ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

高さが20m以上の建物に避雷設備が必要になりますが、今回、建物自体は15m程度なのですが、煙突部分のみ20mを超えてしまいます。
ここで教えていただきたいのですが、ここで必要な避雷針は煙突のみでよいのでしょうか。(煙突のみであれば、煙突に避雷針をつければ十分保護できる。)この法の解釈として、建物の20mを超えた部分のみ保護すればよいのか、1つの建物と考えて15mの建物部分も保護するのか、根拠も含めて教えてください。。。

A 回答 (4件)

http://home.catv.ne.jp/dd/ymnk/MAME/m06.pdf
http://home.catv.ne.jp/dd/ymnk/s-mame.htm

上記URLを解釈すれば、20mを超える部分のみ避雷針で保護すればよいと読める。
    • good
    • 0

質問に対する答えにはなっていないでしょうが、建物が15mとすれば避雷針の保護範囲に収まってしまうのではないでしょうか。


http://www.sankosha.co.jp/technical/kaminari/hog …

なお、避雷針の機能についてですが、雷は避雷針を避けて落ちるものではなく、雷の電荷を中和するように働くか、もしくは雷を誘導する(避雷針に落雷する)ものです。
    • good
    • 0

建築基準法は最低限のルールであり、建物の用途によっては、それ以上の設備を用意する必要があります。



危険物を扱う工場や、重要文化財などは避雷設備が充実しております。
また落雷の多い地域など・・・
考慮する事が沢山あります。
    • good
    • 0

法はともかく、雷は避雷針を避けて落ちたりするそうです・・・

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q三相200Vを単相200Vで使用したい

三相200V電源を単相200V電源として使用したいのですが。
三相200Vの場合,R(赤)S(白)T(黒)の3線が電源として配線されておりますが,単相200Vととして使用する場合,R-S,R-T,S-Tのいづれを取っても良いのでしょうか。

以前にいづれかがアースに落ちている場合があると聞いたことがあり,この辺が不明なのですが。

Aベストアンサー

いくつか逆質問になります。

【1】 単相200Vの負荷は何でしょうか。
(a) 電熱器・電気炉、溶接機など。
(b) 蛍光灯・水銀灯、エアコンなど。

(a) のグループでしたら、三相電源に単相負荷をかけることは一般的に認められます。
(b) のグループは、単相三線式の電源で使用することが基本であり、三相電源からの使用は認められません。

【2】 前項の(a)であるとして、単相負荷の容量はどのくらいですか。また、三つに分割できますか。

【3】 三相電源の接地形態はお分かりですか。
(a) 動力専用バンクの三角 (またはV) 結線で一線接地。たぶん S線が接地されている。
(b) 灯動兼用バンクの V結線で、中性点接地。たぶん S線とT銭の中間で接地されている。

(a) のケースで単相負荷を取り出すには、三つに分割できる場合は、各相に均等になるように。(b) のケースでは、電灯と共用されている変圧器の容量が大きいので、中性点が接地されている相につなぐ。

【4】 電力会社との契約種別。
(a) 低圧。
(b) 高圧または特別高圧。

(a) の場合は電力会社の、(b) の場合は主任技術者の指示を仰ぐことが必要です。

いくつか逆質問になります。

【1】 単相200Vの負荷は何でしょうか。
(a) 電熱器・電気炉、溶接機など。
(b) 蛍光灯・水銀灯、エアコンなど。

(a) のグループでしたら、三相電源に単相負荷をかけることは一般的に認められます。
(b) のグループは、単相三線式の電源で使用することが基本であり、三相電源からの使用は認められません。

【2】 前項の(a)であるとして、単相負荷の容量はどのくらいですか。また、三つに分割できますか。

【3】 三相電源の接地形態はお分かりですか。
(a) 動力専用バ...続きを読む

Qブレーカー容量のだしかた

ブレーカーの定格電流のだしかたを教えていただきたいのですが?
単相100/200Vのときと、三相200Vのときです。
例えば20Kwのときはどうすればいいのでしょうか?のように例えを入れてくだされば幸いです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>12000/(200/1.732)=34.64Aでいいのでしょうか?このような場合ブレーカー容量は40Aでいいのでしょうか…

ブレーカー容量は電線の太さで決まり、電線の太さは許容電流と電圧降下で決まります。
許容される電圧降下を1%とすれば、電線こう長12mまでVVケーブル8mm2でよく、ブレーカーは40Aです。
電線こう長が12mを超え21mまでなら14mm2で50A、21mを超え33mまでなら22mm2で75Aとなります。
電圧降下が2%とか3%とかまで許されるなら、電線こう長はそれぞれ2倍、3倍となります。

Q避雷針は21m超の建物に必要だそうですが、その根拠は?

避雷針は、20m超の建物に必要だそうです。

この「20m」という数字、何が根拠になっているのでしょうか。

ご存知の方がいらっしゃいましたらお教えください<m(__)m>

Aベストアンサー

#1の方のお礼の中の補足について
かなり昔に聞いた事で記憶が曖昧なのですが・・・
この規定が制定される前に、過去の落雷被害の統計から決められたと聞いています。
一応の避雷針設置高さの目安です。

では貴方に問題を・・・
次のうちどちらに落雷する可能性が高いのは?
1.高さ31mを超える高層建物群の間に建つ高さ21mの建物
2.広い畑の真ん中に建つ高さ18mの建物

なぜ私が貴方にこの問題を出したのか?
周囲の状況によっては、この法律に拘らず、20m以下の建物でも安全上、避雷針を設置することがあります。

ちなみに私の問題の正解は、2.です。
雷は、ドッド~ンと間違いなく落ちます。
1.の場合は、他の高層の建物の避雷針保護角の傘のお蔭で落ちにくくなります。
一応 ご参考まで

QRS485通信で使用するケーブルについて

とある計器からRS485経由で一方的に流れてくるデータをパソコンに収録したいのですが、よくわからず困っております。
計器からの出力端子はD-sub9pinです。
パソコンへ接続するには計器からRS485接続で変換機⇒USBかRS232C経由でパソコンへ接続を考えています。RS485通信対応のケーブルを買いたいのですがどういった物が使えるのかわかりません。
無知な私にどなたかご教授お願いします。

(1)計器から変換機に接続する際にRS-232C用のケーブルを使用することはできますか?
(2)専門書等では『RS485通信で使用するケーブルはツイストペアケーブルを使用し,終端抵抗を設ける』といった記述がありますが,一般的に使用されているRS-485通信対応のケーブルはどういった物がありますか?

お願いします。(_ _)

Aベストアンサー

 ふつうの多芯ケーブルが使えます。単芯3本でも問題ないです。+D、-DのほかにシグナルGNDの接続が必要です。19200bpsで1000mぐらいでは問題おきません。

 本当にRS485ならば問題は抵抗です。本来の意味の終端抵抗は+Dと-Dの間に入れてインピーダンス整合を図りますが、RS485ではバス形式でオープンになるタイミングがあるため、この間をゴミデータと認識させないためにプルアップ抵抗、プルダウン抵抗を入れる必要がある場合があります。これが無くても問題なく動くと言うプログラムもありえますのでメーカーに確認してください。DNGはコネクタに出ていますがプルアップ用の+5Vがコネクタに出ているかどうかは分かりませんよね。

 RS485のコネクタは共通の規格というものは無いので個々の機器の仕様書で確認して接続する必要があります。

Q接地極間の距離

今 既設コンポールにA種の接地線と 多分 避雷器用?の接地が立ち上がってます。

このコンポールに盤を設置したく、コンポール付近に D種の接地を個別に

打設(接地棒)でしたいのですが、既設 A種及び避雷器用の接地極からの離れに規則は

あるのでしょうか? また コンポールからの離れの規則はあるのでしょうか?

ご指導ご鞭撻のほどお願い申し上げます。

Aベストアンサー

接地極敷設条件を箇条書きすると、下記になります。
A種、B種接地工事
・金属体との、1mの水平離隔又は、0.3mの垂直離隔が必要。
・埋設深さは0.75m以上。
・接地線保護は、地下0.75~地上2mの間に合成樹脂管を施設。

C種、D種接地工事
・重要点は特になし。

つまり、C種D種の接地工事については、厳しい規程がありません。
接地抵抗値が適正で、電線保護が出来ていれば良いのです。
接地極を、コン柱より離す必要もありませんし、A種接地極と離す必要も無いわけです。
ただ内線規程では、避雷針用の接地線とその他の接地線は、2m以上離隔する必要があるとしているので、避雷器の雷サージ対策のA種接地極とは、少し離した方が良いと思います。
もう一つ、公共工事では電気通信設備共通仕様書で、C種D種も、A種B種と同様に敷設するとありますので、上記規程に合わせる必要があります。

ちなみに、接地極相互の距離に対しての条文はありません。
金属体とは、地中に埋まっている金属体が、地上にも露出しているものを指しており、接地極のような地中に埋まっているだけものに対してではありません。
つまり、高圧の地絡による電位上昇や電流が、金属体を伝って人体に影響を与えないよう求めた条文なのです。
埋設深さや、接地線保護の条文も、同様の観点で規定されています。

接地極敷設条件を箇条書きすると、下記になります。
A種、B種接地工事
・金属体との、1mの水平離隔又は、0.3mの垂直離隔が必要。
・埋設深さは0.75m以上。
・接地線保護は、地下0.75~地上2mの間に合成樹脂管を施設。

C種、D種接地工事
・重要点は特になし。

つまり、C種D種の接地工事については、厳しい規程がありません。
接地抵抗値が適正で、電線保護が出来ていれば良いのです。
接地極を、コン柱より離す必要もありませんし、A種接地極と離す必要も無いわけです。
ただ内線規程では、...続きを読む


人気Q&Aランキング