ロナウジーニョ出演のCMで、離れたところからボールを蹴り、ゴールポストの上のバーに当て、また足元にボールを戻すことをたしか3回くらい連続で成功させる内容のものがあります。 
 これは以前(ワールド杯開幕直前頃)、NHKのドキュメンタリー番組で取り上げられ知ったCMです。
 この内容については、本当にロナウジーニョ自身のプレーを撮影したものか、CGなのかで話題になっていたそうです。
 ロナウジーニョ自身の言葉で、「想像におまかせする」とあるようなのですが、実際のところどうなのでしょうか。裏情報をご存知の方いましたらぜひ教えてください。ご存知でなくても、サッカーやCGの専門的な見方ができる方は特に、どういった見地からどうお考えになるかぜひご意見をください。
 たしかに答えは分からないままということがいいという考えもあるかもしれませんが。よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

確かにあれは(・_・o)ン? (o・_・)ン? (o・_・o)ン?ですね。


知ってるかも知れませんが参考サイトで見れます。
中田の後GO TO NIKEFOOTBALL.COM→右に出てくるメニュー一番したから5番目ぐらいのカバンの画面です。
何度か見ましたがう~ん(-_-;です。
CGかも知れないし、何度か繰り返せばロナウジーニョなら????

参考URL:http://nike.jp/football/siteshell/
    • good
    • 0

以前にも同じ質問がありましたね・・。



その時にも答えたのですが、ある程度のサッカー経験者ならば、あのプレーは非現実的だと判るでしょうね。
神業も神業で、クロスバーに4回連続当てるだけでも難しいのに全部自分のところに戻ってくるように当てるなんてどう考えても有り得ません(笑)

ロナウジーニョはW杯でもフリーキック蹴りましたけど、ゴールの枠を外しました。あのCMの様な正確なキックが出来るのであれば、枠を外すことなど有り得ません。
試合中のシュートとリラックスした環境のキックは違うとは思いますが、あのCMの様な正確さで蹴れるならばゴールポストとクロスバーの角のやや内側を狙って蹴れば、多少力を抜いても得点出来るでしょう。

「想像におまかせする」というコメントが全てでしょうね。本当にやっているならば、こんなオブラートに包むようなコメントをする必要がありませんので。
    • good
    • 2

#3さんや#5さんと同じ意見です。


私はもともと『ネタ映像』と思っていますので、ことさらに真偽を追求する必要もない、笑って見ていればいいものだと思いますが・・・本当か嘘か?と聞かれたら、やっぱり『嘘だろう』と答えるしかありません。

ちょっと別の方向から言いますと、

あの映像が出たのは結構前ですが、当時ロナウジーニョが『いつもウォーミングアップでやってるよ』と言ったところ、『できるわけないだろ』とマジで非難した選手も何人かいて、ヨーロッパでも話題になったそうです。
そのロナウジーニョは毎週カンプ・ノウで試合をするわけですが、試合前に必ずグラウンドに出てウォームアップをしますよね。チームメイト相手にロングパスを蹴ったり、シュートを打ったり。
本当に『いつもやってること』で、それを他の選手が疑うなら、なんで大観衆の前で実際にやって見せないんでしょう。機会はいくらでもあるはずなのに。
ぶっつけ本番で4回連続は無理でも、せめて一回でも『バーに当てて跳ね返りをトラップ』を披露してみせれば、それで話は済みそうなものですが。

それをしないのは、つまり・・・・・
まあ、そういうことじゃないかと思うのですが(笑)。

もしかしたらロナウジーニョは、あの技を実際にできるよう猛特訓の最中かもしれません。ワールドカップでイマイチ冴えなかったのは、ひたすらアレの練習に没頭していたせいかも・・・。
    • good
    • 2

バーに当てるということと、それを跳ね返らせて元の場所に戻すというのは、完全に次元が違います。

計算してそれをやるのは不可能です。
あのCMではロナウジーニョはかなり力強く蹴ってますね。コントロール重視で弱めに当てにいくと、跳ね返ってくる力がそもそもない為に、信憑性を持たせるためには強く蹴るしかない、と制作者の意向があったんでしょう。結果として、あの体勢であそこまで強く正確なキックが撃てるなら、もうドリブルとかしなくていいよ、というほど不自然なキックになってます。

コントロール抜群の野球のピッチャーは鉄棒相手にキャッチボールできるか。
超一流のバスケットの選手はコート内なら一番遠くから投げても必ずシュートが決まるのか。

常識で考えればわかることです。
それができるなら試合なんてしなくていいです。

サッカーの試合を見ていれば、シュートがバーにあたるということは珍しくありませんが、その後のボールが本人の方向に戻ってくることはまずないでしょう。狙おうが狙うまいが、どういう角度で当たっても、迷わず本人に向かってボールが飛んでくるなんてことはほとんど有り得ません。

「ロナウジーニョならあるいは」というのは気持ちとしてはわかりますが、やっぱりナンセンスです。そういう人はまだしも、本当にあれを信じ切っている人を見ると、コマーシャルというものが如何に視聴者を思考停止させるか、良い見本だと思います。

CG云々に関してはわかりませんので、専門的な回答ができず恐縮ですが、もしCGでないにしても、なんらかのトリックがあるのは間違いないと思います。

CMが放映されている時に、「あれはトリックだよ」とは本人は決して言わないでしょう、スポンサーの意向に反することをロナウジーニョが言うわけはありません。結局、話題になってくれればくれるほど、得をするのはスポンサーのナイキで、本人はそこから巨額な出演料を得ているわけですから。

誰も話題にしなくなった頃に、裏話として、からくりが明らかにされるでしょうね。
    • good
    • 2

こればかりは極秘なので真偽はわからないのですが、


あるテレビで真偽を確かめたところ・・・

画像処理の結果、1回目は本当に当たっている、2回目以降は
ボールが強くゴールポストに当たっているにも
関わらずゆれていないことからCGではないか?
という見解を出していました。

なので、ロナウジーニョとしても
「本当である」と言っています。
これは(部分的には)本当だという意味なんでしょう。

NIKEがはっきりと本当だと答えないのは、
こんなあいまいなことが行われているからなんでしょうね。
    • good
    • 0

一応「真偽は不明」と言われていますが、


ロナウジーニョ本人は「合成ではない」と名言しています。

ただ本当にやっているのであれば、かなりの離れ業なことは間違いないですね。
ポストのバーにボールを当てるだけなら可能でしょうが、
一度もリフティング状態から地面に落とさずに4回も連続でポストに当て、
4回とも全て正確に自分の足元に跳ね返ってくるように蹴るなんて人間業じゃありません。

ゴールポストのバーも円柱ですし、ボールは球体です。
ぶつかる箇所がほんの数ミリずれただけでも、戻ってくる位置が大きくズレます。
風なんかあったら、風を読んだ上で完璧に正確な位置に蹴らなければなりません。
そんな正確なキックを、ボールを地面に置いている状態ならまだしも、
リフティングの状態から4回連続成功なんて正直有り得ません。

もしあれが実際の映像ならば、試合中でも、
毎回ものすごい精度でシュートを打ってくるはずです。
ましてや静止しているボールを蹴れるPKなどは数ミリ単位で正確に打てるはず。

「ロナウジーニョならできるかもしれない」という気持ちもありますが(笑)、
現実的に言って、恐らくあれはCGだろうと思います。
…もしくは現実ならば、本当の「神」「奇跡」ですかねぇ。
    • good
    • 1

ああ あれCGじゃないよ



ロナウジーニョの伝説になっていて

かならずロナウジーニョの特集になると 流されるVTRです

たしか日本のテレビの取材かバラエティ番組で
再現 プレイさせたら なんと1発で 出来ました(ノ゜Δ゜)ノびっくり!!

その時は 一回かしなかったですけどね
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QGKは自身でPA外から持ち込んだボールを手で持てるか?

ルールの質問です。
攻撃側の適当な蹴り込みに対してキーパーがペナルティーエリアの外に出て、ゆっくり対処するケースはよくあると思います。
キーパーがコーナー付近で相手ボールを足で受け、ゆっくりペナルティーエリア内まで自分でドリブルした後で、キーパーはそのボールを手で持っていいでしょうか?

バックパスの禁止規定(競技規則第12条抜粋)
「ゴールキーパーが自分のペナルティーエリア内で、次の4項目の反則を犯した場合、間接フリーキックが相手チームに与えられる。
●味方競技者によって意図的にゴールキーパーにキックされたボールに手で触れる。」

を考えると、ペナルティーエリア外に出たキーパーは、ある意味普通のフィールドプレーヤーなので、規定でいう「味方競技者」ととらえてよければ、手で触った時点で相手に間接FKじゃないかと思います。でも、自分は自分であって「味方競技者」でなないのだからペナルティーエリア内で相手ボールを受けてドリブルして手で持つのと同じだとすれば問題なく手で扱えることになると思います。
どちらでしょうか?

Aベストアンサー

手で持てます。

Qロナウジーニョは何語で話しているのでしょうか

ロナウジーニョはブラジル出身ですが、
スペインでサッカーしてますよね。
ということは、ポルトガル語とスペイン語を話せるんでしょうか。
英語は話せるんでしょうか。
詳しい方教えてください。

Aベストアンサー

バルセロナのチームメイトとはスペイン語で話します。入団会見の時はポルトガル語でしたが、1ヵ月後くらいには普通にスペイン語でインタビューに答えていました。去年のバルセロナの優勝セレモニーでは、挨拶だけカタルーニャ語でした。スペイン語はポルトガル語にとても似ていますので、簡単に覚えられます。

今回のW杯でフランスのメディアから質問を受けた時は流暢なフランス語で話していました。これは彼がフランスのクラブに在籍経験があるため勉強したのでしょう。

もちろんブラジル代表の時や家族に対してはポルトガル語です。英語を話しているのは見たことありませんので、どれくらい話せるかは知りません。

Qサッカーボールの代わりにバスケットボールを代用

まず、最初に本当に申し訳ございません!

サッカーを好きな人、バスケットが好きな人たちには申し訳なくとても不謹慎で良くない事だと思うことですが、バスケットボールでサッカーボールの代用はできますか??
代用といってもリフティングやインパクトの確認といったようなものでゲームをしたりするわけではありません。

現在バスケットボールはあるのですがサッカーボールを最近なくしてしまいました。そこですぐにでも買って練習したいのですが忙しく買いにいけません。
そこである程度代用できるかどうか教えて下さい。

Aベストアンサー

まぁ同じ球形なので出来ないことはないと思いますが、大きくて重いので違和感は否めないと思います。

強く蹴ったりすると、足首などに負担が大きくて故障の原因になるかもしれないので、気をつけてください。

QWCUP公式ボールと同じボールはどこで購入できますか?

今回のドイツWCUP公式ボールと同じボールはどこで購入できますか?

イトーヨーカ堂とかに入っているスポーツコーナーでも買えますか?
それともサッカー専門ショップでしょうか?

東京か横浜近辺で販売している店舗を教えて下さい。

また、値段はいくらぐらいでしょうか?

Aベストアンサー

参考に
http://www.rakuten.co.jp/akaspo/709246/709248/
http://store.yahoo.co.jp/pia/n0165.html
http://psearch.yahoo.co.jp/search?p=2006%E5%B9%B4+%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%97+%E5%85%AC%E5%BC%8F%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%AB&rs=0&tid=top_v2&search_x=1&ei=UTF-8&fr=top_v2&yuragi=off&cop=mss

Qボールボーイが蹴ったボールがゴールと認められた?

http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=sports&d=20060913&a=20060913-00000044-ism-spo

ブラジルでボールボーイの蹴ったボールがゴールに入ってしまい、それを審判が間違えてゴールを認めたという珍事があったとのことです。

素人の私からすると、これはいわゆる“誤審”というレベルの問題ではないように思うのですが、こんなバカな間違いでも一旦審判が認めてしまうと取り消しのできないものなのでしょうか?
それともその時の審判はその事実に全く気ずかずに、選手や観客が文句を言おうとも取り合わなかったのでしょうか。

ゲームが終わってからでは判定の取り消しは難しいと思いますが、審判がすぐに間違いに気ずけば判定を取り消すことは可能なのでしょうか?

こんないい加減な審判の下では両チームともバカらしく思ってしまうのではないでしょうか。

Aベストアンサー

>バカな間違いでも一旦審判が認めてしまうと取り消しのできないものなのでしょうか?
>審判がすぐに間違いに気ずけば判定を取り消すことは可能なのでしょうか?

サッカーにはビデオ判定の様な制度は無く、ジャッジに対しては審判に全権が有ります。10分20分も前の判定を覆す様な事はさすがに有りませんが、瞬間的に下したジャッジに付いては副審に確認した上で訂正する(覆す)シーンもたまに有ります。

ジャッジに付いては主審(最終決定権者)、副審、第4の審判以外の第三者が介入して覆す事も出来ませんし、終了してしまえば基本的にはそれが覆る事も有りません。(誤審がもとで再試合に発展したケースが有り、断言は出来なくなりましたが原則は覆りません)
出来る事といえば後から処分する位です。今回の記事にも資格停止処分が有りそうな記載がされています。

>その時の審判はその事実に全く気ずかずに、選手や観客が文句を言おうとも取り合わなかったのでしょうか。
恐らくそういう状況だったのではないかと思いますし、それ以外の状況ではゴールを認める事自体が有り得ないと思います。

>いわゆる“誤審”というレベルの問題ではないように思う

私もそう思います。ボールボーイが蹴ったボールなどというのはそもそもオンプレーの出来事では無いし、それに付いて判定する事自体が有り得ません。経過を見ずにゴールインしたボールだけを見てジャッジしたのか謎が多いですが相当な珍事です。

ボールボーイが蹴った二つのボールがゴールに入った為、二得点を認めたという記事では無かった事が救いでしょうか。(実際には救えませんが)
ホームチームに対する裏工作が有ったのか本当に勘違いなのか判りませんが、そのシーンは見てみたいですね。記事を読んだ感想の本音を言えば馬鹿馬鹿しくて笑いしか出ません。

>バカな間違いでも一旦審判が認めてしまうと取り消しのできないものなのでしょうか?
>審判がすぐに間違いに気ずけば判定を取り消すことは可能なのでしょうか?

サッカーにはビデオ判定の様な制度は無く、ジャッジに対しては審判に全権が有ります。10分20分も前の判定を覆す様な事はさすがに有りませんが、瞬間的に下したジャッジに付いては副審に確認した上で訂正する(覆す)シーンもたまに有ります。

ジャッジに付いては主審(最終決定権者)、副審、第4の審判以外の第三者が介入して覆す事も出来ませ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報