為替を始めたいと思っています。
しかし、初心者なのでどこで外貨を買えばいいのかなど
どうすればいいのかぜんぜんわかりません。
仕組みなども教えてくれたらうれしいです。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

「為替を始めたい」とのことですが、ご質問の趣旨は、外貨を売買して利益を稼ぎたいということだと理解します。



その上で、まったくの初心者とのことですので、その前提でお話します。

1.外貨をどこで買うかについて

すでに#2の方から詳しい回答が寄せられていますので、あえて重複は避けますが、注意しなければならないのは、それぞれの「商品」について、どのようなリスクが存在するかです。

一般にはリスクが高いほど、高い収益を得る可能性がありますが、大きく損をすることもあります。

その点では、初心者には銀行での外貨預金がお奨めです。

これは、外貨そのものに投資するわけですから、変動リスクは当該外貨の変動だけです。(ドル預金なら、ドル相場の上下のみに注意しておけば良いのです。)

ところが、アメリカ国債に投資する(買う)となると、ドルという通貨の変動リスクに加えて、米国債価格の変動にも注意しなければなりません。

さらに、MMFなどいわゆるファンドと呼ばれているものは、最も危険です。最近の例では、米大手エネルギー会社「エンロン」の倒産で多くの被害が報道されているように、運用先が証券会社に任されているので、内容がどうなっているのか、顧客であるあなたには全く分かりません。

ですから、一番透明性の高い「外貨預金」をお奨めするのです。

2.外貨預金の仕組み

円高・円安という言葉の意味はご理解できますか。

#2の方の回答にもあるように、日本のマスコミは「円相場」という非常にわかりにくい表現を使ってしまっています。

数字が大きくなっているのに円「安」と言い、小さくなっているのに円「高」と言うので、戸惑うのです。

これは、実は円相場ではなくて、円で表示された「ドル相場」なのです。ですから「ドル」を(円高のときに)安く買って(円安になって)高く売れば儲かるのです。

テレビなどで報道されている円相場(ドル相場)は、その時点の外国為替市場での相場ですが、この値段であなたがドルの売買をできるわけではありません。

実際には、毎日午前10時ごろの相場をその日の仲値(なかね)と決めて、銀行は通常1ドルにつき上下1円の「手数料」を取ります。

仲値(例えば1ドル=132円として)から1円上(133円)をTTS、1円下(131円)をTTBと呼んでいます。

あなたが銀行からドルを買うときは、TTSのレートを使い、銀行へドルを売るときには、TTBのレートが適用されます。

この上下1円という「手数料」の幅をより小さくして(例えば60銭にして)外貨預金を勧誘している銀行も見受けられますが、あなた(預金者・投資家)にとって、より重要なのは、これからドルが円に対してどのような動きをするかを判断することです。

幸い、今後ドルが円に対して強くなる(すなわち、現在の1ドル=132円程度の相場が、1ドル=140円方向に動く)可能性が高いと思われますので、ドル預金を始めるには良い機会だと考えられます。

以上、ざっと説明しましたが、納得の行かない点がありましたら、補足でお尋ねください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

親切にご回答ありがとうございました。
お礼が遅れてしまって申し訳ありませんでした。

お礼日時:2002/04/03 11:47

 はじめまして。

次のサイトでご検討されたらいかがでしょうか。

http://www.isize.com/investment/foreign/index.ht …[GIH]29

 ここ最近、相場の乱高下が激しいです。レート及び世界の経済や政治やニュースを毎日チェックするのがよろしいかと思います。また、取引する会社(銀行、証券会社、等)のリスク(倒産)も考慮する必要があります。

 次のようなサイトもあります。

http://homepage1.nifty.com/Gaku/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とてもよいサイトをご紹介いただきありがとうございます。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/21 21:17

このカテゴリーの中カテゴリーは投資ですので、為替に投資するためにどうすれば良いかというご質問だと思います。

基本的なことを記載するようにいたしますので、補足での問題の絞り込みや別の質問を立てていただく等の対応をお願いいたします。

>仕組み
外貨も他の金融商品と同じで、安く買って高く売れば儲けとなります。
円ドル相場の表記は、1ドル当たり何円かという形式になっています。¥/$120と¥/$130では、¥/$120の方がドルが安く、¥/$130の方がドルは高いということになります。従って、¥/$120でドルを買って、¥/$130でドルを売れば1ドル当たり10円の儲けということになります。
このように普通に考えれば良いのですが、日本のマスコミは円を基準に報道します。¥/$120→¥/$130となった場合は円安、¥/$130→¥/$120となった場合は円高というように行う為、外貨の高安と混同しやすいのでご注意ください。

>どこで外貨を買えばいいのか
外貨投資の主なものを以下に列挙します。
・外貨預金(普通預金と定期預金があります。預金保険対象外。取扱は銀行)
・外貨MMF(投資信託ですので元本保証ではありません。取扱は証券会社)
・当該通貨国の国債(米国のT-Noteが有名。満期途中の売却は市況により価格が変化。取扱は証券会社)
・外国株式(当然、元本保証ではありません。取扱は証券会社)
・外貨先物等デリバティブ(証拠金を入れて売買するもの。取扱は一部金融機関)
他にもありますが、主なものを列挙しました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
混同しやすい点なども教えてくださって
初心者にもとても分かりやすかったです。

お礼日時:2002/03/20 22:42

銀行へ行けばよい。

あなたの言っているのはMMFのことでしょう?

窓口でMMFをやりたい旨を言えば説明してくれます。

外貨は何を希望されているのかわかりませんが、ドルで説明します。
円高(128円くらい)でドルを買い円安(135円くらい)でドルを売る
と単純に1ドルあたり7円利益がでます。1万ドルなら7万円です。

まあ実際には売り買いともに手数料がかかりますが・・・。

すべては口座でやるので実際に現金をやりとりすることはありません。
為替(外為)を始めるにはいい時期です。ぜひどうぞ・・・。

ただし100万円程度の持ち金ならたいした利益はでませんよ
1000万円以上なら、かなり面白いです。

海外、国内の経済情報、政治、政策をよく見極める必要はかなりあります。
売り買いの時期を間違えると損しますから・・・。

株や先物取引よりは、安心確実です。ブローカーなどいませんから・・・

ちなみに私の知り合いで1週間程度で数十万円儲けた人もいます。
大事なことはタイミングをよく読むことです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、銀行へ行けばよいのですか。
元手のお金が大変そうですね。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/19 14:14

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q円とドルの往復の際、平均レートで処理するとなぜ損になるのか

どうも数字に弱いので、どなたかこの疑問に答えていただけると幸いです。
米国への海外出張の際、現地での現金払いは、円からドルに換金した時と、ドルから円に戻した時のレートの平均値を取り、海外で使ったドルを円に換金して支払う、てな決まりが現在あるのですが、前回の収支を見ると、明らかに出張者が損します。なぜなんでしょうか。(そんな方法を採用している自体バカじゃないかというのは置いておいてください、、、)
例 20,000を円からドルへ レート:1ドル200円としてドルは100ドル
海外で50ドルを使用
残りの50ドルを円へ レート:1ドル100円として円は5,000円
(マーケットレートがあまり変わらない場合、円に戻す方がレートが悪いのでこういう想定にしました)
レートの200円と100円との平均は150円
海外で使用した50ドルを1ドル150円で換算すると7,500円
しかし、実際は20,000円持って行って返ってきたのが5,000円だから使用したのは15,000円で、7,500円しかもらえなかったら7,500円損する。
この差が出るのは
1. そもそも使った50ドルは200円で買ったドルなのだから、価値は10,000円。7,500円としか評価されなければ2,500円の損
2.返ってきたドルも、100円なのに150円と過剰評価されているので1ドル当たり50円損していて合計2,500円の損

でもこの2つの損を合計しても、5,000円の損であって、実際損した7,500円にならないのは何でなんでしょうか。
よろしくお願いいたします。

どうも数字に弱いので、どなたかこの疑問に答えていただけると幸いです。
米国への海外出張の際、現地での現金払いは、円からドルに換金した時と、ドルから円に戻した時のレートの平均値を取り、海外で使ったドルを円に換金して支払う、てな決まりが現在あるのですが、前回の収支を見ると、明らかに出張者が損します。なぜなんでしょうか。(そんな方法を採用している自体バカじゃないかというのは置いておいてください、、、)
例 20,000を円からドルへ レート:1ドル200円としてドルは100ドル
海外で50ド...続きを読む

Aベストアンサー

>2.返ってきたドルも、100円なのに150円と過剰評価されているので1ドル当たり50円損していて合計2,500円の損
これがおかしいのでは.
返ってきたドルは,1ドル200円で買ったものなのに,1ドル100円になったしまったら,1ドルあたり100円損なんで,合計5000円の損ですね.2.は会社は無関係なんで,150円という数字は関係ないです.

Q外貨預金の為替損とFXの為替益を通算できますか。

確定申告についての質問です。

外貨預金での為替損とFX(非クリック業者)の為替益(もしくはスワップ)を通算して、申告することはできますでしょうか。
また、どのような書類を提出しなければならないのでしょうか。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

雑所得同士なので、通算できるはずです。添付は必要あるかわかりませんが、外貨預金の為替差損を証明できる書類とFXの年間利益を証明できる書類が必要です。

QAUSドルから日本円に換えたいのですが、いくらならレートがいいと思いま

AUSドルから日本円に換えたいのですが、いくらならレートがいいと思いますか?
以前1ドル74円で安いと言われました。
教えてください。

Aベストアンサー

84円当たりを目安にされてはどうでしょうか。
豪ドルは5日に利上げの発表があるかどうか注目されていますが、
あるないに関わらずAUD/USDは調整でいったん下げると予想されています。
 
対して日本は金融緩和が決定しており、これも5日に内容が公表されます。
恐らくこれで円安方向に動いて行くだろうと予想されています。
 
総じていえばAUD/USDの下落調整スピードよりも
USD/JPYの方が早く上がるだろうと見られ、
欧州系の銀行アナリストは84円まで行くと予想しています。
 
90円近くまで行くかもしれませんが、年末に向けてドルの需要が高まるので
多くは望めないと思います。
 
これは予想であって内容を保証するものでないことを断っておきます。

Q為替と外貨預金

初歩的な質問なんですが…外貨預金をするときの 為替は リアルタイムじゃないのですが 銀行の為替は いつのものなんでしょうか? 外貨預金をすることが多いので 知っておきたいです よろしくお願いしまーす

Aベストアンサー

1日数回というところもあります。1回のところは午前10時でしょうか。テレビでいうレートに2円くらい足し引きしたものです。

参考URL:http://www.smbc.co.jp/ex/ExchangeServlet

Q今年最後の円ドルレート

今年の12月30日の円ドルレートはいくらくらいになると思いますか?
またその理由等もお聞かせ下さい。

Aベストアンサー

そろそろ状況も煮詰まって来ましたし、ある程度絞り込めたので
見解でも書こうかなと思いましたが、
質問者はかなり非礼な方のようなので止めにします。

忠告として今のドル円は触るなです。
正しいポジションの取り方というものがあります。

Q外貨の為替差損について

ソニー銀行で外貨預金をし、為替差損しました。確定申告に雑所得として申告できると書いてあったのですが、どの項目にどのように記入したらよいのでしょうか。書類は何を添付したらよいのでしょうか。国税庁のHPではよくわかりませんでした。
差損額は非常に少額なので、面倒ならやめときますが、去年退職をしたのでついでにできるならと思っています。

Aベストアンサー

既にご存知のように、

●外貨預金
  利息   源泉分離課税20%(所得税15%、住民税5%)、確定申告不要
  為替   差益:雑所得、確定申告必要
        差損:確定申告により他の雑所得から控除可
        (※為替先物予約を行った外貨預金では、為替差損益を含めて
                                 20%源泉徴収されます。)
     
となっております。


1.雑所得は、他の所得(給与・事業・利子・配当等)と損益通算不可です。

   A雑所得でマイナス勘定がある場合、プラス勘定のB雑所得と損益通算ができます。
   しかし、雑所得がマイナス勘定となった場合、他の分類の所得と損益通算はできません。


2・雑所得は、(1)公的年金等に係る雑所得と(2)公的年金等以外の雑所得に大別します。

   計算式
    (1)=公的年金の収入金額-公的年金等控除額
    (2)=総収入金額-必要経費

   (1)の『公的年金の収入金額』および(2)の『総収入金額』を申告書B第一表の
   収入金額等(緑色)の「雑」欄に別々に記入します。
   仮に、(2)公的年金等以外の雑所得が、為替差損しかなかった場合、必要経費は、
   まず認められませんので、(2)にマイナス額を記入します。
   つぎに、(1)・(2)計算式に従って算出し、(1)+(2)合計額を同表の所得金額(青色)の「雑」
   に記入します。


3.必要書類

   (1)は公的年金等の源泉徴収票(原本)です。(2)は、主に生命保険契約等に基づく年金、
   原稿料、著作権料、金銭の貸付による所得、為替差損等ですが、外貨預金の為替差損
   の場合、「外貨預金の為替損益を証明」するものを取引銀行に確認して下さい。
   場合によっては、取引報告書を有料で再発行してもらうケースもあります。

余談
 昨年、退職されたとのこと、確定申告大変ですね、申告書B第一表と第三表を行ったり来たり、がんばって下さい。(^_^)

既にご存知のように、

●外貨預金
  利息   源泉分離課税20%(所得税15%、住民税5%)、確定申告不要
  為替   差益:雑所得、確定申告必要
        差損:確定申告により他の雑所得から控除可
        (※為替先物予約を行った外貨預金では、為替差損益を含めて
                                 20%源泉徴収されます。)
     
となっております。


1.雑所得は、他の所得(給与・事業・利子・配当等)と損益通算不可です。
...続きを読む

Qドルの小切手を円に換えたいのですがテレビで為替レートで93円の時に銀行

ドルの小切手を円に換えたいのですがテレビで為替レートで93円の時に銀行へ行くと91円台だったのですが何で変わってしまうのでしょうか?

Aベストアンサー

売/買でもレートが違いますよ
売レート - 手数料

Q外貨為替証拠金取引-会社選び

はじめまして
いろいろ会社があるのですが、最近自分画興味持った会社について聞きたいです。
FXOnlineってところですけど、
ここって信頼できるでしょうか?
このような場所に名前がでてないと不安でしかたありません。
このような質問聞いていいのか分かりませんが・・・。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

私もFX Onlineに口座を持っています。No.3さんもおっしゃるように、FX会社(証券会社ももちろん)も倒産リスクは常にありますので、資産分散などの措置は必要だと思います。

個人的にはここのシステムは使い易く好きですが、FX Onlineのメリット・デメリットを上げれば下記のような感じかと思います。
(メリット)
(1)トレードシステムが独立のアプリケーションであること(Webブラウザ経由でない)
(2)SWAPは平均以上で、かつ決済時でなく毎日引き出される(保証金に加算される)こと
(3)(その分スプレッドがやや多めだが)手数料無料であること
(4)個々のポジションと、通貨別ポジション等見やすい(他社では、ロールオーバーの後当初の平均取得価格が分かりにくいシステムもあるので)
(5)通貨ペアが比較的多い

(デメリット)
(1)信託保全ではない
(2)レバレッジが高い(これは好みが分かれますし、自分で調整すればよいので、私個人としてはメリットと考えています)
(3)即時入金でない(が、大抵は24時間以内に確認される)

信託保全でない点にやや不安もありますが、この点の手当てをすれば、マーケット情報も見易く参考になり、個人的には、全体としては使い勝手の良い会社だと思います。

信託保全の有無は下記サイト等でも見れます。

参考URL:http://www.gaitame-navi.com/hikaku2.html

私もFX Onlineに口座を持っています。No.3さんもおっしゃるように、FX会社(証券会社ももちろん)も倒産リスクは常にありますので、資産分散などの措置は必要だと思います。

個人的にはここのシステムは使い易く好きですが、FX Onlineのメリット・デメリットを上げれば下記のような感じかと思います。
(メリット)
(1)トレードシステムが独立のアプリケーションであること(Webブラウザ経由でない)
(2)SWAPは平均以上で、かつ決済時でなく毎日引き出される(保証金に加算される)こと
(3)(その分スプレ...続きを読む

Q円ドルのレートは米国アメリカの影響でほとんど動いて

円ドルのレートは米国アメリカの影響でほとんど動いていますが,ユーロはどこの影響で動きますか?

ユーロはイギリスポンドが要因で動いているのでしょうか?

Aベストアンサー

ユーロは基本的にユーロ加盟国の動向によって動きます。
ユーロ加盟国が多いほど、影響を与える国の数も多くなり、
ユーロが揺さぶられる可能性も高くなります。

また、ユーロ円であれば円の影響を受け、ユーロドルであれば
ドルの影響を受けます。
為替レートはシーソーと同じと考えて下さい。
一方が下がると一方が上がります。
ユーロポンドであれば、イギリスポンドの影響でも動きます。

Q外貨建MMFの為替差益と税金

よく外貨預金の為替差益は課税で、外貨建MMFの売買差益や為替差益は非課税と説明されています。

為替差益が非課税となるのは、マネックス証券や楽天証券などの「円→外貨建MMF→円」といった直接取引の場合だけなのでしょうか。ソニー銀行やSBI証券などの「円→外貨口座→外貨建MMF→外貨口座→円」という間接取引の為替差益は、外貨預金と同じように課税とされてしまうのでしょうか。

どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

邦貨決済であろうと外貨決済であろうと、その取扱いに違いはありません。

外貨建MMFの売買も、外国株式や外国債券や外国不動産と同じく、ひとつの取引です。

その取引から生じる「所得の計算方法」については、「外貨建取引を行つた時における外国為替の売買相場により換算した金額」で所得の金額を計算する(所得税法第57条の3)とされています。そして、算出された所得については、所得税を課さない(租税特別措置法第37条の15)とされています。

他に特別な規定が無い以上、課税分(外国通貨の為替差益)と非課税分(外貨建MMFの譲渡差益)とを区分する、すなわち「邦貨→外貨」および「外貨→邦貨」は課税、「外貨→外貨建MMF→外貨」は非課税となります。また、株式等の譲渡で外貨決済の事例
http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/shitsugi/shotoku/02/02.htm
に準じて、「外貨→外貨建MMF→外貨」につき譲渡差損益部分と為替差損益部分との内訳までは区分する必要が無く、その全てを譲渡所得と認識し、従って全てを非課税と考えてよいでしょう。

なお、外貨決済の場合、円換算につきましては、仲値TTMが基本(所基通57の3-2)となります。また「直ちに」通貨替をしていれば、TTSやTTBでの円換算も可(所基通57の3-2注4)です。


外貨建MMFの売買差益が非課税となるためには邦貨決済に限る、などという規定はありませんので、上記のような回答になります。外国株式や外国債券や外国不動産などの譲渡につき外貨決済をしたからといって、その全てが外国通貨の為替差損益(雑所得)にならないのと同じです。

参考URL:http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/shitsugi/shotoku/02/02.htm

邦貨決済であろうと外貨決済であろうと、その取扱いに違いはありません。

外貨建MMFの売買も、外国株式や外国債券や外国不動産と同じく、ひとつの取引です。

その取引から生じる「所得の計算方法」については、「外貨建取引を行つた時における外国為替の売買相場により換算した金額」で所得の金額を計算する(所得税法第57条の3)とされています。そして、算出された所得については、所得税を課さない(租税特別措置法第37条の15)とされています。

他に特別な規定が無い以上、課税分(外国通貨の為替...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報