ベルリン旅行の予習に最高な映画3選

このたび、家庭裁判所調査官の試験の合格発表が6月30日にあり合格いたしました。
しかし家裁調査官の試験は最終合格=採用ではなく、最終的に採用されない採用漏れがあると聞いています。
今年は65人最終合格者がいたのですが、私は50番代後半です。
内々定者には意向照会の電話が来ますが、私の元にはまだ来ておらず不安でたまりません。
どなたか、昨年以下最終合格したものの採用に漏れた人の人数を知っている方はいらっしゃいませんか?
また、毎年どれぐらいの人数が実際採用されているのでしょうか?
どなたか教えて下さい!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

今年度の試験案内に「採用予定人員:約50」(18年1月現在)とあるので、実際採用されるのもそのくらいの人数ではないでしょうか。


となると、質問者さんに意向照会がくるためには、上位の合格者のうち十人近くが採用辞退しないと、ということになりますね。
(実際何人くらい辞退してるのか(そして何人くらい、意向照会すら来ないのか)はわかりません。そこまでは公開しないと思いますし。)
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q裁判所書記官の社会的地位について(合格率やお給料など)

いつもお世話になっております。
表題のままの質問です。
法律事務所の事務員をしており、その関係でよく裁判所にお使いに出かけます。
そこで対応してくださる裁判所書記官さんってどういう立場なんでしょうか?
(素人的な質問ですみません。。。)
書記官さんたちの仕事風景を拝見すると、普通の市役所みたいな感じですが(皆さん感じがいいし、女性は私服で、しかも小奇麗な方が多い印象です)、
その内容は、裁判官がやるべき仕事の事務関係を一手に引き受けてるようですし、合格率などは司法試験並に厳しいとも。
実際に弁護士は、書記官からの電話などは最優先してますしね。
裁判に同席してるところも拝見しました。

いまいちよくわからない職種ゆえ、どういう人たちがなって、なるのは難しい職業なのか、お給料はどのくらいなのか、などが気になります。
何かご存知の方、教えてください。

Aベストアンサー

まず一般に合格率と難易度は比例しないですね。

あと#1さんが書かれている様に、裁判所事務官と書記官は全く違います。事務官の中から書記官になる人がいるという事ですね。初めから書記官として就職する人はいません。

法改正によって裁判官の業務の一部が書記官に分掌されたりしていますし、コートマネージャーがいないと裁判所は動きませんからその役割は非常に大きいですぅ。参考URLもご参照下さい。

弁護士が書記官・事務官からの電話に最優先するのは、裁判所から掛かってきている訳ですから当然といえば当然だと思います。
これはあくまで憶測ですが、書記官の方からすればいくら司法試験に合格していても弁護士は所詮は民間人で同じ法曹でも自分とこの裁判官とは違う人種だという意識はあると思いますよ。
例え高卒で奉職した書記官であろうと、司法試験に合格した弁護士であろうと、裁判所ではそんな事関係ないですよね。

書記官の中には簡易裁判所の裁判官になる人も少なからずいます。
あまり知られていませんが、司法試験を経なくても裁判官(書記官など→簡裁判事)や検察官(検察事務官など→副検事→検事)になる道があります。

参考にならなくてすみません。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A3%81%E5%88%A4%E6%89%80%E6%9B%B8%E8%A8%98%E5%AE%98

まず一般に合格率と難易度は比例しないですね。

あと#1さんが書かれている様に、裁判所事務官と書記官は全く違います。事務官の中から書記官になる人がいるという事ですね。初めから書記官として就職する人はいません。

法改正によって裁判官の業務の一部が書記官に分掌されたりしていますし、コートマネージャーがいないと裁判所は動きませんからその役割は非常に大きいですぅ。参考URLもご参照下さい。

弁護士が書記官・事務官からの電話に最優先するのは、裁判所から掛かってきている訳ですから...続きを読む

Q家庭裁判所調査官の方に質問です

家庭裁判所調査官について書かれているサイトやら色々見ましたが、生の声が見当たらなかったので、実際に働かれたことのある方、今も働かれている方、身内や近くに家庭裁判所調査官である人がいる方、実際のところどんな業務があり、やりがいはどこにあると感じているのか、残業や転勤はどの程度あるのか、給料はみあっているのか、などなんでもいいので詳細をお話していただけたら幸いです

また試験に向けて初心者が勉強して受かるものなのでしょうか
倍率や合格率に関しては知っていますが、実際の難易度は不明のため

以上2点について、片方でもいいのでお願いします

Aベストアンサー

> 生の声が見当たらなかった

それは、当たり前だと思います。

家庭裁判所調査官は国家公務員ですから、法律で定められた守秘義務が存在していますので、そのようなことをしたことが発覚した場合には、その人物は懲戒免職対象および最高1年の懲役又は最高50万円の罰金になります。

国家公務員法 第100条
第1項 「職員は、職務上知ることのできた秘密を漏らしてはならない。その職を退いた後といえども同様とする。」と定めている。違反者は最高1年の懲役又は最高50万円の罰金に処せられる。

Q家庭裁判所調査官補一種(公務員試験)の難易度

家庭裁判所調査官補一種を受験したいと考えています。
倍率は30倍近く、厳しいということは把握していますが、どの程度難しいのでしょうか?
ご指導願います。

Aベストアンサー

家庭裁判所調査官補の待遇は国家1種(いわゆるキャリア組)に準じます。
私の周りで調査官の試験に合格した人は、国家1種や地方上級にも合格してる人が多いですね。
なので国家1種レベルと思ってれば良いかと思います。
合格者の出身校を見てみると、旧帝大や有名私大など、難関校の方が多いです。

試験問題自体は基礎的な内容が出ます。
国家1種は応用的な問題ばかりなので、対照的ですね。
調査官の試験内容はとても簡単ではありますが、合格者は国家1種レベルの人ばかりなので、つまりはほとんどミスは許されないということです。
それはそれで大変でしょう。

倍率も高いし大変だと思いますが、がんばってくださいね。

Q公務員試験に受かった人で採用されなかった人たちは

公務員試験に受かった人で採用されなかった人たちは
なにをしているのでしょうか?
普通に就職活動をして
就職しているのか、バイトしているのか
とか、目指そうと思っているので
現実のところどうなのだろうと思って質問しました。

Aベストアンサー

 公務員試験は、正確には、採用試験ではなく、公務員採用者名簿の記載順位を決めるものです。

 たとえば、来年度の採用予定数を、10人とすれば、上位10人を合格とし、その10人を成績の順に、名簿に登載しておけば、そこから採用しておく事になるわけです。

 しかし、試験で、1位は取ったけれども、公務員は嫌だとして、採用辞退をする人もいます。また、病気や事故で、来年の4月に入庁できない人が発生するかもしれません。
 また、10人採用予定が、予定外の退職者が発生して、12人採用する必要があるかもしれません。

 そのような事を想定すると、10人以上を、採用者名簿に記載しておく必要があります。

 公務員試験の合格通知は、大きな役所では、「貴方は、○○番です」と来るようです。
 国家公務員試験も、それを受けて、自分で、各省庁を回ったり、また逆に、省庁の総務(人事)が「来ませんか」と連絡してきたりするわけですね。

 国家公務員は、その番号を見て自分を売り込むことになるわけです。から、自分のやる気が、再度試される事になるのですね。

 はじめに書いた、「地方公務員」では、採用人数10人に対して、11番以降の番号だと、どきどき、しますね。
 自分は、採用されるのかどうなのか?
 次の通知(採用者面接とか、説明会の通知)が来るまで、どきどき、しますが、

 その時までには、民間の内定等が出ている事が多いので、その次の通知が来るまで、待っています。

 その公務員試験合格=採用者名簿記載で、その有効期間は、1年なので、自分が、「絶対公務員になる」と決めているなら、再度試験を受ける覚悟をするでしょう。
 その内定の会社を「腰掛け」に使って・・・。
 でも、次の試験に合格するのか?
 腰掛けのつもりが、づっと、働き続ける事が多いようです。

 公務員試験は、正確には、採用試験ではなく、公務員採用者名簿の記載順位を決めるものです。

 たとえば、来年度の採用予定数を、10人とすれば、上位10人を合格とし、その10人を成績の順に、名簿に登載しておけば、そこから採用しておく事になるわけです。

 しかし、試験で、1位は取ったけれども、公務員は嫌だとして、採用辞退をする人もいます。また、病気や事故で、来年の4月に入庁できない人が発生するかもしれません。
 また、10人採用予定が、予定外の退職者が発生して、12人採用す...続きを読む

Q国家公務員と地方公務員の違い(転勤の有無と給料の違い)

国家公務員と地方公務員ってどう違うのかわかりません。
国家公務員は省庁の本部が東京にあるから東京に転勤になる事が多いのですか?

地方公務員はその地方に配属されてるから転勤にはならないのでしょうか?

それから、給料はどちらが多いのですか?

ちなみに30代前半の男性(国家公務員)の方で年収900万ある方っていらっしゃるのですか?

Aベストアンサー

 簡単に言えば、国家公務員は国の機関の職員です。国会議員をはじめとして、各省庁(本省)やその出先機関の職員ということです。一方、地方公務員は地方自治体の機関に所属する職員です。市役所や市立図書館、消防署員などが該当します。

 転勤については、地方公務員は文字通り、その地方自治体の職員ですから、その自治体以外への地域へ転勤することはまずないでしょう。あったとしても短期間(長くて半年くらい?)研修を行う程度だと思います。

 それに対して、国家公務員は国の職員ですから、守備範囲は全国区となるので、各地方へ転勤する事も少なくありません。特に昇格(係長次席から係長、係長から課長補佐など)する前に、一旦約2年間地方の出先機関へ転勤し、戻ってくると1つ上の役職に昇格するというパターンが多くなっているようです。

 給料については、一般的には地方公務員の方が国家公務員に対してやや多い傾向にあると思いますが、省庁や配属先にもよるでしょう。

>30代前半の男性(国家公務員)の方で年収900万ある方っていらっしゃるのですか

 私は、約10年前(30代半ば)で家の事情により国家公務員を辞めましたが、その時の年収は税込みで約750万円でした。
 キャリア組や技術のある技官ならば、900万円ある人も多くはないでしょうが、いると思いますよ。

 余計なお世話かもしれませんが、お見合いということなら、地方公務員の方をおすすめします。
 理由は、国家公務員は、結構帰りが遅くなることが多いからです。これも人に(というより配属先)によりますが、国会開催中などは、待機が命ぜられることや、予算審議の時期になると、毎日終電で帰ることも珍しくありません。
 家庭を大事にし、子供とのふれあい等を重視するなら、国家公務員より地方公務員の方がいいと思います。

 ただし、重複しますが公務員といえども、地方も国家も定時に出勤・退勤できるところは少ないですし、世間で思われてるほど楽な仕事では無いということは事実です。

 簡単に言えば、国家公務員は国の機関の職員です。国会議員をはじめとして、各省庁(本省)やその出先機関の職員ということです。一方、地方公務員は地方自治体の機関に所属する職員です。市役所や市立図書館、消防署員などが該当します。

 転勤については、地方公務員は文字通り、その地方自治体の職員ですから、その自治体以外への地域へ転勤することはまずないでしょう。あったとしても短期間(長くて半年くらい?)研修を行う程度だと思います。

 それに対して、国家公務員は国の職員ですから、守備...続きを読む

Q縁もゆかりもない市町村の採用試験の志望理由

題の通りです.志望理由が浮かびません.市のホームページを見ても参考になるようなことは書いておらず,ほとほと困っています.

Aベストアンサー

 ただ単に「奉仕がしたいんです。」という受験者がいたら、私なら真っ先に不採用にします(本来の仕事ではありませんが、採用面接担当者の仕事自体は何回もしています)。
 <ほとほと困って>いるほど理由がない状態でこんな答えをされれば、私だけでなく、たいていの面接担当者は見抜くと思います。奉仕がしたいだけならば、ほかにも方法はたくさんありますから。

 仮に、あなたが民間企業に応募するとして、その企業の所在地に縁やゆかりを求めますか?
 公務員志望ならば、「安定した職場」を求めたと答える方が正直なように思います。どのみち、近くに採用がないと答えるなら、なおさらだと思いますよ。

 縁もゆかりもない市町村を受験した人に対し、採用担当者が思うことは、この人は本当に就職してくれるだろうか?という疑念に尽きると思います。ですから、あなたが「採用されたい。採用されれば、石に齧り付いても仕事をします。」という気持ちを採用担当者に伝えることが大切だと思います。漠然としたことでも、何をしたいか、自分の考えを自分自身の言葉で伝えることが肝要だと思います。

Qなぜ国家公務員は辞退者が多いのか?

毎年の主要な大卒行政職の国家公務員試験受験結果をみると国家II種は採用予定者の4倍、国税専門官では2倍強、裁判所事務官では3倍強の人数を最終合格させています。つまり、最終合格しても辞退するケースがめちゃくちゃ多いのです。

ところが地方公務員試験では採用予定者数の1倍強しか最終合格者を出していません。つまり、最終合格したが辞退者するという人が少ないのです。

この差はどこに原因があると思われますか?

転勤の有無でしょうか?

Aベストアンサー

(1)転勤の有無。(というか、長距離の転居を伴う転勤の有無。但し、県・市の職員でも東京事務所などがあれば仕方がないです。)
(2)地方職員でも中央からの出向者が上司になってしまうこともあるが、国IIに対する国Iみたいな目の上のたんこぶがあまりいないと思われる。
(3)なんと言っても給料が地方の方が高め。
(4)地方の方が仕事がそれほどキツくないケースが多い。時給換算にすると(3)と相まって更に差が開きそうですね。

Q公務員の採用候補者名簿について

私は大学4年の男です。
先日、そこまで大きくない市の市役所の一般行政の職員採用試験を受け、
何とか最終合格者になったとの直接の電話と封書を頂きました。
しかし、私が受けた市のHPにもあるのですが、
採用候補者名簿に登録=採用ではないと書かれています。

実は、今年の1月から6月までは普通に就活をしていて、
その就活の中で、自分がしたい仕事が市役所で市に貢献したいという考えが生まれました。
一応、就活の甲斐もあって、ある企業から内定を頂きました。

公務員試験を受かった今、このままにもできないので
内定を頂いている企業には早いうちに謝って断ろうと思っています。
しかし、公務員の採用候補者名簿登録=採用ではないということがあって、
もしも採用されなかったらどうしよう、と怖くて仕方がありません。

実際に、採用候補者名簿へ登録された人はどの程度の割合で採用されるものでしょうか?
安心して採用されると思っていてもいいものでしょうか?

このままでは不安で仕方ないので、近日中にも市役所に出向き、
採用についてどれほどの確実性を持っているか確かめに行きたいとも
思っているのですが、行って訊いてもいいものでしょうか?

不安で仕方がありません。どうか皆様のご回答を頂きたいと思っています。
是非ともよろしくお願いいたします。

私は大学4年の男です。
先日、そこまで大きくない市の市役所の一般行政の職員採用試験を受け、
何とか最終合格者になったとの直接の電話と封書を頂きました。
しかし、私が受けた市のHPにもあるのですが、
採用候補者名簿に登録=採用ではないと書かれています。

実は、今年の1月から6月までは普通に就活をしていて、
その就活の中で、自分がしたい仕事が市役所で市に貢献したいという考えが生まれました。
一応、就活の甲斐もあって、ある企業から内定を頂きました。

公務員試験を受かった今、このま...続きを読む

Aベストアンサー

No.2です。

私の回答内容を誤解されているようなので、再度投稿します。
まだ締め切られていなくて良かった。

>曖昧な表現も、いざという時のためにで、
>普通に生活をしている人は安心していいことですよね。

私の先の回答で書いた「いざというときの逃げ」というのは
質問者さん側のことではなくて、役所側の「逃げ」です。
「採用候補者名簿への登載→採用ではない」という説明は、
例をあげると、役所側も、新規採用者数の決定要素として、
定年退職・中途退職者の補充、役所の事業計画等を勘案して
決めますが、仮に、その中途退職予定者が退職しなかった
場合は、欠員が出ないので新規採用者で補充する必要がなく
なり、採用候補者名簿に登載されていても、採用できない
ことになります。
そういう逃げのために、「名簿登載→採用ではない」と
説明しているのです。

ただ、一般例から見て採用候補者名簿に登載されているので、
よほどのことがない限り採用されるでしょう、というのが
先の回答でした。
一般的に広く知られている制度ではないので、一般人には
よく分かりません。ぜひ問い合わせをして、納得するまで
説明を受けて理解してください。
役所の人事採用担当者は、こういう質問を何度も受けています
から、礼儀を尽くして質問すれば印象が悪くなるということは
ありませんよ。

No.2です。

私の回答内容を誤解されているようなので、再度投稿します。
まだ締め切られていなくて良かった。

>曖昧な表現も、いざという時のためにで、
>普通に生活をしている人は安心していいことですよね。

私の先の回答で書いた「いざというときの逃げ」というのは
質問者さん側のことではなくて、役所側の「逃げ」です。
「採用候補者名簿への登載→採用ではない」という説明は、
例をあげると、役所側も、新規採用者数の決定要素として、
定年退職・中途退職者の補充、役所の事業計画等を勘案...続きを読む

Q家裁調査官になるための大学選びで困ってます

高校2年生で、将来は家裁調査官になりたいと考えてます。

そこで、専門分野の範囲?を広げたほうがいいため、学部は社会学部にした方がいいという情報が一番多かったので、そうしようと考えています(´・ω・`)
私はきれば心理学中心に学びたいです。



そこで、このような条件で大学探しをしたのですがいまいちどの大学がいいのかわかりませんでした。

パンフレットを取寄せて考えればいいのですが、3年次のコース内選択(数1・数2・数Bの中から選ぶ)というものが間近に迫っており、入試に有利な教科を選ばなくてはいけないため、それをしていると間に合いません(>_<)



関東で、国公立(経済的な理由から)。

この条件でおすすめの大学を教えていただきたいです。


また、私は群馬に住んでいるので群馬大学も視野に入れていたのですがいかがなものでしょうか(´・ω・`)?


拙い文で申し訳ありません。
どうか宜しくお願い致します_(._.)_

Aベストアンサー

前回、別の質問板で回答されていたないようですね。

その方は常に的確な回答をされますので、その時は、私は他に何もかきこまなかったのですが、
どうもあなたの希望には沿えない回答だったのでしょう。


この方の回答の中に並べられていた関東の国立大学が適切だと思いましたよ。

質問者の方は実情をよく把握されていないようなので、別の視点から前回の回答者の方が
おっしゃりたい内容を再度書き込みますね。

どこの小学校の卒業アルバム、女の子たちの将来の夢として「将来は獣医さんになりたい」と
書き込む子は多いものです。
ところが現実は獣医さんになっている同級生はほとんどいません。

そこには大学入試時点で獣医になれる学部、学科が少なく、そのうえ私立大学が少なく
国立大学の学部が多いという現実があります。
なおかつどこの学部も入試の偏差値が高いので、大学入試時点で夢をあきらめてしまう
女の子が多いからです。

家裁の調査官も同じことなのです。
確かに選択科目によって、心理学部や社会学部の女子が受けやすい(と思わせる)という
事情もありますが。

ただ質問者様も含めて、大事なことを忘れているのです。
それは試験勉強のつらさなのです。

不景気になる前から、家裁の調査官は心理学を学ぶ女子大生には人気試験の一つだったのです。
いろんな大学からたくさんの大学生が受験した試験です。
前回の回答者の方が記載された関東の大学ばかりでなく、関西でも京都大学の教育学部、
大阪大学の人間科学部や神戸大の発達科学部といったレベルの大学からも結構な数が
受験していました。

試験であるから合格は平等、あくまで試験の出来次第です。
HPでは合格者の大学名までは発表していませんが、私のしるところ、やはり名だたる大学の名前が
連なっています。

結局、有名大学の合格者が多いのは、大学入試時点で個別試験での記述問題の対策等で
試験の解答力が出来上がっているからです。
赤本を見られたら分かると思いますが、一橋大学や東京大学、京都大学の現国や地歴の記述問題
の難易度は郡大に比べて格段に難しいです。
家裁の試験問題も、これくらいの記述力・論述力が求められるわけです。
ですから、おのずと有名大学からの合格者が多くなるわけです。

ただ誤解しないでくださいね。
群馬大学からでも合格できないということではありません。
しっかりと試験対策をしていけばいいわけです。
私の個人的な意見としては、群馬大学へ入学するならば、早めにWスクールの形態を
取ってください。

群馬大学が都会の有名大学に劣っているというわけではありません。
試験を受ける環境が問題なのです。
荒牧キャンパスの環境では、その環境が望めないという事です。

入学後でサークルにでも入れば、「家裁の調査官?郡大からは無理だよ」なんて平気で
話しかける先輩が多いと思います(地方国立大はどこも、そういう雰囲気が強いので)。
また飲み会にでも顔を出せば、つらい試験勉強など段々と嫌になってくるものです。

郡大では自分の周囲には、資格試験勉強をしている人はほとんどいません。

教員試験はありますが、国家資格試験や公務員試験とは、性質においても試験対策においても
まったく性格の異なったものとなります。

都会の有名大学ではWスクールの形態を取っている人は多いですが、
その他、学内サークルでも資格試験対策用のサークルが多いという有利な面があります。
しかし郡大にはそういったサークルはまず無いでしょう。

前橋という小さな県庁所在地の都市で、なおかつ駅から30分もする荒牧キャンパスの環境で
あなたが受験勉強を継続できるか? 
なかなかたいへんだと思いますよ。
私の知り合いは太田から伊勢崎線を使って、東京の資格試験学校まで週に何日かは通っていました。

長々と書き込みましたが、結論としては
・大学名は関係ないが、できるだけ偏差値の高い有名大学へいくこと。
・地方の大学ならば、できるだけ早くWスクールの形態をとること
 (ただし裁判所事務官や家裁調査官のコースないので、国家公務員コースの先生に
  相談すること)
・相当に難しい試験であることを早めに覚悟すること(しかし合格できない試験ではない)。
・試験勉強に自信がなかったら早めに諦めて、就職等別の道を選択すること
 (他の資格ですが、当初から合格は無理と思わせる人でも、合格の2文字にこだわって
  何百万円という授業料を資格試験学校に払っている人を多くみかけるので)

  社労士や行政書士クラスなら、一般の人は努力すれば合格できますが、司法試験や
  公認会計士試験は努力しても合格できない試験なので(その人の資質によるが)。
   
  受験勉強をしたことがない人間は、努力すれば必ず合格できるなんて簡単に言いますが
  家裁の調査官は、その分かれ目くらいの難易度の試験なので、くれぐれも覚悟をもって
  勉強してください。

 夢を掴むのは甘い事ではないのですよ。

 前回の回答者の方も、それが言いたかったはずなのですが。
 どこの大学へ行くかなんて関係ないのです。

 本人に学力と自信があって努力を重ねれば、県女だろうが健康福祉大学だろうが
 関東学園大学だろうが合格できるものです。
 国家試験の性質とはそういうものです。
 日本国民が平等に受験できるのが公務員試験なのですから。
 

前回、別の質問板で回答されていたないようですね。

その方は常に的確な回答をされますので、その時は、私は他に何もかきこまなかったのですが、
どうもあなたの希望には沿えない回答だったのでしょう。


この方の回答の中に並べられていた関東の国立大学が適切だと思いましたよ。

質問者の方は実情をよく把握されていないようなので、別の視点から前回の回答者の方が
おっしゃりたい内容を再度書き込みますね。

どこの小学校の卒業アルバム、女の子たちの将来の夢として「将来は獣医さんになりたい」と
書き...続きを読む


人気Q&Aランキング