今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

日本語では、軽いニュアンスで「頑張る」ってよく使いますよね。
例えば、何か悩みがあったときに友人に励まされて、それに対して「ありがとう、頑張る」と言ったり、特に何か特定な目標があるわけではないけれど、なんとなく口癖で「頑張ろ!」と言ってしまう、といったような使い方です。
こういった時の「頑張る」は、"Do my best!!"では意味するものが違うと思うのですが、ちょうど良い英語の表現はないでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

Gです。

 私自身が誤解をしていたようですね。 自分がこの表現を使って「がんばるぞ」「頑張ります(ので宜しく)」「(そう言ってくれてありがとう、これからは)頑張ります」と言うような言い方を聞いているのですね。

前回の回答と根本的には同じになります。 つまり、これで何を言いたいのかを知るとこの表現を日本語に「状況にあわせて適切に」作りわかってもらえるわけです。

では、例文から先に書いてみますね。
>何か悩みがあったときに友人に励まされて、それに対して「ありがとう、頑張る」と言ったり、

はThank you, I will try my best. 努力してやってみるね、のフィーリングですね。

>特に何か特定な目標があるわけではないけれど、なんとなく口癖で「頑張ろ!」と言ってしまう

これは、自分に言い聞かせる、と言うフィーリングですので、Youを使います。 モチベーション講座でも教えますが、自分に言い聞かせる、いわゆる「はっぱをかける」事は非常に大切なことなのです。 よって、このときに使う表現にはたくさん在るのですが、

Do it!
You can do it!
You know you can do it!
Don't you know you can do it!!
Show time! 自分を見せる時が来たぜ!と言うフィーリングかな。 同じようなフィーリングで
My time has come!
You gotta do your best!頑張らないとだめじゃん
Nobody but you have to do it!
You wanna be a looser? 負け犬になりたいのか?
Get your key in the ignition! keyとは,車のキーのことを言います。エンジンを始動しろ!と言う事になります。

そして、自分に言い聞かせるという方向ではなく自分が言うと言う方向にも持っていけます。 

I can do it!!
I know I can do it!
I'm gonna do it!

なお、このI can!の観念はここ数年来アメリカではよく使われるモチベーションの表現となり、私の住んでいる場所でも小学校と中学校の構内にポスターを貼るように説得が出来ましたし、多くの会社でもこれを社内キャンペーンとしても使うようになりました。 やってきてよかったと感じる私の人生の一ページです。 You canも同じですね。 「あなただって出来る」 I can! 「俺だって出来る!」 このフィーリングは多くの人に頑張る力を与えてきた言葉だと自信を持って私はいえます。 mainichi-ganbaruのIDでこのカテで書き始めました。 Ganbatteruyoの名前に変えてから早くも5年たってしまいました。 こんな俺だって頑張ってるんだからみんなも頑張って欲しい、のフィーリングが入っています。

なお、ビジネスでもWe will do our bestはよく使われます。(#7さんへの反論ではなく) 少し説明させてもらうとお分かりになると思います。

努力をする、と言う事は、物事を成功させる、と言う事ではない、時限の違いがあるということはビジネスでもわかっていることです。 全力尽くします、と言う事は、日本語の「成功させます」と言ういかにも簡単に約束してしまう日本の営業マンの言葉とは違う、と言う事なのです。 We can promise you it will happen but I can promise you that we will do our best.と言う表現が使われるゆえんでもあるのです。

しかしながら、全力を尽くす、と言いながら結果がでなかった場合、よく調べたらビジネス常識から見て「怠慢だった」「努力が見えない」「努力の証明が出来ない」と言うことであれば、大きな問題となる、と言う事なのです。 よって、努力をするWe will do our bestといったのであれば「最大なる努力」を期待してもおかしいことではない、と言う事になるわけです。 ですから、今までの業績から、その会社が「成功させる実力がある」と言う事が知られていてその上にWe will d out best for ths projectと言っていながら成功させることが出来なければ「その責任を問われる」とは当然ともいえるわけです。

ですから、事前に、We can't promise you the result but と言う表現を付け足してWe will do our best.と言うようなビジネス表現をして後になって責任を問われることを避けているわけです。 つまり、最善を尽くすということを100%成功に導くと誤解する人がいたら困る、と言う前提があるわけですね。 しかし、最善を尽くすというフィーリングを相手に伝えなくてはならないわけですからWe will do out best. Our Best Effort will be provided.と言うような表現を必ず持ってきているわけです。 ですから、We/I will do our/my bestを使うな、ではなく、使わなくてはならない状況はあるんだから使い方を知れ!と言う事なのですね。

また書いてください。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

とても丁寧な説明、本当にありがとうございます。
私の質問の仕方が悪かったため、回答してくださった方々を混乱させてしまいました。

I can!って素敵ですね。
シンプルで、だからこそ気持ちが入っている感じがします。

辞書では見つけられないような、リアルな表現をたくさん紹介してくださって、本当にありがとうございます。
とても参考になりました。

お礼日時:2007/01/30 00:05

こんにちは。

 楽しそうな話題なので参加させてください。

国際的な契約では『ベストエフォート義務』(最善義務)を課している場合があります。 義務を達成するよう最善の努力をする。

最善努力義務 ウィキペディア
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%82%B9% …

最善の努力がなされたと認められる場合、結果については免責されるのが通例です。 ですから誠心誠意、最善の努力を尽くせば、結果が不首尾であっても責任は問われないと解釈出来ます。 

しかし、これは法律の世界での話。 英語で『がんばる』は、

I will try to fulfill it. とか I will continue the challenge until getting it. でいかがでしょうか。
    • good
    • 8

Gです。

 訂正すべきところがあるので書き直させてください。

>努力をする、と言う事は、物事を成功させる、と言う事ではない、時限の違いがあるということはビジネスでもわかっていることです。 全力尽くします、と言う事は、日本語の「成功させます」と言ういかにも簡単に約束してしまう日本の営業マンの言葉とは違う、と言う事なのです。 We can promise you it will happen but I can promise you that we will do our best.と言う表現が使われるゆえんでもあるのです。



We cannot promise you it will happen but I can promise you that we will do our best.です。 できるかどうかは約束できませんが、最善の努力は約束いたします、と言うことですね。 ここに実績と言うものが「物を言う」わけです。 実績がないものが約束してもお客は契約をしませんね。 それを、成功させることを約束します、では、ただの口先だけの事になってしまうわけですね。 今までの実績は努力をした結果であるから成功は約束しませんが努力は約束します。 そして、お客の目には成功するだろう、と映るわけです。 しかし、成功する世とは約束していないわけですから法的責任から逃れることが出来るわけです。

これが、子供の頃から植えつけるべき、と私たちは見るわけです。 子供たちになぜこのI can! You can!が大きな力を持っているか知識としてではなく実感として持って貰いたいわけです。

生まれた時は何も出来なかった。 でも、はいはいし始め「何回も転んで泣いたじゃないか、でも今の自分を見てみろ。 歩けるだけじゃなく走ることも、しゃべることも、そして、自分でトイレに行くことも出来る。 出来なかったことを出来るようにするのはお前たちだ。 I can because I did.を何万回もやってきたじゃないか。 自分の向上を信じれば何でもできる」だからがんばれ! と言う事になるわけです。 だからこそ、こちらの教育委員会が認めてくれたわけです。

I can! You can!の二つの言葉を今は日本ではビジネスが使ってしまっていますね。 学校が、そして親が使うべき言葉なのです。 がんばる力は植えつけられる力なのです。 俺だって出来る。 お前だって出来る。 これ以上の「がんばるぞ!」「がんばれ!」のフィーリングと力を出した英語表現は私にとってないと思います。
    • good
    • 2

誰だったか忘れましたが、有名な外人タレントが数人集まっているトーク番組で、「英語には『頑張る』に相当する言葉はない」と言っていました。


“do one's best”という表現には「結果について責任を負う」という含みがあるそうで、“I'll do my best.”と人に言って物事に取り組んでしまうと、だめだったときに「穴埋めしてほしい」という要求をされても文句は言えない感じなんだそうです。軽い気持ちで「頑張るよ」というつもりで日本人がネイティブに“I'll do my best.”と言ってしまって後でもめることもあるそうです。
ですので場面ごとに使い分けるしかないようです。励ましに対して「ありがとう、頑張る」なら、下の方ともダブりますが“I'm encouraged. I'll try again.”というような表現が使えそうですし、何か頼まれたときに「頑張って努めます」というときは“I'll do everything I can.”というと「結果について責任を負う」という意味は出ないそうです。みんなで何かやるときに「頑張ろうぜ」だったら“We can do it!”と鼓舞するのが一番近い気がします。人を励まして「頑張れ」だったら“You can do it!”とかでしょうし、落ち込んでる人に「落ち込むなよ」という意味で言うなら“Cheer up!”になると思います。何かをしようとしてうまくいかない人に対して励ましたいなら“Don't be nervous. Enjoy it!”なんて言えるかもしれません。
要するに「頑張る」と完全にイコールになる言葉はないので文脈から訳し分けるしかないわけですが、全体的に日本語の場合「目標に向かって苦しめばいつかは叶う」というニュアンスなのに対して、英語の場合「楽天的に楽しんでいけばうまくいく」というニュアンスが表に出る場合が多いように思います。この辺は国民性でしょうか。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

「目標に向かって苦しめばいつかは叶う」
この曖昧な気持ちの表現、様々な意味を持つ日本語の「頑張る」を、うまく言い表せていて、好きです。

“I'll do everything I can.”という表現は、意味的にも分かりやすくて使いやすそうですね。

丁寧な御回答ありがとうございます。参考になりました。

お礼日時:2007/01/28 20:39

アメリカに38年住んでいる者です。

 私なりに書かせてくださいね。

この件について私は何回か回答してきました。 でも、いまだに、このがばると言う単語他が遣われたときのその人の持っているフィーリングを無視して辞書的なGood luck, Do your bestなどとしか訳せないのはもったいないと思います。

前に書いた回答の中で見つかったのが、

http://okwave.jp/qa402236.html

http://okwave.jp/qa2411493.html

http://okwave.jp/qa2054275.html

http://okwave.jp/qa1624472.html

これらをじっくり読んでみてください。 なぜフィーリングと言うものが大切なのか、なぜ「がんばる」から川って使われている「がんばって」がどういう時に使われどういうことを相手に伝えたいのかで英語の表現が変わるのですね。

がんばって、と言う日本語の表現に英語の表現がないということでは決してありません。 同じ人間のする言葉なのです。 心理的な思いは日本人でもアメリカ人でも同じなのです。 しかし、英語にはこの「いろいろなフィーリングを持つにもかかわらす一言でそれらを表現できる」ひとつの表現はない、と言う事に過ぎません。 

と言う事は、幸運を祈るよ、と言う意味のがんばってであれば、Good luckでいいのです。 しかし、全力を出せよ、と言うのであればDo you best、OK? などなどですね。 詳しいことは上に書いた質問を見てください。 そして、どうか、がんばる、と言うすばらしい日本語を英語に表現したい時に「そのフィーリングが伝わる」英語表現を使ってくださいね。

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 
    • good
    • 2
この回答へのお礼

とても丁寧なお答え、ありがとうございます。

「英語には、いろいろなフィーリングを一言で表現できるひとつの言葉はない」

これはまさに私がつまずいている原因です。

様々なフィーリングをひとつの言葉で表現し、その言葉でフィーリングが互いに理解できてしまう日本人って、不思議ですね。

御回答、とても参考になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2007/01/28 20:30

以前NHKの英語講座でこれをやってました。


日本人はよく「人にがんばって!」とよく言うけれども、
欧米ではこのことばは禁句だということでした。
Hard work!
は最悪とのことで、相手にプレッシャーを与えストレス
を感じさせるだけだし、場合によってはハラスメントに
もなる可能性があると。
Good luck!
といって相手をはげましてやるのが、つまり日本語の
がんばれよ!だとの事です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

「がんばって」が禁句だとは知りませんでした。
いつも何かいい表現が無いか悩んだ末、結局何も言えずにいましたが、禁句なら言わなくて正解でした。
Good Luck は直訳すると「幸運を祈る」なので、そんな大げさな表現恥ずかしいと思っていましたが、nativeの方にとっては自然な表現なんでしょうね。
参考になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2007/01/28 20:19

そういう時にもよく”I'll do my best.”と言いますよ。

”Do my best!"とは言いません。人に対して「がんばれよ!」と言う時”Do your best!"とか”You can do it!"とか良います。

”I can do it."とも、自分を言い聞かせるように言います。

これが普通に口癖のように言う英語の表現です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かに Do my best って変ですね。
投稿した後に気付きました。ご指摘ありがとうございます。

I can do it! は使いやすそうですね!
参考になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2007/01/28 20:22

#2です。

連続投稿すみません。
こちら、参考になるかもしれません。
http://happy-life37.com/main-course12.html
http://ch01433.kitaguni.tv/e28906.html
    • good
    • 0

「ばんばれるくらい気力がわいたよ、ありがとう!」


っていうニュアンスでいいのなら、
I'm very encouraged, thank you. (とっても勇気づけられた)
とかでもよいと思いますよ。

また、
http://www.hokuriku-u.ac.jp/library/pdf/kiyo27/g …
この9ページの下のほうに、#1さんのおっしゃった
hold on (out) がありました。用法は載っていません。

関係ないですが、映画「ショーシャンクの空に」では
相手に「頑張って」と字幕で言っているとき、
英語ではgood luck といっていました^^
    • good
    • 0
この回答へのお礼

encouraged って、とても気持ちの良い表現ですよね!
お答えありがとうございます!

お礼日時:2007/01/28 20:12

infoseekマルチ辞書によると


頑張れ!の意で Hold out!  Chin up! などがありました。

hold on 続ける, 続く; 持ちこたえる
hold out 持ちこたえる, こらえる
 (keep one's) chin up 〔話〕 (苦しい時にも)元気を失わない.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

Chin up という表現を初めて知りました。
参考になりました。ありがとうございます!

お礼日時:2007/01/28 20:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q英語で  がんばります。 とはなんといえば・・

英語で 頑張ります。 とはなんといえばいいのでしょうか? それと、いろんな場面で 単語は変わるのでしょうか? すいませんが教えていただけますか。

Aベストアンサー

アメリカに35年半住んでいる者です。

私なりに書かせてくださいね。

まず、頑張れ!を英語ではどのように言うのかを回答したものがありますので、参考にしてください.

それを踏まえて、この「館張ります!」と言うフィーリングを言う時に、色々な日本語のフィーリングによって英語の表現が皮的ます.

誰かに頑張れよと言われ、はい、そうします、と単純な返事としては、

Yes, I will.
Yes, I will do so.

上司?先輩など辛い我「社交辞令気に」言うのであれば、
Yes, Sir!
I will follow your advice!
Thank you very much.

成功する事を祈っている、というような意味では、Good luck, Wish you win/pass! が使われるわけですが、そのような時には、一番上の表現はおかしな物になりますね. ですから、

Thank you!!
Thank you for your support/advice!!
I will do my best.

何があっても頑張ります!と言うのであれば、
I will do my best no matter what happens.

ちょっと自信はないけどやるだけの事はやってみる、というフィーリングであれば、
I will try my best.
May not be any good, but I will do my best.


応援であれば、
Of course!! もちろんだ!
Will bring back a trophy/the championship! トロフィー/チャンピョンシップをもらってくるさ!
Sure!
Thanks!
(Just)Be ready for a party later!!  パーティーの用意をしておけよ!

精神的にまいっている人に言うのであれば、
檄を飛ばすには、
穏やかにいうのであれば、(下のURLを参照)
Thank you!
I will be OK/all right!

など、頑張ります.がどのような状況でで遣われるかによって変ってくるということでもあります.

もし、komanetiさんが使おうとする状況が違っているようでしたらまた書いてください.

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 

参考URL:http://okweb.jp/kotaeru.php3?q=585058

アメリカに35年半住んでいる者です。

私なりに書かせてくださいね。

まず、頑張れ!を英語ではどのように言うのかを回答したものがありますので、参考にしてください.

それを踏まえて、この「館張ります!」と言うフィーリングを言う時に、色々な日本語のフィーリングによって英語の表現が皮的ます.

誰かに頑張れよと言われ、はい、そうします、と単純な返事としては、

Yes, I will.
Yes, I will do so.

上司?先輩など辛い我「社交辞令気に」言うのであれば、
Yes, Sir!
I will follow your ...続きを読む

Q「もしよろしければ・・・」を英語で言うとどうなりますか?

「もしよろしければ・・・」はどういう言い方になりますか。
例えば
「もしよろしければ電話をください」
「もしよろしければメールをください」
などを英語にした場合はどのようになるでしょうか。

どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

アメリカに38年半住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

この「もしよろしければ・・・」と言う表現の意味合い・フィーリングをまず感じてください。

どういうフィーリングで言っていますか? あなたがそうしたいなら、時間があったら・出来たら、出来たら、出来るなら、お障りなかったら、と言うifを持ってきた場合、フィーリングが違いますね。日本語では便利と言うか複雑と言うか、同じ表現でいろいろなフィーリングを表してしまうわけですね。 

英語習得で大事なことはこのフィーリングによって英語の表現が変わらいと伝わらないと言うことを身をもって知る必要があるのです。 

あなたがそれを好むなら(あなたさえよければ)、と言うフィーリングを時間的によろしければ(時間があれば)と言ったら相手はこちらが言いたいことを分かってくれるでしょうか。

つまり、ひとつの日本語表現がいろいろなフィーリングを持っているときにそれに気がつかなく、たんに、この表現はこういう表現があると羅列しただけでは結局このフィーリングを感じていないわけですから使えないのだろうなと思われても仕方ないですね。 事実相手が言いたいことも正確にわからないし、こちらが言いたいことも正確に伝える英語力がないと言うことなのですね。

英語をしゃべれない教師が存在しても大きな問題としていない日本の英語教育の拡張が英語に関してのプロは本当のプロの実力と誇りを持っているか、誇りや過信だけ持っていても英語が分かる人からは認識されないし英語圏のネイティブからしてみれば「おかしい」と思われてしまいますね。

と言うことで、忙しい人に、時間が出来たら、と言うフィーリングを強調して「よろしければ」と言いたいのであれば、When you are free, if you are free, when you have (some free)time, また、出来たら、と言うフィーリングでこの日本語表現を使うなら if possible, if you can, if it's all possible,などの表現が使えますし、あなたさえよろしければ、と言うフィーリングであれば、If it's ok with you, if you like, if you don't mindなどの表現が使えるわけですね。 そして、この日本語表現が使われている状況でそのまま使える英語表現にIf you pleaseがありますね。

しかしです、これらはすべて、

>「もしよろしければ・・・」はどういう言い方になりますか。

に対する表現なのです。

しかし、言いたいのが、
「もしよろしければ電話をください」
「もしよろしければメールをください」

であれば、ifとかwhenを使って言うべきか、それとも、この二つの文章の持っているフィーリングをよりクリアーに表現すべきか、と言う判断が必要となります。 ちょっと次元が違うのですが、敬語を使うべきか買い和文でいいかを決めるフィーリングを表現すると英文にものフィーリングが反映されてくるわけです。

つまり、この「もしよろしければ」と言う表現はただ丁寧に言って婉曲的に自分の願いを伝えようとしているか、そうでなく、もっと直接にフィーリングを伝えてもいいのか、ちょっと考えてください。

「もしよろしければ電話をください」をwhen you have some free time, if possible, if you canで表現したいのか、それとも、It will be nice if you call me. と直接的に言うか、It woud be so nice if you'd call me when you are free.と日本語の「よろしければ」の表現が持つ婉曲的な表現にももっていけますね。

そして、今も書いたように、ifやwhenを前に持ってきて、条件付けするのではなく、やって欲しいことをまずいって、それから、控えめに条件を持ってくるPlease call me if you have a chance.と自分の願いを先に相手に伝えることも出来ますね。 私はこの言い方のほうが好きです。 

さらに、日本語の表現の中に、知り合いになってからそんなに時間がたっていないので丁寧な言い方をする傾向と言うか日本語文化がありますね。 しかし、これはこちらにはありません。 よって、この日本語表現がこの文化的な理由で丁寧さを出しているのであれば、もしよかったら、if you likeと言うような表現さえ考えずに、Call/E-mail me whenever you can.と「ないかもしれないけどあったら」と言う視点ではなく、「(出来るときは)いつでもいいから」と言うフィーリングを出してしまって、wheneverが使えることも覚えていてくださいね。
この表現を使うと、より、電話して欲しいんだ、と言うフィーリングが出ますよね。

表現はすべてフィーリングが元になっています。 そのフィーリングに基づいて、つまり、日本語表現ではなく、何を相手に伝えたいのか、この英語習得の「壁」ともいえる学校では教えてくれなかった事柄を克服すると、使える英語力は何倍にでも飛躍します。 この壁を打ち壊さないないまま試験勉強の知識を盾にしても「紙の盾」でしかないのですね。 (なぜ学校文法に当てはまらないとされる使われている英語がい毎日使われ、そして、ブロークンイングリッシュが通じるのか、はフィーリングがちゃんと伝わるからなのです。 ブロークンイングリッシュだったら毎日少しずつ「壊れているのを修正」すればいいのですね。 必要のない学校文法と言うカチンコチンになった頭は固まりすぎて修正が難しいようです。 <g>)

文法はしっかり身につけてくださいね。 いらないのは使えない学校文法です。

これでいかがでしょうか? 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 

アメリカに38年半住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

この「もしよろしければ・・・」と言う表現の意味合い・フィーリングをまず感じてください。

どういうフィーリングで言っていますか? あなたがそうしたいなら、時間があったら・出来たら、出来たら、出来るなら、お障りなかったら、と言うifを持ってきた場合、フィーリングが違いますね。日本語では便利と言うか複雑と言うか、同じ表現でいろいろなフィーリングを表してしまうわけですね。 

英語習得で大事なことはこのフィーリング...続きを読む

Q文頭の「また」や「あと」などの表現はどういう?

たとえば、英語で
「この語はどのように発音しますか?また、どのようなときに使うのですか?」
というような質問をしたい時、2つめの文頭の「また」(もしくは「あと」「それと」など)は英語でどのように表現するのでしょうか?
私の感覚だと、文頭にAndとかAlsoをおいて「And (Also), when is it used?」みたいな感じになるのですが、これはなにかおかしい気がします。

Aベストアンサー

No.2です。ごめんなさい、「文頭の」というご質問だったんですね。

ご参考までに、会話だとかカジュアルな文の文頭ならAndが来て構わないのですが、きちんと書く場合には文頭にAndとかButとか来ないほうが良いとされています。

http://homepage3.nifty.com/MIL/butand.html

http://www.eigo-nikki.com/article/13292266.html

QAndとSo(なので、だから、したがって)のニュアンスの違い

AndとSo(なので、だから、したがって)のニュアンスの違い

私は仕事で英語でメールを書くこともたまにあります。
しかし、英語でAndとSoという単語でどちらも「なので、だから、したがって」という
意味があると思いますが、それらの単語の意味のニュアンスの違いが分からないのです。

yahooの辞書(プログレッシブ英和中辞典)で見てみると、
Andは接続詞の6番目に出てくる意味、
Soは接続詞の2番目に出てくる意味が同じですが、
その細かい使い方の違いについては書かれていません。

AndとSo(なので、だから、したがってという意味)はどのように使い分ければよいのでしょうか?

宜しくお願いいたします。m(_ _)m

Aベストアンサー

例文をちょっとみてみましょう。

>Someone had broken a vase on the table, and it had to be replaced.
>テーブルの上の花瓶が壊されていたので取り替えなければならなかった。
(テーブルの上の花瓶が壊されていた&取り替えなければならなかった)

このandをsoに置き換えると:

Someone had broken a vase on the table, so it had to be replaced.
→テーブルの上の花瓶が壊されていた。だから(そういう訳で)取り替えなければならなかった。

と言うニュアンスになり、壊されていたと言う事実(soの前に来る文章)をandを使用した時より少し強調しています。

下の分も同じです。

>I was very tired, so I couldn't fall asleep.
>とても疲れていたので眠れなかった。
=疲れていた。だから(このことが理由で)眠れなかった。

これをandに変えると:
I was very tired, and I couldn't fall asleep
とても疲れていて眠れなかった。(疲れていた&眠れなかった。)

接続詞の前の文と後の文は同等レベルになります。

違いがわかりますでしょうか?

例文をちょっとみてみましょう。

>Someone had broken a vase on the table, and it had to be replaced.
>テーブルの上の花瓶が壊されていたので取り替えなければならなかった。
(テーブルの上の花瓶が壊されていた&取り替えなければならなかった)

このandをsoに置き換えると:

Someone had broken a vase on the table, so it had to be replaced.
→テーブルの上の花瓶が壊されていた。だから(そういう訳で)取り替えなければならなかった。

と言うニュアンスになり、壊されていたと言う事...続きを読む

Q『わかりました』という言い方の区別。

『わかりました』という事を伝える時に、

・I know.
・I underdstand.
・I see.
・I got it.

など、という言葉がありますが

これらの区別の仕方などあるのでしょうか?

状況とか、色々関係あるのかなと疑問に思い質問する事にしました。

教えてください、お願いします。

Aベストアンサー

同じ理解を示す言葉ですが、ニュアンスは結構違います。

・I know.
これはすでに「知っていた」という意味になるので「わかりました」とは厳密には違います。
「知ってるよ」、「わかってるよ」というときに使います。
比較的カジュアルな言い方に限定されると思います。
「Yes, I know.」というように「Yes」とつけると少々丁寧になります。

・I underdstand.
「説明された内容を理解しました」という意味で使います。
これは当然ながら説明を受けるまでは知らなかったことになります。
大抵は説明を受けたあとに「理解しました」、「承知しました」という意味で使います。
この4つの中では最も丁寧な言い方です。

・I see.
これはほとんど相槌です。「なるほど」とか「あぁ、そうですか」とか「ふーん。」というような意味です。
「I see that.」というように「that」をつけると少し丁寧になります。

・I got it.
これが一番「わかりました」または「わかったよ」に近いかもしれません。
正確には「I've got it.」です。
「納得した」、「理解した」、「了解した」、「任せて」、「わかった」というように完全に理解しているという意思を表します。
これもカジュアルな言い方です。

同じ理解を示す言葉ですが、ニュアンスは結構違います。

・I know.
これはすでに「知っていた」という意味になるので「わかりました」とは厳密には違います。
「知ってるよ」、「わかってるよ」というときに使います。
比較的カジュアルな言い方に限定されると思います。
「Yes, I know.」というように「Yes」とつけると少々丁寧になります。

・I underdstand.
「説明された内容を理解しました」という意味で使います。
これは当然ながら説明を受けるまでは知らなかったことになります。
大抵は説明...続きを読む

Q「これからも」は英語でなんというのでしょう?

「これからもボランティア活動をしていきたい」という場合の「今までと同じようにこれからも」という感じは英語ではどうなるでしょうか。和英辞書でみると"from now on"と出てきましたが、なんとなくニュアンスがちがうような気がして・・・。
教えてください!

Aベストアンサー

as ever などという言い方もあります。
今まで通り/従来通り という意味です。
http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/ej/as+ever/m0u/as+ever/

Q「気にしてないです」の言い方

「気にしてませんから大丈夫です」の言い方を教えていただけますか。
「I don't mind」は通常、使われないと聞いたことがありますが・・・

ついでに「気にしてませんから大丈夫です」の後で、相手を思いやる一言などもございましたらお願いいたします。

Aベストアンサー

I don't mind.
は「気にしてないから大丈夫」というより、相手に「これしていい?」と聞かれた時などに、
I don't mind.
「全然オッケーだよ」
と言う感じの「気にしない」で使うことが多いように感じます。

おっしゃる状況だと、
Never mind.
It's ok.
などが一番広い意味で使えるのではないでしょうか?
言い方はたくさんありますが、そのシチュエーションに合ったものではないかも知れませんし、何に対して気にしていないのかが重要かもしれません。

相手が、自分の言ったことで質問者さまが気に触ったかな?と心配して謝ったことに対して「気にしないで」と言うなら、やはり
never mind.
It's ok
でしょうか。
I really don't mind you saying that.
とも言えそうかな。

言い方にもよりますが、返す言葉によってはちょっと卑屈っぽく聞こえてしまうものもあるかもしれません。

何かものを壊してしまって謝ってきたら
It's no big deal.
Don't worry about it.
で、「そんなの大したことないから、大丈夫」と言うニュアンスで一番よいかなぁとも思いますし。

気の利いた一言…。難しい…。
It's really ok with me.
No need to worry. Please forget about it, will you?
とか?
あまり「いいよ、いいよ」というと反って気にしちゃうかもしれないので、
Never mind! We don't talk about it anymore, ok?
「その話はなしね」
みたいに言ったりしてもいいかもしれません。

I don't mind.
は「気にしてないから大丈夫」というより、相手に「これしていい?」と聞かれた時などに、
I don't mind.
「全然オッケーだよ」
と言う感じの「気にしない」で使うことが多いように感じます。

おっしゃる状況だと、
Never mind.
It's ok.
などが一番広い意味で使えるのではないでしょうか?
言い方はたくさんありますが、そのシチュエーションに合ったものではないかも知れませんし、何に対して気にしていないのかが重要かもしれません。

相手が、自分の言ったことで質問者さまが気に...続きを読む

Qベストを尽くす=I will do my best.ですか?

ベストを尽くす=I will do my best.ですか?
『ベストを尽くす』のもっとも一般的な英語はなんですか?

Aベストアンサー

> 『ベストを尽くす』のもっとも一般的な英語はなんですか?

こんにちは。 質問文を読む限りでは、中学生の方のようですね。

(1)中学生からの質問ならば、
そうですよ。 I will do my best で良いんですよ。 Please do you best at the next school examination.

(2)これが高校生で大学受験を目指している場合は
do my best とは一応やるだけのことはやってみるけど、という逃げのニュアンスがあります。 今、君に必要なのは、

exert all of my available effort to achieve the designated goal in my life 今出来る限りの最大の努力をして、私の人生に設定された目標を達成します。 この文章をお薦めします。 高校生に『do my best』ではチャチ過ぎます。 

(3)これが彼女にプロポーズしようという男性の場合は
To the best of my ability, I will make you happy till the death departs each other, otherwise I will die.
私は持っている能力の全てを出し尽くしてあなたを幸せにします。 もし、出来なかったら死にます。 (ですから、僕と結婚して下さい。) となります。

多分、君はまだ中学生でしょう。 今は(1)ですが、将来素敵な女性にプロポーズする時、do my best なんていっては笑われますよ。 
 

> 『ベストを尽くす』のもっとも一般的な英語はなんですか?

こんにちは。 質問文を読む限りでは、中学生の方のようですね。

(1)中学生からの質問ならば、
そうですよ。 I will do my best で良いんですよ。 Please do you best at the next school examination.

(2)これが高校生で大学受験を目指している場合は
do my best とは一応やるだけのことはやってみるけど、という逃げのニュアンスがあります。 今、君に必要なのは、

exert all of my available effort to achieve the designated g...続きを読む

Q英語表現 ~しながら

~しながらの英語での表現をご教授して頂きたいです。

例えば、
泣きながら笑う 

泣きながら震える

食べながら寝る

食べながらTVを見る

など

以上のような表現は英語ではどのように表現すれば良いのでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは。

「AしながらBする」の基本表現は、
「B while Aing」あるいは「B Aing」です。

ただし、
その4つを同じパターンとして考えるのは、ちょっと無理があります。

1.
泣きながら笑う → 「泣く」と「笑う」を同時に行う
これは、cry and smile(laugh) とはあまり言わないので、
「泣き笑いをする」にするのがよいでしょう。
http://eow.alc.co.jp/%e6%b3%a3%e3%81%8d%e7%ac%91%e3%81%84/UTF-8/

2.
泣きながら震える → 「泣く」と「震える」を同時に行う
cry and tremble

3a.
食べながら寝る → 食べながら寝そべる、寝そべって食べる
eat *** while lying
eat *** lying on the xxx
lie while eating

3b.
食べながらTVを見る → 食べているときにTVを見る
watch TV while eating
watch TV eating ***
eat *** while watching TV
eat *** watching TV


以上、ご参考になりましたら。

こんばんは。

「AしながらBする」の基本表現は、
「B while Aing」あるいは「B Aing」です。

ただし、
その4つを同じパターンとして考えるのは、ちょっと無理があります。

1.
泣きながら笑う → 「泣く」と「笑う」を同時に行う
これは、cry and smile(laugh) とはあまり言わないので、
「泣き笑いをする」にするのがよいでしょう。
http://eow.alc.co.jp/%e6%b3%a3%e3%81%8d%e7%ac%91%e3%81%84/UTF-8/

2.
泣きながら震える → 「泣く」と「震える」を同時に行う
cry and trembl...続きを読む

Q英語のメールで“わかった~♪”とか“了解”とか返事する場合。

日常的な英語のメールで、

●「明日、6時ね!」
→「わかった~」・「オッケー」・「了解!」・「ラジャー☆」

●「・・・という訳なんで。わかった?」
→「わかった。」・「オッケー」・「了解!」・「うん、いいよ。」

的なやり取りで返事をしたい場合、
I see.   All right.   ok.    I got it.
Yes,   Yeah,
等の言い方がありますが、

一般的に良い使われ方や注意するべき不適切な用法とかありますか?

例えば日本語で上の例みたいな場合、
目上の方とかに「了解」は使わない方がいいって聞いたことがあったりしますが・・・。
また、普通なとき(ノーマルなテンション)と、くだけた時でなんとなく使い分けていたりしますが、そういうニュアンスであるとか。

私は現在のところ、テンション関係なくもっぱら“I see.”“ok.”
を用いているのですが。
(想定しているメールの相手は友人です)

Aベストアンサー

注意点についてのご質問ですね。

「Alright.」(「All right」は、ありがちなミススペル)などは目上の人に対しても友達に対しても使える無難な表現だと思います。

「I see.」は「なるほど」ですから、必ずしも「賛成」という意味にはなりませんので注意。つまり、「なるほど、それはそれとして聞いておくが、私は賛成できない」という意味も含みますので。「ok.」もそういうニュアンスを含む場合があります。賛成の意などを表したいなら、もう一言付け加えておいた方が無難かもしれません。

「Yeah.」は、わりと普通にみんな使ってしまいますが、きちんとした人は目上に対して使いません。とかく国民性がカジュアルだと思われがちな米国の小学校に通っていた頃、先生に注意されたことがあります。

ほかの言葉は、だいたい、末尾に「,sir/, ma'am」を付けておけば敬語になりますね。


人気Q&Aランキング