再び、漢詩について質問しています。
韓非子の以下の文の意味がわかりません。
お分かりの方、教えてください。

昔者、韓昭侯、酔而寝。典冠者見之寒也、故加衣於君之上。
覚寝而説、問左右日、「誰加衣者。」
左右対曰、「典冠。」君因兼罪典衣与典冠。
其罪典衣、以為失其事也。
(~ここから~)
以為、侵官之害、甚於寒。故明主之蓄臣、臣不得越官而有功。
不得陳言而不当。越官則死、不当則罪。守業其官、所言者貞也、
則群臣不得朋党相為矣。

です。どなたかよろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

正確を期すために図書館、書店などでお調べください。



いいかげんな訳ですが、
「(…。典衣の罪は、典衣がすべきことをしなかったからだ。)
官が自分のすべきことをしないのも、他の官のすべきことをするのも、はなはだけしからん。君主が臣下を養っているのだから、臣下は、それが有益だとしても、越権行為をしてはならない。忠告しないのも不当行為だ。越権行為は死罪、不当行為は有罪である。官が各々の役割の領分を守り行うことが貞節であり、そうすることで臣下それぞれがお互いにないがしろにしないのだ。」
という感じかな。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました!
とても分かりやすくて最高です。
本当にありがとうございました。勉強になります。m(__)m

お礼日時:2002/02/22 22:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q韓非子に学ぶリーダー哲学という本が書店に平積みされていたんですが、韓非子に興味がある人は韓非子の原書

韓非子に学ぶリーダー哲学という本が書店に平積みされていたんですが、韓非子に興味がある人は韓非子の原書を読みますよね?

で、韓非子に興味がない人はこんな本人の本が読めるのにわざわざこんな要所要所つまみ食いしただけの本を読まないですよね?

どうせ読むなら全部が書かれている韓非子の本を読む。

読み終わっても中身が完全じゃないので、他人に韓非子のことを知ってるなんて言えませんよね?

誰が読むんですか?

よく雑誌の特集とかでも孫子の教えとかつまみ食いした記事がありますけど、興味があるなら源書を読むわけだし、わざわざ誰がこんなつまみ食いの本を買う人がいるんだ?

と不思議でなりません。著作権も切れてるのでタダで原文読めますよね?

誰が何のためにこういう本を買って読むのか理科不能なんですけどどういう意図で売ってるんですか?

Aベストアンサー

韓非子読む人って、これ読む人のこと?
例、難一より、
楚人有鬻盾与矛者 譽之曰 吾盾之堅 莫能陷也 又譽其矛曰 吾矛之利 於物無不陷也 或曰 以子之矛 陷子之盾 何如 其人弗能應也

原書って、こういうこと?
普通、日本人なら、現代語訳註で読むよね。

また、
韓非子に学ぶリーダー哲学なら、リーダー哲学に
興味ある人誘うタイトルで、韓非子に興味ある人誘ってるのかな?
こういう読者は韓非子原典に当たらなくてもいいよね。

比喩的だけど、アインシュタインの現論文読まずに、相対性理論学びました、
って言ってもいいよね。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%81%AE%E5%8E%9F%E8%AB%96%E6%96%87

Q石田衣良のエッセイ

最近 石田衣良の「アイ ラブ モーツアルト」を読んで 作者の生活の楽しみ方に共感を感じました。
小説はいろいろなジャンルを書かれていますよね。
そういった生活や生き方 恋愛に関してのエッセイでお勧めのものがあれば教えてくださいませんか?

Aベストアンサー

恋愛についてのエッセイは

『恋はあなたのすべてじゃない』という本が出ています。
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=31796519

他のエッセイだと

『空は、今日も青いか?』という本が出ています。
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=31681470

↑は色んな話題について石田さんが自分の考えを語ってるって感じで、読んでて面白かったですよ。

石田さんのエッセイだと今のところこの2つくらいでしょうか?

Q韓非子の本を探しています

韓非子にすごく興味があります。
分かりやすく、韓非子の本質を見抜いたお勧めの本があれば教えてください。

Aベストアンサー

価値の定まった古典ですから、入門書で「本質」を大きく外した本はないでしょうが、私が読んだ中で分かりやすかったのは、『韓非子―不信と打算の現実主義』冨谷至著(中公新書)です。
あるものの特徴をあぶり出すとき、似たものと比較するという手法があります。この本では、性悪説の荀子や君主論のマキャベリー、最初に社会契約論を展開したホッブズなどとの比較を通して、韓非の本質に迫ろうという箇所があります。他の入門書には見られない試みで、分かりやすく面白いものでした。
※本書で引用される原文は現代語訳
http://homepage2.nifty.com/yoyutei//bookcri/tomiyakanbisi.htm

現代語訳では『韓非子』町田三郎訳(中公文庫)が的確で読みやすく、名訳なのだそうです。

エッセンスをつかむだけなら現代語訳でも問題ないのでしょうが、韓非子の骨のある文章は定評のあるところです。「鷲悍シカンにして雄勁」(猛禽類が獲物をつかみとって放さぬような力強さがある)などとも評され、攻め立てるような厳しい筆の運びは、漢文でしか味わえません。
ビギナーズ・クラッシック『韓非子』西川靖二著(角川ソフィア文庫)などは、原文・訓読文・現代語訳・解説とコンパクトながら充実しいて、お薦めです。

(余談)
誰だったか「マキャベリーよりもマキャベリズム的」と韓非を評していた記憶があるのですが、徳富蘇峰などもこんなことを書いています、「韓非の書を読めば、マキャベリーの『君子論』などはまことに微温湯ヌルマユを飲むようなものであって、とても韓非とは比べものにはならない」

価値の定まった古典ですから、入門書で「本質」を大きく外した本はないでしょうが、私が読んだ中で分かりやすかったのは、『韓非子―不信と打算の現実主義』冨谷至著(中公新書)です。
あるものの特徴をあぶり出すとき、似たものと比較するという手法があります。この本では、性悪説の荀子や君主論のマキャベリー、最初に社会契約論を展開したホッブズなどとの比較を通して、韓非の本質に迫ろうという箇所があります。他の入門書には見られない試みで、分かりやすく面白いものでした。
※本書で引用される原文は...続きを読む

Q石田衣良著「うつくしい子ども」に似たミステリとは?

石田衣良著「うつくしい子ども」の解説(村上貴史氏による)で、
非常に状況が良く似た1930年代の海外本格ミステリを挙げていますが、
この書名をご存知の方がいれば教えていただけないでしょうか。
非常に有名、とありますが、見当もつかず気になってしかたありません。

Aベストアンサー

その古典はバリバリ本格なので
『うつくしい子ども』と並べて書名をあげると
アンフェアなネタばらしになるので言えません。

でも推理すれば,村上氏はその古典を,
何もそんなふうに呼ぶ必要もないのに,
書名を示す二重カギカッコを付けて
仮に『X』と呼んでいて,
仮に『X』と呼んでいるということは
その古典は『X』ではないということで,
もちろん『X』も日本で昔から今にいたるまで有名だけど,
『X』でない1930年代の有名な海外本格といったら
アレしかないのではないでしょうか。

Q韓非子の原文(訓点付)はありませんか?

韓非子を原文で読みたいのですが、
訓点付のモノはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

通釈と語釈も併記されていても問題ないのであれば、明治書院が出している「新釈漢文体系」(『韓非子』はこの11巻目と12巻目の上下巻になっています)は訓点つきの本文になってますよ。『韓非子』は上下巻になってます。
しかし、この全集(というのかな?)版だと、高額、入手しにくいという点から、図書館などで借りられるのがよいかと。

参考までに。同出版社からは『新書漢文大系13 韓非子』というものも出されていますが、こちらの本文は書き下し文だと思います。


他の出版社からも出ているのかもしれませんが、とりあえずご参考までに。

Q韓非子の詳しい出典を

ライブドア関係の一連の報道で、あらたにソフトバンクインベストメントの北尾CEOが登場してきましたが、彼の会見の中で韓非子の言葉を引用していました。「ことは秘密をもってすべきで、ぺらぺらしゃべってしまうと失敗する」という意味だったと思います。
その言葉の詳しい出典を(韓非子のどういう話の中に出てくるのか)ご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。

確か、説難第十だったと思うのですが・・・

夫事以密成、語以泄敗
未必其身泄之也、而語及其所匿之事、如是者身危
貴人有過端、而説者明言善議以推其惡者、則身危
周澤未渥也、而語極知、説行而有功則亡、説不行而有敗則見疑、如是者身危
夫貴人得計而欲自以爲功、説者與知焉、則身危
彼顯有所出事、廼自以爲也故、説者與知焉、則身危
彊之以其所必不爲、止之以其所不能已者、身危

そう、企ては密かに行えば成功するが、ペラペラ喋ってしまったら失敗する。
それは何も、自分が他人に漏らした場合にだけじゃないよ。人が隠していることにつつく事だってよくない。そういう行為が一番危険なのだ。
位が上の人と言うものは、何かにつけ後ろ暗いところがあるもんだ。それを歯に絹も着せず、しかも正論で、主君の悪行を匂わせるような事をに言ったら、自分の首を締める行為だ。
主君がそこまで民心慕われないうちに、それを極限まで理解して後に語るならば、その意見は人の支持を受けて、実際にその発言の効果は得られるだろうけど、その言いだしっぺの事は忘れられるだろうね。
それと、その反対に自分の意見の方に失策があれば、言い出しっぺである君が疑われる事だろう。この場合はメチャメチャ危険と言うわけだ。(心せよ)
(私訳)

と言う内容だったと思います。

ちょっと自信はありませんが・・・
ご参考になれば幸いです。

こんばんは。

確か、説難第十だったと思うのですが・・・

夫事以密成、語以泄敗
未必其身泄之也、而語及其所匿之事、如是者身危
貴人有過端、而説者明言善議以推其惡者、則身危
周澤未渥也、而語極知、説行而有功則亡、説不行而有敗則見疑、如是者身危
夫貴人得計而欲自以爲功、説者與知焉、則身危
彼顯有所出事、廼自以爲也故、説者與知焉、則身危
彊之以其所必不爲、止之以其所不能已者、身危

そう、企ては密かに行えば成功するが、ペラペラ喋ってしまったら失敗する。
それは何も、自分が他人...続きを読む

Q韓非子の注について

韓非子の注に「山云◯◯」とありますが、この「山」とは人名なのでしょうか?
人名だとしたらだれなのでしょうか。ご存知の方、ご教示下さい。

Aベストアンサー

補足を拝見しました。「津田鳳卿」が登場するのでしたら、だいたい同じ時代の「片山兼山」のことだと思ひます。

津田鳳卿の『韓非子解詁』は下記のサイトで読むことができます。
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2599365?tocOpened=1

「山」のつく人でしたら、堤它山『韓非論解』もありますが、名を略して「山」といふ記述はみあたりません。やはり「片山兼山」のやうな気がします。具体的に『韓非子』のどの箇所にどんな「注」のことばがあるのですか。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報