『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

昔の遊びについて調べています。
ケンケン、陣地とり、釘刺しについて、遊び方をご存じの方、教えてください。一つだけでもけっこうです。
よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 釘刺しと陣取りについて、私は、成人式前で直接は遊びのことを知りません。


父の話だと、釘刺しはまず、最初のひとりが五寸釘を地面に投げ打ち刺さった釘を、それと同じ五寸釘を投げ打ち倒したり、はじきとばして遊んだそうです。
陣取りについては、室内でおはじきを使ったものや、外で釘刺しの応用で、地面に円や四角の領域を設けて、人数分の基本陣地を手の親指を中心に円を描くように決め、交互に陣地を広げていく遊びだそうです。
http://www.asahi-net.or.jp/~np9i-adc/nikki009.htm
http://homepage3.nifty.com/yuuyuu-sya/select/jin …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
サイトを見て、概要を掴みました。
ありがとうございます!

お礼日時:2007/01/03 17:25

ケンケンとは「けんけんぱ」のことでしょうか?


だとしたら、片足で地面にかいた○のなかを跳んで進んで行き、○がふたつあったら両足を広げ立つんです。
・・・って説明が下手ですみません。
参考になるか解りませんが、下記のサイトを見つけたので載せておきます。

参考URL:http://www2.ocn.ne.jp/~happyman/mukasi.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

よくまとまったサイトですね。
とても参考になりました。
ありがとうございます!

お礼日時:2007/01/03 17:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qケンケンパ(ケンパ、石蹴り)のルールを教えてください。

地方によって呼び名も細かいルールも異なるでしょうが、ケンケンパ・ケンパ・石蹴り、と呼ばれる遊びのルールを教えてください。

地面に枠を引いて、そこに石を投げ(蹴り)入れ、片足跳び(ケンケン)を使う遊びです。

私が知っているものは、地面に案山子風の絵を書いて、
足を3マス、腕と胸で左右に3マス、
首1マス、顔に大きい丸で1マス、
山笠に大きい三角で1マス、
を描いていたような・・・

あとはうろ覚えですが、
・複数人で遊ぶ
・各マスを片足跳びで進まなくてはならない
・他人の石が入っているマスは飛び越えなくてはならない
・自分の石が入っているマスは入ってもいい
・案山子の腕だけは左右同時に両足をついてもいい
・片足飛びで山笠まで行って帰ってくる
・片足飛びしながら、自分の石を蹴ってマスを進める?
だったような気がします。
他の遊びとごっちゃになってるかも・・・

Aベストアンサー

racoon_asiaさんが書いておられるのは
私はケンパ、石蹴り遊びの中の一種の「案山子」として覚えています。
ちなみに大阪です。

「案山子」に限定してル-ルを書きますが

>山笠に大きい三角で

は、私も三角を左右二つに分けて2マスでやってました。
だから手前(かかしの足元)から順に

ケン・ケン・ケン(足3マス)
パ・パ(腕と胸の左右を反復横飛びみたいに)
ケン(首)
ケン(顔)
パ(笠)
 ↓ (パのまま飛んで180度反転して)
パ(笠)

で、足元まで同様に戻ります。


全員1往復出来たら、石をまず一番手前のマスに投げ入れます。
石をマス内に入れられなかったら、次の番まで待ってもう一度飛び直しです。
石が入っているマスは踏んではいけません。
復路で自分の石の1つ手前のマスで止まり(ケンのマスなら当然片足のまま)、
それを拾って(石があったマスはやっぱり飛ばして)
ゴールします。
また全員終わったら、次のマスに石を投げ入れ、同様にやります。
もし、石のあるマスを踏んだり、ケンのマスで両足ついてしまったら失敗。
石を次に進めることが出来ないので、もう一度です。
胸と腕のマスは、左・右・まん中、どこから石を入れてもOK。
そうやって続けて行って、一番最初に全マス制覇した人が勝ち。

各人の進み方によっては、足3マス全部石が入っていたりするので
その場合はいきなり「腕&胸マス」に飛ばなければならなかったり、
「腕&胸」の3マスすべてに石があれば「足」から「首」に飛ぶし、
「顔」と「首」に入っていたら「腕&胸」から「笠」に飛ぶ、という
状況も生まれます。

ちょっとうろ覚えですが大体こんなルールでやっていたと思います(^_^;)

ただ、

>片足飛びしながら、自分の石を蹴ってマスを進める

というのと、あと石を投げ入れる方法が「後ろ向き」だったような気もします。

racoon_asiaさんが書いておられるのは
私はケンパ、石蹴り遊びの中の一種の「案山子」として覚えています。
ちなみに大阪です。

「案山子」に限定してル-ルを書きますが

>山笠に大きい三角で

は、私も三角を左右二つに分けて2マスでやってました。
だから手前(かかしの足元)から順に

ケン・ケン・ケン(足3マス)
パ・パ(腕と胸の左右を反復横飛びみたいに)
ケン(首)
ケン(顔)
パ(笠)
 ↓ (パのまま飛んで180度反転して)
パ(笠)

で、足元まで同様に戻ります。


全員...続きを読む


人気Q&Aランキング