『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

例えばバイオリン・チェロなどの擦弦楽器で、音程がちゃんと取れるのはなぜでしょうか? 
・音程がちゃんと取れるようになるには、どのような練習をどれくらいの期間続ければ皆さん出来るようになるんでしょうか?(勿論個人差が大でしょうが)
・弾ける方は、楽譜を見ればすぐその音の位置に指が行くのでしょうか? 人が歌を歌う時、知っているメロディーなら何の苦もなくその音が出ますが、それと同じように音程が取れるのでしょうか? どんな感覚なのでしょう?
・大勢の合奏の場合、、チェロ等だと自分の音が耳に入りにくいのではないかな?と思うのですが、聴こえているんでしょうか? 聴こえにくい場合でも演奏に差し支えはないのでしょうか?

音楽については全くの素人です。変な質問で恐縮です。自分でもどう質問をまとめていいのか戸惑っているところです。
実をいうと、当方63歳の男子。昔の小中学校の音楽の授業以外、音楽経験無し。「六十の手習い」「年寄りの冷や水」で、4年前にモンゴルの民族楽器「馬頭琴」のコンサートを聴いて感激し、すぐ習い始めました。「草原のチェロ」とも言われる2弦の楽器です。内モンゴル出身の先生にグループレッスンで月2回教わっています。
それが、4年もやっておりながら、棹に自分でつけた印を見ながらでないとなかなか弾けないのです。楽譜を見ながらだと音程が取りにくいです。(印は、C調のドレミファソラシドが1オクターブ半つけてあります)
最近やっと楽譜を見ながら(棹の印を見ないで)音を探りながら少しずつ弾けるようになったかなと思う時もあるのですが、グループレッスンで合奏すると自分の音がどれか分からなくなり、結局手元を見てしまう事になりがちです。

今回の質問は、ほんとうに冷や汗ものなのですが、何か光明が見出せればとの思いからです。どうぞよろしくお願い申し上げます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

馬頭琴の演奏で感動されたのがきっかけ、なんて素敵ですね。


大人から始める人にとって「きっかけ」って大事ですよね。ずっと楽しみ
ながら続けるために。
私も30手前でバイオリンを始めました。それまで楽器経験無しです。
いろいろな奏者が歌うように、気持ち良さそうに演奏しているのが羨まし
くて始めました。

♪音程について

4年目ですが、いまだに音痴な状態です。
音階の練習時には、チューナーを使っています。自分の出した音が正しい
音だと緑、ずれていれば赤く光るので、指の位置を補正しています。
正しい音の「響き」を耳でも確認して、なるべく少ない補正でその「響き」
が出せるように指の間隔も確認です。バイオリンは1,2,3,4の指が活躍しま
すが、指の太さも人によって違うため自分の場合の指の間隔を認識してお
くことは大事なんです。
最初に出した音がずれていると思ったらすぐに指を動かして、正しい響き
に近づけるようにしています。なかなか一発で正しい「響き」は出せてい
ません。先生が言うには「たとえ5分、10分でもいいから毎日音を出して練
習することが大事」だそうです。確かに、毎日練習できた時はレッスン時
の音階練習でもあまりズレずに音を出せている気がします。

指位置の印も、つけると頼ってしまうから、本当にずれては困る音だけに
して、それもなるべく早く消せるように耳と指を鍛えるのが良いみたいです。
(発表会などではずしたら目立つゾ、という場合は印をつけてます。)
少しずつですが、音のずれに自分でも気がつけるようになっているなぁ、
と思います。(始めたころは「響き」の違いすら分かっていませんでした
から。)
バイオリンの場合、弦の共鳴があるので、音によっては正しい音だと隣の
弦が共鳴して振るえているのを目で確認できることもあります。

ポジション移動は1~5まで教わりました。1,3,5はある程度目安となる
もの(楽器と手のぶつかる位置など)があるのですが、ない2,4は音程も
不安定になりがちです・・・。


♪合奏の時

バイオリンの場合、構える位置が耳の近くなので、自分の音は確認できます
が、反対の耳から入る周りの人の音に影響はされてしまいます・・・。
周りの音につられて高め・低めになってしまったり、また自分がずれている
な、と気づくこともあります。(それに気づけるのはやはり練習して耳が少
しずつ鍛えられている成果かな?なんて思います。)
馬頭琴の構え方をあまり知らないのですが、自分の耳から遠いところで響く
のでしょうか?自分の出している音を合奏中にも確認できるのが理想的です
よね。ちょっと大きめに音を出してみたり、自宅練習中に「この響きは自分
の楽器の音だよ」と耳に覚えさせたりできるといいですね。

♪楽譜について

楽譜を読むのは苦手です。
基本的には、まず音階を確認して、どの指で押さえるかを楽譜には書き込
んでいます。テキストにポジションと指番号が指定されている場合は、そ
れに従って他の音にも書き込みをしますが、弾き易さなどの理由で先生が
指示を変えたり、また自分の弾き易い方を使うように指示が出ることもあ
ります。弾いているうちに「やっぱりここはポジション移動かな」と変更
してみることもあります。
こういう地道なことを繰り返していれば、初見の楽譜でもある程度は音が
出せるようになるかなぁ、と思って続けていますよ。
簡単な、ゆっくりの曲だと「ファだから2の指。次のラは隣の解放弦でも
いいけど、次にソ(3の指)があるから、ここは4の指で頑張っておこう」
なんてことができることもあり、一人で喜んでいます。

お互いに大人からのスタートですが、ずっと楽しみながら続けていけるよ
うに頑張りましょう♪

この回答への補足

>馬頭琴の構え方をあまり知らないのですが、自分の耳から遠いところで響くのでしょうか?自分の出している音を合奏中にも確認できるのが理想的ですよね。

・三味線に比較的似ている形の楽器です。ボディー(琴箱)は台形で、この琴箱の下部を両ひざで挟んで演奏します。演奏のスタイルはチェロに似ているといえるかもしれません。ただ棹上部(ヘッド)はチェロのように肩につける事はしません。

音源はひざのすぐ上なので耳から遠く、その上、音は前方へ輻射されるので(当たり前ですが)、チェロよりは自分の耳に入りにくいのでは?と想像します。

音量はかなりあります。家で練習するのに、建物の遮音を考えないとご近所からクレームが出る恐れがあるほどです。
先生が弾くと、すごい迫力です。

ただ私の場合、数人で合奏すると自分の音がどれだか分からなくなるのです。
きっとこれはまだ私の修練・経験が足りないせいだとは思うのですが…。

補足日時:2006/08/08 00:17
    • good
    • 1
この回答へのお礼

parazooさん ありがとうございました。

>大人から始める人にとって「きっかけ」って大事ですよね。

・そうなんです。「きっかけ」大事ですね。私の場合、強烈でした。ライブで内モンゴルの民族服の奏者(男性)が弾いた曲のひとつに、私の青春の歌「草原情歌」があったのです。奏者の奥様がモンゴルの美しい衣装で歌も唄ってくれました。すごく心に響くものがあり、自分の前世はモンゴルの草原の遊牧民だったに違いないと思いました。それで早速その演奏家に習う事にしたのです。

余談で失礼しました。
もう20年、いや10年若かったらと思ったりします。
あなたはまだお若いので、うらやましいです。

>音階の練習時には、チューナーを使っています。自分の出した音が正>しい音だと緑、ずれていれば赤く光るので指の位置を補正しています。

・私も練習時には時々チューナーを使って確認するようにしています。合っていると思ってもずれていて冷や汗を書く事が多いです。
ただひとつ救いがあるとすれば、先生には「あなたは耳がいいようだ。音程が割にしっかりしている」といわれた事があります。棹の印を見て弾いているので音が合っていて当たり前だと思うのですが、他の生徒さんより音程で注意される事が少ないので、ひょっとしたら本当かなと、思ったりもします。

>指位置の印も、つけると頼ってしまうから、本当にずれては困る音
>だけして、それもなるべく早く消せるように耳と指を鍛えるのが良い
>みたいです。

・そ、そうします。おっしゃる通りです。

>馬頭琴の構え方をあまり知らないのですが、自分の耳から遠いところで響くのでしょうか?

・回答の文字数制限があるので、この項については補足欄に書きました。ご覧下さい。

>お互いに大人からのスタートですが、ずっと楽しみながら続けていけるように頑張りましょう♪

・そうです。、楽しみながら長く続ける。それが大事ですよね。これから何年できるか判りませんが、可能な限り続けて行きたいと思っています。

じつは仲間4~6人で、小学校の2年生対象にモンゴルの音楽と文化を紹介する活動をやっています。モンゴルの馬頭琴成り立ちの民話「スーホの白い馬」をメインテーマにして、勿論馬頭琴も演奏します。
昨年、今年あわせて11校でやりました。そんな点からも上手くなりたいのです。

ご回答本当にありがとうございました。

お礼日時:2006/08/08 00:17

 馬頭琴の練習メニューには、音階やアルペジオ(以下「音階練習」と総称)などはあるのでしょうか。


どの楽器にもつきものの音階練習ですが、特にバイオリンやチェロ、馬頭琴など擦弦楽器においては、この練習の重要度はかなり高いと思います。

 音程についても、音階練習のなかで培われてゆくのですが(音階練習ばかりではありませんが)、取れるようになった音はどういう感覚で取っているか、と言いますと、やはり正しい音程を取れた回数の問題ではないか、と思うのです。例えば私が楽器を始めてから今まで弾いている何万回もの「ラ」の音の内、正しい「ラ」を押さえた確率が増えれば増えるほど、今から押さえようと思っている「ラ」の音が正しい確率が必然的に上がってきます。
 またある一定以上確率が上がってくると、急速に正しい音程への接近が図られ、「確率が高い」という感覚から「確信」へと変わってゆきます。これはなかなか表現しにくい感覚で、なんと言ったら良いでしょうか・・・「ラ」なら、どうしてもここを押さえないとだめだ、というツボのようなものが、できてきます。

 また、音程感というのは耳の問題というより、もっとシステマチックなものも含まれているような気もします。
 まずきちんと構えること。構えるたびに、楽器の位置がずれたりしていたら、その都度勘どころが狂ってきますから、まず構えをきちんとすることがスタートとなります。
 そして、次に押さえる音が、今の音から半音上なのか、全音なのか、3度上なのか。それから、ポジションの移動が伴うなら、今の○○の指の位置が次の××の指になる。1オクターブ上なら、弦の長さにして半分だ、とか。そういったいわば理屈の世界は意外にも、正しい音程感を養う助けになります。
 そして音を出す前に、かならずどんな音を出すのか、ということを頭に描いてから、弾き始める必要があります。漫然と次々と音を出してゆくのではなく、次はなにをするんだ、どんな音なんだ、ということを強く意識しながら弾くと、良い結果に結びつくことが多いと思います。これはなぜかと言うと、自分が下手だと、下手なりに「ラ」に近い音でもなんとか、許容できる範囲ができてしまうおそれがあるからです。つまり正確なラではなく、微妙に高かったり低かったりするけど、まあなんとか実用の範囲内かな、という範囲のようなものができてしまうおそれがあると思います。これは下手であればあるほど、範囲はダラダラと広くなるようです。
 ですからこれを何とかして、厳しく律するためにも、この音程の音でなければダメだ、という音をあらかじめ覚悟してから弾く必要があるわけです。

 そして音程がおかしいと思ったら、どの程度おかしいのか。これは音程的にどの程度ずれているか、というより、目で見てどの程度高いのか、低いのか、ということをチェックします。そしてそれを直してまた正しい音が出るかチェックします。

 さて、こうしたことを辛抱強く繰り返していると、だんだんある音について、どちらかというと自分はいつも高めにずれるな、この音については、いつもちょっと低いな。という傾向が出てきます。この傾向は決して悪いものではありません。いくらやってもその度に高かったり、低かったり、しかもずれが少しだったり、大きかったり、といったバラバラなよりは、はるかにましな状態だからです。この状態になってきたら、正確な音程までは、あと一息です。
 いつものずれを、正しい方向に「直す」だけの作業になりますから。これをまたあきれるほど続けると、ちゃんと左手がそれが自分にとって当たり前の音程なんだと、認識してくれるようになると思います。
 それと、この音階練習。殆どの教本(バイオリン、チェロ等ですが)は、下から始まって、4オクターブ上(馬頭琴の音域はわかりませんが)に行ってまた帰ってくる、という構造になっています。しかしいつもいつもこの通りに弾くのではなく、4オクターブ目の一番上から降りて、下がってまた上がって、というのも練習になります。
 一番上に飛びつくのは大変恐いですし、うまく行かないケースのほうが多いでしょうが、その点は気にせずに、果敢にチャレンジしてみて損はありません。

 ところで、合奏中に自分の音が聞こえるのかどうか、ということですが。
 私の数少ない経験で言うと、あまり聞こえないのですが、どこかで聞いているような気がするのです。例えば体に響く振動を聞いている(骨導音の一種?)、オケ全体の音を聞いていると分かる、等々考えられます。ただ、私は別にして、ちゃんと訓練を積んだプロ走者なら、最も大きい要素は、左の指が知っている、というのがあるのでは、と思います。つまり聞かなくても、ちゃんと正しい音を出しているのが、分かっている、という状態です。
 実際チェロ奏者の後ろに並んでいる金管が、バーバーと吹き鳴らしたら、とても自分の音など聞こえるものではありません。かと言って負けじと自分もガンガン弾いたら、バランスがおかしくなります。

 色々なことを書きましたが、もし参考になる部分がありましたら、お試しください。

 最後に、
我々のような大人は子供のように、運動神経や感覚の神経が柔軟でなく、こうした楽器を習うにあたっては、大きなハンディを背負っています。私が書いたことは、このハンディを少しでも克服できないか、という発想で書いています。大人というのは、趣味であれ(いや趣味であるからこそ)その楽器を続けているということは、子供よりはるかに高いモチベーションを持って弾いているはずです(親から怒られるわけでもなし、いやならやめているはずですから)。ですからこのモチベーションを利用して、いかにしたら正しい音程や美しい音が出せるか、躍動感のあるテンポやリズムはどうしたら出せるか、そうしたことを色々な方法を通じて獲得することができます。現にこうして、このコーナーに質問をなさっていることも、その一環です。バイオリンを弾く子供が、ここに質問をするケースはあまり見たことがありません。
 ですから、大人だからこそできること、というのを考えながら練習に取り組むことが、逆に大人であること利点と言えると思うのです。

 えらそうなことを書き並べましたが、文面から想像されるほど、楽器ができるのではありません。私も勉強中です。お互いにより一層の上達を目指し、練習に励もうではありませんか。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

paulus99さん ご丁寧な回答、ありがとうございました。なる程!とうなづけるお話や、まだ私の到達していない高いレベルの微妙なお話など、本当に興味深く読ませていただきました。

・馬頭琴の練習メニューにも、音階練習があります。グループレッスンで、新しい調ごとに教則本に出ている音階練習(アルペジオ)をやります。但し長時間やるのではなく、「後は家でしっかり練習するように…」で終わります。正直言うと音階練習は自分では全くやっていませんでした。重要性を認識していなかったんですね。反省しています。今日から毎日30分は費やすようにしたいです。

>我々のような大人は子供のように、運動神経や感覚の神経が柔軟でなく、こうした楽器を習うにあたっては、大きなハンディを背負っています。私が書いたことは、このハンディを少しでも克服できないか、という発想で…

・このお話は、自分のドン臭さにあきれ果てている私にとってとても励みになり、力づけてくれました。
他のご回答者へのお礼に「私の始めたきっかけ」を書きましたが、そうした事もあってモチベーションだけは4年間高く持ち続けています。この楽器に出会えたことが、自分の老後の人生にとって大きな幸せをもたらせてくれています。 おっしゃる通り「大人だからできること」を肝に銘じて毎日取り組んでいこうと思います。
回答くださった皆さんに心からお礼申し上げます。大変参考になりました。ありがとうございました。
(ポイントを付けなければいけないのは本当におこがましく、心苦しいのですが、どうかお許しください)

お礼日時:2006/08/08 08:04

(ポジションが重要視されていない?)が、演奏理論の確立された西洋楽器との違いかな?


------------------------------
ども (^^;
このことの質問が、ちょっと、意味がわからないのですが?
バイオリンの
ポジションについて・・・の質問でしょうか?

あまり、「ポジション」のことが、指導の中にないようですが。
バイオリンの場合は、「ポジション」のことが、指導は、明確にあります。

一般的には、「7ポジ程度」までですね。
それ以上だと、かなり、レベルが高い人です。

主に、なんでだかは? わからないですが・・・
奇数のポジションが多いですね。

1。3。5。7ポジションが、多様されます。
偶然なのかな・・・(^^;

とにかく、ポジション移動は、前回にも書きましたが、
「1指」を意識してください。

例えば、3ポジションに移動する場合、
たとえ、押さえる音が2指であっても、
1指の存在は、意識してください。

それが、ポジションです。
1指のあるフレット(ないけど)? が、ポジションですよね。

また、音を取るときにも、「1指からの距離」が、たよりです。(^^
すなわち、直接、「2指」の音を決めるのではなく、
1指の位置(そのポジション)からの距離をはかり、「2指」の位置を決めます。

もちろん、「熟錬」すれば、「直接」2指の位置を決めることはできますが、
それでは、ポジジョンの意味がありません。

ポジジョンとは、「各ポジションの1指の位置」を意識する。
ということです。
また、1指を意識しないと、フォームも、くずれてしまいます。
1ポジのフォームを、そのまま、移動するのです。

しかし、「2指単独」だけで、移動しようとすると、よく、フォームがななめになる場合があります。
これはだめです。

あくまでも、「熟錬」した人が、かっこよく、2指だけで、移動、音取りをするのは、基本があり、また、熟錬しているからであって、これからやる人には、よくありません。

バイオリンの場合はそうですが、「馬頭琴」も、理屈は、同じ?
だと思いますよ。(^^

先生が違えは、また、教え方も、違うかも (^^;

この回答への補足

前の回答お礼に書きましたが、私の混乱の源(大げさですが)は、馬頭琴にもポジションの考え方はあるもののどうやら建て前程度らしいことです。(私の習っているのは、モンゴル国ではなく、内モンゴルの馬頭琴です)

2弦のうち高音の絃について説明しますと、開放絃がCで、1ポジションで1指はD。次のポジションの1指はGなので、バイオリンで言えば4ポジションでしょうか。 次のポジションは高いCです。これは7ポジションになりますか。

高い音は3指や4指により2オクターブ上のC位まで出します。
なお、ハーモニクス奏法とやらで、オクターブ上のGやその上のCなどの高い音は音程が取りやすいです。その辺りにそっと指を触れればその音程の音が出ます。

さて、私が「馬頭琴ではポジションの考え方が(何らかの必然があって)確立されていないのではないか?」という漠然とした印象を持っているのは、次の事由によります。

例えば2番目のポジション(バイオリンで強いて言えば4ポジ?のG)でいえば、1指だけでなくて2指だったり3指だったりします。

更にその上の3番目のポジション(7ポジのC)だと、1指~4指のどれかを適宜?使います。定まっていません。きっと運指の都合が優先されるのかなと思います。2弦しかないので、横移動が少なく、縦の動きが多いです。

音楽の素養がないので、正しくない表現が多いかと思いますが、どうかお許しください。

補足日時:2006/08/07 22:45
    • good
    • 0
この回答へのお礼

tomo0120さん 重ねてありがとうございます。
私自身が、どのようにまとめていいものやら戸惑いつつ質問やお礼を書いているしまつです。意味不明の部分があったとしたら、ごめんなさいです。

>1指のあるフレット(ないけど)? が、ポジションですよね。
>また、音を取るときにも、「1指からの距離」が、たよりです。(^^
>すなわち、直接、「2指」の音を決めるのではなく、
>1指の位置(そのポジション)からの距離をはかり、「2指」の位置を決めます。

ご説明いただいたこのポジションの重要さ・考え方を参考にしてこれからの練習に生かしたいと思います。どうもありがとうございました。

(補足欄に、馬頭琴のポジションの考え方について、私見ですが少し書いてみました。質問者が説明するなんておこがましいのですが、興味ある方だけご覧下さい。読み飛ばしてくださっても結構ですよ)

お礼日時:2006/08/07 22:57

こんばんは (^^



そうですか。年齢なんて、関係ないですよ。
「やりたい気持ち」が、一番大切ですよ。(^^

若い人が、だれでも、弾けるわけではありませしね。(^^;
やはり、やる気さえあれば、なんとかなりますので、がんばってください。
-------------------------------------
■ところで、
音程の件ですが、確かに、これは、簡単なものではありませんよね。
特に、バイオリンなどは、フレットがないので、
ギターのように、フレットがあれば、多少の押さえ位置がずれても、
正確にとれますし、
Pianoは、鍵盤により、すでに、音(音程)は、用意されています。

なので、バイオリンなどは、1mmずれても、はずれ・・・ますよね。(^^

大勢の合奏の場合・・・聞こえいてるか?
ですが、聴こえてするはずですよ。
どんなに、技術があっても、まったく、耳で、確認しないで弾くのは、
まず、無理だと思いますよ。

それはともかく、一般に音程の確認は、
「耳」と「視覚」と「指の感覚」の総合判断だと思います。

それぞれが、単独で・・・ということではないと思います。
なので、常に、総合判断により、正確な音をとっていると思います。

「コツ」は、そうですね。
練習につきる・・・とは思います。(^^;

普通は、数年・・・では、無理です。(^^
特に、「1指」は、もっとも、中心的な役目をしています。

たとえ、ボジション移動により、2指。3指の音を取る。場合でっても、
1指の存在を、忘れてはいけません。

つい、「単独に2指。3指」だけで、とろうとしますが、
意識では、「1指」からの「距離」というものが、大切です。

常に、どのポジションであっても、「1指」の存在が、意識の中になければなりません。

1ポジのときも、2指。3指を、1指からの距離を測っていたはずです。
ボジション移動であっても、それは、基本です。

なんとなく、「単独に2指。3指」だけで、とろうとしますが、
意識としては、「1指」の存在を意識して、2指。3指の音をとる・・・ということです。

いろいろ、アドバイスは、あるのですが、
バイオリン・・・を習う? のではないのですよね。

もし、バイオリンをやるのでしたら、先生にレッスンを受けることをおすすめします。

「独学」では、難しいですからね。
以上のことを含め、いろいろ、教えてくれるでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答、ありがとうございます。バイオリンをやっていらっしゃるんですね。要領の得ない質問で、さぞ答えにくかったのではないかと、恐縮しています。

ポジションのお話と、1指の重要性についてのお話。とても参考になりました。
それと、「練習あるのみ!」のお話。納得です。最近仕事を”卒業”しましたので、今までより時間がとれそうです。1日に2~3時間は練習するようにしたいと思います。

なにせ習っているのがマイナーな民族楽器なので、バイオリンなどと違う点が沢山ありそうです。
馬頭琴について少し補足しますと……
馬頭琴の教則本にも初めにポジションの図がでており、1~2~3ポジションの基本的な指番号が記されています。(ちなみに、この教則本は中国語とモンゴル語で書かれています!。楽譜は五線譜です)
ところが実際の曲になると基本の指番号はどこへやら!? 教則本記載の指番号も、先生の指も自由奔放です♪ ポジションの概念は頭の片隅に行ってしまっている感じです。そんなせいか、私の先生はポジションについて殆ど言及することはないです。
(なお、調弦は、低音絃(外絃)はG、高音絃(内絃)はC。絃の有効長は一般的に52センチです。)

なにぶん素人でよく判らないのですが、このあたり(ポジションが重要視されていない?)が、演奏理論の確立された西洋楽器との違いかな?などと勝手に推測しています。

さて、余分な事を書いてしまいました。参考になるお話、ありがとうございました。「年齢は関係なし。やりたい気持ちが大切」とのお言葉を肝に銘じて頑張りたいです。

馬頭琴を離れて、西洋楽器についてのお話で結構です。他の方のご意見も楽しみにしています。よろしくお願いいたします。

お礼日時:2006/08/07 10:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qバイオリン、チェロ…初心者向きはどっち?

こんにちは。

私はピアノをずっとやってきたのですが
最近、弦楽器に憧れ始め自分でも演奏してみたいと思うようになりました。

そこで、バイオリンかチェロをやってみたいと思ったのですが
バイオリンはとても綺麗な音色ですし憧れているのですが
小さいころからやっている人でないと
綺麗な音どころか満足に弾く事もできないという話も聞きましたし

チェロもまろやかな音が大好きなのですが
いかんせん大きいので家に置き場が無いのがネックです…

ですが、何にせよ初心者でもある程度扱える方がいいと考えているので
もし弦楽器初心者が弦楽器を習うならどちらの楽器がいいと思いますか?

回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

演奏する姿勢はチェロの方が自然です。バイオリンは初心者の場合アゴが痛くなります。
音程はバイオリンの方が弦が短い分、取りやすいです。

どちらの楽器もある程度弾きましたが、どちらが初心者向きということはないですよ。
細かい(音の)動きができる分、バイオリンの方が曲を演奏するには初心者でも楽しめるかもしれません。
この辺りは好みです。私は音色でチェロの方が好きです。

「小さいころからやっていないと満足に弾く事もできない」というのは、プロを目指すのでなければ迷信と考えて良いです。
ただ、鍵盤を押せばとりあえず音は鳴るピアノに比べると、ある程度曲を弾くまでは両方とも時間がかかります。
そこは鍵盤楽器と弦楽器の個性の違いです。

バイオリンかチェロ。お好きな楽器を楽しんでください。

Qチェロを習いたい。10万円以下のチェロは買ってもいい?

こんにちは。

私は、チェロを習おうと思い、チェロ教室をさがしているところです。

自宅で練習しなくては習っていても上達しないと思っているので、思い切ってチェロを購入しようと考えています。

入門用のチェロを購入し、上達したらちゃんとしたチェロを購入したいと思っています。

ネットで安いチェロを探していたら、以下のものがありました。

■Carlo giordano製
 72,000円

■STENTOR MUSIC製
 39,000円

■カルロジョルダーノ製
 32,000円

これらの楽器を買ってよいものなのか、全然わかりません。値段が安いので、安心して購入していいものなのか・・ちゃんと音がでるのか・・

10万円以下のチェロは入門用のチェロとして、使えるか否か、教えて下さい。もし使えないとしたら、オススメの入門チェロを教えて下さい。

それと、もし池袋周辺のチェロ教室をご存知でしたら、教えて下さい。

Aベストアンサー

私もVc弾いてます。
今は安い楽器が手に入っていいですねぇ(^^;;;

それはさておき、ご質問のお答えですが、最近の安価なVcはバカにできません。けっこういいです。入門用としては十分使用に耐えます。
でも弦楽器って、調整一つで恐ろしく変わります。たとえば魂柱や駒の位置、張る弦などどれ一つをとっても大きく変わります。
もちろん楽器本体も大きな要因ですが、高い楽器でも調整がいまいちだとぜんぜんダメですし、安い楽器でもいろいろカバーしたらそこそこいけます。
ですから、まずは調整してくれる楽器屋さんと仲良くなったほうがいいですね。
私は大学から始めたので、先輩に連れられて楽器屋さんに行きましたので、楽器屋さんから購入して調整とかはすべてそこにお任せしてます。
#1さんの提示されたHPを見ると調整してから送ってくれると書いてあるので、まぁおそらく大丈夫だと思います。
もし不安なら先生に弾いてもらってみて確認してもらってください。まぁ、先生に楽器屋さんを紹介してもらったらいいと思いますけど、楽器屋さんで先生が教えているということも良くあるみたいです。
ちなみに、最初に楽器屋さんに「いい楽器を持つと自分の腕が引きあげられるので上手くなるよ」といわれて、営業トークやなぁと思いましたが、実際ある程度上手く弾けるようになってきたら、ウソでないことが実感できてきました。
弾き比べてみたら、値段を伏せていても大体わかるようになります。なるほどなぁ、これが値段の差か~って(^^;;;
もっとも、上達したらいいのに買い換えるといっておられるのでその辺の心配はいらないでしょうけど(^^;;;

それと、楽器だけでなく弓も考えてくださいね~。
弓も重心が数ミリ違うだけで弾き易さが全然違います。
本当に吸い付くように感じるつつ弾ける弓はそれなりの値段がしますが、それだけの価値はあります。

それと、いろいろな情報収集の場としてこんなところもあります(私も所属してていろいろ教えてもらってます)
http://www02.so-net.ne.jp/~cellist/vcello/

また、こんなページもあったりします
http://members.aol.com/TMizuguchi/index.html

で、残念ながら私は大阪なんで池袋付近で教えてくれる方は存じ上げませんが、HPでみたらこれしか見つけられませんでしたけどご参照ください
http://www.la-vielle.com/kyoushitsu.html(西武:江古田駅)

ご参考になれば幸いです。

私もVc弾いてます。
今は安い楽器が手に入っていいですねぇ(^^;;;

それはさておき、ご質問のお答えですが、最近の安価なVcはバカにできません。けっこういいです。入門用としては十分使用に耐えます。
でも弦楽器って、調整一つで恐ろしく変わります。たとえば魂柱や駒の位置、張る弦などどれ一つをとっても大きく変わります。
もちろん楽器本体も大きな要因ですが、高い楽器でも調整がいまいちだとぜんぜんダメですし、安い楽器でもいろいろカバーしたらそこそこいけます。
ですから、まずは調整してくれ...続きを読む

Q輸入チェロの選び方

子供(中1男子)がクラブでチェロを始め、楽器の購入を予定しています。楽器店では、予算に合わせて何本か取り寄せてあげるので弾き比べてみて選べば良いと言われています。
ヨーロッパからの輸入品で、本体と弓とで予算80~100万円程度を考えています。店で何社かのパンフレットを見たのですが、どのメーカーの製品をリクエストしていいか全く分かりません。店の方の話では、同じメーカーの製品でも、実際取り寄せてみるとかなり当たり外れがあるとのことです。できるだけ製品の質が安定していて響きの良いお薦めのチェロのメーカー(または職人さん、工房など)をご存知の方、具体的にアドバイスしていただければ大変助かります。ちなみに、最終的な音のチェックはクラブ顧問の先生に相談したいと考えています。

Aベストアンサー

始めまして
私もチェロ弾きです。
予算に関しては下記の皆様のご意見が参考になると思います。
実は私はカールヘフナーのものを数本取り寄せて弾き比べて選びました。同じメーカーのものでも音はかなり違いますし、人の好き好きもあると思います。
音質の安定を求めるのは難しいかもしれません。
私はどちらかというとビオラ・ダ・ガンバの音色に近いという基準で選びました。
もしその違いが分らないなら国産の40万円程度のものでも特に支障は無いように思います。
楽器はあくまでも自分の感性で選ぶものですから。
私は室内楽だったのでそういう一種の見栄のような問題はなかったのですが、オケとかだとどうしても相対的な見栄があって80万以上のものを買わざるを得なくなることがあるようです。
あと中古という手もあります。
これは値段を節約するということではなくて、特にヨーロッパなどでは掘り出し物でいいものがあるということです。
ストラディバリウスだって最初は凡庸な完成度でも名人に弾かれることによっていい音がでるようになるわけです。
つまり弦楽器は上手い奏者に弾かれるとだんだんといい音色が出るように音が変わるのです。
もし音大生が代々弾き込んだようなものなら見つけ物です。(バイオリンはそういう掘り出し物を安価に譲ってもらったのですが、長く弾いている人にこれはいい音だと羨ましがられました)
あと、工房でカスタムメイドも可能で、思うほど高くはありません。
近いうちにガンバを作ってもらおうかと思っています。(これもチェロより高いように思うかもしれませんが工房と仲良くなると結構リーズナブルな、チェロと対して変わらない予算でいいものが得られます)
値段ですが、その予算でも結構なものを作ってくれるところもあります。
先生に音を見てもらうとのことですが、繰り返しになりますが、自分で楽器の音色の好き嫌いがはっきりしないということはある種の問題で、それなら目隠しをして値段で決めるのと結果的には同じようなものではないかと。
最後に購入後ですが、コマの調整は自分で出来た方がよいと思います。指板のエンドは弾いているうちに段々落ちてきますし、梅雨にはペグが回らないですし、手がかかる楽器です。(だから愛着もあるのですが)
まぁ何にしても息子さんのご意見や感性を尊重してあげてください。
親の見栄で子供が楽器を弾くわけではないですから。

始めまして
私もチェロ弾きです。
予算に関しては下記の皆様のご意見が参考になると思います。
実は私はカールヘフナーのものを数本取り寄せて弾き比べて選びました。同じメーカーのものでも音はかなり違いますし、人の好き好きもあると思います。
音質の安定を求めるのは難しいかもしれません。
私はどちらかというとビオラ・ダ・ガンバの音色に近いという基準で選びました。
もしその違いが分らないなら国産の40万円程度のものでも特に支障は無いように思います。
楽器はあくまでも自分の感性で選ぶもの...続きを読む

Qヴァイオリンの習得期間

楽譜も読めなく、音もわからないものです。
ヴァイオリンを自分の力で
楽譜を見て引けるようになるには
どれくらいの期間が必要でしょうか?
レッスンを週一で受けて一日平均1時間くらい練習
した場合で、だいたいでいいので詳しく教えてください。

また、吉俣良の「冷静と情熱のあいだ」(映画:冷静と情熱のあいだのサントラ2番)を、あそこまで
綺麗じゃなくてもいいので、だいたい弾けるように
なるにはバイオリンを始めてどれくらいの期間
必要でしょうか?
それと、この曲のためのみにヴァイオリンの練習を
した場合、どれくらいの期間でできるように(一応
弾けてるなってレベル)なるでしょうか?
お願いします。

Aベストアンサー

あまり「難しい」と脅かすのも問題ですが、「一般の初心者の感覚」が人によってかなり違うのもありますので、真剣に趣味として楽しみたいと思っている人の出足をくじくこともしたくないと思います。

バイオリンを美しく奏でることと、音符を読んで弾く、という力は別のことです。たとえば、ピアノやフルートや歌を何年もやってある程度習得している人にとっては譜読みの問題はさほどないでしょう。むしろ譜面は読めるのに、バイオリンを弾くということの難しさを感じると思います。バイオリンは鈴木メソードのような指番号だけで覚えるやり方ではじめてもある程度のレベルの曲は弾けたりします。長年ピアノをやっていた友人は、バイオリンに転向して、「和音がほとんどなくてメロディーだけだから案外弾きやすくて楽しい」と言ってました。

ピアノを教えていますが、大人の趣味の方に薦める場合、1日最低30分は練習してみてください、といいます。通常これができない人が多いのです。1日30分を一年続けることが苦痛でなければ、趣味ならそこそこできると思いますよ。もちろん先生には必ずついてくださいね。

Qアマオケに参加できるバイオリンの技術のレベル

大人からの趣味でバイオリンを習っていますが、
もともとソロより合奏が好きなので(義務教育ならみんなそうかも)
発表会でソロで弾くより、アマオケや合奏にあこがれています。

ちょっと問い合わせてみたところ、
バイオリンは、子供の頃からやってる人と、大学生の頃から
はじめた人ばかりだそうです。
返事があっただけいいのですが、メールの返事がないところもありました。
やはり舞台に出る、ということで、
普通に難なくどんな曲でも弾けることが前提でしょうか?

私は、すべてのポジションを把握して、ボーイングも長くやってるうちにまぁまぁできてきてはいるのですが、
プロのオケを見てると、みなさんソリストのように、
完璧にすばらしく弾いています。
アマオケも、同じような曲をしてるので、
自分には果たして弾けるのかどうか、疑問です。

子供から、もしくは大学からやってる人たちと、
レイトスターターでは、かなり技術の差があるとは思います。

検索してみたところ、第5ポジションができて、
スズキの6~7巻ぐらい弾けると、アマオケに参加できると
書かれていましたが、弾けるといっても、人それぞれ違いますし。

私のようなレイトの場合、死ぬ気で練習しないと、
ついていけないでしょうか?

大人からの趣味でバイオリンを習っていますが、
もともとソロより合奏が好きなので(義務教育ならみんなそうかも)
発表会でソロで弾くより、アマオケや合奏にあこがれています。

ちょっと問い合わせてみたところ、
バイオリンは、子供の頃からやってる人と、大学生の頃から
はじめた人ばかりだそうです。
返事があっただけいいのですが、メールの返事がないところもありました。
やはり舞台に出る、ということで、
普通に難なくどんな曲でも弾けることが前提でしょうか?

私は、すべてのポジション...続きを読む

Aベストアンサー

アマオケ経験者です。
団体によってレベルは初心者お断りのところから誰でもokのところまで様々です。

運営に関してもそれこそ問い合わせのメールに返事を出す人員も居ないほどのところや、担当が決まっているような所もあります。

大体レベルの高い所は演奏会の目標も高くプロ級の人も中にはいますし,オーディションがある所もあります。
逆にレベルが低く、技術向上よりまあ楽しくやりましょう,というサークル的雰囲気の所もあります。

なので上手い人はレベルの低い所に入るとイライラしますし,初心者は上手い所ではついて行けない,というより入れてもらえないです。


ちなみに私が入った時は数カ所見学にいきました。
弦の後ろの方は弓がほとんど動いていず音もしっかり出ていないような状態のオケもありましたし,指揮者やトレーナーが大変厳しく自己練習していかないと怒られるような所もありました。


まず自信がなければはっきりと「初心者でもOKですか?」と聞いておかないと後々面倒な事になります。
その上でいくつか見学にいかれると良いでしょう。

オケにとっては弦は管と違いいくら居ても困らないので大抵常時募集中です。こう言うとあれですが,弦は全体の人数が多いので一人くらい初心者がいてもさほど迷惑はかけません。
弾けない所は弾かない,これが鉄則です。私も指揮者にそういわれました。

ボーイングは発表会までになんとか合わせれば良いです。最初は全員バラバラですよ。
貴方ならきっと大丈夫だと思います。

アマオケ経験者です。
団体によってレベルは初心者お断りのところから誰でもokのところまで様々です。

運営に関してもそれこそ問い合わせのメールに返事を出す人員も居ないほどのところや、担当が決まっているような所もあります。

大体レベルの高い所は演奏会の目標も高くプロ級の人も中にはいますし,オーディションがある所もあります。
逆にレベルが低く、技術向上よりまあ楽しくやりましょう,というサークル的雰囲気の所もあります。

なので上手い人はレベルの低い所に入るとイライラしますし,...続きを読む

Qチェロを始める最適年齢

バイオリンは早くに始める人が多いですが、チェロやコントラバスは何歳から始めるのが一般的なのでしょうか?またペットやホルンなどの管楽器、クラやフルートなどの木管はどうなのでしょうか?

幼稚園でもマーチング(鼓笛隊)はやりますので、ドラムや鍵盤、ヴァイオリン、木琴系などは子供でも出来るでしょうし、リコーダーや合唱だけでなく、小学生でも吹奏楽はやりますよね。ただ、金管メインで木管は中学からな気がします。各楽器の始めるのに最適な年齢っていくつなんでしょうか?

Aベストアンサー

私の弟は現役のチェリストです。習い始めは小学校3年生の頃だったと記憶しております。楽器は最初は、知り合いの楽器店に依頼し、寸法の小さい物を購入しました。先生は兄の友人の芸大生に頼みました。チェロとかコントラバスなどは大きい楽器ですから、割と遅くから始めるようですね。高校2年から始めて、ドイツでオーケストラに入られたコントラバス演奏家がいらっしゃいますので、何歳から始めるのがベストかと決め付けることは出来ないと思います。
管楽器の場合はピアノやヴァイオリン等と比較して、かなり遅く習い始めてもそれ相当の程度までいけるようですね。吹奏楽を中学から始めて一流のオーケストラのトップになられたトランペット奏者を知っております。
いくら早期から始めたとしてもその方の音楽的感性や環境により上達の状態が異なるのでは?趣味でおやりになられるのでしたら、年齢はそんなに重要ではないと思います。

Qチェロかバイオリン経験者の方、アドバイス下さい!

 チェロとバイオリンの違いって、音域以外にありますか?クラシック以外の楽しみ方とかはありますか?
 どちらかを始めたいのですが、最終的には老後の趣味とか、ごく親しい人の前でひけるくらいになりたいです。(現在20代ですが、今まで音楽を習ったことは無く、音感も無いので一から気長に習いたいと思ってます。)
 どちらかを演奏される方がいたら、どんなことでもいいのでゼヒ聞かせて下さい。
 

Aベストアンサー

以前チェロを弾いていたことがあるのですが、
そのとき思ったことを何点か述べさせてもらいます。

1.値段が違います!
 入門レベルの楽器でも、チェロは大きい分それなりに値段が高くなります。
 ヴァイオリンは安いもので数万円から買えますが、
 チェロは10数万からです。楽器保護のためにハードケースを買うとなると、
 これまたチェロはヴァイオリンのケースより高いです。
2.持ち運び
 チェロは車がないと不便です。またトランクに入れるのも
 車内で動かないように固定するのにちょっぴり苦労します。
 バスや電車では周囲の人に大抵嫌がられますので。
 それに第一、慣れるまでとても重たく感じられます。
 一方ヴァイオリンは手軽なので、「余興に1曲」てな感じで
 あちこちで演奏しやすいです。(結婚式の余興なんかにとてもいいと思います)
3.音のする方向
 No1の方も言われてるように、ヴァイオリンは耳のすぐ横で
 高音がするので慣れるまでが大変です。
 チェロの場合は心地よい音色でおなかの辺りに響くような感じです。
4.弾く時の姿勢
 ヴァイオリンは左肩とあごで挟むため、
 持ち方によっては肩こりするし、あごに汗をかきます。
 チェロは抱える感じなので、体勢的に楽です。(休みやすい!!)
5.楽器の個性と人の個性
 ヴァイオリンは独奏が主体、
 チェロは独奏も伴奏も両方いけます。

色々述べましたが個人的には、
一人で人に聴かせてみたいなら、楽譜が豊富でクラシック以外にも
応用しやすく、持ち運びの簡単なヴァイオリンを。
将来的にオケに入ったり誰か他の人と合奏する機会があるようなら、
ヴァイオリンよりも重宝がられ、縁の下の力持ち役でありつつも
おいしい旋律ありのチェロをお勧めしたいです。

以前チェロを弾いていたことがあるのですが、
そのとき思ったことを何点か述べさせてもらいます。

1.値段が違います!
 入門レベルの楽器でも、チェロは大きい分それなりに値段が高くなります。
 ヴァイオリンは安いもので数万円から買えますが、
 チェロは10数万からです。楽器保護のためにハードケースを買うとなると、
 これまたチェロはヴァイオリンのケースより高いです。
2.持ち運び
 チェロは車がないと不便です。またトランクに入れるのも
 車内で動かないように固定するのにちょっぴり...続きを読む

Q初心者用チェロの購入価格帯

初心者向けのチェロの価格についてお尋ねします。
チェロを習いたいと思うのですが、幾らくらいのものを購入すべきか悩んでいます。
いろいろ調べたのですが、一口にチェロといっても、数万円のものから百万円以上!のものまであり、どれくらいのレベルが初心者向きなのか判断が難しいです。
ちなみに、自分では(備品込みで)10万円以内で買えるといいなと思っています。チェロへの長年の憧れはあるのですが、趣味として定着するかどうかは全く未知数なので・・・。

Aベストアンサー

ネットでは弓もセットで5万円台のものも出ていますが,信頼できる弦楽器専門店が
扱っている範囲の低価格が玩具ではなく楽器として初心者用という判断の基準に
できるかと思います。一例として下記を参考にしてください。
「取扱楽器」のチェロのリンクへ
http://www.sarasate.net/

>趣味として定着するかどうかは全く未知数なので・・・
>チェロへの長年の憧れはあるのですが

突然の思い付きではないようですので,趣味として定着する可能性を期待して,
いいものを購入しておかれてはいかがですか。

安いものには安くなる理由があります。
・いい音がしない…次第にイヤになってくる。
・弾きにくい…弾きにくさと戦いながら練習しなくてはならない…疲れる…上達が遅れる。
こんなことが予想されます。
本格的にするようになって,ある程度,上達すれば,さらに良い楽器を求めるようになります。
その時は,一生涯の趣味として定着する可能性は確定していますので,迷わず,予算が
許す範囲で高価なものを購入されるといいです。

販売店(ショップ)リンク集
http://www.sarasate.jp/link.html

ネットでは弓もセットで5万円台のものも出ていますが,信頼できる弦楽器専門店が
扱っている範囲の低価格が玩具ではなく楽器として初心者用という判断の基準に
できるかと思います。一例として下記を参考にしてください。
「取扱楽器」のチェロのリンクへ
http://www.sarasate.net/

>趣味として定着するかどうかは全く未知数なので・・・
>チェロへの長年の憧れはあるのですが

突然の思い付きではないようですので,趣味として定着する可能性を期待して,
いいものを購入しておかれてはいかがですか...続きを読む

Qチェロケース、やっぱりハードがいいんでしょうか

チェロを買うのですが、楽器だけで予算をオーバーしてしまったのでケースの費用をできるだけ抑えたいと思っています。
そこで、ハードケースを断念してソフトケースを考えているのですが、
身のまわりの仲間(アマチュアオーケストラのメンバー)を思い浮かべても、ソフトケースで楽器を運搬している人をあまり見かけません。
やはりチェロはハードケースで運ぶのが良いのでしょうか。
ハードケース、費用に対して効果がいかほどのものなのか・・・どちらも使ったことがある方、違いを教えてください。

Aベストアンサー

オケではVnをしていましたが,好きでVcも遊び程度にしています。
ケースはソフトです。ソフトの良さは軽さですが,楽器を保護する点では,
やはりハードかと思います。家族が部屋を掃除するときに動かして,
ちょっとしたはずみでコツンと当てたときに,当たり所が悪く…というか,
最も出っ張るところがブリッジなので,ブリッジに力が加わったようで,
バチーンとブリッジが倒れました。弦の張力できつい倒れ方をします。
結構,目立つ傷がつきました。幸い,魂柱が倒れたり動いたりは
なかったです。ハードなら起こらない事故です。

オケやレッスンで外へ持ち運びするなら雨も要注意です。
きつい雨なら水がしみこみますから,後で陰干しする手間もかかります。
内部まで水が入ることはないと思いますが,弓毛のことも気になります。
電車やバスで移動なら,ハードの方がいいと思います。

ハードの欠点は重さです。楽器を保護するために重くなってしまうのですが,
その重さが転倒時に大きな衝撃になってネックを折ることもあります。
軽量化ハードケースの問題点
http://www.sasakivn.com/werkstatt/qa/celloetui.htm

ソフト,ハード,両者に問題点はありますが,総合的にはハードの方が
安心できると思います。予算の都合でソフトになるなら,取り扱いに十分に
気をつければいいことです。ソフトなら,楽器を置くときにはドンと置いたり,
立てて置いたりしないと思いますが,ハードならしてしまいそうです。
ハードでも取り扱いには注意がいります。

ソフトで,私のように衝撃でブリッジが倒れた場合を想定すると,
運搬時には,ブリッジの横の弦の下にフェイスタオルのような布を挟んでおくと
大きな被害にならないと思います。
私がアマ・オケにいた頃はソフトを使う人の方が多く,ハードを持つ人が
目立っていましたが,最近は道や駅で見かける人はハードばかりですね。
種類が増えて,値段の幅も出たためだろうと思います。

オケではVnをしていましたが,好きでVcも遊び程度にしています。
ケースはソフトです。ソフトの良さは軽さですが,楽器を保護する点では,
やはりハードかと思います。家族が部屋を掃除するときに動かして,
ちょっとしたはずみでコツンと当てたときに,当たり所が悪く…というか,
最も出っ張るところがブリッジなので,ブリッジに力が加わったようで,
バチーンとブリッジが倒れました。弦の張力できつい倒れ方をします。
結構,目立つ傷がつきました。幸い,魂柱が倒れたり動いたりは
なかったです。...続きを読む

Qチェロのチューニング 倍音について

チェロ2年目の者です。
ずっと、開放弦2本を鳴らして重音でチューニングするよう頑張ってきて、最近できてくるようになりました。

ただ、私のチューニングは、倍音を聴いてやるというよりも、弦が非常に振るえて重音が弾きやすかったり、音が溶け込んだり(もしくは、なるべく溶け込んでいる)を判断基準にしています。

ですが、たとえばA線とD線を鳴らしたら、ファ♯?の倍音が鳴るのを聴いたことがありません。

まぁA線の何オクターブか上のAは聴こえるのですが・・・(ただし、A線単体でも、そのオクターブ上のAが聴こえます)

AとD、DとG、GとC線を鳴らしたときに出る、(そして一般的によく聴かれる)ファ#とシ、そしてミの倍音はどうやって聴こえるようになりますか?

ちなみに、どのくらいオクターブ上で鳴っているのかも知りたいです。

あと、倍音は、これ以外にも色々鳴っているということは知っています(知覚はしておりませんが・・・)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

チェロのチューニングを2本の開放でされているとのことですが、ウナリが無くなればぴったりと合っていることは間違いありません。ウナリというのは、かなり近い振動数の音を2ヶ同時に出すと、1秒間あたりの振動数の差が、ウナリの回数となって聞き取ることができます。440Hzと441Hzの音を同時に発すると、1秒間に1ヶのウナリが出ます。
開放弦の音同士は離れすぎていてウナリは出ません。2本の開放弦同士を比べているようでも、実は、下記の二つの音を比較してウナリを出していることになります。
第4弦Cの第六倍音 G
第3弦Gの第四倍音 G
この2つの倍音は同じ音なので、開放弦を鳴らしたときに自然発生しているこれらの倍音同士でウナリを聞いて調弦しています。
倍音は、フラジオレット奏法で取り出すことができます。
フラジオレット奏法とはハーモニクスとも言われ、弦に左指先を軽く触れ右手は普通にボーイングする奏法です。
第4弦Cの第六倍音 Gを得るには、第4弦の上コマ(ナット)から、11.5cmのところに指を軽く触れてボーイングすれば取り出すことができます。
第3弦Gの第四倍音 Gを得るには、第3弦の上コマから、17.25cmのところを指で触れれば取り出すことができます。両者はまったく同じGの音ですから、両者から発生するウナリが消えれば、開放弦でも正しい調弦になります。
その他の隣り合った弦でも、同じ位置で同音の倍音が得られます。
(開放弦の弦長を69cmとした場合の理論上の距離です。)
さて、開放弦に対する長三度音を得る方法は下記のとおりです。
上コマから13.8cmのところに軽く左指を触れてボーイングする。
これで純正調の長三度音を取り出すことができます。
これらの倍音は、左指を触れなくても開放弦を弾けば自然発生していますので、耳が良ければ開放弦を弾けばかすかに感じ取ることができます。
三度の音は、別に二本の弦を鳴らさなくても、より低いほうの1本から発生しています。二本の弦を同時に弾けば、完全なドミソの和音が出るというだけのことです。

開放弦の中にはいろいろな倍音が含まれており、言わば開放弦を弾けばドミソの和音を弾いたのと同じなのです。ですから、ドミソの和音は心地よく聞こえ協和音と呼ばれ、低い目の倍音に含まれない音は不愉快に聞こえ不協和音と呼ばれるのです。また純正調の和音がキレイに響くのは、第三音がこの自然倍音に乗った音だからです。平均率だと、この第三音はかなり高い目の音になり、自然倍音とはかなり違う音程となります。そのためピアノのドミソは汚く、弦楽合奏のドミソは純粋で美しいというわけです。開放弦を鳴らしたときに第三音を聞き取りたければ、ボーイングの位置を、下コマ(ブリッジ)のごく近くにします。硬い目の音質になりますが、各倍音が聞き取れます。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%80%8D%E9%9F%B3
このページの冒頭の図の「節目」は、弦に左指を触れることで人為的に作ることができる。これにより欲しい倍音を取り出して聞くことができる。

チェロのチューニングを2本の開放でされているとのことですが、ウナリが無くなればぴったりと合っていることは間違いありません。ウナリというのは、かなり近い振動数の音を2ヶ同時に出すと、1秒間あたりの振動数の差が、ウナリの回数となって聞き取ることができます。440Hzと441Hzの音を同時に発すると、1秒間に1ヶのウナリが出ます。
開放弦の音同士は離れすぎていてウナリは出ません。2本の開放弦同士を比べているようでも、実は、下記の二つの音を比較してウナリを出していることになります。
第4弦Cの第六...続きを読む


人気Q&Aランキング