こんにちは。中和滴定の実験で、気になったことが2つほどあるのですが・・・

1つ目は、ホールピペットとビュレットは使用する液で洗ってから使い、
メスフラスコや三角フラスコは蒸留水で洗ったまま使うのは、
なぜかということです。

2つ目は、食酢の希釈の時です。メスフラスコに蒸留水を加えて100mlにして、
よく混ぜたあとで液面が下がっていたことです。

実験では、食酢(酢酸)と水酸化ナトリウムを使いました。
多いのですが、ご回答のほどお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

化学実験は初心者ですよね。

きっと。
1つめの質問・・
  ホールピペットとビュレットは何molの濃度のものを
  何ml出したかが
  しっかりわかっていないと実験の意味がなくなりますよね。
  蒸留水で洗ったまま使うと,
  蒸留水の分だけその試液が薄くなってしまいます。
  だけど,メスフラスコは蒸留水でぬれていても
  最後には蒸留水でメスアップするんだったら,
  変わりはないじゃない? 
  三角フラスコは蒸留水でぬれていても
  フラスコ内に入っている試液が何mol量かが,
  わかっていればいればいいのですから。
  
2つ目の質問・・
  食酢つまり酢酸ですが,蒸留水の水分子を強くひきつけて
  【水和】という現象を起こしているんです。
  エタノールと水といった場合でもこの現象は起こります。
  正確にメスアップするには,食酢をいれて水をいれてから
  途中で何度か振り混ぜて水和させてから
  メスアップするとよいかと思います。

細かく説明したつもりですが,わかっていただけましたか?
なにかありましたら,また質問ください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しいご回答ありがとうございました。よく分かりました。1つ1つの動作にちゃんと意味があるんですね。とても参考になりました。

お礼日時:2002/03/09 22:04

no.3の回答に書かれているとおりだと思います。


多少水和しているとしても,体積変化は目立たないでしょうし,
メスフラスコにはいっている食酢に蒸留水を加えている時点で
この現象は起こっているかと思います。
ちなみに
古い化学の教科書(高校)を開いてみると
水48.00mlとエタノール52.00mlを混合すると溶液96.47mlが得られる
と書いてあります。3.53mlの体積が収縮していました。
いまどきの教科書にはどうありますか?開いてみてください。
    • good
    • 0

再びです。



No.3の回答に賛同します。そのとおり◎
こういうパターンがあることをすっかり忘れていました。
ごめんなさいね。

この回答への補足

何度もありがとうございます。気になったのですが、「水和」という現象は起こっていないということでしょうか?

補足日時:2002/03/10 09:55
    • good
    • 0

液体Aと液体Bを1リットルずつ混ぜた体積は一般に2リットル


より小さくなりますが、ご質問のケースは別の理由と思います。

確かに、かなり濃い溶液をメスフラスコ内で希釈する場合など、
メスフラスコの底の方で濃度が均一にならないまま標線まで
希釈してしまうと、振り混ぜて濃度が均一になったときに、
前のご回答のような理由で体積が小さくなることはあり得ます。
希釈で発熱する場合もあり、熱膨張した溶液は冷えるにつれて
徐々に体積が減ります。

そのため、標線に合わせる前に軽く振り混ぜて、溶液の濃度を
均一にしておくことが必要です。しかし、食酢を水で薄めたくらい
なら、これらの体積変化は目立たないでしょう。

メスフラスコの標線に合わせたあと、共栓をして振り混ぜますね。
そのとき、共栓の摺り合わせや、そのすぐ下のくびれの部分に
液が残るため、静置しても液面は標線より少し下になるのです。
この時点で水を追加すると、所定の濃度より薄くなってしまいます
から、標線に合わないまま使用して良いのです。一方、標線に
合わせる前には、共栓の部分に液をつけてはいけないのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しいご回答ありがとうございました。液面は下がっても濃度は変わらないわけだから、そのままで良いんですね。よく分かりました。

お礼日時:2002/03/10 09:54

1つめの質問は


水滴が残っていて濃度の変化が起こる可能性のあるものに関しては「共洗い」ということをおこないます。
でも、全く乾燥しているものであれば無理に「共洗い」する必要性はありません。
2つめの質問は
二つの溶媒のそれぞれの分子間距離が違うからです。
例えば、同じ重さの水であっても温度により、体積が変わってきます。4℃で一番小さくなり、これ以上でもこれ以下でも大きくなります。大雑把に考えて氷と水蒸気を連想していただくと分かりやすいと思います。
話しは戻って、二つの溶媒の分子間距離が違うといっても目にみえるわけではありませんのでピンとこないかもしれませんので、大豆と小豆を想像してください。
同じ一升のこの二つを一緒にするとどうなりますか?
大豆の隙間に小豆がはいりこんでしまって二升より少なくなると思います。これと同じです。
わかったでしょうか?
私は中学校の時「1+1は2にならない」という本をよんで関心しました。もし、図書館にでもあったら参考にして下さい。(化学の本です)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しいご回答ありがとうございました。溶媒の分子間距離について、よく分かりました。「1+1は2にならない」、今度読んでみます。

お礼日時:2002/03/09 22:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QCH3COOHとNaOHの中和滴定について質問です。 NaOHをビュレットからフラスコに入っているC

CH3COOHとNaOHの中和滴定について質問です。
NaOHをビュレットからフラスコに入っているCH3COOHに加えるのですが、そのフラスコを準備する際に、「水」(とフェノールフタレイン溶液)も加えるとと書いてあります。
この水はどんな役割を果たすのか教えていただきたいです。

Aベストアンサー

>CH3COOH
さすがに、水溶液ですよね?
純度の高い酢酸をそのまま中和するなんて危険すぎます。

「危険すぎます」と書きましたが、第1に中和熱の問題です。
中和反応の反応熱による温度上昇を緩和する目的ですね。

あえて、あげるのならば、
第2に生成する塩の問題
水が少ないと、中和反応で生成した塩が析出してくる場合も考えられます。
まあ、こちらが問題になるようでは、第1の問題は大問題になっていますけどね。

Q化学実験 蒸留と未蒸留の違い

化学実験(蒸留について)
実験項の中で「蒸留したものを用いる」と書いてある場合がありますが、蒸留するのとしないのとではどう違うんでしょうか?ただ水が入っているかどうかだけなんでしょうか?また蒸留するしないで、反応性が全く変わってくるものもあるんですか?今やってる実験で原料を蒸留したのとしてないのとでは、得られる結果が違ったので・・・
回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

補足についてですが、その手の蒸留において、生成物の分解が進むのはよくあることです。
沸点が低いのは、分解しながら蒸留されているからで、これもよくあることです。蒸気圧の一部が分解生成物の圧力で補われているのか、はたまた分解生成物のガスの流れに乗って目的物も一緒に出て来るのかもしれません。
反応後の処理でそれを軽減出来る場合もありますが、反応液を直接蒸留しているのであれば関係ないでしょうかね。

また、現実問題として、沸点146度に対して、油浴温度160度というのは少し低いと思います。170度以上は必要だと思います。スケールにもよるでしょうが、沸点+20~30度というのが一つの目安になると個人的には思います。また、副生成物が少ないのであれば、油浴温度を高めに設定したり、あらかじめある程度加熱した状態から始めるなど、短時間で決着を付ける手もあります。
さらに、160度程度の沸点であれば減圧蒸留をするのも良いでしょう。

蒸留容器のサイズや温度計の位置も重要です。大きすぎる容器では損失が多いですし、温度計の位置によっては温度表示がずれることもあります。まあ、これは蛇足になると思いますが。

補足についてですが、その手の蒸留において、生成物の分解が進むのはよくあることです。
沸点が低いのは、分解しながら蒸留されているからで、これもよくあることです。蒸気圧の一部が分解生成物の圧力で補われているのか、はたまた分解生成物のガスの流れに乗って目的物も一緒に出て来るのかもしれません。
反応後の処理でそれを軽減出来る場合もありますが、反応液を直接蒸留しているのであれば関係ないでしょうかね。

また、現実問題として、沸点146度に対して、油浴温度160度というのは少し低いと思いま...続きを読む

Qメスフラスコの使い方

メスフラスコは、ブラシなど使って洗うのを避けたほうがいいのはなぜですか?
あと、メスフラスコで溶解作業をするのもよくないのはなぜですか?

どなたか教えてください・・・;
本当に困ってます!((汗

Aベストアンサー

メスフラスコと言う器具は器具の中でも簡単に取り扱える器具且つ正確に容量を測れる器具として使われています。
そのような器具を毎回使用後にブラシ洗浄すると器具内に傷が付き多少容積が変化しかねます。
正確に測るための器具ですから、このようにブラシ洗浄ばかりしてると1~2mlのずれが生じると器具としての性能がなくなってしまいます。
また溶液操作も同じことが言えます。物質を溶解すると必ず熱を発生します。メスフラスコはガラスですから、高温に溶解した物質を入れているとガラスが解けかねません。人の目では解らないかもしれませんが、1mlずれている可能性も有ります。
ですから、メスフラスコ等の正確に測りとる器具の洗浄はアセトンと水で洗う事です。もし、こびりついたものがあったら超音波洗浄をお勧めします。

Q(i)ビュレット、(ii)ピペット、(iii)コニカルビーカー。

(i)ビュレット、(ii)ピペット、(iii)コニカルビーカー。

それぞれのガラス器具を水洗い直後に、実験で使用するときはどうすればよいのですか?
そのままだと、水洗いの時の水滴がくっついているので、結果に支障が出ます。

「直後」なので、”ガラス器具をふく”という答えではないと思われます。

Aベストアンサー

ビュレットとピペットは定量するための器具ですので、
水滴が付いていると濃度が変わってしまうので、これから使う
溶液を2~3回通します。(共洗い)
コニカルビーカーは滴定の場所を提供しているだけですので、
濃度が変わってもpH変化はほとんだりません。
ですから、純水で洗って濡れたまま使用できます。
また、定量器具ではありませんので熱風で乾燥してもメモリに
悪影響を与えません。(メモリ自体がありません)
ということで、濡れたまま使用でも熱風乾燥でもどちらでも
可能です。
ビュレットやピペットは熱風乾燥は厳禁です。

Qエメリー型蒸留フラスコ

エメリー型蒸留フラスコの枝が何故付け根の部分が上を向いているのか教えて下さい。

Aベストアンサー

エメリー型というのがどのようなものかは知らないのですが、枝の上部で液化した
(もしくは下からはねあがった)ものが壁面を伝わって枝に入り、留出物に混ざって
しまうのを防ぐため、だと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報