こんにちは。
最近、“笑える本”にはまっています。例えば、さくらももこさんのエッセイが好きです。
でも、こういう笑える本ってなかなか見つからないものです。 
ここで、質問。
あなたオススメの笑える本はなんですか?
ジャンルは問いませんが、なるべくならエッセイがいいですね。
「これは絶対ウケル!!」っていう一冊お待ちしてます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (13件中1~10件)

やっぱり定番は「原田宗則」、「中島らも」、「清水義範」ですね。


「とほほ」な笑いでは「さくらももこ」と通じるものを感じます。

まだ名前が出ていないところでは、
古畑任三郎の脚本家「三谷幸喜」の『オンリーミー』(幻冬文庫・エッセイ)この一冊読んだけですが、すごいです。電車で読むのは危険です。
三谷夫人の、えーっと誰でしたっけ、ポポンSのCMの女優さん。友達が彼女のエッセイを勧めてくれました。「笑える」でしょう、多分。彼の奥さんだから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼遅れてすいません。
三谷幸喜さんの「オンリーミー私だけを」は電車で読むのは危険だとは・・・。 
しかも彼の夫人もエッセイを出しているとは。なんかすごそうですね夫婦でエッセイって(意味深)。期待してます。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/27 09:03

既出ですが、私も「中島らも」「原田宗典」はオススメです。


佐藤愛子の「娘と私~」のシリーズは電車の中では読めないです。
出てないので、オススメのエッセイは
新井素子の「もとちゃんの痛い話」爆笑ではありませんが、笑えます。
    • good
    • 0

系統が違うかな?


「中島らも」の「寝ずの番」(講談社文庫)なんか如何ですか?
電車の中で読んでいて、笑いをこらえるのに苦労しました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
中島らもさん有名ですね~。いやそれとも自分が遅れているのか?
とりあえず、試します。
電車内で笑ってしまうエッセイってかなり期待できます。

お礼日時:2002/03/12 03:51

こんばんは。

年代的に違っていれば申し訳ありませんが、私のような40歳代には、柴門ふみさんの「青春とはなんだかんだ」や吉田拓郎さんのTV番組をテープおこししたスタイルの「おしゃべり道楽」、それからアンブローズ・ビアスの「悪魔の辞典」あたりが面白いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
芸能人のエッセイは面白そうですね。
試してみたいと思いま~す。

お礼日時:2002/03/12 03:47

西原理恵子さんの「鳥頭紀行」はオススメですっ!


ちょっと辛口で…でも、思い切り良く笑い飛ばすことができます。(^。^)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

辛口ですか・・。辛口モンは怖くてなかなか手が出せなかったんです。
でも、ayaeさんが自信ありで勧めるのであれば、
試させてもらいたいと思います。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/27 09:25

土屋賢二の名前が挙がらないのは不思議。

お茶の水大学の哲学教授ですがエッセイを何冊も出してます。文庫で十分。序文がいきなり「この本を読むに当たっては、なんら有意義な結果を期待することなく、無心の境地で買っていただきたい」ですから。

ひまつぶし目的には天下無双。山下洋輔より面白いかも。現代論理哲学の成果
を「言い訳」「言い逃れ」といったまったく建設的ではない分野で応用・実
践・発展させている孤高のソフィスト。文中に度々登場する助手と奥さんが本当にこういう人なのか、いちどお会いしてみたい気持ちでいっぱいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

う~ん、なんか難しいですがすごそうですね。
最近笑いに飢えてるので、集中して読ませていただきます。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/27 09:22

笑える本ということで、お勧めは、佐藤愛子さんの「娘と私の~」シリーズ、群ようこさんの「無印」シリーズです。

2つのシリーズはかなり昔に読んだのですが、その当時腹を抱えて大笑いした記憶があります。電車の中では読むのはやめといたほうがいいかもしれません(笑)。あとは黒柳徹子さんの「窓際のトットちゃん」ですかねぇ。良い本が見つかるといいですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

電車で読むのは危険な本とは。
笑いやすい自分だからもっと危険ですね。
試してみたいと思います。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/27 09:15

ayana2002さん、こんにちは~。



笑える本で私のオススメは、
阿川佐和子と檀ふみの、「ああ言えばこう食う」(集英社文庫)です。
往復エッセイの形なんですが、結婚したいのにできない二人の、恋より食い気のやりとりが絶妙に面白いです。
第2弾、「ああ言えばこう嫁行く」も面白いですよ。

個人的には、「ああ言えばこう食う」は檀ふみさんのが面白くて、「ああ言えばこう嫁行く」は阿川さんが面白いです。

機会があれば是非読んでみて下さい♪
    • good
    • 0
この回答へのお礼

自分的に言うとタイトルがイカシてますね。
機会がなくとも読みたいです♪
回答ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/27 09:11

さくらももこさんは読んだことがないのですが


笑えるエッセイなら宮沢章夫さんがお薦めです。
妙な視点でバカバカしいことを真面目な語り口で語ってくれます。私はツボにはまって大笑いしました。
「わからなくなってきました」「茫然とする技術」「百年目の青空」など、よろしければ読んでみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

表紙みました(検索して)。表紙とタイトル見ただけでちょっと笑っちゃいました(自分変だ・・)。
「わからなくなってきました」を試してみたいと思います。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/27 09:07

こんにちは!ayana2002さん。



オススメはなんといっても『泉麻人』のエッセイですね。
特に、『地下鉄シリーズ』・・『地下鉄の友』『地下鉄の穴』『地下鉄の素』がいいです。独特の言い回しで人間ウォッチングをしています。
是非読んでみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すいませ~ん、お礼めちゃくちゃ遅れました。
人間ウォッチングは面白そうですね。(自分もしてる)
全部読みたいですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/24 05:30

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qさくらももこさんの本で、おいしい納豆の食べ方が書いてあった本。

皆様、おはようございます。
私は、納豆が(特にニオイが・・・)すごく苦手なんですが
昨日のスマスマで、柴咲コウさんが納豆をおいしそうに食べてるのを見て
体にもいいし、ちょっとチャレンジしてみようと思いました。
そこで、昔読んだ本を思い出しました。
タイトルにあるとおり、さくらももこさんの本だったのですが
さくらさん自体、納豆が苦手だったのだが
この食べ方(味付けのしかた?)で、好物になるまでに好きになったという
内容が書いてあった本があったと思うのですが・・・・・。
エッセイだったと思います。
なんか、卵とかシソとかマヨネーズとか(よく覚えてないんですが)
を、混ぜて食べるというような内容だったと思いますが
これが書いてある本のタイトルと、もしお手元にお持ちであれば
そのレシピ(何を納豆に入れるんだったか)を教えていただけないでしょうか?
よろしくお願い致しますm(_ _)m。

Aベストアンサー

こんにちは。本、持ってますよ~。
タイトルは「ももこの おもしろ健康手帖」です。
レシピはシソの葉を刻んでごまドレッシングとマヨネーズであえて、それを海苔で巻いて食べるそうです。
余談ですが、私は納豆食べれますが、商品によって、かなり味が違います。嫌いな人が最初にそれに当たるとますますイヤになるかも・・・。
だめだったら、違う種類を試した方が良いかも・・・。ちなみに、値段と味は比例しないかも。
では、がんばって食べてねぇ~。

Qさくらももこさんの本で

さくらももこさんが書いた本で、うるおぼえなのですが。さくらももこさんがデパートでバイトをして、100万円まで貯めて上京した。というようなことが書かれてある本のタイトルをおしえてください。

Aベストアンサー

「 ひとりずもう 」ではないでしょうか。地元の短大生時代に
食品売り場でアルバイトしていたときの話が載っていますし。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4093861528/

Qさくらももこのエッセイ

こんにちは。
さくらももこさんのエッセイが大好きで、今持っているのは、
「もものかんづめ」
「たいのおかしら」
「さるのこしかけ」
「まる子だった」
「ももこの話」
「さくら日和」
「さくらえび」
なのですが、これらの他に、さくらももこの面白いエッセイはないでしょうか。
私的には、今もっているエッセイのように、数ページ文があり、時々絵が出てくるようなタイプが好きなのですが・・・。

さくらももこの他の作者さんでも、面白いのがあれば是非教えてください。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

さくらももこ作品は楽しませてくれますよね。
「まる子だった」「ももこの話」の続きのもので「あのころ」があります。
デビューまでのエッセイ「ひとりずもう」も中身濃く、面白いです。

また他には、
旅行エッセイ系=「ももこの世界あっちこっちめぐり」「ももこのトンデモ大冒険」
健康オタクエッセイ系=「ももこのおもしろ健康手帳」
などが楽しいです。

いずれも単行本の装丁がもきれいで、コレクションする楽しみもありますね。

Qさくらももこ

さくらももこのエッセイを買ってみようと思うんですが、沢山ありすぎてどれが良いのか分からないので、オススメを教えて下さい! それと、エッセイと言うのはどんな本なのでしょうか??

Aベストアンサー

エッセイは日本語で言うと随筆ですね。
見聞したことや心に浮かんだことなどを、気ままに自由な形式で書いた文章です。

ランキングに載っているのはどれも面白いと思います。

やはり最初は、「もものかんづめ」
次は「あのころ」でしょうか?


http://www.cybercapsulez.com/~maruko/msgenq/msgenq.cgi

http://www.pro.or.jp/~fuji/pocketbooks/momoko/index.html

参考URL:http://www.cybercapsulez.com/~maruko/msgenq/msgenq.cgi,http://www.pro.or.jp/~fuji/pocketbooks/momoko/index.html

Qさくらももこの次は?

もうずっと「さくらももこ」さんのエッセイを読んでいます。何度読んでもおもしろいんですが、さすがに
他のものも読みたくなりました。

さくらももこさんのものが好きな人にはコレもおすすめみたいなものがあれば教えていただきたいです。

ファンタジーものも好きです。

Aベストアンサー

 作家の角田光代さんはいかがでしょうか? というのも、
さくらももこさんのエッセイやマンガの内容には、昭和 40 年
生まれというさくらさんの年代が大きく影響しています。

 そうなると、似た年代の女性が書いたエッセイだったら
テーマが異なっていたとしても、同じようなテイストが期
待できます。角田さんは、昭和 42 年の早生まれなので、
さくらさんとは1学年しか違いません。また、文章の上手
さや着眼点の深さは天下一品ですので、読み応えがあります。

 ほかには「 負け犬の遠吠え 」で知られる酒井順子さん
も角田さんと同学年です。最近は雑誌への寄稿も多く、
以前より活躍の幅が広がっているような印象を受けます。

 ちなみに、西原理恵子さんはたしかさくらさんの1学年
上ですが、西原さんはちょっと人生がドラマチックすぎる
ので、かなりテイストが違ってくるでしょうね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報