一人でバイクに乗ってキャンプするのが趣味なのですが、
非常に困るのが食事です。
朝昼はコンビニやファミレスで済ますのですが、
キャンプ場に居る夜くらいは自炊したいなぁと思っています。(殆ど夜もコンビニ弁当に…。)
難しいのが食材です。野菜を買おうにも一人じゃ到底食べきれる量じゃないし、お肉も中々手ごろなのがありません。
皆さんはどのように工夫して自炊されてますか?
また、独自の定番レシピ等ありましたら教えてください。
宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

こんにちは。



野菜も玉ねぎやニンジンだと数日持つと思います。
あとは、自分がよく食べるのは、リゾット。

乾麺をもっていってもいいですし、電子レンジで
温めるような米をつかいます。
あとフリーズドライのトマトスープやベーコンスープ、
お好みのスープを大目のお水にとかして、
その中に、茹でたパスタや米を入れるだけです。
すこし、煮込めば、おいしいリゾットができます。

あとは、自分は麺がすきなので地元の麺やお味噌を
かって、鍋をするのが割りと好きです。
山梨ではほうとうをしました。
あと、道の駅で食材を買うとおもしろいものが
たくさんあるのでそんなのをミニフライパンで焼くだけで
おいしいです。
    • good
    • 11

キャンプ=アウトドアー ですので


夕食位は 自炊し楽しみたいですねー
たとえレトルトハンバーグやミートボールでも 美味しく感じる物です。
初日は自宅で準備出来るので 何でも下ごしらえして持っていけると思います。
旅途中は、スーパーではなく、田舎のお肉やさんなんどで100gとか量り売りしてもらう、キャンプ中を伝えればラードも貰え 焼肉用の油確保できます。肉は塩コショウで十分です。
野菜は 万能な キャベツ、もやし 茹でても炒めてもOK
100円ショップで売ってる COOKDO!の マーボー豆腐の素は2人前ですが ご飯はおにぎり一個にして 満腹とか!
湯豆腐も 豆腐、出し昆布、ネギ、鰹節、醤油で作れます。

懲りすぎず シンプルな料理を楽しむと 考えれば あれこれ浮かぶのではないでしょうか。 食事を作るのではなく 遊び・レジャーの一環と考えると キャンプの楽しみが増えます。
    • good
    • 10

コンビニやファミレスですかもったいないですね~


例えば太平洋側と日本海側では、スーパーで売っている物が見慣れた物でも微妙に違います。
いつもと違うインスタント食品や、お総菜なんかを食べてまわるのも楽しいですよ(^^)
自炊はし慣れてないときついですが、携帯コンロをお持ちなら、とりあえず適当な鍋(100円で売ってる片手鍋でも空き缶でもかまいません)でご飯だけでも炊いてみては?
めんどくさくなって飽きちゃうと道具がもったいないですよ。
    • good
    • 9

私は良く餅米を良く持ち歩き、夜キャンプ地で炊きます。

小豆と胡麻塩で赤飯、鶏肉と人参でオコワ等など。他に漬物やトマト等を道の駅で餅米と良く一緒に買います。
翌日の昼食用にオニギリも作ろうと大目に炊きますが大抵夜間全部食べてしまいます。作り方は赤飯の場合小豆を煮て煮汁+水&餅米で炊きます(水分は白米の約1/3) 餅米は御自宅で一度炊いて見た方がいいかも知れません。普通の白米とコンビーフ&ジャガイモを炊き込むのも好きです。
炊飯には事前に米を水に浸けておける密閉方コッヘルが便利ですよ。

参考URL:http://www.teddybeargallery.net/soap/favorite/fa …
    • good
    • 3

私もバイクでキャンプ(野宿)ツーリングをするのですが


夕飯はかなり簡単にしませてしまいます。
河川敷や山の中での野宿ですと火+ゴミの問題が大きいのです。

では何を食べているかというとフランスパンを
ナイフで輪切りにしてケチャップをつけ食べています。
これだとゴミが出ないし火もつかいません。
基本は大抵これです。

あとキャンプ地などでゴミ、火の使用などに余裕があれば
レトルトのハンバーグを買って挟みサンドイッチにしたり
とうもろこし(粒)の缶詰とコンビーフを炒めて食べます。
半分サイズや4分の1サイズを入手できれば
キャベツを切って一緒に入れます。
コンビーフの塩気と油が良い味付けなので
調味料などは使いません。
    • good
    • 6

自分もソロキャンプツーリングやります。


適当なものを作って、それをつまみにビールを飲むのが楽しみの一つです。

自分はモヤシ炒めをよく作りますがどうでしょう?
もやしは安いですし、きのこ類などを足してもいいと思います。
味付けはクレイジーソルトでやってます。
100円ショップの鉄製フライパンでやれば、シャキシャキしておいしいですよ。
あとは餃子を焼いたり、コンビにおにぎりで雑炊とか・・・。
基本的に飲めればいいんで、そういうレベルの回答で申し訳ないですが。
    • good
    • 6

簡単にすませるときは、袋ラーメンと缶詰くらいですね。


キャンプの時に食べるとなぜか実力以上のうまさです。

料理すると生ゴミを出す事になるのですが、ゴミを捨てられないキャンプ場
もあるのでこういったメニューになることが多いですね。

ちなみにツーリング中に野菜を採りたいときは野菜ジュースにしてます。
    • good
    • 1

こんにちは。



■野外料理研究会
 http://blog.mag2.com/m/log/0000039328
のバックナンバーには参考になるレシピや道具談義が多く勉強になります。

2000年頃からのバックナンバーが残っていますが、その時期ごとでソロ向けだったり、ダッジオーブン料理だったりしますので、ご自分向けのものをいろいろ探してみてはいかがでしょう。
    • good
    • 3

 焚き火をするんであれば、あぶってうまそうなものを適当に買います。

あとはなんとなく打たれ強そうな奴で、割りに安いものか、確実に食いきれるもの。
 するとピーマンとか、茄子とか、ジャガイモとか、きのこ類になります。葉物はあまり買わないかも。
 で、例えば余った茄子とかジャガイモとかは、翌朝味噌汁にしてやっつけてしまいます。
 あとは店にも依りますが、野菜炒めのパックは日常でも良く使うかもしれません。

 肉は高齢化社会の賜物か、近年チェーン系スーパーにはほぼ少量パックが存在します。
    • good
    • 2

そりゃー、白菜丸ごととか大根1本とか、


そういうのは一人では食べきれないですけど、
もうちょっと、スーパーの売り場を観察してください。

一人分だけ作れるメニューといえば、キノコ豚汁みたいな料理です。
「えのき+ニンニクの芽+豚バラ」
「椎茸+万能ねぎ+骨付き鶏肉」
「まいたけ+ししとう+牛もつ」
みたいな組み合わせであれば、一人分だけ材料を調達するのはカンタンです。

あとは、味噌汁の具がフリーズドライで詰め合わせになったものとか、乾燥ワカメとか、乾燥ねぎとか、そういうのを使えばさらに彩が増えます。
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qツーリングで野宿は怖くありませんか。

バイクにテント積んでツーリングってかっこいいと思うのですが、実際に野宿してみて怖くありませんか。テントでよく寝れますか。
襲われたりしませんか。テントに火つけられたりしませんか。
それで田舎など人のいない場所を選んで寝てると今度は野性動物に襲われる恐れありませんか。
かっこいいとは思いますがどうも危険な気がしてできません。

Aベストアンサー

10年前に、野宿で「日本一周(全都道府県)」経験者です。(バイクはセロー225。)

私の場合、2ヶ月以上の旅でしたが、テントは ほとんど使いませんでした。
テントって、片付けるのが「ものすごく」面倒くさいじゃないですか。
そんなの毎日やってられませんよ。
それに、下の人も書いてますが、テントを張れる場所って、キャンプ場くらいです。それ以外の場所でテントを張ることは、まず無いでしょう。
一応、テントは持っていきましたが、2ヶ月で3回くらいですかね、使ったのは。
ほとんどが、銀マットをひいて、寝るだけ。でした。(寝袋も無し!)
これだと、朝 片付けるのが、すごく楽ですよ。
野宿の場合、なにかあった場合に、すぐに出発できるようにしておいた方が、気分的に落ち着きますよ。

ただ、野宿は、あるていど「慣れ」が必要かも。
「どこでも寝れる!」という自信があっても、案外どこでも寝れないもんですよ。 実際は。
ただ、野宿に慣れてくると、自分にとっての「寝やすい場所」っていうのが、分かってくるので、探してもすぐに見つけられるようになっていきます。
ツーリングに行く前に、何回か近所で野宿をしてみた方が良いと思いますよ。それだけでも、かなり違うと思います。
逆に言えば、それくらい出来ないと、知らない場所での野宿は厳しいと思います。

あと、野宿の場所ですが、オーソドックスな場所は、やはり「駅」&「バス停」ですかね。
「駅」は、田舎に行けば、夜はほぼ100%無人になります。
雨もしのげるし、昔からの野宿のサンクチュアリ(聖地)です。
バス停も、雨よけの付いている場所が、たまに在るので そこはとても寝やすいです。

あと、私的に寝やすかったのは、「スーパー」や「土産物屋」とか「本屋」。
田舎に行けば、だいたい20時には閉まるので、22時くらいに行けば無人です。
そして、それらの建物には、たいてい「ひさし」なるものが着いていて、雨よけもバッチリです。
その「ひさし」の下に銀マットを敷いて寝ると、完璧です。
あと、「洋服の青山」とか「電気店」などにも、「ひさし」が付いていて、寝やすかったです。

道端でも、たまに寝ましたが、「ここは人が絶対に通らんやろ。」って思ってた道でも、けっこう人が通ります。車も意外と通ります。
ですので、けっこう寝にくいです。
とくに、その道が「通学路」だった場合、朝起きたら、注目の的で、最悪でした。

あと、「寺」や「神社」も基本的野宿ポイントですが、夜は「ものすごく恐い」です。恐すぎて寝れないくらい恐いので、あまりオススメではありません。

あと、ルンペン御用達の「橋の下」ですが、虫が多くて寝れません。
蚊取り線香を10個ほどたいても、効かない虫もいます。(たぶんブヨ。)
橋の下という事は、川が近いので、とにかく虫だらけです。
先ほど、3回テントを使用したと書きましたが、その理由が、この虫です。
川の近くで野宿すると、蚊取り線香や、虫除けスプレーがいくらあっても、ダメです。
その場合は、仕方がないのでテントを張りましょう。

また、夜の山は予想以上に「恐い」ですよ。とにかく「真っ暗」です。
いきなり一人だと、多分無理です。(暗すぎて。)
何回か経験しないと、山の野宿は「恐くて」出来ません。
山だと、悪い事は言わないので、キャンプ場をおすすめします。

あと、襲われたりする事は、無いと思います。
野宿するような人は、一般的に金を持っていないと思われているので、なかなか襲われないと思います。(そういう経験もしてみたかったのですが。)
私には、旅好きの友人・知人はたくさんいますが、襲われたという話は一度も聞いたことがありません。
動物も、同じくノープロブレム。
一般的に、野生の動物は人間を恐れているので、寄ってきません。
わざと餌を置いて「寝たふり」をしていても、なかなか寄ってきてくれませんよ。(猿・キツネ・タヌキなど)
遠くで、見ているだけです。(ちょっとでも動くとすぐ逃げるし。)
そのかわり、虫は寄ってきます。

あと、アドバイスとしては、野宿では絶対にゴミを出さない事。
そうさえ守れば、どこで寝ても、たいてい許してくれます。
基本的に、きれいにしていれば『寝ているだけ』なので、警察も何も言ってきません。
何度も見つかりましたが、野宿と分かると、何も言わず去っていきます。


何事も経験です。
「いいこと」も「わるいこと」も、なるべく若い間にたくさん経験しておきましょう。
普通に生きるなんて、年を取ってから、いくらでも出来ますよ。
今しかできない事から、していきしょう。

10年前に、野宿で「日本一周(全都道府県)」経験者です。(バイクはセロー225。)

私の場合、2ヶ月以上の旅でしたが、テントは ほとんど使いませんでした。
テントって、片付けるのが「ものすごく」面倒くさいじゃないですか。
そんなの毎日やってられませんよ。
それに、下の人も書いてますが、テントを張れる場所って、キャンプ場くらいです。それ以外の場所でテントを張ることは、まず無いでしょう。
一応、テントは持っていきましたが、2ヶ月で3回くらいですかね、使ったのは。
ほとんどが、...続きを読む

Qキャンプ場以外でキャンプしているHP

キャンプに関するHPを色々見てみましたが、トイレ・給水所・売店・AC電源などの設備の整ったキャンプ場でのものがほとんどでした。

正直言って、それってキャンプ?それってアウトドア?と思います。人の手によって作られ用意された場所でテント張ったって、ディズニーランドに行くのと何の違いがあるの?って感じるのは私だけでしょうか?見ていて全然面白くもないし、全く参考にもなりません。

そこで、山岳キャンプなどの特殊なケースを除く、川原や海辺、平地などで既設のキャンプ場に頼らないキャンプを展開しているHPをご存知の方いらしたら教えてください。お礼のコメントは100%保証します。

Aベストアンサー

20年来のキャンパーです。質問者様のご意向を伺えばキャンプというよりは野宿に近い感じがします。
それでしたら、なんといっても次の2つを一度御覧になって下さい。

寺崎組
http://homepage2.nifty.com/nojyuku/
野宿派ライダーの教祖的存在寺崎勉さんのサイトです。林道の突き当たりや山中での野宿がメインです。

サラリーマン野宿旅
http://nojyuku.hp.infoseek.co.jp/
同名の本も出ています。キャンプ場以外での野宿の情報などが載っています。

ということで、質問者様のご要望にかなうかどうか判りませんが紹介しました。

ところで、質問者様のキャンプにおける経験や技量、あるいはマナーはどれくらいのものなのでしょうか?
と申しますのは、これらの野宿旅には経験、技量そしてマナーが大切になるからです。

日本では自由にキャンプをして良い場所など、厳密には存在しません。私自身、キャンプサイトに電源まであるサイトはただの一度も利用していません。キャンプ場に電気炊飯器やカラオケ装置まで持ち込んでいるバカキャンパーをキャンパーだとは思っていません。

そんなアホばかり増えた昨今のキャンプ場など僕も行きたくはありません。
でも考えてみて下さい。今の日本で本当の自然なんてどこに残っているでしょうか。たしかに人の手によって作られた自然なんてと思う気持ちは判りますが、ではそこにいくまでに通る道路は誰が作ったのですか?

それにキャンプ場でも自然たっぷりの場所もありますよ。人の手は確かに入っていますが、必要最小限の設備しかない素晴らしいキャンプ場はいくらでもあります。

>見ていて面白くもないし
本当の情報を載せている人はいないんじゃ無いかな。僕もそういう場所は何か所も知っていますが、本当に良い場所は教えません。うっかりHPに載せたりでもして、沢山の人に来られてしまったりした日には、良い場所ではなくなりますから。だってトイレも無いような場所ですよ。水も沢水です。だから大小便をする場所は気を付けなければ大変な目に遭います。そこに沢山のマナーも技量も無いようなバカキャンパーが来て、そういうことも知らないで水場のそばに大小便をしたらどうなると思いますか? 他人の大小便が混じった水など僕は飲みたくないですね。

キャンパーに限らず、釣り人などもそうですが、自分の行為がどれだけ自然にダメージを与えているか、考え無い人が多いです。要はオーバーユースなのです。狭い国土に人が溢れているのですから。
そういった意味では、たとえ人工的でも、人が使ってもローインパクトになるように工夫されたキャンプ場を使う方が自然に優しいと思いませんか?

それから例えば河原などでキャンプしていて、雨後の増水などで取り残される事故のニュースがたまにありありますよね。
有名なところでは数年前の「玄倉川」遭難事故ですね。子供を含む十数人が死傷した痛ましい事故です。あれとて、もうすこし経験と技量があれば防げた事故です。はっきり言ってあれは人災です。経験不足の似非アウトドア愛好者が引き起こした人災です。

ですから、整備された場所以外でのキャンプはくれぐれもご注意下さい。

キャンプもTDLも違いがないというのはある意味当たってますね。所詮レジャーですから。違いはありませんよ。だって遊びでしょ。
どうしても人の手が入っていない自然に触れたければ、アラスカやカナダ、ニュージーランドをお奨めします。柔なキャンパーなど歯も立たないほどの自然が楽しめます。20km四方に誰もいない、熊よけ用に44マグナムが必要なキャンプです。

では良きアウトドアライフを!

20年来のキャンパーです。質問者様のご意向を伺えばキャンプというよりは野宿に近い感じがします。
それでしたら、なんといっても次の2つを一度御覧になって下さい。

寺崎組
http://homepage2.nifty.com/nojyuku/
野宿派ライダーの教祖的存在寺崎勉さんのサイトです。林道の突き当たりや山中での野宿がメインです。

サラリーマン野宿旅
http://nojyuku.hp.infoseek.co.jp/
同名の本も出ています。キャンプ場以外での野宿の情報などが載っています。

ということで、質問者様のご要望にかなうかどう...続きを読む

Qテント張るのに許可は要るのですか?

ちょっと気になったんですが
テントを張る時身近な機関・人から許可などはいるのでしょうか?
まあテントですから張るのは主にキャンプ場等かと思いますが
それ以外で公園の空き地とか高い山の中間等
回答お願いします

Aベストアンサー

過去の経験からですが、「下見」「事前調査」「問い合わせ」「場数」がポイントです。

なぜ、キャンプ場以外で野宿をするのかという点を良く考えてから実施してください。
・社会人が、キャンプ地の料金をケチるためならお止めください
・学生が貧乏旅行するなら大目にみられるでしょう
・青少年にキャンプ地以外での野宿(ビバーク)の経験をさせると言う教育目的でやるなら(ボーイスカウトなどで)周到な準備と計画がいるでしょう。地元と連絡をよく取り、サポート体制を組んで実施することが多々あります。
・ハイキング、山登りの場合に予定の行程どおりに行かずに緊急避難で張るなら許されるでしょう。(計画時に可能性のある退避場所を調べておくのは常識)


許可をもらう場合とゲリラ的に泊まる場合に分けて書きます。

正式許可がとれるかどうか

河川敷
河川事務所が管理している。大規模キャンプは事前申請が必要。
河川敷に公園や野球場がある場合、管理者は別にいる。正式に許可を求めるなら、そこを探す。
いずれも個人が申請しても許可が出ない

海岸
多くの県では、キャンプ禁止になっている。

道の駅などの駐車場
許可は出ない

里山(農地のどん詰まりとか、林道の終点とか)
あらかじめ地主の許可を求めればOKとなることが多い。国有林は許可は出ない

廃校、公民館など
管理者(町内会など)次第

高い山の中
キャンプ地以外は許可が出ない。オフシーズンでキャンプ地が閉まっているようなときでも「あきらめてください」といわれるだけ。


ゲリラ的に泊まる場合

一般論
「不法侵入」と言われたら反論できないことを念頭に置いて自分の責任でおこなう。

目立たないところに張るか、普段テントが見られるところに短時間だけ張れば、多分問題にはならない。

人工の構造物(駐車場、道路、漁港、トンネル、高架道路、鉄道、学校、公園)を極力避けて、林とか林道、空き地など自然に近く人気のない場所を選定する。

日の高いうちからテントを張ったり、朝遅くまで張っていれば、誰かに何か言われる可能性が高まる。あらかじめあたりをつけておき、人気が無くなってから張る。

トイレなどのあるところにする。
暴走族などが来ることを念頭に置く。

あらかじめ地図・ガイドブック・ネットで研究し、現地(役所の観光課や観光協会)に電話をして様子を聞き、出来れば下見に行き、当日は早めに着いて場所を確認し、出来れば近隣の人に声をかけ、人気のない時間だけ張るというのがポイント。


河川敷・海岸
2-3人のグループがバーベキュー程度をするなら許可は要らない。
駐車場などの一番奥とかなら文句は言われない
洪水や暴走族などを念頭においておく。

海岸
オフシーズンに目立たないところで張るなら多分OK。
駐車場があればそこの脇がよい。荒天時に注意
砂浜ではなく、防風林などの脇がよい。

都市部の公園
大規模な緑地や築山のあるような公園なら目立たないところがあるかもしれないが、リスクは大きい。

地方都市の人里離れた公園や野球場
夜間も自由に出入りできる場所なら多分OK.

道の駅や観光地の駐車場
深夜管理人がいないあいだに目立たない場所の緑地に張る。オフシーズンに自分の停車している車の横に張るくらいなら、文句は言われないないだろう。
交通事故に注意

林道・農道の終点
日没後、交通が無いことが確実なら泊まることが出来る。未明からトラックが通ることがあるので注意

林の中(低山)
テントを張るには下草を刈ったりする必要がある。雑草なら良いかもしれないが、キャンプには不適当

林の中(高山)
土壌を踏み固めるという行為の影響や、トイレなどの始末方法を理解してなければ勧めない。(生物で分解されないし、生態系を乱す)
管理された人工林なら可能性があるが、国立公園内では緊急退避以外でキャンプをしてはならない

山頂近くなどに山小屋があれば、キャンプ出来る場合は場所を指定してくれる。あらかじめ問い合わせておくこと。

そのほか
教育目的でやる場合は、警察、消防に計画を連絡しておきます。パトロールしてくれます

過去の経験からですが、「下見」「事前調査」「問い合わせ」「場数」がポイントです。

なぜ、キャンプ場以外で野宿をするのかという点を良く考えてから実施してください。
・社会人が、キャンプ地の料金をケチるためならお止めください
・学生が貧乏旅行するなら大目にみられるでしょう
・青少年にキャンプ地以外での野宿(ビバーク)の経験をさせると言う教育目的でやるなら(ボーイスカウトなどで)周到な準備と計画がいるでしょう。地元と連絡をよく取り、サポート体制を組んで実施することが多々ありま...続きを読む

Qレトルトパック ご飯の戻し方

時々レトルトパックのご飯を山に持って行きます。
 →よくある パックケースのままレンジなどに入れてチンするとご飯が戻るヤツです。

山でボイルして戻すのですが、うまく戻りません。
時間を長くしても回り(ケースに近いところ)はチャント戻るのですが、真ん中のあたり(全体の半分以上)は結構硬いままです。

カレーなどをかけて混ぜて食べるので何とか食べれますが、あまり おいしい、という状況ではないです。

そこで、自宅でやってみたのですが、5分ほど強い火でやってもやはり、ほぼ同じ状況でした。
→家のガスでこれだと山では気圧(標高1500-3000m)もあってやはり無理?

ただ、レンジに入れて2分チンすると中まできれいに出来ています。(結構おいしい)

そこで、質問です。
  Q1)湯煎でうまく戻す方法(山での話です)はありますでしょうか?(圧力鍋などありません)
  Q2)日帰りの場合、前日夜にレンジで戻して持って行き、山で軽く湯煎(暖める)ではどうでしょうか?
  Q3) Q2)で一度家で戻して、行かなかった場合、また元の保管に戻してOKでしょうか?
     →当日 行かないこともソコソコあるので、、、  スグ腐ってしまう? 時期は真夏以外です。」
経験のある方お願いします。

なお、レトルトご飯の調理に関する回答のみでお願いします。

時々レトルトパックのご飯を山に持って行きます。
 →よくある パックケースのままレンジなどに入れてチンするとご飯が戻るヤツです。

山でボイルして戻すのですが、うまく戻りません。
時間を長くしても回り(ケースに近いところ)はチャント戻るのですが、真ん中のあたり(全体の半分以上)は結構硬いままです。

カレーなどをかけて混ぜて食べるので何とか食べれますが、あまり おいしい、という状況ではないです。

そこで、自宅でやってみたのですが、5分ほど強い火でやってもやはり、ほぼ同じ状況でした...続きを読む

Aベストアンサー

山だといっそのこと全部なべにあけ、水を加えておじや風にしてみたらどうでしょう。
(水の量を加減して、あまりゆるくしないようにする。)
あるいはお湯をわかしてそのなかにごはんをいれ、すこし煮たったところでお湯を捨ててもいいかもしれないです。

やってみたことはないですがやわらかくはなると思います。

Q車中泊での自炊はどこでしていますか?

みなさん、こんにちは。

私は、最近、車中泊についての本を読みました。

私もやってみたいと思っています。

そこで、車中泊中の自炊は、キャンプ場以外では、

やっぱりSA・PA(宿泊地)の駐車場でするのでしょうか?

その時は、恥ずかしくありませんか? また、人に見られたり、注意されたりしますか?

そのような場合は、どう対処しますか?

車中泊経験者の方々はどうしているのか、教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

年中、車で移動し、車中泊も度々しております。

食事ですが、外食と自前で用意と半々くらいでしょうか。
麺類やどんぶり、弁当は食べ飽きてしまいましたので。

とはいえ、まともに調理することは、S.Aなどでは、場所が場所ですから、できかねます。
お湯を沸かすくらいでしょうか。痕は精々、キューり切ったり、果実を剥いたり。

駐車場では火気が禁止されてますので、窓を開けて車中でバーナーを使います。
S.Aで給湯器があればそれを利用しますが、ないところも多いです。
ピクニックエリアでバーナーを使うときもあります。

車にはいつもクーラーボックスを置いてますので、通りがかりにおいしそうなものがあると買ってます。
町の中ではスーパー、観光地で魚貝類の炉端焼きがあれば、即購入です。

高速道路のS.Aの軽食コーナーは持ち込み可ですから、そこでライスのみ頼んだりします。

一応、非常用に、アルファ米と缶詰、ラスク、乾パンは持ってます。

Qシングルバーナーで焼肉(BBQ)をする方法

 アウトドア初心者です。
 シングルバーナー(EPIRevo3700)があります。
 これを使って焼肉をやりたいのですが、網などはどのようなものを
どのようにセットすればいいのでしょうか?
 その他、準備するものを教えてください。
 また、鉄板焼きの場合はどうでしょうか?
 人数はせいぜい2人なので、大きなものは必要ないと思います。
 漠然としていて恐縮ですが、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

網焼きはやめたほうがいいでしょう。
ガスレンジの炎で直接、網で肉を焼いたりはしないでしょ?
小さなフライパンで焼くのがよろしいかと。
登山でなければ、家庭用の18センチとか20センチとかで良いと思います。

Q原付二種でソロツーリングしてる方って、結構いらっしゃるんですかね?

原付二種でソロツーリングしてる方って、結構いらっしゃるんですかね?

バイクを持ってるんですが、未だにツーリングをした事がありません。
バイクに乗り始めた時から興味はあるんですが、私のバイクは「Air Blade」と言う原付二種です。

「ツーリング」って言うと、ネイキッドだったりアメリカンだったり…。
比較的大きめのバイクで、徒党を組んで走ってる…って言うイメージが強いんです。

そんな所にちっちゃい二種が走り回って、どう思われてるんでしょうか??

「他人のバイクなんて気にしてねーよ」と言う意見が多いのかもしれませんが、
どんな回答でもきっちり受け止めるのでぜひご回答お願い致します。

当方北部九州在住なので、阿蘇や九重などに憧れがあります。

Aベストアンサー

私もそれが知りたかったんです。
私もよく原二でツーリングしますが、同じ原二のツーリングライダーに
すれ違った記憶がありません。
よく見かけるのは、カブに乗ってる現地の方ですが、
じつはその方はツーリングライダーだったんでしょうか?。

ツーリングの目的はなんと言っても、温泉です。
あっちこっちの温泉場めぐりみたいな事をしています。

あなたも、先ずは走ってみましょう。
経験が無いと言うのなら、片道100k程度から始めてみましょう。
ゆっくり走っても片道3時間もみれば十分です。
私も最初は原二で大丈夫かな? の気持ちがあったのですが、
結果、全く心配いらないと知りました。

バイク仲間もいますが、休みが合わないのでツーリングは一人の事が多いです。
そして、一人の方が気が楽で、好きです。
自分の好きなように走れます。
あれ!?と思った所を行き過ぎても、直ぐに止まって、
クルリとUターンして戻れますね。
そして、下道しか走れませんから、抜け道にも強くなります。
慣れてくれば、片道400k位は走れます。
ほぼ日帰りの限界です。
一般的なゆっくりとしたツーリングとは違ってきますが。

そして、小排気量車は、特にスクータータイプは運転が楽ですし
荷物を積むのも楽です、そして突然の雨にも気が楽ですし。

以前は毎週のように出かけましたよ。
私の所から下呂(岐阜県)までは片道200キロ位有るのですが、毎週のように
JRの下呂の駅でおトイレ休憩をしていました。
すると或る日、旅館の客引きのおじさんが、「あんたこの近くに住んどるのかね?」
と尋ねられた事があります。
毎週のように私のスクーターを見るので、近くに住んでると思われたようです。
その時の私の目的地は下呂から100k先の新穂高だったんです。

どうぞあなたも、迷わずツーリングにでお出かけ下さい。

私もそれが知りたかったんです。
私もよく原二でツーリングしますが、同じ原二のツーリングライダーに
すれ違った記憶がありません。
よく見かけるのは、カブに乗ってる現地の方ですが、
じつはその方はツーリングライダーだったんでしょうか?。

ツーリングの目的はなんと言っても、温泉です。
あっちこっちの温泉場めぐりみたいな事をしています。

あなたも、先ずは走ってみましょう。
経験が無いと言うのなら、片道100k程度から始めてみましょう。
ゆっくり走っても片道3時間もみれば十分です。
私も最初は...続きを読む

Q徒歩移動でソロキャンプに必要な装備

新たな趣味として一人でトレッキングやキャンプをしたいと考えています。

この時期に近所の山(400m程度)やオートキャンプ場でソロキャンプ(1泊)したいのですが、トレッキングシューズ以外これから揃えなければなりません。

徒歩移動(バックパックに詰めて持ち運べる)で必要な装備等を詳しく教えてください。(メーカーや種類、大きさ)
当方30代の男で、中国地方です。

調べて思いついた物を書いてみます。
1.服装(インナー吸汗拡散性、フリ-ス、ゴアの防水性アウター、ゴアのズボン)
2.バックパック(大きさは?)
3.寝具(テント、シュラフ)
4.道具(ヘッドライト、照明器具、コンロ類、食器・調理器類)
5.食料(カップめん、コーヒー、レトルトカレー、パックのご飯、水(量は?)、酒)
6.その他(双眼鏡、ストック、暇つぶしグッズ)

おすすめの食材やアイテム、雨対策、夏場の虫対策もお聞きしたいです。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

 中国地方でほぼ低地、という条件ですよね。

 ウエアはデザインの好みが大きいので難しいのですが・・・

1-1.アンダー

 機能性アンダーの方が汗冷えしないのでやはり良いです。
 機能そのものはモンベルのジオラインアンダーウエアが優れています。これの一番薄手(LW)でお釣りが来るでしょう。
 でも、モンベルのアンダーはアンダーに徹したデザインなので、暑いときに凝れ1枚で歩くのは勇気がいります。
 それだとパタゴニアのキャプリーンの方が良いでしょう。これも厚さで番手がありますが、2で十分でしょう。これが一般的な「薄手」になります。

http://webshop.montbell.jp/goods/disp.php?product_id=1107486
http://www.patagonia.com/jp/product/patagonia-mens-capilene-2-lightweight-crew-baselayer?p=44811-0-193

1-2.ミドラー

 モンベルのライトシェルジャケットがベストかと。これだと風がある時のウインドブレーカーが必要ないので。
 宿泊時の防寒具は中厚手くらいのフリースでも良いですし、薄手のダウンでも良いです。これらは行動中はあまり着る機会がないと思うので、登山用の高いモノである必要もありません。

http://webshop.montbell.jp/goods/disp.php?product_id=1106424

1-3.アウター

 ゴアテックスでなくても、いわゆる「廉価版」の防水透湿性素材を使った製品でも十分です。
 モンベルだとスパーハイドロブリーズを使った、スーパーハイドロブリーズレインウエアやサンダーパスあたりです。
 私がこのクラスでお奨めしたいのは、オンヨネのブレステックプレミアムレインスーツですね。このクラスでは透湿性はダントツじゃないだろうか。

http://webshop.montbell.jp/goods/disp.php?product_id=1128466
http://webshop.montbell.jp/goods/disp.php?product_id=1128270
http://webshop.montbell.jp/goods/disp.php?product_id=1128272
http://www.onyone.co.jp/products/outdoor/ods9301

 でも、雨には傘も有効です。私は北アルプスでも樹林帯の中だと傘で済ますことも多いです。
 傘はユニクロの折り畳み傘が軽くて使いやすいです。安いですし。

2.バックパック

 日帰りとテント泊はまず共用不可能です。
 日帰りだと容量は20Lあれば足ります。
 テント泊は40Lでできないこともないですが、その場合は他の装備を全て最軽量、最コンパクトなモノで揃えなければならないでしょうね。そうなるとレインウエアや防寒具も登山用の最高級のモノで揃える必要があり、かなり金がかかります。
 また食料がかなりひもじくなります。コンパクトなフリーズドライを主体にせざるを得なくなりますから。
 ですから、テント泊だと一般的には60Lクラスが必要でしょう。双眼鏡も持っていくのであればなおさらです。
 60Lザック、星の数ほどあるのですが、私のお薦めはオスプレーのイーサー60かな。

http://www.lostarrow.co.jp/CGI/products/detail.cgi?seq=000392

3-1.テント

 難しいですね。
 夏も使うのであれば、モンベルのムーンライト1がダントツでお奨めです。

http://webshop.montbell.jp/goods/disp.php?product_id=1122286

 ちょっと重いですが、設営が楽で何より風通しが良く、夏でも涼しいテントです。暴風雨でなければ雨にも無類に強いです。

3-2.シュラフ

 ダウンか化繊か迷うところです。暖かさそのものは対応温度が同じなら同じなのですが、同じ暖かさではダウンの方が軽くコンパクトになります。ただ、高くなりますしダウンは濡れに弱いので使用やメンテに気を遣いますが。
 それも半端なダウンでは思ったほど軽くはならないので、かなり高いクラスが必要です。
 ということで、ここでは化繊のシュラフを挙げておきます。

 モンベルのスーパースパイラルバロウバッグ#5。

http://webshop.montbell.jp/goods/disp.php?product_id=1121220

 #3が迷うところですが、中国地方の低地なら#5で十分対応できるでしょう。寒ければ防寒具を着込んで寝れば良いだけですし。
 質問者さんが寒がりなのであれば、#3にした方が良いかもしれません。

 マットはモンベルのULコンフォートシステムパッドがダントツで良いです。この分野では老舗のサーマレストより断然上です。

http://webshop.montbell.jp/goods/disp.php?product_id=1124405

 長さは150cmを挙げていますが、私は120cmを愛用しています。

4-1.ヘッドランプ

 私はブラックダイアモンドが好きなのですが、ペツルも使ってみるとなかなか良いです。

http://www.lostarrow.co.jp/CGI/products/list.cgi?kbn=2&brand_cd=3&act_cd=3&ctgr_cd=53

 夜は行動しないのであればギズモあたりで十分なのですが、夜間に暗いところを行動するのであればアイコンかスプリンターあたりが良いです。

4-2.ランタン

 ガスランタンでも良いのですが、最近はLEDランタンが良くなってきたのでこちらの方が便利です。テント内で使用しても酸欠の心配をしなくて良いですから。
 ブラックダイアモンドのオービット、モンベルの2WAY LEDランタンがお奨め。2WAYはハンドライトにもなるので面白いです。

http://www.lostarrow.co.jp/CGI/products/detail.cgi?seq=000578
http://webshop.montbell.jp/goods/disp.php?product_id=1124433

6.双眼鏡

 用途が判らないのですが、バードウォッチング、星見にハイレベルで使えるモノであれば、ニコンのモナークシリーズがお奨めです。

http://www.nikonvision.co.jp/products/binoculars/standard/index.htm

 見え味の割には大バーゲンと言いたくなるくらい安い、とも思います。
 何を買うか迷うところですが、担いで歩くことも考えるとベーシックな8×36Dがベストチョイスかと。
 重さと価格を厭わないなら7×50トロピカルIF、もう一声出せるなら7×50SPでしょうな。星見スペシャルの大定番です。

http://www.nikonvision.co.jp/products/binoculars/pro/index.htm

 もっと安くてコンパクトなものを、というのであればペンタックスのタンクローシリーズが割と評判が良いです。
 私が試した中ではフジノンの8×24Hが価格(7000円位だったと)の割には意外なほど見え味が良かったです。私的にはタンクローより断然上。

http://fujifilm.jp/personal/binocular/kf/kf8x24h.html

4-3.バーナー、クッカー類

 ジェットボイルが最近ユーザーを増やしてます。バーナーとクッカーを一体で設計しているので、熱効率が抜群つまり「極めて燃費が良い」というのが素敵なところです。

http://webshop.montbell.jp/goods/list.php?category=328000

 ちなみにこれらの装備で、夏でしたら北アルプスのテント泊にでも通用します。
 あまり高価な製品は挙げていないのですが、もっと軽量化したければそれぞれのジャンルで金に糸目を付けず高価なモノを選ぶ、ということになるでしょうね。

 中国地方でほぼ低地、という条件ですよね。

 ウエアはデザインの好みが大きいので難しいのですが・・・

1-1.アンダー

 機能性アンダーの方が汗冷えしないのでやはり良いです。
 機能そのものはモンベルのジオラインアンダーウエアが優れています。これの一番薄手(LW)でお釣りが来るでしょう。
 でも、モンベルのアンダーはアンダーに徹したデザインなので、暑いときに凝れ1枚で歩くのは勇気がいります。
 それだとパタゴニアのキャプリーンの方が良いでしょう。これも厚さで番手がありますが、...続きを読む

Q夏でもレザーをきて走りたいのですが意見聞かせてください。

最近、バイク用の革ジャンを購入しました。
気に入っているのですがさすがに夏は着れないと思います。
暖かいときにレザーを着たい場合はどうするのでしょうか?

レザーベストがいいのかなと思いますがそれでも耐えられないのでしょうか。
他にあれば教えてください。
また、革だと暖かいと汗をかなりかいてしまうと思います。
そういうときは皆さんどういう風に対処しているのでしょうか?
着こなし方についても教えてください。

気合いという意見は除外でお願いします。

Aベストアンサー

レザージャケットは1年中は厳しいですね。
自分は、4気筒の1200CCのバイクに乗っていますが、
真冬はオーバーパンツ、雨の日はゴアテックスのウェァ以外は皮が多いです。
パンツはエンジンの熱が上がりますので真夏でも皮です。
短パン、Gパンでは火傷します。
上着も、炎天でのツーリング以外は皮です。
インナーで汗を吸う生地のものを必ず着けます(夏でも長袖、タイツ、クールなんとか、などの製品)。それで夏の汗対策は大丈夫ですよ。
暑ければ、前チャックを開けて走るとか、降車したらすぐ脱ぐとかするだけですね。
夏よりも冬の方が保温の問題でレザーは使えません。
但し、毎年のクリーニング(1回、6千円から1万円くらい)を覚悟しないと皮はすぐ駄目になります。

Q普通のビニールシートをタープにする道具や方法ってありますか?

いつもお世話になってます。

今、野外の活動で休憩できて荷物も置けるタープの購入を検討してるのですが、買ってもその後そんなには出番がなさそうなので躊躇してます。

ホームイセンターで売ってる青や緑やオレンジ色のビニールシートなら数枚持っているのですが、これを利用してタープに出来ないでしょうか?

それに使える道具や方法などがありましたら教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

補足しますね。
ビーダマ大の石は、照る照る坊主の頭の詰め物の位置に入れます。ロープを首輪のように結ぶのです。
シートのどの位置からもロープを引くことができるので便利ですよ。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング