ふと疑問。

遺伝的アルゴリズムの遺伝的ってどういう意味でしょうか?
遺伝と言うと継承されていくような感じがします。

ふとした疑問なので大雑把で結構です。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

> 遺伝的アルゴリズムの遺伝的ってどういう意味でしょうか?


> 遺伝と言うと継承されていくような感じがします。

そのとおりですよ。

遺伝的アルゴリズムは、何かの問題の解を数値化したものを遺伝子に見立てます。
遺伝子からは、その問題をどれだけ良く解いてるかを表す評価値が計算できます。

最初は、ランダムに決めたたくさんの遺伝子に対して評価値を計算します。
評価が良い順に並べ直して、良いものはそのまま残し、悪いものはばっさり切り捨て、
良いものを親として、その子供を作ります(クロスオーバーといいます)。

これが handmish さんが思っているところの「継承されていくような感じ」ですね。

また、遺伝子はある一定の確率で突然変異を起こします。このあたりが、生物の遺伝的な
世代交代を表す感じがするので「遺伝的アルゴリズム」と称されます。

最後に、遺伝的アルゴリズムの代表的な計算手順を以下に示します。

(1) ランダムにたくさんの遺伝子を生成する
(2) それぞれの遺伝子に対して評価値を計算し、満足がゆく遺伝子(解)があれば終了
(3) 評価値の良い方から一割(*)をそのまま残す
(4) 残した一割からランダムにふたつを選び、それを親として子供の遺伝子を作成し、残りの九割(*)の遺伝子を作成する
(5) 全て(*)の遺伝子を対象とし、5%(*)の確率で突然変異を起こさせる
(6) (2) へ

  ※ (*) にあたるところは、代表的な例です

更に知りたいことがあれば、補足して下さい。答えられる範囲で答えます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんなむずかしい質もんに答えてくださってありがとうです。
能力が足りないので十分理解できませんが、わかったような気がします。
ある値を求めるための一種の公式のような気がしましたが、合っているでしょうか?もっと違うもの(公式というより理論的な論文)を想像していたので、意外です。ま~、このへんは公式も論文も一緒かもしれませんね。

自分で勉強してみようって気になってきたので、質問はまたいつかしたいと
思います。そのときはよろしくお願いします。

お礼日時:2002/03/27 20:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q遺伝的アルゴリズムについて

遺伝的アルゴリズムについて調べているのですが、
「決定的規則」、「確率的オペレータ」という言葉の意味を探してもみつかりません。
どなたか教えてください。
サイトでもいいです。
カテゴリー違いだったら書き直します。

Aベストアンサー

決定的規則はあらかじめ決めておいたアルゴリズムによって生成するのに対し、確率的オペレータはGAで言うところのルーレット選択とか、期待値選択などのようにそのときになってみないと生成ができないようなアルゴリズムですね。

Q遺伝的アルゴリズム

遺伝的アルゴリズムについて調べているのですが、
「発見的手法」、という言葉の意味を探してもみつかりません。
どなたか教えてください。
サイトでもいいです。
カテゴリー違いだったら書き直します。

Aベストアンサー

最適化アルゴリズムは「確定的手法」と「確率的手法」の2つに大別できます.
これらの違いは簡単に言うと,解を発見する時に乱数を用いるか否かの問題です.
乱数を用いているほうが「確率的手法」です.
「発見的手法」も「確率的手法」と同じです.
言い方が違うだけです.
(最適化アルゴリズムに関しては私は初学者なので,はっきりとしたことはわかりません.)

「確率的手法」で検索をかけてみてはいかがですか?

Q遺伝的アルゴリズムの遺伝子の長さについて

今、グラフ理論と遺伝的アルゴリズム(以下GA)の勉強をしています。
グラフ理論の最小全域木問題をGAを使って解こうと考えています。そこで、個体の遺伝子の長さをそのグラフの点の数Nにすればよいのではないかと考えました。
しかし、グラフが大きく、点の数Nが100や1000になった場合は、遺伝子の長さも非常に長くなってしまいます。これはGAとして問題があるかないかについて教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは.

遺伝子の長さが問題のサイズが大きくなるにつれて長くなってしまうのは,基本的にどうしようもないことなので問題はないといえます.
ただし,以下の点についても考える必要があると思います.

1. 遺伝子の長さをグラフの点の数Nとして,どのように最小全域木を表現できるでしょうか?
これは,難しい(考えるべき)課題です.他の回答者の方も言っているように,遺伝子の決め方はとても重要になります.

2. 最小全域木問題をGAを使って解くことが適当かどうか検討が必要です.
勉強のために,わざと,GAを用いて解くのであればよいですが,そうでないのであれば,GAを用いるのが適切な問題かどうかをまず考えて下さい.
最小全域木問題を解くことが目的なのであれば,単純かつ効率的なアルゴリズムが存在するので,GAを用いて近似解を得ることは推奨されません.

Qふと疑問に思ったこと

次元の低い質問で恐縮ですが、中学の頃習った数学で
今ごろふと疑問に思ったことがあります。
x^2-2x=0の解は、
x^2-2x=x(x-2)=0で、
x=0またはx=2ですよね。
それで、式の変形の
x^2-2x=x(x-2)の
(x-2)という部分は、
x^2-2xをxで割ったものですよね。
しかし、そう考えると解の1つはx=0で0の除算となるので、
なんかしっくりいかないのです。
本来はx=0でないと仮定してから
x^2-2x=x(x-2)として、
あとからx=0が等式として成り立つと考えるのでしょうか?
単純な式の変形が、
何かパラドックスを含んでいるように思えるのです。
わかりやすく説明していただけますか?

Aベストアンサー

結論から言うと、harisunさんの疑問は
「『ゼロで割ってはいけない』ということの理解が正確でない」
ことに端を発しています。
x^2 - 2x = x(x - 2)という変形自体は、
xがゼロであるか否かには無関係に正しいです。
>本来はx = 0でないと仮定してから
と考える必要はありません。
仮にxがゼロであったとしても、上の等式は
0 = 0 × (-2)ということで文句無く成り立ちます。
「ゼロで割ってはいけない」というのは
こういうことを禁止しているのではありません。

それではどういうことかというと、
「『0 × a = 0 × b』という等式が成り立つときに、
両辺を0で約して『a = b』と結論してはいけない」
ということです。
簡単に言えば
0 × 1 = 0 × 2 だからといって 1 = 2 ではない
という意味です。
このことから更に言えることは、
「xがゼロという値を取る可能性があるときに、
『ax = bx』が成り立つからといって
両辺をxで約して『a = b』と結論してはいけない」
ということです。

ご質問の方程式で言えば、
x^2 - 2x = 0 の左辺は x(x - 2)と変形でき、
また右辺は x・0 と変形しても構いません。
しかし、この変形で
x(x - 2) = x・0 という方程式が得られても、
両辺をxで割ってx - 2 = 0と変形するのは誤りです。
ご覧の通り、二つの解のうちの一つが
消失してしまっていますね。

「ゼロでは割るな!」という標語だけがあまりに有名過ぎて、
その的確な意味が曖昧になっている人はたくさんいると思います。
そしてその大半は
harisunさんの抱いたような疑問を感じることもなく
通り過ぎてしまっているのではないでしょうか。

結論から言うと、harisunさんの疑問は
「『ゼロで割ってはいけない』ということの理解が正確でない」
ことに端を発しています。
x^2 - 2x = x(x - 2)という変形自体は、
xがゼロであるか否かには無関係に正しいです。
>本来はx = 0でないと仮定してから
と考える必要はありません。
仮にxがゼロであったとしても、上の等式は
0 = 0 × (-2)ということで文句無く成り立ちます。
「ゼロで割ってはいけない」というのは
こういうことを禁止しているのではありません。

それではどういうことかというと、
...続きを読む

Q答えだけで結構なので、教えてもらえませんか?

答えだけで結構なので、教えてもらえませんか?

Aベストアンサー

数式だけ書かれても、何をしたいのか解りません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報