ネットが遅くてイライラしてない!?

バイクのタイヤの溝の深さ、数についてです。車のタイヤは市販のハイグリップといわれるものでも結構溝がありますし深さもあります。しかし、バイクのタイヤはハイグリップになればなるほどすじのような溝しかなく溝の深さも余りないタイヤも出てきます。例えば、パイロットパワーのようなすじがあるだけのタイヤです。そして、車のタイヤは溝がタイヤの横まで貫通していることが多いですがバイクはツーリングタイヤ以外はあまり溝が貫通していません。(溝の貫通とはタイヤの中心から外側に向けての溝の出口があるということです)接地面積の問題かもしれませんがなぜなんでしょうか?

 他にも、一周にわたってのストレートグルーブ、何本ものストレートグルーブというのもあまり見かけません。(グリップのなさそうな昔の純正装着タイヤでは見たことがあります ダンロップのK505のような)
 溝の深さもフロントは特に新品で5mmほどしかないです。対して車は大体8mmくらいあります。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

バイクのハイグリップタイヤと、車のハイグリップタイヤでは、同じ「ハイグリップ指向」であるのは確かですが、想定される使用条件が大きく異なっています。



車の場合、路面コンディションがウェットであろうが、ドライと比較して極端なグリップ力の低下は許されません。
走りの性能を謳い文句にする車であっても、通勤や買い物など、あくまで日常の生活の足として使われる事を想定せずに作られる事は有り得ません。
あくまで、万人向けの、万能性が求められる乗り物です。
また、車の場合は好みでインチアップを図る事で、乗り心地の悪化やランニングコストの低下などと引き換えに更なるハイグリップを得る、という選択肢があります。

それに対してバイクには、車のようにインチアップやタイヤ幅の変更でグリップ力を向上させる方法はありません。
更にバイクという乗り物には、元々車のような万能性は持ち合わせていません。
雨が降ればライダーはカッパを着る必要がありますし、そのカッパを車体の中に収納するスペースすら無いものも多くあります。
そういうバイクという乗り物のハイグリップタイヤというものは、あくまでドライ路面でのグリップ力の高さを求めており、その為にはライダーの側もウェット路面でのグリップ力の低下の犠牲は仕方ない事、と考えています。
溝が多ければドライグリップが低下するのはもちろん、溝のせいでタイヤのコシがなく、グニャグニャなフィーリングになってしまいます。
ハイグリップタイヤを履いたバイクでウェット路面を走る際は、タイヤのグリップ力を当てにした走りはしないものです。
ウェット路面でのグリップを維持したいと考える場合は、ツーリング指向のタイヤを選択すれば良いのです。

しかし、さすがに完全なスリックでのウェット路面走行は危険すぎます。もちろん、車検も通りません。
ウェット路面での最低限の排水性を確保し、なおかつ、最も効率的な溝のパターンを追求していった結果、現在ではあのような溝のパターンになっているのです(各社とも非常に似たパターンになってしまっています)。

バイクのハイグリップタイヤというものは、車で言うレース仕様タイヤにより近い考え方で作られた物、と認識した方が良いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 なるほど、非常にわかりやすい回答をありがとうございます。バイクの方がいろいろと納得の上で乗っているというのは非常にわかります。半年で交換して減りすぎだと文句言いながらもハイグリップに交換したりしますもの。お礼が遅くなりましてすみませんでした。ありがとうございました。

お礼日時:2006/09/05 22:37

バイクのハイグリップタイヤは「本当に公道走れるの?」なんてのがありますね。



バイクのタイヤにはじめてラジアルが出た時にその懸念は当時から指摘されていました。
ラジアル発売当初はバイアスタイヤと同じようなグルーブでしたが4,5年でスリックに申し訳程度の溝を切ったタイヤが発売されました。

バイクその走行特性からタイヤのサイドを使います。
タイヤ全周のグリップを向上させると、おのずとどんなタイヤがいいのか推測できますね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

 グリップを向上させると・・・やはりスリックですよね。やはり懸念は昔からあったのですか。お礼が遅くなりすみません。ありがとうございました。

お礼日時:2006/09/05 22:34

車のタイヤと比較しているので、不思議に思われるのかもしれません。



水の上に浮かんだ「いかだ」と「ボート」を想像してみてください。
いかだは、進むには水を大きくかき分けないとダメです。
ボートは、進むのは抵抗が小さいですよね。

4輪用はトレッド面を広く接地させるので、太いストレートグルーブや左右に排水するための溝が多くあります。

二輪用は、縦長の楕円でしか接地しませんし、それも細いですので、排水に関しては4輪用より有利です。
接地面の中心ほど接地圧が高く、周辺部はボートの船底のように丸くなります。
したがって太いストレート溝はバイクに関しては接地面積を減らすだけでなく、溝によって直進安定性が損なわれてしまいます。(接地圧の一番高いところが接地しなくなるし、ブロックのエッジで強度が落ち、トレッドがゆがむ)

左右への逃げの溝は、二輪用は比較的勝手に左右に排水されやすいので、あまりありません。
公道の濡れた路面ではあまりバンクさせませんしね。


溝の深さですが、タイヤが磨耗したときの接地形状の変化が大きいので、減ったときにすぐ交換するためです。
4輪の場合は多少減っても接地形状は大きく変わりません。
悪くなるのはトレッドの厚みが減るのでタイヤの強度が減ったり、溝が浅くなることでの排水性の低下です。

二輪の場合、たいていは均一に減ることはなく、センターだけとかサイドだけとかが減ります。
そうするとトレッド形状がいびつになり、バンクさせたときのバイクの挙動が悪くなります。
これは操縦安定性に大きく影響しますので、溝をあまり深くできない(→トレッドが減ったらすぐに交換する)
ということなのです。
深い溝は強度を低下させる要因にもなります。

また、重さもあるでしょう。
あまりトレッドを厚くすると重くなるので、二輪の場合はその影響が大きくなります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 お礼が遅くなりましてすみません。非常に説得力のある説明で思わず納得してしまいました。ありがとうございました。

お礼日時:2006/09/05 22:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q車検/タイヤ残り溝について

車検の際、タイヤの残り溝が0.8mm(スリップサイン)まで減ると不合格になると聞いたのですが、

サイドがスリップサインまで減っていてセンターは残り溝たっぷりという場合は、車検には通らないのでしょうか?

(やはり、一箇所でもスリップサインまで減っていたらダメなのでしょうか?)

Aベストアンサー

四輪でユーザー車検を利用している者です。

車検の際には確かにゲージなどでタイヤの溝を測るような作業はありませんでした。しかし、目視確認はされていると思います。この場合、センター(接地しているため目視できない)とサイド(見やすい)を比較した場合、サイドが磨り減っていれば気になる(=車検が通らない)という可能性が大いにあると思われます。

また、ディーラー、販売店に車検を任せる場合、「車検に通らないかもしれない」という名目で何とか金を稼ごうというのは当たり前の行為です。また、一度車検に持っていって、だめだったからもう一度整備しなおして持っていく といった二度手間は絶対にやりません。つまり、ユーザー車検では許容される可能性のあるの残り溝であったとしても、「このタイヤは溝が少なく車検が通らない」と言い切られる可能性が高いと思います。

Qバイクのタイヤはバランスを取らないのは?

今回車(4輪)のタイヤ交換を計画していろいろ調べていたところ、バランス取りの重要性を認識しました。
ところが、よく使っているバイク(250cc、90cc)のタイヤ交換では一度もバランスを取ったこともなく(お店でも)一度も言われたこともありませんでした。
4輪のタイヤよりも2輪の方がバランスの影響を受けそうな気がしますが、なぜでしょうか?
ひょっとしてバイクもバランスを取るべきなのでしょうか?
ご存知の方お願いします。

Aベストアンサー

正確な理由を知っているわけでは無いですが、もともと四輪車のタイヤ/ホイールより全然軽いので、バランスをとらなくても、それほど重心のずれが発生しないからではないでしょうか?

あとは四輪車では四輪全てがいわゆる「片持ち」なのでバランスがとれていないと(車軸の支点を中心に)ブレが発生しますが、二輪車では少なくとも前輪は「片持ち」では無いので、ブレが即直進性に影響しにくいという事もあるかと思います。

そのほかにはバランサー(バランス測定器)の仕様の問題もあるかも知れません。と言うのは、自分は二輪車のホイール用のバランサーと言うものを見たことが無いのですが、四輪車用ではホイール穴(穴数とPCDの組み合わせで数種類ある)で固定出来ますがバイクでは車軸で固定するしかありませんよね?そうすると片持ちとそうでないホイールの固定方法(ネジ径も違う)や、軸を固定してもタイヤと軸はベアリングを介して自由に回転してしまうためホイールのどこかをテスターに固定しないとタイヤを回転させられない(=測定出来ない)などの問題がありそうです。

そのあたりが理由ではないでしょうか?

#あくまでも推測ですが。

正確な理由を知っているわけでは無いですが、もともと四輪車のタイヤ/ホイールより全然軽いので、バランスをとらなくても、それほど重心のずれが発生しないからではないでしょうか?

あとは四輪車では四輪全てがいわゆる「片持ち」なのでバランスがとれていないと(車軸の支点を中心に)ブレが発生しますが、二輪車では少なくとも前輪は「片持ち」では無いので、ブレが即直進性に影響しにくいという事もあるかと思います。

そのほかにはバランサー(バランス測定器)の仕様の問題もあるかも知れません。と...続きを読む

Qラジアルタイヤとバイアスタイヤ実際どれくらい違うの?

ラジアルタイヤの方がいいとよく言いますが
実際どれくらいの違いがあるのかわかりません・・。

構造の違いはサイトなどで勉強できるのですが
実際の乗り心地?や耐久力などの実際的な事がわかりません。

構造的なことは一応理解しているつもりなので実際的なことご教授ください。

バイアスタイヤの方が安いですよね、
あまり変わらないならバイアスタイヤにしようかと
思うのですが

ラジアルとバイアスの違いを教えてください!

もしもモチが2/3位しか持たないとしても、値段も2/3なら別に同じようなきがしますが・・。

モチ以外にも結構違いがあるんでしょうか?

Aベストアンサー

N0、3の回答に補足します。

ラジアルというのはタイアの硬性が高いということは構造的にショックの吸収が少ないということです。
バイクというのは路面からのショックの吸収に非常に神経質な乗り物ですから、バイアスを前提にしている車体には、タイアからの衝撃が緩和されないのはマイナス要素です。これを補うには高性能なサスペンションや、フレームの強化が必要となります。

また、トレッドの剛性が高くサイドウォールの剛性が低いということは、、乗り手へ車体の挙動を伝えるのが今ひとつになります。これを解消するためにラジアルでは扁平タイアになっていますが、そうすると今度は旋回力が落ちます。(バイクは細くて丸いタイヤのほうがよく曲がる)。
 ですからラジアルタイアが前提になっている車体は、わざわざキャスターを立てたりホイールベースをつめ、直進安定のためスイングアームを伸ばして・・・ということをしています。つまり、ラジアル車とバイアス車では、ジオメトリ関係のセッティングが異なるのです。

また、ラジアルは発熱しにくい構造なのでタイヤのウォーミングアップを入念に行わないと本来の性能を発揮できません。その点バイアスはズボラでいいわけです。

 ですから、バイアス指定の車体ではバイアスタイアのほうが扱いやすく、当然お勧めです。
 しかし趣味の世界ですから、ラジアルに興味があるなら、ラジアルでもいいんじゃないかというのが個人的な見解です。

N0、3の回答に補足します。

ラジアルというのはタイアの硬性が高いということは構造的にショックの吸収が少ないということです。
バイクというのは路面からのショックの吸収に非常に神経質な乗り物ですから、バイアスを前提にしている車体には、タイアからの衝撃が緩和されないのはマイナス要素です。これを補うには高性能なサスペンションや、フレームの強化が必要となります。

また、トレッドの剛性が高くサイドウォールの剛性が低いということは、、乗り手へ車体の挙動を伝えるのが今ひとつ...続きを読む

Qバイクタイヤ交換時のバランス取りの必要性について

今日、バイク屋さんにてタイヤ交換をお願いして組みつけていただきました。その際、バランス取りもお願いしたのですがバイクの場合、四輪と違ってバランス調整はあまり必要ないといわれ結局しないまま取り付けられました。これでいいんでしょうかね?、そのお店には、デジタルのバランス測定器も整備されていましたので余計に納得できません。
本当はどうなのか皆さんのアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

高速道路を使用しない,速度はあまり出さないというのであれば、全く必要無い気はします。(バルブマークは合わせておく前提)

他の方も言われてる様に特に何もしなくても大してぶれない物もあれば、フロントがある速度域で振れっぱなし(腕力で押さえ込まないと手が振り飛ばされそうな状態)という物も経験してます。
ある速度域(140くらい)で振れっぱなしになったバイク(RZR350:18インチ)では、180くらいからの急減速中に毎回大きく暴れだしてそのまま高速コーナー突入とかなり厳しい状況で走ってた事があります。
タイヤ交換した店に「バランス極端におかしい!きちんと合わせて欲しい」とやり直してもらった後(25g付けた)は何ら問題なくなりました。
100程度までの速度ならちょっと揺れてるくらいにしか感じませんでしたが・・・

そのタイヤの後に交換した物は10gを付けてましたが、それが剥がれちゃったにもかかわらず僅かに揺れる程度しか振れなかったりしました。
物(タイヤ)によっては振れが顕著に出たり出なかったりするのだろうと思ってます。
速度出した時に「きゃあ~こわい~」となる様でなければ、別段気にする事ではないと思いますよ。
といいつつも私自身は、過去のイヤな経験から中型以上でハイグリップタイヤ装着の物は必ずバランスとってもらってます。(合わせてる時は近くでさりげなく見てます)

高速道路を使用しない,速度はあまり出さないというのであれば、全く必要無い気はします。(バルブマークは合わせておく前提)

他の方も言われてる様に特に何もしなくても大してぶれない物もあれば、フロントがある速度域で振れっぱなし(腕力で押さえ込まないと手が振り飛ばされそうな状態)という物も経験してます。
ある速度域(140くらい)で振れっぱなしになったバイク(RZR350:18インチ)では、180くらいからの急減速中に毎回大きく暴れだしてそのまま高速コーナー突入とかなり厳しい状況で走ってた...続きを読む

Qバイク車検(音量)について

こんにちは。
バイクを車検に出したんですが、音量で落ちてしまいました。。。(購入店に出してます)

94dbでないといけないところ、95dbとのことでした。

自分なりに調べたところ、音量測定は「最高出力の半分まで回した時に測定する」となっていましたが、合っていますでしょうか?

ちなみにバイクは、ヤマハのVmaxで最高出力は7500rpmです。

友人に聞いたところ、
「最高出力5000rpm以上のバイクは半分(つまり3750rpm)まで回さなくてもいいらしいよ。」

とも聞きました。

車検に通らず、詳しいことも判らず購入店には代金だけ払いバイクを返され、困っています。

どうか車検の規則や規定を教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

http://www.ponkotsu.info/law/index.html

下の図の用にして測定をします、以前は良くラインに行っていましたが滅多に見ることもなかったです。

一度再検に引っかかっているので次回はその項目だけを検査しますがどちらにしてもマフラーを交換するなどして音量を下げるしか方法はないでしょう。

Qキャブレターのオーバーホールの相場は?

以前バイクのエンジンがかからないということで質問させていただきました。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=385457

結局バイク屋で見てもらおうと思って電話で症状を伝えました。
(600cc4気筒エンジン)
キャブのオーバーホールとパッキンの交換で3万円くらいみてほしいと言われました。キャブ内の他の部品も交換すると1万円くらい余分にかかるともいわれました。

さすがに高いなぁと思いましたが修理のためなら仕方ありません。
しかしぼったくられるのも嫌なので、キャブのオーバーホールの相場を教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

工賃と部品代含めれば、それくらいになるでしょうね。

でも、バイク屋さんは、あとでお客さんに「あのとき幾らって言ったじゃないか!」と言われるのが嫌なので、高めに見積もる場合が多いです。
実際はもうちょっと安く上がる可能性もあります。

今はどこのバイク屋さんも仕事がなくてピーピー言っていますから、
そんなぼったくるような商売しているところは少ないですよ。
悪い噂はすぐに広まるからね。

そうそう、工賃を値切るのは止めた方が良いですよ。
メカニックはそれが一番頭に来ます。
自分の腕を安く見られるって事ですから。
最初からお客さんの方で、「予算これくらいなんですけど・・・」
と言ってもらえれば、なんとかやりくりしようって気になるかな。

Q中古大型バイクの走行距離について

中古で大型バイクの購入を考えている者です。
バイクでロングツーリングなどしていれば、割と簡単に1万キロは超えてしまうようですが、
中古で出ている車体の多くは走行距離1万キロ~2万キロ台、1万キロ以内の物も多いように思えます。
これは、それだけ乗らずに手放す人が多いという事でしょうか?
また、大型バイクで走行距離2万キロというのに手を出していいものかどうかも悩んでいます。
2万キロくらいから部品にガタが出だすことも多いらしいですし、10万キロオーバーまで
長く乗っていくつもりならば、低走行のものを選んだ方がいいのでしょうか?
欲しいバイクが現行車種でないため、新品購入というのはなしの方向でよろしくお願いします。

Aベストアンサー

逆に、10万キロ以上乗るつもりだからこそ、走行距離を気にしなくてもいいという考え方もできるのでは?

2万キロでガタが出だすと書かれていますが、仮にその通りだとしても、それはあなたが新車購入していても同じです。
10万キロ乗るなら、そうした部分にも手を入れながら乗るということになります。
2万キロでダメになる部品なら10万キロまで4回換えることになるので、それが0回目か1回目かの違いなだけです。
安い車両を買って、お金をかけて手を入れれて、新車に近い状態にして乗るということもできるのでは?
近年のバイクであればエンジンはそう簡単には壊れないので、消耗部品とベアリング類、チェーンスプロケハブダンパーといった駆動系を変えれば、かなりパリっとします。

低走行車の中古車が多いのは、4万5万という走行距離だとバイクとしては正常でも買う側で控えるので、輸出に回されたり廃車にされてしまうからです。
中古市場に出しても二束三文の値しか付かないのであれば、部品取りにしたほうがまし、ということです。

Qバイクのタイヤは何年で劣化するものなのでしょうか?

この前は皆さんにタイヤメーカーに関する疑問を解決していただきありがとうございました。

今回の質問はタイヤは劣化するものと知っているのですが大体何年ぐらいで劣化してその症状はどのようなものか教えてください。

今GSX-R600についているタイヤはBSのBT-016で09年製造と書いてありました。

中古なのでタイヤの溝もあとすこしなので交換しなければいけないと思っているのですが来月の給料日までは先立つものがないため今このタイヤがどうゆう状態か客観的に意見をください。

BT-016はいいタイヤと聞くのですがもうだめなのか一般道で今日50キロくらい走ってみたのですがぜんぜん温まらず、試しに高速で10キロ走ってみたら少しは温かい感じでした。

前のバイクではTT900を履いていたのですが気温が5度くらいでもちゃんと温まっていただけに心配です。

タイヤ自体はセンターがスリップサインが出掛っており、サイドは溝ありまくりです。

これはBT-016の特性なのかはたまたすでにタイヤが終わっているのかどちらなのでしょうか?

素人のアホな質問ですがどうかよろしくお願いします。

この前は皆さんにタイヤメーカーに関する疑問を解決していただきありがとうございました。

今回の質問はタイヤは劣化するものと知っているのですが大体何年ぐらいで劣化してその症状はどのようなものか教えてください。

今GSX-R600についているタイヤはBSのBT-016で09年製造と書いてありました。

中古なのでタイヤの溝もあとすこしなので交換しなければいけないと思っているのですが来月の給料日までは先立つものがないため今このタイヤがどうゆう状態か客観的に意見をください。

BT-016はいいタイヤと...続きを読む

Aベストアンサー

BT-016は冷えている時のグリップはあまりほめられたものではないそうです。
その特性を改善したのが、BT-016PROだそうです…。
(と、何かで書かれていました…既にでたテストライダーさんのところもそうなっていますよね。)
ですので、「これはBT-016の特性なのか」です。

製造年からの期間にしても、スリップサインが出かかっている状態にしても、近いうち…数ヶ月以内に交換したほうが良いと思います。

わたしも、出来る限り交換はしたくはないと思いいろいろ調べましたが、メーカーの発表でもせいぜい5年だそうです。溝が残っていても。
もちろん、トレッド面の「部分」であっても磨耗してしまったら交換。
(端を使えるとか使わないとかは関係ないです。センター部だけが先に減ってもショルダー部だけが先に減っても…普通にツーリングメインで使っていれば、センター部の摩耗が先なのは仕方ないことで、それゆえ、メーカーではトレッド面毎に特性を変えているんですから…端が使えていないから下手くそ!っていうのは乱暴な私見でしかないと思います。)

私は、2年で交換だと「最近のタイヤは耐久性も上がっている」ので勿体無いと思っています。
たしかに、ゴムは参加して劣化していくので、早いスパンで交換できればそれにこしたことは無いでしょうけれど、前後で安くても4万!ですから…。
それとも、貧乏人はバイクに乗るな!っていうのだろうか…ちゃんと任意保険を対人無制限掛ける事ができていれば、多少は貧乏でタイヤの交換を3年毎にしていても、バイクに乗ってもいいとおもうんだけれどなぁ…。

今日明日でどうこうという事はないでしょうから、自分でタイヤに負担をかけない(グリップに過剰な依存をしない)のであれば、次なりその次なりの給料が出てから交換でもOKだと思います。

BT-016は冷えている時のグリップはあまりほめられたものではないそうです。
その特性を改善したのが、BT-016PROだそうです…。
(と、何かで書かれていました…既にでたテストライダーさんのところもそうなっていますよね。)
ですので、「これはBT-016の特性なのか」です。

製造年からの期間にしても、スリップサインが出かかっている状態にしても、近いうち…数ヶ月以内に交換したほうが良いと思います。

わたしも、出来る限り交換はしたくはないと思いいろいろ調べましたが、メーカーの発表でもせいぜい5年だ...続きを読む

Qタイヤの寿命?

タイヤの寿命のことで、教えてください。
時間経過で劣化するのは、当たり前ですが・・

1 ヒビ割れは、ちょっとでもあれば、全くダメなんでしょうか?

2 例えば、3万キロとか、明確な目安は?

3 チューブタイヤの場合は、チューブ交換さえすれば、外見にヒビがあってもOKですか?

4 チューブレスの場合は、ヒビが見えると、そこから空気が抜けていくのでしょうか?

命が乗っているので、交換するのはヤブサカではないのですが、実際のところはどうなんでしょう?

Aベストアンサー

1、ひび割れは、ゴムの劣化の証拠です。ひび割れはタイヤの構造をあまり知らない方からすれば表面に少し出てきているだけと思いがちです。しかし、実際は見えている以上に内部までひびが進行しています。また、特にひび割れがよく見られるタイヤの横はタイヤの中で一番薄く、たわみが大きい部分です。弱い部分に力はおのずと集中してしまいます。ですので、ひび割れているなと確認できたならなるべく早く交換されることをお勧めします。
 また、タイヤの空気圧が低い場合は更にタイヤのたわみが大きくなり負担がかかります。その状態で高速走行するとタイヤが大きくたわんでその際発生する熱でタイヤが一気に破裂します。スタンディングウェーブ現象によるバーストです。車のタイヤで発生しても重大な事故につながります。バイクでは言うまでもありませんね。

2、明確な目安としては大体2年から3年、2万キロから3万キロです。ゴムはゴムでも輪ゴムとは比較にならないくらい劣化しにくく作られているタイヤですが紫外線や温度変化、時間の経過によってゴムの分子結合が切れてだんだんと弱くなっていきます。

3、これも1と同様にいくらチューブがよくても周りを覆っているタイヤがはじけ飛んでしまえばチューブも破裂し重大な事故につながります。ですので、タイヤも一緒に、できれば空気を入れるところについているバルブも交換しておくといっそう空気漏れなどを防ぐことができます。

4、ひびから空気が抜けていくまでなると相当危険な状態です。そのままで高速走行などをするとそこから一気に空気が漏れてしまいます。また、ひびでなくてもタイヤの中のワイヤー等が外に飛び出している、タイヤが傷ついてえぐれているなどの状態が見受けられたときも危険です。

 最後に、走行中路面と接しているのは唯一タイヤです。前輪後輪合わせても設置面積ははがき一枚分にも及びません。発進、停止、曲がる、支えるなどすべてをまかなっているためタイヤをケチると本当に死に一歩近づきます。タイヤとブレーキだけはお金をかけておきたい消耗品です。

 タイヤの溝は雨の日のためにあります。レースでも雨が降ったらスリックタイヤ(溝無し)からレインタイヤに変えますね。溝が無いタイヤを交換しないのも危険極まりないです。

1、ひび割れは、ゴムの劣化の証拠です。ひび割れはタイヤの構造をあまり知らない方からすれば表面に少し出てきているだけと思いがちです。しかし、実際は見えている以上に内部までひびが進行しています。また、特にひび割れがよく見られるタイヤの横はタイヤの中で一番薄く、たわみが大きい部分です。弱い部分に力はおのずと集中してしまいます。ですので、ひび割れているなと確認できたならなるべく早く交換されることをお勧めします。
 また、タイヤの空気圧が低い場合は更にタイヤのたわみが大きくなり負担...続きを読む

Q原付(ホンダ TODAY)のタイヤの交換時期を教えてください。

最近、原付に乗った友達がスリップ事故でけがしました。僕もいつスリップしてしまいそうかびびっています。

そこで、誰かタイヤの交換時期について教えてくれませんか?僕はホンダのTODAYに乗っています。新車で買いました。現在、3000キロメートル程走ったとこです。

僕はいつタイヤ交換をすべきかどなたか教えてください。

Aベストアンサー

前の方がおっしゃっているように一番目安として見る部分がスリップサインというものでタイヤの溝の中にあるぼこっとしたところです。車ではそれが出てくると残り溝1.6ミリ、バイクでは0.8ミリです。こうなると、車検のあるバイクでは車検に通りません。原付はもちろん車検は無いのでそれは問題ありませんが溝が少なくなってくると雨の日に滑りやすくなってきます。そろそろスリップ際が見えるくらいになったら交換時です。大体後ろのタイヤが早く減ります。溝は排水のためと駆動力を増すために付けられています。逆に晴れの日は溝が無いほうが食いつきはいいです。ですので、レース用のドライタイヤは溝がありません。

 溝以上に注意しないといけないのが、ひび割れです。タイヤの横はタイヤの中で一番薄い部分でここにひびが入ってくると強度が低下し早い速度で走っているとバーストしたりする可能性があります。また、ひびが入るということはゴムが劣化して硬くなっているということのサインですので路面に食いつきにくくなり滑りやすくなります。ですので、こういった症状が出てきたときにはタイヤを交換されてください。

 タイヤを見るときもう一つ空気圧も見てあげてください。空気圧が低いとタイヤがよじれ消耗も早くなりますし燃費も悪くなります。ですが、雪の日などは逆に少し空気圧を落としたほうが食いつきがよくなります。空気圧が逆に高いと乗り心地がごつごつしタイヤの真ん中がより磨耗しやすくなります。メーカーの指示通りでいいです。空気圧の調整はタイヤが冷えているときにやるのが原則です。

 以上、いろいろと書きましたが交換時期は残り溝が少なくなったとき、ひび割れがひどくなったとき、長期間付けていてゴムが硬化してきたときなどです。新車を買われたとのことですので2万キロくらいまでは持つのではないでしょうか?わたしは、バイクはタイヤが命、自分の命を預けていると考えているので結構早めに交換しています、

前の方がおっしゃっているように一番目安として見る部分がスリップサインというものでタイヤの溝の中にあるぼこっとしたところです。車ではそれが出てくると残り溝1.6ミリ、バイクでは0.8ミリです。こうなると、車検のあるバイクでは車検に通りません。原付はもちろん車検は無いのでそれは問題ありませんが溝が少なくなってくると雨の日に滑りやすくなってきます。そろそろスリップ際が見えるくらいになったら交換時です。大体後ろのタイヤが早く減ります。溝は排水のためと駆動力を増すために付けられてい...続きを読む


人気Q&Aランキング