会員登録で5000円分が当たります

こんにちは、初めて質問いたします。
知り合いのオーディオ店の人から、マッキントッシュのMC275の
復刻版ゴールドが格安で手に入るけど買わないか、
との話が有りました。格安といってもかなり高価な物ですが。
真空管アンプには興味が有るのでかなり迷っています。
今の私のシステムは
コントロールアンプがマークレビンソンML-7L
パワーアンプがマッキントッシュのMC7300
スピーカーがB&Wマトリックス802
よく聞くジャンルはJazzと洋物Rock、そして主にレコードを
聞いてます。このアンプが買いかどうか、皆さんの意見を
聞かせてください。宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

私は、パワー及びプリも真空管アンプを使用しています。


パワーアンプはキットを含め数台、所有しています。
スピーカーはALETC・JBL等で私も主にレコードでJAZZを聴いています。

以前マッキントッシュMC7270等も使用していたことがありましたが現在は、パワーアンプは真空管しか所有していません。
真空管アンプにしてからは、トランジスタは今後とも使用いないだろうということで、処分しました。
真空管アンプに興味を感じてからは、もうトランジスタには戻れないという印象です。

マッキントッシュのMC7300からMC275に変えた場合、私の考える音質の変化としては、音が前に出て力強い音になると思います。
JAZZのゴリゴリ感が表現されるのではないかと思います。
決してスマートという音ではなく緊張感がありグイグイ圧迫される音に変化すると思います。

MC275は当然、聴いたことがありますし以前MC275と同じ出力管KT88(同じプッシュプル)を使用していたことがありますがKT88は力がある音がします。

B&Wマトリックス802は、現在のB&Wとは違い、繊細ですっきりした音という印象でないためMC275との相性がよいのではないかと思います。

これは、私が感じたことという程度とお考えください。

MC275が買いかどうかの判断はできませんが、変えて「良いか悪いか」ではなくこのクラスになると「好みか好みでないか」ということになると思います。

真空管アンプの場合は、回路による音の変化は当然ですが、出力管によりある程度音色が決まる傾向があるように思います。
私は3極管の音の方が好みですが、これはあくまでも私の好みということですが真空管アンプでなければ再現できない音があるように思います。

また、パワーを真空管にした場合にプリも真空管にしたいという欲求が出てくると思います。
なかなか真空管プリは良いものがないというのが実情です。

将来、どのような方向でいくか方向性も考慮してご検討されたら如何でしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちは、返事が遅くなりました。そして非常に詳しい回答を有難うございます。

nona813さんがおっしゃっているように、買いかどうかではなく、その音を私が気に入るかどうかなのですが、ただ残念ながらアンプを勧めてくれる人が遠方なのでおいそれと試聴できないのが現実なのです。

私の好みとしては音をクリアーに再生するのはもちろんなのですが、それよりも再生される音場が豊かかどうかが大きなポイントにしています。それとパーカッションの音が抜けよく再生されるかです。nona813さんの印象から推定するとかなり私好みの音が再生されるような気がします。又スピーカーとの相性もよさそうとのこと。

nona813の印象大いに参考にさせていただきます。本当に有難うございました。よく考えて後悔のないようにしたいと思います。

お礼日時:2007/01/29 17:35

ご参考の一助になれば・・・


因みに私はRogersファンなので・・・
お役には立てないですが。

参考URL:http://blog.livedoor.jp/jazzaudiofan/archives/ca …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答有難うございます。
教えていただきましたHPを早速拝見いたしました。
いろいろと面白いことが書いてあり参考になります。
じっくりと検討したいと思います。

お礼日時:2007/01/27 12:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QマッキントッシュのMC275Rの真空管交換

マッキントッシュのパワーアンプMC275R(中古)を購入しました。手持ちのGECのKT88と交換したいのですが、バイアス調整等する方法がわかりません。今まで持っていたアンプでは調整方法が書いたものがあったのでその通りしたのですが、このアンプの説明書がないので、調整方法か説明書の入手方法があれば、お教え願えませんか。また、残りの12AX7と12AT7の交換後もする必要があればお教えください。よろしくお願いします

Aベストアンサー

こんな事で回答がつかないなんて珍しい、私の知らない何かあるのでしょうか?
僭越ながら、真空管は得意ではありませんが、回答しておきます。

McIntoshの取扱説明書は
http://www.mcintoshlabs.jp/jp/support/Pages/Manuals.aspx
にありますので、製品ジャンルで「パワーアンプ」モデル名で「MC275」を選択して表示させ、
MC275A取扱説明書をダウンロードしてください。
この取り説と若干の違いはありますが、オーナーが困るような違いではないでしょう。(取扱説明書の誤記は笑って許してあげてください)
MC275RはおそらくReplica(復刻版)のRでしょう。
http://audio-heritage.jp/MCINTOSH/amp/mc275replica.html
外観はほぼ同じですが、サーキットにプリント基板が使ってあったり、構成やパーツも近代化され(販売価格も)違います。スペック上の違いはありません。

なお、お手持ちのGECのKT88と交換したからといって何も調整はありません。
互換の6550に差し替えている人も多く居ますが、購入されたMC275RはKT88じゃなかったのでしょうか?
McIntosh MC275では、アンプ本体を弄らないで済む、KT88と6550の二種類の球の差し替えに留めて置きましょう。12AX7や12AT7についても同様に、同じ規格の球との差し替えにしましょう。

以下、余談です。
今までお持ちアンプがむしろ例外で、球の種類でバイアス等を変更して多くのGT管が使えるように設計されていたのではないでしょうか?
例えば6CA7は、KT88と互換性がありませんが、ほんの少し配線とバイアス等を変更れば使えるようにできます。両対応のアンプも設計できると言うことです。
今までお持ちアンプは、バイアス調整があるということですので、おそらく6CA7・KT88両対応で、共通の耐圧に合わせて控えめに設計してあるのではないでしょうか?プッシュプルで出力50W程度でしょう。
McIntosh MC275はKT88の特性を最大限引き出して、出力は75Wあります。
設計がKT88に絞り込まれているという事です。
MC275でバイアスの違う6CA7を使えるようにすると改造になってしまい、McIntoshである価値を失います。
のみならず、6CA7を酷使して寿命を縮めることになります。

こんな事で回答がつかないなんて珍しい、私の知らない何かあるのでしょうか?
僭越ながら、真空管は得意ではありませんが、回答しておきます。

McIntoshの取扱説明書は
http://www.mcintoshlabs.jp/jp/support/Pages/Manuals.aspx
にありますので、製品ジャンルで「パワーアンプ」モデル名で「MC275」を選択して表示させ、
MC275A取扱説明書をダウンロードしてください。
この取り説と若干の違いはありますが、オーナーが困るような違いではないでしょう。(取扱説明書の誤記は笑って許してあげてください)
MC...続きを読む

QマッキントッシュMC500にあうプリアンプを教えてください。

現在はプリメインアンプをラックスマンL570、サンスイAU-D907リミテッド、サンスイAU-D907X、CDプレーヤーフィリップスLHH600B、DENON 1550AR、スピーカーをタンノイスターリングHW、JBL120Ti、JBL316PROをを使用しています。メインはL570、LHH600B、スターリングであり、20年以上前に新品で購入し、現在も繊細でその暖かい血の通った音色にはとても満足しています。しかしながら、マッキントッシュの気品あふれる美しささにも昔からずっと憧れがありました。高嶺の花で手が出ませんでしたが、先日、久しぶりにオーディオ専門店に行ったところ、MC500の中古品があり、運命の出会いを感じ、迷った挙句に契約しました。まだ手元にはありません。再びオーディオ熱が復活し、プリアンプも買いたいと思っています。そこでMC500にあうプリアンプをマッキントッシュの中から中古品で購入したいと思っています。どれが良いかご教示いただきたくお願い致します。スピーカーはJBL120Tiを使う予定ですが、JBL4343アルニコまたは4344をオーデォ専門店に探してもらっていますのでいずれは4343か4344を鳴らす予定です。聞く音楽のジャンルは演歌、歌謡曲、クラッシック、ジャズなんでもよいと思った曲は聴きます。(クラッシクが一番多いですが)
以上、オーディオ歴は長いですが、初心者レベルですので宜しくお願い致します。

現在はプリメインアンプをラックスマンL570、サンスイAU-D907リミテッド、サンスイAU-D907X、CDプレーヤーフィリップスLHH600B、DENON 1550AR、スピーカーをタンノイスターリングHW、JBL120Ti、JBL316PROをを使用しています。メインはL570、LHH600B、スターリングであり、20年以上前に新品で購入し、現在も繊細でその暖かい血の通った音色にはとても満足しています。しかしながら、マッキントッシュの気品あふれる美しささにも昔からずっと憧れがありました。高嶺の花で手が出ませんでしたが、先日、久しぶりにオーディオ専...続きを読む

Aベストアンサー

連続投稿失礼いたします。仰る通り、McIntoshのメインアンプにはやはり同社のプリアンプを合わせるしかないでしょう。

新品は高価すぎるということならば、中古市場に流れてくるのを待つしかありません。気長に各ショップの情報を集めてみてください(ネットオークションはリスクが高いのでお勧めしません)。御健闘をお祈りします。
-----------------
以下、単なる昔話と雑談なので、読まなくても良いです(。。。と言う割にはけっこう長文ですが ^^;)。

私もオーディオ歴は長いのですが(私の場合はただ無駄に長いだけです。今も大したシステムは保有していません)、昔は「舶来スピーカーだったらジャズ向けのJBL! あるいはクラシック向けのTANNOY!」「国産ならばキレの良いDIATONE!」というような定説が確かにありましたね。しかし今は(ピュア・オーディオとしての)DIATONEは活動をほぼ休止し、国内メーカーの退潮と共にJBLやTANNOY以外の海外メーカーが数多く入ってくるようになりました。結果としていろいろなキャラクターを持つ数多くの海外ブランドに接することが出来るようになったのは皮肉なものです。

十数年前までは私もJBLとTANNOY以外の海外製スピーカーなんかロクに知りませんでした。しかし、バブル崩壊後の国内のオーディオ不況を経て、気が付いてみたらディーラーの展示物やオーディオフェアに出品されるスピーカーにはいろいろな海外ブランド品が目につき、また実際に聴いてみるとJBLやTANNOYとはどれも全然違う展開を見せ、改めてこの世界の奥深さを思い知った次第です。

。。。というか、JBLとTANNOYはオーディオ界全体ではもともと「異色」の存在だったのだなぁと思ったりします。たまたま音色に「分かりやすい個性」を持っていたことで、昔から日本のファンにアピールするところが大きかったのでしょう。

ちなみに、某ショップのスタッフによるとアメリカではJBLのスピーカーを家庭に入れているオーディオファイルはほとんど存在しないそうです。イギリスも同様で、TANNOYのPrestigeシリーズは主に日本の顧客のためだけに作られているとか。ならば彼の地ではどんなブランドが主流なのかというと、B&WやMONITOR AUDIO、KEF、Mordaunt-Short、アメリカならばTHIELやMAGICO、Snell Acousticsのような比較的フラット指向で幅広いジャンルをソツなくこなすキャラクターの製品らしいです。

ただし、昔のように「マッキンのアンプにジムランのスピーカー」というような「ゴール」めいたものが提示されなくなった代わりにシステムの価格が天井知らずになった感があります。オーディオフェアなんかに行くと総額1千万円超の装置がゴロゴロ展示してあったりして。。。いったい誰が買うのかと思います。こういう極端な高価格化がオーディオの市場を自ら狭めているのではないかと、懸念する次第です。以上、乱文失礼。

連続投稿失礼いたします。仰る通り、McIntoshのメインアンプにはやはり同社のプリアンプを合わせるしかないでしょう。

新品は高価すぎるということならば、中古市場に流れてくるのを待つしかありません。気長に各ショップの情報を集めてみてください(ネットオークションはリスクが高いのでお勧めしません)。御健闘をお祈りします。
-----------------
以下、単なる昔話と雑談なので、読まなくても良いです(。。。と言う割にはけっこう長文ですが ^^;)。

私もオーディオ歴は長いのですが(私の場合はた...続きを読む

Q80~90年代のアンプ名機は?

こんにちは。自分は今のオーディオのデザインがあまり好きではなくバブル期の黒を基調としたデザインの中古アンプを購入しようと検討しています。そこで80年から90年代初頭にかけてが国内オーディオメーカ最盛期だと思いますがその時代の各メーカのいわゆる名機と呼ばれているアンプを教えて下さい。できればその理由についても教えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

自称オーディオマニアです

余りにも漠然としていますが、あくまでも私が所有しているか、聴き込んだ事のある物だけですが、「これは!」をあげておきます。
但し、何れも現在入手は困難で、一部は特注部品の入手すら不可能な物もあり、万一修理やメンテナンスにウン十万円と云うものもありますので、入手にはよほどの覚悟が必要です。
※機種名の後の( )内は販売年・当時の定価
【プリメインアンプ】 (1) SANSUI AU-X111 MOS VINTAGE(1985or6年・33万円)上位機種のX1111もありますが、跳んでもなく徹底的に回路や部品に凝った機で、クラシックからポップスまで「こんな音出すんだ!」と1聴で判る怪物機。後にこれを凌駕すると宣伝された2000台限定のAU-α907Limitedを新品で入手しましたが、X111には敵わないと思っています。
(2) NEC A-10(1983年10万円)この後TypeIVまで出ましたが、総合的にこのオリジナル機がベスト。なんと言ってもフロントフェースの美しさは1番。
(3) LUXMAN L-550XB(1984年27万円)メンテナンスや修理は比較的可能。
トランジスタで如何に球風の音を出すかにこだわった機種で、Xはかなり出回っているが、フロントフェースが黒のXBは超レア機種で、今まで1回しか見た事がない。LUXMANはこの550Xと最近のL-550Aしか持っていない。
【セパレート】 (1) 東芝Aurex SY-90Λ(失念しました)気が狂ったとしか思えない兎に角メーカーのメンツだけで販売した機種で、販売当時私も3台購入して1台は予備用もう1台は新品をばらして中の部品だけを取り出し、米国で売ったら販売価格の1.5倍で売れた。
そんな超高級部品特に(Λ=ラムダ)コンデンサは別格で、「他の柔なアンプに付け替えたら高級機の音がした」と云うもの。現在は修理に予備機の部品を取り尽くして部品探しをしても誰も譲ってもらえないので、今度壊れたら飾りとなりそう。
プリのSYにパワーのSC-90Λの組み合わせは、絶品ですが癖があるので賛否両論があるようです。
両機種とも完動品入手でもオリジナル部品での完全修理は諦めた方がいい。
(2) YAMAHA C2X(1986か7年20万円前後) シンプルで、これだけ小さい駆体に高性能MCイコライザーまで組み込んだ、私なりのヤマハの傑作プリアンプと思っています。
パワーの B2X(25~30万円) 背の低いプリに大きなパワーの組み合わせは、フルオーケストラを15インチのスピーカーで聴くと圧倒されます。現在も偶に灯を入れますが、その度に感激しています。

以上は全て独断と好き嫌い、国産に限りましたが海外製を含めるととんでも無い字数になるので・・・私自身は マランツ+タンノイ & McI+JBL(Lシリーズ)派です。
出来るだけご自身の耳で確かめてからにして下さい。
当時の機器は今の物に較べると、メーカーのこだわりと音質に結構癖があります。

自称オーディオマニアです

余りにも漠然としていますが、あくまでも私が所有しているか、聴き込んだ事のある物だけですが、「これは!」をあげておきます。
但し、何れも現在入手は困難で、一部は特注部品の入手すら不可能な物もあり、万一修理やメンテナンスにウン十万円と云うものもありますので、入手にはよほどの覚悟が必要です。
※機種名の後の( )内は販売年・当時の定価
【プリメインアンプ】 (1) SANSUI AU-X111 MOS VINTAGE(1985or6年・33万円)上位機種のX1111もありますが、跳んでもな...続きを読む

QJBL 4343って音悪くないですか?

良く遊びにいくお店に、JBL 4343が置いてあったので、
買うお金がないですが、聴かせてもらいました。
4343は今まで何回もお目にかかっていますが、
聴いたことがありませんでした。

古いアキュフェーズのモノラルパワーアンプとプリアンプと
DENONのCDプレーヤーで現代の録音のジャズを聴かせてくれました。

聴いた感想は「ひどい音」だと思いました。
これが昔、ものすごく売れたとは信じられないです。
お客さんの中には褒めている人もいましたが・・・。

正直、4343って音悪くないですか?
それとも私がきいたものがたまたま音が悪かったのでしょうか。

Aベストアンサー

はじめまして♪

4343自体を聞いた経験が在りませんが、、、

私が昔(小中学生の頃)に聞いたのは、4343Bでした。
このスピーカを購入された近所の歯科医宅には、なんどもご招待を頂き、いろいろと聞かせてもらった経験があります。

4343Bに入れ替えるまでは、4333Bが置かれていて、私個人としては4333Bの時に聞いた音の方が好きでした。

実際に4343Bを購入されたご本人も、セッティングやパワーアンプの交換等、確か2年チョイまで、とにかくあれこれ変更させながらなんとか鳴らそうと頑張ったようです。

潜在能力は高く、その鱗片は時々出て来るのですが、どうしても納得出来る総合バランス、こういう鳴らし込みはとても難しいらしく、当時のオーディオ紙の中でも、キチンと鳴らし込まれている4343系はほんのわずかしか無いだろう、という意見が一般的でした。

全体的にはデカイスピーカーですが、ミッドバスのバックチャンバー(エンクロージャー)が存在するため、実質的にはウーファーもミッドバスもギリギリの小容量で使われている、というのが実情です。
そして、中学時代に4343Bの調整に立ち会い(いや、動かすのが大変だから、手伝わされた? 笑)、やはりミッドバス帯域の室内音響との関わり、このあたりの処理がほんとに難しいのではないか?と感じたのを思い出します。

完璧に鳴らし込めないまでも、せめてそれなりのバランスが得られる状況なら、大抵の人は満足できる音が得られるのでしょうけれど、わずかに失敗していると、各ユニットがそれぞれ主張し合い、バラバラに音が出ていて音楽的に楽しめる状況じゃない、なんて事もあるでしょう。

それから、製品自体がかなり古い時代の物ですので、はたして販売当時の性能が出せているか?という基本的な疑問はあり得ますね。

JBLは定期的な振動板交換を推薦しています、このためあえて耐久性が低い「発泡ウレタンエッジ」を採用しているのです。(振動板を見ても劣化したのが判りにくい、エッジが朽ちれば交換するしか無いのですね。)

コンシューマー用製品ならエッジの張り替え、でも良いのですが、モニターシリーズやPA/SRなどに使うプロフェッショナルシリーズのユニットは、長く使うにはそれなりのメンテナンス費用を。

なお、4343シリーズ、4350シリーズなどの大型モニター系は、基本的に日本では大ヒット商品でしたが、欧米では「まともな音」を得るのが難しく、扱いにくいスピーカーとして敬遠されたようです。
(と、言うか、一般的にはコンシューマー向けモデルの方が好評だったようです。)

さらに、43**シリーズ、モニタースピーカーとされていますが、現実的なレコーディングスタジオ等で実際にモニター用に採用されたケースは非常に少ない。トークバックなどの返しモニター等には天釣りを考慮した4311/4312系はかなり多用されたようです。

たまたま聞いた音を「ひどい音」だと感じたのは、おそらく音の本質を感じ取っていると思われます。
(まぁ、儀礼上で、その音を好む人の前では、言えませんけれどね。)

経年劣化の結果なのか、セッティング(チューニング)の未熟さなのかは文章だけでは判断出来ませんが、おそらく両方とも影響しているんじゃないか?って想像します。

とても苦労して、存分に鳴らし込めた人には、他のスピーカーでは得られない、至福のサウンドが体験出来るそうです。そういう4343系の音、一度は体験してみたいですね♪

はじめまして♪

4343自体を聞いた経験が在りませんが、、、

私が昔(小中学生の頃)に聞いたのは、4343Bでした。
このスピーカを購入された近所の歯科医宅には、なんどもご招待を頂き、いろいろと聞かせてもらった経験があります。

4343Bに入れ替えるまでは、4333Bが置かれていて、私個人としては4333Bの時に聞いた音の方が好きでした。

実際に4343Bを購入されたご本人も、セッティングやパワーアンプの交換等、確か2年チョイまで、とにかくあれこれ変更させながらなんとか鳴らそうと...続きを読む

QマッキントッシュC28 MC2505の繋ぎ方

マッキントッシュC28とMC2505を購入しました。繋ぎ方をネットで調べているのですが、あまり良い情報がなく確信を持てません。値段も高いものなので繋ぎ方を間違って壊してしまってはいけないと思い、こちらにて聞かせてもらえたら助かります。素人的な質問で怒られそうですが、ご指導いただけると幸いです。よろしくお願い致します。
CDプレイヤー⇒C28⇒MA2505⇒スピーカーと認識しています。
CDプレイヤーのoutput(fixed)からC28のhigh level input AUXに繋ぐ、C28のmain output のLをMC2505のleftに、C28のmain output のRをMC2505のrightに繋ぐ。MC2505からスピーカーに繋ぐ。
■以上のように認識していますが、正しいでしょうか。

質問があります。
■MC2505の取扱い説明書では、MC2505のコンセントはC28の背面左上のpower ampに差し込む図式になっていますが、MC2505ののコンセントはそのまま電源コンセントへ、同じくC28のコンセントはそのまま電源コンセントに繋ぐ方法ではいけないのでしょうか。
■MC2505からスピーカーに繋ぐにあたって、left と right があります。leftとrightにはそれぞれ「c 4 8 16」とありますが、どれをどのようにスピーカーに繋げば良いか分かりません。
■接続や使用にあたり注意点などありますか。

色々と分かっておらず申し訳ございません。
お教えいただけると非常に助かります。
どんな事でも構いませんので書き込みをよろしくお願い致します。

マッキントッシュC28とMC2505を購入しました。繋ぎ方をネットで調べているのですが、あまり良い情報がなく確信を持てません。値段も高いものなので繋ぎ方を間違って壊してしまってはいけないと思い、こちらにて聞かせてもらえたら助かります。素人的な質問で怒られそうですが、ご指導いただけると幸いです。よろしくお願い致します。
CDプレイヤー⇒C28⇒MA2505⇒スピーカーと認識しています。
CDプレイヤーのoutput(fixed)からC28のhigh level input AUXに繋ぐ、C28のmain output のLをMC2505のleftに、C28...続きを読む

Aベストアンサー

素晴らしいアンプもお持ちですね。

つなぎ方はおっしゃるとおりであってますよ。
CDのR→c28のauxのRに。
CDのL→c28のauxのLに。

c28のmain outのR→MC2505のRに。
c28のmain outのL→MC2505のLに。

MC2505の「C 4 8 16」っというのはスピーカーのインピーダンスです。

お使いのスピーカーは何Ωって書いてありますか??

4Ωであれば、
マイナスを「C」に、プラスを「4」につなげます。

8Ωであれば
マイナスを「C」に、プラスを「8」に繋げます。

16Ωであれば、
マイナスを「C」に、プラスを「16」に繋げます。

今は6Ωというスピーカーが非常に多いですが、
もし6Ωであれば、「4」でも「8」でもかまいません。
好みの音がでるほうでつないでみたらいいと思います。

電源はc28もmc2505も壁のコンセントからとっても問題ないですよ。
電源タップからとっても問題ないです。

電源を付ける順番は、CD→C28→MC2505です。
電源を消す順番は、MC2505→C28→CDです。

MC2505をつけてから、C28の電源を入れると、
ボンッて音が鳴ったりして、スピーカーが壊れちゃう可能性があるので、
MC2505は必ずC28の電源が入っている時にON、OFFしてください。

素晴らしいアンプもお持ちですね。

つなぎ方はおっしゃるとおりであってますよ。
CDのR→c28のauxのRに。
CDのL→c28のauxのLに。

c28のmain outのR→MC2505のRに。
c28のmain outのL→MC2505のLに。

MC2505の「C 4 8 16」っというのはスピーカーのインピーダンスです。

お使いのスピーカーは何Ωって書いてありますか??

4Ωであれば、
マイナスを「C」に、プラスを「4」につなげます。

8Ωであれば
マイナスを「C」に、プラスを...続きを読む

Q真空管アンプってどこのメーカがいい?

現在のシステムは以下です。

スピーカ:ダリのメントール6
アンプ :ラックスマンの505u
DAC  :ラックスマンのDA-200

もうすぐ、レコードプレーヤを買います。
デノンの、DP-500Mです。

厚みがあってやわらかい音を聴くために、レコードプレーヤを買います。
上のアンプは解像度はそこそこですが、やはり、真空管アンプの方が、レコードプレーヤーに合うのではないかと思います。

そこで、どこ製の真空管アンプがいいでしょうか。

予算は30万までです。

Aベストアンサー

質問者さんの純粋・素朴さがその文章から十分に伺えます。
購入にあたり経験豊かで知識のある方たちからのアドバイスを率直に求めておられるご様子。
よってここでは根本的・高圧的に専門的な薀蓄を並べ、説き伏せる如きは甚だ適切ではないかと・・・
要は、ご本人はレコードプレーヤーと合わせてほぼ管球式アンプの購入を決めておられる由ですので。

私も、「厚みがあってやわらかい音」=即、レコードと真空管を連想しますよ。
もちろん、CDやトランジスター(バイポーラ)でもそのような音を出すことは可能です。
けれども、未だにLP、レコードプレーヤー、カートリッジ、管球式アンプを製造・販売するメーカーはあり、それらで音楽を楽しんでいる方たちも多いという事実からも捨てがたいものがあるのでしょう。

現に私などもCDとLPの両派混合!
確かにCDは扱い易く高音質。今現在主流であり、この先も基本的には変らないでしょう。
一方、LPはレコード盤の音溝に、0と1のデジタル信号では割り切れない極めてアナログ的な情報が刻まれており、それを様々なカートリッジで拾い上げ再生することの楽しみがあります。はっきり言って音も柔らかいですし。

再生するアンプですが、CDを聴くのにトランジスターでも真空管、どちらも好みで自由でいいように、LPを聴くのもまた然りです。
特にLPレコードを上質な真空管アンプで聴くとトランジスターアンプではどうしても出せない格別な音・雰囲気があります。それこそが単に懐古的世界にはまるというのではない確かな魅力でもあります。それ故、現在でも廃れず脈々と受け継がれているのでしょう。但し、基本的な回路設計、パーツ、合わせて長年愛用するに足るデザイン面の魅力度も抜きには出来ません。

さて、そこでどの機種にしましょう・・・
現在お持ちのセットから言って私なら迷わずLUXMAN SQ-38uをお奨めします。
http://www.phileweb.com/review/closeup/sq-38u/
定価は37.8万ですが概ね30万位で売られています。

理由は、

・今お使いのものがプリメイン型です。勿論、セパレートに分離しての使用も出来ますがここは新たに単独で使用する管球式プリメイン型のほうが質問者さんの意向には合っているかと。

・参考まで私自身、同社の往年の名機SQ-38FDを所有していて、実際に今でも他のアンプと繋ぎ替えてはLPやCDを聴いています。
真空管式というと何だかナロウでレスポンスの鈍いノスタルジックな単に柔らかく温かいだけの音をイメージしがちですが、それは安物であったり、開発技術力、設計、ポリシー、そもそも音楽に対する理解度・感性に乏しいメーカーの話であり、ことLUXMANは関しては違います。

・かつて、オーディオ黎明期~最盛期にかけて実に素晴らしく魅力に溢れる製品の数々を世に送り出してきました。その音は勿論のこと、圧倒的な存在感、隅々までアート性溢れるデザインの素晴らしさはオーディオファイルの心を虜(とりこ)にしてきました。
伝統的な中域~高域にかけて独特の厚みのある甘いラックストーンと、それだけにおぼれず音には芯とメリハリ感もあります。低域にも締まりがあります。
つまり、トランジスター全盛期(尚、ラックスは当時TR式アンプでも素晴らしい製品を沢山作っていました)にあって互角に競えるだけの確かな音を持っていたので、現在においても色褪せることなくCDやLPの音を音楽性豊かに聴かせてくれます。

・そんな38シリーズを継承したのがSQ-38uです。
まず、デザインが落ち着いていて風格があります。
(欲を言えばバランス的に中央部のレバーSWを4つに、あともう少し上下を抑えて横幅を長くすると完璧!全体的なデザインは、後発のCL-38U管球プリのほうが当時の38FDにはより近いですが)
そして何よりもLPを聴くためのプリアンプ部が充実(基本的な回路は往年の38のものを踏襲。さらにMCカートリッジ専用トランス内蔵でいかにアナログレコード再生にお金を賭けているかが伺えます)。メインアンプ部の真空管は50CA10からEL34に替わり、出力トランスOY-15も代替品ですが、オリジナルモデルの代替機として十分ではあります。

如何ですか・・・?
あと、DP-500Mに付属のMMカートリッジははっきり言ってオマケ程度ですので将来的には単品販売の上級品(MC型)をお奨めします。

質問者さんの純粋・素朴さがその文章から十分に伺えます。
購入にあたり経験豊かで知識のある方たちからのアドバイスを率直に求めておられるご様子。
よってここでは根本的・高圧的に専門的な薀蓄を並べ、説き伏せる如きは甚だ適切ではないかと・・・
要は、ご本人はレコードプレーヤーと合わせてほぼ管球式アンプの購入を決めておられる由ですので。

私も、「厚みがあってやわらかい音」=即、レコードと真空管を連想しますよ。
もちろん、CDやトランジスター(バイポーラ)でもそのような音を出すことは可能...続きを読む

QJBL4344のスピーカーコードの接続方法

初心者です。
JBL4344のスピーカーコードの接続方法について、です。
スピーカー後面の画像を添付しました。
購入したオーディオショップの人から、一番下にあるスイッチをINTERNAL CROSSOVERに合わせ、2段あるコード差し込み口の下段に普通の2本のスピーカーコードを接続すればよい、と教えて頂きました。この方法でも普通に聞こえるのでしょうか。
最近、ネット上でバイワイヤリング接続を知りました。自分でも試してみようと思い、調べてみましたが、JBL4344での接続方法が見つかりません。しかし、それらを参考にして考えたものが正しいのか分かりません。アンプのスピーカー出力は一系統です。
以下は考えたものです。
1、現在、2段あるコード差し込み口の下段にコードを接続、をそのままにし、
2、一番下にあるスイッチをINTERNAL CROSSOVERからEXTERNAL CROSSOVERに切  り替える。
3、2段あるコード差し込み口の上段黒、赤と下段黒、赤をそれぞれ同色どうしを普通のス  ピーカーコードで接続する。
これでよいのでしょうか。
よろしくお願いします。

初心者です。
JBL4344のスピーカーコードの接続方法について、です。
スピーカー後面の画像を添付しました。
購入したオーディオショップの人から、一番下にあるスイッチをINTERNAL CROSSOVERに合わせ、2段あるコード差し込み口の下段に普通の2本のスピーカーコードを接続すればよい、と教えて頂きました。この方法でも普通に聞こえるのでしょうか。
最近、ネット上でバイワイヤリング接続を知りました。自分でも試してみようと思い、調べてみましたが、JBL4344での接続方法が見つかりません。しかし、それらを...続きを読む

Aベストアンサー

jeephd さまおじゃまします。

>購入したオーディオショップの人から、一番下にあるスイッチをINTERNAL CROSSOVERに合わせ、2段あるコード差し込み口の下段に普通の2本のスピーカーコードを接続すればよい、と教えて頂きました。この方法でも普通に聞こえるのでしょうか。

そうです、その方法で聞くことができます。

1、現在、2段あるコード差し込み口の下段にコードを接続、をそのままにし、
2、一番下にあるスイッチをINTERNAL CROSSOVERからEXTERNAL CROSSOVERに切り替える。
3、2段あるコード差し込み口の上段黒、赤と下段黒、赤をそれぞれ同色どうしを普通の
   スピーカーコードで接続する。
これでよいのでしょうか。

NGです。そのまま大きな入力を入れるとミッドバスのコイルが焼き切れる可能性もあります。
理由は、バイワイヤリング接続には対応していないスピーカーシステムだからです。

もし、EXTERNAL CROSSOVERに切り替え、外部のクロスオーバを使いたいなら、
他の回答者様が提案しているように、チャンネルデバイダとパワーアンプ(ステレオ)2台が
必要です。すなわちバイアンプ接続になります。

もしくはパワーアンプ(ステレオ)1台の場合、外部ネットワオークを導入しなければなりませんが、
高音側には内部ネットワークがすでに組み込まれているので、290Hzや320Hzの
分割設定は難しいです。

jeephd さまおじゃまします。

>購入したオーディオショップの人から、一番下にあるスイッチをINTERNAL CROSSOVERに合わせ、2段あるコード差し込み口の下段に普通の2本のスピーカーコードを接続すればよい、と教えて頂きました。この方法でも普通に聞こえるのでしょうか。

そうです、その方法で聞くことができます。

1、現在、2段あるコード差し込み口の下段にコードを接続、をそのままにし、
2、一番下にあるスイッチをINTERNAL CROSSOVERからEXTERNAL CROSSOVERに切り替える。
3、2段あるコード差し込...続きを読む

Qヴィンテージアンプのオーバーホール費用高すぎ!?

マランツやマッキントッシュなどの高級アンプは見た目もカッコよく魅力的です。
私もオーディオ愛好家ですが、先日マッキントッシュC29の調子がどうも悪いので近くのメンテナンスをしてくれるところに持っていきました。
電話では、状態を見てから見積もりとのことで聞いていたのですが、
いざ持参し見積もってもらったところ、オーバーホールで8万円から10万円ほどかかるといわれました。
高くないですか?相場などご存知な方がいらっしゃいましたら教えて下さい。
まあ、それにしましてもオーバーホールするのに大した手間、日数はかからないと思うのですが、いかがでしょうか。
ご意見などお寄せいただけると助かります。

Aベストアンサー

大した日数掛からない。そうでしょうね。おそらくエージングと調整入れても3~5日。
仮に部品代を除いた手間賃が1日2万として、それでも高すぎると思うとしたら...
amp修理工房さんなんかへ出したら数倍かかりますよ。

というのが私の素直な感想。
まぁ修理の内容にもよるので、見積り明細を見ないことには何とも言えませんけど。

Q古いJBLに相性の良い手頃なアンプを教えてください

オーディオど素人ですが、少しだけ余裕ができたので憧れのJBLスピーカーとアンプを検討しています。
スピーカーの候補は中古品の4311、4312、L88 NOVA辺りを(ミニ版は直接聞いた事ないので今の所候補には入れていませんが、もし実力があるなら考えようと思います)アンプはCEC AMP3000R-S辺りが形、値段共に丁度良さそうなので取りあえずそれが良いかと思っていたのですが、相性が気になってきました。
素人的あいまいなご質問ですが、JBLに合う手頃(5万前後)でお勧めのアンプが御座いましたら教えてください。
因みに普段聞くジャンルはジャズ、ロックとテクノです。宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

ド素人さん、こんばんは。  

素人なのですから、ココは開き直って、お気に入りのJBLとCECのアンプで宜しいのではないでしょうか。  取り合えずですから尚の事!  アンプが無ければ始まりませんから・・・。 

確かにJBLを力の無いアンプで駆動すると、キンキンした五月蝿いだけの、脳天気なスピーカーに聴こえてしまうかもしれません。  特にモニター系のモデルは、小音量での再生を前提としていませんので、一般御家庭で鳴らせる音量では尚の事です。 ある程度覚悟は必要です。 (^_-)-☆   でもコレも経験ですから(素人さんですからネ)、仕方がありませんね。  

AMP3000Rは、CPの優れたアンプの様です。(聴いた事がありませんが、巷ではそう言われています)  

低域の再現性に長けているモノとしては、DENONの2000番シリーズが良いでしょうね。(長けていると言うか、過多過ぎるとも言える。セッティングを工夫する必要大・締りが無い!) 予算に余裕が有れば、同じくDENONのS10シリーズで。  中古なら安く手に入るでしょう。 艶を出したければ、「マッキン」なんて言うのもあります。  (^_-)-☆

古いスピーカーの場合には「傷み」も心配ですが、現在に輸入元であるハーマンインターナショナルでは、アフターも完璧です。 購入価格と同じ位になる事もありますが、修理は可能ですので御心配なく!

 http://www.harman-japan.co.jp/support/index.html

ド素人さん、こんばんは。  

素人なのですから、ココは開き直って、お気に入りのJBLとCECのアンプで宜しいのではないでしょうか。  取り合えずですから尚の事!  アンプが無ければ始まりませんから・・・。 

確かにJBLを力の無いアンプで駆動すると、キンキンした五月蝿いだけの、脳天気なスピーカーに聴こえてしまうかもしれません。  特にモニター系のモデルは、小音量での再生を前提としていませんので、一般御家庭で鳴らせる音量では尚の事です。 ある程度覚悟は必要です。 (^_-)-☆...続きを読む

Qマッキントッシュのむぎ球交換について

私はマッキントッシュの大フアンで、プリアンプのC-29を所有しています。先日不調になりフロントパネルの電球もたくさん切れていたので修理に出しました。その際予備のむぎ球を5個購入しましたが加工が必要とのことで、加工して頂き二股の電線が付いている状態です。
最近になって電球が1個切れてしまい交換したいのですが、修理した店の話では半田付けも必要なく素人でも交換できるとのことでしたが、どなたか詳しい方に交換のやり方をわかりやすく教えて頂けないでしょうか?切れたむぎ球はフロントパネルのグリーンに光る部分の電球です。修理したお店は遠方でしかも多忙なためなかなか聞きにくいのです。修理に出すと2万円ぐらいかかります。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

自称オーディオマニアです。

JBLを鳴らす時のみMC202の相方としてC29を使っています。
C29のランプ交換は、純正品の場合は仰る通り修理や内部メンテナンスを日常的にされる方には簡単な作業です。
初めての方でも、チョットの経験があれば出来ます。
位置がハッキリしませんがセンターのロゴ部分だとして説明します。
1.まず計6個のツマミを六角ボルトと小さな-ドライバーで外す。
2.裏返してから、底板のフロントパネル側の+のボルトを全て外す。
3.再度裏返して、正常面にして同じくフロントパネル側の天板の+のボルトを全部外す。
4.フロントパネルを手前に引き出す。
5.内パネルの丁度センター位置に2つゴムに覆われたランプを取り出し、切れている物を引き出す。
6.ランプの繋がっている線を新しいランプの線に付け替える(白と黒の線の方向に気をつける)。
7.新しいランプをゴム枠にはめ直し、前述の4~1の順の作業でパネルとツマミを付け直す。

作業としてはこれで終了です。
交換するランプはお手元の「麦球」をお奨めします。
どうしても「麦球」でなくLEDにする場合は、別途抵抗とコンデンサを付けなければなりません。
私はLEDでの経験はありません。
純正の「麦球」は220円/1個でメーカーSSにあります。

自称オーディオマニアです。

JBLを鳴らす時のみMC202の相方としてC29を使っています。
C29のランプ交換は、純正品の場合は仰る通り修理や内部メンテナンスを日常的にされる方には簡単な作業です。
初めての方でも、チョットの経験があれば出来ます。
位置がハッキリしませんがセンターのロゴ部分だとして説明します。
1.まず計6個のツマミを六角ボルトと小さな-ドライバーで外す。
2.裏返してから、底板のフロントパネル側の+のボルトを全て外す。
3.再度裏返して、正常面にして...続きを読む


人気Q&Aランキング