某国公立大学の工学研究科 電気・情報分野の
修士1年です.

現在,博士課程に進むか就職するかでなやんでいます.

みなさんにお聞きしたいのは,
修士卒と博士卒で,就職後(大手電器メーカーを
考えています.)の扱いの違いはどうかわってくるかです.

博士卒で研究職につくであろうことは想像できますが,
修士卒ではどのようなことをやることになるのでしょうか?


なお,"技術職"という言葉は私意味がわかりませんので
よろしくお願いします.

A 回答 (6件)

国立大学理学系修士卒業生です。


工学系とはちょっと違うかもしれませんが、参考になればと思い書き込ませていただきます。

修士と博士の違いは、就職活動の段階から違ってきます。
一般に、民間企業への就職を希望するのであれば、修士卒の方が有利です。
博士になりますと専門的過ぎるということと年齢が高すぎるということ、そしてそれ相応の給料を支払わねばならないということ等から、採用を控える企業が多いです。
研究室からの推薦で就職する場合はこの限りではありませんが、自力で就職活動をする場合は、博士はあまりオススメしません。
私自身の学生時代を振り返りますと、就職の決まらない博士課程の先輩たちがたくさんいました。(^_^;)

さて、就職後ですが…。
自分の経験や友人の話等を総合して考えますと、博士号を持って就職した人の場合、自分が研究していたテーマに近い研究につくケースが結構あります。
テーマを買われて就職が決まるというケースが多いので、当然と言えば当然なのかもしれませんが…。
逆に修士ですと、学生時代のテーマとはまったく無縁のテーマにつくことがほとんどです。
但し、修士以上であれば「研究所」に配属される確率は高いです。

ちなみに、これまた当たり前ですが、博士の方が給料は高いです。
また、研究所以外へ異動に出されることは殆ど無いですね。
逆に、修士ですと生産現場(工場)に異動になったり、場合によっては営業になる人もいます。
研究所に配属される率はとても高いのですが、他部署への異動も視野に入れておいた方が良いでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

幸い、研究室からの推薦で就職できる環境に
おりますので、そちらの心配はなさそうなのですが..
修士でも研究職の可能性があるということで、
少し安心しました

お礼日時:2002/03/15 16:41

私はあなたが博士課程でさらに勉強をしたいのであれば、


断然進学することを勧めます。
知り合いの話ですが、理系は「学士、修士では、とても専門的な職業には就けない。」といっていました。
就職がからんで博士への道が閉ざされる社会には反感を持っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

修士卒でも博士同様に活躍できるような風土の会社
ならいいのに、と思います。

お礼日時:2002/03/20 18:26

某素材メーカー勤務です。


私は事務屋なのですが同期をみて言えること。
修士卒は研究職と技術職に分かれる。分け方は私の会社の場合、希望ではなく
運です。
技術職とは、現場の工場勤務。工場の設備や操業方法の改善や、使用する資材
メーカーとの技術的なやりとり、管理など。もしくは電気屋さんなのであれば、
設備屋さんになって、設備の電気関係の改善等。そんな仕事をしています。
あとは、素材なのでユーザーの要望にあわせた開発試験、ユーザーへの技術的
サポートの窓口のような仕事をしている人もいます。
(私の友達は、電気関係の修士卒で電器メーカー就職しましたが、工場で設備
屋さんをしているようです)
工場勤務になると転勤があまりないので、一生田舎にある工場勤務で終わります。
これは、研究所勤務でもあんまりかわらないとは思いますが。
どうしても研究職につきたいのであれば、博士課程までいくべきなのかも。
ただ、会社によって違いはあるかもしれませんので、研究室の先輩に話を聞いたり
した方がよいでしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

修士卒の仕事の幅は広いのですね。
参考になりました

お礼日時:2002/03/15 16:47

某国立大学博士課程修了で理学博士のchukanshiと申します。


あるシステムインテグレータでSEやっています。
別に研究職でもなんでもありません。普通の、修士卒、学部卒、専門卒の
人達と毎日楽しくシステム開発やっています。
学生時代の経験は生きていますが、専門に研究していたこととは
全く違うことをやっています。
こんな人生もあるので、ご参考までに。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

逆に、博士だからといって研究職とは限らないのですね。
参考になりました

お礼日時:2002/03/15 16:42

こんにちは!!



修士の場合は、基本的に企業の研究職に就職できる場合が多いようです。しかし、初めから研究職になれるとも限りません。特に歴史の古いメーカーは、営業で成績を上げない限り、好きな部署に行けないことも多いようです。しかし、逆に博士(含中退)は、採用しない場合もあります。ようするに、一長一短といったところでしょうか・・・。博士課程の単位を修得するのには3年かかります。年齢は、早くても27歳です。新卒で入社をさせることを企業も考えてしまいます。第二新卒や経験者募集の年齢になってしましますから、大手メーカーは厳しくなってくるかもしれません。行きたい会社の採用実績を調べてから、もう一度考えてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

修士でも研究職の可能性は十分あるわけですね。
参考になりました。

お礼日時:2002/03/15 16:38

私は某私立大学の電気工学部(情報系)修士を卒業して、ソフトウエア開発の会社(150名)で働いています。

大企業の扱われ方はわかりませんが、中企業の扱われ方がどんなものか記述します。ご参考までに。

基本的に大学生と同じで、給与が2年先輩と同じくらいもらえるくらいです。特に、中小企業は実力主義の傾向があるので、大学院卒業だから、どこどこの部署へ・・・ということはありません。本人の進みたい分野を加味し、配属されます。勿論、大学院で研究した分野を、就職先の企業も同様に研究していて、採用部門がzyazyaさんのスキルを買ってくれるなら、研究職になるでしょうけど、修士は学士と同じくらいに考えておいた方が気が楽(私の個人的な見解)のような。博士課程と同様に期待されてもね。

私が就職活動でネックになったのは、年齢と学歴です。学校推薦もままならない世の中、まさにバブル崩壊時代の幕開け、当時、2浪+2修士で4年遅れの状態で26歳にて活動したので、「年取りすぎ」ということと、「院卒」は採ったことがないので、周りと上手くやっていけないのでは?という採用部門の心配から、電話の時点で断られるケースが多かったですね。学士の方がまだ求人数が多い状態でした。これは、中小企業の話なので、大企業に入れるような研究内容と学歴(zyazyaさんは、国公立だから問題ないと思いますが)があれば、博士課程に進むのもいいのかもしれません。しかし、中小企業には、「院卒」と「年齢」が弊害になる場合もあるので、お気を付け下さい。

今、会社のあり方そのものを問われている時代なので、今、そうだとしても、今後、どうなるかわかりません。後々、どちらが自分にとって後悔がないかを、じっくり考えるといいのかもしれませんね。

あまり、いいアドバイスになってないですが。すみません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すばやい回答をありがとうございます.

会社に入ってからの仕事に関しては全然わからない
状態なので,参考になりました.

お礼日時:2002/03/13 18:54

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q工学博士,博士(工学),Ph.D.の違い

 タイトルの通り,○○博士,博士(○○),Ph.D.の違いについて質問です(『○○』には『工学』,『理学』などが入ります).

 ○○博士と博士(○○)は,前者が昔の,後者が今のもの,という印象があります具体的には何が違うのでしょうか.

 Ph.D.は,直訳すると「哲学博士」ですが,「Ph.D. in ○○」と書かれることもあり,よく分かりません.

Aベストアンサー

前にも同じような質問があったのですが、思ったやつが検索にかかってきませんので書き込みます。

すでに出ているように○○博士,博士(○○)というのは、法律で表記が変わりましたのでかわっただけで、同意です。

PhDは、英語圏の人にわかるようにする場合に、英語圏に当てはめるとPhDに相当しますと言う意味に考えてよいと思います。

以下、すでに出ている回答でおやっと思うことについて書いておきます。

>外国ではすべてPh.D.と呼びます。

すでに出ているように、MD(医学)がありますし、英国では、PhDより上級の学位としてDSc(Docter of Science)があります。日本でもDScと書いている人をたまに見かけます。

>工学博士ではDr. Eng. (Doctor of Engineering) がかなり多いです。

米国では、Dr. Eng.は、PhDよりもワンランク低い学位とされています。日本で工学博士をそう書いているのであれば、深い意味無しに書いているのか(単なる英訳)も知れませんが、知っていれば書かないでしょう。逆にDSc.は、知っていて使う人もいると思います。

通常は、もし工学を入れたければ、PhD in Engineering
とすればよいと、私の同僚の米国人は言っています。

前にも同じような質問があったのですが、思ったやつが検索にかかってきませんので書き込みます。

すでに出ているように○○博士,博士(○○)というのは、法律で表記が変わりましたのでかわっただけで、同意です。

PhDは、英語圏の人にわかるようにする場合に、英語圏に当てはめるとPhDに相当しますと言う意味に考えてよいと思います。

以下、すでに出ている回答でおやっと思うことについて書いておきます。

>外国ではすべてPh.D.と呼びます。

すでに出ているように、MD(医学)がありますし、英国では...続きを読む

Qこれからの時代、修士卒?博士卒?どちらがいいでしょうか?

来年度から都内の某国立大学工学系大学院に進学します。
また、現在、国が博士号取得者を増やそうという働きがあるようです。

そこで質問があります。どなたか知識のある方がいらっしゃいましたら回答をお願いいたします。

これからの時代、「修士卒」と「博士卒」どちらがいいでしょうか?
進学先の教授は、博士課程の学生が欲しいのか、「これからの時代は博士に進学しなくては駄目」と言って来ます。
しかし、実際はどうなのでしょうか?

ちなみに将来的には、大手企業に就職したいと考えています。

また、もし博士に進学する場合でも、これから5年間かけて博士号を取得するのではなく、博士一貫過程を利用し、3年あるいは4年(出来れば3年)で博士号を取りたいと思っております。
そこで博士一貫過程で、5年未満の短期間で博士号を取得することは一般的に可能でしょうか?

自分としては、きちんと企業に就職できて、博士号取得が努力しだいで修士入学から3年程度で可能ならば博士課程進学を考えたいと思っております。

ちなみに自分は今まで浪人や留年経験は一切無しです。

来年度から都内の某国立大学工学系大学院に進学します。
また、現在、国が博士号取得者を増やそうという働きがあるようです。

そこで質問があります。どなたか知識のある方がいらっしゃいましたら回答をお願いいたします。

これからの時代、「修士卒」と「博士卒」どちらがいいでしょうか?
進学先の教授は、博士課程の学生が欲しいのか、「これからの時代は博士に進学しなくては駄目」と言って来ます。
しかし、実際はどうなのでしょうか?

ちなみに将来的には、大手企業に就職したいと考えています...続きを読む

Aベストアンサー

大手企業に就職して何がしたいかということが一番重要な気がします。
とりあえず大手企業に就職できればいいのなら、博士はお勧めしません。
逆に、確固としたやりたい研究分野があって、企業でもその研究を継続したいのであれば、博士取得がプラスになると思います。

基本的に、企業は修士を「研究者・開発者」としてはあまり見ていない気がします。
もちろん研究所に配属される方もたくさんいるわけですが、企業的には育成して研究者・開発者にしようという感じではないでしょうか。
私の同期や後輩も修士卒で大手企業に就職した人がたくさんいますが、学生の時の研究と同じ事やってる人はあまりいません
(というか、あまり研究自体やってる人がいない気がします。これは分野毎に傾向が違いそうですが)。
博士の場合ははっきり「研究者」として見られると思います。しかも、ある程度即戦力になることが求められるでしょう。
ある分野の研究をする気のない企業は、おそらくその分野の博士は採用しないと思います。

また、博士を3年でという話ですが、学部卒から3年で博士を取った人は私は知らないですね…。
4年で取った人は何人か知っていますけど。
結局のところ、論文が何本書けたかで決まると思いますが、私の出た大学(旧帝国)では、3本あれば大丈夫だったと思います。
私の知ってる4年で出た人は、学部卒業時点で論文投稿してました。
論文は投稿してから採録が決まるまで半年掛かったりするので、修士1年のうちに1本書くくらいの勢いが無いと
3年で3本は正直苦しいと思います。
ただ、論文どれくらい書けばいいのかは各大学で違うでしょうから、一概に無理とは言えませんが。
論文の質の問題もありますしね。世界的な発見とかなら1本でも大丈夫でしょうし。

大手企業に就職して何がしたいかということが一番重要な気がします。
とりあえず大手企業に就職できればいいのなら、博士はお勧めしません。
逆に、確固としたやりたい研究分野があって、企業でもその研究を継続したいのであれば、博士取得がプラスになると思います。

基本的に、企業は修士を「研究者・開発者」としてはあまり見ていない気がします。
もちろん研究所に配属される方もたくさんいるわけですが、企業的には育成して研究者・開発者にしようという感じではないでしょうか。
私の同期や後輩も修...続きを読む

Q大学院修士卒から博士になるには

大学院の修士を卒業してから、企業で研究職になった場合、どのような課程で博士への道が開けますか?
一般的なケースで教えてください。

Aベストアンサー

1、社会人を対象とした博士課程に入学する
これは会社に通いながらいける大学院です。あくまで研究室の教授とどのように研究をすすめるか話し合う必要があります。
うちの研究室にいる社会人の方は、休日や会社から行ってもいいと言われた日にくればOKと教授との間で話しているらしいです。
研究室で実際に研究した結果を論文にします。

間違ってはいけないのは、これは受け入れる教授と行かせてくれる会社の理解あって初めて成り立つものです。

2、論文博士
これも社会人向けの大学院となるのですが、研究室で実験は全くしません。会社でやっている実験でだした結果をそのまま博士論文に持ち込みます。
その研究をある程度公にしていい場合はこの結果をそのまま博士論文として提出して博士を取るというやり方です。
しかし、この制度は廃止される傾向にあります。

社会人として博士号を取るとしたら、この2つであると思います。

私が実際に面倒を見ている方々は、100%と言っていいですが、
「箔付け」に博士を取るにすぎなく、聞くところによると
会社で給料がちょっとあがる、出世するのにちょっと有利?
何となくかっこいいということです。

この博士号を取ったからといって、研究者としてやっていく力がつくとは思えません(論文博士はもともと研究してる人だし)。

実際に会社である立場のちょっと上を目指すときに、あったらいいなというものです。

最後に、もう一度だけ、間違ってはいけないのは
会社に黙ってやるのは駄目だと思います。

また、社会人向けの大学院があるからといって、試験だけを受けて合格すればいいでは駄目です。受け入れ側の教授にちゃんと受け入れてくれるか確認する必要があります。

1、社会人を対象とした博士課程に入学する
これは会社に通いながらいける大学院です。あくまで研究室の教授とどのように研究をすすめるか話し合う必要があります。
うちの研究室にいる社会人の方は、休日や会社から行ってもいいと言われた日にくればOKと教授との間で話しているらしいです。
研究室で実際に研究した結果を論文にします。

間違ってはいけないのは、これは受け入れる教授と行かせてくれる会社の理解あって初めて成り立つものです。

2、論文博士
これも社会人向けの大学院となるのですが...続きを読む

Q二流私大の修士から、国立の修士・博士へ

4月から二流私大の修士課程に通います。
表面上はいいことをかいてありましたが、専門のこま数が
圧倒的に少なく、生徒数も少ないです。
『自分で勉強をするものだ』などと夢心地の意見もありますが
だまされた悔しさでいっぱいです。
どの世界に勉強は自分でするといって東大ではなく、二流の
大学に入る人間がいるでしょうか?

いまさら、他の大学院を受けたり仮面をすることはできません。
そこで修士の2年は今の大学にお世話になり、博士課程、あるいは
もう一回修士課程を国立大学で過ごす予定です。

二流の修士から国立の博士に変わった人、どのように準備をしたか
アドバイスをください。

Aベストアンサー

いったい、質問したいんですか、愚痴りたいんですか?
アドバイスに対して
「どうも恵まれている方の
高みからの意見(要するに東大・京大卒業者)のような
印象を受けています。」と反発しか出来ないようでは、どうにも見込みは無いといわざるを得ません。

大学院は、「授業料を払って自由に研究できる時間を買うところ」です。旧帝大の院だってそれほどすごい授業があるわけではありません。学生が自力で教科書を読む輪講形式の授業が過半数でしたし、研究テーマと直結する講義なんて1つか二つでしたし。

問題は、指導教員です。いい先生にめぐり合えれば、博士課程に進めるだけの研究成果を修士の2年間で挙げることが出来るでしょう。
二流大学は先生の質も低いと思われるかもしれませんが、いい先生も少しは居るものです。うまく探してください。他大学の博士課程への進学の後押しだってしてくれますよ。
博士課程の入学試験はほぼ修士の研究と博士課程での研究計画の審査です。最近、旧帝大の大学院でも博士課程の定員はあまり気味ですし、ちゃんと研究さえしていれば、そっちへ進学することはできるでしょう。

あとはあなたの能力次第です。

いったい、質問したいんですか、愚痴りたいんですか?
アドバイスに対して
「どうも恵まれている方の
高みからの意見(要するに東大・京大卒業者)のような
印象を受けています。」と反発しか出来ないようでは、どうにも見込みは無いといわざるを得ません。

大学院は、「授業料を払って自由に研究できる時間を買うところ」です。旧帝大の院だってそれほどすごい授業があるわけではありません。学生が自力で教科書を読む輪講形式の授業が過半数でしたし、研究テーマと直結する講義なんて1つか二つでしたし...続きを読む

Q学部卒と修士卒

修士卒の人って、学部卒の人に比べると、なんとなく違うというかクセのある人が多いような気がするんですけど、ここを見ているみなさんはどう思っているんでしょう?
会社の同僚を見ていると、いつも感じてます。
2年多く勉強してきたということもあると思うんですが。
くだらない質問ですみませんけど、他の人の考えが知りたくて質問しました。

Aベストアンサー

修士課程という2年間を過ごしたことは、やはりその人の人格その他に影響を及ぼしますが、それは「修士卒=○○な人」という単純な表れ方ではありません。いくつかのケースを考えてみると、

1)クセのある人というのもいます。そういう人は、おおむね学部生のころからの性格が、修士課程というある種「特殊」な状況(部活・サークルなどには普通は参加せず、研究を中心とした生活=学部生よりはるかに勉強漬けな生活)によって増幅されたということがあります。「ますます変になった」という状態かもしれません。ただ、新たな性格が修士課程の経験を通じて「生まれた」という事例はあまり聞いたことがありません。

2)また、修士課程の2年間で勉強したことで、「自分は学部卒とは知識量が違う」と思うようになるというケースを私はあまり見たことがないですが、ありえるとは思います。学歴偏重主義の人が陥りやすいところかもしれません。もっとも、こういう人は学部の頃から大学のランクとかそういうところで人の上に立って自慢したいというタイプであることが多いような気がします。

3)逆に、修士卒でよい変化を遂げる人もいます。学部の勉強など、所詮は学問の入り口前にたどり着いた程度のものです。修士課程で本格的な研究に着手して、はじめて自己の能力や知識に対する謙虚な態度が生まれるということもあるわけです。この場合、むしろ「自分を優秀だと思っている学部生の傲慢さ」が糺されるのですから、人格面への良い変化といえるでしょう。ただ、これも学部卒で就職して会社勤めの経験などから自分の未熟さを悟ることも多いでしょうから、修士課程に特有の事象とはいえません。

以上を検討してみると、「修士卒の人は○○」とは一概にはいえないと思われます(せいぜい、(2)の自慢の表れ方が学部卒の自慢と違う程度かと)。
 しかし、それを一まとめのカテゴリーにしてしまうと、逆に「修士卒=変、学部卒=普通」という単純な二項対立で世の中を把握してしまうことで、かえって学部卒の人のなかにある「クセ」「ゆがみ」(あるとしたら)を見えなくしてしまうこともありえます。「普通/変」という枠組みで人間を見過ぎないほうが安全なような気がします。

なお、「会社=社会」であっても、「社会=会社」ではない、ということは重要です。大学の研究において、「会社」からは遊離している学問は数多くあれど、「社会」から遊離した学問というのはありえません(きちんとやっているならば、ですが)。

修士課程という2年間を過ごしたことは、やはりその人の人格その他に影響を及ぼしますが、それは「修士卒=○○な人」という単純な表れ方ではありません。いくつかのケースを考えてみると、

1)クセのある人というのもいます。そういう人は、おおむね学部生のころからの性格が、修士課程というある種「特殊」な状況(部活・サークルなどには普通は参加せず、研究を中心とした生活=学部生よりはるかに勉強漬けな生活)によって増幅されたということがあります。「ますます変になった」という状態かもしれません...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報