シリコーンシーラントやバスコーク等のシリコン系充填材はとても有用ですが、いったん開封するとすぐに残りの全部まで固まってしまって使えなくなります。良い保存の仕方を教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

冷凍庫に入れて下さい。

さすがに口の周辺は硬化しますが、中は1年以上新品同様です。こんな保存方法では、以降きちんと硬化しないのではとのご意見も見受けますが、私はそうは思いません。
    • good
    • 6

業務用のガンタイプの事ですかね?それとも 家庭用のラミネートチューブ入りのことですかね?業務用の方は 300mlほど入って 300円前後ですね。

家庭用の方は 100g程で 680円 ええっ~こんなに高いの、です。こまめに 使いたければ 割高ですが 家庭用のチューブ入を使われるのを 薦めます。きれいにネジ周りをふき取って 空気を抜くように ふたを閉めれば 結構持ちます。
    • good
    • 4

仕事でたまにシーラントを使用しますが、全部使い切る事はほとんど有りませんのでいつも中途半端に残ってしまいます。


その時の注意として
・切り口をなるべく小さく切る
・使い終わったとき、ガンの圧力を抜く
・切り口にビニールテープを、グルグルっと巻き空気を遮断する
と言った感じで使用していますこの状態で2~3ヶ月ほどは持っている様です
若干先が固まっている様であればマイナスドライバー等でほじくって使用しています
    • good
    • 3

私も仕事でよく使います。



 NO.Iの方のおっしゃる通り製造時より硬化は緩やかに開始しますから

 お買い求めになる時は、なるべく新しい物がいいですね。

 NO.3の方がおっしゃる通り空気中の湿気で急速に硬化が早まります。

 硬化のスピードは、ノーマルのシリコンシーラントの方が早いですし、安いです。

 ペンキが塗れる変性シリコンはそれより遅いです。又、値段は少し高めです。

 私のやり方は,中途半端に残ったらキャップを付け替えてコーキングガンで

 圧力をかけ先端部分まで充填します一番先端は圧縮空気が少し入ってますが

 ノーマルシリコンで2~3ヶ月,変性で4~5ヶ月は本体部分の硬化を遅らせられます

 
    • good
    • 3

空気中の湿気を吸って硬化するタイプのモノが主でしょうし、使い初めの時は先端のアルミシールを破って使いますよね。


と言うことは、再びアルミ箔で覆ってしまえばいいわけで、アルミホイルで先端を覆ってしまうのが良いと思います。
そうすれば、変質し具合も穏やかになるのではないでしょうか。
しょっちゅう仕事で使っているのですがいつも使い切ってしまいますので自信無しです。
    • good
    • 2

製品化されたときから緩やかに硬化が始まりますから、


封を切った時点で、使い捨てだと割り切った方がいいと思います。
冷蔵庫のような冷暗所で密閉状態で保存すると、
幾分長く柔らかい状態を保てますが、
次回の使用時に、きちんと硬化しなかったりします。
    • good
    • 5

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qカートリッジ式シーリング材の開封後の保存の裏技

一般的なシーリング材は基本的に使い切りだと思っていますが、やはり開封後残れば保存したいと思うのが人情ですよね。
そこで、「こんな方法でしのいでいる」という裏技を教えてください。できれば再使用可能期限など感覚的にでも教えてもらえれば幸いです。

Aベストアンサー

よくやるのは、釘などを刺しておきます。ノズル部分は交換しないといけませんが、1週間ほどは固まらないで使用できます。
シリコンのシーリング材は湿気硬化ですので、空気中の水分に触れなければ固まりません。なので、サランラップで口を塞いでおくともっと良いかもしれませんね。
ただ、有効期限が製造後1年なので、使い切らなくても廃棄した方がいいですよ。単価も安いですからね。

Q防音材?遮音材?吸音材?

題名のとおり、防音材、遮音材、吸音材の違いがわかりません、、、

実は、住宅ではなくて
車内のコンプレッサーを収める箱を作りたいと思っております。
コンプレッサーの音が結構大きいので
その音を軽減するものを作りたいのですが、、、

いろいろ調べてはみたのですが
項目と商品紹介が多すぎて
実際どの材料を使ったらいいかわかりません。

ちなみに、箱の大きさは
50cm3辺ぐらいですので
あまり厚みがあるものは使用できません。

そこで、住宅関係のプロであれば
音を軽減することができる最適な材料をお知りなのではないか
と思ってこちらに質問させていただきました。

薄くて、防音(遮音?吸音?)効果が高い材料で
よいものをお知りでしたらお教え願えませんか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

防音=遮音+吸音

です。遮音とは音を遮るということを意味しますので一般的には防音=遮音となるのですが、防音という観点で考えた場合には、遮音とは音を反射すると考えます。

そうすると、音を反射すればよいのですけど、遮音だけでは音を反射するだけなので、いつまでたっても音は減衰しません。要するに反響します。そこで吸音が必要になります。

一方吸音材で100%吸音してくれる材料はありません。実のところあまり吸音してくれません。なので、吸音だけでも防音は達成できません。

なので組み合わせることが重要です。
つまり遮音材の内側に吸音材を張れば最強となります。

遮音材として安くて有効なのは石膏ボードです。構造用合板と組み合わせると効果的です。

吸音材として安くて有効なのは繊維系断熱材です。
グラスウール、ロックウールなどですね。

Qバスコークについて

お風呂のシリコンゴム(壁の目地部分)が一部変色してしまい、どうしてもとることができません。そこで、チューブ入りの「バスコーク」で今のシリコンゴムの上から塗ってしまいたいと思っています。一度古いシリコンゴムを取り除く(外す)必要があるでしょうか?それとも古いシリコンゴムの上に新たに塗ることができるでしょうか?

Aベストアンサー

シリコーンには黄変性の物がありまして、だんだん黄色っぽくなってきます。無黄変性の物がいいですね。

シリコーンにはプライマーを使わなくては、何を塗ってもはがれますので、一度、カッターで切り取ってから塗り直した方がいいですね。

1、カッターで切り取る

2、目地の両脇にテープを張る

3、密着用のプライマーを塗る

4、バスコークを塗る

5、ヘラで平らにする

6、テープをはがす  完了

プライマーを塗らないと
はがれやすく、バスコークと浴槽の隙間から水が浸入したりします。速ければ数ヶ月以内でおこりますので、プライマーは入れておいたほうがいいですね。

シリコーンは汚れを付けない性質がありますが、もちろん他の素材も寄せ付けないので、剥がれるということになります。ずっと生きているような物なので、古くなっても性能は変わりませんね。

Qシリコーンシーラントを、もっとゆるくしたい

シリコーンシーラントを、隙間におしこまなくても、きれいに隅々まで隙間を埋めたいのですが、何かいい方法ありませんか、教えてください

Aベストアンサー

シリコーンシーラントとは言ってもいろんな種類があります。
それぞれにあった物を使わないとうまくいきません。
水性なら水で良いのですが、シリコーンシーラントの種類によっては一般には手に入らない物もありますが、他の物で代用できることもあります。

用途に合うかどうかわかりませんが、缶入りだと最初からドロ~とした物もあります。

Qバスコークnを使い風呂場の補修をしていたんですが

バスコークnを使い風呂場の補修をしていたんですが、補修が終わり脱衣所に出た所で、バスコークnを落としてしまい…中身が床に出てしまい、床がツルツルになってしまいました。 何度拭いて良くなる気配がなく、このままでは危ないと思い皆様に知恵を借りたく書き込ませて頂きました。
どうにか床に着いてしまったバスコークを除去ないし、滑らなくする方法を教えて下さい。
床はフローリングなので木です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

シリコンは滑りますね。
そのままでも1週間程度でこすれて取れると思いますが、消しゴムでこすってみるとか。
薬品は床を傷めると思います。
ヘキサンやエーテルなど。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報