ある人から、如来は男性ですか、女性ですかと尋ねられ、
男性と答えました。
理由は、当時は、男性しか修行を許されなかったから。
しかし、答えに自信がありません。
もしかした女性でも修行をされて、如来になったかたも
いらっしゃったのかもしれません。
どうなんでしょうか?

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

改めて、もう一度、こちらで調べてみました。



こういう問題は、現代の思想や習慣と、史実とは必ずしもそぐわないことがあります。現代の思想に相容れないから、現代の思想とすり合わせたり、改編したりして良いということではないと思うのです。キリスト教にみられる霊感などというものも、それは、信仰の問題であっても、史実から真実を求めようとする本来の志とは別ものだ、と言わざるを得ないのです。宗教には、リアリズムを描き出したものなどはありません。しかし、人間の心のリアリズムを求めることによって、初めて私たちの心に届くものがあるかと思うのです。リアリズムを求める気風を信仰の下にうやむやにして良いわけはないと思うのです。もともと、日本仏教は、仏教の名を借りた、亜宗教が日本では広まったわけであり、そこに仏教の真実を求めるなら、どれも正しくはない、とはなるのですが、それでも、少しでも、真実を求めようとする心構えは、少なくとも仏教を語るものには必要ではないでしょうか?

釈迦は、女性の入信者をなかなか認めようとはしなかったという伝説があります。フェミニストたちは、仏教に対して批判はしていますが、それは、歴史的な問題ではなく、本来、仏教の思想的な性格に、女性性(Feminie)な部分を求めていなかったに他ならないのではないか、と考えるのです。

初期仏教教団には、確かに、有名な尼僧がいたのは言うまでもありません。その中で、仏教徒なら誰でも知っている人と言えば、仏陀の妃、ヤショーダラー(麻輸陀羅)だと思います。また彼女は、仏陀の子 ラーフラの母です。しかし、その時点で、彼女を、今日、どのように理解しようとも、菩薩だの如来だのと安易に結びつけることは出来ないのです。少なくとも、菩薩や如来という概念的なものが形成されるのは、大乗仏教になってからのものであって、それを初期仏教教団にまで結びつけるには至らないのです。

涅槃経の中の 「善男子・善女子よ。----丈夫の志を立てることに勤むべし。---如来性は丈夫の法なるが故なり。女人の志は一切法に於いて多く染者を生じ---。若し、衆生の自身に如来性あることを知らざるものあらば、世間に男子と名を称すと雖も、我、此の輩は是れ女人と説く。若し、女人の能く自身に如来性あることを知らば、世間に女人と名を称すと雖も、我、此等は男子と説く」(大正新脩大蔵経 Vol12,P894)という書かれています。

如来性というのは、信仰の対象物ではなく、人の持つ解脱の内在性のことを指しています。これは、心理学者のユングの言うような、肉体的性別を越えて、内在する男性性(Masculine)と内在する女性性(Feminine)というべきものか、男性性にて、如来性があるとしていると私は解釈しています。

男性が女性に対する支配構造というのは、ある意味、我々人類が持つ永遠の社会心理的構造であって、それは、今日の社会的な権利主張とは別ものです。時々、ゴータマではなく、仏陀人間論において、大乗仏教の仏陀の肉体的性を問うのは、また同時に、大乗仏教においての男尊女卑を仏教の中で論ずるのと同じく、ある意味こっけいです。しかし、反面、現実には、今日まで、女人の五障三従という言葉も残っているとおり、多くの日本の伝統仏教では、女性の立場は低かったわけです。それは、当時の社会体制の中で、民衆の宗教として存在するための、すり合わせというよりも、女性性のリアリティにおいて、仏教では、それを求めなかった、または避けていたのではないだろうか、と考えるのです。

多くの大乗仏教にある如来像や菩薩像のような中性的(Neutral)な容姿は、反面、僧侶の脱男性を意味していても、キリスト教のようなマリア信仰のように、生殖機能を持つ女、つまり母性が現れていないところをみると、やはり、仏教は、男性性的な(Masculine)宗教であると言わざるを得ないと思うのです。したがって、大乗仏教における如来といういわば象徴的存在に、女性はないという結びになるだろうと思うのです。これは、仏教の思想的な性格によるものであって、ギリシア神話に影響を受けたキリスト教などの女神信仰や聖母マリア信仰とは同一にしてはならないものだ、ということです。ただし、言うまでもなく、本来、キリスト教は父性の宗教ではあります。仏教は、子と親という関係を持たないものだから、男性性的(Masculine) という用語を、ここでは用いています。
    • good
    • 0

「理由は、当時は、男性しか修行を許されなかったから。


は間違いですね。釈尊の時代でも女性の僧(弟子)はたくさんいました。比丘(男性)、比丘尼(女性)と呼ばれていたのですね。
その上で、女性の如来はいるかといえば、如来格の女性霊はいますね。大乗の祖といわれる文殊菩薩は、菩薩とよばれていますが如来格の女性ですね。
    • good
    • 0

思い出したことですが、竜樹(ナーガールジュナ)の『大智度論』の中の、如来の三十二相がありますね。

明らかに男性の特徴を持っています。しかし、大乗仏教の世界では、如来が、性別をどちらかというのも、おかしいのかもしれません。

ただ、如来というのは、大乗仏教では、仏教世界のトップの地位にあるのですから、人間界でどんなに実績を積んでも、人が直接如来になるというのは、何かの誤解かと思います。一般の大乗仏教の中では、現在までの仏教信仰では、如来が菩薩に下りることはあっても、菩薩が如来になることもないように思います。俗に、男性からみた若い美しい女性(身)に如来と呼ぶことはあるようですが、仏教とは直接関係がないはずです。

私の創作ですが、仏を会社組織に考えてみました。仏教世界のヒエラルキーがあります。ただし、これは、大乗仏教のみになるかと思います。

最初の役職は、係長の羅漢からだと思います。天は、警護隊長(昇進はありません)、ここと同じクラスに入るのは、鬼(例えば、鬼子母)と言って、人間界で悪さしたものたちで、仏陀によって改心したものが含まれます。実は、ここのクラスにいるのは、多くはヒンズーの神々のことです。独立した一派で、日本でも、人気が高く親しみやすく、やはり神頼みは、こちらに行くほうが多いように思います。私個人も、鬼子母神の縁日や、仏教徒や神道ではない者にとっても、葛飾の帝釈天や、鎌倉の銭洗弁天とか、お寺さんや神社と違う雰囲気を醸し出して、行きやすいです。

明王は、課長・部長クラスで、如来の個々の命令の実行部隊、菩薩は、取締役部長(平取)クラスです。

菩薩は、人間界で直接の実務(慈悲利他行)をしているわけです。一番、働いているものたちかもしれません。この菩薩にも階位があり、遠い将来には、如来になるかもしれません。非常に長い修行が必要だそうです(『十地説』)。 如来クラスでも下りてきて、菩薩で仕事をしているものもいるわけです。

如来は、専務・常務クラスです。場合によっては、トップも含まれます。いわゆる経営方針は立てて、命令をする側です。しかし、今のお釈迦様の立場は代表取締役でも、直接陣頭指揮に立ちません。一般的には、大乗仏教では、如来と釈迦は同一視されることが多いようです。なお、仏弟子たちは、菩薩の地位までは得たようです。

これは、大乗仏教の考え方ですが、一部では、こうした外部に実体化した存在を立てることを禁じている場合もありますから、これがすべてだとはいいません。一応、松濤弘道翁の著書を参考にしました。また、上座部仏教の場合は、羅漢の上の阿羅漢が、人間の到達できる最高位です。

如来は、多くは、概念的なものを具象化していることが多いので、密教系の毘盧遮那(びるしゃな)如来や大日如来、浄土系の阿弥陀如来、弥勒如来(菩薩)には、性別らしき性別というものがありません。大乗仏教では、また「空」を具現化したものが如来とするわけで、そういう性別という人間界の対立の世界にはない、と言えば、また、それも事実なのでしょう。

ただし、釈迦牟尼如来は、伝説としても、史実としても、男性であることは言うまでもありません。

[三十二相]

参考URL:http://www.bunkaken.net/index.files/kihon/32sou. …
    • good
    • 0

如来は性別を超越した存在であり、男性でも女性でもないと聞いた覚えがあります。

    • good
    • 0

如来だったか菩薩だったか忘れましたが、チベット仏教のターラーは女性です。

作者が幼い頃に分かれた母親を思って作ったと聞きます。
    • good
    • 0

こんばんは。



仏像などは、顔つきが優しいとか女性的ですが、如来の性別がどちらかと言えば、やはり「男性」です。原語のtathagata は、真実より来たれる者は、仏陀と同意語で、男性名詞です。女性は、女性のままでは、悟りに至れないとされています。

仏教というのは、男尊女卑の社会に支えられて広まった宗教なのだから、それは、後代に大乗仏教の信仰の中で変化しても、元は、そういう考え方なのだと思います。
    • good
    • 0

私の理解では如来となったことで、性の属性が消えるので、如来は男でも女でもない と思っているのですが、如来になる前 女性の属性でいたものは というと、海部厳子。



物語では大うわばみが住む山に入り、21日の行を成し遂げ山を出てきた。
(つまり生命の樹に到達したので、永遠の命を得たと解釈されたのではないかと。)
831年3月20日弘法大師の座す南方に向かって合掌して座し、如意輪観音の真言を誦しながら、そのまま紫雲に乗って還化した という話があるそうです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

僧名」に関するQ&A: 日蓮宗と創価学会の関係

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Aベストアンサー

歴史上の釈尊が悟られた「法(ほう<ダルマ>)」そのものを尊格化した仏が大日如来です。このように法そのもの尊格化した仏を「法身仏(ほっしんぶつ)」といいます。
教科書的に言うと仏教を開かれたのは釈尊ですが、たとえ釈尊が存在していなくとも、法そのものは始まりも無ければ終わりも無く永遠に連綿と存在しています。そしてその法(=大日如来)は、この宇宙を構成するすべてに包括されていて、一切のものは大日如来の顕現であります。それを図式化、視覚化したものが曼荼羅です。そしてその法はすべての衆生が悟ることが可能であると密教は説きます。こう考えるとこの法を悟られ、そして説かれた釈尊の偉大さがよりいっそう際立つと思いませんか。

Q阿弥陀如来と大日如来

釈迦如来は俗に言うお釈迦様なので理解できるのですが、なぜにその上に阿弥陀とか大日を作ったのでしょうか。キリスト様の上にゼウスを作るのと同じと思うのですが、それゆえに観念的で理解しずらいのです。
個人的にはお釈迦様の教えやキリスト様の教えで良いと思うのです。権威を高める効果よりも権威をおとしめる効果の方が強いと私は思うのです。また孔子様の上には居ないと思います。なぜなのでしょうか。

Aベストアンサー

お礼、ありがとうございます。

☆結局のところ、大日如来を作る思想は釈尊は大勢の内の一人に過ぎないとの論理でなのですね。
◇一人というよりは、大乗仏教ですね。
大乗仏教において、仏陀の拡大が行われた、と考えるべきなのでしょう。
そして、応身、報身、法身という仏身の考え方は、大乗仏教特有なものです。
いわゆる小乗仏教では、こうした仏身の考え方をしません。
小乗でかつて最も有力な学派であった説一切有部は、思弁的な存在としての法身の存在は認めていましたがね。
といいますか、
法身というものを考えついたのは、説一切有部らしい。



☆東南アジアの仏教では釈尊が崇拝されています。
◇東南アジアの仏教は、テーラヴァーダと呼ばれる、小乗仏教の一派です。
ですから、阿弥陀仏や大日如来を仏陀としては認めていません。
ただし、
彼らの経典に登場する、釈迦以前にいたとされる六仏の存在は認めています。



☆阿弥陀如来も薬師如来もクリクリ頭ですが、大日如来は帽子をかぶって頭を隠しているのです。
◇大日如来のあの姿は、インドで生まれた密教の経典に書かれており、それを図像として表現したものです。
頭に冠かぶり、光り物を付けている姿は、実は、菩薩の姿なんですよ。
パンチ頭姿でネックレスなどの光り物を付けない姿が、仏さまの姿。
じゃぁ、何で、大日如来は菩薩の姿で書かれているの?
これは、分かりません(ポリポリ)。
「他の仏(釈迦や阿弥陀仏)などと区別、差別化をするためで、
仏の中の王者であることを表わすために、冠や光り物を身につけているのだ」
という説なんかは存在しますが。
ちなみに、奈良の大仏も大日如来です。

で、何で、菩薩は冠やネックレスなどの光り物をつけているかですが、
菩薩の姿は、出家前の釈迦の姿なんですよ。
お釈迦様は、出家前、王子だったから、冠や光り物を付けていた。
だから、菩薩は冠やネックレスなどの光り物を身につけている。

チベットには、日本に入ってこなかった、インド最末期の仏教(密教)が入っているので、チベットで描かれる大日如来の姿は、また、日本のそれとは異なっています。
チベットの大日如来には、お妃がいますしね~♪
そして、お妃とエッチなことをしている姿で描かれていたりします。
───これはこれで、深い意味が込められています───

仏さまにも、時代によって流行り廃りがあるようで・・・、
これ以上書くと混乱させるだけなので、止めておきます。


☆インド人ではないと言っているかのごとくです。大日如来は中国人が作ったものなのでしょうか。
◇ですから、大日如来は、インド人が作ったものです。
ただ、それを絵や仏像として表現する時には、
中国ならば中国人的な顔に、
日本ならば日本人的な顔になりますけれど。
ですが、
その姿は経典などに書かれています。

お礼、ありがとうございます。

☆結局のところ、大日如来を作る思想は釈尊は大勢の内の一人に過ぎないとの論理でなのですね。
◇一人というよりは、大乗仏教ですね。
大乗仏教において、仏陀の拡大が行われた、と考えるべきなのでしょう。
そして、応身、報身、法身という仏身の考え方は、大乗仏教特有なものです。
いわゆる小乗仏教では、こうした仏身の考え方をしません。
小乗でかつて最も有力な学派であった説一切有部は、思弁的な存在としての法身の存在は認めていましたがね。
といいますか、
法身というもの...続きを読む

Q五智如来とは?

以前、しばしば京都に出かけ、旅館に一泊ないし二泊しては市内の寺院を巡りました。そのとき・・

ある寺院で、五つの仏像を円形に配置して祭っておりました。これは宇宙の構造を表す立体曼荼羅であり、『五智如来』と称すると説明しておりました。

質問は、
(1)この寺院の名称を思い出せないのです。
(2)五つの仏像のそれぞれの名前を知りたいのです。

よろしくお願いします。m( _ _ )m

Aベストアンサー

(2)について回答します。
五智如来とは大日如来の五つの智慧(事理を照らして正邪を分別する精神作用・瞑想によって得られる根源的な力)を表す如来(仏)で、中央と四方に配され、密教で重視されます。
五智如来の名称・姿は胎蔵曼荼羅(大日如来の慈悲の世界)・金剛界曼荼羅(大日如来の智慧の世界)で異なりますが、両者は異名同体です。

(金)は金剛界の、(胎)は胎蔵での名称です。

中央:大日如来
…法界体性智(ほっかいたいしょうち)大宇宙に遍満する絶対不変なる真理そのものであり、最高の智慧。

東:阿閦(あしゅく)如来(金)・宝幢(ほうどう)如来(胎)
…大円鏡智(だいえんきょうち)万物を写す鏡のように、この世の真実をありのまま見詰める智慧。

南:宝生(ほうしょう)如来(金)・開敷華(かいふけ)如来(胎)
…平等性智(びょうどうしょうち)万物の差異あるものと見る意識を離れて、根源は平等と見詰める智慧。

西:観自在王(かんじざい)如来(金)・無量寿(むりょうじゅ)如来(胎)
…妙観察智(みょうかんざつち)衆生の持つ差異をよく観察して、その特性に応じて教えを説く智慧。
※観自在・無量寿は共に阿弥陀如来の異名です。

北:不空成就(ふくうじょうじゅ)如来(金)・天鼓雷音(てんくらいおん)如来(胎)
…成所作智(じょうそさち)もろもろの所作や教化を成就する智慧。
※不空成就、天鼓雷音は共に釈迦如来の異名です。

五智は密教行者が発心修行して得る智慧であり、同時に大日如来の内に秘められた智慧。そして、五智如来は大日如来の別徳をそれぞれの表しながらも、同時にそれぞれの五仏がまた五智を有しています。
だから別々に表現しながらも、あまねく一切の仏や菩薩など諸尊はそれぞれ五智を有している。
万物にはそれぞれに違いや特性はあるが、その根源は一つであり平等である。根源は一つであり平等であるが、それぞれ違いや特性を持って宇宙は成り立つ。一見、離反する考えながらもそれが不可分の関係。人間も内に五智を秘め、宇宙も五智を秘めている。私たちを包む宇宙と、内に秘められた宇宙が一体であるという思想が五智です。

(1)についてですが、京都市内でもどこでしょうか?
五智如来による曼荼羅構造で有名なのは東寺ですが。有名寺院でないと判断がつきにくいです。

(2)について回答します。
五智如来とは大日如来の五つの智慧(事理を照らして正邪を分別する精神作用・瞑想によって得られる根源的な力)を表す如来(仏)で、中央と四方に配され、密教で重視されます。
五智如来の名称・姿は胎蔵曼荼羅(大日如来の慈悲の世界)・金剛界曼荼羅(大日如来の智慧の世界)で異なりますが、両者は異名同体です。

(金)は金剛界の、(胎)は胎蔵での名称です。

中央:大日如来
…法界体性智(ほっかいたいしょうち)大宇宙に遍満する絶対不変なる真理そのものであり、最高...続きを読む

Q人の見た目を馬鹿にする人って、何で人を馬鹿にするんでしょうか 余程自信があるんでしょうか? 自信がな

人の見た目を馬鹿にする人って、何で人を馬鹿にするんでしょうか

余程自信があるんでしょうか?
自信がないからでしょうか?

または別の理由ですか?

別の理由で考えると、馬鹿にされていそうな人が多いです
例外もありますが言われてる人のほうが実際見た目に関しては努力してそうです。
悪いか良いかはともかく一定のこだわりを感じます

Aベストアンサー

怖さからだと思います。
老いや傷病によって人は醜くなります。先天的にも後天的にも、どうしようもないことというのがあり、そのどうしようもない事であるにもかかわらず、それが原因で嫌われる事を潜在的に恐怖しているのです。
そうして対象を笑う事で、恐怖の対象を乗り越えようとするわけですが、方法が間違っているのでその願いは叶いません。
避けがたい苦しみがあると知って、どうそれに向かい合うのか、ここら辺が人間として真っ当になれるか、卑しくなるかの分水嶺がある気がします。

Qなぜ如来以外を拝むのか?

大抵の人はあまり考えていないから?

Aベストアンサー

joudouさんの疑問はみなさんの回答では晴れなかったのでしょうか?

みんなが悟りを開こうとしていない→如来を選択しない理由にならない
他が悟りを開いていないことを知らない→上位を選択しない理由にはならない
縁があったから→最初はそうでもすぐに如来に到達するはず
何を拝んでも成仏はないと悟るまで拝む→如来を選択しない理由にならない
好みである→それにしてはバラけすぎ
祀ってあるから→何も考えていないということ
悟りを開くという事を知らない→何も考えていないということ
ご利益という願い→やはり上位がご利益も大きいはずで理由にならない
あやかり→これも上位が優位で理由にならない
求道(ぐどう)の先輩や守護神に学ぶ為です→どうせなら上位から学ぼうとするはず
信仰は自由→上位を選択しない理由にはならない
念仏系なんて詭弁に過ぎないですからね→回答の体をなしていない
忙しい→そんなバカな
どれを拝んでも同じ→上位を選択しない理由にはならない
訳の解らぬものを“本尊”として祭っている→上位を選択しない理由にはならない

これだけの回答を得ても結局上位を選択しない明確な理由は得られないのだからとりあえずの結論として「何も考えていない」。
したがって「大抵の人はあまり考えていないから? 」については「そうでしょうね」と回答します。

joudouさんの疑問はみなさんの回答では晴れなかったのでしょうか?

みんなが悟りを開こうとしていない→如来を選択しない理由にならない
他が悟りを開いていないことを知らない→上位を選択しない理由にはならない
縁があったから→最初はそうでもすぐに如来に到達するはず
何を拝んでも成仏はないと悟るまで拝む→如来を選択しない理由にならない
好みである→それにしてはバラけすぎ
祀ってあるから→何も考えていないということ
悟りを開くという事を知らない→何も考えていないということ
ご利益という願い→やはり上...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報