マンガでよめる痔のこと・薬のこと

日頃 文章を書く機会がなく あらたまって 文章を書く際に 、 と  。 と 空白の使い方を忘れてしまいました。 文章の作成の基本の本 また 使い方の方法を教えてください お願いします 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

こんにちは。



「、」を使う位置は、文章の中で区切りたい部分に使います。
例えばあなたの書いた文章を音読しようとしてみてください。
「一呼吸おきたいところ」があるでしょう?
そういうところに「、」を入れるとわかりやすい文章になると
おもいますよ。
厳密な決まりはありませんから、文章をわかりやすくするために
入れると考えておいてください。

「。」を使う位置についてです。
これは、文章の終わりに入れます。
ご質問の文章の
>使い方の方法を教えてください
の後とか
>お願いします
の後とかに入れるといいでしょう。

空白についてですが、
これは段落の変わるときに一字、字下げを行いますので
その際に使用します。

 拝啓、~中略~のことと
お喜び申し上げます。
 さて、このたび~

といった感じに、話が変わるところで字下げを行います。

少しでも参考にしていただければ幸いです。
それでは。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

大変参考になりました。ありがとうございました。
忙しい時間をさいて 私の為に有難うございました。

お礼日時:2002/05/04 00:15

文中では,基本的に空白は使いません.


ただし「?」のあとに空白を置くということはあります.

また,小学校1年生の教科書では,漢字があまりつかえないために,
意味の切れ目を示すために空白を置くようです.

句点(,)は,皆さんおっしゃるとおり,
区切ったほうが読みやすい場合位置に入れます.

|助詞・接続詞の~と聞いたことがありましたが やはり 決まりはあるのですか?

この例では,(例に使わせていただきますね)
「助詞・接続詞の~と聞いたことがありましたが,やはり決まりはあるのですか?」
のように書くのが良いと思います.つまり,空白を入れていた位置が
「,」を入れる位置です.「やはり」の後にも「,」を入れると入れすぎっぽいので,この場合は入れないほうが普通かな.
ただ,「決まり」をひらがなで書くのなら,
「やはり,きまりはあるのですか?」と書くほうが読みやすいですね.

もうひとつ,上の例での「~」のあたりが何を言っているのかよくわかりません.
ごめんなさい.
    • good
    • 1
この回答へのお礼

有難うございいます。  参考になりました。(*^_^*)

お礼日時:2002/05/01 23:35

>決まりはあるのですか?


読点の場合には.「句の切れ目に入れる」という事にはなっています。しかし.厳密な意味での「きまり」はありません。

例としては
きまり.はあるのですか
と.句の中に入れてはならないということです。どの句の間に入れたらば良いかというのは.文章の目的や作風で大きく変化しますので.厳密な意味でのきまりはありません。

小学校では.会話文の後の助詞「と」の後に読点を入れる事となっています(小学校1-3年の作文で指導する)が.私の見た文芸作品ではいれてない場合が多いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
参考になりました。(*^_^*)

お礼日時:2002/04/26 14:44

基本ならば小学校の国語の教科書です。

大体6年生ぐらいまで丸写しすれば.なんとか大きな間違いのない文章がかけます。
。は.文章の最後に入れます。
、は.入門としては副助詞の「は」次と.接続詞(と.又は.しかし.等)の次に入れます。ただし.全部に入れると要れすぎの文章となります。
接続詞の使用で3つ以上の場合には.「1.2と3」という使い方になります。
あと.「、」は縦書きの時に横書きの時は「,」を使うという人もいます。どちらかは分かりません。
なお.私は日本語の出し方が分からないので「.」を句点に使っています。 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます
助詞・接続詞の~と聞いたことがありましたが やはり 決まりはあるのですか?
勉強します。小学生の本でも読んで見ます。

お礼日時:2002/04/25 11:23

句読点とは、「句点」と「読点」を組み合わせたもので、一つのまとまった文の終わりに 句点「。

」をつけて、 文章の途中に読みやすくするために 読点「、」を使います。

読点が余りに多いと、文がこま切れになってしまい読みにくくなり、少なすぎると、文章が長くなりすぎて意味がうまく読み取れなくなります。

具体的には、下記のページが参考になります。
http://www.ne.jp/asahi/gaiki/di/lib/199x/99/99a2 …

http://www1.ocn.ne.jp/~senkoji/zakki17.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

kyaezawaさん ありがとうございます。 早速、教えていただいたページに行ってみます。 有難うございます  BINMICHIKO

お礼日時:2002/04/23 22:10

「あらたまった文章」って、ビジネスですか、それともお手紙などですか?


手紙だとすると、あらたまって出すような手紙は縦書きが基本なので、「空白」は使わない気もするんですが。(それとも出だしの一マスをあける、というあれでしょうか‥?)

句点(、)と読点(。)は、文章を読みやすくするためにつけるものです。特に、読点は一文の終わりにつけます(招待状などの時ははぶくこともあります)。
句点は、文中に入れて文を区切りますが、決まりなどはなく、「読みやすく」が基本。どこにどう入れるかは、自分で読んで読みやすいかどうかが目安になります。一概には言えませんが、句点がたくさんないと読めないような文章は「長すぎる」ので、ふたつの文に分けるなどします。

でも文章は、内容が大事ですよ。相手に要点が伝わるよう、きちんと、心をこめて書くことです。句点と読点の使い方などは、活字を少し気をつけてみればすぐわかります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

hokuto_ds さん ありがとう。 通常の文章のことなのですが、 つけるのに決まりがあったのか? どうだったのか? 思い出せなかったものですから・・
本など興味を持たなかった私ですが これから勉強してみます。 ありがとうございました。

お礼日時:2002/04/23 22:20

 「文章の作成の基本の本また使い方の方法を教えてください」という文章がありますが、句読点がありませんのでどこを区切りにして良いか、読みながら意味を考えなければ、区切りがわかりません。

そこで、意味がわかるように句読点を使ってみると、「文章の作成の基本の本、また、使い方の方法を教えてください。」というような形になり、見やすく読んでも意味がわかることになります。
 1つの文章の中で、区切ったほうが読みやすい、意味がわかりやすいという場所には「、」を使い、文章の終わりには「。」を使って個々でこの文章は終わりですという表示をします。以上、参考になれば。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

hanboさん ありがとう~。  例題で答えていただいた『文章の作成の基本の本~
 』の方法で、 なんとなく理解できました。  意味がわかりやすいところでですね。 文章を何度も読んだり、 書いたりして勉強してみます。 ありがとう。
少し、。 、 を使ってみましたが、 これでいいのかなぁ??? 

お礼日時:2002/04/23 22:27

新聞のコラム等を、毎日、丸写ししながら練習すると勉強になりますよ。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ougenさん ありがとうございます。 そうですね。 新聞という手もありますね。
なかなか 活字から離れて生活していましたから 基本はどうだったのか??
本当に忘れてしまい恥ずかしいものです。 ありがとうございます。
頑張って 新聞とニラメッコしてみます。(*^_^*)

お礼日時:2002/04/23 22:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「お取引先様各位」は正しいですか?

多数の取引先に対して通知文書を発行する際に、「お取引様各位」という宛名は正しいのでしょうか?
「お取引様」で「様」をつけて、更に「各位」とつけると重複するような印象を感じたのですがいかがなものなのでしょうか?(○○各位殿 みたいな印象)
過去の回答に「お客様各位」という使い方があるようなことがあったのですが、「お客様」は客+様じゃなくて「お客様」という代名詞のような扱いなのかしら・・?と思ったりしたので新たに質問させていただきました。
ネット検索したのですが、まちまちなので・・
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

難しいですよね。
「お取引先 各位」「お得意先 各位」のレベルでよい、とは思いますが・・
「お取引先様 各位」はちょっと「くどい」感じを受けますね。
「各位」には、ある程度の「敬称」を意味として含んでいるはずなので、失礼ではないように思われます。
バカ丁寧な宛先の書かれた文書にも拘らず、内容が「支払いの督促」だったら、意味ないですしね(笑)

「お客様 各位」は、対象がいわゆる「ビジネスの相手」ではなく、不特定多数の客なので、おかしくはないでしょう。
「お客様へ ~ お知らせ」でもいいわけですし。

その他のいろいろな、ビジネス文書の記入方法をまとめたページを見つけました↓ので、ご参考に・・

参考URL:http://www.ddart.co.jp/businessletter.html

Q「記」「以上」の使い方に付いて

仕事上の文章で社内外どちらの発信と限らず「下記の通り」等の表現を用いた場合、
「記」の後に詳細を記入し、「以上」で文面を〆めるものを頻繁に目にします

ところが、最近異動して来た上司が「以上」で〆る文章は社内のみで対外的には使用するべきではないと言っているのを耳にしました

その時は慌しさに追われて確認もしなかったのですが、
今、ふと思い出して、疑問に感じています

自分自身、全く知らずに「記」「以上」を乱用していたのですが、
この上司の言う事は常識でしょうか?
そうであれば、「記」のみで〆るのですか?
具体的な例を是非ご伝授下さい

Aベストアンサー

記書きスタイルのことですね。
社内でも社外でも、最後に「以上」で締めくくるのは、「お伝えしたいことは、これで全てです」と明確にすることが目的なので、どちらでも使います。

一番良くないのは、「以上」を書かずに文を終えること。
特に、使用した用紙の後半まで文章があるような場合、以上で締めくくっていないと、読み手は、「ひょっとして2ページ目があるのかな?」と不安な気持ちになるものです。
相手に余計な不安を与えたり、手間をかけたりすることが、ビジネスに置いては、×なのです。

主に、業務遂行に直接関わるようなものの文書に記書きは使われます。
なので、決まったスタイルに則って、簡潔に書くことが大事です。(社外宛なら、本文の前に「拝啓」、最後に「敬具」と書き、十分、礼は尽くした形になっているのですし。)
一方、お礼やお詫びなどの文書の場合は、記書きを使うことはありません。拝啓で始まり、敬具で終わる一般の手紙と同じスタイルになります。

その辺の使い分けが、上司の方は、ごっちゃになっているような気がします。

Q関係各位と関係者各位はどっちが正しい?

タイトルどおりなんですが、ふと疑問に思ったので質問させていただきます。

よくメールや資料などに上記の言葉が記載されていると思いますが、どっちが正しい(もしくは両方正しいが使用方法や相手によって違う?)のかわかりません。ちなみに私は関係各位を使っています。

私の個人的な意見としては多分、人に対してか不特定に対してかの違い、意味合いかな?ぐらいに思ってますが。。。どうなんですかね?

以上、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.4再補足します。

各位は皆さんの古い言い方で官庁、会社関係、一部の個人が使用しますが、商売でお得意様を相手にする場合は使わない方がいいでしょう。

各位で満足せず「関係者」「お得意様(厳密には様は不要)」を付け加えるなら、お得意様の具体的名前を入れ「各位」を省くのが現代流だと思います。または「拝啓」などではじめる方がいいような気がします。

フラメンコ研究会会員各位なら相手を特定しているので個人に準じた扱いとなり、現代でも許される範囲の
使い方といえるでしょう。

以上がコメントです。結論として、間違った使用法も含めて「各位」を使いたい人が依然として多いので、
関係者各位、お得意様各位、父兄各位のように使用しても一般には違和感なく受け入れられるでしょう。

個人的意見としては、「各位」が「皆さん」という呼びかけ(相手を特定しない)なので、更に「関係者」とか
「お得意様」という不特定多数をさす言葉を重ねるのは
「個」を大事にする時代の流れに沿わないと思っています。個人的こだわりです。

Q「基」と「元」の使い方

経験を"もと"に話す。
上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。

ご質問1:
<上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?>

「基」になります。

1.「経験を"もと"に話す」とは言い換えれば「経験にもとづいて話す」ことと同じです。

2.「もとづい(て)」は「もとづく」の連用形です。

3.「もとづく」は「基づく」という漢字しか存在しません。

4.従って、ここでは元、本、素などの漢字は適切ではありません。


ご質問2:
<経験を"もと"に話す。>

1.「~をもとに」という語感が「~を元に戻す」といった語感になるため、「元」の漢字を想定されたのだと思われます。

2.しかし、ここで使われる「もと」とは「土台」の意味になります。

3.他の漢字「元」「本」などには「土台」「ベース」といった意味はありません。

4.従って、ここでは基が適切な漢字となります。

以上ご参考までに。

Q「及び」、「又は」の前の読点の必要性

3つ以上のものを列挙する場合の「及び」、「又は」の前には、読点は書くのがいいのでしょうか、書かないのがいいのでしょうか。例えば、次の(11)、(12)のどちらがいいのでしょうか。また、(21)、(22)のどちらがいいのでしょうか。

(11) A、B、及びC
(12) A、B及びC

(21) A、B、又はC
(22) A、B又はC

また、そのようなことについて記した入手又は閲覧可能な文書があるでしょうか。

Aベストアンサー

文化庁の『言葉に関する問答集』では、(12)(22)を正式としています(総集編p.568)。しかし、現実の法令では、列挙事項が名詞句の場合はそのとおりですが、列挙事項が文節などの場合は、混乱を避けるために(11)、(21)が用いられています(文化庁も(11)、(21)が誤りだとは言っていません)。
JISでは、(11)、(21)を正式としており、実際の運用もそうなっています。
欧米語では、名詞句であっても(11)、(21)を正式としておりますが、英字新聞などでは(12)、(22)が多く見られます。これは、新聞が1字でも詰めて書きたいので、このような習慣ができたとも言われています。
私は、技術文書を本業としているため、一般文書でもJIS方式だけを使っています。

Q「ご連絡いたします」は敬語として正しい?

連絡するのは、自分なのだから、「ご」を付けるのは
おかしいのではないか、と思うのですが。
「ご連絡いたします。」「ご報告します。」
ていうのは正しい敬語なのでしょうか?

Aベストアンサー

「お(ご)~する(いたす)」は、自分側の動作をへりくだる謙譲語です。
「ご連絡致します」も「ご報告致します」も、正しいです。

文法上は参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.nihongokyoshi.co.jp/manbou_data/a5524170.html

Q「いずれか」と「いづれか」どっちが正しい!?

教えて下さいっ!
”どちらか”と言う意味の「いずれか」のかな表記として
「いずれか」と「いづれか」のどちらが正しいのでしょう???

私は「いずれか」だと思うんですが、辞書に「いずれか・いづ--。」と書いてあり、???になってしまいました。
どちらでもいいってことでしょうか?

Aベストアンサー

「いずれか」が正しいです.
「いづれ」は「いずれ」の歴史的かな遣いですので,昔は「いづれ」が使われていましたが,現代では「いずれ」で統一することになっていますので,「いずれ」が正しいです.

Q貴殿と貴台の使いわけについて

貴殿と貴台では、何が違うのでしょうか?
また、文書では、どちらを使えばいいのでしょうか?

Aベストアンサー

#2です。お礼欄でちょっと気になりましたので。

>貴殿を使っていたのが、貴台に直された…

【貴殿】より【貴台】のほうが、より丁寧な印象を受けると思います。

>送り手の男性女性によって、かわるのですね。(ちなみに私は女性です)

おそらくビジネス文書であると推察しますが、
○○株式会社△△部☆☆課
山田 花子
というように、発信者欄に担当者名まで書かれるのであれば、【貴台】は使われない方がよいでしょう。しかし、発信者欄が社名のみ、あるいは担当部署名のみで終わっているなら、書いた人の性別まで詮索する必要はなく、【貴台】でよいと思います。

>貴台は貴職と同じ意味だと言うことも聞いた…

これは少し、いや、だいぶ違うでしょう。【貴台】は個人に対する敬称、【貴職】は役職名に対する敬称です。会社に対する敬称なら【貴社】ですね。

QWordで、1ページを丸ごと削除するには?

1ページしか必要ないのに、真っ白な2ページ目がその下に表示されてしまった場合、この余分な2ページ目を一括削除(消去)する為に、何かいい方法があるでしょうか?

Aベストアンサー

<表示されてしまった場合>
これはそれなりに理由があるわけで、改ページや改行によって、次のページにまで入力が及んでいる時にそうなります。
特に罫線で表を作成し、ページの下一杯まで罫線を引いたときなどには、よくなる現象です。

さて、メニューの「表示」で段落記号にチェックが入っていないと、改行や改ページなどの入力情報が見えず、白紙のページを全て選択→削除してもそのままということが良くあります。
1 改行マークが白紙のページの先頭に入っていれば、それをBackSpaceで消してやる。
2 罫線を使っている場合は、それでも効果がない場合がありますが、その時は行数を増やしてやる。
などの方法があります。

Qライセンス取得の経理処理について

市販ソフトと高額なCADソフトのライセンス取得について、経理処理が同じというのに疑問を感じたのでご相談します。

現在、市販のソフト及びCADソフトのライセンス料を支払手数料で処理されています。その根拠は、どちらもソフト代(物品)と見ているのではなくて、使用できる権利を買ったと考えておられるそうです。

しかし、CADソフトのライセンスは確かにものはなくインターネットで登録するだけのものなので、これから使用するのに掛かった登録手数料として、支払手数料でもいいと思います。
その反面、市販ソフトはパッケージの箱(CAD-ROM)が存在し、キット自体は数百円のものぐらいだと思いますが、それに数万のライセンス料(使用できる権利)が含まれていて、十数万の物品と見るべきかライセンスという権利手数料と見るべきか判断に悩んでいます。私は、事務消耗品費か雑費か少額資産あたりに該当するのではないかと思います。

みなさんは、どう経理処理されていますか?
また、基本的な考え方が記されているHPや税法が存在すれば、教えて下さい。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ソフトウェアのライセンスは会計上、無形固定資産に分類されます。

この無形固定資産の言葉の意味の説明ですが、
固定資産とは、長期間にわたって使用または利用される資産のことをいいます。
そして無形は、文字どおり姿かたちがないものを意味します。

無形固定資産とされるものの具体例として、特許権や商標権、営業権などのいわゆる法的な権利(ライセンス)が無形固定資産として処理されます。

これらと同様に、ソフトウェアのライセンスは、長期間にわたって使用される権利(ライセンス)であり、かつ、かたちがないものであるので、当然、無形固定資産として処理されます。

したがって、税務上は1つのライセンスあたりの単価が10万円までなら支払手数料でも消耗品費でも雑費でもかまいません。勘定科目はその会社の判断で行うのが基本です。支払手数料で処理されているのならそのやり方を変えてはいけません。

10万円を超えるものは無形固定資産のソフトウェアとして処理することになります。中小企業であれば、30万円未満であれば少額減価償却資産の特例を使うことができます。

ソフトウェアのライセンスは会計上、無形固定資産に分類されます。

この無形固定資産の言葉の意味の説明ですが、
固定資産とは、長期間にわたって使用または利用される資産のことをいいます。
そして無形は、文字どおり姿かたちがないものを意味します。

無形固定資産とされるものの具体例として、特許権や商標権、営業権などのいわゆる法的な権利(ライセンス)が無形固定資産として処理されます。

これらと同様に、ソフトウェアのライセンスは、長期間にわたって使用される権利(ライセンス)であり...続きを読む


人気Q&Aランキング