最新閲覧日:

で、コミックでは10巻、完全版では8巻の、翔陽戦直前のときに
神さんに質問されて
「はらたいらさんに3000点」
とこたえているのですが、まったく意味がわかりません。
はらたいらさんって何ですか?

A 回答 (3件)

おおっ…もう、クイズダービーを知らない世代が…(笑)


その昔、クイズダービーと言うクイズ番組があったのです。
確か、ロート製薬がスポンサーじゃなかったっけかな?
タレントなどがクイズの回答者になって、問題に答えます。
その、回答確率によって、各回答者にオッズがつきます。
そして、参加者(一般参加者だったと思います)は、
そのオッズを見て、与えられた点数を賭けていきます。
で、賭けた回答者が正解すれば点数×オッズが戻って、
不正解だと賭け金は無くなります。それで、最終的に
手元に残ったポイントで優劣を争う、といった番組でした。
はらたいら氏はそのレギュラー回答者の1人で、本職は
漫画家です。最も正解率が高く、その分オッズは低めで
だいたい2倍とか3倍とかでしたね。オッズの高い人だと
5倍8倍なんてのもありましたから。そんな訳で、残り
点数の少ない場合など、冒険できない場面では『困った
時のはら頼み』って感じで、『はらたいらさんに3000点』
って感じで賭ける訳です。
私は30歳ですが、私くらいの世代だと多分、『はらたいら
さんに5000点』ネタは通じると思いますよ。

番組の記憶が曖昧なんですが、クイズダービーって、
最後に残った点数を、現金でもらえるんでしたっけ?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
なぞが解けてうれしいです。
クイズダービーって、やってた当時見たことないと思います。
私は15歳ですので、10年以上前のテレビっていったら、アニメしか見てなかったと思いますし。(アンパンマンとかドラえもんとか)
ちなみに私は8時だよ全員集合って番組も最近昔やってたやつだって知りました。

お礼日時:2002/03/23 18:38

う…なんかショックだ。

。。
なんだか世代の違いを感じます(歳がバレる・笑)

昔"クイズダービー"と言うTV番組があり、どの回答者が正解を出すのか?と言うのを当てる内容でした
今風に言えば"クイズ赤恥・青恥"みたいな方式です
その回答者に、はらたいら(さん)と言う方が居たのです
で、「はらたいらさんに3000点」とか言っていたのですね

ちなみに、はらたいらさんの本職はマンガ家ですよ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
はらたいらさんの正体よくわかりました。
最初読んだときはあまり気に留めなかったのですが、今日友達がはらたいらさんに3000点てなんだ?って聞いてきたんで、早速教えてあげようと思います。

お礼日時:2002/03/23 18:33

こんにちは。


pe-さんはお若いんですね・・・
「はらたいら」さんは本職は漫画家です。
この「はらたいらさんに3000点」というのは、昔大橋巨せん(あら字わすれちゃった・・)が司会をしていた「クイズダービー」とい番組を知らないと分からないんですよ。
クイズが出されてその回答を当てるのは回答者で、出場者は自分の持ち点を「当ててくれるだろう」という回答者に「○○さんに何点」といって点数をかけて、その回答者の倍率でかけた点×倍率で点数を増やす。というような番組でした。
そのなかで「はらたいら」さんは博識でうんちくから流行など幅広い知識で「安全パイ」のような方ですが、掛け率は低いので冒険をしたい人は避けてましたね。
他に掛け率は高いけど・・の「塩沢教授」(大学の教授でした。)三択の女王の「竹下景子さん」などがレギュラーだったと記憶しています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなんですかぁ。よくわかりました。一応私は15歳です。
大橋巨泉(?)さんの番組だったんですかぁ。
なんかの特番で存在は聞いたことあるような気がします。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/23 18:29

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ