世の中にはいろんな迷信がありますよね? 日本だと夜に
爪を切ってはいけないだとか、クモを殺しちゃいけないとか。
英会話でそんな話題になって、アメリカなんかでは
13っていう数はもう絶対避けられる数字で、ホテルの
部屋からビルの階数からなるべく使わないようにしてるんだそう。
でもそもそも、なんで13って縁起悪い数字になったの?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

キリストの処刑は金曜日。

でも13日ではないそうです。
13は最後の晩餐の人数なのできらわれるとか。
そこで、13日の金曜日は最悪!ということに。

下記URLの「3.3 キリスト教の影響」をご覧下さい。

参考URL:http://www.hept.himeji-tech.ac.jp/~okadamk/01Ssy …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

URL、とっても参考になりました。信憑性高い情報ですね、
興味深く読みました。投稿してくれたみなさんも さっと
読めるページなので参考に。

お礼日時:2002/04/06 22:31

あくまで私の仮説です。


元々アメリカ人は13を幸運の数と思っていました。
成立した当時アメリカは13の州からなっていました。
何ドル札か忘れましたが13本の矢が描かれています。
アメリカ国旗も紅白の縞模様も13です(ちなみに星の数は現州と同じ50)
むしろアメリカは13は幸運の象徴でした。
でもあのアメリカです。アメリカイズムと言うか「あなたの国は神ですか?」と突っ込みたい場面多々あります(もちろんテロを考えてはいません。)
反感を他国家から受けているんです。自爆テロの報復。誰も異論を唱えません。
アメリカを敵に回したくないからです。ですからこう言った言いなりが嫌だと言う
アメリカに反発する国も多く、言わばスパイラル状態。
ソルトレイクシティー五輪も正直私の意見ではスポーツの祭典だったと私は思えません。トラブル続きでしたし…

ですので反アメリカと言う他国がアメリカの幸運の象徴である13に泥を塗ろうとした。
だから13と付く日に色々なトラブルが起こり、結果として
「アメリカは反感を買っている」ではなく「13が不吉な数字だ13が悪い」となったのではと思います。
言われの無い「**が13だった」は何の根拠も無い後から付けた言い訳だと考えます。
無論何度も言いますが私が勝手に思う仮説でしかないですけどね。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

おもしろいですね、オリジナリティある回答楽しく読みました。「当時アメリカは13の州からなっていました。アメリカ国旗も紅白の縞模様も13です。」はハっとしました。確かに!
ただそのあとの推測、行き過ぎでは?

お礼日時:2002/04/07 08:27

あと、死刑台の階段の段数という説もありますよね。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

むふふ、、それはそうなんですね、でも派生的にそうなったもの、縁起悪い数字だから13段にしたっていうことですよね?

お礼日時:2002/04/06 22:36

私が知っている一般論で…自信は無いです



キリストが死んだ日が13日で、13番目の弟子が裏切ったからだと聞きましたが…

検索したら「最後の晩餐を13人で食べた」と言うのもありました。↓のURLで2002/01/19 のログです。

参考URL:http://damien.tripod.co.jp/notes/notes_01.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いろんな節がありますね。やはり最後の晩餐にからむものですか、、、

お礼日時:2002/04/06 22:28

キリストが処刑された日だったからだと思いますけど?

    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなんですよね? それはうん、自分でもそうじゃないかと思ったんですが、
英会話の先生もカナダ人でクリスチャンで、でも知らないくらいだから、きっとそうではないんだと思ったんです。

お礼日時:2002/04/06 22:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q縁起の悪い数字  また理由はなぜ?

日本で縁起の悪い数字って、どの数字があるでしょうか?
僕が思いつくのは、
「4,9,11,13、29」くらいしか思いつきません。
また、この数字はなぜ縁起が悪いのか理由がわかりません。

4・・・漢字で「死」を表すから。
9・・・漢字で「苦」を表すから。
この二つはわかるのですが、残りがわかりません。

13・・死刑の階段の数だったような・・・?

11、29はなぜ縁起が悪いと言われるのでしょうか?

13もハッキリわからないので知ってる方がいれば教えてください。

お願いします。

Aベストアンサー

13はキリストが処刑された日が「13日の金曜日」だった為です。死刑台の階段数もそれにちなんで後から13段にされました。この13を嫌がる習慣はキリスト教徒に広まったものですので、もともと日本では縁起の悪い数字ではありませんでした。欧米文化の浸透によりそういう風習が広まったものです。

11が縁起が悪いと言うのは始めて聞きました。欧米ではむしろラッキー7と並んで縁起の良い数字と言われています。コンビニのセブン・イレブンも縁起の良い数字を並べて命名されたとのこと。ちなみに同社の正式なロゴはSEVEN ELEVEnで、最後のnだけが小文字になっています。これは「7と11という縁起の良い数字を並べて、何もかも完璧だとそれ以上の進歩の余地がない」との考えから、あえてスペルをいじって不完全な形にしたとのこと。

29が不吉と言うのも初耳です。ただし4219は「死に行く」に通じるそうで、国が発行する自動車のナンバープレートでも欠番になっているそうです。

Q縁起の悪い数字の土地、13ってどうなの?

家を建てようと思って、いまある所の土地を仮押さえしています。でも仮押さえした時は全くなんとも思わなかったのですが、良く考えたら、番地が「13-13」なんです。
13と言えば不吉な数字として知られています。そういえば周りの土地は全て売れているのになぜここだけが残っているのか不思議に思ってました。この数字のために土地が敬遠されることってあるのでしょうか?皆さんは気になさいますか?

Aベストアンサー

え~っ

別にことさら追加で書くことも無いのですがたまたま見ると回答検数が○○件

私が追加すれば14件...(笑)。

中古で買ったアパートは101.102.103.105号室

マンションは101.102.103.104・・・401.402.403.404・・・409.410・・・

こだわったりこだわらなかったり色々ですね

先日宿泊したホテルでは104も113も有りましたね

Qキリスト教で13が不吉とされる理由を教えてください!!

13という数字に不吉なイメージが与えられたのは何故、いつの時代、誰によって、何をきっかけとしてだったのでしょうか。また、キリスト教以外でも13という数字が持つ意味をご存知の方教えていただけないでしょうか。地球が太陽を一周する間に月が地球を周回するのは13回ですよね。

とても気になるので教えてください☆

Aベストアンサー

 最近の研究では、キリスト教における影響という通説が疑われつつあります。
 たとえば、キリスト教の影響が強いはずのエチオピア・トルコなどの古いキリスト教国では「13」を不吉としないケースが多々あるからです。
(エチオピア・トルコは古いキリスト教が現存する数少ない世界です) 
 あくまでも最近の有力な仮説としては、インド・ヨーロッパ語族における数字・計量表記の12進法から原因が見出せそうです。 

 12進法は世界標準では時間で採用されていますが、古代の計量単位では12進法がしばしば利用されます。
 現存する12進法単位としては英米で残存するものが多いようで、一例としては
ダース=12
グロス=12x12=144
グレートグロス =1728
スモールグロス =120
英国通貨(旧法含む) 1 シリング=12 ペンス
1 フィートは=12 インチ、
1 トロイポンド= 12 トロイオンス

 つまり12という数字が重要で、その次である”13”を忌み嫌ったということです。この12を基調とする慣習はゲルマン民族を筆頭に多くの西方民族で確認できます。

 たとえば、北欧ゲルマン神話のトリックスター『ロキ』は13番目の訪問者として忌み嫌われています。
 他にも自然崇拝においても13という数字が忌諱されるケースがあります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
 13という数字に関しては、むしろ”吉”数と考えることも仏教文化においてはありますし、ネイティブアメリカン・ラテンアメリカ諸国では13が嫌悪されているわけでもありません。

 ”マヤ13神”は大変有名ですし、
 ギリシャ星座も古来は、13番目の黄道星座”ヘビ使い座”を無視したとも確認できません。

 星座に関しては、占星術が意図的に”へび使い座”を無視した可能性も指摘されています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

 地球の公転周期と月の公転周期の関係は私も考察に入れたこともありますが、
 月齢信仰のある地域では、13が吉兆とされるケースがある事実はあります。(日本は月齢信仰が薄かったようですが、月詠命はいらっしゃります)
 
 これも極めて私的な仮説ですが、
西方では月齢信仰が極めて少数派で、排斥された歴史が古くから確認できます。(いわゆる「魔女狩り」の対象として13が利用されたケースもあるようです)
 月齢信仰を忌諱するがゆえに、それを象徴する「13」も奇異された可能性は高いかもしれません。

 極論すれば、「13」を吉兆する社会習俗を排斥した西方の人々の名残が今の”13”忌み数字になっているのかもしれません。

 様々な因子から導き出せそうな話ですが、ユダ「13」の話はそれこそ歴史的に新しい動機付けであることは確実に言えそうです。 

 参考程度かつ仮説に過ぎません・・詳しくは要請があれば解説します。

 最近の研究では、キリスト教における影響という通説が疑われつつあります。
 たとえば、キリスト教の影響が強いはずのエチオピア・トルコなどの古いキリスト教国では「13」を不吉としないケースが多々あるからです。
(エチオピア・トルコは古いキリスト教が現存する数少ない世界です) 
 あくまでも最近の有力な仮説としては、インド・ヨーロッパ語族における数字・計量表記の12進法から原因が見出せそうです。 

 12進法は世界標準では時間で採用されていますが、古代の計量単位では12進法...続きを読む


人気Q&Aランキング