授業でイトヨと言う魚の生殖行動は本能によって行われると習いました。前々から、疑問に思っていたのですが人間の生殖行動も本能なのでしょうか??縄文、弥生時代の人は本能な気がしますが…現代人は性教育を受けているからどうやって子供が生まれるか知っているんじゃないかなぁと思います…人間の生殖活動が本能だとすれば、仮に性教育を全くせずに子供を育てたとしたらその子は成人する頃にはどうやって子供が生まれてくるか知っている、という事が成り立つのでしょうか…??現代の様な性教育が無かった時代の人が子孫を残せた事がすごく不思議です。変な質問ですがよろしくお願いします。

A 回答 (2件)

どのレベルで回答すべきか迷いますが、大学生ではない、でも小学生でもない中高生を想定して回答します。



「性教育」がすすむまで、多くの民族では月経のときに交接すると子供ができると信じられていました。また、民族によっては交接することと出産は無関係と考えられていました。つまり、文明化される前の段階の人では既に交接は繁殖の手段とはいえないものになっていたのです。

ほとんどの生物では、メスはオスと比べて子供を作るのにコストがかかる(子供を産んだり、卵を産んだり)ので、できるだけ効率よく交尾を行うため、匂い成分等によりオスにいつ交尾すると繁殖の成功率が高いかの情報を与えます。しかし人間だけはこれに逆行した進化を示したということです。

人間だけはいつ交尾すると妊娠するか、オスに知らされていない。むしろ、偽情報を与えた。そのかわり、ほかの動物に見られる発情期という物を人間は失っています。これはどういうことでしょう。

交尾(交接でもいいですが)は、繁殖のためだけの物ではなく、社会を維持するためのコミュニケーションの手段となっていたのです。人間に最も近いとされる類人猿ボノボですでに、コミュニケーションのツールとして性交類似行動(と書くのは不正確ですか。生殖器を刺激し合うのは同性同士にも見られる行動)がコミュニケーションに用いられていることがわかっています。

知能が発達し、結果として子育てに時間がかかるように進化した人間は、男女が協力しないと子育てが成立しないようになったと考えられます。そのため、社会や、さらには婚姻関係を維持するために(いわゆる)セクシャルな結びつきがさらに発展していったと考えられます。

しかし、そうなると、異性となると誰彼かまわず交尾する行動は具合が悪い。匂い等に反応して反射的に交尾してしまうことは社会の維持のために具合が悪いのです。そこで、人間には性衝動はあっても、反射的に交尾行動に移るのではなく、心の結びつきを重視して結ばれていく恋愛感情という物が発達したのでしょう。そしてそれは情緒や文化の発展に大きく寄与したことでしょう。

ということで、性衝動はあってもテクニックとしての交尾の仕方は学習するしかなかった。ですから、かつてから一定の性教育は(意図的かどうかはともかく)施されていた、ということです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お察しの通り高校生です。分かり易くありがとうございました。

お礼日時:2007/02/10 22:20

こんにちは。



>現代人は性教育を受けているからどうやって子供が生まれるか知っているんじゃないかなぁと思います

それは、知っていますよね。
性教育が成されなくても、例えば江戸時代や弥生時代だって「おい、いいこと教えてやろうか」、お兄さんやお姉さん達にこっそり教えてもらうなんてことは幾らでもあるはずです。知ってしまえば、今度は友達に話したくなりますよね。秘密の話だというのに簡単に広まってしまいます。これは、何時の時代だって同じことです。ですから、秘密にしようとしても秘密にできないので、だったら正しいことをきちんと教えておこうというのが現代の性教育です。
ですが、

>人間の生殖活動が本能だとすれば、仮に性教育を全くせずに子供を育てたとしたらその子は成人する頃にはどうやって子供が生まれてくるか知っている、という事が成り立つのでしょうか…??

言葉の使い方という部分もありますが、厳密には、これは成り立ちません、
何故ならば、「誰もが絶対にそうしなければならない」、このようなことが生まれながらにして決められているのが「本能行動」だからです。
「お腹が空いたら絶対に食べなければならない」
「痛いと感じたら絶対に逃げなければならない」
「生殖期になったら絶対に交尾しなければならない」
このようなことは、動物としてこの世に生まれる前から遺伝子によって決められていることです。
本能行動というのは、何故そうするのかを知らなくても、誰もが生まれながらにしてやり方を知っているもののことを言います。どうしてご飯を食べなければならないかを知らなくてもご飯を食べることができます。これと同じで、「子供ができる理由」や「子供を作る目的」を知らなくても子供を作ることができます。ですから、どうやったら子供ができるかを本能的に知っているというのは厳密には間違いです。そして、何も知らなくても必ずできるというのが正解です。さもなくば、昆虫や魚に交尾はできません。

このように、理由や目的は知らなくとも、やり方だけは生まれながらにして身に付いているというのが本能行動です。但し、「生殖行動」に限っては、個体が性的成熟期に達するまで、その機能が働きません。そして、身体にこのような生殖機能が働くようになりますと「性欲」というものが発生しますので、誰もが必ずHをしたくなります。
従いまして、これは誰でもできることなのですから、現在のように性教育などというものがなくても、大昔からきちんと子孫繁栄が行われてきたのは、これは全く不思議なことではありません。むしろ、現代のように生殖行動の実現に様々な社会的・文化的は制約が掛けられているにも拘わらず、人類がちゃんと繁栄できることの方が生物学的には謎が多いと考えなければならないと思います。

人類は、その進化の過程で「発情期」や「性フェロモン」という機能を失ってしまいました。これは、セックスに対する社会的道徳観と共に、生殖行動を実現するためのハンディになります。このため我々人間は、本能行動に課せられたこのような様々なハンディ・キャップを学習行動によって補っています。
例えば、昼間から人前でHをしてはいけない。
子供を作るならばきちんと結婚してからだ。
その社会のルールを学習することによって、我々はこのような判断を下すことができるようになります。そして、本能行動でありながら、むちゃくちゃたくさんの学習行動の助けを借りて行われる我々人間のたいへん複雑な生殖行動を「恋愛」といいます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

詳しくありがとうございます。人間は複雑ですね…ありがとうございました。

お礼日時:2007/02/10 22:19

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q真正胞子の生殖は無性生殖ですか?

“栄養胞子は体細胞分裂によってでき、2nの親と同じ2nの遺伝子を持つ。これに対し真正胞子は減数分裂によってでき、2nの親の半分の遺伝子nを持つ。”、といった具合に胞子生殖について覚えているのですが、真正胞子はnのままなのですか?そうすると、今度はその胞子が成長してして新たな胞子を作ると、その新しい胞子はさらに半分の1/2nの遺伝子になってしまいますよね?そんなはずはないですよね(無限に少なくなりますものね)?ということは他のnの真正胞子と接合かなにかして2nとなるのでしょうか?そうすると何生殖といえるのでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

有性生殖をする生物は減数分裂と受精(接合)を繰り返して増えます。動物の場合減数分裂によって配偶子(精子・卵)を形成しますが,多くの植物では減数分裂によって胞子(真正胞子)を形成します。真正胞子は発達して配偶体を形成し,配偶体が配偶子を形成します。
この配偶子は受精によって受精卵となり,受精卵が発達したものを胞子体と呼びます。

胞子体→(減数分裂)→真正胞子→配偶体→配偶子→(受精)→

この繰り返しですので,真正胞子は体細胞分裂をすることはあっても減数分裂をしません。このようなサイクルを「生活環」と呼びます。

被子植物では胚のう細胞と花粉四分子が真正胞子に相当します。
コケの場合,雄株をつくる胞子と雌株をつくる胞子が形成されます。
シダ類(真正シダ)の場合胞子は雌雄同株の前葉体を作ります。

いずれにしても,真正胞子は単独で発生して配偶体を形成する細胞なので「無性生殖」に分類するのではないでしょうか。

参考URL:http://www.fukuoka-edu.ac.jp/~fukuhara/keitai_low/7-1.html

有性生殖をする生物は減数分裂と受精(接合)を繰り返して増えます。動物の場合減数分裂によって配偶子(精子・卵)を形成しますが,多くの植物では減数分裂によって胞子(真正胞子)を形成します。真正胞子は発達して配偶体を形成し,配偶体が配偶子を形成します。
この配偶子は受精によって受精卵となり,受精卵が発達したものを胞子体と呼びます。

胞子体→(減数分裂)→真正胞子→配偶体→配偶子→(受精)→

この繰り返しですので,真正胞子は体細胞分裂をすることはあっても減数分裂をしません。このような...続きを読む

Q有性生殖と無性生殖について

私は中学3年生です。
有性生殖が無性生殖に比べて、生物にとってつごうがいい理由を教えてもらえないでしょうか。できれば、簡単な例を挙げて答えてもらえると嬉しいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私はしがない大学生ですが、高校の時に習った教科書から二つの生殖方の特徴を比較してみました。

 無性生殖...(1)1個体で増殖することができるので、効率が良い。(2)子は、親と全く同じ遺伝子構成をもつ。(3)個体の多様性が低いので、環境の変化に対応しにくい。
 有性生殖...(1)接合(受精)という過程が必要なので、効率は悪い。(2)子は、親とは異なった遺伝子構成をもつ。(3)多様な個体が存在するので、環境の変化に対応しやすい。

ということなので、「生物にとってつごうがいい」というのは、いろいろなタイプの個体が出来る有性生殖のほうが、環境が変わった時に生き残るものが出る=種が残る可能性が高い、ということを言いたいのだと思います。遺伝子のお勉強がまだであれば、わかりにくいかもしれませんが...。
例えば、アメーバやイソギンチャクのように同じ遺伝子の生物だと、いきなり寒くなった時に皆耐えられなくて死んでしまいます。悪くすれば絶滅してしまいます。一方、ヒトのように皆違う遺伝子をもつ生物は、一人ひとりタイプが違い、長所も短所もそれぞれです。もちろん寒さに耐えられる限界も違いますので、誰か寒さに強い人が生き残って子を産み、後世に種を残せるかもしれません。そこが生物にとって大切なことなのです。つまり、遺伝子が同じということはいわばクローンです。ヒトも自分のクローンしかいない世界であれば、皆死んでしまうかもしれないのです。
適当な例えとは思いませんが、お役に立てれば幸いです。

私はしがない大学生ですが、高校の時に習った教科書から二つの生殖方の特徴を比較してみました。

 無性生殖...(1)1個体で増殖することができるので、効率が良い。(2)子は、親と全く同じ遺伝子構成をもつ。(3)個体の多様性が低いので、環境の変化に対応しにくい。
 有性生殖...(1)接合(受精)という過程が必要なので、効率は悪い。(2)子は、親とは異なった遺伝子構成をもつ。(3)多様な個体が存在するので、環境の変化に対応しやすい。

ということなので、「生物にとってつごうがいい」というのは、いろ...続きを読む

Q無性生殖と有性生殖

すべての生物(ヒトも含め)が無性生殖有性生殖を両方とも行うのでしょうか?
分かる方いらっしゃいましたらお願いします。
※例えば「プラナリア」は分裂も受精もしますよね・・・

Aベストアンサー

植物ならそれこそいっぱいあるので無視することにしても, クラゲとかイソギンチャクとかヒドラとかある種のミミズとかは有性生殖と無性生殖の両方の形態がありますね.
単為生殖 + 有性生殖なら甲殻類にいっぱいいそう.

Qクローン、有性生殖、無性生殖について

僕は、明日に生物のテストがあるタダの学生です。
明日、クローンについてと有性生殖or無性生殖をアホ教師が出すといったにもかかわらずチャント説明しないです。
ダカラ2つ質問するので教えてください!
((1)) クローンとは?(詳しく40時程度)
((2)) 生物にとって有性生殖か無性生殖ドッチのほうが有利か?(理由も添えて)

   詳しい方((1))、((2))のどちらか1つでも結構ですので答えてください! 
   できるだけ早くお願いします。

Aベストアンサー

((2)について。)

試験問題なら、有性生殖と答えて欲しいのカナ?理由は様々な個体が生まれるため、大きな環境の変化に適応しやすいからなんでしょう。

ただね~理解ある先生なら、ドッチ書いたってイイと思いますよ。理由の所がシッカリしてたら良いンじゃないでしょうか。自分なりの意見を試されているのかも、知れません。

Q走性と本能行動の違いについて

走性と本能行動のそれぞれの定義って何でしょうか?両者の違いが分からないのですが…。

と言うのも、高校の教科書(第一学習社)では、カイコガの性フェロモンに関する行動は本能行動だとしています。下記は、教科書の該当箇所の引用です。
『動物では、ある種の化学物質を分泌し、それがかぎ刺激となって同種の個体に特有の本能行動を引き起こすことが知られている。たとえば、カイコガの雌は、腹部の末端から特定の化学物質を分泌し、それを受容した雄を引きつけて生殖行動を起こす。このような化学物質は、フェロモンと呼ばれ、体外に分泌されて微量で働く。』
ここでの生殖行動とは雄のはばたき行動のことであり、それが本能行動だということでしょうか。つまり、雌に近づく行動は化学走性だと?
それとも、はばたき行動と近づく行動をまとめて生殖行動とし、それは本能行動ということでしょうか?
では、ゴキブリの集合ホルモンは、本能行動?走性?

ご存知の方がいらっしゃいましたらよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

本能行動の定義と言うことですので,現在の行動学での定義は,「本能行動とは,目的意識はないが,高度で合目的的行動で,生得的(学習等から得る後天的でない)な行動。」と思います。

本能行動の特徴的な現象は,本人に目的意識がないことです。例えば,鳥の巣作りで,巣に小枝を運ぶ場合途中で落としても,巣まで行き,巣作りをあたかも小枝があるかのようにしてから,また枝探しに出かけます。

また,卵を抱くカモメは目の前に卵があると,嘴で腹に入れますが,途中で卵を取り去っても,あたかも卵があるかのように嘴で腹に入れようとします。

本能行動は,多数の「走性」や「反射」が組み合わさったものです。そしてその組み合わさったものが,全体で高度で合目的的な行動の場合を言うわけです。

カイコガの交尾行動も本能行動と思います。しかし,行動を分析すれば,性フェロモンを感知すると,羽ばたきます。これは空気を後ろに動かしてより性フェロモンを感知しやすくする反射です。次に,左右の触角に性フェロモンが等しく感知できるまで回転します。これも反射です。方向が定まったらそちらに向かいます。これは化学走性です。性フェロモンが一番濃い部分が感知できたら,交尾しようとします。例え割り箸の先でも…これも反射です。

理解いただけましたでしょうか…

本能行動の定義と言うことですので,現在の行動学での定義は,「本能行動とは,目的意識はないが,高度で合目的的行動で,生得的(学習等から得る後天的でない)な行動。」と思います。

本能行動の特徴的な現象は,本人に目的意識がないことです。例えば,鳥の巣作りで,巣に小枝を運ぶ場合途中で落としても,巣まで行き,巣作りをあたかも小枝があるかのようにしてから,また枝探しに出かけます。

また,卵を抱くカモメは目の前に卵があると,嘴で腹に入れますが,途中で卵を取り去っても,あたかも卵がある...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報