築6年半、外壁の塗り替え時期になりました。家を建てた工務店さんから
積もりが届いたのですが、それとは別に、あるペイント会社からモニター
工事のお話がありました。特殊強化防水加工、スーパーポリマー工法なる
特別な下地を塗るため20年は耐久性があるとの事です。施工前と後の
写真と、営業でお客様に外側を見せるといった条件はあるもの、見積もり
価格は160万といったもので、工務店の見積もりとは60万の差額でした。
工務店さんは、5年に一度の塗装は必要とのお話なのですが、ペイント会社
さんは10年は無料で保証してくれるとの事でした。かりに20年もたなく
ても保証の10年間を考えれば40万の得になる計算です。
でも、モニター~は気をつけたほうが・・・なんて回答が多いので、
ちょっと不安です。本当に20年も持つ外壁塗装ってあるのですか?
ちなみに、この会社は全国に支店があり、この地域では先月支店を
展開させたばかりです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

インチキです。


だまされないように、10年経つ前にその会社はつぶれていますし、20年保つ塗料はありません。
    • good
    • 0

今のところ一番長持ちするのはフッ素塗料です。


コストパフォーマンスを考えるとアステックというピュアアクリルの長持ちする塗料があります。
    • good
    • 0

私は同じような話で実際工事をしました。


自社で施工ではなく下請けでした。
連絡がスムーズでなく苦労しました。
1年で不具合が見つかり連絡を取ったら担当者が変わっていました。
20年持ちます。メンテナンスします。と言ってたのにこんなに早く不具合が...20年持つの?20年メンテナンスしてくれるの?と言ったら、替わった担当は保証は10年です。それ以上のことを言われても...と同じ会社かどうかわかりませんがご参考まで。
    • good
    • 1

某ペイント会社に勤めたことがあります。

工務店さんに頼む事をおすすめします。営業を活発にしているペイント会社は、いくつかの塗装業者と契約していて、その営業をしているような立場です。見積もりの半分は営業料で実際に塗装業者に渡るのは、半分と考えてよいと思います。工務店も同じ立場の場合がありますが、60万の差額は営業料の差と思ってよいと思います。ただし、すべてのペイント会社がそうであるとは、言いませんが。怒られちゃいますので。
 工務店の言う5年に一度の100万円は、塗料の種類や坪数によりますが、無難な額です。とくに現状の外壁がリシン吹き付けでしたら5年がベストです。また、20年の耐久性があっても、汚くなってくる事もあります。7~8年に一度、色を変えて、きれいになる方が良いと思います。
    • good
    • 0

我が家で、先日、築後13年で初めて外壁と屋根の塗装をしました。


某、ペイント会社の直系の会社に依頼しましたが、建坪33坪で、外壁と屋根で15年耐久性のある塗料を使い、3回塗りで総額100万円でした。
会社の話では、周囲の環境によって差がありますが15年は大丈夫との話ですが、保証書は10年間です。
工事に当たった塗装店の話では、10年間各での塗装が望ましいと云っていましたので、元請けの会社に聞くと、周囲の環境に左右されので、一概には云えないが15年は自信があるとの回答でした。

どの様な塗料でも、20年はキツいようです。

モニター商法の業者も良くありますが、その会社のことかどうかは判りませんが、説明して塗料と実際に使う塗料が番うとか、3回塗りを2回で済ます、塗装前の汚れ落としの作業がずさんなどの話も聞きます。

参考にしてください。
    • good
    • 0

その工務店の価格も少し高めでは・・・?と思いました。


塗装工事は普通平方あたり3000~です、後コーキングの費用が少しと足場工事に諸経費を入れても80万前後くらいではないかと思います。
外壁に塗料を掛けた後もう一度~二度UVカット塗料を上塗りして貰えれば、10年位は持つのではないでしょうか。
    • good
    • 0

その種の耐用年数の表示に関しては難しい問題がります。


というのは家屋は、設置状況により(向き、高さ、湿気等)耐用年数が変わってくるからです。
また耐久性に関しての基準もあいまいで、どこまでを耐久していると判断するかは個人の基準によるしかないからです。
ですので、有る意味どんな塗装でも20年耐久性があると言っても必ずしも間違いとはいいきれません。
ですので20年後にその塗装を見た場合でも、耐久性があると判断する人とないと判断する人が可能性があります。
ですので、一番良いのは現在20年経った塗装工事を見ること(なければ10年5年経ったものを)ではないでしょうか?

ただ住宅はどんなにお金をかけて改装するよりも、こまめに改装するほうが寿命が延びるのは事実です。
    • good
    • 0

調べ方だけ。



該当会社名はご存知のようですから.以下のサイトに接続して.特許または実用新案の所在を調べてみてください。
http://www.ipdl.jpo.go.jp/homepg.ipdl

もし.記載されてなければ.多分うそでしょう。

なお.特許明細書の場合には.うそを書いても特許としては成立します。したがって.特許が存在するからといってその内容が正しいとは限りません。現在研究している内容が成功したことを予想して明細書を書いて提出する人が結構いますから。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q窓交換と外壁サイディング、どっちを優先すべきか。

我が家は築31年の木造住宅です。
外壁のサイディング(既存の外壁に金属サイディングでの重ね張り)を検討していて、地元の工務店さん二か所に来ていただいたところ。

二か所とも、外壁は塗装でも十分とのこと。
リフォームに優先順位をつけてはどうか・・・
サイディングは最後でもいいのではないかとの助言をいただきました。
そこで勧められたのが窓交換です。

外壁のサイディングをすることによって断熱効果がかなりアップするという業者もありました。(リフォーム業者)
工務店さん曰く、窓交換をすると外との気温差がなくなり、将来歳をとったとき、ヒートショックなども起こりにくくなるし結露もなくなるとのこと。

窓交換を優先すべきでしょうか。
ただ、費用を考えると家全体は無理で、頑張っても一階(の半分くらい)しかできないと思うのですが。
それでも①外壁サイディングをする費用と②外壁塗装と一階の窓交換をする費用は同じくらいか、もしくは②の方が安いみたいです。

詳しい方、実際窓交換をした方のご意見をよろしくお願いします。

Aベストアンサー

冬、暖房しているときに外へ出ていく熱の割合を場所別にまとめたもので、次のような調査結果があります(※)。

●開口部(窓) 48%
●外壁     19%
●換気     17%
●床      10%
●屋根      6%

圧倒的に開口部(窓)の影響が大きいことが分かります。
外壁のサイディングも魅力的ではありますが、効果の面、費用の面で優先順位をつけていくのであれば、やはり
「窓」になるのではないでしょうか。
ちなみに夏の熱気の出入りについてはさらに顕著で開口部(窓)が71%にも及ぶとのことです。

※出典:「21世紀の住宅には、開口部の断熱を…!」
(一社)日本建材・住宅設備産業協会が平成4年制定の省エネ基準「新基準」で建てたモデルの場合として調査

Q外壁塗装工事のモニター価格

塗料メーカーから外壁塗装の営業が来て、建坪15坪、延床30坪で
見積りは(延床X下塗塗料+延床X上塗塗料)X乗数で算出しています。
家の外観は凄くシンプルで庇などは無く、養生は窓などだけです。
乗数は1.35程度なのですが、見積り方法としては正しいのでしょうか?

下地材、上塗材共にデ○ポン社との共同開発品で良いものだと言うことなのですが、通常価格133万を80万の見積書を出しています。

近隣地区での営業時に私の家をお客に見せると言うモニターなのですが、モニターとしては高すぎると思うのですが?

Aベストアンサー

まず一般的な話しですが、こうしたモニターと称する営業活動はざらにあります。何か相手(顧客)に得した気持ちにさせることが売り込みのポイントです。さて今回のお話しですが、まず提示された価格が適切であるかどうかを判断する材料がありません。なぜならば工事金額にはおおざっぱに言って、
1. 塗料自体の材料費と施工費
2. 塗装を行うのに必要な仮設費(足場、養生シート等)
3. 会社自体の経費及び利益
これらの総合を工事価格とします。同じ仕様で他から見積りをとってみてはいかがでしょうか?但し、これとてあてにはできません。あくまでも参考としてです。残念ながらいくら価格が安くても、適切な量の塗料を正しく施工しなければ、全く意味がないからです。ほとんどの場合、値段について厳しく吟味しますが、施工をどのように行っているかはノーチェックです。施工業者も慈善事業をしている訳ではありませんから損はしたくありません。従って値段を下げさせればその範囲で利益が出るようにしか工事をしません。一番簡単な方法は施工完了後に何年間の保証をつけるかでしょうね。有名な塗料メーカーならば10年は保証をつけるかも知れません。通常の塗装ならば3年~10年保証とバラバラではありますが。もっともいくら10年間の性能保証をつけたとしても、その会社が倒産してしまって連絡がつかなくなる場合も有りますが。

まず一般的な話しですが、こうしたモニターと称する営業活動はざらにあります。何か相手(顧客)に得した気持ちにさせることが売り込みのポイントです。さて今回のお話しですが、まず提示された価格が適切であるかどうかを判断する材料がありません。なぜならば工事金額にはおおざっぱに言って、
1. 塗料自体の材料費と施工費
2. 塗装を行うのに必要な仮設費(足場、養生シート等)
3. 会社自体の経費及び利益
これらの総合を工事価格とします。同じ仕様で他から見積りをとってみてはいかがでしょうか?但...続きを読む

QALC外壁と16mmサイディングのメリット・デメリット

新築の外壁で悩んでいます。

HMと契約は済んでいるんですが、契約前の詳細見積もり時のときに、予算をオーバーしていたので、HMとどこを削るか相談したところ
ALC外壁を16mmサイディングにすれば60万円くらい下がるとのことで結局それに変更しました。

ただALC外壁を今調べてみると、コンクリートみたいなものを吹きかけるので、サイディングより、防音、耐火、その他でかなり有利ということを知りました。

やはり新築するなら、60万円をケチるよりも、ALCに変更した方が長い目で有利なんでしょうか?


それとALCとサイディングのメリット・デメリットも合わせて教えてもらえないでしょうか?

Aベストアンサー

耐火性     ALC>サイデ        
耐震性     ALC>サイデ
気密性     ALC>サイデ
防音性     ALC>サイデ
価格      サイディングが安価
メンテナンス性 ほぼ同等
       (塗装等のリフォームが10年周期)
断熱性     ALC<サイデ
熱橋・熱損失  ALC<サイデ
雨漏      ALC<サイデ
融通性     サイディングのほうがリフォームしやすい。

施工方法でクリアーできる部分も多く、一概には言えませんが、ALC工法は私もお勧めできないですね。

Q築10年で外壁塗装は必要ですか?

そろそろ築10年になる我が家を外壁塗装しませんかとホームメーカから営業がきました。
親戚知人もだいたい皆築10年くらいで塗り直ししており、
やらないと雨漏りの心配がとか言ってそれが常識のように言います。
でもですよ、私としてはたった10年でもう100万もかけて塗装
しないと雨漏りするほど陳腐なものを何千万もで売っているのかと
腹が立っています。

ホントのところを知っている方アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

10年かどうかは使用している塗料で違いますので、自分のところに使っている塗料の種類から判断します。
・アクリル系(6年~7年)
・ウレタン系(8年~10年)
・シリコン系(12年~15年)
・フッソ系(15年~20年)
値段もそれなりに違い、フッ素系はウレタン系の2倍ほどします。
この耐用年数を超えると知人が言われるように耐水性が落ちてきますので、雨などが浸み込み内壁や内装までも腐食しますので、100万円どころでは済まない大変なことになります。
外壁を指でこすった時に粉が付くようなら耐用年数に来ているとゆうサインです。

私も10~12年で塗り替えをしていますが、やはり100万円かかります。
ポストに投げ込み広告で、75万円でやるとか、70万円でやるといったチラシが入ることがあり、近所の人がそれでやりましたが、3年で粉が吹き始めました。
やはり高くても信頼できる業者に頼みましょう。
ちなみに我が家は積水純正で頼んでいます。

Q【住宅・外壁】建築基準法では外壁は15mm厚以上と決められているそうですが、なぜサイディングは14m

【住宅・外壁】建築基準法では外壁は15mm厚以上と決められているそうですが、なぜサイディングは14mm厚のものがあるのでしょうか?

14mm厚サイディングは建築基準法違反なのでは?

Aベストアンサー

質問者:ナナミさんの
>建築基準法では外壁は15mm厚以上と決められているそうですが
此方の根拠がありましたら明示された方が回答もつき易いかと思います


因みに私はその様な条文を目にした事が無いのでこの機会に御教示頂ければ幸いです

Q新築工事の見積もり  外壁について

家を建てることになり」やっと見積もりがでたのですが、1つわからないのです。外壁材はクボタでということで、私もパンフレットをとりよせました。業者の見積もりは1m2 \6200でパンフレットには\2670となっています。
この差はなにですか?品番も確認しました。手間賃でしょうか?

Aベストアンサー

手間賃の他水きり金物、目地金物、濃ーキング等、又角役物では?
少し高い気はしますが・・・・
判らないことは徹底的に聞きましょう
説明できない業者は辞めるべきです

Qサイディング外壁塗り替えについて

築9年、サイディングの外壁塗り替えの見積りをとりました。外壁にSK化研の弾性セラタイトフッ素、カラーベスト屋根にセラタイトフッ素で20年保障、外壁弾性セラタイトシリコン、屋根セラタイトシリコンなら15年保障だそうです。しかし、サイディングにセラタイトの弾性の塗料は、適しているのでしょうか?又、屋根は高圧洗浄するが、チョーキングが激しくコーキングが劣化していて水がしみ込むので、外壁は洗浄しないと言われました。このような施工で問題ないのでしょうか?

Aベストアンサー

フッ素は最高級塗料です。
予算に余裕があるならお勧めしますが、
現状は、普通の家の場合0.数%~数%程度の契約率です
要は、外壁が持ってもコーキング、木部鉄部が15年や
20年持つわけが無く、メンテナンスサイクルが早いから
です。その部分だけ頼んでいくと割高にもなります。
コーキングが悪くなり直す場合その周辺の塗装も変になります。
セラタイトフッ素、シリコンは、外壁用塗料であって
屋根用ではありません。塗れない事はありませんが塗装屋の自己責任ですね。
やっているのは、何百も見ていますが聞いた事ありません
^^;
顔を洗わず、化粧するようなもんです。どうなるかは分かりますね。
車をワックスするのに、貴殿は洗わずワックスかけますか?
必然とおかしいと思います。確かにコーキングが悪くて
ダメな場合、コーキングをしっかり補修した後洗浄すればいいだけの話しです。
顔に傷があれば、治療してから化粧すればいいんです。
それと同じです。
そんなことが分からず、洗浄しないとは・・・
ただ単に、工期などの面から言っているにすぎません。
サイディングはコーキング部分は重要な場所です。
しっかりコーキング補修してもらいましょう。
20年保障ってその会社が20年先もやっている場合ですね。
試験より計算上その程度の耐久年数ですが、場所、下地に
より全て異なります。幹線道路あり、林、現状の下地の程度など説明して納得してもらいます。

フッ素は最高級塗料です。
予算に余裕があるならお勧めしますが、
現状は、普通の家の場合0.数%~数%程度の契約率です
要は、外壁が持ってもコーキング、木部鉄部が15年や
20年持つわけが無く、メンテナンスサイクルが早いから
です。その部分だけ頼んでいくと割高にもなります。
コーキングが悪くなり直す場合その周辺の塗装も変になります。
セラタイトフッ素、シリコンは、外壁用塗料であって
屋根用ではありません。塗れない事はありませんが塗装屋の自己責任ですね。
やっているのは、何百...続きを読む

Qアパートの外壁塗装工事について

現在住んでいるアパートが外壁塗装工事をすることになりました。
私は喘息の持病を持っており、この工事を施工されることにより病気が悪化したりすることが不安です。
借り主は、工事を中止してもらう、または健康被害を受けた場合の補償を求めたりする権利はあるのでしょうか?
この場合の大家さんの権利・借り主の権利などについて教えてください。

※工事の期間は2~3週間、その間洗濯物は干せない状況になるそうです。

大家さんから委託を受けた会社に事情を話したところ、健康に被害のないといわれている塗料に変更して工事を進める旨の連絡があったので、私としては無理に中止をさせたいというわけではないのですが、委託を受けた会社の対応が、「文句をいうから塗料を変更して、話もしてやってるんだ」という感じで話をされ「工事は一方的に進めることも出来たのですか?」と尋ねると、「そうすることも出来たんだ」と返されました。そんなに権利がないものなのかな?と疑問に思ったので質問させて頂きました。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

法律的なことはよくわからないのですが、保障うんぬんは難しいのではないでしょうか。

塗料のどの成分が喘息にどの程度影響を与えるのかわかりませんが、近年は通常壁の塗り替えは水系塗料がメインなので、一般の方でしたら部屋の中で神経質になるほどの臭いはしません。ただ水系塗料でも結合材にアンモニア成分が含まれていますので、つんとする臭いがあり無臭ではありません。
鉄部や木部等は溶剤系(シンナー系)で塗ることになりますが、直接室内に影響を受けるのは玄関の扉を塗る時等でしょうか。

病院等の施設でしたら、すべてエコ塗料仕様もありますが一般住宅レベルではそこまでの仕様は考えないでしょうしそのために塗装をやめてくださいと言うのも
厳しい話ではないでしょうか。

Q外壁はトタン?塗装?サイディング?

外壁について教えて下さい。
よくある和風な外壁にしたいです。
山吹色とかの塗装してある外壁ですが・・・。
あれは、先にサイディングなどを張ってから塗装するのですか?

Aベストアンサー

ジョリパットが一般的です。価格も安価です。
塗り方によってコテ目を出したり、フラットに仕上げたりします。
http://www.aica.co.jp/01items/jolypate/directory_design.php
業者さんに話せば、知らない人はいません。

下地は建築の工法によるので(木造、鉄骨造、ALCなど)何とも言えませんが、今どき外壁にトタンは使いません。
サイディングとはANo.1さんのおっしゃるとおり、簡単に言うとはめ板張りのことで塗装の壁とはまったく別物です。

Q外壁塗装・タイルの耐久性について

昭和63年築の一戸建て(中古購入・モルタル塗装)に住んでいます。
築後、一度も外壁塗装の塗り替えをしていないためか、連日のように、外壁塗装の各社セールスマンがやってきて、塗装を勧められます。
たしかに、彼らが指摘するように、外壁下地の木質系パネルの継ぎ目らしき部分に沿って、縦にごくごく浅いひびが入っていたり、壁とひさしの取り付け部分の水きり板といわれるところのクギがゆるんだりしています。
しかし、塗装面には、コケやカビも生えておらず、手で触ってもチョークングといわれる劣化は、見られません。雨後に、シミになっていることもありません。
一般に塗装の耐久性は、長くて10年ときいたことがあるのですが、このまま、塗りなおしをしないでいても、家に致命的な傷みがおこらなければ、あと何年くらい放置しておいてもいいものでしょうか?(美観面は、気にしません。)
また、ちょうど、この家を建てたハウスメーカーのキャンペーンで、NAD型特殊ポリウレタン塗装というのが、かなり安くなっているのですが、耐久性は、何年くらいのものなのでしょうか?
あと、メンテナンスフリーの親水製タイルがあると知ったのですが、既存の外壁に取り付け可能なのでしょうか?傷んだ外壁の上に、新たに貼り付けるのはよくないと、聞いたこともあるのですが...。壁が重くなって、強度的には、問題ないのでしょうか?費用面も、わかれば教えていただきたいです。
長くなりましたが、以上、ご教示くださるよう、よろしくお願い致します。

昭和63年築の一戸建て(中古購入・モルタル塗装)に住んでいます。
築後、一度も外壁塗装の塗り替えをしていないためか、連日のように、外壁塗装の各社セールスマンがやってきて、塗装を勧められます。
たしかに、彼らが指摘するように、外壁下地の木質系パネルの継ぎ目らしき部分に沿って、縦にごくごく浅いひびが入っていたり、壁とひさしの取り付け部分の水きり板といわれるところのクギがゆるんだりしています。
しかし、塗装面には、コケやカビも生えておらず、手で触ってもチョークングといわれる劣化は...続きを読む

Aベストアンサー

モルタルの外壁ということですから、モルタルに異常が無い限り、美観を気にしないのであれば塗装は必要が無いと考えます。
しかし質問文では多少痛みがあるようですね。
築13年目ですから無理もありません。

今後10年20年と末永くお住まいになるのであれば、質問の文中にあるひび割れや、釘の緩みを放置してはなりません。痛みは軽微なうちに直すのが経済的ですし、放置すると加速度的に進行する場合が多いのです。

美観を気にしないのなら、痛んだところだけの手当てをすれば非常に安上がりですね。

塗装の耐久性は一般的に、アクリル系で5~7年、ウレタン系で8~10年、シリコン系で12~15年程度です。
因みに、NADとは石油ベースの溶剤の塗料で、現在では建築系塗料としては常識的なものです。環境面から、トルエンやアセトンなどの有害な有機溶剤より安全な物として開発されたものですが、最近では水性塗料の性能が良くなり、そちらの方が多くなりつつあるようです。

タイルは下地が重要ですね。タイルそのものは塗装の必要も無いし、質問文にあるように親水性であれば汚れもつきずらくて手入れもほとんど必要ないでしょう。
最近はスリムタイプといって、薄く軽量にした物も出ていて建物への負担が少ない物もあります。
しかし、phageの家がどのような構造なのかわかりませんので、タイルを貼れるかどうかはわかりかねます。

タイル貼りのトラブルの多くは、下地と貼り方に起因する場合が多いようです。
タイルは傷みませんが、下地、つまり壁のつくりや材料によってそれが痛んだり変形したりすることによってタイルが剥がれたり、ひび割れたりすることが多いようです。
また、タイルを貼る際の工法によっても剥がれやすかったりもします。
現在のモルタルの上にタイルを張ることは通常無理かと思います。構造強度の確認をして、必要であれば壁下地の組み替えなどによる重量への対策が必要なことも考えられます。それが必要ではないとしても、現状のモルタルをタイル下地としてそのまま使うことは、剥がれる原因になるかと思います。

タイル貼りの費用は、塗装の5倍から7倍程度かかりますね。塗装が80万円であればタイルは500万円くらいの見当でしょうか。

文章から読み取れる限りでは、痛みといっても緊急に直さなければならないほどの物ではないようですから、セールスマンに惑わされず、よく検討され、適切なご判断をしてください。

モルタルの外壁ということですから、モルタルに異常が無い限り、美観を気にしないのであれば塗装は必要が無いと考えます。
しかし質問文では多少痛みがあるようですね。
築13年目ですから無理もありません。

今後10年20年と末永くお住まいになるのであれば、質問の文中にあるひび割れや、釘の緩みを放置してはなりません。痛みは軽微なうちに直すのが経済的ですし、放置すると加速度的に進行する場合が多いのです。

美観を気にしないのなら、痛んだところだけの手当てをすれば非常に安上がりですね。

...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング