人気雑誌が読み放題♪

最近、刀を使う武術に興味を持ちました。調べてみると居合道・剣術といった言葉が出てきたんですが、そこでいくつか質問があります。

●居合道と剣術に違いはありますか。
●日本刀を使う武術は他にもあるのでしょうか。
●日本刀は、やっぱり男性が扱うものという感じがします。私は、20代の女ですが若い女性もできるのでしょうか。(実際にやっている人はおられますか。)女性がやってもおかしくないですか?
●いきなり本物の刀(真剣?)を使うのですか?怖くないですか?もしも、そこに気が狂った人がいればかなり危ないと思うんですが・・・(まぁ、そんな話はあまり聞かないのでありえないかもしれませんが・・・しょうもない質問ですみません)

どうぞよろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

居合経験者です。


自分の流派をベースに回答させてもらいます。
間違いもあるかと思いますが、軽く読み流していただければ幸いです。

●居合道と剣術に違いはありますか。
居合も剣術も多数の流派がありますので、流派それぞれの違いがありますが。
居合は相手を想定して刀を抜きます。一人です。
剣術は組太刀をする所もあります。1人~多数です。

●日本刀を使う武術は他にもあるのでしょうか。
合気道で演武の時に使う事もありますよ。(大抵は木刀ですが。)

●日本刀は、やっぱり男性が扱うものという感じがします。私は、20代の女ですが若い女性もできるのでしょうか。
(実際にやっている人はおられますか。)
女性がやってもおかしくないですか?

全くおかしくないです。
女性で居合をされている方はたくさんいますよ。
(もちろん比率で言うと、男性が多いですが、そこまで気にする事ではありません)
個人的意見を言わせて貰うと、大歓迎です。
演武の時も男性とは違った太刀筋や体捌きの美しさがありますので。
居合は人体の構造上、女性の方が柔らかいので上達も早いと聞いた事があります。
(逆を言えば、悪い癖も付きやすいので注意!)

●いきなり本物の刀(真剣?)を使うのですか?怖くないですか?
個人の自由です。
まずは刃引きした刀(模擬刀=居合刀)をオススメします。
お金の問題と手入れの事を考えれば、いきなり真剣は問題ありです。

刀に対する畏敬の念を覚える意味では、いきなり真剣もありでしょう。
自分も先生にお借りして真剣を使ったことがありますが、正直、かなり恐怖を覚えました。
(居合刀よりもはるかに使いやすかった。無銘でしたが、いい刀だったと思います)
真剣は冗談抜きで本当に危ないです。気を抜くと大怪我をします。

余談(真剣は危ない?):とある刀剣展で村正を見た時、かなりやばかったです。
(あの刃紋を見てると、何だかフッと堕ちそうな感覚がきたんですよ。まさに「妖刀?!」(;゜Д゜))
思い込みといえばそれまでですが。(笑)

(ちなみに居合5段以上は真剣必須です)
乱文失礼しました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。とても参考になりました!
女性でも大丈夫なんですね。よかったです。
近くに居合道の道場があるので、真剣に考えてみようと思います。

お礼日時:2007/02/21 12:24

説明不足でしょうか。

気になる点がありましたら、具体的に仰ってみて下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すみません。先ほどお礼いたしました。
回答受信メールを見落としていて、返信が大変遅くなってしまいました。申し訳ありません。

お礼日時:2007/03/05 17:39

●居合道と剣術に違いはありますか。


居合道と剣術の違いとして、まだ挙げられていない点をいうと、居合道自体は本科ではないということでしょう。居合道と、伝統的な居合は同一視されることが多いようですが、経験して、別物であると確信しました。居合には様々な異称があり、抜刀術と書いて「いあい」と読む場合もあります。抜刀術という名称は珍しいものだった (抜かないことは礼儀であり、美徳でもあった為か) ようですが、試斬が発展したものに、試斬道があり、居合・居合道が合わさったものは抜刀術・抜刀道といった名称を使う事が多いようです。刀が鞘に居る「居合」と、刀を鞘から出す「抜刀術」では、やはり、その武道の性格も違ってくるでしょうね。
●日本刀を使う武術は他にもあるのでしょうか。
野太刀、太刀、大刀、小太刀、脇差、小刀・懐剣。の各科目と、各科目に付随する居合。そして二刀剣術、逆二刀、変形二刀剣。あとはぎりぎりの範囲で長巻 (柄の長い刀です。野太刀に似ているのですが、柄の形状が若干異なります) 、一部の手裏剣術が含まれるかどうか、それくらいだと思います。
●日本刀は、やっぱり男性が扱うものという感じがします。私は、20代の女ですが若い女性もできるのでしょうか。(実際にやっている人はおられますか。)女性がやってもおかしくないですか?

少し短めの刀なら、軽くて使いやすいと思います。非現実的な軽さの刀では、意味が無いように思いますが。
若い女性なら、やっている方は多いように思います。体力のある年齢で始めるのですから、全くおかしくありません。
●いきなり本物の刀(真剣?)を使うのですか?怖くないですか?もしも、そこに気が狂った人がいればかなり危ないと思うんですが・・・(まぁ、そんな話はあまり聞かないのでありえないかもしれませんが・・・しょうもない質問ですみません)

始めは木刀か、修練用の模擬刀からだと思います。刃引きの刀を使う事も考えられますが、まあ刃は付いていないので。
狂った人がいる状態で稽古を始める事は考えにくいので、ちゃんとした指導者がついていれば大丈夫だと思います。
ちなみに、木刀の殺傷力はかなりなものです。木刀で試合 (実際は死合) をした話も伝わっていますから、侮らないでくださいね。

刃の付いた真剣でも、斬る為に砥がれた刀は生理的に怖く感じますが、「一部の例外 (なんかギラギラした、恐ろしい感じの方です。) 」以外は、油断しなければ、精神的には怖いものではないように思います。逆に、気合の充実したものであればどんな物でも怖いものになります。「空気」は全身を包まれてしまうので、一番怖い部類のモノではないかと感じます。

それよりも、初心者にとって最も恐ろしいものは、ニセ流派・ニセ師匠でしょう。残念ながら、武術にはニセモノが存在します。○○流を勝手に名乗っている、「我流」の「師範」、などです。良い動きを観ておけば、騙されて、珍妙な技を一生懸命練習するといった悲劇は起こりませんので、本物の先生がもつ気迫を知っておくと良いと思います。
タイ捨流
http://www.kaku-kouzo.com/family/kaku/kaku_priva …

黒田鉄山 先生
http://budo.blog81.fc2.com/blog-entry-7.html

やるなら、あせらずに道場・流派の真贋を見極め、本物の流派に入門できても、無理しない程度に頑張ってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事が大変遅くなってしまい、申し訳ありませんでした。回答受信のメールを見落としていました。すみません。。わかりやすいご説明ありがとうございます。注意点などもとても参考になりました。近くの道場は、やはり女性はいても1割弱くらいだそうで、始めるのに不安はあるのですが、考えてみようと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2007/03/05 17:38

居合道経験者でと剣術をの段所有者です。



>●居合道と剣術に違いはありますか。
基本的に仮想的(イメージ)を敵とし、模擬刀や真剣を用いるのがが居合道の特徴です。
水鴎流(すいおうりゅう)等、流派によっては敵(打太刀【うちたち】)を立てる流儀も有ります。
剣術は基本的に組太刀です。敵を用意して型稽古をします。主に木剣や
袋竹刀、竹刀を用います。

>●日本刀を使う武術は他にもあるのでしょうか。
抜刀術や居合剣法です。経験上、居合道とは別個の物と考えています。
居合道は精神修養(イメージをすることにより集中力を養うこと)に
主眼があり、敵を倒すことが前提とされていない流派も有ります。
抜刀術は確実に相手を素早く仕留めることに主眼があると思います。
「居合道」と言いながらも抜刀術の色合いが強い物もあり、この辺りの
定義は曖昧な気がします。
他にも柔術の一部で剣術の理合を利用します。
大東流合気柔術では小野派一刀流剣術を習います

>●日本刀は、やっぱり男性が扱うものという感じがします。
>私は、20代の女ですが若い女性もできるのでしょうか。
>(実際にやっている人はおられますか。)
>女性がやってもおかしくないですか?
私の知人で4人居合道や剣術を習って居られる方が居ります。
おかしくありません。

>●いきなり本物の刀(真剣?)を使うのですか?怖くないですか?
>もしも、そこに気が狂った人がいればかなり危ないと思うんですが・・・
初めのうちは模擬刀という良くできたレプリカを用いて稽古します。
真剣を用いるのは基本的に高段者です。
気が狂った人は模擬刀の段階で破門にされるでしょうから、問題ないと思います。

△居合剣法の例:
1)水鴎流等
http://www2.wbs.ne.jp/~nck/suiou/

2)私の流派(剣術も習う)

△居合道の例
1)無双直伝英信流
http://iai.ejan.org/

2)夢想神伝流(「私の言う」抜刀術の色合いが強い)
http://iai.whaleeaters.org/jindex.html

3)無外流
http://www.mugairyu.jp/index.html
4)柳生新陰流居合
http://yamato-yagyu.com/

5)戸山流(陸軍が編み出した居合で、「私の言う」抜刀術に近い)
http://toyamafukuoka.at.infoseek.co.jp/IaidoMovi …

△剣術の例
1)香取神道流


2)北辰一刀流
http://www.pc-meister.co.jp/genbukan/

3)小野派一刀流
http://onohaittoryu.3.pro.tok2.com/

4)神道無念流
http://www.yushinkan.net/

5)新陰流
http://www.interq.or.jp/sun/shibata/yagyu-offici …

きりがないのでこの辺で
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事が大変遅くなり申し訳ありません。たくさんリンクを貼っていただきありがとうございます。とても参考になりました。

お礼日時:2007/03/05 17:33

順に回答しますと


●居合道と剣術に違いはありますか。
→居合いは「鞘の内」からはじまりますが剣術は抜いた後からの稽古が主体です。また居合いは座った姿勢からはじまりますが剣術は立った姿勢が中心です。なお、居合を木刀ですることは稀(よほどの初心者のみ)、また剣術を真剣もしくは模擬刀で行うことも稀です(剣術の多くは組太刀中心です)。

●日本刀を使う武術は他にもあるのでしょうか。
→柔術系では使うところが多いです(柔道でも「極の形」で使います)。ただし高段者になってからのところがほとんどですし刀をメインに稽古するところはほとんどありません。

●日本刀は、やっぱり男性が扱うものという感じがします。私は、20代の女ですが若い女性もできるのでしょうか。(実際にやっている人はおられますか。)女性がやってもおかしくないですか?
→女性で居合をする人も結構いますよ!ほとんどの道場で女性は大事にされるんじゃないですか

●いきなり本物の刀(真剣?)を使うのですか?怖くないですか?もしも、そこに気が狂った人がいればかなり危ないと思うんですが・・・(まぁ、そんな話はあまり聞かないのでありえないかもしれませんが・・・しょうもない質問ですみません)
→ある意味まともな質問です。さすがにキチガイはいないでしょうが刀の扱いが雑だと事故になることもあります。他の方も言われるように最初は模擬刀で十分稽古をつまれるほうがいいでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。とても参考になりました。

お礼日時:2007/02/22 12:42

 質問に対する回答ではないのですが伯父が居合道の師範なので一言。


伯父の自宅にて真剣を見せて貰った時の話です。見せて貰った真剣に飲み込まれる様なというか、何とも形容し難い妖しい感覚に囚われました。それなりの値段(価値が値段と比例する訳でもないだろうが)がする刀だったからかも知れませんが、真剣は色々な意味で怖いです。私は経験者ではありませんが、先ずは模擬刀からといった所が無難なのかなと思います。

この回答への補足

すみません、回答ありがとうございました。

補足日時:2007/02/22 12:40
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり真剣は怖いですよね。私も全然わかりませんが、多分模擬刀から始めるのが普通なのかもしれません。

お礼日時:2007/02/22 12:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q合気道か居合道かで迷っています

40代の主婦です。
合気道と居合道に興味があります。どちらが向いているでしょうか。
格闘技の経験は全くなく、典型的な運動音痴の上に身体がとても硬いです。
元々腰が悪いこともあり、この20年程は運動らしい運動をしていません。
この二つに絞った主な動機は、胴衣姿への憧れからです。(安直ですみません)
空手や剣道などの俊敏性を求められそうなものは気が進みません。
それぞれ
合気道:痛そう、怖そう、体力的に不安
居合道:あまり運動にならなそう、実生活で活用できない
を不安に思っています。
経験者の方、どうかご意見お聞かせください。

Aベストアンサー

合気道をお勧めします。

格闘技としての武道を考えるなら違った選択も有るでしょうが、あなたの希望を考えるならば合気道が良いと思います。

合気道は基本的に力技が無いので体を痛めることは少ないですね。何より合気道で良い点は受け身を覚えられる点ですね。受け身を覚えるだけで日常生活では護身として役立ちますよ。

良く巷では合気道の技で無頼漢を懲らしめることが可能なようなことを耳にしますが、本気で掛かってくる相手に対して合気道を少しばかりかじった者の技なんか、掛かりません。

ですから護身としては受け身を覚えられる事が合気道のメリットと思います。あと関節技を掛けられると、最初は痛いのですが慣れてくると気持ちがいいんですよ。何というかストレッチになるのですね。

合気道は関節技も有るため受けをとる時無理に我慢すると、関節を痛めることも有ります。でも最初から格闘技としてとらえなければ、適度な運動になって良いと思います。

合気道でも色んな流派が有ります。格闘技に近い流派も有りますのでご注意を。質問者さんですと合気会系が適しているのではと思います。良く調べてから入門して下さい。

良い選択ができると良いですね。

合気道をお勧めします。

格闘技としての武道を考えるなら違った選択も有るでしょうが、あなたの希望を考えるならば合気道が良いと思います。

合気道は基本的に力技が無いので体を痛めることは少ないですね。何より合気道で良い点は受け身を覚えられる点ですね。受け身を覚えるだけで日常生活では護身として役立ちますよ。

良く巷では合気道の技で無頼漢を懲らしめることが可能なようなことを耳にしますが、本気で掛かってくる相手に対して合気道を少しばかりかじった者の技なんか、掛かりません。

で...続きを読む

Q現代剣道が武士の時代の剣術に通用するか?

剣道、剣術、居合にお詳しい方、質問宜しくお願い致します。前々から思ってたことなのですが、剣道の試合などを見ていると先に打ち込んだ方が一本をとる様ですが、その際、相打ち気味になるケースが多いと思われ、一本を取れなかった方も結果として相手に打ちこんでいるので結果的には、武士の時代となると完全にかわすか受けなければこちらも致命傷を負いかねない状態となります。そういった時代の剣術と現在の剣道の技術レベルにかなりな差異がある思われるのですが、いかがなものでしょうか?

Aベストアンサー

1.本来の剣道とは、剣術の奥儀であり、実際の立ち会い・いくさにおいて、「相手に一切ふれさせず一方的に斬り伏せて勝つすべ」またはそのすべを訓練する稽古(剣道・竹刀稽古)を言います。

これが剣術の極意です。
いくさでも水・味噌・ほしいいがつきないかぎり、何か月でも、斬り続けられます。

2.剣道の発祥は神道流=新當流(新当流)=影流=直心影流です。

文字による歴史というのは、そもそも、ウソを付くためのシステムですので、文字による歴史など信じてはいけません、
直伝直伝で伝えられてきた技・身体文化をこそ信じるべきです。

3.現代剣道の形骸化は、北辰一刀流などの悪影響と、大東亜戦争敗戦後のアメリカ合衆国による武術・武道禁止政策によるものです。

戦前の剣道と現代剣道はまったく異なります。
昭和の御代の剣道と平成の御代の剣道もまったく異なるようです。
どうやら戦前の剣道を習い育った昭和の世代の剣道剣士の先生方々が、お教えにならなかったようです。

ですが現代剣道をなさっている方が直心影流をお始めになると、0の状態から三年かかるところまで、半年で到達出来ます。

つまり、形骸化はしていても、剣道はやはり素晴らしいものをのこし、伝えてきているということです。

参考URL:http://www.nicovideo.jp/watch/sm13396172

1.本来の剣道とは、剣術の奥儀であり、実際の立ち会い・いくさにおいて、「相手に一切ふれさせず一方的に斬り伏せて勝つすべ」またはそのすべを訓練する稽古(剣道・竹刀稽古)を言います。

これが剣術の極意です。
いくさでも水・味噌・ほしいいがつきないかぎり、何か月でも、斬り続けられます。

2.剣道の発祥は神道流=新當流(新当流)=影流=直心影流です。

文字による歴史というのは、そもそも、ウソを付くためのシステムですので、文字による歴史など信じてはいけません、
直伝直伝で伝えられてきた技...続きを読む

Q居合道と組太刀について

 初めて質問します。
 自分はこれから居合道を習おうかと思っているのですが、居合道でみられる組太刀というのはどのくらいのものなのでしょうか。
 つまり模造刀などで空手などでいう約束組手のようにゆっくり打ち合うのか。もしくは組太刀用に竹刀などを使って激しく打ち合うのか。どちらでしょうか。 近くにある流派は無双直伝英信流なのですが、これはどうなのでしょうか。もちろんほかの流派の情報でもかまいません。お願いします。

Aベストアンサー

どうも、
大阪市ならば小野派一刀流が有名ですね。型稽古中心の筈です。
この道場は剣道も一緒に習えます。

http://homepage1.nifty.com/makom/tyouseikan/

大阪にも新陰流は有ります。
http://www.interq.or.jp/sun/shibata/yagyu-official/

個人的には新陰流が面白いと思います。

Q縮地法って実際何なんですか?

漫画やゲームなどでよく出てくる沖縄の古武術の歩法縮地法ってなんなんですか?

漫画によって動き出しが読めない踏み込みだとか、頭の位置が上下しないため遠近が判断しにくいとか一歩で重力を利用してすごい距離を移動するとか横には使えないとか書いてあることが違うんですが(まあ、最後の二つは違うと思いますが(笑)

Aベストアンサー

わたしも縮地法のことは知らないのですが、これは前足の膝の抜きと、古流柔術で言う「滑り足」の一種のことだろうと思います

やり方としては構えて、でている足の膝の力を抜きます。そうすると体が前に倒れていきます。この前に倒れる力を使って、前足を滑らせるように前進します。そして後ろ足は前足にそう形でひきつけます。これが膝の抜きを使った「滑り足」です。

文章で書くと長くなりますが実際に使うときは一瞬です。このやり方だと大きな筋肉運動が発生しないために動き出しがわかりません。また構えた状態でやると頭もほぼ上下しません。

ただこれは横の動きにも使えます。横の動きの場合はどちらかの膝の力を抜き、横に倒れればいいんです。空手の型にあるナイハンチの「波返し」という技がこれに相当します。

「一歩ですごい距離を移動する」というのは縮地法というより、「二歩一撃」のことであろうと思います。「二歩一撃」というのは両足を同時に動かす(正確には同時ではありませが)歩法のことです。正確に言いますと「一歩」ではなく「一瞬で」というのが正しいと思います。

これもやり方を説明しますが、まず構えます、そして後ろ足を一歩踏み出します。この踏み出した足が地面につく瞬間にもう片方の足を踏み出します。これは「一、二」というリズムでやるより「一」のリズムで両足を同時に動かすつもりで行います。

このやり方ですと「一」のリズムで二歩進むことになりますので、突きを加えれば五メートルほどの距離を一瞬で詰めることができます。これは古流剣術などでよく使われる歩法です。また一部の古流柔術にもある歩法です。

上にも書きましたようにわたしは縮地法のことは知らないのですが、質問者さんの言う「縮地方」には多くの歩法がごっちゃになっていると思います。まあこれは質問者さんのせいではなく、マンガやゲームを作った人が歩法に関して無知なせいだと思いますが・・・

もしろければ参考にしてください

わたしも縮地法のことは知らないのですが、これは前足の膝の抜きと、古流柔術で言う「滑り足」の一種のことだろうと思います

やり方としては構えて、でている足の膝の力を抜きます。そうすると体が前に倒れていきます。この前に倒れる力を使って、前足を滑らせるように前進します。そして後ろ足は前足にそう形でひきつけます。これが膝の抜きを使った「滑り足」です。

文章で書くと長くなりますが実際に使うときは一瞬です。このやり方だと大きな筋肉運動が発生しないために動き出しがわかりません。また構...続きを読む

Q日本刀は、人をたくさん斬ると、脂や刃こぼれで切れ味が落ちると聞きました

日本刀は、人をたくさん斬ると、脂や刃こぼれで切れ味が落ちると聞きました。
戦国の合戦場では、主武器が槍だったためそれで良かったとも聞いたのですが、では幕末の斬り合いなどはどうだったのでしょうか?
もし本当に大人数を斬って逃げたりしたら、その後はもうその日本刀は使えなくなったりしたのでしょうか?
時代劇などでは、数十人にかこまれてバッサバッサと斬り捨てて逃げたりしますが・・・
あれはテレビの中だけのことだったのでしょうか。
テレビ見てると、気になって仕方ありません・・(^^;)
どなたかご存知のかた、教えていただけますと幸いです。

Aベストアンサー

これはですね、良くある質問なんですが幾つかの状況が重なっていますので、切れる 切ると言うことをきちんと分けて考えないと難しい。
まず、戦場で戦っているときなのか?この場合は戦っている当人達の技術が絡んできます。極論を言えば一人で何人勝ち残れるかということになります。
また、この場合切る=殺傷なのか、骨まで断ち切るような一撃をいうのか、手首の血管を切り裂いただけでも切ると定義するのか判断に難しい。
あるいは生身の生き物(ヒトでも犬でもブタでも)を切った場合、日本刀の耐久力をいっているのか?で変わってきます。
前者であればこれは戦いの技術と日本刀の使い方は様々であり何人とは言えません。
後者で有ればテストカットなどである程度わかります。日本刀をつかったテストカットはわかりませんがこれらは西洋の剣です。西洋剣は日本刀よりも切れ味が悪いですがこれを見る限り2~3人で刃こぼれしたり脂肪で切れなくなると言うことはなさそうです。少なくとも充分に殺傷できる威力で切れています。ただし注意しなくてはならないのは、これらの肉は死肉であり生きている者よりも温度が低く脂肪は固まっています。血は抜いてあるので血のぬめり等の影響は受けていません
死んだ肉なので弛緩しています。ヒット時に体が緊張し筋肉が硬くなることはないです。私は脂肪より血のりが切れなくなる一番の原因と思います。切るという事は対象に摩擦によって食い込んで行くことですが血が付くことで血が潤滑油のような役割を果たし刃物が滑っていくためと考えています。とくに、動脈から吹き出る血は大量ですから切れ味は低下するでしょう。と、いうものの殺傷能力に達さないということはないと思います。
普通に考えて、戦場で刃こぼれしたり血糊ですぐに使えなくなるような「信頼の無い武器」など使えません。また、銃でも同じですよね。数発うてばジャムるような銃など使う気にもならないはずです。逆に言うと少々錆が出た程度で神経質なまでに手入れをしなくてはならないというのは太平の江戸時代に戦場剣術から刀がどれほど離れたか物語る良い証拠です。

それから日本刀は世界的に見ても非常に軽い刀剣で、間違えても「重い」と言うことは無いです。片手剣以下の重さを両手で持つのですよ。
http://www.youtube.com/watch?v=BzDU1edRawc&feature=related

http://www.youtube.com/watch?v=5_mCNoqqK0k&mode=related&search=sword%20bastard%20hand-and-a-half%20cutting%20testcutting%20test%20tameshigiri

http://www.youtube.com/watch?v=spA8DYqHF_4&mode=related&search=

電話帳一撃両断。
http://www.youtube.com/watch?v=Vfes9jAmNNI&feature=related

これはですね、良くある質問なんですが幾つかの状況が重なっていますので、切れる 切ると言うことをきちんと分けて考えないと難しい。
まず、戦場で戦っているときなのか?この場合は戦っている当人達の技術が絡んできます。極論を言えば一人で何人勝ち残れるかということになります。
また、この場合切る=殺傷なのか、骨まで断ち切るような一撃をいうのか、手首の血管を切り裂いただけでも切ると定義するのか判断に難しい。
あるいは生身の生き物(ヒトでも犬でもブタでも)を切った場合、日本刀の耐久力を...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報