『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

検索サイトを使い表示された結果から明らかに怪しいと思われるサイトには行きませんが、文章だけからでは微妙なサイトも割りとあります。

私はそういうサイトには行かないようにしているのですが、知り合いは「そういう時は表示された各検索結果のところにある「キャッシュ」を表示してみて判断すればよい。」と言っています。

そこで、いつも行っている問題のないと思われるサイト(例えば、このサイト)を検索サイトで出るようにしてそこのキャッシュを表示してみました。

なるほど、サイトの何となくの雰囲気は分かるしグーグルの場合は「保存されたもので実際のページではない」とあります。

キャッシュを見る分にはクリックさえしなければ、そこが仮にウイルスなどが仕掛けられているページでも感染しないのでしょうか?

以上よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

ANo.1さんに補足です。


下記URLがSiteAdvisorのダウンロードページのひとつです。

McAfee SiteAdvisor 1.7.0.53
http://www.altech-ads.com/product/10002747.htm

このソフト(というか、IEにプラグインされます)は便利で安心感を与えてくれるものですが、データベースは所詮後追いですから、過信は禁物で、基本的な態度「君子危うきに近寄らず」は普遍的に重要だと思います。

さて、ご質問の「キャッシュを見るだけならウィルス感染の危険はないか?」ですが、それはそのサイトの管理者が誠実にキャッシュの管理をしているかどうか次第だと思います。
管理が杜撰で、ウィルスが入ったままキャッシュ化されていれば、危険性は同等だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
やはり危険なものは危険なのですね。

お礼日時:2006/10/24 22:21

SiteAdvisorというフリーソフトをインストールしてみてください。


Googleで検索したサイトが危険かどうか判断できます。
けっこう便利ですよ。

また、ご利用のPCにウイルス駆除ソフトなどをインストールしておくことは必須です。インストールしておくことで、感染もある程度防ぐことが可能かと思われます。

参考URL:http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/200 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
フリーソフト導入考えてみます。

お礼日時:2006/10/24 22:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q怪しい誘導サイトの見分け方

怪しい誘導サイトの見分け方

今、Microsoftの「レジストリー修復ソフト」をダウンロードしようとしているのですが、インターネット上にあるソフトをダウンロードしようとすると、いかにも本物のように装ったサイトに誘導されて、とんでもない被害に会う、という話を聞き、怖くなってダウンロードを躊躇っています。

こういうことは、どんな形で来るのでしょうか?
わたしは一応MicrosoftのHPは見慣れているので、これとそっくりなものを怪しいサイトが作れるはずはない、と思っているのですが、見慣れた者にも見分けが付かないくらい、精巧な(本物そっくりの)形で飛び込んで来るのでしょうか?
見分ける方法がありますか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

4番目に回答した者です。補足も読ませていただきました。

Uniblue Registry Boosterについては、こういう話も出ています。

パソコンをたちあげると Uniblue Registry Booster という画面になり、 Scan ... - Yahoo!知恵袋
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1413189414

パソコンを立ち上げると最近いつも自動的に 「Uniblue Registry B... - Yahoo!知恵袋
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1413765584

確かに、Uniblue Registry Booster自体はいい加減な製品でない可能性がありそうですが…こういう実例を見る限りはさながら『インターネット上の押し売り』です。こういう手口でアプリケーションソフトを買わせようとするやり方は好ましいとは思えませんね。

更に先述した通り、正規のサイトを真似ていかがわしいサイトを作ることは出来ないことではありません。だから、Uniblue Registry Boosterの販促サイトの格好をしているから、あるいはMicrosoftのロゴが載っているから、という理由だけでそのサイトを信用することは危険なことです。

信用に足るべきサイトかどうかを見分けるためのアドバイスについては既に前回の回答にて行ってますので、ここでは割愛したいと思います。

なお、ウイルス対策ソフトのインストールがどうしても上手く行かない件に関しては…最悪、悪質な感染が絡むケースも想定出来ます。症状がこじれているようなら、今回はリカバリや再セットアップなどで初期化して出直すというのもすっきり出来て良いのかも知れません。

システム起動時など利用者が全く意図しないタイミングで不快なポップアップが出現するという症状自体、感染がもたらすものである可能性が高いのです。


今日の感染は、単に対策ソフトを導入するだけでは防ぎ切れるものではありません。日々新たに見つかるセキュリティホールなどにその都度きちんと対処していくことが重要になります。次のサイトの初心者向けコンテンツから理解に努めるようにしてみてください。

国民のための情報セキュリティサイト
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/security/index.htm

脆弱性関連などの最新の情報は、例えば次のようなニュースサイトから知ることが出来ます。1日1回のチェックをお勧めします。

INTERNET Watch Title Page
http://internet.watch.impress.co.jp/
ITmedia エンタープライズ セキュリティチャンネル
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/security/

4番目に回答した者です。補足も読ませていただきました。

Uniblue Registry Boosterについては、こういう話も出ています。

パソコンをたちあげると Uniblue Registry Booster という画面になり、 Scan ... - Yahoo!知恵袋
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1413189414

パソコンを立ち上げると最近いつも自動的に 「Uniblue Registry B... - Yahoo!知恵袋
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1413765584

確かに、Uniblue Registry Booster自...続きを読む

Q怪しいサイトかはどうやったらわかりますか?

怪しいサイトかはどうやったらわかりますか?

まぁそんな怪しいサイトかはっきりわかることはできませんし、有名なサイト Yahoo! とかAmazonとか、どんなに有名なサイトでも、犯罪を犯さないとは言い切れませんが…。だからこの知恵袋も安全とは言い切れないわけです…。

サイトに行くと、よくエロゲームの広告(?)があるじゃないですか。ああいう広告が載ってるサイトは行かない方がいいとか。(こういうサイトに載ってる広告みたいなのって何ていうのか知ってたら教えてくださいm(_ _;)m)

やっぱり独自で、自分で判断して、自分でやったことは自分で責任をとれってことでしょうか…。

してはいけないというわけではないんですが、やっぱりインターネットのサイトを見たり、サイトに登録したりする(インターネットを見たり、サイトに登録してる人なんて世界に溢れる程いますし。)のはできるだけ止めた方がいいということでしょうか?でもそんなことばかり言っていては何もできませんよね…。

Aベストアンサー

>自分で判断して、自分でやったことは自分で責任をとれってことで

 オイラの場合は、「Dr.Web リンクチェッカー」や McAfee社提供の
「SiteAdvisor」等の拡張プログラムを Webブラウザに追加 登録して
安全性に不安のある Webサイトにアクセスするときは事前にチェック
してからアクセスするようにしています。

Dr.Web リンクチェッカー
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20090211_drweb_link_checker/
 
SiteAdvisor
http://www.siteadvisor.com/


 また、次のようなサービスサイトもあります。

gredでチェック(Web サイトを解析する無料セキュリティサービス)
http://www.gred.jp/

aguse(URLを入力したサイトがどのようなサイトであるかを調べる)
http://www.aguse.jp/


>そんなことばかり言っていては何もできませんよね…。

 ついうっかりアクセスして被害を被ってしまうミスを防ぐためには
とりあえず Webブラウザを Firefoxに乗り換えて「NoScript」で武装
しては如何でしょうか。

Firefox が「セキュリティに強い」と言われる理由
http://mozilla.jp/firefox/security/

NoScript
https://addons.mozilla.jp/firefox/details/722


 因みに、参考 URL欄にフィッシング詐欺のサイトを見分ける実力の
程をテストできる Webサイトをリンクさせておきます。
 暇があったら挑戦してみるのも良いでしょう。

参考URL:https://www.phish-no-phish.com/jp/default.aspx

>自分で判断して、自分でやったことは自分で責任をとれってことで

 オイラの場合は、「Dr.Web リンクチェッカー」や McAfee社提供の
「SiteAdvisor」等の拡張プログラムを Webブラウザに追加 登録して
安全性に不安のある Webサイトにアクセスするときは事前にチェック
してからアクセスするようにしています。

Dr.Web リンクチェッカー
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20090211_drweb_link_checker/
 
SiteAdvisor
http://www.siteadvisor.com/


 また、次のようなサービスサイトもありま...続きを読む


人気Q&Aランキング