最新閲覧日:

星の子チョビン見てみたいなぁ~♪
ネットで探してみるけど、ちょこちょこ星の子チョビンのお話は載ってるけど...
TVアニメで見てみたいなぁ~♪チョビン可愛いもん~♪

さて、大好きなアニメ、大好きなアニメキャラ、見てみたいTVアニメ番組は?
TVアニメに残る思い出などあればおきかせてください。

TVアニメと育った自分史などなんでもかまいません。
エ-スをねらえ!を見てテニスをはじめたとか....

ちなみにわたしは、ちっちゃいころから星の子チョビンに胸キュン―☆です!(*^^*)>゛゛゛

このQ&Aに関連する人気のQ&A

A 回答 (64件中41~50件)

 こんにちは、littlekissさん。

いつぞやは大変お世話になり、有難うございました。にも関わらず、失礼な言辞の数々、ヒラにお赦し下さい。
本当はlittlekissさんのことが大好きなくせに、つい本心とは裏腹なことを言ってしまった照れ照れ坊主の私でした。(^_^;)
 
 では・・・
 アニメ…というか、私の少年の頃は「アニメ」と言うより「マンガ」と言う方が一般的でしたが、ありますねえ、心に残るマンガの数々・・・そして、みんなもう一度改めてゆっくり見てみたいですねえ。
 「鉄人28号」・・・自宅にテレビがなかった頃の話ですから、町の銭湯に行って見てました(我が家に初めてテレビがやってきたのは、忘れもしない、あの東京オリンピックが開催された昭和39年の出来事でした)。着脱も忘れて、まさに釘付け状態になって見てました。あのリモコンの音が今でも耳に焼き付いています。リモコンが悪者の手に渡った時の鉄人28号をどれほど憎んだことか・・・

 「エイトマン」・・・少年の心をときめかす主題歌でした。言わば日本版「スーパーマン」。彼の全てが少年の日の私の憧れでしたね。特にあの足の速さには「憧れ」というより「陶酔感」すら覚えていました。軽く新幹線を追い抜き、弾よりも速く走るんですよ、弾よりも。かつて星飛雄馬をして「球よりも速い」と言わしめた速水なんかメじゃありません。何せこちとら「弾」より速いんですからね…。自分をエイトマンに生んでくれなかった母親をどれほど怨んだことか・・・

 「少年忍者風のフジ丸」・・・あの予感に満ちた歌い出し。「と~きは戦国 嵐の時代♪」「おお、戦国時代か。何百年前の時代か知らんが、『嵐の時代』というぐらいだから、相当荒れ狂ってる時代なんだろな。お~、そんな時代に生まれんでよかった。すぐに殺されてしまいそうだからな」…そんな腑抜けた感想を抱きながら、フジ丸の絵を丁寧に描いていた少年でした。もちろん近くの境内でみんなと忍者ごっこをして遊ぶときは常にフジ丸気取りでした。

 「赤銅鈴の介」・・・「お、お前は誰だ!?」「赤銅、鈴の介だっ!」「け~んを取っては日本一の ゆ~めは大きな少年剣士♪」中学入学後にはあれほど「野球の道へ」と決心していた私が近所の剣道部の先輩に口説かれて簡単に剣道部に入部してしまったのも「赤銅鈴の介になりたい」という潜在意識を刺激されてしまったせいかもしれません。自慢に聞こえるとイヤなのですが、この際思いっきり自慢しますから聞いて下さい(ぉぃ)。

 赤銅鈴の介の剣裁きを幼い頃に見ていた私は、当然ですが、やがて剣道部一の強さを誇るようになります。2年生の頃には3年生を押しのけて中体連の試合に私を出そうとする動きもあったのですが、「3年には最後の思い出になるから」という理由で結局見送りとなりました(日本人は『勝つ』ことにこだわるより、『和』を大切にしますからね)。そのせいか(誰が見てもそのせいじゃっ!)外されそうになった先輩からは睨まれるわ、同級生からは嫉妬の炎を燃やされるわで、実に散々な目に遭いました(『出る杭は打たれる』という言葉を実感した年でした)。実力をあっさり認める奴は認めるのですが、中には女の腐ったような(む、問題発言だったら申し訳ありません。その上手垢のついた比喩で(^_^;))嫉妬の炎を燃やしてくる奴もいたりなんかして(い、いかん、話題から完全に脱線してる。悪いのは、あ、赤銅鈴の介です(^_^;))・・・

 「狼少年ケン」・・・いやー、あの野性味溢れる少年、良かったですねえ。「大自然の中を疾駆し、様々な動物たちと起居を共にする少年」というだけで憧れの対象でした。動物と会話ができる! それは少年の心をときめかせるに充分過ぎるほど魅力的な才能でした。「ジャングル大帝レオ」というのもありましたが、やはり感情移入しやすいのは獅子の子より人の子でした。主題歌の歌声がややこもり気味で、何と言っているのか分からなかったので、私自身もごまかしながら歌っていました(なんのこっちゃ)。本当の歌詞は「いつも おいらはなかない どこまで もえるいのち」だったのですが、私は耳に入ってくるまんま「いつも おいらは仲がいい どこまでも偉い年」と…。「仲がいい」までは何とかこじつけて意味を解釈していたのですが、「どこまでも偉い年」になるとまるでお手上げ・・・(もっと聞き取り易く発音せんかいっ!)

 あと、懐かしいところをざっと挙げますと「宇宙少年ソラン」(この替え歌、全国的に流行っていたのでしょうか?)「遊星少年パピイ」 shino911さんも挙げておられる「スーパージェッター」(「流星号、応答せよ、流星号、来たな、よし、行こう!」このセリフにはメロメロになっていました。流星号からの応答がない時のあの緊迫感もたまりませんでした。) 
 
 何だか書き忘れていることがまだ他にもたくさんありそうですが、時間がありませんので今回は取り敢えずこの辺りで。尚、大昔のことですので固有名詞その他に若干の記憶違いがあるかもしれません。その節は何卒ご容赦を・・・(^.^)/~~~
    • good
    • 0

再びデ~ス(^_^)



No.19のkazukunnさんの「ニャンコ先生!」で思い出しました。
『いなかっぺ大将』!!
アニメになる前の漫画の時から読んでましたが、
これの初出は、確か小学館の「小学○年生」という学習雑誌だったように記憶しております。
ニャンコ先生の「キャット空中3回転」も面白かったのですが、
何と言っても、いじめっ子の西はじめ君というのがいて、
その弟の名前が「西ふたつ」というのには笑い転げました。

No.8の私の回答の『スーパージェッター』とほぼ同時期だったと思いますが、
『宇宙少年ソラン』というのもありました。
チャッピーという可愛いリス(?)をいつも連れてましたねぇ。
主題歌の最後の部分が、妙に耳に残っています。


古い話題でゴメンナサイですぅ…m(_)m
    • good
    • 0

やったわやった、なーつかしーなー by やさしさ紙芝居


というわけで、たぶんで無いであろうと思われるアニメを。
【内容を見てみたいアニメ】
かいけつタマゴン
…OP.曲は歌えるんですが、内容が…
 確か、何か問題があって、それを解決する怪物(?)の卵を作るが、必ず失敗するような…

【歌のシーンだけを見てみたいアニメ】
マグネロボ ガ・キーン
…このエンディングは、あの水木一郎アニキと堀江美都子さんが歌っています。
実力派のお二人ですから、見事です。
海のトリトンのOP.と並ぶ名曲だと思います。

魔法使いチャッピー
…これも、ED.です。「ドンちゃん、ドンと来い、何でも来い」なら覚えている方もいらっしゃると思います。

花のぴゅんぴゅん丸
…「ありゃりゃん、こりゃりゃん」です。財津一郎さんの持ちネタの「キビシィー!!」がいいですね。

トトロと平成狸で寝たしまった私ですが、この前、ジブリ映画のみを集めたCDを借りてきました。
安田成美さんの歌もあって、いいですよ。
欲を言えば、♪ラン、ラン、ララ、ランランランも入って欲しかったですが…
    • good
    • 0

アイアイサー、お呼びでしょうかご主人様。

『goo_no_suke~♪』です。また遊びに来ました。

マグーの邦題は「がんばれマグー」だったようです。
キャラクターを探して色々検索してみたんですが、日本のサイトでは発見できませんでした。
放送期間も短かったんでしょうかね。

アメリカンアニメファンなら御存知だと思うのですが、ベルトをギューギューに締めつけて
『冒険少年シンドバットごっこ』ってやりませんでした?

< これから「マグ-」って呼んでいいですか?(*^^*)>゛゛゛
どうぞ、どうぞ。チョビンさん。アパラパー(笑)

参考URL:http://www.toonopedia.com/magoo.htm
    • good
    • 0

お久しぶりです、littlekissさん☆



ムカシ人間の回答ですがよろしいでしょうか?(笑)

今、見たいのは「W3」(ワンダースリー)かな?
タイヤの乗り物に乗ったブッコ、ボッコ、ノッコの活躍が忘れられません。
あと、一番最初のリメイク版ではない「ゲゲゲの鬼太郎」!
主題歌は吉幾三さんではなく、熊倉一男(字合ってるかな?)さんでお願いしたいところです。
NHKで放映していた「スヌーピー」も見たいですネ。
谷啓のチャーリーブラウン、うつみ宮土理のルーシーははまり役でした。

でもでも、一番見たいのは「カバトット」!
5分ものでしたが、あのトボけた味は忘れられません。
今でも主題歌覚えていますよ~。
(女の子らしいものがナイ!)
    • good
    • 0

NO4のkazukunnですぅ・・・



>「小林亜星・・・」
・・・くっ、詳しい・・・そなたは、何者じゃ~!?・・・

「ボルテスV」の最終回のクライマックスが好き・・・
(「兄さん・・・」って所は、涙無くしては語れません)

そういえば・・・またまた出てきましたよ~

「あしたのジョー」リアルタイムで見てました・・・
 「へへへへっ、やろうじゃねぇか、ジョー・・・」
 好きでした、この言葉・・・
 時々、引用します・・・

「タイガーマスク」リアルタイムで見てました・・・
 最終回の「直人さんが・・・」と言う子供達のあの・・・
 涙無くしては語れません

「みなしごハッチ」リアルタイムで見てました・・・
 (今思えば、凄いタイトルです・・・はい)

「マッハGO!GO!GO!」リアルタイムで見てました・・・
(全米版は嫌いです・・・)

松本作品では、何故か「千年女王」・・・?&「キャプテンハーロック」
・・・なぜか、999はあまり好きじゃなくて・・・
ヤマトの時は、みんな、まだ知らなかったし・・・
周りが騒ぎすぎると、醒めてしまって・・・
「Zガンダム」の時もそう・・・
(「宇宙戦艦ヤマト 大宇宙航海記」はお気に入りに入ってます・・・)

基本的に「スーパーロボット大戦」系が好き・・・
(初期の頃・・・「第三次・・・」ですね!)
ゲーム機に興味は無かったのに、これが出たばっかりに「スーパーファミコン」買ってしまった私・・・

あと、「とうちゃん、俺はやるぜ!」もリアルタイム・・・

「侍ジャイアンツ」
・・・あれは、違法投球ではないか?と論議したのが、
「なにもかも、皆懐かしい・・・」(爆

あと「ニャンコ先生!」も好きでした・・・

まだまだ、出てくる・・・
「もう、わしゃか~なわんよ!」
「ハクション大魔王」(恐るべし、天童よしみ・・・)

・・・「黄金バット」・・・何故、正義の味方がガイコツなんだ~!
・・・昔、マジで悩みました・・・

「黄金バット」ついでに、「妖怪人間ベム」・・・何故、妖怪???

マニアックな所で、何故か「空手バカ一代」

また、思い出したら書きます・・・

「・・・何故だ!何故だ!何故だ~~~!悩み尽きないシツエーション
 作者のか~ってだ!ほっとけ~~~」(爆
(・・・「科学忍者隊ガッチャマン」です・・・失礼しました・・・)
    • good
    • 0

「星の王子様」



原作は有名ですが、今から二十数年前にアニメ化されていたことをご存じの方は少ないようです。
勿論アニメで連続放映する為にはエピソードが足りませんので、原作にない話ばかりだったのですが、どれも考えさせられる話でとても印象に残っています。
何より王子様が原作よりもキュートで、性格も優しかったので好感が持てました。
もっとも、原作の方が好きな方には許せない部分かもしれませんが…。(^_^;
また、主題歌がまた素晴らしく、男の子が歌っていたのだと思いますが、美しい歌詞に優しい声が心地よかったです。
数年前に朝の時間帯に再放送をしているのを見ましたが、なかなかやらないんですよね~。
ただ、私は一時期セルビデオが出ていたときに全巻購入したのでいつでも見られるのですが。(^_^)v
というわけで、「皆さんにも見て欲しいTVアニメ」としての回答でした。

余談:
「赤毛のアン」というご意見が多いので情報を一つ。
現在毎週水曜日の18時30分からBS2で再放送中です。
(私も家内も大好きなのでビデオに録り貯めています)
ちなみに現在4話か5話あたりです。
    • good
    • 0

年代がものすごくバラバラかも・・。



「オレンジロード」
懐かしいなぁ・・・・。
でも、全部見てないんですよね。
あぁ、全部みたいっ!!

「パタリロ」
大好きだったんですよ~~。
クックロビン音頭。
玉ねぎ頭たちの素顔ってのがなんとも言えず笑えました。
やたら美形ですからね。

「キャッツアイ」「シティ・ハンター」
すごくはまっていて、再放送なんかもできる限りみてました。
これは、再放送があったら絶対見ちゃいます!!
    • good
    • 0

子供の頃、12チャンネル(東京です)で夕方やっていた


『マンガキッドボックス』という枠のアニメが大大大好きでした。

コイルはデブッちょ・ボヨヨヨヨ~ン♪の「スーパースリー」
ケンケンの「チキチキマシーン猛レース」、
出て来いシャザーン!の「シャザーン」、
ラムジーラムジーかわい子ちゃん♪の「ラムジー」……。

みんなまとめて観たいよぅ~。
    • good
    • 0

「あさりちゃん」


「花の子ルンルン」
「魔法使いララベル」
「魔法の妖精ペルシャ」
「クリーミィマミ」
「みゆき」
「陽あたり良好!」
「ママレードボーイ」
などでーす!
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ