地点の音圧レベルをydBとすると、
8pa=103dB(=94+3+3+3)=x-20log 2-8...続きを読む

Aベストアンサー

8pawをdB変換します

1paは94dBとすると
8paは2×2×2です
したがって音は20logですので
2倍は6になります
したがって
94+6+6+6=112dB

音は距離の2条で音圧が減ります
2mち8mでは距離は4倍です
したがって4の2条=16
1/16に音圧が減衰します
1/16→1/2×1/2×1/2×1/2
となります
したがって
1/2→ー6dB
なので
112-6-6-6-6=88dB
です

8pa=103dB(=94+3+3+3)=x-20log 2-8 ...(1式)
これ間違ってますよ
3は10logで間違った計算してますね
8pa=103dB(=94+6+6+6)

20logと10logとがごっちゃに間違ってます

音圧は20log計ですから
2倍は
20log2=20×0.3=6dBなんでよ

デシベルは掛け算をを足し算で計算できる物です
したがって
×2では 6dB(20log計)

20log系に音圧 電圧
10loG系には電力
があります

8pawをdB変換します

1paは94dBとすると
8paは2×2×2です
したがって音は20logですので
2倍は6になります
したがって
94+6+6+6=112dB

音は距離の2条で音圧が減ります
2mち8mでは距離は4倍です
したがって4の2条=16
1/16に音圧が減衰します
1/16→1/2×1/2×1/2×1/2
となります
したがって
1/2→ー6dB
なので
112-6-6-6-6=88dB
です

8pa=103dB(=94+3+3+3)=x-20log 2-8 ...(1式)
これ間違ってますよ
3は10l...続きを読む

Q電力ケーブルと弱電ケーブルの離隔距離

電力ケーブル(VVFケーブル)と弱電ケーブル(LAN・電話等)の電線間の

相互の離隔距離って法的に決まっているのでしょうか? 強電と弱電は 

離して置かなければいけないと思うのですが 具体的な数値がわかりませ

ん。 ご指導願います。

Aベストアンサー

こんにちわ
本物の電気屋さんです

ずばり、お答えします

電力ケーブル(VVFケーブル)と弱電ケーブルの
離隔距離の規定は、きちんと明確に記述されております。

離隔距離の規定は、
直接接触しないように布設する。
が正解です。何cmとの規定はありません
接触していなければOKです
離隔1mmでも、10cmでもOKなのです。

ご質問の電力ケーブルがVVFケーブルであるため
電圧種別は、間違いなく低圧で、ケーブル配線となります。
ガイシ引き配線の場合は、
裸線と弱電線は、30cm
絶縁電線と弱電線は、10cmです
ケーブル工事の場合は、接触しなければOKですので
心配はいりません
強電ルートと弱電ルートを別々に作って布設すれば
何ら問題ありません


人気Q&Aランキング

おすすめ情報