ちくのう症(蓄膿症)は「菌」が原因!?

少し前のNHKの歴史の選択(その時歴史が動いたのスペシャル版)の川中島合戦でやっていましたが
武田信玄軍は鉄砲を少数ながらも配備していたとやっていました
息子の勝頼は長篠合戦で織田信長の鉄砲隊に騎馬隊をやられていますよね
槍騎馬隊だけでなく鉄砲騎馬隊にすれば対等ぐらいには戦えたのではないですか?
小田軍の足軽で鉄砲三段撃ちも良いかもしれませんが、武田軍の騎馬で鉄砲三段撃ちのほうが強いのでは?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

失礼ながら、質問者様の歴史認識はさまざまな点で間違っています。



「息子の勝頼は長篠合戦で織田信長の鉄砲隊に騎馬隊をやられていますよね」
現在「織田軍の鉄砲三段撃ちに、武田騎馬隊が粉砕された」ことは否定されています。

理由1) 現地に行ってみると分かるが、戦場は両軍で3万以上の兵が入ったら身動きもできないような狭くて起伏のある地形。
こんな所で、騎馬隊が突撃できるわけがない。

理由2) 織田軍の鉄砲が3千丁あったとする根拠は、信憑性が乏しいとされる史料。おまけに、最初は「千丁」とあったのを、後に「三千丁」と直した形跡がある。織田軍の規模からして、千丁の鉄砲を持っていたというのはおかしな話ではない。

理由3) 現地の狭隘な地形で、伝えられるように織田軍が野戦築城して三段撃ちで武田軍を迎撃したとする。火縄銃は周囲に一定の間隔がないと使えないが、その一定の間隔を確保できないので、鉄砲足軽同士が接触し、ある兵の銃の火縄が他の兵の火薬に触れて暴発するなどして迎撃するどころではない。よって、そのような戦法はありえない。

理由4) 「織田軍が鉄砲の三段撃ちで武田軍を撃退した」という話そのものが、合戦後かなり年数を経て出た「軍記もの」を出典とするもの。明治時代になって、日本陸軍の参謀本部が「長篠の合戦は織田軍が鉄砲の三段撃ちで武田騎馬隊を撃破した」と「認定」したため、つい最近まで定説になっていたもの。

他にもいろいろ根拠がありますが省きます。要するに「織田軍が鉄砲の三段撃ちで武田軍を撃退した」と言う話は「軍記ものにそう書いてあり、日本陸軍参謀本部が事実と認定した(史料を詳細に検討した形跡なし)」だけの話です。具体的な証拠は何もなく、探せば否定する根拠ばかりが出てきます。

鉄砲隊と騎馬軍団 真説・長篠合戦
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=31127305

が手軽に読める本で分かりやすく書いてありますから推薦します。

火縄銃は、重い上に次発装填に時間を要し、野戦で攻撃に使うには不適です。さらに、火縄銃自体も火薬も弾丸も高価なものです。

それでも、長篠の合戦の前に武田軍が長篠城を落城寸前まで追い詰めた際は、No1さんが言われるように「それでも長篠城攻撃で武田鉄砲衆は活躍し、合戦後に家康が検分した際の記録では、壁土が落とされて穴だらけ、散々に撃ち抜かれた戸板は障子のようだったとか」と、「城攻めの武器」としては十分な数を揃えて活用していたようです。

ただし、鉄砲の産地である国友や堺を支配し、かつ硝石(火薬材料)や鉛(弾丸材料)を自ら南蛮貿易で有利に輸入できる織田軍の方が、武田軍よりずっと鉄砲装備に有利だったのは確かでしょう。

火縄銃は、
「野戦の際に、敵が接近するのを防ぐ、あるいは敵の先鋒を撃ち殺して勢いを殺ぐ」
「城や陣地の中に鉄砲足軽を配置し、攻めて来る敵兵を狙い打つ。高い所に陣地を築き、坂を登って来る、あるいは堀に阻まれた敵兵を狙い撃つとさらに効果的。大坂冬の陣は、『城にこもった大坂方が、攻めて来る徳川方を鉄砲で撃つ』戦いで、徳川方は何もできない状況でした。」
「武田軍がやったように、集中射撃で城壁を崩し、突破口を作る。当時の日本には大砲がなかったので、大砲の代用」
「敵の側面に鉄砲隊を潜ませ(または進出させ)、合戦の最中に横の近距離から銃撃する。伏兵としての使用。関ヶ原の合戦で黒田長政隊が石田三成隊にこれをやっている」
というように使うものでした。
    • good
    • 12

長篠の戦において、織田軍の鉄砲の三段撃ちが言われていますが、あれはフィクションであり、事実を正確に伝えておりません。


織田軍の鉄砲が3千丁あっても、三段にすると、正面は千丁の鉄砲になります。
長篠の戦いでは、1.5Kmにわたって戦線が作られていますから、織田軍の鉄砲の間隔は1.5mになります。
弾の装填時間が1分程度ですから、三段の鉄砲陣からは、平均して20秒間隔での発射となります。
鉄砲の有効射程距離が100m程度である事を考えますと、武装した兵士でも100mを20秒~30秒で走ると思われますから、致命的な打撃を与える事は不可能になります。
騎馬であれば、10秒程度で突っ切れるのですから、鉄砲自体が脅威となる事はありません。

当時の武田軍は、退路を絶たれた状況にあり、しかも正面には3倍の兵力の織田・徳川連合軍がいました。
この状況で、武田軍は撤退することができず、唯一残された道が、織田・徳川軍に突撃し、撃破する事だけでした。
3倍の敵との交戦をランチェスターの第一法則で計算しますと、9:1の戦力差となり、武田軍の敗北は決定的です。
つまり、武田軍は、鉄砲に敗れたのではなく、兵力差により敗れたのです。

もし武田軍に無限の数の鉄砲があったとしても、鉄砲は攻撃には全く役立ちませんから、3倍の敵の中で自滅するだけです。

また、鉄砲騎馬隊は、当時の先込銃で騎乗のままでは弾の装填が全く不可能で、一発撃ったら引き返す事になりますし、騎乗の人は、的も大きくなるため死者続出で、やはり武田軍は壊滅します。

当時の銃は、防御にしか使えないため、攻撃の主力は、槍になります。
また野戦での防御の主力も槍であり、鉄砲は、防御陣地からの迎撃にしか使えませんでした。

戦場で銃が主力となるのは、マスケット銃の発明とバイヨネットの発明以後になります。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございます
当時の銃は防御専用だったのですね。

お礼日時:2007/04/15 14:58

長篠合戦で武田軍が鉄砲に敗れたと言うのは江戸時代に流布された俗説に過ぎません。


ましてや三段撃ちは現代では完全に否定されています。
実際には長篠の合戦時、織田、徳川連合軍約4万人にも登り、1万5千人の武田軍の2倍以上の兵力を有しており、普通に戦えばまず負けることのない戦いでした。
ただそれにも関わらず緒戦で織田・徳川連合軍は大敗を喫した可能性が高いのです。
「信長公記」にて5月17日の記録で進出していた地点から5月20日の時点では大きく後退していることが明白なのに、5月18日にはその件に関する記載がありません。またこの日に戦闘があったことは信長が細川藤孝に当てた書簡に記載があります。
つまり大敗北を喫して大幅に後退したが、それは故意に書かなかったと推測出来ます。
そしてここで武田勝頼は勝利を確信した書状を家臣に送っています。
この理由はこれまでの長らくの戦いで、織田軍は常に武田軍の精鋭と直接対決することを避け、そのような事態を招く前に撤退していたからであり、勝頼としては敵の撤退時を追撃し、しんがりを勤めるであろう徳川軍を撃破する腹積もりであったと思われます。
ところがこの時、織田・徳川軍は酒井忠次率いる部隊の迂回攻撃により長篠城の包囲網を崩壊させることに成功。
このため、武田軍主力はよりにもよって敵の主力と対峙している状況において背後を脅かされると言う最悪の事態を招いてしまったわけです。
そしてここで勝頼が何らかの決断を下す前に織田・徳川連合軍は攻勢を開始し、武田軍とはかなりの激戦となりました。
そしてここで酒井隊が背後から挟撃をしかけ、この時勝頼は穴山信君に別働隊を任せて迎撃に向かわせたのですが、これが前線で戦っていた武田軍には「味方の敗走」と映ってしまい、前線部隊が総崩れとなってしまうのです。
この後の追撃で武田軍はその精鋭の大半を失い、その後は大きく質を落とす事となります。
勿論、信長は多数の鉄砲をかき集めており、それが大きな働きをしたのは事実ですが、決定要因で無いのは明らかです。
要するに長篠における武田家の敗因は、織田軍はそれまでとは異なり「どれだけ犠牲を出しても武田軍主力を撃破出来ればよい」という覚悟で戦えたのに対し、その変化を認識出来なかった事にあると言えるでしょう。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます
味方の勘違いで総崩れとはなんとも皮肉なことですね。

お礼日時:2007/04/15 15:00

 鉄砲を戦いの武器として、大量に使用するためには、火薬の安定的供給源が必要です。



 当時の黒色火薬の主要原料のうち、硝石についてはほとんどが輸入に頼っていて、鉄砲を大規模に使用するには、外国との交易ルートを確保していなければなりません。

 織田信長は、中央進出するとすぐさま「境」という当時最大の貿易港を押さえましたが、内陸の武田領は長年外国との交易拠点がなく、今川家を滅ぼしてやっと念願の海への出口を得たものの、織田・徳川に対して制海権を主張できるほどのものではありませんでした。

 また、軍需物資の購入についても、常備軍(専業戦闘軍)主体の織田軍は、織田家が一括購入する形が主となっていましたが、農民軍(帰属する中小領主が領地の農民を兵士として軍を編成し戦闘に参加する)を主力とする武田軍は、軍需物資の調達も部下の領主がそれぞれ調達することも多く見られました。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます
確かに信長のほうが物資面では有利ですね。

お礼日時:2007/04/15 14:57

武田軍(と言うより、織田軍以外)は「鉄砲なんか使い物にならん」と思っていたから。



なぜなら、鉄砲は
1.火縄を火蓋から外して引き金を起こす
2.筒を立てて、筒先から火薬袋の火薬を仕込む
3.筒先から弾を込める
4.筒先から中の弾を棒で突ついて火薬を押し詰める
5.火縄を引き金に戻す
6.狙って引き金を引く
7.1に戻る
と言う、とても時間のかかる事をしないと、次が撃てません。

これでは、一発撃って次を撃つ準備をしている間に、敵の騎兵に突っ込まれて鉄砲隊がやられてしまいます。弾込めの最中は無防備ですから。

織田が三段撃ちを考案するまでは、鉄砲隊は「一発撃ったらすぐに逃げて場所を変え、安全な場所で弾込めしから、また撃つ」と言う、あまり戦力にならない兵力でした。しかも、撃ってからすぐに逃げても騎馬のスピードには勝てません。すぐに追い付かれて弾込めも出来ずに、騎馬兵の槍の餌食になってしまいます。

つまり「鉄砲隊が相手なら、騎馬で突っ込めば勝てる」と言う常識があったのです。ところが、織田軍は「撃ったら逃げる。次を撃つのに時間がかかる」と言う鉄砲の欠点を解消する三段撃ちを考案し、この常識をひっくり返しました。

武田軍は「敵の鉄砲隊が撃ったら、敵が弾込めしてる間にドっと騎馬で突っ込め」と思ってます。しかも、鉄砲隊を3隊に分ければ時間差でバンバン撃ち続けられるって事に気付いていません。

もし仮に、武田軍が、織田軍に間者を潜り込ませて事前に三段撃ちの事を知っていて、堺の武器商人から大量の鉄砲が買えてたら、勝敗の結果が逆転していたかも知れませんね。

この回答への補足

ありがとうございます
当時の鉄砲は猟銃や遠距離射撃でスナイパーのような利用しかできなかったのは承知の上です
鉄砲と弓矢を両方持っていくのは重いから無理なのですかね
遠距離射撃を生かして武田軍も騎馬の後方援護隊に使うとかはできなかったのですか?

補足日時:2007/02/17 15:48
    • good
    • 2

武田勝頼は鉄砲衆の拡充に努めましたが、資金不足で思うようにいかなかったらしいです。

甲斐の金山の産出量が激減した影響もあるでしょう。
それでも長篠城攻撃で武田鉄砲衆は活躍し、合戦後に家康が検分した際の記録では、壁土が落とされて穴だらけ、散々に撃ち抜かれた戸板は障子のようだったとか。
なお、鉄砲騎馬隊というものが本当に編成されたかどうか、かなり疑問です。下馬した方が当たりやすくなります。
また、鉄砲三段撃ちは完全なフィクションで、設楽原合戦(長篠の戦い)の状況では実行不能と考えます。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q長篠の戦いに負けた理由

武田軍は何故長篠の戦いで敗れたのでしょうか?
これまでは織田軍の3000丁の鉄砲の一斉射撃で馬場・山県など名だたる猛将が討ち死にして壊滅し敗れたと言うのが定説でした。
しかし最近では長篠の戦いで鉄砲の一斉射撃は無かった説が有力となっています

とすればです
いくら信玄亡き後の武田家とは言え高坂・山県・飯富・馬場などの武将が健在であり
完全に織田軍を凌駕していたはずの武田軍は一体何故負けたのでしょうか?

鉄砲がなければ騎馬隊こそが最強ではなかったのでしょうか?

Aベストアンサー

簡単に言ってしまえば戦力差です。
長篠合戦時の両軍の戦力については諸説ありますが武田軍は1万5千、これに対し織田・徳川連合軍はその2倍を大きく越える3万8千人と言われています。
これだけの戦力差があれば個々の質の差は殆ど問題になりません。

それではこの戦力差でなぜ武田軍が戦ってしまったのかですが、これについて「信長の出方を見誤った」のと「信玄以来の宿老衆と勝頼および勝頼が抜擢した若手の将との意見対立」の二つの要因があると言われています。
信長は前年までは第二次織田包囲網の最中で戦力が不足しており、武田方との大規模な戦闘は避けていたのですが、長篠の合戦時にその包囲網はほぼ崩壊しており、武田軍との決戦を行うだけの戦力を整える事が出来たのです。
しかし武田方は前年までの経験則から、織田方がこれだけの戦力を投じてくる事を想定していなかったと思われます。

戦力差を知った時点で当然、武田方でも意見対立が発生した事は間違いありません。
資料によっては宿老衆が「撤退」を唱える中、勝頼が側近の意見を入れて決戦を挑んだとするものもありますが、むしろ宿老衆も勝頼側近もそんな単純な図式ではなく、いずれも意見がまとまらない中で勝頼がやむなく決戦の断を下したと考えた方が自然でしょう。

そして決戦の最中、長篠城の包囲が破られて背後を脅かされた事を知った勝頼は撤退を決断します。
この場合、ある程度の犠牲を覚悟で一度、総攻撃をかけて敵軍の一部を切り崩し、敵軍が体勢を立て直している間に撤退するのが常識的な戦法であり、勝頼もその指示を下したでしょう。
しかし宿老衆と勝頼が意思疎通を欠いていたとしたら、この指示の意図が正確に伝わらず、宿老達が自殺的といえるほどの無謀な突撃に転じてしまったことは十分にあり得ることです。
長篠の戦いにおける武田宿老衆の多大な犠牲はこのように生じてしまったと考えられます。

簡単に言ってしまえば戦力差です。
長篠合戦時の両軍の戦力については諸説ありますが武田軍は1万5千、これに対し織田・徳川連合軍はその2倍を大きく越える3万8千人と言われています。
これだけの戦力差があれば個々の質の差は殆ど問題になりません。

それではこの戦力差でなぜ武田軍が戦ってしまったのかですが、これについて「信長の出方を見誤った」のと「信玄以来の宿老衆と勝頼および勝頼が抜擢した若手の将との意見対立」の二つの要因があると言われています。
信長は前年までは第二次織田包囲網の最中で戦...続きを読む

Q初めて鉄砲を使った戦国武将は?

戦で初めて鉄砲を取り入れた戦国武将を教えて下さい。

私は織田信長だとてっきり思い込んでいたんですが、友達は上杉謙信だとか言っています。
一番かどうかはわからんが、上杉の方が信長よりかは先だったはずだとか。
やたら自身満々な言い様でした。。

Aベストアンサー

日本初めての使用は、薩摩にあった島津家の武将、伊集院忠朗が薩摩統一戦の間に起こった「大隈加治木城攻め」で使用したのが実戦で初めてです。これが1549年(天文18年)です。
伝わったのは歴史でも有名なとおり1543年ですので、それから改良を加えて、ようやく形になりました。
1の人が言っている雑賀が行ったのは斉射ですね。信長が長篠の戦で行ったことで有名な鉄砲三段とほとんど同じ手法です。

なお、上杉家についてなのですが、これは玉薬の調合について絡んできます。当時鉄砲玉の最重要部分である火薬の調合は、種子島氏内部で秘術とされていたのですが、それを近衛前久を通じて教えてほしいと頼んだ足利将軍家、時の足利将軍義輝に種子島当主時堯は教えます。しかし、秘術であるはずのこの調合方法が上杉家に流れていたという資料が、上杉側の上杉家文書に記されているのです。
そこから上杉が最初という説がでたと考えられますね。

なお、1543年以前に鉄砲が伝来していたという説は前々からあります。武田家には火薬を使って玉を打ち出す兵器があったとも言われています。ただしこれらは資料上でのみ(おぼろげながら)確認できて、実際に存在が不明ですので、通史では扱われません。
ただし、火薬を使う兵器については倭寇がすでに明よりもたらしていたとされています。

なお、大陸で初めて火薬を使った兵器を開発したのは13世紀初頭、中国北部を領していた金国が初といわれています。

参考URL:http://www2.harimaya.com/sengoku/html/tanega_k.html

日本初めての使用は、薩摩にあった島津家の武将、伊集院忠朗が薩摩統一戦の間に起こった「大隈加治木城攻め」で使用したのが実戦で初めてです。これが1549年(天文18年)です。
伝わったのは歴史でも有名なとおり1543年ですので、それから改良を加えて、ようやく形になりました。
1の人が言っている雑賀が行ったのは斉射ですね。信長が長篠の戦で行ったことで有名な鉄砲三段とほとんど同じ手法です。

なお、上杉家についてなのですが、これは玉薬の調合について絡んできます。当時鉄砲玉の最重要部分である...続きを読む

Q長生きしてたら武田信玄は信長に勝てたと思いますか?

全国1億2千万信玄ファンの皆さん、こんにちは。

自宅で資料整理をしていたら、往年の名作「信長の野望 戦国群雄伝」のガイドブックが出て来てしまいました。仕事で忙殺されてるというのに、思わずよみふけりですよ!(嗚咽

生来の里見家フリークな私は、別に武田信玄に対して悪意を抱いているわけではないのですが。
果たして信玄が長篠の戦いまで存命であったなら、信長に勝てたのでしょうか?

どう考えても、無理ゲーと申しますか、馬で柵は突破できないだろ的な考えを抱いてしまいました。

甲斐の虎、戦国最強の呼び声も高い武田信玄のファンの皆さまからの熱いご意見をお待ちしております。
(煽っているわけではありませんので念のため。徹夜明けでテンションが高いだけです)

Aベストアンサー

 他の回答者の方々が指摘していない点について

・織田軍と武田軍の性格の違い
 織田軍は、専業兵なのに対して、武田軍の兵力の主体は農民兵です。

 織田軍は、戦闘を専業とする兵を主体としており、兵糧をはじめとする兵站部門を持っていました。
 それに対して、武田軍は騎馬が多く、他の戦国大名と比べて物資輸送能力は高かったものの、織田軍のような兵站と言うレベルの軍需物資輸送ではありませんでした。特に物資の海上輸送能力は織田軍の方が格段に高かったようです。
 これには、内陸を領地としていた武田家に対して、木曽・揖斐・長良の河川運送と伊勢湾の海上輸送に基礎を置いた津島や熱田の商業都市から始まって、琵琶湖の水運に基礎を置く近江商人の活動域、瀬戸内海運と淀川の水運に基礎を置く商業都市である堺を支配することにより、織田領では平時にも大規模な物品流通が確立しており、徳川領も織田経済圏の東の部分を形成していました。


・武田軍の戦い方について
1、三方ケ原では、武田軍は圧倒的に有利な位置に陣を構えながらも、徳川軍との戦端をなかなか開こうとは  しなかった。
  結局開戦は、午後4時ごろから始まったようだ。
2、武田軍は、有力な領主の連合体によって形成されている。
3、織田軍のような高度の兵站能力は持っていない。

 1・2・3から見て、信玄の場合、「上洛」とは、甲斐・信濃から西に向かって、有力な戦国大名を傘下に収めて領土を拡張して京に至るというやり方であるようだ。

 三方ケ原の戦いでは、信濃を領地化した時と同じように、遠江・三河を領地に編入することが第一目的であって、その結果上洛できる条件が整うなら、実行に移すという考えではなかったかと思う。

 つまり、信玄の上洛は、徳川軍が武田軍の軍門に下り、その戦力が武田軍に加わるということが条件であったのではないかと推測している。
・三方ケ原の戦いでは、両軍の対峙が長く、開戦時間が夕刻と言っても良い頃になった。
・敗戦の程度の割に、徳川軍の武将の死者が少ない。
・三方ケ原の戦いの後、浜松城に対して包囲攻城戦が行われていない。
この様な疑問に対する答えとして、信玄が家康を武田軍に組み込むことを考えていたと見ている。



 

 他の回答者の方々が指摘していない点について

・織田軍と武田軍の性格の違い
 織田軍は、専業兵なのに対して、武田軍の兵力の主体は農民兵です。

 織田軍は、戦闘を専業とする兵を主体としており、兵糧をはじめとする兵站部門を持っていました。
 それに対して、武田軍は騎馬が多く、他の戦国大名と比べて物資輸送能力は高かったものの、織田軍のような兵站と言うレベルの軍需物資輸送ではありませんでした。特に物資の海上輸送能力は織田軍の方が格段に高かったようです。
 これには、内陸を領地としてい...続きを読む

Q長篠の合戦 (織田軍の鉄砲の三段撃ち?・武田の騎馬隊は存在しなかった?)

長篠の合戦についての通説の誤りが指摘され、新しい定説が普及しつつあります。


代表的なところでは

1、信長・家康連合軍の鉄砲「3千挺」という数字は誤り。せいぜい1千。

2、織田軍の鉄砲の三段撃ちはなかった。それぞれ勝手に撃っていただけ。

3、武田軍には、いわゆる騎馬隊(モンゴル軍のような騎兵隊)は存在しない。

4、兵力も、連合軍3万8千、武田1万5千はおおげさ。せいぜい連合軍1万5千~2万5千、対、武田7千から1万。

5、合戦の性質も、野戦ではなく、織田軍が築いた土嚢の陣地を武田軍が攻めるという「城砦攻防戦」だったのではないか。


長篠の合戦に関する賛成意見・補足・反論などをお願いします。

Aベストアンサー

弾幕射撃というのは確かに効果的で世界史的にみても長城の戦いの15年後にオランダで使用されそれなりに効果があったらしいですが、但し実用化するにはまず大量の鉄砲、そして統一的な訓練が必要なわけで、オランダの例はそれらを行えるだけの資金的・時間的な余裕があったからです。

一方信長の場合は、鉄砲それ自体は早くから注目していたようで(但しこれはどの戦国大名も同じ)資金も豊富ですから数も多く所有していたようですが、当時の信長にはそちらにまわせるだけの余裕はなかったと言われており最近の定説では1000-1500挺ぐらいとされています。
実際の使われ方については、鉄砲の上手い兵士に従者を何人かつけて、撃つ人、弾込める人、火薬詰める人と役割を分けることで少しでも効率を良くしようとしていたようではありますが、これは従来から行われていた方法です。

長篠城からの援軍援軍要請が家康に、家康からの要請が信長に届いたのですが、当時畿内で忙殺されていた信長は乗り気ではなかったようです。が家康が武田と講和するとまで言い出したためにようやく重い腰をあげたと家康側の文献には載っています。であわてて駆けつけたものですから織田軍も筒井軍などの連合体であり、鉄砲もあちこちから何とかかき集めてきただけ(織田領内はこの時期軍事的に一種の空白地帯になっています)。それでさらに徳川との連合ですから、俗説的に言われていたような統制のとれた三段撃ちを行えるような準備がまずできなかったでしょう。上手い人をそれぞれの部隊から抽出して、それらに従者をまとめて付けるというような工夫ぐらいはしたかもしれませんが。
また弾・火薬も当時の価値では非常に貴重なものですから、弾幕を張るというのではなく、一撃必殺で出来るだけひきつけて使われいたようですので、そういう意味ではそれぞれ勝手に撃っていても、結果的には統制がとれていたことになるかもしれません。

でなぜそんな定説が事実として教科書にまで載るようになったかについては、元ネタは歴史書というか日記風の軍事詳報的な大田牛一の「信長公記」を元にした小瀬甫庵の歴史書というよりも小説「信長記」(江戸初期のベストセラー)に出てくる逸話で、このエピソードを明治の日本陸軍が採用したためらしいです。
※ちなみに「信長公記」では鉄砲は1000挺ですが、版によっては小さく3の字が追加されていたりして、「信長記」では完全に3000挺になっています。

なぜ陸軍が採用したかについては単に戦訓を載せる際に、具体例があった方が分かりやすいからというぐらいの単純な理由で、大事なのは史実ではなく戦訓(ex.鉄砲の前に騎馬が突撃すべきでない)ですから脚色が入っていてもかまわなかったのでしょう。

弾幕射撃というのは確かに効果的で世界史的にみても長城の戦いの15年後にオランダで使用されそれなりに効果があったらしいですが、但し実用化するにはまず大量の鉄砲、そして統一的な訓練が必要なわけで、オランダの例はそれらを行えるだけの資金的・時間的な余裕があったからです。

一方信長の場合は、鉄砲それ自体は早くから注目していたようで(但しこれはどの戦国大名も同じ)資金も豊富ですから数も多く所有していたようですが、当時の信長にはそちらにまわせるだけの余裕はなかったと言われており最近の...続きを読む

Q武田勝頼体制はなぜあそこまで脆かった?

武田勝頼は人間的にも問題なく、能力は高かったとの話を聞きますが、家督をついでからは裏切りが多くて、長篠の戦い以後はさらにそれが加速して組織はがたがたでしたね。。
出生が良くなくて繰り上げ当選で家督についたということと、もともと武田は中央集権体制ができてなかったこともあるのでしょうが、それは
上杉景勝だって家督相続の時に泥沼化して、武田と同じく越後の国の豪族連合の盟主的な立場から脱してなくて同じことですよね。

なぜ他の大名家に比べて武田勝頼の元での組織は脆かったのでしょうか?

Aベストアンサー

「勝頼は信勝の陣代」という話は甲陽軍鑑にその旨書いてあるだけで、他に裏づけとなる史料はなく、学問的には否定されています。武田家の家督は信玄から勝頼に引き継がれたことが全ての一次史料で一致しております。

さて、武田家の滅亡は、天正10年(1582年)正月の末に武田領国の西端で織田領の美濃と接する地域を領する木曽義昌(武田信玄の娘婿、武田家の一門待遇)が織田家に寝返ったことで始まりました。

ところが、その前年の11月に、駿河戸倉城の松田新六郎という武将が、北条家から武田家に寝返っている史実があります。
※ 岩波新書「武田信玄と勝頼」197ページに記載。
http://www.7andy.jp/books/detail/-/accd/31863126

この松田新六郎が、武田家の滅亡後にどうなったのかは分かりませんが、1581年末の段階でも、武田勝頼の勢力はとりあえず揺るぎないもの、北条家を捨てて武田家に寝返るに足るものと認知されていたということを示します。

武田家があまりにも急速に崩壊した理由ですが、

(1) 木曽義昌、穴山信君という二人の「信玄の娘婿」が、いち早く織田・徳川に寝返ったこと。
穴山信君は、武田家の中でも有数の知行と兵力を持ち、江尻城主として駿河を預かっている立場でした。この穴山が裏切ったとなれば、徳川と北条の連合軍が駿河から甲斐へ一斉に攻め込んでくることになります。

木曽義昌の寝返りと共に、織田信忠が率いる織田主力軍が伊那方面から武田領国に侵入し、3月2日に高遠城を攻め落として諏訪付近に達しました。この段階で武田領国は甲斐と信濃の二つに分断されたことになります。後は「掃討戦」となり、勝頼とその一家は3月11日に天目山で織田信忠麾下の滝川一益の軍勢に討ち取られました。

ここまで迅速に武田家が崩壊した理由ですが
「木曽殿と穴山殿が武田家から離反した以上、武田家に織田・徳川・北条に戦う力は残されていない」
と武田麾下の諸武将が判断した結果といえます。実際その通りでした。
ただ、木曽と穴山の寝返りを受け入れた織田信長が、他の武田諸将の寝返りは受け付けず、降伏して出てきた武田諸将をことごとく処刑したのは予想外だったと思いますが。

(2) 1582年、本能寺の変がなければ、他に3つの大大名が織田家に潰されるか軍門に下ることが確実でした。

越後の上杉景勝:
武田家の滅亡後、北陸を進んで能登と越中を制した柴田勝家率いる「織田家北陸方面軍」が、本能寺の変の当日に越中魚津城を攻略し、越後に乱入する所でした。
上杉景勝は、魚津城を救援するため出陣しようとしましたが、武田家の滅亡によって織田領となった信濃の北部から、別な織田軍(森長可など)が上杉家の本拠地の春日山城を襲う恐れがあり、動くことができませんでした。
同時に、上野にいる滝川一益が、三国峠を越えて越後に攻め入る構えを見せていました。旧暦の6月、真夏ですから、冬は雪に閉ざされる三国峠も容易に通行できます。小田原の北条氏は、明確にではありませんが織田家の軍門に下った状況でしたので、一益の越後侵攻を妨げる者はいません。
本能寺の変がなければ、越後一国を領するに過ぎない上杉景勝は、恐らく武田家よりもっとアッサリと織田の大軍に三方面から押し潰されていたでしょう。

中国の毛利輝元:
本能寺の変の時、備中高松城は羽柴秀吉率いる「織田家中国方面軍」の水攻めを受けていました。
毛利輝元・小早川隆景・吉川元春が率いる毛利のほぼ全軍が救援に来ていましたが、高松城を包囲する築堤と水が障害になること、「織田家中国方面軍」と兵力が近似していたこともあり、毛利家側は手を出せない状況でした。
この状況で、信長が「毛利を倒す時が来た。畿内にいる明智光秀以下の諸将を信長自らが率いて出馬する」と決断し、その準備のため京都の本能寺に滞在している時に起きたのが本能寺の変です。
本能寺の変がなければ、信長率いる主力部隊が備中に到着するという知らせと前後して備中高松城が陥落し、毛利軍は安芸へ退き、羽柴秀吉に領国の大幅割譲を条件とする和睦を申し出たでしょう。実際、高松城の包囲戦の段階で和睦交渉が進んでいました。
この和睦は、毛利家の領国の過半を信長に譲る過酷な者であったとされています。

四国の長曾我部元親:
元親は四国全体を概ね勢力下に収めていましたが、織田家の四国遠征軍(織田信孝、丹羽長秀)が本能寺の変の時点で大坂に集結し、まさに淡路島経由で四国に渡ろうとしていました。

四国には織田方についている三好氏の勢力があり、スムーズに渡海が出来たでしょう。元親の勢力は60万石程度と見積もられますが、織田軍の前では「鎧袖一触」に潰されたはずです。

(3) 本能寺の変がなければ、歴史には
「1582年 織田信長が武田勝頼と上杉景勝と長曾我部元親を滅ぼし、毛利輝元を降伏させた」
となったはずです。

この結果、毛利家と北条家を麾下に従えた織田家の勢力は、
東は越後、上野まで
西は長門と四国全域
まで広がり「残すは奥羽と九州のみ」となったはずです。

武田家滅亡後に、織田家が3つの大大名を同時に滅亡させる(降伏させる)体制に入っていたことから分かるように、1582年の織田家の兵力は、他の大名家の数倍に上る隔絶したものでした。ちょうど、今日のアメリカ軍のようなものです。

仮に武田家の諸将が叛かずに最後まで勝頼と共に戦ったとしても勝ち目はなかったと言えましょう。

「勝頼は信勝の陣代」という話は甲陽軍鑑にその旨書いてあるだけで、他に裏づけとなる史料はなく、学問的には否定されています。武田家の家督は信玄から勝頼に引き継がれたことが全ての一次史料で一致しております。

さて、武田家の滅亡は、天正10年(1582年)正月の末に武田領国の西端で織田領の美濃と接する地域を領する木曽義昌(武田信玄の娘婿、武田家の一門待遇)が織田家に寝返ったことで始まりました。

ところが、その前年の11月に、駿河戸倉城の松田新六郎という武将が、北条家から武田家に寝返ってい...続きを読む

Q戦国時代に乗っていた馬

戦国時代に武将たちが乗っていた馬はテレビとかでみて知っている 大きなものではなく
ずっと体の小さな馬だったと聞いたことがあるのですが 本当ですか?

だとしたら 迫力なくてしょぼい気がしますが…

Aベストアンサー

毎度どうもね。

諏訪湖の辺りだったかな、場所はちょっとうろ覚えですが、あの武田家の領地から戦国時代の馬の骨が出土したそうです。かなり丁寧に埋葬されていたそうで、馬といえども大切に扱われていたことがうかがえるそうです。
その大きさは、ほぼポニーと同じ。幕末の写真を見ても平均身長150センチの時代にまたがったら足がつきそうなほどだったので本当に小さかったようですね。
また、戦国時代当時は蹄鉄がありませんでした。だから、ワラで作った沓を履かせていたようです。ゆえにあまり無茶はできません。実際問題、当時の宣教師が残したものには「ヨーロッパの騎士は戦闘になると馬に乗るが、日本の武士は戦闘になると馬から降りる」と書かれてあります。馬ってのは基本的にかなり「高級な乗り物」なんです。皮膚が弱いので衛生状態をよくして世話してやらないとすぐ皮膚病になるし、水をちゃんと飲ませてやらないと便秘になってフン詰まりで死んじゃう。はっきりいえば、人間より手間がかかるんです。

さて、その日本の馬のしょぼさが明治近代陸軍の最大の問題になります。馬が小さすぎて物資や大砲を引っ張る駄馬はもちろん、騎兵馬がどうにもならない。しかも日本の馬というのは当時去勢されてなかったそうで、優秀な軍馬を集めようと明治陸軍が馬を一堂に集めたら、牡馬が一斉に盛ってしまって収拾がつかない大混乱になったと記録に残っています。
そのため、日本の内国産馬の育成の奨励のため競馬が行われるようになりました。JRAは元々は優秀な軍馬を育てるために発足したのです。
日露戦争でも、コサック騎兵で有名なロシアの軍馬に比べると日本の馬はかなり見劣りしたそうです。そのせいか日露戦争では騎兵同士の会戦というのはほとんど行われていません。日本軍があえて回避したようです。遡って日清戦争のときは「騎兵がしょぼい」のが悩みだったようです。
なにしろ、幕末の日本馬でもポニークラスなのに、それよりやや時代が古いナポレオンの軍隊の騎兵馬ときたひにゃ体重が800キロくらい(ちなみに今のサラブレッドが500キロくらいです)、こんなに大きな馬は日本ではばんえい競馬くらいです。重さ800キロが時速40キロくらいで突っ込んでくるんですから、ほとんど軽自動車が突っ込んでくるようなもんですわ。それを肉体で受け止めるスコットランド歩兵もどうかと思います。ワーテルローのネイ将軍の突撃は、さぞや迫力があったと思いますよ。

毎度どうもね。

諏訪湖の辺りだったかな、場所はちょっとうろ覚えですが、あの武田家の領地から戦国時代の馬の骨が出土したそうです。かなり丁寧に埋葬されていたそうで、馬といえども大切に扱われていたことがうかがえるそうです。
その大きさは、ほぼポニーと同じ。幕末の写真を見ても平均身長150センチの時代にまたがったら足がつきそうなほどだったので本当に小さかったようですね。
また、戦国時代当時は蹄鉄がありませんでした。だから、ワラで作った沓を履かせていたようです。ゆえにあまり無茶はできませ...続きを読む

Q織田信長はどのようにして鉄砲を3000丁も集めたのか?

長篠の戦で信長軍は、鉄砲を3000丁集めたと言われていますが、昔の時代にどのようにしてたくさんの鉄砲を集めたのかを教えてください

Aベストアンサー

下記URLに戦国時代の鉄砲の生産能力について言及されています。
結論から言うと、3000丁の生産能力はあったようなので、
後はそれを購入する資金と、生産地とのコネクションの問題です。

参考URL:http://wwwi.netwave.or.jp/~ynoguchi/yooko/sanada1.htm

Q武田騎馬隊は存在しなかった???

「武田騎馬隊」は有名です。
武田騎馬隊というと、私は黒沢明の映画「影武者」のラストシーンで登場する武田騎馬隊を想像します。

しかし、最近、武田騎馬隊は存在しなかったという説をよく聞きます。
武田騎馬隊どころか、戦国時代には純粋な騎馬隊は存在しなかったと言われています。

調べてみたところ

1、武田軍は騎馬隊の内訳は山県昌景300騎、馬場信春500騎など、主だった武将の騎兵数を合わせても約4000騎、出来うる限り多く見積もっても約6000騎であり、武田軍1万3千人のうち半分ないし2/3は歩兵であると思われる。
従って、中国において元を建国したモンゴル軍や、一の谷の鵯越や屋島の疾駆奇襲でしられる源義経のように、騎兵のみで部隊を構成したという事実はない。
また、武田軍には騎兵の最大の特徴である「機動力」を生かした作戦が見受けられない。
つまり、武田騎馬隊は実質的には騎兵・歩兵混成部隊であると言える。

2、イエズズ会のルイス=フロイスがヨーロッパに書いた『日本覚書』によると、
「われらにおいては、馬(上)で戦う。日本人は戦わねばならぬときには馬から下りる。 われらの馬は非常に美しい。日本のはそれよりずっと劣っている。」 とあります。

3、『甲陽軍鑑』によると
「武田家の大将や役人は、一備え(千名ほど)の中に、7人か8人が馬に乗り、 残りはみな、馬を後に曳かせ、槍をとって攻撃した。(巻6品14)」 とあります。

やはり武田騎馬隊は存在しなかったのでしょうか???

「武田騎馬隊」は有名です。
武田騎馬隊というと、私は黒沢明の映画「影武者」のラストシーンで登場する武田騎馬隊を想像します。

しかし、最近、武田騎馬隊は存在しなかったという説をよく聞きます。
武田騎馬隊どころか、戦国時代には純粋な騎馬隊は存在しなかったと言われています。

調べてみたところ

1、武田軍は騎馬隊の内訳は山県昌景300騎、馬場信春500騎など、主だった武将の騎兵数を合わせても約4000騎、出来うる限り多く見積もっても約6000騎であり、武田軍1万3千人のうち半分ないし2/3は...続きを読む

Aベストアンサー

いつの時代でも馬を常備するのはかなり大変な負担です。
それにモンゴルや近代騎兵部隊のイメージから想像しがちですが、そのような騎馬隊は戦国時代存在しなかったと見るのが妥当だとおもいます。
馬は高価で相当な身分でないと常備できないし、部隊編成上その数も限られていました。

ただ武田家では乗馬歩兵として機動力を利用するシステムは存在していたのではないかと思います。
上杉氏との戦いで敵の侵攻を狼煙により伝達し動員令を待たずに直ちに北に向かい集結するシステムなどは当時の軍編成に時間がかかった事を思えば画期的だったと思います。

モンゴル兵の場合は、各人数頭の乗り換え馬を従え、馬糧の豊富な草原を移動するし、生まれたときから乗馬に鍛錬していたのと、馬上戦が得意でしたから高速で移動し攻撃できましたが都市や城塞を攻撃する場合は歩兵として戦いました。  また征服した土地の住民を歩兵として使用したのです。

騎兵の主任務は敵の側背を急襲、包囲するか敵陣を乱すものでそれにより勝利を誘引する事で、主戦力は歩兵にあります。
日本の戦国時代このような用兵は見あたりません。

日本馬は体格も貧弱で積載重量も少ないので機動戦には不向きでした。
騎兵突撃の衝撃力を期待出来ず、馬の防具も考えていませんでしたから、敵が長槍で防御陣を作れば乗馬突撃は自殺行為でした。
有名な伊達の騎馬鉄砲隊も敵前で停止、銃撃すると後退するもので突撃はしなかったのです。

いつの時代でも馬を常備するのはかなり大変な負担です。
それにモンゴルや近代騎兵部隊のイメージから想像しがちですが、そのような騎馬隊は戦国時代存在しなかったと見るのが妥当だとおもいます。
馬は高価で相当な身分でないと常備できないし、部隊編成上その数も限られていました。

ただ武田家では乗馬歩兵として機動力を利用するシステムは存在していたのではないかと思います。
上杉氏との戦いで敵の侵攻を狼煙により伝達し動員令を待たずに直ちに北に向かい集結するシステムなどは当時の軍編成に時間...続きを読む

Qイスラム教の聖地はエルサレム、メッカ?

イスラム教の聖地とはエルサレム、メッカ、どちらなのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

どっちもです。

メッカ、メディナ、エルサレムの3つの都市が、イスラム教の三大聖地とされているようです。

メッカには、「神の館」であるカーバ神殿があり、また、預言者モハメッドの生誕地でもあります。

メディナには、モハメッドの墓所に建てられたモスクがあるらしいです。

エルサレムは、モハメッドが天に登った場所だそうです。

Q武田信玄があと5年生きていたら歴史はどうなっていたでしょうか。

武田信玄があと5年生きていたら歴史はどうなっていたでしょうか。
徳川家康は三方原の戦いでなくなっていたのではないでしょうか。
信玄が天下統一をできたとは思えませんが、戦で信長には負けなかったと思っています。皆さんどう思われますか?

Aベストアンサー

歴史は変わっていたと思います。
1572年10月、武田軍上洛開始。
1572年12月、三方が原の戦いで、武田軍が徳川軍に勝利。
1573年2月、足利義昭は信長に対し挙兵。
1573年4月、3年間死を公にするな、との遺言を残し武田信玄死亡。

この時、足利義昭は二条御所の周囲に堀をめぐらし城構えの上、持久戦に入っている。
義昭とすれば、信玄が上洛するまでの間、守りぬくだけでよかった。
そのため、信長の講和の申し入れも受け入れなかった。
信玄死亡の報が義昭に届いていれば、義昭は講和を受け入れていたと思います。
1573年4月、義昭が信長に降伏。
1573年7月、信長が義昭を追放。室町幕府滅亡。
まして、信玄がこの時重病(死亡)に陥り、武田軍が引き返すことがなければ、信長は一旦戻った岐阜城から再度上京し義昭と対峙することなく、武田軍と戦うことになる。
そうなれば信長は逆に篭城し、兵農分離されていない武田軍が一旦兵を引くのを待つか、あるいは打って出、武田軍、義昭をはじめとする信長包囲網の挟み撃ちにあい敗れる、または和平交渉した可能性が高い。

信玄があと5年生きていれば、
(1):徳川家が史実のような形で存続できた可能性は低い。
(2):武田家の世代交代も違う形になっている。
(3):1582年3月織田・徳川・北条連合軍の侵攻により、武田家は滅亡したが、(1)(2)であれば、違う形になっている。
(4):(3)の武田家の滅亡がなければ、1582年6月本能寺の変もない。

歴史は変わっていたと思います。
1572年10月、武田軍上洛開始。
1572年12月、三方が原の戦いで、武田軍が徳川軍に勝利。
1573年2月、足利義昭は信長に対し挙兵。
1573年4月、3年間死を公にするな、との遺言を残し武田信玄死亡。

この時、足利義昭は二条御所の周囲に堀をめぐらし城構えの上、持久戦に入っている。
義昭とすれば、信玄が上洛するまでの間、守りぬくだけでよかった。
そのため、信長の講和の申し入れも受け入れなかった。
信玄死亡の報が義昭に届いていれば、義昭は講和を受け入れていたと...続きを読む


人気Q&Aランキング