ある人から質問を受けました。
 たとえば、水と塩化ナトリウムの水溶液を半透膜をはさんで接触させると、浸透圧の説明の場合、半透膜を水は通過できるが、塩化物イオンやナトリウムイオンは通過できないので、水が塩化ナトリウム水溶液のほうに浸透するので圧力が生じ、その圧力が浸透圧であると。
 しかし一方、透析の場合はイオンのみが半透膜を通り抜けるので(塩化物イオンやナトリウムイオンは通過できるので)、コロイドが精製できると。
 浸透圧の説明では、イオンが半透膜を通過できないことを理由にし、透析では半透膜をイオンが通過できることを理由に説明しています。
 この矛盾はどのように説明したらよいのでしょうか?
 ひとつは、測定や実験の目的が違うのだから、半透膜そのものの穴の大きさが違う。すなわち、透析の場合、半透膜の穴が大きいのでイオンは通すがコロイドは通さないと説明する。
 もうひとつは、半透膜の穴の大きさは同じであるが、透析は長時間にわたる現象であるが、浸透圧は時間に関係のない概念であるので二つは全く異質の概念であると説明する。(実際、U字管で半透膜を挟んで実験をすると、はじめは浸透圧の影響で水から塩化ナトリウム水溶液のほうに水が移動していくが、長時間たつと水の浸透が止まり、塩化ナトリウム管の水面が下がり、元に戻るようですが。
 ぜひ、いい説明の仕方を教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 両方とも正しいことをおっしゃっていると思います。



 半透膜とは「一部の成分だけを透過させる膜」のことです。特定の物質名ではありませんので念のため。半透膜と言ってもいろんな種類があり,何を透過し何を透過しないかは,その膜が何でできていてどういう構造(穴の大きさ)を持っているかによって決まります。

 次に拡散のことについてですが,もし仮に半透膜の穴の大きさがすべて均等で,尚かつ熱運動もしていなければ,透過するか透過しないかを厳密に制御することが可能だと思いますが,そうでない場合は結局はすべての物質が透過してしまうでしょう。もしそうなら,現象論的には「透過速度に差が生じるだけ」と言うことになるかと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。半透膜とは概念であり、穴の大きさに違いがあってよいということがはっきりしました。また、「拡散」とか「透過速度」という言葉も大変参考になりました。

お礼日時:2002/02/26 20:56

そうですね.


一番納得いく説明は,単純に
「浸透圧と透析に用いる半透膜は種類が違う」
ということだと私は思います.

さっき高校の参考書を捲ってみたところ,

「セロハン膜はイオンまで透過させてしまうので,NaCl溶液に対する半透膜には適していない.(中略)したがって,通常浸透圧を説明するための半透膜は,溶質分子だけを自由に通し,他の溶質粒子(分子,イオン)を一切通さないという,理想的な半透膜であるとされる」

とありました.
また,コロイドの透析にはセロハン膜を用いていますので,明らかに浸透圧に用いるものと違ってイオンを透過できますので,コロイドを精製できます.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。私への質問者にもこれで回答できます。

お礼日時:2002/02/26 20:50

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q半透膜 浸透圧 温度 について

浸透圧は絶対温度に比例するようですが、どういった理由でそのような関係が生まれるのでしょうか? 現象のイメージが定かでないので困っております。たとえば、温度が高くなると、

1.溶質分子の熱運動が盛んになって移動が速くなる
2.半籐膜の穴が大きくなって透過しやすくなってしまう

などが考えられるかと思いました。ただ、2.だと、透過する分子の大きさの許容範囲が変わってしまい、同時に選択性も変わってしまいそうですが、どうでしょうか? とすると、温度によって選択性を変えるということもできそうですが、どうでしょうか?

Aベストアンサー

半透膜を通り抜けるのは基本的に溶媒分子ですよね?
したがって、「溶質」ではなく、「溶媒」分子の熱運動が盛んになって移動が速くなるのです。

Qお気に入り 半透膜があるU字管の液面差についての問題です。 断面積1cm^2のU字管の中央を半透膜

お気に入り

半透膜があるU字管の液面差についての問題です。
断面積1cm^2のU字管の中央を半透膜で仕切り、一方に非電解質0.20gを溶かした水溶液10mL、もう一方から水10mLを入れた。27℃で放置したところ、液面差が5cmあった。非電解質の分子量はいくらか。溶液の密度は1.0g/cm^3、Hgは13.6g/cm^3とする。
この問題の解説をお願いします...なお、答えは80000を超える値になるみたいです。

Aベストアンサー

浸透圧、沸点上昇、凝固点降下、気体の状態方程式・・・すべて原理は同じでしたね。だから、すべて、PV = knT (kは定数,nはモル数) という関係式になる。
 公式に当てはめるのではなく、理由から解けば簡単。

Q浸透圧について (糖類と浸透圧)

これは「パンの辞典」からです。

「一方フランス産やアメリカ産のパン酵母は低糖用ともいわれ、菓子パン生地に使うとショ糖を急激にブドウ糖と果糖に分解し、生地中の浸透圧が高まって発酵が抑えられるためにうまく膨らまない。」

さて、なぜある外国産の低糖用パン酵母はそのような糖に急激に分解するのか不思議ですが、なぜ糖類が増えると浸透圧が高くなるのでしょうか?

Aベストアンサー

分子の数によるからというのは No.1 の回答通りで,何が入っているかではなく,いくつ (何個) 入っているかで決まる性質があるのです.そういう性質を束一性といいます.
が,その後の衝突によるモデル的説明は,浸透圧についてのよくある誤解です.
ショ糖1分子は加水分解されてブドウ糖1分子と果糖1分子を与えます.しかしこのときに水の分子が一つ使われるので,溶液の中の総分子数は変わりません.したがってぶつかるという模型でいうなら,糖がぶつかる数が増えたのと同じだけ,水分子がぶつかるのが減るわけで,浸透圧変化の理由になりません.浸透圧に気体の圧力と同様の衝突模型を使うことの無意味さは,すでに議論され尽くされています.
数が増えるとなぜ浸透圧が上がるかという問題は,ちゃんと説明すると結構大変です.なので,ここでは触れませんが,ちゃんとした物理化学の教科書にはきちんと書いてあります.

Q(1)20グラムの塩化ナトリウムを用いて、20パーセントの塩化ナトリウム水溶液を作るに

(1)20グラムの塩化ナトリウムを用いて、20パーセントの塩化ナトリウム水溶液を作るには、何グラムの水を溶かせばいいか?

(2) (1)でつくった水溶液に5.0パーセントの塩化ナトリウム水溶液200グラムを加えると、何パーセントの塩化ナトリウム水溶液になるか。

Aベストアンサー

(1)20%というのは溶液全体の20%が塩化ナトリウムということです。
従って、80gの水を加えると溶液全体が100gになるので、濃度が
20%になります。
(2)(1)の溶液には20gの食塩が入っています。
200gで5%の水溶液には10gの塩化ナトリウムが入っています。
混ぜると溶液全体の質量が300gになり、塩化ナトリウムは30gに
なります。従って、濃度は10%です。

Q塩化水素と水酸化ナトリウムが反応して、58.5gの塩化ナトリウムを作る

塩化水素と水酸化ナトリウムが反応して、58.5gの塩化ナトリウムを作るには、塩化水素と水酸化ナトリウムはそれぞれ何g必要か?
お解りの方がおられましたら、ぜひ教えてください。
どうぞ、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1.塩化ナトリウムの式量を調べる。
2. 58.5gをその式量にグラムを付けた質量で除す。
3. 2.で塩化物イオン、ナトリウムイオンの物質量(モル数)が分ったので、その物質量(モル数)と塩化水素の分子量、水酸化ナトリウムの式量をそれぞれ乗ずる。

おしまい。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報