『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

かなり前の記憶でアテにならないのですが、バンドをやっていた時に音量を大きくしたいために1台のギターに対してギターアンプを複数使ってつないでいたように思います。こういう方法は確かにあるのでしょうか。あるとすれば、
1.つなぎ方はどうするのか(どのジャック同士をケーブルでつなぐのか)
2.先日見たライブでは、複数のアンプを使っているにもかかわらず、ア ンプの音は1つのマイクで1つのアンプスピーカーからしかひろってい ない。→このように見えましたが、実際はどういう方法で音をひろっ ているのでしょうか。詳しく教えて下さい。
またこのような事を解説しているサイトや本があったら教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

1・複数のアンプを鳴らしたい・・・というのであれば、ギター⇒エフェクター⇒分配器(例:インプットX1 アウトプットX5)⇒各アンプインプット・・・で可能です。


2・ホールではギターの音をラインで調整するのが一般的ですので、マイクで拾った音はミキサーへ、残りのアンプはモニターとして使用、又は飾り用(パフォーマンス)として設置・・というのが考えられます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

2はそういうこともあるんですか。回答ありがとうございました。

お礼日時:2006/10/23 18:15

入力ジャックが2個あるものなら、


ジャック1にギター、ジャック2を2台目のアンプのジャック1に
てなことをやってました。ん十年前。

音色を作るにはアンプ1台で充分です。あとは音量だけ。
音量がPAで出るなら1台で充分。
PAがちゃんとあるところなら、マーシャルじゃなくて、エーストーンの8Wを使ってマイクでPAに拾ってもらいました。
エーストーンのチューブアンプは最高の音がしました。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

やはり同じですか。ありがとうございました。

お礼日時:2006/10/26 23:47

1.パラボックス(要電源のアクティブ型)を使用する。

あるいは2~3台程度であれば、1台目のアンプのライン・アウトを利用して2台目・3台目につなぐ。
2.マイク→PA出力が一系統なだけでしょう。他のアンプ音はPAにつながず、直音だと思います。

リットー・ミュージック社の「サウンド&レコーディング・マガジン」のBNや別冊ムックに関連記事があると思います。

参考URL:http://www.rittor-music.co.jp/hp/sr/back.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

サイトまで紹介していただき、ありがとうございました。

お礼日時:2006/10/23 18:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q小出力ギターアンプ、ライブではどこまで使えるか。(PA、奏者の経験者お

小出力ギターアンプ、ライブではどこまで使えるか。(PA、奏者の経験者お願いします。)

ギターアンプについて質問です。
最近は小型の真空管アンプも増えてきています。
実際スタジオで使ってみたりもしていますが、
どの程度のアンプであれば問題無く使えるでしょうか。
具体的にワット数で切れるものではないと思いますので、
このアンプを持ち込んだらこうなった、と言うような感じでお答え下さい。


基本的に私の認識では、
・真空管アンプであれば30W以上はライブでは問題無い。
・15WくらいだとPAは必須となるが、実際の使い心地は分からない。
・10W以下は厳しいと思うが使えた例はあるのか知りたい。

ライブハウスとしてはキャパが100人程度以上の所で
ロックとかポップスの音楽だと思って下さい。

ステージ側での音響状態とPA側の感想が知りたいです。

おそらく回答は少ないと思いますが、実体験を伴わない一般論は不要です。
サイトリンクでも内容が合っていればOKです。


質問した理由としては、可能な限り小さいアンプを持ち運びたいのですが、
どこまで小さいのが使えるのかを知っておきたいためです。
自宅練習であれば5Wでも十分な場合は知ってますけど、
今回はライブでの使用を検討しています。

小出力ギターアンプ、ライブではどこまで使えるか。(PA、奏者の経験者お願いします。)

ギターアンプについて質問です。
最近は小型の真空管アンプも増えてきています。
実際スタジオで使ってみたりもしていますが、
どの程度のアンプであれば問題無く使えるでしょうか。
具体的にワット数で切れるものではないと思いますので、
このアンプを持ち込んだらこうなった、と言うような感じでお答え下さい。


基本的に私の認識では、
・真空管アンプであれば30W以上はライブでは問題無い。
・15WくらいだとPAは必須...続きを読む

Aベストアンサー

私は、No.3の方と違って「アマチュア相手の素人PA屋」なので、PA機材も中途半端だし、プロのセオリー無視のわけわからん現場ばかりですから、参考にもならんかもしれんですが…

客席向け及びモニターに。それ相応のPAは設えている(ライブハウスなら当然)現場を前提とするなら、私のような素人PA屋の尺度は
「ギタリスト本人が、ステージ上で自分のアンプの直接音を聞きたがるかどうか」
がすべてです。
もちろん、モニターから、そこそこの音量でプレイヤーにギター音を返せるのが前提でです。

ギタリスト本人が、どれほど自分のアンプの直接音を聞きたがるか…については、私の拙い延べ5~600人程度の経験値でも本当に千差万別で、全て本人次第としか言いようがないです。特にアマチュアギタリストの場合は、個人差が大きすぎるくらい大きい。

猫の額のようなステージでも、無理無理大型アンプ持ち込んで、自分のアンプ音をガンガン浴びないと「俺のプレイができねぇ」と宣う人もいれば、ちょっと質問の主旨からずれますが、持ち込みのPodからD.I.直のノーアンプで、モニターだけで全く問題ない人も居ますので。(いずれもドラム、ベースの入るロック系のケースにて)

PA通さずアンプ生音で客席に…というケースだと、本当に現場の環境次第なので、ますます一概には言えないですね。
この点については、既に同様の回答もありますが、まずはギター音がドラムと拮抗して客席後尾にまで届くかどうか…に付きます。こいつが場所によって随分違うので悩ましい。

今までの経験の限りでは、野外で背後に建物の壁面等の音の跳ね返りが有る場合なら、チューブ、ソリッドにかかわらず50W以上、できれば100W無いと拮抗できなかった事の方が多いです。ボーカルだけPA噛ませて、客席はステージ前15メートル以内。

背面に跳ね返りがない場合なら、チューブなら30Wくらいでなんとかなるケースの方が多いかなと。

これらは、ひとえにドラムの音量がキーになります。
ドラムがなければ、いずれの場合も体感音量半分くらいでも十分にギターは活きます。
15Wくらいでも半径10~15ートルくらいは、十分にライブ感が出る事も。

屋内の場合は、おおむね上記の「野外で背面から跳ね返りがある場合」に近いイメージです。音的にはだいぶ違うのですが、やっばりドラムがキーになります。
その点では、ステージの奥行きがそこそこあったり、天井高が高いか天井材質があんまりカンカンとドラムを反響しない屋内だと、小型のアンプでも客席にズバッと音が通るセッティングにはしやすいです。
ステージの間口や奥行きが狭くて、ステージ内で反響しまくったドラム音が客席に飛び出していくような場所(学校の体育館などが良い例)では、ギターアンプも相応の電気パワーで対抗しないと拮抗しませんね。

なので、キャパ100人のライブハウスで想定でどうか…となっても、私程度の経験値だと、現場見てみないと正直判断できません。
うちの地元のライブハウスでも、小体育館的な設え(見た目も音響も)のところもロフト改造の天井高の高い(吹き抜け)音的に野外に近いコンディションの所もあります。

ちなみに、私が素人PAやるような現場で、こっち側(もちろんPAスタッフ=私のバンドメンバーという関係)でアンプを用意する時は、キャパ100人台ならチューブ30W、ソリッド60Wが定番です。
それしか持ってないって事情もありますが、最悪ギターアンプにPA通せない時に、ギリギリ生音で何とか格好が付く…という経験則も含めての選択です。
キャパ200人超なら、ギターは100Wのスタック持って行きます。

私は、No.3の方と違って「アマチュア相手の素人PA屋」なので、PA機材も中途半端だし、プロのセオリー無視のわけわからん現場ばかりですから、参考にもならんかもしれんですが…

客席向け及びモニターに。それ相応のPAは設えている(ライブハウスなら当然)現場を前提とするなら、私のような素人PA屋の尺度は
「ギタリスト本人が、ステージ上で自分のアンプの直接音を聞きたがるかどうか」
がすべてです。
もちろん、モニターから、そこそこの音量でプレイヤーにギター音を返せるのが前提でです。

ギタリ...続きを読む

Q1つのアンプでベースを2本同時にならす方法は?

バンドで2人のベーシストが同時に2本ベースを使えるようにしたいと思っているのですが、一般にはライブハウスやスタジオにはベースアンプが1つのことが多いとおもうんです。

そこで何らかの機械をかますことによって、1つのベースアンプで2本のベースを接続して音を出せたらいいなとおもっています。(ベース2本を切り替えではなく同時のイメージです)

そのような機械ってありますか?

Aベストアンサー

ベーシストです。
昔に私もツインベースでライブをやった事がありますが、一台のアンプから2本のベースの音を出すのは無茶です。
お二人とも高音を弾くのであればまぁギリギリなんとかなるでしょうが、2台のベースアンプを並べて弾くのとは違い、ベーアンからどんな音が出ているのかよくわからない状態になります。
何の為にツインベースにしているのか、を考えればそのぐしゃぐしゃな音じゃダメだという事は簡単にわかると思います。

私の場合は、一人(ボトム担当:普通のベースの音、ハイ抑え気味)がアンプを使いもう一人(自分、スラップ・ソロフレーズ担当:低音抑えて歪みで音ヤセさせたような音)はアンプのシュミレーター(BOSS GT-6 B)を使いラインでミキサー卓に送りました。
自分のモニターにはもう一人のベースの音は送らないようにして貰って、ステージ上のベースアンプの出音とモニターからの自分の音を聴きながら演奏していました。(まぁ2~300人規模のライブハウスならPAの音もきこえますし。)

ちなみにアレンジと音作りをかなりしっかりやらないとツインベースは難しいので、役割分担をしっかりするようにしましょう。
ボトムと高音フレーズ、ボトムとスラップ、交互に弾くフレーズ等2本のベースでやる『意味』をしっかり考えましょう。
「ベース2本でやったら倍ヘヴィーになるじゃん」なんて考えないようにして下さいね(笑)

バンド頑張って下さい☆

ベーシストです。
昔に私もツインベースでライブをやった事がありますが、一台のアンプから2本のベースの音を出すのは無茶です。
お二人とも高音を弾くのであればまぁギリギリなんとかなるでしょうが、2台のベースアンプを並べて弾くのとは違い、ベーアンからどんな音が出ているのかよくわからない状態になります。
何の為にツインベースにしているのか、を考えればそのぐしゃぐしゃな音じゃダメだという事は簡単にわかると思います。

私の場合は、一人(ボトム担当:普通のベースの音、ハイ抑え気味)がアンプを...続きを読む

Q2台のアンプと1台のスピーカーキャビネット

現在2台のヘッドアンプと1台のキャビネットを所有しているのですが、どうにかして両方のアンプを活用できないかと考えてます。
接続は一応、ギター→A/Bbox→アンプA・アンプB→キャビネットの順番を考えてます。
アンプとキャビネットの間に何か2IN1OUTみたいなものってあるのでしょうか?
もしこのような機材があった場合、アンプとキャビネットの抵抗オームも揃えたほうがいいのでしょうか?
どなたかご存知であれば教えてください。

Aベストアンサー

No.1です。 返事が遅くなって申し訳ありません。

私なりに色々考えてみましたが・・・

自作の経験のないoyoyo-oyoyoさんに、楽器に詳しくない私が古いオーディオ流儀の発想でアドバイスするより、ずっといいアイディアが浮かびました!

結論を先に述べると

工業高校や工専、理系大学の電子(電気)科に相談し、切り替えBOXを作ってもらうというものです。

彼らの中には、ギターをはじめ電子楽器をいじっている学生もいるでしょうし、世の中にないモノを創ることに興味を示すと思いますよ。

先生を中心としたサークルのような組織であれば、人数が多い分、私ひとりが考えるよりずっと独創的なものを生み出してくれる可能性があります。

oyoyo-oyoyoさんの説明で、どんなモノを望んでいるのかは十分理解できますから、近くに学校があればぜひ相談されると良いと思います。

ある意味では、学生にとっても生きた研究(実技)となるわけですから、おそらく歓迎されると思いますよ。

私の試算では、MIDI信号に対応させるかどうかで材料費が違ってきますが、かなり複雑かつ高価なパーツを使っても2万円を超えることはないと思いますが、こればかりは回路しだいなので・・・

私に設計能力がないから逃げた!と思って頂いて結構ですが…(汗)「教えて!goo」の中で電子回路の説明と工作指導は、正直なところ難しいです。(すみません)

本当に市販品になければ、学校とタイアップしてパテントを取るなんてどうでしょう・・・??

No.1です。 返事が遅くなって申し訳ありません。

私なりに色々考えてみましたが・・・

自作の経験のないoyoyo-oyoyoさんに、楽器に詳しくない私が古いオーディオ流儀の発想でアドバイスするより、ずっといいアイディアが浮かびました!

結論を先に述べると

工業高校や工専、理系大学の電子(電気)科に相談し、切り替えBOXを作ってもらうというものです。

彼らの中には、ギターをはじめ電子楽器をいじっている学生もいるでしょうし、世の中にないモノを創ることに興味を示すと思いますよ。

先生...続きを読む

Q2台のアンプヘッドを1台のキャビネットで流用

ギターアンプを2台使用しています。
ともに全段に真空管が使われているヘッドです。
これにキャビネットを接続して使いますが、キャビは1台しかありません。
そのため、アンプを変えたいときは、いちいちスピーカーケーブルを付け替えなければならず、少々面倒です。
そこでセレクターのようなもので切り替えられればと思うのですが、そのようなものはあるのでしょうか?
1本のギターからアンプへの入力信号を切り替えるセレクターはあるようなのですが、アンプを切り替えるようなものは見つけられませんでした。
そうしたものが流用できるかなと考えましたが、ヘッドとキャビのあいだは大容量の信号が流れると聞いています。
したがって、ギター用のセレクターは流用できないのではないかと考えています。

以上、こうした製品があるのか、どなたかご存じの方はいらっしゃいませんか?

Aベストアンサー

本当にこのサイトはリンク不安定。
以下の順序で辿り着いて下さい。
サウンドハウス → ギター → エフェクター → フットコントローラー / セレクター → DOD 207

また駄目かも知れませんがhttp://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=280%5E270%5E%5E

Qベースアンプを2台つないで使いたいのですが・・

まったくの素人ですので教えてください。現在100W(KRUEGER Backline112)を持っているのですが音量が小さく感じます。もっと音量が欲しい時は、別に用意した50wのアンプにラインでつなぐと今までより大きくなるのでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

一概には「音が大きくなる」とは言えないです。

ただ、確認したいことは、
・ステージ上のプレイヤーが聞いて「音が小さい」のをなんとかしたいのか
・()客席に向けた音が小さいのをなんとかしたいのか
のどっちかという点。まぁ「両方」もあるかもですが(^^ゞ

ベースをPAに通しているステージなら、よっぽど他の楽器音でステージが音の洪水になってないかぎりは、プレイヤーがKRUEGERで音が小さくて聞こえないということは、私には考えられない。
ただ、KRUEGERは小さいので、直接床に置いていればこれは聞こえるわけがない。
KRUEGERをステージで使う時は、台の上にアンプを置いて、アンプの音がプレイヤー直接届くようにして使うのが定番です。置き方を工夫すれば、決して音が小さいアンプではないです。

PA無しでアンプ音を直接会場に送っている際の、客席向けの音が小さいなら、これは会場の大きさとかによって録るべき対策が違います。本来的には、KRUEGERで音が小さいような会場なら、アンプ追加よりはPAを増強すべきです。
とはいえ、そうも行かない事情があるなら…うーん、それでも客席向けの状況なら、50W一台で増強可能かどうかは、やはり会場の広さ等によって微妙ですね。

ただ、上記いずれの場合でも、KRUEGERの置き位置に制限がある等の事情で、KRUEGERの音をプレイヤーがモニターするのに限界がある…みたいな時に、プレイヤーの自己モニターとして、もう一台のアンプを置いてプレイヤーが自分の音を聞きやすくする…というのが目的なら、2台並列は方法としてはアリです。
私は、会場据置のベースアンプがどうしても自分の都合の良い方法や角度にできない時に、自前のアンプを自己モニター専用に持って行き、エフェクターから信号を分岐して2台使うという手は、時々使ってますので。
ちゃんとしたステージなら、普通はこういう方法は邪道ですが、素人現場では珍しくない方法です。

ということで、差し当たり補足要求にしておきますね。

一概には「音が大きくなる」とは言えないです。

ただ、確認したいことは、
・ステージ上のプレイヤーが聞いて「音が小さい」のをなんとかしたいのか
・()客席に向けた音が小さいのをなんとかしたいのか
のどっちかという点。まぁ「両方」もあるかもですが(^^ゞ

ベースをPAに通しているステージなら、よっぽど他の楽器音でステージが音の洪水になってないかぎりは、プレイヤーがKRUEGERで音が小さくて聞こえないということは、私には考えられない。
ただ、KRUEGERは小さいので、直接床に置いていれば...続きを読む

Qトラスロッドが回りきってしまった時の対処

中古で買ったボルトオン・ネックのギターを所有しているのですが、ネックが順ゾリしているためリペアショップに持ち込んだところ、既にトラスロッド9割近く回りきっているため、調節がほとんど出来ないと打診されました。
そこで細いゲージの弦を張る事をすすめられ試してみたのですが、今までのようなテンションが得られず、仕方なく元の太さに弦に戻しました

熱でネックを曲げて調整したり指版を削るという方法もあるようが、音色やグリップが大変気に入っているため、ギターへのダメージが心配です

どなたかこのような状況での対処をご存知の方がおりましたら
ご提案どうか宜しくお願い致します

Aベストアンサー

No.3です。なかなか難しい状況のようですね。

まず「トラスロッドを一旦外して・・・」の件から書きます。ほとんどのトラスロッドの末端は、回り止めに幅が2センチぐらいの鉄板が溶接されていて、それをネックに埋め込んで固定してあります。これを外すというのは、少なくとも部分的に指板を剥がす作業が伴いますし、元通りに直すにもかなり手間(つまり工賃)になります。しかしながらロッドを外して次にナニができるのか?という疑問があります。(結局アイロンでしょうか?)

当初はボルトオンということで、新しいネックをオーダーすることを気安く提案してしまいましたが、フェンダー系ならともかく、ジャクソンとなるとヘッドの作りが独特ですから、作ってくれる工房があってもかなり割高になると思います。とりあえずメールで見積もりを出してもらって下さい。

そこで何とか今のネックを活かすには、指板を剥がして平面出しを行い、新しい指板に貼り換える方法もあります。(クラシックギターの世界では珍しいことではありません)ネックの機能を最優先させて、ポジションマークなどの装飾を省くなどすれば、こちらの方がネックを丸ごと1本作るよりも少しは安く上がると思います。

No.3です。なかなか難しい状況のようですね。

まず「トラスロッドを一旦外して・・・」の件から書きます。ほとんどのトラスロッドの末端は、回り止めに幅が2センチぐらいの鉄板が溶接されていて、それをネックに埋め込んで固定してあります。これを外すというのは、少なくとも部分的に指板を剥がす作業が伴いますし、元通りに直すにもかなり手間(つまり工賃)になります。しかしながらロッドを外して次にナニができるのか?という疑問があります。(結局アイロンでしょうか?)

当初はボルトオンというこ...続きを読む

Qベースアンプでギターを弾きたい

私は低音が効いてるギターが好きで、ベースアンプにマルチエフェクターを繋げて弾いてみたいと思ってました。

しかし、友人に聞いたところベースアンプで高音を出すとコーンが壊れるというような事を言っていたので不安になって実行する事が出来ません。

やはりベースアンプは低音専用なのでしょうか?また、逆にギターアンプでベースを弾くと壊れたりするんでしょうか?

詳しい方がいらっしゃいましたら、教えて頂きたいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ギターにベーアンプ、ベースにギターアンプ、どちらも、よほど大音量でなければ、
故障に至るような問題は通常起きないと思います。
自宅で鳴らすレベルなら、まったく問題無しと言っても良いと思いますよ。

ただし、その音が気に入るかどうかは、使う人の判断です、
小音量では、ハイが足らなくて、モコモコになると思いますけどね。


フェンダー社のベースマンと言うアンプがありますが、
元々ベース用として生産された商品ですが、
誰かが、ギターで使うと良い音がすると気が付き、
今やすっかりギターアンプとして認識され、ギターアンプとして販売されています。
http://musics-tk.com/%E3%82%AE%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%97/famous-guitar-amp/bassman/

マーシャル製のギターアンプも、元々はベースマンのコピー品でした。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%97

また、ローランドのJC-120も、元々ギター以外の用途も考えられたものですので、
キーボードや、ベースを繋いでも、それほど遜色なく鳴りますよ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%BBJC-120


どちらにせよ、使う、使わないの判断は御自信でどうぞ。

ギターにベーアンプ、ベースにギターアンプ、どちらも、よほど大音量でなければ、
故障に至るような問題は通常起きないと思います。
自宅で鳴らすレベルなら、まったく問題無しと言っても良いと思いますよ。

ただし、その音が気に入るかどうかは、使う人の判断です、
小音量では、ハイが足らなくて、モコモコになると思いますけどね。


フェンダー社のベースマンと言うアンプがありますが、
元々ベース用として生産された商品ですが、
誰かが、ギターで使うと良い音がすると気が付き、
今やすっかりギターアンプ...続きを読む

QギターアンプのLine Out

マーシャルを使用していますがLine Outジャックからスピーカーに
繋げば音が出るのでしょうか?そもそもどういった目的であるのでしょう?

Aベストアンサー

こんばんは。
その出力は、マーシャルから出ている音を他の器材にも回したい時に使う端子です。

たとえば、マーシャルを自分だけの音のモニターとして使い、PAにも流すような場合ですね。

あと、パワーが足りないので他のアンプをつなぐ様な時。

いずれにせよ、ギターアンプ等のアンプ内臓スピーカーでないと音は出ません。

Qエフェクターをマルチかコンパクトかで悩んでます…

今日楽器屋に行ってきました。
まだギターを始めて間もないんですが、とりあえず歪み系のエフェクターは必要だろうなと思い、bossの『os-2(overdrive/distortion)』は持ってます。

今日はコンパクトエフェクターのフェイザーとかコーラスを目当てに行ったんですが、店員さんにbossの『me-20』というマルチエフェクターを薦められてしまいました。
「どんどん買い足していくのはコスト的に学生にとってはキツイし、まず今はマルチを一つ買って、高校を卒業してからコンパクトを買い足していったらどうかな?」と。
そのときは決めきれず、お金も13000円程しかもっていなかったので今日は何も買いませんでした。

家に帰ってからインターネットでマルチエフェクターについての意見というか、使用感を調べてみると… あんまり良くないみたいですね。
そもそもなぜそんなにマルチエフェクターがバッシングを受ける必要があるのでしょうか。
僕も実際マルチエフェクターを購入する気はさらさらありませんでした。
それはマルチエフェクター自体が嫌いなのではなく、僕の好きなギタリスト(浮雲さんです)がライブなどでコンパクトエフェクターを使っているということで、「真似しよう!」という単純な理由です。

実質的にコンパクトエフェクターを繋いでいくのと、マルチエフェクターを使うのでは音が違うのでしょうか。
ネットで意見を見ていると、みんながみんなマルチを批判し、ただ「みんながマルチを批判してるから確かに俺もそう感じるかも…」というので言ってるように思わなくも無いのです。(気を悪くされた方、申し訳ないです。)

今日の楽器屋見物でマルチエフェクター購入も考えの中に入ってきました。
「マルチがいいかコンパクトがいいか、それは個人の好みです。」て言われるとどうしようもなくなるのですが、皆さんの場合はどうお考えなのか、聞きたく思い、質問させていただきました。
また、もしオススメのマルチエフェクターがあるというなら教えていただきたいと思います。
皆さんの率直な意見をお聞かせくださるとうれしいです。

今日楽器屋に行ってきました。
まだギターを始めて間もないんですが、とりあえず歪み系のエフェクターは必要だろうなと思い、bossの『os-2(overdrive/distortion)』は持ってます。

今日はコンパクトエフェクターのフェイザーとかコーラスを目当てに行ったんですが、店員さんにbossの『me-20』というマルチエフェクターを薦められてしまいました。
「どんどん買い足していくのはコスト的に学生にとってはキツイし、まず今はマルチを一つ買って、高校を卒業してからコンパクトを買い足していったらどうかな?」...続きを読む

Aベストアンサー

マルチエフェクターについては、当然メリットもデメリットもあります。そのバランスが自分の用途に合っているかどうかを、よく検討することが必要でしょう。

マルチエフェクターの利点については、配線関連や電源管理が格段に楽というところが挙げられます。コンパクトエフェクターではそれぞれをケーブルでつないでいく必要があることから、ペダルの配置を整理して考える必要がありますし、電源などについてもそれぞれのペダルごとに個別に管理する必要があります。また、コンパクトペダルでは独立した機材をつないでいく関係上、音が出ないなどのトラブルが出たときにチェックするべき項目が多くなるというのも頭の痛いところです。それに、細かなところまで突き詰めれば、ケーブルの接点は音質劣化の元になる要素ですので、配線が増え接点が多くなること自体も音質面では不利といえます。マルチエフェクターの場合は、電源は一括して管理できますし、配線関連や配置でも頭を悩ますことはないでしょう。
また、パッチを記憶させておくことでエフェクトをまとめて一気に変更することができると言うのも一つの利点ではあります。コンパクトペダルの場合は、特別な機材を追加するか、一つ一つのペダルをon/offしていくしかありませんので、たくさんのエフェクトを変更するのが難しいことがあります。

ただ、マルチエフェクターは直感的な操作が難しいものが多く、パラメータにも癖がある場合があります。特にコントロール類が簡素化されすぎて細かな調整が利かなかったり、エフェクトの内容によっては煮詰めきれないと感じることも少なくないでしょう。痒いところに手が届かないマルチエフェクターも多いと感じます。
また、マルチエフェクターに含まれるエフェクトについて、同じエフェクトで比較するとそれ単体を商品化したコンパクトの方が肌理細やかな調整がしやすかったり、音質的な品質についてもより高品位なものの方が多くあります。
それと、一部の機種を除いて、コンパクトエフェクターでは可能なつなぎ順を変えたり、一部の欲しいエフェクトだけをフレキシブルに交換したりというような使い方ができないことがあるのも、マルチエフェクターの弱点の一つともいえます。エフェクトはつなぎ順のセオリーはあるものの、つなぎ順を変えることでエフェクトのかかりを変えることができることもまた事実で、そうした要素によりいろいろと突き詰めることにも一つの楽しさがあります。マルチエフェクターはそうした楽しみができる機種が非常に限られます。

マルチエフェクターは、便利さの点ではコンパクトを突き放す利点があると思います。ただ、音質的な追求の上では、マルチエフェクターはコンパクトエフェクターよりも制約が多くなることも多いでしょう。

個人的には、自宅練習用のエフェクターと割り切るのであれば、安いマルチエフェクターでも使いでがあると思います。ただ、大型アンプにつないで使う場合には、安いマルチエフェクターでは少々心許ないかも知れません。ただ、特にこのエフェクトが欲しいと確固たる目的がない場合には、マルチエフェクターの便利さの方が際立つでしょう。マルチエフェクターを通じていろいろなエフェクターの種類や実際の効果などを知るのもよい経験だと思います。

参考まで。

マルチエフェクターについては、当然メリットもデメリットもあります。そのバランスが自分の用途に合っているかどうかを、よく検討することが必要でしょう。

マルチエフェクターの利点については、配線関連や電源管理が格段に楽というところが挙げられます。コンパクトエフェクターではそれぞれをケーブルでつないでいく必要があることから、ペダルの配置を整理して考える必要がありますし、電源などについてもそれぞれのペダルごとに個別に管理する必要があります。また、コンパクトペダルでは独立した機材を...続きを読む

Qギターアンプ ライブで使えるW数

ドラムの音に負けないぐらいの音量が出るのは、何Wぐらいのアンプからですか?

5Wの今使っているVOXのでは少々キツイかなと思い、新しいアンプの購入を考えています。

おすすめのものがあったら是非教えて頂きたいですm(_ _)m

Aベストアンサー

Peavey Bandit 112をお薦めします。
以下、重複部も含みますが過去の回答を貼っておきます。

ジャズギタートーンも良い歴史的なロングセラーです。 初来日のジム・ホール、バーニー・ケッセルも使っていました。

youtube で「peavey bandit112」 キーイン 1ページ目http://www.youtube.com/results?search_query=bandit112+&aq=f

Peavey を紹介しておきます。
このアンプが抜群に素晴らしい、40年を越えるロングセラー、来日ジャズギタリストも使用していた程の定番ギターアンプ。
近年は輸入総代理店が廉価直売で楽器店店頭に並ばず知る人ぞ知るの存在、リンク先レビューの如く間違い無く優れもの。
ほぼ真空管同様の音色、テストの為購入した下位機種ENVOYIIで私の愛器'66 Fender Vibrolux Reverbと比較、遜色無し、むしろファット、お奨めです。出力調整機能付き。PEAVEY BANDIT 112
値段は安いけれど一生物の価値あり。
http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=571%5EBANDI...ギターアンプはこの位の出力が必要なのです
youtubeサンプル(チェックしたい事をキーインすれば良いので活用してください)
http://www.youtube.com/watch?v=K9J3wqrguWU
http://www.youtube.com/watch?v=ithxOtJaAGQ
http://www.youtube.com/watch?v=GvwltTuJrnU
http://www.youtube.com/watch?v=85i8ZvpLWdc
http://www.youtube.com/watch?v=i9ds2Xc73A4
http://www.youtube.com/watch?v=LfcDdO7njfQ&feature=related

日本では事実上、総代理店が廉価直売している為、店頭には並ばないメーカーになっていますがアメリカ映画の酒場等の1シーンにも出てくる程、全米一の音響メーカーです。
実に勘所を捉えている音色、BANDIT 112はそのベストセラーで歴史もある機種です。
特に真空管の必要性を感じさせない音色、TRANSTUBEシリーズの最高位の製品でもあります。
このアンプが抜群に素晴らしい、40年を越えるロングセラー、来日ジャズギタリストも使用していた程の定番ギターアンプ。
近年は輸入総代理店が廉価直売で楽器店店頭に並ばず知る人ぞ知るの存在、リンク先レビューの如く間違い無く優れもの。
ほぼ真空管同様の音色、テストの為購入した下位機種ENVOYIIで私の愛器'67 Fender Vibrolux Reverbと比較、遜色無し、むしろファット、お奨めです。出力調整機能付き。PEAVEY BANDIT 112 値段は安いけれど一生物の価値あり。
ギターアンプはこの位の出力が必要なのです。http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=571%5EBANDI...

ZTもThe Clubなら実用出来ますが価格が少し高めです。

事実上Bandit 112に勝るアンプはありません。購入者レビューの通り優れものです。
繰り返し改良を重ねて来た製品は次元が異なるのです。

真空管アンプでも15や30Wでは使い物になりません。
ジャズコンボでもPrinceton Reverbは音量不足、Vibrojux Reverbでどうにか、結局Twin Reverbで決着。
しかし後年ソリッドステートのPeterson、Polytoneも使用、実際には使われているスピーカー音色で決まります。
Banditの良さはEminence製スピーカーBlue MarvelとTransTube回路によります。価格が破格に安いことも特筆出来ます。

要は前述の各アンプと並べてジャズギタートーンの音色合わせ込みが出来るレベルのアンプであると言うことです。

Peavey Bandit 112をお薦めします。
以下、重複部も含みますが過去の回答を貼っておきます。

ジャズギタートーンも良い歴史的なロングセラーです。 初来日のジム・ホール、バーニー・ケッセルも使っていました。

youtube で「peavey bandit112」 キーイン 1ページ目http://www.youtube.com/results?search_query=bandit112+&aq=f

Peavey を紹介しておきます。
このアンプが抜群に素晴らしい、40年を越えるロングセラー、来日ジャズギタリストも使用していた程の定番ギターアンプ。
近年は輸入総代理店が廉...続きを読む


人気Q&Aランキング