『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

鬼、妖狐、天狗、等の人ではないキャラクターが出てくる小説はありませんか?
出来ればメイン、若しくはそれに近い立場で出てくると嬉しいです。

上記以外にも、妖怪、というか『人間ではない』キャラクターが出てくる小説があれば教えて頂きたいです。

よろしくお願いしますm(_ _)m

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

荒俣宏の『妖怪大戦争』


畠中恵の『しゃばけ』がぴったりだと思います。
京極夏彦『巷説百物語』も読み応えがあっておもしろいです。
『ロアルドダールの幽霊物語』は背筋がぞっとします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

『妖怪大戦争』→まさに!妖怪のオンパレードのようですね。題名からして凄そうですし(笑)

『しゃばけ』→これまたまさに!うわぁ、面白そうです。ほんわかしてるらしいというのも嬉しいです。

『巷説百物語』→京極さんは・・・姑獲鳥の夏の序盤でとまってます(-_-; あの蘊蓄にうがあっ!となり放り出してそのまんま・・・(笑)でも『巷説百物語』面白そうなので、これを機に読んでみようか、な。

回答ありがとうございました!

お礼日時:2006/07/17 12:54

東雅夫・編のアンソロジー


妖怪文藝〈巻之壱〉 モノノケ大合戦
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4094028374/50 …
妖怪文藝〈巻之弐〉 響き交わす鬼
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4094028382/50 …
妖怪文藝〈巻之参〉魑魅魍魎列島
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4094028390/50 …

「この人がこんな妖怪物語を書いていた!」という発見もありますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ふわぁー、こんなのがあるんですねぇ。すごい・・・。
どこを見ても妖怪、って感じです。

回答ありがとうございました!

お礼日時:2006/07/22 20:43

「封殺鬼シリーズ」(霜島ケイ・小学館キャンバス文庫)がおすすめです。

文字通り二匹の鬼が主人公です。
人に対する憎しみから鬼に変じ、清明に使役されたことから、その後もある一族によって使役され続けてきた二匹の鬼が、現代に於いて活躍する話です。
一匹はとてもシリアスなのですが、もう一匹の鬼が能天気というわけではないのですが、非常に明るく、常にしなやかな感性を持っているのがとても魅力的でした。
文庫版は入手は難しいかもしれませんが、新書版でも一部発刊されています。
最初の巻は「鬼族狩り」というタイトルですが、3巻の「妖面伝説」という巻から読まれてもいいかもしれません。それ以降のストーリーはここを元に進んでいきます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

二匹の鬼が主人公ですか。面白そうですね。キャラクターが魅力的というのも良いですねぇ。
取り敢えずは「鬼族狩り」から読んでみます。

回答ありがとうございました!

お礼日時:2006/07/22 20:42

既に紹介されてますが「妖魔夜行」「百鬼夜翔」はお勧めです。


ご存知かもしれませんが、季刊誌「怪」
http://www.kwai.org/old/book_kwai/main.html

ライトノベルだと
有沢まみず「いぬかみっ!」主人公の犬神である陽子の父親が九尾の狐、他にもいろいろ出てきます。
西野かつみ「かのこん」妖怪の更生学校に通うことになった男の子の話
渡邊裕多郎「ヴァンパイア・ガーディアン」妖怪を守るガーディアンの話
    • good
    • 1
この回答へのお礼

妖魔夜行」「百鬼夜翔」→お二方がお薦めになるという事は、やはり面白いんでしょうね(^^)

「いぬかみっ!」はアニメをちらりと見たことがあったんですが、主人公は犬神だったんですね。他にも色々と妖怪が出るようで、気になります。

回答ありがとうございました!

お礼日時:2006/07/22 20:39

江戸川乱歩「人間豹」には、恩田という豹アタマの登場人物がいたと思います。

グインサーガの表紙に出てくるキャラのような風体ですね。
子どものころ、ポプラ社のシリーズで読んだのですが、結局ナニモノだったのかが分からず、いまだにモヤ~っとしてます(笑)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

豹アタマですか!それは・・・怖いですねぇ。
>結局ナニモノだったのかが分からず、いまだにモヤ~っと
うーん、私も読んだらきっとそうなっちゃうような気がします(笑)

回答ありがとうございました!

お礼日時:2006/07/22 20:38

それでは、新しいところでは、



「コロボックル物語」の佐藤さとるさんが今年の5月に出された、
「本朝奇談《にほんふしぎばなし》 天狗童子」はいかがでしょうか。

ずっと、同人誌で連載されていた「天狗童子」の話を、
この1年かけて中盤以降はほとんど書き下ろし状態だそうです。

私も昨日の晩に購入したばかりで、今楽しく読んでいる最中です。

主人公は、カラス天狗の九郎丸。
笛の名人の与平と九郎丸の二人の笛の吹き合わせのシーンでは
思わず鳥肌がたつぐらいに、いいな…
    • good
    • 0
この回答へのお礼

佐藤さんのお話は小学生のころ何冊か読んだ事があります。だれも知らない小さな国とか、懐かしいなぁ。これを機に読み直してみようかな。
「本朝奇談《にほんふしぎばなし》 天狗童子」→鴉天狗が主人公ですか。それは嬉しいです。

回答ありがとうございました!

お礼日時:2006/07/22 20:38

古いところで今昔物語なんてのはどうでしょうか?


雨月物語も。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

雨月物語は私の好みな感じがします。

回答ありがとうございました!

お礼日時:2006/07/17 14:10

梨木香歩「家守綺譚」


なしきかほ いえもりきたん

河童や小鬼がでてくるふしぎなお話です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

梨木さんの書かれる文章は読みやすくて好きで、何冊か読みましたが「家守綺譚」は未読でした。
面白そうです。是非読ませて頂きます。

回答ありがとうございました!

お礼日時:2006/07/17 12:55

ライトノベルですが


角川スニーカー文庫から出ている
「妖魔夜行」シリーズと、その続編「百鬼夜翔」シリーズがあります。(完結)

人の世でくらす妖怪たちと、彼らにかかわる人間たちの話です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A6%96%E9%AD%94% …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

妖怪が人間の思いから生まれた生命体、ってのが面白いですねぇ。
複数の作家さんが書いてらっしゃるようですし。面白そうです。

回答ありがとうございました!

お礼日時:2006/07/17 12:39

私的には泉鏡花はおすすめです。


妖怪(もののけ?)と人間との対立を幻想的に描いた作品が多く、格調高く美しい文体にうっとりさせられます。
歌舞伎で玉三郎も演じていますが、姫路城の天守にすむ富姫と人間との恋物語『天守物語』や
ほかにも『高野聖』『眉かくしの霊』など…
一度お試しください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>妖怪(もののけ?)と人間との対立を幻想的に描いた作品
とても興味を惹かれます。
先ず『天守物語』から読んでみたいと思います。

回答ありがとうございました!

お礼日時:2006/07/17 12:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q題名の忘れた本の検索サイトを教えてください。

ホームズやルパンの時代背景で双子の兄弟が悪をやつける物語です。小・中学生対象の本です。{暗黒の悪魔}みたいな題名でした。探す方法ってないでしょうか?

Aベストアンサー

下記リンクは、「連想検索」といって
「人間が、ひとつの言葉から無意識のうちにいくつもの関連する単語を思い浮かべるように、検索キーワードから関連性の高い単語を抽出し、それを含む図書をもれなく探し出す検索方法です。」
のサイトです。
お役に立てれば。

参考URL:http://webcatplus.nii.ac.jp/

Q妖怪が出てくる漫画か小説を教えて下さい。

妖怪が出ている漫画か小説で面白いものを知っている方、教えて下さい!!
最近水木しげるさんの妖怪の本を見て、はまってしまいました。
かといってホラーっぽいのは苦手です。。
絵柄も、漫画の鬼太郎はちょっと苦手。
今までに読んだ妖怪が出ている本と言えば、犬夜叉や幽遊白書、ぬ~べ~、シャーマンキングに少年花嫁くらい?後、夢枕莫さんの陰陽師。
陰陽師が出てくるお話も好きなので、妖怪が出てないけど陰陽師は、っていうのも良いのがあったら教えて下さい♪
BLとかでも歓迎です☆

Aベストアンサー

 No22です。お礼のコメント、有難うございます!そうそう、これを忘れていました。幻想小説の泉鏡花。昔の作家さんで、形容詞の鏤め具合がすごいので苦手な方もいますが、お化けとか幽霊と異界がふんだんに出てきます。私は話も好きなのですが、登場する美女が、心も高貴で、なんというか心の有り様がその人をまた孤独にさせる、といった風情で好きです。 

 それと、「半七捕り物帖」などの岡本綺堂が、近世・近代を舞台にした怖い話を書いています。最近、新宿の紀伊国屋書店で妖怪本フェアをやっていたのですが、そこで新しく読みやすい文庫本になったものが紹介されていました。「白髪鬼」「影を踏まれた女」などです。お化けの正体が分からないので、一層の怖さがあります。また、そこのフェアには宮部みゆきさんの「天狗岩」とか「震える唇」だったかな、うろ覚えなのですが、そんな作品も鏡花や綺堂や小野不由美に混じってあり、ちらっと読んでみましたが、おもしろそうでした。
 
 あと、田中耕太郎という人の作品も怖いです。新聞記事のような書き方をするものがあって「本当のこと?」と思ってしまいました。もう絶版だと思いますが「七人岬」という文庫本に色んな短い怪異談が入って面白かったです。特に「山寺の怪」という話が恐ろしいですよ~。国書刊行会などからそれぞれの短編は見られるかと思います。

 ちなみに鏡花作品で読みやすいものでいえば「夜叉ヶ池」「天守物語」などが戯曲で読みやすいです。「雨柳堂夢噺」の波津彬子さんが「鏡花夢幻」という漫画でこの2編+「海神別荘」を描いています。
 個人的には、鏡花の作品では「高野聖」「春昼・春昼後刻」が好きです。「草迷宮」は「稲生物の怪絵巻」でしたっけ、それを取り入れた話です。どちらかというと、妖怪より、神の使いと思われる女性の描写がとても美しくてびっくりしました。 

 また、波津彬子さんのお姉さんで、もう20年以上も前に夭逝された花郁悠紀子(かいゆきこ)さんというマンガ家が、鬼と思われた双子の美しい姉弟の話を描いています。妖怪とは少し違うのですが、とても幻想的な美しい話でした。「幻の花恋」という作品です。

 それと、木原敏江さんが、異形の者、特に美貌の鬼ですが、「夢の碑(いしぶみ)」シリーズで描いています。「水面(みなも)の月の皇子(みこ)」「詠み人知らず」という作品は、妖怪がけっこう出てきます。絵も美しいです。

 それと、外国の妖怪(水木さんのコレクションにある妖怪ではないのですが)とかですが、萩尾望都さんの「集会」という話が、ワルプルギスかハロウィンの夜の話で、魔女などが集う話です。また「温室」という作品は薔薇の精のようなものが出てきますが、こちらは怖いです。

 それと、死霊ですが、曽称(そね)まさこさんの「死霊教室」「幽霊狩り」などがおもしろいです。「死霊教室」は、北欧などに伝わる「真夜中のミサ」の怪談に似ています。「幽霊狩り」はなかよしコミックスの表紙が美しかった~。

 また、あしべゆうほさんの「悪魔の花嫁」も、死霊や妖怪が出てきます。でも人間の殺人事件の話の方が多いかな。

 長くなってすみません~。

 No22です。お礼のコメント、有難うございます!そうそう、これを忘れていました。幻想小説の泉鏡花。昔の作家さんで、形容詞の鏤め具合がすごいので苦手な方もいますが、お化けとか幽霊と異界がふんだんに出てきます。私は話も好きなのですが、登場する美女が、心も高貴で、なんというか心の有り様がその人をまた孤独にさせる、といった風情で好きです。 

 それと、「半七捕り物帖」などの岡本綺堂が、近世・近代を舞台にした怖い話を書いています。最近、新宿の紀伊国屋書店で妖怪本フェアをやっていた...続きを読む

Q狐が主な小説を教えてください。

狐が主な小説を教えてください。
主といっても、主役じゃなくても大丈夫です。
 内容は、感動的でもホラー的でも何でも+お稲荷様や、狐憑きのようなものが関係しているものだと嬉しいです。
 我が侭ですが、できれば狐は比喩的なものでなく、登場人物としてしゃべったりしてるのをお願いします。
 どんな用事とはいえませんが、急いでいます。 お願いします

Aベストアンサー

中国の元代に蒲松齢の書いた短編小説集「聊斎志異」には狐の話がたくさんあります。岩波文庫で翻訳が出ていて全2冊です。
また、江戸時代に根岸鎮衛の書いた「耳嚢」は、随筆集で小説集ではありませんが(著者の創作ではなく、実際に聞いた話ということ)、狐憑きの話がいくつか載っています。岩波文庫で全3冊です。


人気Q&Aランキング