鉄砲から発射される弾丸は一体どれくらいの速さなのですか?教えてくださーい!

A 回答 (3件)

 拳銃とライフルとではかなり差があります。



 拳銃弾で、特に大口径で弾頭が重い45口径(直径約11mm。西部劇のコルト・フロンティア、米軍・自衛隊の昔の拳銃であるM1911A1『ガバメント』など)や火薬量が少ない38口径(直径約9mm)では、初速は250~350m/sec辺りで、音速は超えません。
 これが38口径以上のマグナム弾(=火薬が多い強力な弾。『ダーティハリー』の44マグナムや『ルパン3世』の相棒・次元大介の357マグナムなど)や、日本のヤクザさん愛用?のトカレフ弾、マウザーの30口径などの高速弾は400m/sec以上、モノによっては600m/sec以上の初速となり、音速を超えます。
 実際のデータは失念しましたが、現在米軍やNATO軍、日本の自衛隊や警察などで広く使われている9mmパラベラム弾辺りが、ギリギリ音速以下とゆぅくらいの速度だったと思います。

 これがライフル弾ともなると、どれを取っても音速を容易に超えてきます。それでも2000m/sec超となると結構な高速弾と言えますが、しかし最近の軍用弾は『高運動エネルギー弾』を設計の狙いとしているので、今後益々高速化が図られるかもしれません。

 と言ったところで余談ですがついでに。

1.音速を超えるタマは、通常のケブラ繊維で出来た防弾チョッキを貫通してしまいます。映画などで『防弾チョッキを着ていて助かる』シーンがありますが、現実はそれほど安全なモノでもありません。

2.音速を超える、とゆぅ事は、衝撃波(ソニックブーム)が聞こえるとゆぅ事になります。やはり映画で、巨大な軍用自動拳銃にサイレンサをつけて打つシーンが時々ありますが、サイレンサの容積を非常識なほど大きく取りモーレツに弾を減速させない限り、いくら火薬の爆発音や燃焼ガスの膨張音を消しても鋭いソニックブームがハッキリ鳴り響いてしまうはずです。
 ゴルゴ13は高速弾のアーマライトM16にサイレンサを付けて狙撃しますが、拳銃弾以下に減速させない限り、サイレンサは何の意味もありません。勿論、拳銃弾以下に減速した弾では、1km先どころか500m先でも狙撃出来ません。

3.軍用ライフル弾の傾向である『高運動エネルギー弾』とは、とにかく重いモノを高速で発射し、高い運動エネルギーでターゲットを破壊する、とゆぅ思想です。
 この設計思想では、弾は高速を得る為に空気抵抗の少ない小口径となり、しかし小口径とすると弾頭の質量が小さくなってしまうので、重くする為に重い金属を使わなければなりません。そこで比重が大きい、放射線を出し切ったウラン、即ち、あの有名な?劣化ウランが必要になってくるワケです。
 ホントに劣化しきったウランならこれほど問題とはならなかったと思いますが、どぅやら米軍は劣化し切ってないウランを小銃弾や大砲の弾に使っていた様です・・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すごいですあ!!こんな丁寧にありがとうございます!

お礼日時:2002/03/26 18:48

参考 URL の“Velocity (Meters per second)”という値が初速です。

おおむね 400 m/s といったところでしょうか。

参考URL:http://www.bulletproofme.com/NIJ_Test_Rounds_CHA …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!!・・・英語勉強しなきゃっっ

お礼日時:2002/03/26 18:46

 機種などによって違いがあるようですが、下記のページによると、ライフルの場合で秒速1~2キロメートルだそうです。



http://headlines.yahoo.co.jp/specialfeature/h2a/ …

参考URL:http://headlines.yahoo.co.jp/specialfeature/h2a/ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!!

お礼日時:2002/03/26 18:45

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qロケット発射!国家的メリットとは?

宇宙にロケットを飛ばすことによって、
どのような国家メリットが得られるのでしょうか?

たしかにオリンピックでメダルを量産すると国家威信が高まるように、
今回の有人ロケット発射にも同様の効果があるでしょう。

でもさすがにそんなプライドだけのために
多額の国家予算を費やしているとは思えません。

おそらくいろんなデータを収集しているんでしょうけど、
具体的にどのようなメリットがあるのか
多方面から教えていただきたいです。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ロケットは非常に沢山の部品から出来ているので,
それを作って,打ち上げに成功すると言うことは,
非常に多くの技術を生み,その個別或いは全体噛み合わせの
作動実証をする,と言うことです.

#日本の宇宙科学研究所では,今でもロケット打上を,
 単なる衛星の運搬手段としてではなく,
 「工学実験」と言う位置付けで捉えています.

例えば高温高圧に耐えるガスケットの開発は,いずれ民需に下りて
身近なところでは飛行機や自動車に使われると言うことで,
実際的なメリットを生みます.
そのような沢山の技術革新が,新しいロケット1本開発するときには
必ず発生します.これがすぐに採算性良く商業ベースに乗ることは
まれだと思いますが,いずれは多用されると言う可能性をはらんでいます.
もし商業ベースに乗れば,ロケット1本開発に1000億円かけても,
それ以上の利益を生む可能性があります.
このような,本当に基礎の基礎の基礎研究は,民間では
なかなか出来ないものです.民間はあくまで10年後に
利益を生むことしかやらない,と言う場合が多いからです.
その為の国による先行投資と言う意味合いもあります.

オリンピックだって,ユニフォームに企業名を入れることは,
スポーツの発展と言う意味合い以上に,CMとなり売上に影響を
与えます.

従って,国にしろ民間企業にしろ,お金的なメリットを生むことを
期待しての出費となっていると思います.これはアポロにしてもそうです.
アポロは,月に行くことは表向きの最大の目的ではありましたが,
裏側では上記のような技術,軍事技術もあるでしょう,それを
生むための,まぁいわば内需刺激策,景気対策と言うような面もあったことでしょう.

ロケットは非常に沢山の部品から出来ているので,
それを作って,打ち上げに成功すると言うことは,
非常に多くの技術を生み,その個別或いは全体噛み合わせの
作動実証をする,と言うことです.

#日本の宇宙科学研究所では,今でもロケット打上を,
 単なる衛星の運搬手段としてではなく,
 「工学実験」と言う位置付けで捉えています.

例えば高温高圧に耐えるガスケットの開発は,いずれ民需に下りて
身近なところでは飛行機や自動車に使われると言うことで,
実際的なメリットを生みます.
...続きを読む

Qロケットの発射台について

むかし小学生ぐらいのときに 平成教育委員会 でロケットの発射台についての問題がありました。
そのとき知ったのですが、ロケットは遠心力を使って飛んでいるのですね。
ただ、あれから10何年たつと思いますが、普段から気になっていることがあります。
僕は冷戦というのを単語でしか知らないのですが、米露でロケット合戦が繰り広げられていたのですよね。ただ、ロシアの緯度からいってロケットを打ち上げることは可能だったのでしょうか?
番組の記憶がだんだん薄れていて確かなことはいえないのですが、当時(の許容範囲かな?日本の先進国意識をむき出しにしたような・・・)たしかこんな問題だった気がします。
インドとロシアがロケット開発を行いました。さて失敗したのはどっち?
というような問題でした。もちろん放送された問題は当時の人の心理を食らってインドと巧みに答えさせるような表現があった気がします。
話がそれそうなのですが、疑問なのは、倫理的な問題ではなくて(もちろん重要ですが記憶もあいまいでなんともいえないのも事実なので)、ながながと話しましたが、
僕の記憶が正しければガガーリンは宇宙に行ってないことになってしまいます。10何年もの間、日本のロケット発射台が種子島にあるのはできるだけ遠心力を使うためだ、それ以上緯度が高いとロケットは飛ばない、と友達に吹聴しまくってた挙句いまさら不安になってきたので、勝手ながら質問させていただきます。

むかし小学生ぐらいのときに 平成教育委員会 でロケットの発射台についての問題がありました。
そのとき知ったのですが、ロケットは遠心力を使って飛んでいるのですね。
ただ、あれから10何年たつと思いますが、普段から気になっていることがあります。
僕は冷戦というのを単語でしか知らないのですが、米露でロケット合戦が繰り広げられていたのですよね。ただ、ロシアの緯度からいってロケットを打ち上げることは可能だったのでしょうか?
番組の記憶がだんだん薄れていて確かなことはいえないのですが...続きを読む

Aベストアンサー

ガガーリンの時代のロケットも含め、今のロケットの性能でしたら、どこから打っても宇宙にいけます。自転と逆向きの西に向けて打つことも可能です。

案外知られてませんが、現在、低緯度の場所から打つ最大の理由は、静止軌道への投入時の軌道面変更が少なくてすみ、大量の推進剤の節約(数十%)が可能となるからです。気象衛星や通信衛星など実用衛星の多くは静止軌道に上げられますので、低緯度から打ち上げれば、より大型でより長持ちする衛星を打ち上げることができます。

もちろん他の回答者が書かれているように低軌道の方が自転の速度を多くもらえるので有利ですが、軌道投入に必要なエネルギーのわずか1%弱をもらえるにすぎませんので、軌道面変更の際の利得と比べたら微々たるものです。

Qスペースシャトルの発射角度について

こんにちは。
スペースシャトルの発射角度が1度でもずれると、とんでもない方向に飛んで行ってしまうと聞いたことがありますが、これは本当でしょうか。
発射角度は厳密なものなのですか?
ご存知の方がいらっしゃいましたら何卒よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

スペースシャトルではあまり関係ありません。なぜならばシャトルでは動翼がある為に、発射後に自ら角度を操作する事が出来るからです。
また、メインエンジンなどの噴射ノズルもジンバルにマウントされていますから、マスセンターとのズレも噴射角度の変更で補正可能です(と言うよりも、その程度の事が出来なければロケット機として使い物にならない)。

むしろ発射台の設置角度に傾きがある時に、余計な残留応力がある方が問題だと思います。その為にシャトルを始め、各種打ち上げ用ロケットは待機状態ではきちんと直立する様に組み上げられていると思います。

Qロケット発射時の安定は

中国の有人ロケット発射のテレビ映像を見ていて改めて疑問に感じました。
速度ゼロの状態からあれだけのモーメントがある物体を垂直に持ち上げるのはかなりの技術力が必要かと思います。
どのような安定技術を用いているのでしょうか?
姿勢センサからジェット噴射へのフィードバックではレスポンスが悪そうですし、ジャイロによる機体安定では装置が大きくなるような気がします。

もちろん正解が知りたいですけど、制御系経験者からの自由なアイディアなどもお聞きしたいです。

Aベストアンサー

ジャイロからの信号で,ノズル内に,偏心した噴出口から
ガスを噴射してスラストベクトルを変更しています.
上段になると,ノズル自体を動かすことも行われています.

同様のことはロケットの父,ゴダードも当初考えていて,
だからノズルが上部にあるロケットを最初に作ったのですが,
やはり下部が噴射を受けると効率が悪い,と言うことで,
ノズルを最下部に持って来て,それをジャイロで制御することに
したのですが,映像を見る限り,彼のロケットはノズル横の
板が開いたり閉じたりすることで実際の制御を行っているように
見受けられます.

Q空に撃った弾丸の 落下速度は?

初速(発射)と同じ速度で落下するのでしょうか?
・TVとかで警官が空に向かって威嚇射撃しますよね。 実弾が鉛直に発射されたとして、落ちてきた弾にあたったらどうなるのか、以前から気になっていました。
・空気抵抗は登りも下りも同じですので、私の理解では「初速と同じ速度」で落下するような気がしてなりません。
・だとすると、落下した弾に当たると、水平射撃と同等に殺傷能力がある上に、無関係な人にあたる可能性さえあるのではないでしょうか。 

Aベストアンサー

ちょうど1年前に同様の質問に答えたものがありますので、ご覧ください。(参考URL)
今読み返すと憶測で書いている部分が多くておはずかしいのですが、若干補足すると、「警官の威嚇射撃は基本的に空に向かってではなく、地面に向かって撃つ」という部分は現在の国内については正しいことがわかりました。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=47029


人気Q&Aランキング

おすすめ情報