ロナウジーニョ出演のCMで、離れたところからボールを蹴り、ゴールポストの上のバーに当て、また足元にボールを戻すことをたしか3回くらい連続で成功させる内容のものがあります。 
 これは以前(ワールド杯開幕直前頃)、NHKのドキュメンタリー番組で取り上げられ知ったCMです。
 この内容については、本当にロナウジーニョ自身のプレーを撮影したものか、CGなのかで話題になっていたそうです。
 ロナウジーニョ自身の言葉で、「想像におまかせする」とあるようなのですが、実際のところどうなのでしょうか。裏情報をご存知の方いましたらぜひ教えてください。ご存知でなくても、サッカーやCGの専門的な見方ができる方は特に、どういった見地からどうお考えになるかぜひご意見をください。
 たしかに答えは分からないままということがいいという考えもあるかもしれませんが。よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

確かにあれは(・_・o)ン? (o・_・)ン? (o・_・o)ン?ですね。


知ってるかも知れませんが参考サイトで見れます。
中田の後GO TO NIKEFOOTBALL.COM→右に出てくるメニュー一番したから5番目ぐらいのカバンの画面です。
何度か見ましたがう~ん(-_-;です。
CGかも知れないし、何度か繰り返せばロナウジーニョなら????

参考URL:http://nike.jp/football/siteshell/
    • good
    • 0

以前にも同じ質問がありましたね・・。



その時にも答えたのですが、ある程度のサッカー経験者ならば、あのプレーは非現実的だと判るでしょうね。
神業も神業で、クロスバーに4回連続当てるだけでも難しいのに全部自分のところに戻ってくるように当てるなんてどう考えても有り得ません(笑)

ロナウジーニョはW杯でもフリーキック蹴りましたけど、ゴールの枠を外しました。あのCMの様な正確なキックが出来るのであれば、枠を外すことなど有り得ません。
試合中のシュートとリラックスした環境のキックは違うとは思いますが、あのCMの様な正確さで蹴れるならばゴールポストとクロスバーの角のやや内側を狙って蹴れば、多少力を抜いても得点出来るでしょう。

「想像におまかせする」というコメントが全てでしょうね。本当にやっているならば、こんなオブラートに包むようなコメントをする必要がありませんので。
    • good
    • 2

#3さんや#5さんと同じ意見です。


私はもともと『ネタ映像』と思っていますので、ことさらに真偽を追求する必要もない、笑って見ていればいいものだと思いますが・・・本当か嘘か?と聞かれたら、やっぱり『嘘だろう』と答えるしかありません。

ちょっと別の方向から言いますと、

あの映像が出たのは結構前ですが、当時ロナウジーニョが『いつもウォーミングアップでやってるよ』と言ったところ、『できるわけないだろ』とマジで非難した選手も何人かいて、ヨーロッパでも話題になったそうです。
そのロナウジーニョは毎週カンプ・ノウで試合をするわけですが、試合前に必ずグラウンドに出てウォームアップをしますよね。チームメイト相手にロングパスを蹴ったり、シュートを打ったり。
本当に『いつもやってること』で、それを他の選手が疑うなら、なんで大観衆の前で実際にやって見せないんでしょう。機会はいくらでもあるはずなのに。
ぶっつけ本番で4回連続は無理でも、せめて一回でも『バーに当てて跳ね返りをトラップ』を披露してみせれば、それで話は済みそうなものですが。

それをしないのは、つまり・・・・・
まあ、そういうことじゃないかと思うのですが(笑)。

もしかしたらロナウジーニョは、あの技を実際にできるよう猛特訓の最中かもしれません。ワールドカップでイマイチ冴えなかったのは、ひたすらアレの練習に没頭していたせいかも・・・。
    • good
    • 2

バーに当てるということと、それを跳ね返らせて元の場所に戻すというのは、完全に次元が違います。

計算してそれをやるのは不可能です。
あのCMではロナウジーニョはかなり力強く蹴ってますね。コントロール重視で弱めに当てにいくと、跳ね返ってくる力がそもそもない為に、信憑性を持たせるためには強く蹴るしかない、と制作者の意向があったんでしょう。結果として、あの体勢であそこまで強く正確なキックが撃てるなら、もうドリブルとかしなくていいよ、というほど不自然なキックになってます。

コントロール抜群の野球のピッチャーは鉄棒相手にキャッチボールできるか。
超一流のバスケットの選手はコート内なら一番遠くから投げても必ずシュートが決まるのか。

常識で考えればわかることです。
それができるなら試合なんてしなくていいです。

サッカーの試合を見ていれば、シュートがバーにあたるということは珍しくありませんが、その後のボールが本人の方向に戻ってくることはまずないでしょう。狙おうが狙うまいが、どういう角度で当たっても、迷わず本人に向かってボールが飛んでくるなんてことはほとんど有り得ません。

「ロナウジーニョならあるいは」というのは気持ちとしてはわかりますが、やっぱりナンセンスです。そういう人はまだしも、本当にあれを信じ切っている人を見ると、コマーシャルというものが如何に視聴者を思考停止させるか、良い見本だと思います。

CG云々に関してはわかりませんので、専門的な回答ができず恐縮ですが、もしCGでないにしても、なんらかのトリックがあるのは間違いないと思います。

CMが放映されている時に、「あれはトリックだよ」とは本人は決して言わないでしょう、スポンサーの意向に反することをロナウジーニョが言うわけはありません。結局、話題になってくれればくれるほど、得をするのはスポンサーのナイキで、本人はそこから巨額な出演料を得ているわけですから。

誰も話題にしなくなった頃に、裏話として、からくりが明らかにされるでしょうね。
    • good
    • 2

こればかりは極秘なので真偽はわからないのですが、


あるテレビで真偽を確かめたところ・・・

画像処理の結果、1回目は本当に当たっている、2回目以降は
ボールが強くゴールポストに当たっているにも
関わらずゆれていないことからCGではないか?
という見解を出していました。

なので、ロナウジーニョとしても
「本当である」と言っています。
これは(部分的には)本当だという意味なんでしょう。

NIKEがはっきりと本当だと答えないのは、
こんなあいまいなことが行われているからなんでしょうね。
    • good
    • 0

一応「真偽は不明」と言われていますが、


ロナウジーニョ本人は「合成ではない」と名言しています。

ただ本当にやっているのであれば、かなりの離れ業なことは間違いないですね。
ポストのバーにボールを当てるだけなら可能でしょうが、
一度もリフティング状態から地面に落とさずに4回も連続でポストに当て、
4回とも全て正確に自分の足元に跳ね返ってくるように蹴るなんて人間業じゃありません。

ゴールポストのバーも円柱ですし、ボールは球体です。
ぶつかる箇所がほんの数ミリずれただけでも、戻ってくる位置が大きくズレます。
風なんかあったら、風を読んだ上で完璧に正確な位置に蹴らなければなりません。
そんな正確なキックを、ボールを地面に置いている状態ならまだしも、
リフティングの状態から4回連続成功なんて正直有り得ません。

もしあれが実際の映像ならば、試合中でも、
毎回ものすごい精度でシュートを打ってくるはずです。
ましてや静止しているボールを蹴れるPKなどは数ミリ単位で正確に打てるはず。

「ロナウジーニョならできるかもしれない」という気持ちもありますが(笑)、
現実的に言って、恐らくあれはCGだろうと思います。
…もしくは現実ならば、本当の「神」「奇跡」ですかねぇ。
    • good
    • 1

ああ あれCGじゃないよ



ロナウジーニョの伝説になっていて

かならずロナウジーニョの特集になると 流されるVTRです

たしか日本のテレビの取材かバラエティ番組で
再現 プレイさせたら なんと1発で 出来ました(ノ゜Δ゜)ノびっくり!!

その時は 一回かしなかったですけどね
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qロナウジーニョ

ロナウジーニョ
こんばんは
ロナウジーニョはWカップブラジル代表に選ばれると思いますか?
みなさんの予想を教えて下さい。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

またまた現れました。おっちゃんです。

ロビーニョ!忘れてました。すっかり。(^ ^;)ゞ
勿論、彼は選出されると思いますよ。
実際、呼ばれ続けてますからね。

マンチェスターCにいたままだったら厳しかったかもしれませんが、(監督と衝突して出場機会が激減した為)W杯の為にサントスへ移籍してからは、本来の実力を発揮していますからね。

彼の武器である「驚異的なスピード」と「ペダラーダ」や「またぎフェイント」を駆使したドリブルは、ともすれば単調になりがちな現代表の攻撃において重要なアクセントになります。

後は時折見せる「独りよがり」なプレーをやり過ぎない事ですね。

Qボールボーイが蹴ったボールがゴールと認められた?

http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=sports&d=20060913&a=20060913-00000044-ism-spo

ブラジルでボールボーイの蹴ったボールがゴールに入ってしまい、それを審判が間違えてゴールを認めたという珍事があったとのことです。

素人の私からすると、これはいわゆる“誤審”というレベルの問題ではないように思うのですが、こんなバカな間違いでも一旦審判が認めてしまうと取り消しのできないものなのでしょうか?
それともその時の審判はその事実に全く気ずかずに、選手や観客が文句を言おうとも取り合わなかったのでしょうか。

ゲームが終わってからでは判定の取り消しは難しいと思いますが、審判がすぐに間違いに気ずけば判定を取り消すことは可能なのでしょうか?

こんないい加減な審判の下では両チームともバカらしく思ってしまうのではないでしょうか。

Aベストアンサー

>バカな間違いでも一旦審判が認めてしまうと取り消しのできないものなのでしょうか?
>審判がすぐに間違いに気ずけば判定を取り消すことは可能なのでしょうか?

サッカーにはビデオ判定の様な制度は無く、ジャッジに対しては審判に全権が有ります。10分20分も前の判定を覆す様な事はさすがに有りませんが、瞬間的に下したジャッジに付いては副審に確認した上で訂正する(覆す)シーンもたまに有ります。

ジャッジに付いては主審(最終決定権者)、副審、第4の審判以外の第三者が介入して覆す事も出来ませんし、終了してしまえば基本的にはそれが覆る事も有りません。(誤審がもとで再試合に発展したケースが有り、断言は出来なくなりましたが原則は覆りません)
出来る事といえば後から処分する位です。今回の記事にも資格停止処分が有りそうな記載がされています。

>その時の審判はその事実に全く気ずかずに、選手や観客が文句を言おうとも取り合わなかったのでしょうか。
恐らくそういう状況だったのではないかと思いますし、それ以外の状況ではゴールを認める事自体が有り得ないと思います。

>いわゆる“誤審”というレベルの問題ではないように思う

私もそう思います。ボールボーイが蹴ったボールなどというのはそもそもオンプレーの出来事では無いし、それに付いて判定する事自体が有り得ません。経過を見ずにゴールインしたボールだけを見てジャッジしたのか謎が多いですが相当な珍事です。

ボールボーイが蹴った二つのボールがゴールに入った為、二得点を認めたという記事では無かった事が救いでしょうか。(実際には救えませんが)
ホームチームに対する裏工作が有ったのか本当に勘違いなのか判りませんが、そのシーンは見てみたいですね。記事を読んだ感想の本音を言えば馬鹿馬鹿しくて笑いしか出ません。

>バカな間違いでも一旦審判が認めてしまうと取り消しのできないものなのでしょうか?
>審判がすぐに間違いに気ずけば判定を取り消すことは可能なのでしょうか?

サッカーにはビデオ判定の様な制度は無く、ジャッジに対しては審判に全権が有ります。10分20分も前の判定を覆す様な事はさすがに有りませんが、瞬間的に下したジャッジに付いては副審に確認した上で訂正する(覆す)シーンもたまに有ります。

ジャッジに付いては主審(最終決定権者)、副審、第4の審判以外の第三者が介入して覆す事も出来ませ...続きを読む

Qロナウジーニョってなんですか?

ロナウジーニョっていう選手のことがよく知りたいのですが、教えてください。

Aベストアンサー

#5さんの補足になりますが
ブラジルには「ロナウド出世魚」パターンというのがありまして。

年少 ロナウジーニョ(ジーニョはちっちゃいの意)
年中 ロナウド
年長 ロナウダン  (ダンは大きいの意)
 
「ロナウド」君が多いので、若手→中堅→ベテランと名詞の変化形で区別しているようです。
94W杯の頃は清水SのDFロナウドが有名で、
駆出しだったFWの現ロナウド(レアル)は「ジーニョ」付きでした。
その後大ブレークして、めでたく本家に昇格。
当質問のMFロナウジーニョは99年に現れた次男坊君です。
(兄弟じゃありませんよ、念のため)

つまり、今後ブラジルで新たな「天才少年ロナウド」が現れたら
その少年がロナウジーニョと呼ばれ、
現ロナウジーニョがロナウドに、現ロナウドがロナウダンに
繰り上がるかもしれません。
(ややこしいですね、書いてて混乱してきました)

ちなみに現ロナウジーニョの本名は
「ロナウド・デ・アシス・モレイラ」
彼の兄(個人代理人)は以前「アシス」という選手名で
コンサドーレ札幌でプレーしていました。

 

#5さんの補足になりますが
ブラジルには「ロナウド出世魚」パターンというのがありまして。

年少 ロナウジーニョ(ジーニョはちっちゃいの意)
年中 ロナウド
年長 ロナウダン  (ダンは大きいの意)
 
「ロナウド」君が多いので、若手→中堅→ベテランと名詞の変化形で区別しているようです。
94W杯の頃は清水SのDFロナウドが有名で、
駆出しだったFWの現ロナウド(レアル)は「ジーニョ」付きでした。
その後大ブレークして、めでたく本家に昇格。
当質問のMFロナウジーニョは99...続きを読む

Q日本代表FW本田圭佑選手のTV出演スケジュール、CM出演予定など、わか

日本代表FW本田圭佑選手のTV出演スケジュール、CM出演予定など、わかりませんか?

Aベストアンサー

本田圭佑選手はテレビの出演オファーをすべて断ったそうですよ。本田選手の気持ちはもう4年後のW杯ブラジル大会優勝に向けられているようですね。ネットでは「地に足のついた素晴らしい選手!」と本田選手のことを絶賛していますね。
http://freediary.sublimeblog.net/article/3730841.html

QロナウジーニョのCMは本当のプレーかCGか?

 ロナウジーニョ出演のCMで、離れたところからボールを蹴り、ゴールポストの上のバーに当て、また足元にボールを戻すことをたしか3回くらい連続で成功させる内容のものがあります。 
 これは以前(ワールド杯開幕直前頃)、NHKのドキュメンタリー番組で取り上げられ知ったCMです。
 この内容については、本当にロナウジーニョ自身のプレーを撮影したものか、CGなのかで話題になっていたそうです。
 ロナウジーニョ自身の言葉で、「想像におまかせする」とあるようなのですが、実際のところどうなのでしょうか。裏情報をご存知の方いましたらぜひ教えてください。ご存知でなくても、サッカーやCGの専門的な見方ができる方は特に、どういった見地からどうお考えになるかぜひご意見をください。
 たしかに答えは分からないままということがいいという考えもあるかもしれませんが。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

確かにあれは(・_・o)ン? (o・_・)ン? (o・_・o)ン?ですね。
知ってるかも知れませんが参考サイトで見れます。
中田の後GO TO NIKEFOOTBALL.COM→右に出てくるメニュー一番したから5番目ぐらいのカバンの画面です。
何度か見ましたがう~ん(-_-;です。
CGかも知れないし、何度か繰り返せばロナウジーニョなら????

参考URL:http://nike.jp/football/siteshell/

Qフットサルボールの蹴りやすさの違いについて

現在2000円程度のフットサルボールを使っていますが、買い換えようと思っています。今のフットサルボールはとても硬くて蹴りにくいのですが、それなりに値段のするボール(adidasのチームガイスト等)はやわらかくて蹴りやすいのでしょうか?
また、オススメのボールがあればぜひ教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こないだ公式試合で初めてアディダスのチームガイストIIを体験しましたが、硬すぎも柔らかすぎもせず、とてもよかったです。値段はネットで見たところ5000円前後ですね。
ボールに関しては値段の差が顕著に出る気がします。4000円近くなってくるとかなり蹴りやすくなってきます。アディダス以外のメーカーではミズノも悪くないと思います。

Qロナウジーニョの不調について

ロナウジーニョの不調の原因を知っている方がいましたら教えてください。まだ年齢的にも若く体力に限界が来たとはどうしても思えません。ロナウジーニョがかつてのプレーを取り戻すことは可能なのでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

彼がパリサンジェルマンからバルセロナへ移籍した理由のひとつに「海」と「ナイトライフ」と言われています。そんなブラジル人の彼は大の遊び人です。

バルセロナでの活躍でリーガ、CLと制覇し、個人タイトルも総ナメをしました。結果、いつも笑顔で愛くるしいキャラとも重なり、サッカー選手としてだけでは無く、「時代の寵児」としても称えられました。

そんな彼を、ビジネスの世界は放っておきません。たくさんのビジネスと関わりを持つ中で、遊び人の彼はどんどんその世界に傾注していきます。彼の周りにはいつも笑顔と酒とオンナ、そしてお金がありました。

クラブのトレーニングはこなすものの、日ごろの不摂生、暴飲・暴食により、体重が増加し始めます。しかし彼は食事制限よりも「ウェイトトレーニング」をし、筋力アップをし始めます、これが致命的な結果を生みます。

どんどん体重は増え、彼の最大の武器であるスピード、キレを失います。バルセロナでの晩年は大好きな左サイドでボールを受けても、自らがペナエリへ切り込むスタイルは喪失し、簡単にクロスを放り込むレベルにまで下がりました。
スタミナの低下は言うに及ばず、ボウフラの様に左サイドや中央で漂い、チームメイトに指示やコーチングばかりする為、彼の存在は煙たがれ始めます。

かつてはテリーをなぎ倒し、ネスタを一瞬の切り替えしで置き去りにし、セルヒオラモスをブッチぎってゴール・・。彼は自分の性格と生活でそれらを棒にふったのです。

彼も30歳近くでしょうか。パスセンス、キックバリエーションを生かすだけならば、十分戦えるはずです。
しかしイマジネーションとスピード、キレの融合したトリッキーなプレーは取り戻す事は二度と無いでしょう。

彼がパリサンジェルマンからバルセロナへ移籍した理由のひとつに「海」と「ナイトライフ」と言われています。そんなブラジル人の彼は大の遊び人です。

バルセロナでの活躍でリーガ、CLと制覇し、個人タイトルも総ナメをしました。結果、いつも笑顔で愛くるしいキャラとも重なり、サッカー選手としてだけでは無く、「時代の寵児」としても称えられました。

そんな彼を、ビジネスの世界は放っておきません。たくさんのビジネスと関わりを持つ中で、遊び人の彼はどんどんその世界に傾注していきます。彼の周...続きを読む

Qロナウジーニョのゴールバーを使ったリフティングは本当か?!

 ペナルティエリアのラインあたりからボールを蹴って、バーにあてて跳ね返ってきたところをトラップし、リフティングをする映像(4回バーに当てる)は本物でしょうか?

 ゴールバーを壁代わりに使い、普通な顔をしてリフティングをするロナウジーニョに度肝を抜かれました。

Aベストアンサー

ナイキのプロモーションで、映像は多分合成されていると思います。パソコン録画していたので見直したのですが、最初のキック後、次の引いた映像のキック後などに若干画像が乱れるような記がします。バックでアップしている選手たちのボール回しに不自然な箇所が無いかチェックしようとしたのが、判明できませんでした。おそらく1度か2度、成功したキックをうまく編集していると思います。

Qロナウジーニョ

サッカーのロナウジーニョ選手がよく使うエラシコという技の由来を教えてください。

Aベストアンサー



参考URL:http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%A8%A5饷%A5%B3

Qボールを蹴ると足の付け根が痛い

最近ロングキックを蹴ると、足の付け根の(蹴った足)外側が痛くなります。蹴った瞬間だけ痛くて、走ったり、ショートパスをする分には全く痛くなりません。
前にもこの症状になったことがあり、そのときはほって置いたら、気がつくと直っていました。
ダフったりしていません。
回答お願いします。
PS・サッカーでおきたことなのでここに質問しましたがカテ違いならご指摘お願いします。

Aベストアンサー

 多分筋力不足だと思いますが、怪我だった場合放置しておくと癖になります。怪我を甘く見ると今後のサッカー人生を左右する事にもなりかねません。一度整形外科にでも行って診て貰う事をお薦めします。

 癖になった怪我がどれ程大変なものかを理解して欲しいので私の経験を書きますが、私は中1の時に膝の靭帯を痛めた結果、体力的に厳しくなる高校では2年間のうち半分以上を怪我で練習する事ができませんでした。癖になった怪我は何度も再発し、終いにはリハビリの意欲すら奪っていきます。そうならない為にも一度でいいので診察を受けてください。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング