個人事業主の方必見!確定申告のお悩み解決

どこかのサイトで、ニュートラルに入れていてもクラッチを軽く踏んでいると半クラ状態のようにクラッチが減ると書いてありました(ギアを入れた半クラよりは減らないとも書いてあった)
ニュートラルだとエンジンと駆動系が切られているのに、クラッチが減るなんて本当でしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

クラッチ」に関するQ&A: クラッチについて…

A 回答 (5件)

知りませんでした。


知ったかぶりはしたくないので、調べて参考になったページを貼っておきます。

ギアの図が載っているページ
http://www.geocities.co.jp/MotorCity-Rally/4099/ …
クラッチが減る原理についてのヒントが書かれているページ
http://www.maru-san.net/reply/double_c_q.htm

もし分からなければ、俺なりに理解した内容を書きますので補足してください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ヒントのページを見て考えました。
要するに、ニュートラルでクラッチを繋いでいる状態だとギア(一次側)は回っているが、クラッチを切るとギア(一次側)は止まる。
そして半クラにすると慣性で回っていたギア(一次側)とクラッチで滑りが生じ、クラッチが減るということでしょうかね?きっと。
恐らくギア(一次側)は慣性で回っているだけなのですぐ止まると思いますが、多少なりとも半クラ状態になるのでクラッチは減るということかなと思います。
参考になるサイトありがとうございました。

お礼日時:2006/10/25 19:22

こんにちは


ニュートラル状態にしているときは、ミッション内部でギヤが噛み合っていません。そのためクラッチをつないでいてもエンストはしませんね。クラッチ側のシャフトには負荷が掛かっていないので、エンジン側のフライホイールとクラッチが一緒に回ってしまいます。ですから基本的にはニュートラル状態での半クラは減ることはありません。
理論的に言えば、半クラ状態にしてエンジンをぶん回したり、回転数を急激に上下させれば、慣性力の違い(フライホイールとクラッチは重さが違うため)で減る可能性もありますが、ほとんど皆無と思われます。
ということで減りません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

No.2の方の回答を見て、ニュートラルでもクラッチはギアの一次側を回していることがわかりました。
ということで、ニュートラルでも半クラにすると多少クラッチが減るのかなと思います。

お礼日時:2006/10/25 19:27

>クラッチを軽く踏んでいると半クラ状態のようにクラッチが減る


というような事はありません。理由は、

軽く踏んでいるだけなので、クラッチディスクを押しているバネの力が少し減りますが、この状態でクラッチディスクが回しているのはクラッチディスク自身だけなので、バネの力は僅かで必要な摩擦力が生じるからで、仮にもう少しクラッチペダルを踏み込んでバネの力を弱くしたとしても、ディスクはフライホイールとプレッシャープレートに挟まれたまま回転し滑る事はなく減りません。もっとペダルを踏み込んでバネの力が弱くなったらディスクは滑る事になりますが、エンジン出力ゼロなのでディスクのフェーシングに生じる摩擦力もゼロに近く減る事はありません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

No.2の方の回答を見て、ニュートラルでもクラッチはギアの一次側を回していることがわかりました。
ということで、ニュートラルでも半クラにすると多少クラッチが減るのかなと思います。

お礼日時:2006/10/25 19:26

確かに2の方の出されているURL見れば解りますね、実際私も冬場などのオイルが冷えたときは大型車などはクラッチ踏んでから(出来るだけバッテリーやセルモーターの負担減らす目的で)エンジン始動します。



補足すれば、中途半端にクラッチペダルに足を置けば、レリーズベアリングやクラッチカバーも長いスパンで考えれば傷みが違います。
構造が解る方は解りますね・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かにクラッチ以外の部分についても考えられますね。
いずれにしろ、ニュートラルでも半クラにするよりはしないほうが良いのかなと思いました。

お礼日時:2006/10/25 19:23

クラッチってのはプレートを押し付けて動力を伝えています


きちんとくっついていると一緒に回るのですが
中途半端だとプレートがこすれて減ってしまいます

両手を強く合わせて動かしても熱くなりませんけど
こすり合わせると熱くなりますよね?それと同じです
    • good
    • 0
この回答へのお礼

クラッチの基本原理は当然理解しています。
今回問題にしているのは、「ギアがニュートラルに入っているのにクラッチを半端に踏んでいるとクラッチが減るというのは本当か?」ということです。

お礼日時:2006/10/24 22:50

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qミッション車、この動作の場合、クラッチは踏む?踏まない?

社用車はミッション車です。

私が運転していると年配の上司が『何故、ニュートラルにする時にクラッチを踏むの?』と不思議がられました。

試しにクラッチを踏まずに5速からニュートラルにする時、クラッチを踏まずにニュートラルにしたら問題なくニュートラルになりました。

確か、教習所ではクラッチを踏む様に教わったのですが、5速とかギアを入れている時からニュートラルにする時、クラッチを踏む必要はあるのでしょうか?無いのでしょうか?

Aベストアンサー

クラッチレスシフトといい、エンジン側(クランクシャフト)とギア側(トランスミッション)の回転数が(ほぼ)同じならクラッチペダルを踏まなくてもニュートラルに入れるだけでなくシフトチェンジもできます。
が、トランスミッションによくないのでクラッチを踏んでシフトチェンジをしてください。
10年以上もつはずのパーツがたったの数年で壊れてしまうかもしれませんから…

Qクラッチの減り

クラッチについてですが、クラッチを踏んですぐに切れる状態と、奥まで踏んで切れる状態とでは、どのような違いがあるのでしょうか?ちなみにたまたま2台を乗り比べて疑問に思ったのでお聞きしたいと思いました。また一般にクラッチ版が減ったといってパーツを交換しますが、その際の費用とは工賃も入れてどれくらいのものでしょうか?
車は94年のサターンと90年のカムリでのはなしです。
前者は「すぐ切れ」後者は「奥切れ」(勝手なネーミングですが)の状態でした。どなたかご回答お願いいたします。

Aベストアンサー

>サターン94年式と、カムリ90年式

質問者には申し訳ありませんが、古いですね。(^^
webでの検索は無理かと思いますので、直接ディーラーへ電話で問い合わせすることをお薦めします。
結構親切に教えてくれると思いますよ。

クラッチが油圧かワイヤーかはペタル部分を見るか、ボンネットを開けば簡単に分かりますが。

先のアドバイスでは書きませんでしたが、クラッチは、使い方によっては簡単に痛みます。
(購入の場合でしたら、クラッチは別との考えも必要かと)
また、人によってミート位置にこだわる人もいますので、ミート位置が「すぐ切れ」に近い状態で調整した方が良い場合でも私はユーザーの確認をとってからにしていました。

おまけとして、クラッチ板の磨耗状態を判断するには、調整しても「すぐ切れ」から「奥切れ」にならなければ要交換と思ってください。
(構造上、調整だけで「奥切れ」に出来ません)
それと、調整が必要ということはある程度減っていますね。

Q2・3・4速で変速ショックを無くすために(半クラッチ?)クラッチを痛めますか?

こんにちは
今度レンタカーで久しぶりにMT車に乗ります。

タイトルの通りなのですが、クラッチは一気に繋ぐのが良いらしいと言うのは聞いたことがあります。っが、2・3速あたりで繋ぐと隣に乗っている人が前後に揺れてしまうので、ほとんど無意識のうちに半クラッチ(というより1速→2速の半クラッチとは違い、2速→3速のときに急に0から100繋ぐのではなく0~100まで0.5秒くらいで繋ぐ感じです。その時アクセルも連動してじんわりと)をしてしまいます。

さすがに高速道路など高速域ではショックも少ないので、一気に繋ぎますが、低速域の加速中にこういうクラッチの繋ぎ方をするのはダメでしょうか


個人的に、極端なクラッチの磨耗がなければ、何年かごとに交換すればいいかと思っています。
心配なのは、急に繋がらなくなったり、発熱などの問題がおこらないか?と言うことです。

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

もちろんクラッチはなるべく滑らせない方が減りは少ないです。
但し、良く「スパッと繋ぐ」とは書かれているが、勘違いしているヤツのに乗ると「ガツン」と来て甚だ乗り心地悪し。
物理的に一番負担が掛かっているのは停止-1速、次に1-2速であるから、
バランスから言ってここを0.3secぐらいで繋げばBestだと思っています。
それ以上はそんなに気にしなくてもショック無しで変速できるはず。
コツはクラッチを切る1秒ぐらい前に(同乗者に気付かれない程度に)アクセルを抜いてやるコト。
下のギヤのバックラッシュだけでカウンターギヤも抜けるし、エンジンrpmが下がったところに上のギヤ突っ込むから変速ショックは皆無。(但し、車によってrevの下がり方とギヤ比は違うので慣れは必要です。)
ちょんってきるだけで変速できるから基本的に切っている時間も最短、更にショックがないってことはクラッチの負担が無いって事。慣れた車だとクラッチ切らずにシフトアップ/ダウンができるはずです。(←一番クラッチは減らない ^^)
競技で加速し続ける必要がある時には当てはまらないけど、質問者様はそうでないと思いますから。
シフトアップで変速ショックが無い運転は上手だと感じます。
あと、よっぽど半クラ使う人でも滅多にクラッチのすべりは発生しないので、質問者様の意識レベルでレンタカーならば全く問題なしのはずです。クラッチ磨耗は前兆がありますから、急に繋がらなくなる事はありません。
敬語、言い切り表現混在で失礼しました。仕事中なもので -_-;

もちろんクラッチはなるべく滑らせない方が減りは少ないです。
但し、良く「スパッと繋ぐ」とは書かれているが、勘違いしているヤツのに乗ると「ガツン」と来て甚だ乗り心地悪し。
物理的に一番負担が掛かっているのは停止-1速、次に1-2速であるから、
バランスから言ってここを0.3secぐらいで繋げばBestだと思っています。
それ以上はそんなに気にしなくてもショック無しで変速できるはず。
コツはクラッチを切る1秒ぐらい前に(同乗者に気付かれない程度に)アクセルを抜いてやるコト。
下のギヤのバ...続きを読む

Qクラッチの使用限界の見極め方は?滑り?異音?

半年・5000km以内で廃車にする予定のMT車(CD5W)に乗っています。
クラッチペダルをかなり戻さないと半クラッチにならなくなったので、何かしらの整備が必要になってきました。
しかし磨耗したクラッチ(プレート?ディスク?)を交換するとなると、近いうちに廃車にする自動車に対しては不経済な投資になります。
クラッチの調整などで延命させることはできないのでしょうか。

現在は滑りや異音といった症状はありません。
教習所に通っていた頃、半クラッチにすると「キー・・・」という金属的な音がする教習車があり、教官が「この車はそろそろクラッチを交換しないといけないんだ」と言ったことがありました。
こんな記憶もあるため、あわよくば「クラッチをペダル側で調整し、異音が出るまで延命することができるかも」と考えるにいたりました。

さて、磨耗したクラッチを調整し、延命させることはできるのでしょうか。
クラッチが完全に磨耗して使いものにならないと判断する基準は何なのでしょうか(減りを目視するしか無いのでしょうか)。
クラッチの調整ができるとして、費用はどの程度を見込まなければならないのでしょうか。

よろしくお願い致します。

半年・5000km以内で廃車にする予定のMT車(CD5W)に乗っています。
クラッチペダルをかなり戻さないと半クラッチにならなくなったので、何かしらの整備が必要になってきました。
しかし磨耗したクラッチ(プレート?ディスク?)を交換するとなると、近いうちに廃車にする自動車に対しては不経済な投資になります。
クラッチの調整などで延命させることはできないのでしょうか。

現在は滑りや異音といった症状はありません。
教習所に通っていた頃、半クラッチにすると「キー・・・」という金属的な音がする教習...続きを読む

Aベストアンサー

結論から言って、延命はする方法はありません。
あるとすれば、半クラッチなどクラッチに負担となる操作はしないことしかありません。
滑り出しが見られたら早期交換又は車をやめるの二拓です。

クラッチの調整ができるものは、そもそもが単なる遊びの調整でしかありません。
油圧式のクラッチには調整機能がないものがほとんどでしょう。
遊びの調整とは、クラッチペダルを踏んでクラッチレリーズフォークが動き出すまでの間の事です。
クラッチペダル側で調整する車もありますが、油圧の場合のクラッチペダル奥のクラッチマスターのアジャストロッドでの調整は聞きませんしやりません。

レリーズフォークが動き出しレリーズカラーがプレッシャープレートダイヤフラムスプリングを押込む(引張る車もある)ことにより初めてプレッシャープレートとクラッチディスクとフライホイールが離れて「クラッチが切れた」状態になります。

レリーズフォーク、レリーズカラー、ダイヤフラムスプリング間には僅かながらに調整ができない遊びはあるもののクラッチペダルとレリーズフォーク間の遊びに比べればほぼゼロです。

プレッシャープレートの動き量は決まっていますので、クラッチの滑り(繋がらない)は、
例えば手のひらを合わせて、合わせた間の隙間を1cmにした場合1cm以上のものをはさんだときには手から落ちませんが、1cm未満であれば落ちてしまいます。
手でしたら隙間を1cm未満にする事ができますので落ちる事を防ぐ事ができますが、プレッシャプレートの動き量は決まっていますのでそれ以上はクラッチディスクを押さえつけられなくなります。

また、油圧クラッチの場合、エアがかんでいたらクラッチマスターからの油圧がクラッチレリーズにうまく伝わらずクラッチレリーズの動き量が少なくなり、この話とは逆にクラッチの切れが悪い(切れがない)状態になります。
「滑り」とはまったく関係ないですね。

また、「滑り」の確認方法としては、「サイドブレーキを引いて云々」で行う場合は、乾いたアスファルト舗装の人のいない広い場所で行うようにしてください。何かあったら大変です。
私が確認する場合は、走行して確認します。
ローで全開加速後セカンドに入れず一気に4速あるいは5速に入れアクセルもほぼ全開にします。
滑る兆候のあるクラッチでしたら4速あるいは5速に入れて加速したときにエンジン回転だけ上がり車速が付いてこない症状が出れば間違いありません。
いずれにしても、できるだけ短時間で確認しましょう。
磨耗したクラッチディスクは薄くなっておりますので大きな衝撃などで、いきなりクラッチフェーシングがばらばらになる事もあります。

>クラッチの調整ができるとして、費用はどの程度を見込まなければならないのでしょうか。

冒頭にも書いたように調整については諦めてください。
クラッチが滑るというのは、クラッチディスクの磨耗と同時にプレッシャプレート自体も磨耗しますので両方とも交換になり、他にもレリーズカラー(ベアリングで作られている)、パイロットベアリングや磨耗具合によりレリーズフォーク、フライホイールの交換が必要になる場合があります。
トランスミッションの脱着をしなければなりませんし、FF車ですとミッションオイルも出てしまう(出ないようにする工具もありますが)ので、基本的にはミッションオイルの交換もする事になると思います。
金額的には、5万~9万くらいでしょうか。

結論から言って、延命はする方法はありません。
あるとすれば、半クラッチなどクラッチに負担となる操作はしないことしかありません。
滑り出しが見られたら早期交換又は車をやめるの二拓です。

クラッチの調整ができるものは、そもそもが単なる遊びの調整でしかありません。
油圧式のクラッチには調整機能がないものがほとんどでしょう。
遊びの調整とは、クラッチペダルを踏んでクラッチレリーズフォークが動き出すまでの間の事です。
クラッチペダル側で調整する車もありますが、油圧の場合のクラッチペダル奥...続きを読む


人気Q&Aランキング