これからの季節に親子でハイキング! >>

こんばんは。
CDプレイヤーが故障していて、再生ができません。
ディスクの認識をしない(ディスクを入れても"NO DISC"の表示になる)ことが多く、認識しても再生ができないこともあります。

そこで、いくつかのホームーページを参照して、ピックアップのレンズの部分を掃除してみました。綿棒にイソプロピルアルコールをつけて、レンズの表裏を拭きました。
すると見事に復活して、CDを3枚くらいは正常に再生できました。しかし、その後数時間してCDを再生しようとすると、また元のように"NO DISC"となって再生ができません。

何ヶ月か前にも同じような経過をたどったことがあります(そのときはレンズの表しか拭きませんでしたが…)。

どのようにすれば長期間正常な再生ができるようになるのでしょうか?
よろしくお願いいたします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

No.2です。


>綿棒で構わないのでしょうか?
光学レンズの清掃には専用の不織布を使いますが、ピックアップのレンズは小さいので、むしろ綿棒の方が安全でしょう。
>、「レーザーの光が次第に弱くなってきている」とのことですが、なぜ次第に弱くなるのか、
あなたの家の蛍光灯が次第に暗くなり、いずれは使えなくなるように、モノはいつまでも同じではありません。自然の摂理です。
>清掃して復活したレンズが、わずか数時間で再び「空気の汚れやトランスのすすなどで汚れて光が弱くなっ」て、再生不可能になるというのがどうも不思議な気がするのですが、
全然、不思議ではありません。レンズの問題ではなく、レーザーが弱く、不安定になっているので読めたり読めなかったりするわけです。
レンズの汚れが障害の場合は、拭いた綿棒が汚れます。そのぐらい汚れています。
その他、タバコも吸わないのになぜレンズが汚れるかというのがありますが、CDは放熱用の穴が少ないので一般に汚れにくいものですが、トレイや基板の部分を濡らした綿棒で擦ってみて下さい。同様にレンズも汚れます。
ピックアップは、新しい機種のものは、CD-RW対応でレーザーを強くしているので寿命が短いようです。
ピックアップの入手性はメーカー・機種により異なります。
新しい機種は、自動調整になっているので基盤上に調整用の半固定抵抗がなく、意外とあっさり交換できるものもあります。一方、機構が複雑でとても難しいものもあります。機種がわからないので、こうとしか言いようがありません。
ちなみに、ピックアップの交換修理は、1万円から1万5千円ぐらいでしょうか。
    • good
    • 6

No.2&10です。


どうでもいいことですが、KSS-240Aですね。
一部、4500円ぐらいで部品提供をしてくれるメーカーもあるようです。
ピックアップとモーターを繋ぐギアを外す時に、ギアを固定しているツメの部分を壊さないようにしてください。丁寧にばらして、下から押し上げてください。検討を祈ります。
    • good
    • 5

 補足2:書き忘れました。

ピックアップのレンズはプレスチックらしいので、強力なエタノールやメタノールでふくと溶けるらしいです。
で、なんやらノールというアルコールで拭くのですが、結構毒性があるようですし、他に使い道がない。
 監視カメラのレンズも最近はプラスチックなので使えるかも。
 よけいなことでした。
    • good
    • 3

 補足:修理を前提に話を進めてしまいます。


 修理金額がどれぐらいになるかは、修理対応してくれる店にその機器を持って行って預けなければなりません。又、修理の見積金額は有料が最近の動向です。
 修理用の部品の在庫は販売終了から7年のようです。
 機器のメーカーと品番をひかえて、親切な(これが結構むつかしいかもしれませんが)量販店で聞かれてみては。
    • good
    • 4

 ピックアップの寿命というのはレザー光の発生部分です。

レザーを発生して同一部品の中に組み込まれたレンズ(プラスチックらしいですが)を通してCDの溝?で反射し、同じレンズで受けてプリズムで回折して受光部で受けるようになっているそうです。
 機器のリセットって云うのは、多分、新たに付けたピックアップに合わせて、ピックアップにかける電圧等を調整する事だと思います。再度基盤上の調整が必要かどうかはメーカーでないと解りませんが、どうも素人、いや、町の電気屋さんでも手に負えないと思います。 
 "CD ピックアップの寿命" で検索してみました。2万時間ぐらいと云うのがありました。
 私の経験上(仕事でその方面も手がけてますが)業務用の5連奏CDを1日18時間ぐらい再生しっぱなしで2年ぐらいが限度みたいですねぇ。なかには結構長く持ってるものもあります。
 18×365×2=13400
 個人ユースでは、毎日そんなに聞く事はないでしょうから5年や10年はもつかもしれません。
 (一般ユーザーで1日18時間と云えば、何をしてる人でしょうねぇ?冗談はさておいて。)
 ただ、埃、温度による影響や、またピックアップの劣化状況以外にピックアップを動かす機構部分の劣化等の問題もあり、一概にクリーナーだけで解決出来る問題ではありません。煙草の話はそんなこともあるということで。
 これ、修理に出すと結構な値段になります。
 今はDVDの再生も出来る安いプレーヤー出てますし、機能も上がっていませんか?
 私も、音飛びが頻繁になった時、新品を買ってきました。
 職業上、あらゆるルートや、テクニックを使えば、部品を手に入れる事が“出来るかもかもしれない”状況にはあるのですが、内部工作の問題や、めんどくささや、失敗した時の事もあるので部品交換はやめました。(CDをバラバラにして再組み立て出来て、ちゃんと動作させる事が出来る技量があれば、可能かも。挑戦もそれはそれなりにおもしろいでしょうが)
 クリーナーでうまくいけば、儲けものと云う判断で対処してください。

参考URL:http://rakunavi.daijiten.com/blog/archives/2004/ …
    • good
    • 1

エアーは修理等に重要ツールで基本処置です。


カメラ用のエアボール~圧搾空気等、場所、状況に応じ使います
綿埃等そのもの、吸湿しての障害、特に日本では多いトラブルです。
目的、対象部強度等を考えて距離、角度、圧力等選びます。
物によっては固定強度を手等で補助し破損にも気配りします。
スプレー缶なら心配無用のエネルギーです。
今回に限らず今後の電気修理等の知識として下さい。
さて、ユニットを分けてもらえるようで喜ばしい限りです。
熱意、やる気、真剣さ、物を大事にする考え方等々は人を打ちます。
そのルートで技術情報も獲得して下さい、その方が今後の為です。
まだ、この先の展開になる場合もあります、機器ロット固有の故障データ等を背景に効果的にホローしてもらえます。
    • good
    • 2

ごめんなさい!


今回は両面クリーニングしたのですね。
あとはエアフラッシングを試して下さい。

この回答への補足

ありがとうございます。
「エアフラッシング」というのは、いわゆるエアダスターのスプレー缶で噴射するということでしょうか?
これはまだ試していませんでした。
どこかのホームページに、CDのトレイをエアダスターで掃除するときに、ピックアップに(噴射風を)当てないようにと書かれていたので…。
でも、綿棒当てるなら、エアダスターのほうが安全ですよね…。

補足日時:2007/02/19 02:46
    • good
    • 2

一回も拭いてない側をクリーニングしましょう!


今やるべきことは、これです。
    • good
    • 3

なんか変ですねぇ。


ピックアップの寿命であれば、交換しないとなおらんでしょう。
拭くという行為はレンズの寿命ではなくて、レンズが汚れたという事ですよねぇ。
レンズの汚れで不良って云うのはたまにありますが、かなりのヘビースモーカーの人がCDの近くで四六時中煙草の煙をCDプレーヤーに吹きかけていたとか。
CDのピックアップの交換は素人にはできません。
メーカーかそれなりの電気店に相談してください。
交換テクニックよりも部品の入手ルートの方が難しい。
部品が手に入ったとして部品交換はそれほど難しくはありません。(器用な人であれば)たまに内部調整が必要です。
調整用半固定抵抗って云ったってメーカー提供のマニュアルがなければさわれるものではありません。どの半固定抵抗をさわればいいの?どれくらい?測定器があって、しかもどういうレベルが正常?(やばい!削除されるかも)
でも、メーカーは提携の専門業者にしか部品を提供しないようですが。

この回答への補足

ありがとうございます。
いくつか分からない点がありますので、よろしければ再びご回答お願いします。
・「ピックアップの寿命」というのは、具体的にはピックアップのどの部分がダメになるのでしょうか?
・このCDプレーヤーは少なくともここ10年くらいは非喫煙環境のごく普通の部屋に置かれていました(近くで飲食はしますが…)。そのような状況でレンズが汚れるというのはおかしなことなのでしょうか?
・CDのピックアップは同じものが入手可能と判明しました。ただ「そのまま交換で問題ありませんが、機器のリセット操作」が必要とのことなのですが、機器のリセット操作のやり方をもしご存知なら教えてください。
よろしくお願いいたします。

補足日時:2007/02/19 02:45
    • good
    • 1

不具合の箇所が特定されている(ようなので)その部分を交換するというのが、長く使える方法です。

ピックアップを新品に換えましょう。

まず、イソプロピルアルコールなんですか?
イソプロピルアルコールは電気系の接点洗浄に使われることがあるようですが、カメラのレンズを拭く時に使う人はいません。コピーなどの光学レンズの清掃には、オリンパスのEEクリーナーなどエタノールとエーテルの混合液を用います。入手性が良くないので、無水エタノールでも可です。但し、無水エタノールでは拭き残しが残ります。虫眼鏡とかフィルターを拭くとわかります。でも、ひどく汚れている場合、拭かないよりましです。

ピックアップの寿命ですが、レーザーの光が次第に弱くなってきている状態です。ですので、調整用のVRで強くする方法もありますが、また弱くなるので手間の割には長持ちしません。(各種サイトを参考にいじるのは構いませんが、後で新品に交換した時に厄介なのでお奨めしません。)
また、レンズの清掃で復活するのは、レンズが空気の汚れやトランスのすすなどで汚れて光が弱くなったことに拍車をかけるため、掃除をすることで汚れが取れていくらか回復します。

レンズの傷については、コーティングの状態や拭き方で変わりますが、付くものと考えるべきでしょう。微細な光ですので、目に見えない大きさでも影響は大きいものです。でも、レンズとCDの反射面の間にあるCDの透明な部分(たしか、ポリカーボネイトだったと思います)は、傷だらけですから、どこまで気にするかということです。

また、ここ(わたしの回答も含みます)も含めて、ネット上の情報は正しいとは限りませんので、ご注意ください。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。
ですが、いくつかよくわからないところがありました。よろしければまたご回答お願いいたします。
・EEクリーナーや無水エタノールなどで拭く場合も綿棒で構わないのでしょうか?
・また、「レーザーの光が次第に弱くなってきている」とのことですが、なぜ次第に弱くなるのか、もしご存知なら教えてください。
・それから、清掃して復活したレンズが、わずか数時間で再び「空気の汚れやトランスのすすなどで汚れて光が弱くなっ」て、再生不可能になるというのがどうも不思議な気がするのですが、そういうものなのでしょうか?

補足日時:2007/02/19 02:23
    • good
    • 3

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QCDプレーヤーの読み込み不良の原因を教えて下さい

再生不良のCDプレーヤーを自分で修理したい場合、
ピックアップレンズの清掃やシャフトのグリスアップなどで直るケースもありますが、
それでも直らない場合、ネットで調べると「VRの調整」とよく書かれています。

おそらくレーザー出力の強度や焦点のズレなどから
ディスク読み込み不良が起こるのかと思いますが、
メーカーの設備で測定・調整したVRを安易に動かすのは気が引けます。

よっぽど知識や測定機材のある人なら出来るのかもしれませんが
そうでない人が測定器も無しに手探りでVRを動かしてしまったら
もし運良く一時的に再生できるようになったとしても
ピックアップの寿命を縮めることになりかねないと思うので
特に大切な機器のVRには絶対に触れることが出来ません。
マーキングをしておけば大丈夫と言う人もいますが、
目視レベルでは全く元の位置に戻せることなど有り得ないと思っています。
ですのでできればVR以外の部分で修理ができればと思っているのですが・・・

そこで質問なのですが、
ピックアップの発光素子というのはそれ自体が劣化するものなのでしょうか?

消耗品と言われているアルミ電解コンデンサやトランジスタなどの部品を
交換することで症状が改善する可能性はあるとは思いますが、
再生不良に至るまでの根本的な要因を教えて頂きたく質問させて頂きました。

古き良き時代の高級機もメーカー部品欠品では廃棄を免れません。
CDプレーヤーに詳しい方、教えて下さい。
宜しくお願い致します。

再生不良のCDプレーヤーを自分で修理したい場合、
ピックアップレンズの清掃やシャフトのグリスアップなどで直るケースもありますが、
それでも直らない場合、ネットで調べると「VRの調整」とよく書かれています。

おそらくレーザー出力の強度や焦点のズレなどから
ディスク読み込み不良が起こるのかと思いますが、
メーカーの設備で測定・調整したVRを安易に動かすのは気が引けます。

よっぽど知識や測定機材のある人なら出来るのかもしれませんが
そうでない人が測定器も無しに手探りでVRを動かしてし...続きを読む

Aベストアンサー

VRの調整なんて、ヤバくネ?。

…と いうわけで、同僚にその道40年(元)がいますので聞いてみました。
『VRは、絶対いじるな!。』との事。
レンズは、簡単に融けるそうです。

CDプレーヤーの故障で一番多かったのは、レンズの溶解だったそうです。
VRの調整には、100メガ(50では出ない)のオシロが必要で、波形の幅・高さ・間隔などを見ながら半ばカンで合わせたそうです。
オリジナルの基盤があれば、わりと合わせやすいとも。

町の電気屋さんが手に負えなくなって、よく持ち込んできたそうです。

なお、CDプレーヤーの寿命は大雑把に言って、メインテナンス無しでは8年ぐらい。
修理とは、完全動作はあたり前、その機器本来の音に戻す事を修理と言うそうです。
従って修理で一番大切なのは、それぞれの機器の本来の音を憶えておく事。
そして、それぞれの機器には元の音に戻すポイントがあるそうです。

『故障については、現物を見ない限り何も言えない。』

…と言うわけで、メーカーに相談するのが一番かと思います。

QCDの音飛びを直す方法を教えてください。

クリーニング用のCDはまだ試していません。

購入後5年くらい経ちます。

光センサのCDで何故音飛びするのでしょうか?

Aベストアンサー

CDピックアップ用レンズが汚れると音飛びします。

CDを再生するときはCDに付いている細かい溝を半導体レーザーでなぞって読み取ります。
レンズが汚れているとうまく溝をトレースできなくなり隣のみぞに飛び移ってしまうことがあります。
これが音飛びの原因です。
最近のは先読みをしてメモリに溜め込み少しのズレも音飛び無しで補正してくれますが
5年前となると・・・ついているか分かりません。

同じ現象でCDの方に汚れが付着しているとレーザーのトレースを邪魔して音飛びします。
ですので再生の場合はレンズ・ディスク両方をきれいにして再生してください。
小さな埃をついたままプレーヤーにセットすると、ディスクが回転したときに
ディスクから取れます。取れたのはプレーヤーの中にたまりますが、レンズにつくと
音飛びしやすくなります。あとタバコの煙でも汚れます。

おそらくクリーニングすれば直ると思います。
何回クリーニングしても直らない場合は半導体レーザーの寿命かもしれません。

QCDレンズクリーナーの液について

こんにちは。
湿式のCDレンズクリーナーを持っています。CDにハケが付いてて、そこにクリーナー液を染み込ませてCDプレーヤーに読ませるタイプですが、クリーナー液を紛失してしまいました。買い直すと2000円くらいするので、液だけの代用品を捜しています。
あれはどんな成分のものなのでしょうか?何か安く代用になるものはありますでしょうか?ダイソーなどの100円ショップにもし代用になるものがあれば教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

よく、自分でデッキなどを分解して掃除をする者です。
代用品として無難なところは、
・無水エタノール(エチルアルコール)
・無水イソプロパノール(イソプロピルアルコール)
などでしょう。
両極性で、水溶性の付着物、油溶性の付着物のいずれも溶解させます。
大手の薬局で500ml入りで700円くらいです。「無水」が重要です。間違えて「消毒用」にしないことです。「水」が20%くらい入っていて、乾燥が悪いです。
一方、決して使用してはならないのが「しみ抜き」のようなもの、ベンジン,アセトン,四塩化炭素といった溶解性の高い薬品です。レンズ周りの固定接着剤等を溶解してしまいます。
メタノール(メチルアルコール)も強いので避けたほうがいいでしょう(毒性があるので、店頭販売していないと思いますが・・・)
界面活性剤(中性洗剤)も膜を残すことになります。専用品には入っているかもしれませんが、私はむしろ「使用しない派」です。

Qパイオニア製CDプレーヤーのピックアップ交換について

PioneerのCDプレーヤー「PD-8070」を入手しまして、トレイの動きも素早く滑らかで外見もまあまあです。
内部は開けられたことがないと思われるほどきれいで、コンデンサなども見た目きっちりしており(部品の内部劣化は当然あるでしょうが)気に入ってしまいました。
読み込み動作をしないのでピックアップ部を調べてみると、この頃のPioneerのCDプレーヤーによくあることらしいのですが、レンズがはずれた状態で内部に転がっていました。
しかもレンズの真下にあるはずのレーザー照射部(?)が空のようです。もちろん読み込みしません。
本来ならメーカー修理に出すべきでしょうが、想定以上の金額になるのようなので、だめもとでピックアップ部をユニットごと他の中古品から載せ変えてみようと思っています。
調べてみると、PD-2000、PD-3000(これらは上位機種でとても手が出ません)、以下PD-313、335、515、535、717、737、7030、7050、7070、8030、PD-M50、M500,M540 は同じ部品を使っているように見えます。
そのほかにもありそうですが、この当時のPioneer製CDプレーヤーはどれも同じ部品を使っているのでしょうか。
上記の機種は流用可能かどうか知りたいと思います。同じ整備をされた方がいればいいのですが。
専門的な調整が必要だと言うことはわかっており、静電破壊などには気をつけて自己責任で納得してやろうと思っていますが、スキルが低いのでその際の注意点などもあれば、あわせてご教授ください。
よろしくお願いします。

PioneerのCDプレーヤー「PD-8070」を入手しまして、トレイの動きも素早く滑らかで外見もまあまあです。
内部は開けられたことがないと思われるほどきれいで、コンデンサなども見た目きっちりしており(部品の内部劣化は当然あるでしょうが)気に入ってしまいました。
読み込み動作をしないのでピックアップ部を調べてみると、この頃のPioneerのCDプレーヤーによくあることらしいのですが、レンズがはずれた状態で内部に転がっていました。
しかもレンズの真下にあるはずのレーザー照射部(?)が空のようです。...続きを読む

Aベストアンサー

ピックアップレンズの真下のは反射レンズ(ミラー)です。レーザーは横から照射されます。
ピックアップレンズを接着剤で接着して、復活したことがあります。PD-2000です。
プラスチック対応の瞬間接着剤を使用しました。
やる時はレンズの上下がありますので、注意して下さい。どっちが上かは忘れました。
確か、かなりの人間がやっているので、ネット上で探せば記事があるかもしれません。

ピックアップ部分(CDメカ全体)は、7070と8070は同じだと思いました。
もし載せ替えるなら、ピックアップ駆動用のゴムベルトを交換すると、選曲等のレスポンスが良くなります。

Qカーオーディオ(CD)の読み込み不良について

カーCDの読み込み不良について教えて下さい!

カーCD(MD一体型)を購入して3年半位なのですが、
音楽CDを入れてもエラーが出たり、音飛びをするようになったので、
CDクリーナー(湿式)を購入してクリーニングしました。
クリーニング直後は、エラーも無く音が鳴るようになったのですが、
しばらくおいてCDを入れるとまたエラーが出ます。
ですので、数回繰り返しクリーニングをしていますが、
湿式のクリーニングを続けて何回も行なって良いのでしょうか?
説明書きに「正常に作動するようになったら、
今後のお手入れは乾式のクリーニングをお勧めします」と記載されています。
と言う事は、湿式は頻繁に行なってはいけないという事なのでしょうか?

あと、クリーニング直後は正常に作動するのに、
しばらく経つとまたエラーが起こるのは何故何でしょう???

メカにすっごく弱い為、困っています(T。T)
どなたか詳しい方がいらっしゃいましたら教えて下さい。
宜しくお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

まだ締め切りされていなかったので・・・♯2再びです!!

CD-Rに書き込んだデータは徐々に劣化し、読み込みにくくなります。特に、直射日光があたる車内に放置しているとはやくそうなります。耐久性では市販品よりもCD-Rの方が弱いです。

対応策ですが、CD-Rをもう一度作り直すとエラーや音飛びなく聞けるようになると思います。最近作ったばかりのものと、以前に作ったもので比べてみるとよくわかると思います。

また、オーディオ本体からCDを読み込むためにでるレーザーは年数とともに弱くなります。そうすると読み込み不良などの症状が出やすくなります。オーディオ修理は思ったよりも値段がかかりますので、修理よりは購入をオススメします。

Qピックアップの交換について kss-213c

onkyo インテック205等のCDプレーヤーのピックアップを交換する時に、kss-213Cの 静電気防止ショートランドの解除と云う作業がありますが、これの詳しい方法を教えて欲しいです。(何故するのか?)

 当方は、ローデングベルトの交換等は経験あります。

ショートランドの解除をハンダコテ等を使って具体的にどうするのか。
教えて頂きたいです。

Aベストアンサー

> ハンダを除去し、ショートをオープンする…と云う意味が判り難いのですが

ショートとはハンダで接点をつないでいる状態です。ハンダが配線の役割をしています。オープンとはそのハンダを取り除いて接点同士がつながっていない状態です。ニッパーで配線を切断することと同じことです。

> 私は小さいハンダゴテで、熱して引っ付けてハンダを八割程除去しまししたが、これで良いのでしょうか?

ハンダがほとんど取れていれば接点同士がつながっていないことになります。接点間にはんだがなくなって2つの接点が見えていれば除去されたことのなります。

> 吸い取り器 吸い取り線とはどんなモノでしょうか?

半田ごてで溶かしたハンダを吸い取るものです。下記URLをご覧ください。
http://www.hakko.com/japan/products/hakko_sppon.html
http://www.hakko.com/japan/products/hakko_wick.html

> そもそも、溶かしてつなげるのか、溶かして離すのかどちらの作業なか、私は理解していません。

溶かして離します。接続しているハンダを取り除き、接点間の電気的接続を切り離します。

> ハンダを除去し、ショートをオープンする…と云う意味が判り難いのですが

ショートとはハンダで接点をつないでいる状態です。ハンダが配線の役割をしています。オープンとはそのハンダを取り除いて接点同士がつながっていない状態です。ニッパーで配線を切断することと同じことです。

> 私は小さいハンダゴテで、熱して引っ付けてハンダを八割程除去しまししたが、これで良いのでしょうか?

ハンダがほとんど取れていれば接点同士がつながっていないことになります。接点間にはんだがなくなって2つの接点...続きを読む

QCDプレーヤー 雑音が入る 分解してどこを修理すれば?

現在、CDプレーヤー→アンプ
を通して聞いています。
しかしCDを聞くと雑音が入ります。
PC→アンプ
とやったら全く雑音が入りません。ラジオも同様(問題ない)です。
っていうことなので、CDプレーヤーが悪いですよね?
20年前くらいのパイオニアのです。
それで分解して壊れてもいいのでどこを磨いたり、どこをどうやって修理したらいいか教えてください。
具体的に説明を下さい宜しくお願いいたします。
修理は得意です。大丈夫です。
ご回答お願いいたします。

Aベストアンサー

自分は自分の経験から書いています。
想像などではありません。

以前ピックアップの弱っていると思われるCDプレーヤーで
CD-Rを再生させたとき、確かに雑音が入りました。
このケースではピックアップの近くについている半固定ボリュームを
わずかに動かすことで解決できました。

こちらのサイトの方の場合は、レンズのずれにより雑音が入っていたようです。
http://mkk.s20.xrea.com/fh.htm
ですので、まったく雑音が入らないなどということは無いと思います。
確かにCDはデジタルではありますが、読み取りエラーが多くなり、
その部分のデータの補完が出来ないほどにもなれば
雑音が入ってもおかしくは無いと思います。

CD再生時に雑音が入ることについては、このサイトでもいくつか質問があります。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=521690
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=500227
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=864442

これらの質問からもピックアップユニットの劣化、CD-Rの品質の問題などで
読み取りエラーが増加したことにより雑音が出ていると考えられます。

ちなみに、このページによれば音楽CDはリアルタイムで読み込みを行い、
リトライなどは無いそうです。
http://e-words.jp/w/E8AAA4E3828AE8A882E6ADA3.html

自分は自分の経験から書いています。
想像などではありません。

以前ピックアップの弱っていると思われるCDプレーヤーで
CD-Rを再生させたとき、確かに雑音が入りました。
このケースではピックアップの近くについている半固定ボリュームを
わずかに動かすことで解決できました。

こちらのサイトの方の場合は、レンズのずれにより雑音が入っていたようです。
http://mkk.s20.xrea.com/fh.htm
ですので、まったく雑音が入らないなどということは無いと思います。
確かにCDはデジタルではありますが、...続きを読む

Q一番よく効くDVDレンズクリーナーを教えてください

パナソニックのディーガを使用していますが、今まで使用できていたDVD-R(新品)がまったく認識できなくなりました。(ディスクを確認してください、とエラー表示が出ます。)
おそらくピックアップの不良(汚れ?)だと思うのでショップに持って行こうとは思っているのですが、仕事の関係で定期的にタイマー録画をしているので何日も預けられません。
そこでとりあえずレンズクリーニングで回避できないかと手持ちのクリーナーを何度も試しているのですがまったく改善されません。
そこで一番よく効くレンズクリーナーをご存知の方、是非ご教授お願いします。

Aベストアンサー

「NO,3」です。

●機械は、DVDレコーダーのみならず、
TVでも、車でも、スペースシャトルでも…何でも、
故障する方向に向かっています。

「半永久的」に使うことができる「機械」
世の中に存在しますか?
------------------------------------------
●DVDレンズクリーナーは、
ディスク上に「ブラシ」が「生えている」だけです。

ドライブのレンズ上の「埃」を「ブラシ」で落とすだけです。

専門家は「中身」を開けて「直接」レンズを磨きます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
レンズ上の「埃」は、どこから入るのかは、
、ディスクについた「埃」が、飛ばされるケースが
ほとんどです。

★レンズクリーナーは、レンズに無理な力がかかりますので、
何度も連続しての使用は、お勧めできません。
(使用上の注意を見てください)

以上

Qカーオーディオ(CD)の修理を自分でする方法について

こんにちは。

半年程前に中古で購入したTOYOTAのカムリ・リミテッドエディション(2005)に乗っています。どんなCDでも通常通り聴けていたのですが、最近、徐々に徐々に、CDによっては途中で音楽が進まなくなったり、再生できずにCDが出て来てしまうようになり、先日、ついにどんなCDもすぐに出てきてしまい、聞けなくなってしまいました。

お金を少しでも節約したくて、自分で直したいのですが、どなたかカーオーディオについてお詳しい方、自分で直せる方法をご存知の方、教えていただけないでしょうか。

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

喫煙される方でしたら、まず考えられるのはピックアップレンズの汚れですので、市販のレンズクリーナ(湿式タイプ)を使ってみましょう
可能であればバラしてレンズを直接アルコールを付けた綿棒で拭くのが一番です

コレで直らなければ、純正ならオークション等で安値で取引されていますので、こちらを検討するのも現実的な対応かもしれません

ちなみに私は先日同じくCDが壊れましたが、バラしてみたらレンズではなくドライブモーターだったため、おとなしく買い換えました(汗

Q高すぎるCDプレーヤーの修理料金

 ソニー製SACD対応CDプレーヤー(SCD-555ES、2000年12月に約15万円で購入)の調子が悪くなり、ソニーサービスに修理を依頼しました。
 今回の不具合は、メカ系には問題なく、CD再生は正常に行えるのですが、操作系で、ウォーミングアップのため電源をしばらく入れたままにしておくと、ディスクトレー開閉ボタンが操作できず、CD再生ができない。CD再生中、20分ほど経過すると、時間表示が止まり(再生は正常に継続)一切の操作ができなくなる。いずれも、電源を一旦切って再投入すると、操作可能になるというものです。
 私は、メカ系の故障でないから、修理代金もそうかからず、1~2万円くらいで済むと思っていました。
 ところが、昨日ソニーサービスより修理代金見積もりについて電話があり、ICチップ交換で、なんと3万3千円もかかるとのことでした。
 現在使用していた機器の、前に使用していた、やはりソニー製のCDは、心臓部といえるレーザーピックアップを交換しましたが、修理代金は2万円以下で済みました。
 他にも、MDデッキのMDデバイス交換、ビデオデッキのヘッドシリンダ交換など、いずれも2万円以下か、2万円をやや越えるくらいで、それに比較すれば、今回のCDの修理代金は、ICチップ交換だけで3万円以上もかかるとは、どう考えても高すぎます。
 CDプレーヤーの修理代金というものは、こんなにかかるものなのでしょうか、また、それでも修理なさったのか否か、同じような経験をされた方、よろしくお願いします。

 ソニー製SACD対応CDプレーヤー(SCD-555ES、2000年12月に約15万円で購入)の調子が悪くなり、ソニーサービスに修理を依頼しました。
 今回の不具合は、メカ系には問題なく、CD再生は正常に行えるのですが、操作系で、ウォーミングアップのため電源をしばらく入れたままにしておくと、ディスクトレー開閉ボタンが操作できず、CD再生ができない。CD再生中、20分ほど経過すると、時間表示が止まり(再生は正常に継続)一切の操作ができなくなる。いずれも、電源を一旦切って再投...続きを読む

Aベストアンサー

私がDATデッキDTC-2000ESを修理した際は、7万円程かかりました。
それはさておき、又聞きで申し訳ありませんが、サポート組織変更などによって修理代金が高くなっているそうです。
修理は部品代よりも人件費の比重が高いので、サポートで採算をとるためには、コスト的にもシビアにならざるを得ないようです。
SCD-555ESは発売当時税別18万円の高価な機械なので、修理代も高めなのかもしれませんね。
参考までにどうぞ。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング